ナクソス ミュージックストア 取扱い商品 総合カタログ

⇒ カタログトップ(レーベル選択画面)へ

NAXOS

クラシックの世界をリードする独立系レーベル。1987年の創立以来、重複するレパートリーを避け、幅広い種類の楽曲と質の高い録音を提供し続けている。

8.573...

NAXOS 8.573000 CD

カマー(1797-1879)&<br>フランソワ・シューベルト(1808-1878):
二重奏曲集

カマー(1797-1879)
フランソワ・シューベルト(1808-1878)

二重奏曲集
[ハイヒホルン/ヒュルスホフ]

KUMMER, F.A. / SCHUBERT, F. François: Duos for Violin and Cello (Eichhorn, Hülshoff)

NML NMLカタログ番号:8.573000

発売日:2016年07月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

マイニンゲンで生まれ、ドレスデンで活躍したチェロ奏者、教育者フレデリック・カマー(1797-1879)。ドレスデンの宮廷オーボエ奏者として招聘された彼の父から最初の音楽の手ほどきを受け、オーボエを学びましたが、チェロの名教師ドッツァウアーに出会い、チェロに魅せられます。その後、1814年にドレスデン宮廷楽団に、最初はオーボエ奏者として入団、20歳の時にチェロ奏者として同歌劇場管弦楽団に入団。1852年には首席チェロ奏者の地位を得て、1864年に引退するまでその任にあたりました。また、友人のヴァイオリニスト、フランソワ・シューベルト(1808-1878 フランツ・シューベルトとは血縁関係なし)とデュオを結成、ヨーロッパ各地を演奏旅行し、自分たちが作った曲で多くの聴衆を魅了しました。

彼らのレパートリーには、当時流行していた「オペラの名旋律を主題にし変奏をほどこしたもの」が多く、ここに収録されている曲も、どれもが高度なアンサンブルと技巧が要求された華やかなものばかりです。

NAXOS 8.573001 CD ■室内楽

メイエル(1943-):
弦楽四重奏曲集 第3集

メイエル(1943-)
弦楽四重奏曲集 第3集
[ヴィエニャフスキ弦楽四重奏団]

MEYER, K.: String Quartets, Vol. 3 (Wieniawski String Quartet) - Nos. 7, 10 and 13

NML NMLカタログ番号:8.573001

発売日:2013年01月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1943年、ポーランドのクラコフ生まれのメイエル(1943-)の弦楽四重奏曲第3集です。第1集(8.570776)と第2集(8.572656)で、その刺激的な響きに耳が驚いた人も多いことでしょう。

この第3集にも不思議な音楽が充満しています。第7番は単一の楽章で構成され、素材の扱いと対位法が工夫された作品です。4台の楽器の対話が見事であり、時には力強いユニゾンで畳み掛けるように進んでいきます。第10番は伝統的な4楽章で書かれていますが、想像の通り内容は一筋縄では行きません。5楽章からなる第13番は、楽章ごとの表情の変化に耳を傾けてみてください。緊密に関連付けられたモティーフが形を変えながら、せわしない音型の上で歌われていくフィナーレには、ぞくぞくするような面白さがあります。

収録作曲家:

NAXOS 8.573002 CD ■吹奏楽 ■宗教曲

In the World of Spirits ~
クリスマスの吹奏楽

In the World of Spirits
クリスマスの吹奏楽
[エモリー・シンフォニック・ウィンズ/スチュワート]

Wind Band Music - SMITH, C.T. / REED, A. / HOLST, G. / SPARKE, P. / BROUGHTON, B. (In the World of Spirits) (Emory Symphonic Winds, S.A. Stewart)

NML NMLカタログ番号:8.573002 54)

発売日:2012年12月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

冒頭の、あのおなじみのクリスマス・キャロルが高らかに響く時、胸がわくわくしない人はいないのではないでしょうか。エモリー・シンフォニック・ウィンズは、エモリー・ウィンド・アンサンブルとアトランタ青少年ウィンド・シンフォニーのメンバーで構成された団体です。各々の曲は、前述の通りどれも良く知られたものですが、彼らの手にかかると、全てが新しく、新鮮な衣装を纏って立ち現れます。アルフレッド・リードの「ロシアのクリスマス」はまさにシンフォニック・バンド界の古典とも言える曲で、この素晴らしい演奏は聴き手にとっても、またこれからこの曲を演奏しようとする団体にとってもまたとない贈り物となることでしょう。

収録作曲家:

NAXOS 8.573003 CD ■声楽曲

ヴィヴァルディ(1678-1741):
カンタータ集 ~
「美しいぶなの木陰で」 /
「エルヴィーラの麗しい面影から遠く離れて」 他

ヴィヴァルディ(1678-1741)
カンタータ集
「美しいぶなの木陰で」
「エルヴィーラの麗しい面影から遠く離れて」
[モニハン]

VIVALDI, A.: Cantatas - All'ombra d'un bel faggio / Lungi dal vago volto (Moynihan, Ensemble Nota Velata)

NML NMLカタログ番号:8.573003

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

現在、カンタータというと主に合唱作品のことを指すことが多いのですが、17世紀後半から18世紀前半のイタリアでは、レチタティーヴィとアリアからなる独唱と通奏低音のための歌曲のことを指し、オペラのアリアのような自由度を持たせることをせず、人間の魂や肉体を擬人化して描くことで、独特の世界観を表す作品として知られていました。

ヴィヴァルディ(1678-1741)はこのスタイルの作品を40曲ほど書いたとされ、そのどれもが表情豊かな声部と充実した器楽パートを持っています。声はまるでヴァイオリンのように自由に扱われ、ヴァイオリンも声のように歌い、これらは時にはスリリングに、また時には繊細に歌い交わすことで聴き手を強く魅了します。もちろん要求される技術は非常に高く、歌手にはベルカント時代のコロラトゥーラとはまた違ったテクニックが求められます。ここではモニハンの目の覚めるような歌唱をお聞きください。

収録作曲家:

NAXOS 8.573004 CD ■交響曲/管弦楽曲

カセッラ(1883-1947):
管弦楽のための協奏曲 Op.61/
戦争の記録/組曲

カセッラ(1883-1947)
管弦楽のための協奏曲 Op.61
戦争の記録/組曲
[ローマ響/ラ・ヴェッキア]

CASELLA, A.: Concerto for Orchestra / Pagine di guerra / Suite (Rome Symphony, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573004 5)

発売日:2012年10月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

最近注目を集めている、イタリアの近現代を代表するカセッラ(1883-1947)の、3つ時代の作品をおなじみヴェッキアとローマ交響楽団の演奏でお届けいたします。あまりにも多様性に富んだ彼の作風は、一貫して捉えることが難しいのですが、そこが却って魅力的であり、聴いてみるまでは、どんな音楽が飛び出してくるのかわからないところに胸が躍るというわけです。

比較的初期に書かれた「組曲」は、彼が敬愛していたマーラーの響きの模倣が至るところに現れます。もともとはピアノ連弾のために書かれた「戦争の記録」は、彼が見た無声映画にインスピレーションを受けて書かれたものであり、短いながらも興味深い作品で、管弦楽版が初演された際は大絶賛されたといいます。「協奏曲」は、彼を長い間崇拝していた指揮者メンゲルベルクから委嘱された作品です。新古典派というよりも、バロック時代の合奏協奏曲に近いもので、各々の楽器が見事な役割をはたしています。ここには完成された世界があります。

収録作曲家:

NAXOS 8.573005 CD ■交響曲/管弦楽曲

カゼッラ(1883-1947):
歌劇「へび女」- 交響的断章/
序奏、アリアとトッカータ/
ピアノと小管弦楽のためのパルティータ

カゼッラ(1883-1947)
歌劇「へび女」- 交響的断章
序奏、アリアとトッカータ
ピアノと小管弦楽のためのパルティータ
[キム・ヒユン/ローマ響/ラ・ヴェッキア]

CASELLA, A.: Donna serpente Suites (La) / Introduzione, aria e toccata / Partita (Sun Hee You, Rome Symphony, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573005

発売日:2012年12月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

最近人気が急上昇中の作曲家の一人、カゼッラ(1883-1947)。NAXOSでも相次いでのリリースとなります。カゼッラの音楽を聴く喜びの一つには、圧倒的な音響効果にあると言えましょう。彼が強い影響を受けたマーラーをも凌駕するほどの厚みのあるサウンドと精緻な対位法やプロコフィエフやストラヴィンスキーを思わせる新古典派的な音の動きは、聴けば聴くほどに興味を誘うものです。

今回の3つの作品も面白いものばかりで、世界初録音となる「序奏~」は、まさに擬古典主義の音楽で、まるで映画音楽ばりの冒頭から引きこまれること間違いありません。諧謔的な楽しさに満ちたパルティータと、オペラ「蛇女」からの交響的断章も聴きどころたっぷりです。この「蛇女」はカルロ・ゴッツィの原作からなる寓話劇で、あのワーグナーのオペラ「妖精」も同じ原作からなるものです。精緻なオーケストラの響きを楽しみたい人にぜひオススメしたい1枚です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573006 CD ■交響曲/管弦楽曲 ■協奏曲

ゲディーニ(1892-1965):
アーキテクチャ/コントラプンクト/
海の小品とバッカナーレ

ゲディーニ(1892-1965)
アーキテクチャ/コントラプンクト
海の小品とバッカナーレ
[ローマ響/ラ・ヴェッキア]

GHEDINI, G.F.: Architetture / Contrappunti / Marinaresca e baccanale (Rome Symphony, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573006

発売日:2013年07月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

レスピーギ、カゼッラ、マルトゥッチを始めとした「イタリア近代音楽」に於いて、彼らの右にでるものはいないであろう、ローマ交響楽団&ラ・ヴェッキアのコンビによる最新盤は、知られざるイタリア近代作曲家フェデリコ・ゲディーニ(1892-1965)です。

前述の作曲家たちよりも少しだけ後の世代に属するゲディーニは、最初トリノで学び、1911年からボローニャでエンリコ・ボッシから教えを受けます。作曲家、指揮者として名声を上げつつ、トリノ、パルマ、ミラノそれぞれの音楽院で作曲を指導、その弟子にはアバド、ベリオ、カツティリオーニなどがいるという優れた指導者でもあります。パルマにいた頃の作品である「アーキテクチャ」は7つの部分で構成された活発な音楽。バロック音楽からのインスピレーションを近代的な和声で処理した興味深い作品です。他の2作品もオーケストラの能力を限界まで要求する難易度の高い音楽。ぜひこの魅力にはまってください。

収録作曲家:

NAXOS 8.573007 CD ■交響曲/管弦楽曲

ズガンバーティ(1841-1914):
交響曲 第1番/
コラ・ディ・リエンツォ

ズガンバーティ(1841-1914)
交響曲 第1番
コラ・ディ・リエンツォ
[ローマ響/ラ・ヴェッキア]

SGAMBATI, G.: Symphony No. 1 / Cola di Rienzo (Rome Symphony, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573007 1)

発売日:2013年01月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ジョヴァンニ・ズガンバーティ(1841-1914)はイタリア人の父とイギリス人の母との間に生まれた作曲家です。トレヴィで初期の音楽教育を受けたあと、1860年にローマに移住。当時ローマに住んでいたフランツ・リストと親交を結んだことが、彼の音楽性の方向を決定付けました。この頃のイタリアはオペラが絶頂期を迎えていて、数々の名作が生まれていたのですが、ズガンバーティは敢えて室内楽や管弦楽作品を作曲し、「イタリア器楽曲のルネサンス」とも言える潮流を創り上げたのです。何しろ当時のイタリアはベートーヴェンの英雄交響曲ですら、演奏されたことがなかったのですから…。

そんな彼の音楽には、紛れもなくリストとワーグナーの影響が見て取れ、どれもドイツ風の重厚さとイタリア風の歌心が調和した魅力的な音楽となっています。地中海のさわやかな風を思わせる交響曲第1番、長い間楽譜が失われていた「コラ・ディ・リエンツォ」の序曲とも、素晴しく美しいメロディが耳に残ります。

収録作曲家:

NAXOS 8.573008 CD ■交響曲/管弦楽曲

ドホナーニ(1877-1960):
交響曲 第2番/
3つの歌 Op.22 より「2つの歌」

ドホナーニ(1877-1960)
交響曲 第2番
3つの歌 Op.22 より「2つの歌」
[ジョーンズ/フロリダ州立大学響/ヒメネス]

DOHNÁNYI, E.: Symphony No. 2 / 3 Songs, Op. 22: Nos. 1-2 (E.T. Jones, Florida State University Symphony, Jiménez)

NML NMLカタログ番号:8.573008

発売日:2014年07月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ハンガリー屈指の音楽家で、その孫に世界的指揮者として知られるクリストフ・フォン・ドホナーニを持つエルネー・ドホナーニ(1877-1960)。ダルベールに学び、ベルリンでピアニストとしてデビュー。その後はヨーロッパ全土で演奏旅行を行い高く評価された人です。教師としても優れていて、1905年から1915年まではベルリン高等音楽学校で教え、1919年には一時的にブダペスト音楽アカデミーの院長も務めています(政治的圧力でその年のうちに解任)それほどの人なのに、自作の演奏にはあまり積極的ではなかったようで、現在でもあまり彼の曲を聴く機会はありません。

この交響曲第2番は、第二次世界大戦で荒廃を極めたハンガリーが復興していく時期に書かれたもので、激しい爆撃をかいくぐった都市の姿を彷彿させる堂々とした輝かしい楽想に満ちています。作風は後期ロマン派に属するものであり、この時期の作品に拘わらず調性も付されていますが、曲の要所要所には新古典派的な面持ちも垣間見えます。変奏曲形式を持つ第4楽章には、バッハのコラールのメロディが埋め込まれ、様々な形で「死と生」について語りかけます。最後には「生きること」が勝利し高らかに曲を閉じるというものです。2つの歌曲は神への賛歌と、闇を克服する夜明けが描かれており、ここでもドホナーニの世界観をつぶさに知ることができるはずです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573009 CD ■協奏曲

ヴィヴィアン・フォン(1975-):
ドリームスケープ

ヴィヴィアン・フォン(1975-)
ドリームスケープ
[クリスティン/ハニック/メトロポリス・アンサンブル/シル]

FUNG, Vivian: Piano Concerto, "Dreamscapes" / Violin Concerto / Glimpses (Kristin Lee, Hanick, Metropolis Ensemble, Cyr)

NML NMLカタログ番号:8.573009

発売日:2012年10月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

カナダのエドモントンに生まれ、現在はニューヨークに住む女性作曲家、ヴィヴィアン・フォン(1975-)。彼女の両親はベトナム生まれの中国人亡命者であり、もちろん彼女もアジアの影響を強く受けていることは間違いありません。このアルバムに収録された3つの作品は、インドネシアのガムラン音楽に起源を持ち、東洋と西洋の文化が見事に融合された響きをみせてくれています。完成されたばかりのヴァイオリン協奏曲は、彼女の良き理解者であるヴァイオリニスト、リーのために作曲されたものです。2009年に「ピアノ協奏曲」が初演された時にリーがコンサート・マスターを務めていて、その時に意気投合したという二人。このヴァイオリン協奏曲を作曲する際も、連れだってバリへ行き、様々な要素を吸収してきたのだとか。2006年に書かれたプリペアド・ピアノのための「面影」は、明らかにジョン・ケージからヒントを得ている曲ですが、その響きは多彩であり、ゲーム音楽に慣れた現代の人の耳には、却って懐かしささえ感じさせる音かもしれません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573011 CD ■器楽曲(ピアノ) ■器楽曲(ヴィオラ)

ベルリオーズ=リスト(1811-1886):
イタリアのハロルド 他

ベルリオーズ=リスト(1811-1886)
イタリアのハロルド
[デュ-クス/レーン]

LISZT, F.: Berlioz - Harold en Italie / Romance oubliee / ROGER, K.: Viola Sonata (P. Dukes, P. Lane)

NML NMLカタログ番号:8.573011

発売日:2013年08月21日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1833年、パリで「幻想交響曲」を聴いて感動したパガニーニが、ベルリオーズ(1803-1869)に委嘱して書かれたと言われるのが、この「イタリアのハロルド」です。曲はもともとジョージ・バイロンの長編詩「チャイルド・ハロルドの巡礼」の場面に着想を得たものであり、第1楽章で独奏ヴィオラが提示する「ハロルドの主題」は形を変えて全曲に現れます。パガニーニは、ヴィオラの超絶技巧を生かした華やかな曲を期待していたのですが、結局はパガニーニの意に沿うことがなく、結局ベルリオーズは当初の企画を若干変更して、ヴィオラ付きの交響詩として仕上げました。この演奏は、その原曲のオーケストラ・パートをフランツ・リストがピアノ伴奏版に書き換えたという、これまた興味深いものです。

もう1曲のアイリッシュ・ソナタを書いたのはクルト・ロジャー。シェーンベルクに師事した作曲家ですが、抒情的な作風を見せています。フィリップス・デュークスのヴィオラは芯のある音色ととろみのある響きが魅力的。

収録作曲家:

NAXOS 8.573014 CD ■合唱曲 ■宗教曲

アイアランド(1879-1962):
教会音楽集

アイアランド(1879-1962)
教会音楽集
[リンカーン大聖堂合唱団/ハリソン/プレンティス]

IRELAND, J.: Church Music (Lincoln Cathedral Choir, Harrison, Prentice)

NML NMLカタログ番号:8.573014

発売日:2013年01月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

スコットランド系のイギリスの作曲家、ジョン・アイアランド(1879-1962)の流麗かつ清冽な宗教曲集です。彼は生涯を通じてかなり作風が変化した人で、始めはドイツ・ロマン派の影響を受け、印象派、新古典派を通り抜け、またイギリス音楽の伝統に立ち返るという大きな流れがありますが、宗教曲の分野においてのスタイルの変化はあまりなく、教会音楽の旋法による素朴で静かな作品を数多く残しています。一時期チェルシーの聖ルーク教会の楽長兼オルガニストを務めたことがあり、その時期の作品は名作として現代でも歌い継がれています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573015 CD ■交響曲/管弦楽曲

ピーター・ブレイナーの編曲による
チャイコフスキー(1840-1893):
管弦楽組曲

ピーター・ブレイナーの編曲による
チャイコフスキー(1840-1893)
管弦楽組曲
[ニュージーランド響/ブレイナー]

TCHAIKOVSKY, P.I.: Queen of Spades Suite (The) / Voyevoda Suite (arr. P. Breiner) (New Zealand Symphony, Breiner)

NML NMLカタログ番号:8.573015

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSレーベルが誇る、スロヴァキア生まれの作曲家、指揮者ピーター・ブレイナー。彼による一連の編曲作品はどれもが色彩豊かで、時には原曲を上回る(!)面白さを備えた素晴らしいものばかりです。たとえばあの「ゴー・バロック」シリーズや、ヤナーチェクの作品など、どれも聴き手を一瞬に魅了する力を備えていて、ファンも多いアルバムです。

チャイコフスキー(1840-1893)については、以前、ピアノ曲の「四季」のヴァイオリンと管弦楽編(8.553510)や、歌曲の編曲集(8.225921)なども存在しますが、今回は「スペードの女王」と「ヴォエヴォーダ(地方長官)」のオペラからのアリアを管弦楽用に編曲し、また新しい魅力を見せてくれています。序曲以外はあまり知られていない「ヴォエヴォーダ」にこんなステキな曲があったとは。まさに目からウロコの音楽集です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573016 CD ■交響曲/管弦楽曲

ムソルグスキー(1839-1881):
展覧会の絵/
死の歌と踊り/子どもの家
(ピーター・ブレイナー編曲)

ムソルグスキー(1839-1881)
展覧会の絵
死の歌と踊り/子どもの家
(ピーター・ブレイナー編曲)
[ニュージーランド響/ブレイナー]

MUSSORGSKY, M.P.: Pictures at an Exhibition / Songs and Dances of Death / The Nursery (arr. P. Breiner for orchestra) (New Zealand Symphony, Breiner)

NML NMLカタログ番号:8.573016 69)

発売日:2013年12月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

お馴染みの楽曲をバロック風に料理した「ビートルズ・ゴー・バロック」や「クリスマス・ゴー・バロック」など、気の利いたアレンジで人気の高いマルチ・アーティスト、ピーター・ブレイナーの新たなオーケストレーションによる「21世紀の『展覧会の絵』」がお披露目となりました! 誰もが知るこの名曲中の名曲をより現代的なサウンドに生まれ変わらせています。

ただし特殊な楽器やプログラミングは使用せず、伝統的なオーケストラ編成の範疇で創意工夫を凝らしたもの。主に木管楽器と打楽器を拡張し、アイディア溢れるコンビネーションで誰も聴いたことのない『展覧会の絵』を描き出しています。特に『ビドロ』『カタコンベ』『キエフの大門』などのどっしりとした曲では打楽器が強調され、そのまま大作映画のスコアに転用できそうなスケール感を演出。他では決して聴くことのできない「エクストリーム・ムソルグスキー」を是非体感してください!

収録作曲家:

NAXOS 8.573017 CD ■協奏曲

マックスウェル=デイヴィス(1934-):
ストラスクライド協奏曲 第2番

マックスウェル=デイヴィス(1934-)
ストラスクライド協奏曲 第2番
[チェカンティ/カニーノ/イタリア放送響/マクスウェル・デイヴィス]

MAXWELL DAVIES, P.: Strathclyde Concerto No. 2 / Cello Sonata (Ceccanti, Canino, Italian Radio Symphony, Maxwell Davies)

NML NMLカタログ番号:8.573017

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

マックスウェル=デイヴィス(1934-)の「ストラスクライド協奏曲」とは、スコットランドのストラスクライド社から作曲を委嘱された10曲からなる協奏曲のシリーズのこと。1987年から1996年にかけて作曲され、各々オーボエ、チェロ、クラリネット、フルート、コントラバス、ファゴット、ホルンとトランペットの二重協奏曲、ヴァイオリン、ヴィオラ、木管六重奏と管弦楽の合奏による協奏曲として書かれています。曲調は全体的に渋めであり、決して一般受けするものではありませんが、この作曲家が好きな人にはたまらない世界観が広がっています。

チェリストのチェカンティは作曲家の親しい友人であり、「セクエンツィア・セルペンティゲナ」も舞曲もチェカンティなしには成立しません。最後に置かれた小さな曲はまさにチェカンティのためのものであり、彼のプライヴェートな演奏会(バッハの無伴奏組曲第6番)が終わったあと、マックスウェル=デイヴィスが、アンコールピースとして手書きで譜面を作成したという微笑ましいものです。

NAXOS 8.573019 CD ■室内楽

カゼッラ(1883-1947)&トゥルキ(1916-2010):
弦楽四重奏曲集

カゼッラ(1883-1947)&トゥルキ(1916-2010)
弦楽四重奏曲集
[ヴェネツィア弦楽四重奏団]

CASELLA, A.: Concerto, Op. 40 / 5 Pieces, Op. 34 / TURCHI, G.: Concerto breve (Quartetto d'Archi di Venezia)

NML NMLカタログ番号:8.573019 3)

発売日:2013年12月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

20世紀のイタリアにおいて、「弦楽四重奏曲」というものを復興させるのは並大抵のことではなかったようです。何しろ当時の聴衆たちはひたすら歌劇に夢中であり、器楽作品…交響曲のような大掛かりな作品ですら…ほとんどの人は見向きもしなかったのですから。そのため、当時この国を旅行した音楽家や雑誌執筆者は「イタリアでは『ヨーロッパ的な音楽』を鑑賞することができない」と嘆き、とりわけその分野での最高峰とも言える弦楽四重奏は存在すらも許されないかのような状況だったのです。

そんな中でミラノとフィレンツェに「四重奏協会」が設立され、ヴェルディが会長になるべくオファーを受けたのですが、残念ながら彼は断ってしまいます。しかしカゼッラを始めとした器楽復興運動を擁護する人たちの手によって、少しずつ素晴らしい作品が生まれ、いつしか他の国に負けない作品が書かれるようになったのでした。

収録作曲家:

NAXOS 8.57302 CD ■室内楽

ロック(1621-1677):
ブロークン・コンソート 第1部 他

ロック(1621-1677)
ブロークン・コンソート 第1部
[ウェイワード・シスターズ]

LOCKE, M.: Broken Consort (The), Part I / Tripla Concordia: Suites in G Major and E Minor (Wayward Sisters)

NML NMLカタログ番号:8.573020

発売日:2014年04月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

あのヘンリー・パーセルに強い影響を与えたと言われるイギリスの作曲家ロック(1621頃-1677)の作品集です。彼はイギリスで初めてオペラを作曲し、また劇音楽の分野でも素晴らしい作品を残しています。ここで聴ける室内楽作品は、リネサンス時代の作風を基調にしながらも、新しいものを取り入れた当時としては斬新な音楽。「ブロークン・コンソート」とは様々な楽器を含むグループで演奏する音楽の意であり、各々の楽器が野心的に活躍する表情豊かな組曲です。

こんな優雅な作品を書き、イギリス王室からも重用されたロックですが、性格はかなり攻撃的で嫉妬深かったとか。時としてぐいぐい攻め込んでくるメロディはそんなところにも起因しているのでしょうか。演奏はNAXOSが主宰した、2011年アメリカ・古楽レコーディング・コンクールの優勝団体ウェイワード・シスターズによるものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573021 CD ■器楽曲(ピアノ)

タンスマン(1897-1986):
ピアノ作品集

タンスマン(1897-1986)
ピアノ作品集
[レイエス]

TANSMAN, A.: Piano Music - Ballades Nos. 1-3 / Arabesques / Suite dans le style ancien / 5 Impressions / 8 Cantilenes (Reyes)

NML NMLカタログ番号:8.573021 3)

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ポーランド、ウッチ出身のアレクサンドル・タンスマン(1897-1986)。しかし彼の活動の場はもっぱらフランスであり、パリで知り合った芸術家たちに大いなる影響を受け、一時は「六人組」に誘われるほどにこの地に溶け込んだ人でした。ただ、ユダヤの血をひいていたため、1941年にはアメリカに亡命せざるを得なく、戦後にパリに戻った時にはすでに時流に乗り遅れてしまい、またポーランド音楽の研究を始めたという興味深い変遷を辿ることになるのです。

このアルバムにはそんな彼らしい、多くの影響や共鳴を感じさせる様々なスタイルを持つピアノ曲が並んでいます。ネオ・バロック様式で書かれた「組曲」は個人的な告白よりも当時の流行を追求したものでしょう。「アラベスク」は詩的な内容を持つ曲が並べられています。この夜想曲はショパンよりもスクリャービンよりの雰囲気を持っています。ロマン派よりも新古典派の作風に近い「5つの印象」、タンスマンの内なる声とも言える、悲劇的な様相を持つ「3つのバラード」。そしてルービンシュタインに捧げられた「8つの歌」はバッハヘのオマージュです。彼の心の祖国はどこだったのでしょうね。

収録作曲家:

NAXOS 8.573022 CD ■器楽曲

エボニー・アンド・アイヴォリー ~ 
クラリネットとピアノのための作品集

エボニー・アンド・アイヴォリー
クラリネットとピアノのための作品集
[サイモン]

Clarinet Recital: Simon, Andrew - NICHIFOR, S. / HOROVITZ, J. / LUTOSŁAWSKI, W. / COOKE, A. / ARNOLD, M. (Ebony and Ivory)

NML NMLカタログ番号:8.573022

発売日:2014年01月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

20世紀から21世紀、新しい時代に書かれたクラリネット作品集です。ベルギーの作曲家ニチフォーによる冒頭の「2つの舞曲」からとんでもなく魅力的。ジャズ? 民謡? ジャンル分けは不可能。まるで音符一つ一つが躍り出すかのような楽しい音楽です。ウィーン生まれのホロヴィッツは、多くの作品を生み出した作曲家であり、映画音楽の分野でも名高い人です。「ソナチネ」はすでにクラリネットの標準的なレパートリーとして定着していますが、他の2つの作品も息を呑むほどに美しいものです。

ルトスワフスキの作品はもう少し前衛的でユニークなものです。ポーランド民謡を元にしながらも、各所に細密な音がはめ込まれています。「極めてヒンデミット風」なクックの曲、陽気で活発なアーノルドの曲と、様々なスタイルが楽しめるクラリネット好きなら外せない1枚です。

NAXOS 8.573023 CD ■器楽曲(ギター)

期待の新進演奏家シリーズ/
ウラディーミル・ゴルバッチ 
ギター・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ
ウラディーミル・ゴルバッチ
ギター・リサイタル
[ゴルバッハ]

Guitar Recital: Gorbach, Vladimir - PIAZZOLLA, A. / SCARLATTI, D. / GIULIANI, M. / ASENCIO, V.

NML NMLカタログ番号:8.573023 3)

発売日:2012年07月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

2011年、GFA(GuitarFoundationofAmerica)国際ギターコンクールで第1位を獲得した、ロシア生まれの若いギタリスト、ウラディーミル・ゴルバッチのリサイタルCDです。彼はノロシビルスク音楽学校、グリンカ音楽院を経て、ケルン音楽アカデミーでギターを学びました。メニューイン財団の主宰する音楽会に出演したことで、一躍有名になり、その後は各国で開催されたギター・コンクールで賞を獲得しながら、50回を超す演奏会もこなし、着々と腕を磨いています。

ここで聴けるのは、スカルラッティからピアソラまでと多種多彩。ピアソラでの力強さもさることながら、スカルラッティで聴かせる独創性と器用さは、特筆ものです。アセンシオの「内なる思い」も名演であり、この若者の揺るぎない感性には驚かされるばかりです。

NAXOS 8.573024 CD ■器楽曲(ギター)

21世紀スペインのギター曲集 第1集

21世紀スペインのギター曲集 第1集 [レヴィン]

21st Century Spanish Guitar, Vol. 1 - BROTONS, S. / PUERTO, D. del / MORALES-CASO, E. / CRUZ DE CASTRO, C. / BALADA, L. (A. Levin)

NML NMLカタログ番号:8.573024

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

スペインの近代ギター曲を集めたシリーズが始動します。全4巻。ある意味「型破り」の曲も含まれます。第1集は数々の受賞経験もあるギタリスト、アダム・レヴィンの演奏です。スペインは1936年から1975年に渡って独裁体制を維持していたフランコ政権の圧政に苦しめられていましたが、芸術家たちは、アメリカで「文化や教育を通じて世界各国の相互理解を高めるために」設立されたフルブライト・プログラムを通じて助成金を受けたりと秘かに進化を続けていました。それゆえ、1970年代終わりからの復興運動には目覚ましいものがあり、スペイン音楽は急速に進化を遂げたのです。この7人の作品は、そんな歴史を乗り越えて21世紀に書かれたもので自由な息吹が感じられる見事なものばかりです。

NAXOS 8.573026 CD ■器楽曲(ギター)

期待の新進演奏家シリーズ/
スルジャン・ブラット 
ギター・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ
スルジャン・ブラット
ギター・リサイタル
[スルジャン・ブラット]

Guitar Recital: Bulat, Srdjan - RODRIGO, J. / REGONDI, G. / TARREGA, F. / SULEK, S. / ALBENIZ, I. / BRITTEN, B.

NML NMLカタログ番号:8.573026 2)

発売日:2012年09月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1986年クロアチア生まれのギタリスト、スルジャン・ブラットは8歳でギターを始め、ザグレブの音楽アカデミーを主席で卒業し、権威あるコンクールを数多く制覇しています。彼はクロアチアの現代音楽を得意とし、専門的な論文を書き、また大規模なコンサートも開いています。

このアルバムは2011年のタルレガ国際ギター・コンクールの優勝記念として作成されたもので、タルレガ、ロドリーゴなどのオーソドックスなレパートリーから、ブリテンやシュレックなどのモダンな曲まで、見事に弾きこなしています。磨かれた技巧はもちろんのこと、明るい音色から陰鬱な音色まで、本当に多彩な響きを駆使する人です。

NAXOS 8.573027 CD ■器楽曲(ハープシコード)

W.F.バッハ(1710-1784):
鍵盤のための作品集 第4集

W.F.バッハ(1710-1784)
鍵盤のための作品集 第4集
[ブラウン]

BACH, W.F.: Keyboard Works, Vol. 4 - Keyboard Sonatas, Fk. 1b, 3 and 202 / Concerto for 2 Harpsichords, Fk. 10 (J. Brown, Baird)

NML NMLカタログ番号:8.573027

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

J.S.バッハ(1710-1784)の長男であり「最も才能に恵まれた」とされるヴィルヘルム・フリーデマン・バッハ。しかし、ありあまる才能に溺れてしまい、努力を怠ったため、晩年は寂しくこの世を去ったという人としても知られています。そんな彼のこと、出版された作品は数が少ないのですが、どれも、感情の迸りが素晴らしい幻想的な作品として、愛好する人が多いのです。

残された作品を見てみると、初期の作品は父の影響が強く感じられますが、少しずつ自由度が高くなり、彼の初の出版作品である「ニ長調」のソナタは、あまりにも複雑過ぎて、アマチュア愛好家たちの手には到底負えない難曲となってしまったためか、それ以降のソナタは敬遠されてしまったとも言われています。同時代からは背を向けられてしまった彼の作品ですが、今の私たちにとっては素晴らしい贈り物であることは間違いありません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573028 CD ■吹奏楽

アルメニアン・ダンス

アルメニアン・ダンス [台湾ウィンド・アンサンブル/ボイド]

Wind Band Music - REED, A. / BERNSTEIN, L. / BACH, J.S. / SMITH, C.T. / CHIANG, Chia-Ying (Armenian Dances) (Taiwan Wind Ensemble, Boyd)

NML NMLカタログ番号:8.573028 219)

発売日:2013年03月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

2004年に結成された「台湾ウィンド・アンサンブル」は日本の秋山紀夫氏を芸術監督とし、台湾全土の名管楽器奏者、および音楽学校の教授たちをメンバーとして、地元の作曲家の作品をはじめ、新作からよく知られた曲を遍く演奏している団体です。

このアルバムでは古今東西の名曲をセレクトし、刺激的で活力あふれる演奏を披露。バーンスタインやショスタコーヴィチでの先鋭的な響きから、自国の作曲家の作品までを見事に表現しています。日本でも人気の高いリードの「アルメニアン・ダンス」がどのように奏されているかも大変興味深いところです。

NAXOS 8.573029 CD ■交響曲/管弦楽曲

プロコフィエフ(1891-1953):
交響曲 第5番/
交響組曲「1941年」

プロコフィエフ(1891-1953)
交響曲 第5番
交響組曲「1941年」
[サン・パウロ響/オールソップ]

PROKOFIEV, S.: Year 1941 (The) / Symphony No. 5 (Sao Paulo Symphony, Alsop)

NML NMLカタログ番号:8.573029

発売日:2012年07月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1944年に作曲された「交響曲第5番」は、プロコフィエフ(1891-1953)の最大傑作の一つとされています。これは、当時、ヒトラー率いるドイツ第三帝国が、一方的にソ連に攻め入ることで祖国愛に目覚めたというプロコフィエフが、自ら持てる音楽の力で、祖国に貢献すべく作曲した作品であり、構想からわずか1か月でピアノ・スコアが完成、そこから1か月でオーケストラのスコアが完成したというのですから、その創作意欲には並々ならぬものがあったのは間違いありません。ピアノやハープ、充実した打楽器群を含む3管編成のオーケストラで奏されるこの作品、最初は静かに始まりますが、曲が進むにつれ、少しずつ盛り上がり、暴力的なスケルツォを経て、第3楽章の葬送行進曲風の音楽へと進み、最終楽章で音楽は最高潮に達します。いささか唐突に終わるのは、人類に対して何かを問いかけているのかもしれません。

交響組曲「1941年」は、その先駆けとなった独ソ戦争勃発を契機として書かれた作品。オールソップの冷徹な指揮が曲全体を引き締めています。

収録作曲家:

NAXOS 8.57303 CD ■合唱曲

冬の光 ~
クリスマス合唱コレクション

冬の光
クリスマス合唱コレクション
[ヴァザーリ・シンガーズ/フォード/バックハウス]

CHRISTMAS CHORAL MUSIC - A Winter's Light (Vasari Singers, Ford, Backhouse)

NML NMLカタログ番号:8.573030

発売日:2012年12月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ジャクソンのレクイエム(8.573049)で、複雑なハーモニーを見事に表現していたヴァザーリ・シンガーズ。1980年に結成されたこの団体は、ルネサンスから現代までの幅広いレパートリーを有する英国でも有数の室内合唱団の一つです。

このステキなアルバムは、現代英国のを代表する合唱作曲家ボブ・チルコットが2010年に作曲したキャロル組曲「クリスマスの夜」を中心に、ルネサンスの名曲やへ現代曲をバランス良く散りばめると言う、とても凝ったコンセプトとなっています。この1枚を聴きとおすことで生まれ出るストーリー。これも一緒に味わえるクリスマスの贈り物です。

NAXOS 8.573031 CD ■器楽曲(ピアノ)

期待の新進演奏家シリーズ/
マリアンナ・プルジェヴァルスカ 
ピアノ・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ
マリアンナ・プルジェヴァルスカ
ピアノ・リサイタル
[プリヴァルスカ]

Piano Recital: Prjevalskaya, Marianna - HAYDN, J. / SCARLATTI, D. / SCHUMANN, R. / ZARATE, J.

NML NMLカタログ番号:8.573031

発売日:2012年09月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1982年生まれ、6歳からピアノを学び9歳でデビュー。1992年に家族とともにスペインに移住し、ラ・コルーニャ音楽大学でピアノを学びます。その後英国王立音楽大学、インディアナ大学サウスベント校、イェール音楽大学で研鑽を重ね、数多くのコンクールで入賞経験を持つ若手女性ピアニストです。

このアルバムは2011年にスペインで開催された「ハエン賞国際ピアノコンクール」の優勝記念として作成されたものですが、彼女の名前は、2010年に日本で開催された2つノコンクール、「浜松」と「仙台」ですでにおなじみ。伸びやかで美しい音色と、詩情溢れる表現力には、輝かしい将来が見えてきます。

NAXOS 8.573032 CD ■器楽曲

「ベニーを待ちながら」 ~
ベニー・グッドマンを讃えて

「ベニーを待ちながら」
ベニー・グッドマンを讃えて
[エルヴェ]

Chamber Music with Clarinet - POULENC, F. / BERNSTEIN, L. / STRAVINSKY, I. / GOULD, M. / BARTOK, B. (Waiting for Benny) (J. Herve)

NML NMLカタログ番号:8.573032 1)

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

クラリネット界の巨匠、「スウィングの王様」ベニー・グッドマン(1909-1986)。彼はスウィング・ジャズの代表的存在であり、伝説的なバンドリーダーですが、クラシック音楽にも深い愛情を注いでおり、例えばモーツァルトの「クラリネット協奏曲」などの録音も存在し、また同世代であったバルトークとは親しい友人で、このアルバムに収録されている「コントラスツ」を献呈された時は、ヴァイオリニストのシゲティとともにこの曲を録音、これはNAXOSでも聴くことができる歴史的名演として存在しています(8.111343)。

そんなグッドマンに触発された作曲家は数多く、例えばバーンスタインは自作の「前奏曲とフーガ」を捧げていますし、映画音楽で知られるモートン・グールドもグッドマンの友人で、彼のために2つの作品を書いています。プーランクのソナタは厳密にはグッドマンに捧げられたものではありませんが(オネゲルの墓前に捧げられたとされる)初演はバーンスタインの伴奏でグッドマンが行っています。ガーシュウインの「前奏曲」はジェームズ・コーンがグッドマンのためにクラリネット用に編曲したものです。

NAXOS 8.573033 CD ■器楽曲(ヴァイオリン)

モーツァルト(1756-1791):
ヴァイオリン・ソナタ集<br>(パトリック・ガロワによるフルートとピアノ版)

モーツァルト(1756-1791)
ヴァイオリン・ソナタ集
(パトリック・ガロワによるフルートとピアノ版)
[ガロワ/プリンツ]

MOZART, W.A.: Violin Sonatas Nos. 24, 25, 26 / Piano Sonata No. 17 (arr. for flute and piano) (P. Gallois, Prinz)

NML NMLカタログ番号:8.573033

発売日:2013年03月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

天才モーツァルト(1756-1791)は8歳の時からヴァイオリンと鍵盤楽器(この場合はヴァイオリンが伴奏として位置づけられている)のためのソナタを書いています。これは自らが演奏するためであり、当時の貴族の子女に献呈されるなど、多分に社交的に利用するためのアイテムとして作られたものです。

と言ってもこのアルバムに収録された4つのソナタは成長してから書かれたもので、K376からK378までの3曲は1979年から81年頃の作品で、すでに巨匠の風格が漂う流麗で美しい音楽です。K570はもともとピアノソナタですが、作曲家以外がヴァイオリン・パートを付け加えた版が有名で、このアルバムもその版に沿って演奏されています。なんといってもガロワの演奏が素晴らしく、一味違うモーツァルトを広めるのにふさわしい1枚となっています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573034 CD ■協奏曲 ■器楽曲(チェロ)

モーラン(1894-1950):
チェロ協奏曲・セレナード 他

モーラン(1894-1950)
チェロ協奏曲・セレナード
[ジョンソン/アルスター管/ファレッタ]

MOERAN, E.J.: Cello Concerto / Serenade / Lonely Waters / Whythorne's Shadow (Johnston, Ulster Orchestra, Falletta)

NML NMLカタログ番号:8.573034 1)

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

アーネスト・ジョン・モーラン(1894-1950)はイギリスの作曲家です。アイルランド家系の聖職者の息子として生まれ、幼い頃よりヴァイオリンとピアノを学び、1913年に英国王立音楽大学に入学、ここではスタンフォードに作曲を学んでいます。その後第1次世界大戦に従軍しますが、ここで頭部を負傷。これが彼の生涯に暗い影を落としたと言われています。室内楽や歌曲の分野に多くの作品を残しましたが、1945年にチェリストのピアーズ・コートモアと結婚。このアルバムの「チェロ協奏曲」やチェロソナタなどの傑作が生まれました。

セレナードは1948年に書かれた大規模な管弦楽曲ですが、初演時に「長すぎる」とされ「インテルメッツォ」と「フォルラーナ」を削除、以来6楽章で演奏されてきましたが、1996年に8楽章の原典版は出版されてからは、この当初の意向による形で演奏されるようになっています。同時期のイギリスの作曲家たちと同じく、母国の民謡に大きな影響を受けたモーランらしく、素朴で印象的なメロディが次から次へと溢れ出してくる美しい音楽です。

刺激的な「さびしい水」、ホワイソーンのマドリガルに基く「ホワイソーンの影」は初期の作品であり、複雑な音楽言語を用いつつも、耳に優しい音楽と言えそうです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573035 CD ■交響曲/管弦楽曲

メルカダンテ(1795-1870):
管弦楽作品集 ~ 
ロッシーニの「スターバト・マーテル」の主題による大シンフォニア/
ベッリーニへのオマージュ/クラリネット協奏曲 第2番 他

メルカダンテ(1795-1870)
管弦楽作品集
ロッシーニの「スターバト・マーテル」の主題による大シンフォニア
ベッリーニへのオマージュ/クラリネット協奏曲 第2番
[カサーニ/ローマ響/ラ・ヴェッキア]

MERCADANTE, S.: Sinfonia su motivi dello Stabat Mater di Rossini / Omaggio a Bellini / Clarinet Concerto No. 2 (Casani, Rome Symphony, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573035 1)

発売日:2013年12月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

現代において、メルカダンテ(1795-1870)の名前は「オペラ作曲家」として知られています。彼の代表作は「ヴェスタの巫女」や「誓い」などのベルカント・オペラであり、ロッッシーニとベッリーニに続く作曲家として素晴らしい名声を打ち立てたのでした。しかしながら、彼は当時の他のオペラ作曲家とは違い、積極的に器楽のための作品を書いたことでも知られています。もちろんメロディ・メーカーとしての才能は比類なきものであり、このアルバムで聴くことのできる「器楽曲」にも美しいメロディが散りばめられていることは間違いありません。

注目はOp.101のクラリネット協奏曲であり、どこかモーツァルトを思わせる典雅な響きの愛くるしさには、思わず胸が高まるのではないでしょうか? 一転、ベッリーニのノルマのメロディを縦横無尽に使った「ベッリーニへのオマージュ」は感動的であり、熱烈な愛国心が宿った「ガリバルディ」の勇壮さも特筆すべきものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573036 CD ■室内楽

グリーディ(1886-1961):
弦楽四重奏曲 第1番&第2番

グリーディ(1886-1961)
弦楽四重奏曲 第1番&第2番
[ブレトン弦楽四重奏団]

GURIDI, J.: String Quartets (Complete) (Breton String Quartet)

NML NMLカタログ番号:8.573036 5)

発売日:2013年07月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

バスク地方のビトリア=ガスティスに生まれ、マドリードで学んだ後、フランスに留学。あのサティも学んだパリのスコラ・カントルムでヴァンサン・ダンディに師事し、更にベルギーのブリュッセルに留学。帰国してからはバスク地方で音楽活動を行い、オペラや管弦楽曲、そしてこの2つの弦楽四重奏曲などを作曲します。また忘れてはならないのがサルスエラ(スペインのオペラの一種)で、NAXOSにもそれはそれは楽しいサルスエラ「農場」(8.557632)の録音があり、マニアをうならせていることでも知られています。

そんなグリーディ(1886-1961)の弦楽四重奏曲は、賑々しいサルスエラとは雰囲気を異にする厳格で静かな音楽です。洗練されたメロディと哲学的とも言える深い音楽性の中に、仄かに漂うラテンの血の滾り。

収録作曲家:

NAXOS 8.57304 CD ■協奏曲

ホフマイスター(1754-1812):
フルート協奏曲集 第2集

ホフマイスター(1754-1812)
フルート協奏曲集 第2集
[B. マイアー/プラハ室内管]

HOFFMEISTER, F.A.: Flute Concertos, Vol. 2 - Nos. 16, 17 and 22 (B. Meier, Prague Chamber Orchestra)

NML NMLカタログ番号:8.573040

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

第1集(8.572738)で、その作品の持つパワーに圧倒された聴き手多数。古典派の知られざる作曲家ホフマイスター(1754-1812)のフルート協奏曲の第2集です。

1754年にローテンブルク・アム・ネッカーで生まれたホフマイスターは、まずウィーンで法律を勉強しますが、音楽への道を志し独学で音楽を学び、1778年にはハンガリー、セーチェニの宮廷楽長に就任。3年間を凄します。やがて音楽出版社を設立、数々の困難に立ち向かいながら、モーツァルトやベートーヴェンの作品を出版。平行して1798年からはかねての希望通り、音楽家としても活動を再開。フルーティストのフランツ・トゥルナーとコンサート・ツアーに出かけるなど活発な活動を繰り広げたのです。彼の作品自体はほとんど知られることがありませんでしたが、このNAXOS盤では、フルーティストのマイアー自身がカデンツァを含む新しい版を作成し、この魅力的な作品群の普及に努めています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573042 CD ■室内楽

フォーレ(1845-1924):
ピアノ四重奏曲 第1番&ピアノ三重奏曲/
パヴァーヌ/小品/シシリエンヌ

フォーレ(1845-1924)
ピアノ四重奏曲 第1番&ピアノ三重奏曲
パヴァーヌ/小品/シシリエンヌ
[クングスバッカ・ピアノ三重奏団/デュ-クス]

FAURÉ, G.: Piano Quartet No. 1 / Piano Trio (Kungsbacka Piano Trio, P. Dukes)

NML NMLカタログ番号:8.573042 14)

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

フォーレ(1845-1924)の初期の名作であるピアノ四重奏曲第1番は1879年に書かれました。その頃のフォーレは婚約を一方的に破棄されるなど精神的に疲れていましたが、この曲の冒頭はとても荒々しく挑戦的。転調や音色の変化などに実験的要素も多くみられますが、基本的には優しいアルペッジョと流麗なパッセージが現れては消えていくフォーレらしい音楽です。第3楽章の悲痛なメロディには失恋への思いがこもっているとも言われています。

対してピアノ三重奏曲は、1922年から1923年、フォーレの最晩年に書かれた作品で、全くムダのない構成を彩る漣のような音型と、チェロ、ヴァイオリンの美しい歌。弟子のフローラン・シュミットが「これこそが音楽だ。そして音楽以外の何者でもない。」と評したほどの完璧な音楽です。晩年のフォーレのメロディは時として、薄暮の中に沈むような揺らぎを持ちますが、この曲は豊かな旋律性を湛えています。添えられた3曲はどれもお馴染みの作品で、フォーレ入門にもふさわしい彩りを持っています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573043 CD ■交響曲/管弦楽曲

ヴィラ=ロボス(1887-1959):
交響曲 第6番&第7番

ヴィラ=ロボス(1887-1959)
交響曲 第6番&第7番
[サンパウロ響/カラブチェフスキー]

VILLA-LOBOS, H.: Symphonies Nos. 6 and 7 (Sao Paulo Symphony, Karabtchevsky)

NML NMLカタログ番号:8.573043

発売日:2012年10月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

「ブラジル風バッハ」で知られる作曲家ヴィラ=ロボス(1887-1959)は、生涯に12曲の交響曲を残しました。このアルバムはNAXOSにおける彼の交響曲全集の第1作目となるものです。1944年に書かれた第6番はエキゾチック、かつ雄大な音楽で幕を開けます。平明さを湛えながらも一筋縄ではいかない手の込んだ音は、まさに入り組んだ山並みを思い起こさせます。第2楽章の美しさも特筆すべき点でしょう。賑やかな第3楽章を経て、これまたダイナミックな終楽章へと傾れ込む見事な展開は、まさに手に汗を握るがごとしです。その翌年に書かれた第7番は、近代的な響きに彩られた野心的な作品で、ハープや打楽器を駆使した大管弦楽の咆哮は、胸を躍らせること間違いなし。20世紀音楽をじっくり語りたいなら、必ず通らなくてはいけない道と言えそうです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573044 CD ■協奏曲

ハリス(1945-):
交響曲 第4番「マヒナランギ・トッカーの思い出に」 /
チェロ協奏曲

ハリス(1945-)
交響曲 第4番「マヒナランギ・トッカーの思い出に」
チェロ協奏曲
[キン・リウェイ/アシュワース/オークランド・フィル/ウォーカー/ディーン]

HARRIS, Ross: Symphony No. 4, "To the memory of Mahinārangi Tocker" / Cello Concerto (Li-wei Qin, Auckland Philharmonia, G. Walker, Dean)

NML NMLカタログ番号:8.573044

発売日:2014年06月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ニュージーランド生まれの作曲家ロス・ハリス(1945-)は、数々のユニークな作品で注目を浴びながら、30年の長きにわたり、ヴィクトリア大学の音楽科で教鞭を執り、この国の音楽発展に貢献している人物です。このアルバムで強い存在感を放つ、彼の第4番の交響曲は、オークランド・フィルハーモニー管弦楽団の委嘱を受けて書かれたもので、ニュージーランドの名シンガーソングライターのマヒナランギ・トッカー(1955-2008)へのオマージュとなっています。彼女は25年間の活動期間において、600以上の曲を書き、そのどれもが感動的な表情を持っていて、ハリスは彼女の作品に高い関心を抱いていました。この曲が書かれる3年前に、喘息発作で世を去ってしまった彼女への友情の証だとハリスは語っています(彼女はユダヤとケルトの血をひき、またレズピアンであることもカミングアウトしていました)。もう一つのチェロ協奏曲は、チェリスト、キン・リウェイの演奏に触発され書かれた作品で、不確実なメロディを奏でるオーケストラに載って、チェロが妖艶で不可思議なメロディを歌います。全ての部分は途切れることなく奏でられ、連綿を歌うチェロの響きには陶然とするばかりです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573045 CD ■交響曲/管弦楽曲

グリーグ(1843-1907):
管弦楽作品集 第7集 ~ 
オラヴ・トリュグヴァソンより3つの情景 他

グリーグ(1843-1907)
管弦楽作品集 第7集
オラヴ・トリュグヴァソンより3つの情景
[マルメ響/エンゲセト]

GRIEG, E.: Orchestral Music, Vol. 7 - Olav Trygvason / Landkjenning / Sigurd Jorsalfar (excerpts) (Malmo Symphony, Engeset)

NML NMLカタログ番号:8.573045

発売日:2013年12月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

このアルバムに収録された作品は、グリーグ(1843-1907)と台本作家ビョルンスティエルネ・ビョルンソン(1903年にノーベル文学賞を受賞したノルウェーの偉大なる台本作家)が魅了されたノルウェーの歴史に関わるものです。彼らは、ヴァイキングが闊歩していた、キリスト教と古ノルド語の宗教が激しい競合を繰り返していた時代に魅入られ、いくつかの素晴らしい物語を作り上げました。

「故郷への帰還」は歌劇の題材にもなっている実在の王オラヴ・トリグヴァソン(960頃-1000)の物語。彼がイギリスからノルウェーへ戻る際、故郷の海岸を見て宗教的な幻想にかられたということをモティーフにしています。「十字軍の王シーグル」にまつわる音楽もビョルンソンによる戯曲のために作曲したもの。初演時に好評を博し、後に組曲にも再編しています。「オラヴ・トリグヴァソンの3つの情景」は未完に終わった歌劇から取り出されたもの。最後に置かれたノイペルトの作品はビョルンソンが好んだ曲。ノイペルトの友人であったグリーグが管弦楽版に編曲したものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573047 CD ■交響曲/管弦楽曲

バラダ(1933-):
シンフォニア・エン・ネグロ ~ <br>マーティン・ルーサー・キングへのオマージュ 他

バラダ(1933-)
シンフォニア・エン・ネグロ ~
マーティン・ルーサー・キングへのオマージュ
[アビュール/リュナ/マラガ・フィル/コロメル]

BALADA, L.: Sinfonia en negro / Double Concerto / Columbus (Abbühl, Lluna, Málaga Philharmonic, Colomer)

NML NMLカタログ番号:8.573047

発売日:2014年01月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

アメリカの偉大な人物「マーティン・ルーサー・キング」。キング牧師の名で知られるアフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者であり、1964年にはノーベル平和賞を受賞した人です。作曲家バラダ(1933-)は友人の紹介で1967年にキング牧師に会い、その思想と行動に強烈な印象を受けました。しかしその1年後、牧師が暗殺されるというニュースを知ったバラダはすぐに「黒人たちの解放」をモティーフにした作品を書き、偉人への思い出に捧げたのです。曲は民俗的であり前衛的で、バラダ自身の「平和への祈り」も内包された音楽です。

メキシコ民謡を使った「二重協奏曲」はバラダの作品にしては、のどかな音楽。オペラ「コロンブス」からの抜粋である「管弦楽のための映像」は、これだけでも楽しめますが、機会があったら全曲(8.660237-38)にも耳を傾けてみてください。

収録作曲家:

NAXOS 8.573048 CD ■器楽曲(ヴァイオリン)

ダヴィッド(1810-1873):
20の技巧的練習曲/
6つのカプリース

ダヴィッド(1810-1873)
20の技巧的練習曲
6つのカプリース
[クッペル]

DAVID, F.: 20 Virtuoso Studies / 6 Caprices, Op. 9 (Kuppel)

NML NMLカタログ番号:8.573048

発売日:2014年07月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ドイツ系ユダヤのヴァイオリニスト、作曲家フェルディナント・ダヴィッド(1810-1873)。幼い頃から神童として知られ、13歳の時にはルイ・シュポーアとモーリッツ・ハウプトマンに師事、16歳でベルリン王立劇場のヴァイオリン奏者に就任しています。その後は優れたヴァイオリニストとして活躍し、ロシア方面にも演奏旅行に出かけ、25歳のときにはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のコンサートマスターに就任、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の初演も彼が担うことで、メンデルスゾーンにヴァイオリンの技術やその他の助言を与えたことでも知られています。

このアルバムにはそんな彼の自作を収録。ここでダヴィッドが練習曲のベースに用いたのは、彼の親しい友人であったイグナツ・モシェレス(1794-1870)の「ピアノのための24の練習曲」をヴァイオリン練習曲に置き換えるというある意味、困難な試みです。両手で鍵盤を自由に操るピアノのパッセージが、どのような形でヴァイオリンに移し変えられているか、それをつぶさに聞き比べるのも一考でしょう。「6つのカプリース」でのヴァイオリンのパッセージは、編曲という制限から逃れ、更に自由に飛翔しているかのようです。

ドイツのヴァイオリニスト、クッペルは13歳でデビューし、ハンブルク、ミュンヘンのオーケストラでソリストを務め、1997年から2013年まではバイエルン放送交響楽団のアシスタント・コンサートマスターも務めていました。確かな技術と表現力で、この難曲をぐいぐい演奏しています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573049 CD ■声楽曲 ■宗教曲

ガブリエル・ジャクソン(1962-):
レクイエム 他

ガブリエル・ジャクソン(1962-)
レクイエム
[ヴァザーリ・シンガーズ/バックハウス]

JACKSON, G.: Requiem / In all his works / I am the voice of the wind / POTT, F.: When David heard (Vasari Singers, Backhouse)

NML NMLカタログ番号:8.573049

発売日:2012年11月21日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

何かを失う悲しみ。それはどんなに時が経とうとも癒されることはないのかも知れません。この2008年に書かれたレクイエムにも作曲家ジャクソンの苦悩が反映されています。しかしこの曲には「死は確かに悲しいことであるが、そこには光のイメージもあり、決して悲観すべきことばかりではない。」そんな作曲家のメッセージも込められているようです。曲が進むにつれ輝かしさを増すレクイエム。今の世界はこのような作品も必要でしょう。

他にも興味深い作品が収録されていますが、英国の合唱作曲家として知られる、チルコットのトラック10の「ばらの奇跡」に注目。原曲は「カノン」ですが、声とギターによる「聖母マリアを賛美する作品」として生まれ変わっています。ここで素晴らしい歌声を聴かせるヴァサーリ・シンガーズは前作「イギリスの賛歌集(8.572504)」がGramophone誌で大絶賛されました。

NAXOS 8.57305 CD ■器楽曲(ピアノ)

ロッシーニ(1792-1868):
ピアノ作品全集 第5集 ~ 
老年のいたずら 第12集「アルバムのためのいくつかの些細なこと」

ロッシーニ(1792-1868)
ピアノ作品全集 第5集
老年のいたずら 第12集「アルバムのためのいくつかの些細なこと」
[マランゴーニ]

ROSSINI, G.: Piano Music, Vol. 5 (Marangoni) - Peches de vieillesse, Vol. 12

NML NMLカタログ番号:8.573050

発売日:2013年07月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

わずか37歳でオペラの創作から足を洗ったロッシーニ(1792-1868)。しかしそれからなくなるまでの39年間、全く音楽から遠ざかっていたわけではありません。彼が、悠々自適の生活を送りながら書いたのはサロン風の歌曲や室内楽曲、ピアノ曲、そして宗教的作品でした。この作品集「老いのいたずら」はそんなロッシーニの本当の晩年である1857-1868年の10年間に書かれた曲集で、彼の私邸で催された「土曜の音楽の夕べ」の演奏のためのみに作曲され、楽譜は出版を許可されず鍵付きの引出しの奥深くにしまわれていたものです。全部で13の曲集からなり、その中にはピアノ曲だけでなく、声楽曲やちょっとした室内楽曲も含まれます。どの曲も機知に富み、様々な仕掛けが施されたオシャレでステキなものばかりです。

この第12集の曲のタイトルの多くには、単なる曲の表情記号が見受けられますが、一つ一つの曲の味わい深さには目を見張るものがあります。今回もマランゴーニの楽しい演奏で。

収録作曲家:

NAXOS 8.573051 CD ■交響曲/管弦楽曲

ラフマニノフ(1873-1943):
交響曲 第3番 他

ラフマニノフ(1873-1943)
交響曲 第3番
[デトロイト響/スラットキン]

RACHMANINOV, S.: Symphony No. 3 / Symphonic Dances (Detroit Symphony, Slatkin)

NML NMLカタログ番号:8.573051

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ラフマニノフ(1873-1943)の交響曲第3番は、1935年6月に構想され、完成したのは翌年1936年6月6日のことでした。それはあの美しい「パガニーニの主題による狂詩曲」を作曲した2年後であり、彼が作曲した「最後の番号付き」の交響曲でもありました。第2番ほどの濃厚なロマンティシズムは感じられませんが、全体的に引き締まった流麗なメロディと、思いがけないほどの活気に満ちた楽想に溢れた魅力的な音楽です。彼が好んだ“怒りの日”のメロディももちろん顔を見せます。

「交響的舞曲」は1940年作曲、ラフマニノフの最後の作品です。タイトルこそ「舞曲」ですが、各楽章には緊密な関係性があり、またテンポ設定などを考えても、この作品は「交響曲」として捉えることに何の異論もないのではないでしょうか。こちらの作品にも“怒りの日”のメロディが随所に引用されていて、また楽器編成は第3番とほとんど同じ、またサクソフォンの使用も印象的な作品です。

第2番(8.572458)の濃厚な演奏でおなじみ、スラットキンとデトロイト交響楽団は、このラフマニノフの晩年の2曲にも、滴り落ちるほどにずっしりとした響きと、強いメリハリを与え、曲の持つエネルギーを光り輝く音価に転換し、聞き手につきつけます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573052 CD ■交響曲/管弦楽曲 ■現代音楽

ゲール(1932-):
カルカソンヌへの行進 他

ゲール(1932-)
カルカソンヌへの行進
[P. ゼルキン/BBC響/ロンドン・シンフォニエッタ/ナッセン]

GOEHR, A.: Marching to Carcassonne / When Adam Fell / Pastorals (P. Serkin, BBC Symphony, London Sinfonietta, Knussen)

NML NMLカタログ番号:8.573052

発売日:2013年03月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

アレクサンダー・ゲール(1932-)は、イギリスの現代作曲家のひとり。ハリソン・バートウィスルやピーター・マックスウェル・デイヴィスとともに「マンチェスター楽派」のひとりとして、めきめきと頭角を現した人として知られています。彼の作品は透明な表現力と豊かな響きを持ち、その知的厳密さには息をのむこと間違いありません。パリではメシアンに師事していて「その独自の作風に強い影響を受けた」と自らが語っています。

このアルバムではそんな彼の作風をじっくりと味わうことができます。タイトルにもなっている「Marching to Carcassonne」は不可思議かつ異様な雰囲気を持つ作品であり、トラック1.2は名手ピーター・ゼルキンがピアノを弾くという注目曲。そして全体をまとめているのがこれまた注目のオリヴァー・ナッセン! 現代曲に興味のある人必携の1枚です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573053 CD ■合唱曲 ■宗教曲

マッケイブ(1939-):
幻影 ~ 合唱作品集

マッケイブ(1939-)
幻影 ~ 合唱作品集
[BBCシンガーズ/ファーリントン/ヒル]

MCCABE, J.: Choral Music (Visions) (BBC Singers, Farrington, Hill)

NML NMLカタログ番号:8.573053

発売日:2013年01月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

英国有数の作曲家、ピアニストであるジョン・マッケイブ(1939-)。彼の作品はほぼ全てのジャンルに及び、そのどれもが高い評価を受けています。もちろん使われている音は現代的なものですが、どこか親しみやすさも備えており、とりわけ声楽作品はわかりやすいメロディが多いせいもあり、ファンも少なくありません。

このアルバムには世界初録音を含む14作品が収録されています。作曲年代はまちまちで、ごく最近に書かれたものから、50年近くも前のものまで多彩なスタイルが混在しています。彼の音楽の変遷を感じたいのであれば、まず最初におかれた「3つのマリアのキャロル」はいかがでしょう? 16世紀の作者不詳のラテン語のテキストを含む3つの曲は、美しく神秘的であり、マッケイブ自身も喜びをもって作曲したと語っています。その他、いろいろな機会のために書かれた合唱曲はBBCシンガースの最良の声を得て、素晴しい光を放っています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573054 CD

ローデ(1774-1830):
ヴァイオリン協奏曲 第2番・第8番 他

ローデ(1774-1830)
ヴァイオリン協奏曲 第2番・第8番
[アイヒホルン/イェナ・フィル/パスケ]

RODE, P.: Violin Concertos Nos. 2 and 8 (Eichhorn, Jena Philharmonic, Pasquet)

NML NMLカタログ番号:8.573054

発売日:2015年11月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

13歳でヴィオッティの弟子になり、師の技巧を存分に受け継いだというローデ(1774-1830)は、もちろん素晴らしいヴァイオリニストになり、多くの弟子たちを育て上げました。またウィーンでは、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第10番をルドルフ大公とともに初演したことでも知られています。

そんなローデ、彼の作品の全てはヴァイオリンのために書かれており、中でも13曲のヴァイオリン協奏曲は古典派の協奏曲の大切なレパートリーとして現在でも大切にされています。第2番の協奏曲は彼の同僚でもあったクロイツェルに捧げられたもので、抒情的な導入部だけでも魅力的な作品です。もちろんヴァイオリンパートは入念に仕込まれ、常に滑らかで美しい歌を奏でなくてはいけません。

第8番の協奏曲は彼の友人の歌手ジョセフィーナ・グラッシーニに捧られたもの。憂いに満ちた第1主題と、伸びやかな第2主題が特徴的な第1楽章は、まるでメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を思わせる充実の作風を持っています。古典派の歌を勉強した人ならもれなく思い出すであろう「Nel cor piu - うつろな心」のメロディはベートーヴェンを始めとした多くの作曲家たちが変奏曲の主題に用いていますが、このヴァイオリンの名手ローデもその中の一人。なんとも抒情的で技巧的な変奏が施された楽しい作品に仕上げました。「チロルの歌」の主題による変奏曲も、ヴァイオリンの名手でなくては書けない素晴らしい音楽です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573055 CD

メルツ(1806-1856):
ギター二重奏曲集 
不安な心/葬儀の挽歌/マズルカ/
セレナード/トラウン湖の舟旅 他

メルツ(1806-1856)
ギター二重奏曲集
不安な心/葬儀の挽歌/マズルカ
セレナード/トラウン湖の舟旅
[メラー/フラティチェッリ]

MERTZ, J.K.: Guitar Duets (Möller, Fraticelli)

NML NMLカタログ番号:8.573055

発売日:2014年11月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

プレスブルク(現在はスロヴァキア)の貧しい家庭に生まれたヨハン・カスパル・メルツ(1806-1856)。彼は独学でギターとフルートを学び、若いうちはこれらを教えながら研鑽を積みました。1840年にウィーンに移住し、ようやくコンサートデビューを果たし、当時の皇后に認められてウィーンの宮廷ギタリストに取り立てられます。その後は持病に悩まされながらも、数々の作品を書き、またベルリン、ドレスデン、ロシアを始めとした広範囲な地域で演奏会を行い賞賛を得ました。1856年、50歳の時に心臓病で没しましたが、彼の偉業はのちのギタリストたちにも大きく影響を与えたのです。その一つに「10弦ギター」の使用があり、これはギターの音色に深みと表現力をもたらし、世界を大きく広げたのでした。

ここでは彼の最も知られている「吟遊詩人の調べ」の2台ギター版や、「葬儀の挽歌」などを収録。シューベルトを思わせる素朴なメロディも、2台のギターで奏されると格別の味わいを持つものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573056 CD ■吹奏楽

ウィンド・バンドで聴く“バーンスタイン”

ウィンド・バンドで聴く“バーンスタイン” [サウス・カロライナ大学ウィンド・アンサンブル/ワイズ]

BERNSTEIN, L.: Transcriptions for Wind Band - On the Waterfront Suite / On the Town / Candide (University of South Carolina Wind Ensemble, Weiss)

NML NMLカタログ番号:8.573056 12)

発売日:2013年03月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

バーンスタインのジャンルを超えた音楽は、さまざまな分野で愛好されていますが、このアルバムでは、目も眩むような鮮やかなウィンド・バンドで聴くことができます。グラウンドマンによる編曲版は原曲のイメージを全く損なうことなく、新たな魅力を付け加えたもので、軽妙で切れ味のよい響きが新鮮です。

「オーケストラのためのディヴェルティメント」はボストン交響楽団の100周年記念のために委嘱された作品で、1980年に小澤征爾が初演し話題になりました。あれから30年を経て、曲に対する思いも、バーンスタインという存在も変化しているはず。改めて偉大なる作曲家、演奏家としてのバーンスタインを見つめてみたい1枚です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573057 CD

ショスタコーヴィチ(1906-1975):
交響曲 第7番 ハ長調 「レニングラード」 Op.60

ショスタコーヴィチ(1906-1975)
交響曲 第7番 ハ長調 「レニングラード」 Op.60
[ロイヤル・フィル・リヴァプール・フィル/ペトレンコ]

SHOSTAKOVICH, D.: Symphonies, Vol. 8 - Symphony No. 7, "Leningrad" (Royal Liverpool Philharmonic, Petrenko)

NML NMLカタログ番号:8.573057 4)

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ショスタコーヴィチの第8集。とりわけ人気の高い第7番「レニングラード」の登場です。「私はこの第七交響曲を我々のファシズムに対する戦いと我々の革命的勝利、そして我が故郷レニングラードに捧げる」とショスタコーヴィチ自身が表明したことから「レニングラード」という通称を持つこの作品、彼の作品の中でも演奏時間が長く、また賛否両論を巻き起こしているものです。もちろん当時の聴衆や政府からは高く評価されていましたが、ショスタコーヴィチの真意がわからないため、一時期は「ソ連のプロパガンダ」として評価が下がったり、戦後の書物によって、また評価が上がったりと、今でも政治的意味合いには曖昧さがぬぐいきれない感があります。レニングラード包囲前の1941年8月頃から作曲が開始されたとされ、本来は楽章ごとに副題が付けられていましたが、作曲家自身によって破棄されました。とは言え、その緊張感あふれる音楽は思想を越えて愛されるものであり、見事な起草転結を描き出しています。

さて、ペトレンコの演奏は、いつものように「混迷の背景」を感じさせることのない揺るぎない演奏で、ひたすら人間の強さと戦闘の悲惨さをダイレクトに感じさせる下心のないものです。新しいショスタコーヴィチ像と言えるでしょう。

収録作曲家:

NAXOS 8.573058 CD ■器楽曲(ヴァイオリン) ■器楽曲(ピアノ)

ゴドフスキー(1870-1938):
ヴァイオリンとピアノのための作品集 ~ 
12の印象/
告白/詩的なワルツ 他

ゴドフスキー(1870-1938)
ヴァイオリンとピアノのための作品集
12の印象
告白/詩的なワルツ
[ラシドヴァ/チャドウィック]

GODOWSKY, L.: Violin and Piano Music - 12 Impressions / Avowal / Waltz Poems (Rashidova, Chadwick)

NML NMLカタログ番号:8.573058

発売日:2013年07月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ゴドフスキー(1870-1938)の音楽と言えば、あの複雑怪奇で豪華絢爛なピアノ・トランスプリクションを思い浮かべる人も多いことでしょう。確かに彼は「ピアニストの中のピアニスト」と呼ばれるほどに、ピアノに精通していた人です。もちろんその作品はピアノ曲が中心ですが、その中に、まるで宝石のようなヴァイオリンのための曲があるのをご存知でしょうか?

それは、かのクライスラーとその妻に捧げられたという「12の印象」です。ほとんどが3分程度の長さ(例外的に第6曲が6分越え)の12の小品からなるこの曲集。そのほとんどが三拍子の甘く切ない雰囲気を持ったウィーン風。この郷愁に満ちた調べを書いた人が、あの「誰にも演奏できそうもない」ような超絶技巧のピアノ曲を書いた人とは思えないでしょう。また「懐かしいウィーン」も彼の一つの代表作です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573059 CD

コロンビアのギター音楽集

コロンビアのギター音楽集 [エスコバル]

Guitar Music (Colombia) - MEJÍA, A. / MONTAÑA, G. / SABOYA, L. / GONZÁLEZ, H. (Escobar)

NML NMLカタログ番号:8.573059 1)

発売日:2015年02月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ナクソスレーベルが得意とするレパートリーである「ギター作品集」の中でも、このエスコバルが演奏する「チリのギター集」(8.570341)と彼のリサイタルCD(8.555719)は、素晴らしい人気を誇っています。その理由の一つには、彼が奏するギターの音色はとても親密で甘く、ついついうっとりとしてしまうから。彼の音色は、いつも南国の風景や風の香りを想起させ、日本人の心の奥底に潜む"熱き血潮"を刺激するからなのかもしれません。

そんなエスコバルの最新アルバムは、コロンビアの作品集です。アフリカやネイティブインディアンの文化を受け継ぎながら発展してきたコロンビアの音楽には、リズミカルなパワーと豊かな色彩、そしてダンスのリズムが宿っています。優雅なリズムと激しいアクセントが共存した流麗なメロディ、そしてカリブ海の特徴的なリズムパターン…どれにも心が惹かれます。モンターニャの「コロンビアーナ組曲」を中心に選曲されたこの1枚は、きっと誰もが気に入るはずです。

NAXOS 8.57306 CD ■交響曲/管弦楽曲 ■吹奏楽

フラジェッロ(1928-1994)&ロスナー(1945-):
吹奏楽のための交響曲集

フラジェッロ(1928-1994)&ロスナー(1945-)
吹奏楽のための交響曲集
[ヒューストン大学ウィンド・アンサンブル/バートマン]

FLAGELLO, N.: Symphony No. 2, "Symphony of the Winds" / ROSNER, A.: Symphony No. 8, "Trinity" (University of Houston Wind Ensemble, Bertman)

NML NMLカタログ番号:8.573060

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ニューヨークの音楽一家に生まれたフラジェッロと、同じくニューヨーク生まれのロスナーの吹奏楽作品集。若い頃ジャンニーニからヨーロッパの伝統を学び、ピアニストや指揮者としても活躍、バロックから現代までの音楽を幅広く取り入れた独自の作風を確立したフラジェッロの作品は、最近になって数多くのファンを獲得しています。このCDに収録された4つの作品はどれも彼の特徴を示すものですが、とりわけ「風の交響曲」の成熟したスタイルには驚かされることでしょう。サクソフォンの音色を存分に生かした2つの曲も見事です。一方、ロスナーの作品は精緻であり神秘的です。ルネサンス様式を感じさせる敬虔な気分とリズミカルな気分が錯綜する作品であり、まるで鐘の音のように炸裂するパーカッションの響きにも胸躍ります。ヒューストン大学ウィンド・アンサンブルの見事な演奏で。

収録作曲家:

NAXOS 8.573061 CD ■合唱曲 ■宗教曲

ブラームス(1833-1897):
ドイツ・レクイエム Op.45

ブラームス(1833-1897)
ドイツ・レクイエム Op.45
[リボール/バウアー/ワルシャワ・フィル&合唱団/ヴィト]

BRAHMS, J.: Deutsches Requiem (Ein) (Libor, T.E. Bauer, Warsaw Philharmonic Choir and Orchestra, Wit)

NML NMLカタログ番号:8.573061 33)

発売日:2014年05月30日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

コントラバス奏者を父とし、ハンブルクで生まれたブラームス(1833-1897)。彼は幼い頃からピアノの才能を示し、10歳の頃から家計を助けるためにレストランや居酒屋でピアノを演奏したと言います。そんな彼、若い頃から自身の作品については懐疑的であり、かなりの数を破棄してしまいました。この「ドイツ・レクイエム」も24歳の頃に構想されるも、なかなか完成することはなく、ずっと仕舞われていたのですが、1865年に彼の母が死去。これが引き金となり、ようやく全曲が完成したというものです。初演2年前の1867年、出来上がっていた3つの楽章のみが試演されましたが、聴衆の反応は最悪であり、毒舌批評家ハンスリックも皮肉めいた批評を書きました。しかし、ブラームスは諦めることなく作曲を続け、何度も試演を繰り返し、1869年にようやくライネッケ指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団により全曲が初演され、この曲の真価が知られるようになったというものです。曲はご存知の通り、ドイツ語のテキストが用いられ、随所に高度な対位法が使われた壮大かつ深淵なもの。ここでは大曲を得意とするヴィトが絶妙のタクトで、全曲を纏め上げています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573062 CD

ペンデレツキ(1933-):
夢の海は私に息吹を送った…

ペンデレツキ(1933-)
夢の海は私に息吹を送った…
[パシェチニク/マルシニク/ブレク/ワルシャワ・フィル/ヴィト]

PENDERECKI, K.: Powiało na mnie morze snów… (A sea of dreams did breathe on me…) (Pasichnyk, Marciniec, Bręk, Warsaw Philharmonic, Wit)

NML NMLカタログ番号:8.573062

発売日:2015年11月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

「すっかりロマン派の作風に回帰した」と言われるポーランドを代表する作曲家、ペンデレツキ(1933-)。多くの人はあの「ヒロシマ」の頃の鮮烈な音楽を知っているだけに、今の作風には違和感を覚えるのでしょう。しかし、今の彼の音楽がつまらないかと言われると、そんなことは全くありません。どの作品にも普遍の美しさが宿っているのです。

この歌曲集は2010年のショパン生誕200周年の記念行事のために書かれたもので(初演の指揮はゲルギエフが担った)、作品としては「交響曲第8番」(8.570450)と同じ世界に属する夢幻的な響きを有しています。全体は大きく3部に分かれ、各々の曲にはロマン派と現代のポーランドの詩人の詩が用いられ、曲によって最もふさわしい声域で歌われるように工夫されています。切れ切れのショパンの音楽の残滓から、ほろ苦い郷愁を感じ取ることができるでしょうか。

収録作曲家:

NAXOS 8.573063 CD ■器楽曲(ピアノ)

リース(1784-1838):
ピアノ・ソナタとソナチネ全集 第6集 ~ 
4手のための作品集

リース(1784-1838)
ピアノ・ソナタとソナチネ全集 第6集
4手のための作品集
[カガン/プリマコフ]

RIES, F.: Piano Sonatas and Sonatinas (Complete), Vol. 6 (Kagan, Primakov) - Opp. 6, 47, 160

NML NMLカタログ番号:8.573063 22)

発売日:2013年09月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSレーベルではすっかりおなじみ、ベートーヴェンの弟子であり友人であったフェルディナント・リース(1784-1838)のピアノ・ソナタ&ソナチネ集の第6集は、彼の連弾のための3つのソナタ(ソナチネ)です。彼の作品の中におけるピアノ・ソナタは特別な意味を持つことは間違いなく、初期のものは師であるベートーヴェンの影響を受けつつも、後期の作品はロマン派の作曲家たち、メンデルスゾーンやシューマンに強い影響を与えるほどに熟成したものとなっていました。

このアルバムに収録された3曲は、どれもが個性的な表情を湛えた素晴らしい音楽です。規模が小さく単純な構造を持つOp.6のソナチネの主題は、一瞬ベートーヴェンを思わせますが、もっともっと無邪気で楽しい音楽です。作曲されたのは意外に遅くリース自身のカタログによると1825年とされていますが、これは恐らく教育用に書かれているため、ことさら易しく作られているのでしょう。Op.47のソナタは1816年の作品で、リースがヨーロッパ・ツアーを成功させた後、ロンドンで新しく地位を築いた頃の作品です。1831年頃に作曲されたOp.160のソナタは「グランド(大)・ソナタ」として出版され、カール・チェルニーに献呈されました。ピアノの鍵盤を隅から隅までフルに使い、オーケストラを凌駕する厚い響きを追求。またイ長調と銘打たれているものの、音楽は長調と短調を行き来するなど、想像を遙かに超えた充実した音楽が展開されていきます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573064 CD

バラダ(1933-):
ピアノ、管楽器と打楽器のための協奏曲/
チェロ協奏曲/ヴィオラ協奏曲
クンブレス/10の管楽器のためのソナタ

バラダ(1933-)
ピアノ、管楽器と打楽器のための協奏曲
チェロ協奏曲/ヴィオラ協奏曲
クンブレス/10の管楽器のためのソナタ
[グラーフ/プレモ/ピライ/カーネギー・メロン・ウィンド・アンサンブル]

BALADA, L.: Concerto for Piano, Winds and Percussion / Cello Concerto / Viola Concerto (Graf, Premo, Pillai, Carnegie Mellon Wind Ensemble)

NML NMLカタログ番号:8.573064

発売日:2015年08月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

常に刺激的な作品を供給するバルセロナ生まれの作曲家レオナルド・バラダ(1933-)。このアルバムでは彼が電子音楽に興味を抱いていた1960年代の作品から、2000年代のヴィオラ協奏曲まで、幅広く興味深い作品が網羅されています。「クンブレス」はカーネギー・メロン大学のシンフォニー・バンドによる委嘱作で、バラダがジュリアードの学生だった頃に取り組んでいたトーン・クラスター(色んな音を同時に発する和音のようなもの、音の固まり)の要素も交えた問題作。この曲に敢えて「交響曲」と名づけたバラダの意図も面白いものです。

同じくカーネギー・メロン大学の同窓会から委嘱されたユニークな「協奏曲」の冒頭部分は「ピンポン」からヒントを得たもの。「チェロの協奏曲」はカタロニア出身のチェリスト、ガスパール・カサドから委嘱された作品で、新古典派風の要素を持っています。ごく最近の作品である「ヴィオラ協奏曲」はまたもや不可解な音に彩られた作品ですが、根底にはカタロニア民謡が仕込まれているのです。「10の楽器のためのソナタ」も、まるで刑事ドラマのサウンド・トラックのような音の羅列が続きますが、彼自身によれば「ソナタという言葉には音片という意味がある」ということで、やはり一筋縄ではいかない音楽と言えるでしょう。

収録作曲家:

NAXOS 8.573065 CD ■声楽曲 ■合唱曲

マイール(1763-1845):
カンタータ「ナクソス島のアリアドネ」

マイール(1763-1845)
カンタータ「ナクソス島のアリアドネ」
[ホーラク/アレン/ジモン・マイール合唱団/インゴルシュタット・グルジア室内管/ハウク]

MAYR, J.S.: Arianna a Nasso [Cantata] (Horak, T.M. Allen, Simon Mayr Choir, Ingolstadt Georgian Chamber Orchestra, Hauk)

NML NMLカタログ番号:8.573065

発売日:2012年11月21日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

最近、何かと話題の作曲家ジモン・マイール(1763-1845)。ヨーロッパでは彼の作品が次々と蘇演され、その精緻な音楽は古典派の音楽好きたちを唸らせています。このカンタータの素材は有名な「ナクソス島に置き去りにされうも、バッカスに助けられるアリアドネ」で、このカンタータも、アリアドネが不安を抱えながら船に揺られる場面から、最後はバッカスと愛を語り合うまでが描かれています。このアリアドネ役は、後にロッシーニ夫人となる当時の名手、イザベラ・コルブランが歌うことを前提として書かれているためか、劇的かつ超絶技巧を要求されるものですが、ホーラクは難なく歌いこなしています。演奏はマイールにかけては右に出るものなし、おなじみのフランツ・ハウクです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573066 CD

クネヒト(1752-1817):
自然の音楽的描写/
フィリドール(1726-1795):
序曲集

クネヒト(1752-1817)
自然の音楽的描写
フィリドール(1726-1795)
序曲集
[トリノ・フィル/プラハ・シンフォニア管/ベンダ]

KNECHT, J.H.: Portrait musical de la nature (Le) / PHILIDOR, F.-A.D.: Overtures (Torino Philharmonic, Prague Sinfonia, Benda)

NML NMLカタログ番号:8.573066 73)

発売日:2014年04月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1752年ビーベラッハで生まれ、最初はオルガンなどの鍵盤楽器とヴァイオリン、歌を学んだクネヒト。ワイマールやシュトゥツガルトで様々な活動をし、最終的には生まれ故郷に戻りオーケストラの監督として生涯を閉じました。彼はオルガニストとしても素晴らしい才能を有していて、同じ「自然」を題材にした曲を作っていますが、何より彼の名が現在残っているのは、この「田園交響曲」とも言える“自然の音楽的描写”に拠ってでしょう。

この曲の存在自体は、ベートーヴェンの「田園」が語られる時に、おまけのように付け加えれらることがありますが、なかなか実際の曲を聴く機会がありません。そんなファンの方にお届けするのがこの1枚です。各楽章の標題は全くベートーヴェンそのもの。多少「嵐」の迫力が不足しているとはいえ、これはこれで興味深いものであることは間違いありません。さてベートーヴェンとクネヒトの関係はいかがなものであったのか…。これは想像にお任せいたしましょう。余白には同時代の作曲家フィリドールの序曲集が収録されています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573067 CD

ティアンワ・ヤン スペインを弾く 
ラロ(1823-1892):
スペイン交響曲/
マネン(1883-1971):
コンシェルト・エスパニョール

ティアンワ・ヤン スペインを弾く
ラロ(1823-1892)
スペイン交響曲
マネン(1883-1971)
コンシェルト・エスパニョール
[楊天堝/バルセロナ響&カタルーニャ管/ダレル・アン]

LALO, É.: Symphonie espagnole / MANÉN, J.: Violin Concerto No. 1 (Tianwa Yang, Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra, Darrell Ang)

NML NMLカタログ番号:8.573067

発売日:2016年10月28日

価格:1,291円(税込、送料別)

購入する

NAXOSが注目するヴァイオリニス卜、ティアンワ・ヤンによる2曲の“スペイン風”協奏曲集。ラロ(1823-1892)の「スペイン交響曲」は彼の代表作であり、誰もが知っている名作です。かたやマネン(1883-1971)の協奏曲は、全くと言ってよいほどに知られていない秘曲。しかし、どちらの作品も華やかで技巧的なパッセージと情熱的なリズムに満たされており、サラサーテの演奏で絶賛されているヤンの熱い演奏は、2つの作品の「スペイン魂」を見事に表出しています。

ラロの「スペイン交響曲」は1874年、サラサーテのために書かれた作品で、タイトルこそ「交響曲」とされているものの、実質的には協奏曲。以前は第3楽章がカッ卜される傾向にありましたが、最近では5楽章を通して演奏することが多く、ここでも全5楽章を聞く事ができます。ホアン・マネンはバルセ口ナ出身のヴァイオリニス卜、作曲家。彼が活躍していた20世紀の始めにはサラサーテやパブロ・カザルスと並ぶ人気を博していた人です。この協奏曲は彼の初期の作品で、若々しいフレーズと、変化に富む楽想が次々と現れる優美な協奏曲です。

ヤンのヴァイオリンの名技だけでなく、バックのバルセロナ交響楽団を振るダレル・アンの統率カにも注目の1枚です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573069 CD ■声楽曲 ■合唱曲

海の夜明け 
英国民謡のコレクション

海の夜明け
英国民謡のコレクション
[ブロッサム・ストリート]

Choral Concert: Blossom Street - MACMILLAN, J. / DUGGAN, J. / GRAINGER, P. / CAMPBELL, H. / TURNBULL, S.M. / BURKE, P. / ANDREW, K. (Down By the Sea)

NML NMLカタログ番号:8.573069

発売日:2013年08月21日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

普段は超絶難解な響きを愛するマクミランでさえ、ここではひたすら静謐なハーモニーを追求しているのには驚くばかり。それほどまでに「英国民謡」は人々の心を捉えているのでしょうか。15人の近現代作曲家たちによる各々の曲は、どれもが個性的でふくよかな表情を見せています。ヴォーン=ウィリアムズ、グレインジャー、ホルスト、ウォーロックと言った前世紀の作曲家たちの端正なハーモニーに比べ、現代に生きる作曲家たちの作品はモダンな音に彩られていますが、やはり根底に流れるのは民俗意識であり、脈々と受け継がれたイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの伝統でしょう。

ここで豊かな合唱を披露している「プロッサム・ストリート」はヨーク大学の学生メンバーを主とする聖歌隊です。2003年に結成され、テレビやラジオなどで幅広く活躍、クリスマスや国の行事にはひっぱりだこになるほどの人気を誇っています。そんな彼らのクリスマス・ソング集(8.572868)もオススメします。

NAXOS 8.573071 CD ■交響曲/管弦楽曲

クレメンティ(1752-1832):
交響曲 第1番&第2番 他

クレメンティ(1752-1832)
交響曲 第1番&第2番
[ローマ響/ラ・ヴェッキア]

CLEMENTI, M.: Symphonies Nos. 1 and 2 / Overture in D major (Rome Symphony Orchestra, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573071 1)

発売日:2013年02月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

「ピアノフォルテの父、演奏家、教師、出版社、ピアノ制作者」として知られるムツィオ・クレメンティ(1752-1832)。しかし彼は晩年に至るまで「交響曲作曲家」として知られたいと考えていたのです。とは言え、モシェレスが「クレメンティのシンフォニーは1820年代以降はヨーロッパの演奏会のレパートリーから消えてしまった」と語るように、クレメンティの交響曲は初期の2曲、Op.18を除いては消滅したとまで言われていました(一説によると、クレメンティ自身が「絶望の発作」で全て破棄したとも)。

しかし、1921年にフランスのジョルジュ・ドゥ・サン・フォワがいくつかの未完全なスコアを見つけ出し、これを復元。4曲の交響曲と序曲、メヌエット・パストラールとして形にしたのです。当時はあのカセッラも好んで演奏したというこれらの曲は、同時代のケルビーニの作品を凌駕する溌剌とした音楽であり、忘れたままにしておくのは本当にもったいない名作です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573072 CD ■交響曲/管弦楽曲

カタラーニ(1854-1893):
交響詩「エーロとレアンドロ」/
コンテンプラツィオーネ/イル・マティーノ 他

カタラーニ(1854-1893)
交響詩「エーロとレアンドロ」
コンテンプラツィオーネ/イル・マティーノ
[ローマ響/ラ・ヴェッキア]

CATALANI, A.: Ero e Leandro / Contemplazione / Il Mattino (Rome Symphony, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573072 1)

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

カタラーニ(1854-1893)というと、悲恋オペラ「ワリー」の1曲のみで知られている作曲家と言っても過言ではありません。プッチーニやヴェルディと言った大御所の影に隠れてしまったとはいえ、その美しいメロディや劇的な管弦楽法は存分に人々の心を捉えるものであることは間違いありません。そんなカタラーニ、実はオペラ以外にもいくつかの作品を残していました。とりわけ、ギリシア神話を題材にした「エーロとレアンドロ」は1884年の夏に作曲された交響詩で、登場人物たちや情景の的確な描写と、音楽の構造の見事さが評価される作品です。

塔に籠もり、愛する人レアンドロが海を泳いでくるのを待つエーロ。しかしある嵐の日、彼は波に呑まれてしまいます。彼らの逢瀬を描く音楽はまるでワーグナーを思わせる重厚なものです。これとは対照的なスケルツォ イ長調は簡素で古典的な音楽。そして彼の恐らく最初の作品の一つであるアンダンティーノには、若き作曲家の野心が満ち溢れています。フランス音楽の影響が感じられるコンテンプラツィオーネ、自由な楽想が魅力的な「シンフォニア・ロマンティカ」。どれも素晴らしい作品です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573073 CD ■協奏曲

ペトラッシ(1904-2003):
ピアノ協奏曲/
フルート協奏曲/
バレエ音楽「オルランドのフォリア」から

ペトラッシ(1904-2003)
ピアノ協奏曲
フルート協奏曲
バレエ音楽「オルランドのフォリア」から
[アンチロッティ/カニーノ/ローマ響/ラ・ヴェッキア]

PETRASSI, G.: Piano Concerto / Flute Concerto / La follia di Orlando Suite (Canino, Ancillotti, Rome Symphony, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573073

発売日:2014年03月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

イタリアの作曲家、ゴッフレード・ペトラッシ(1904-2003)。カゼッラやマリピエロ、レスピーギなどの「新音楽協会」を結成した世代より少し遅れて生まれた彼は、そのキャリアのはじめの頃は新古典主義や旋法を用いた作品を書いていましたが、時代の流れには逆らい難く、無調や十二音技法にも興味を持ち、結局はこれらをうまく融合した独自の作風を貫くことで自らの作曲語法を確立させた人でもあります。

このアルバムにはフルート協奏曲とピアノ協奏曲、そして管弦楽曲の3つのジャンルの曲が収録されていて、彼の作風の変遷を辿ることができます。早い年代のピアノ協奏曲はまさに新古典主義の音楽で、プロコフィエフやヒンデミットを思わせるものですが、フルート協奏曲は明瞭な旋律線を感じさせない茫洋とした音楽。時折聞こえるパーカッションの音色が斬新です。バレ音楽はその中庸を行くもので、このまま映画音楽に仕えそうなほど、湧き立つような音の洪水が楽しめます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573076 CD ■オペラ ■バレエ・ダンス音楽

マイアベーア(1791-1864):
オペラからのバレエ音楽集

マイアベーア(1791-1864)
オペラからのバレエ音楽集
[バルセロナ響/ネステロヴィチ]

MEYERBEER, G.: Ballet Music from the Operas (Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra, Nesterowicz)

NML NMLカタログ番号:8.573076

発売日:2014年04月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

マイアベーア(1791-1864)の名前には面白い逸話があるのですが、ここではそれは割愛して…。19世紀初頭のオペラ作曲家として彼はダントツの人気を誇っていました。彼の音楽は、ロッシーニに見られる「イタリア歌劇」の様式とモーツァルトを始めとした「ドイツ歌劇」の様式の良いところ取りであり、この豪華絢爛な形式が「グランド・オペラ」の元となり、フランス・オペラやワーグナーに強い影響を与えたことで知られています。

1831年に初演された「悪魔のロベール」はパリのオペラ界に強い衝撃を与え、その中でも話題になったのが、この第3幕でのバレエでした。月に照らされた夜の修道院。この墓に眠る罪を犯した尼僧たちが亡霊となって踊る姿は確かに神秘的であり、この場面は、あの大画家ドガもキャンバスに描いていることでも知られています。またショパンもこのオペラに感銘を受け、曲の主題を用いてチェロとピアノための作品を書いています。そんなマイアベーアのバレエ曲。面白くないはずがありません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573077 CD ■声楽曲 ■宗教曲

モンサルバーチェ(1912-2002):
シンフォニア・デ・レクイエム/
マンフレッド/ブリック・ア・ブラック

モンサルバーチェ(1912-2002)
シンフォニア・デ・レクイエム
マンフレッド/ブリック・ア・ブラック
[バルセロナ響/ペレス]

MONTSALVATGE, X.: Sinfonía de Rèquiem / Manfred / Bric-à-brac (Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra, Pérez)

NML NMLカタログ番号:8.573077

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

20世紀初めに活躍したモンサルバーチェ(1912-2002)。彼はスペイン有数の作曲家であり、カタロニア文化の発展に大きく寄与した人でした。作曲家としてだけでなく、バルセロナ音楽院で数多くの生徒を教え、またスペイン内戦後には新聞の音楽評論を始めるなど、積極的に活動、また映画音楽の分野でも素晴らしい作品を残していいます。このアルバムでは彼の初期の作品と円熟期の作品の両方を聴くことで、彼がどのような音を求めていたかを伺い知ることができるのではないでしょうか?

学生時代からダンスに興味を抱いていた彼は、22歳で最初のパレエ音楽を作曲、それ以降もいくつかの新しい作品を作っていました。この「マンフレッド」はバイロンの詩に触発されたもので、明らかにストラヴィンスキーの影響を受けています。「ブリック・ア・ブラック」は彼の最後のオーケストラ作品で、リズムと強烈な響きに満たされた音楽です。数多い彼の宗教作の中でもとりわけ素晴らしい「シンフォニア・デ・レクイエム」に横溢する精神性にも注目です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573078 CD ■声楽曲 ■宗教曲

失われた都市 - 時を超えた哀歌

失われた都市 - 時を超えた哀歌 [ススピーリ]

Choral Music - The Lost City: Lamentations Through the Ages (Sospiri, C. Watson)

NML NMLカタログ番号:8.573078

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

哀歌とは、旧約聖書の中の一つ「エレミアの哀歌」のことであり、紀元前586年に起きたエルサレムの陥落と神殿の破壊を嘆く預言者エレミアの書いた詩的なテキストです。全体は5つの部分からなり、第1から第4までの部分はヘブライ語のアルファベットが各連のはじめにくるように技巧を凝らされています(第5の歌は民衆の祈りです)。

この嘆きと悲しみの感情は、後世にキリストの受難の予言の比喩ともされるなど、多くの人々の共感を得て様々な芸術作品にも反映されました。これらの闇、荒廃、混乱の強大なイメージは悲観的な感情を想起させるも、破壊からやがて希望へと繋がるものであり、悲しみを乗り越える強さをももたらしてくれるものであることも間違いありません。中世の時代から現代まで、400年以上に渡る「哀歌」の数々は聴き手の心を優しく揺さぶることでしょう。

NAXOS 8.573079 CD

リルバーン(1915-2001):
弦楽四重奏曲 ホ短調/
弦楽四重奏のための幻想曲/カンツォネッタ/
2台のヴァイオリンのための二重奏曲/弦楽三重奏曲

リルバーン(1915-2001)
弦楽四重奏曲 ホ短調
弦楽四重奏のための幻想曲/カンツォネッタ
2台のヴァイオリンのための二重奏曲/弦楽三重奏曲
[ニュージーランド弦楽四重奏団]

LILBURN, D.: String Quartet in E Minor / Phantasy / Canzonettas / Duos / String Trio (New Zealand String Quartet)

NML NMLカタログ番号:8.573079

発売日:2015年03月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ダグラス・リルバーン(1915-2001)はニュージーランドの現代作曲家です。創作の初期ではヨーロッパの後期ロマン派の作風に影響された音楽を書いていましたが、1950年代以降は、その作品に十二音音楽やセリエル音楽(十二音を更に発展させた形式で複雑なもの)を取り込み、1960年代以降は電子音楽を好んで作曲したという、興味深い人です。このアルバムには1940年代の作品が中心に収録されていて、比較的聴きやすい音楽という印象を受けるかもしれません。例えば「2台のヴァイオリンのための二重奏曲」は、民謡風であり、弦楽三重奏曲はシューベルトの影響を受けているとされています。「3つのカンツォネッタ」の第1番と第2番はシェークスピア劇のための音楽で、エリザベス朝の響きが回顧されています。第3番だけは書かれた時期が違いますが、こちらも郷愁にみちたゆるやかな音楽です。リルバーンが学生時代に書いた「幻想曲」はコンクールに参加するための作品で、中世イングランドの俗謡「西風」からの詩が添えれらた描写的な作品です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573080 CD

イギリス歌曲シリーズ 第23集 
ダブ(1959-):
歌曲集「今宵眠る全ての人へ」 他

イギリス歌曲シリーズ 第23集
ダブ(1959-)
歌曲集「今宵眠る全ての人へ」
[ブース/バードン/スペンス/マシュー=オーウェン]

DOVE, J.: Song Cycles - All You Who Sleep Tonight / Out of Winter / Ariel (English Song, Vol. 23) (Booth, Bardon, Spence, Matthews-Owen)

NML NMLカタログ番号:8.573080

発売日:2014年09月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSの好評シリーズ、イギリスの歌曲集第23集は、ジョナサン・ダヴ(1959-)の歌曲です。彼は現代の英国において、最も機知に富む多彩な音楽を創り出す作曲家の一人として評価されており、中でも歌曲、合唱曲については最高の賛辞が贈られています。

このアルバムには4つの歌曲集が収録されていて、最初の「冬から」はロバート・ティアの詩によるもので、曲の雰囲気はどこかブリテンの一連の歌曲を思わせる、繊細な静けさを湛えています。「わが影を棄てて」はガルシア・ロルカの英語訳のテキストが用いられており、乾いたリアリズムが横溢する音楽です。「アリエル」はすばらしく神秘的な歌曲で、伴奏なしのソプラノのみで歌われます。歌手は黄砂を運ぶ風の音までをも歌わなくてはなりません。エキゾチックなヴォカリーズである第3曲目は、この世のものとは思えないほどの不思議な印象を残すでしょう。

5つのセクションからなる「今宵眠る全ての人へ」はロマンティックな感情と、宗教性、心、場所、四行詩がモティーフ。歌曲はプーランクを思わせる聖と俗が入り混じった物語が描かれ、聴き疲れた人は深い眠りに誘われるのです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573084 CD ■器楽曲(ピアノ)

ソレル(1729-1783):
鍵盤のためのソナタ集 第28番 - 第41番

ソレル(1729-1783)
鍵盤のためのソナタ集 第28番 - 第41番
[ジダノフ]

SOLER, A.: Keyboard Sonatas Nos. 28-41 (Zhdanov)

NML NMLカタログ番号:8.573084 2)

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ソレル(1729-1783)のソナタ集は、すでにローランドによるチェンバロ演奏のものがNAXOSから全集として発売されていて、その美しい造形美にファンも多いのですが、ピアノでも演奏するシリーズも秘かに進行しており、このアルバムはその第3集となります(第1集…8.572515、第2集…8.572516)。

ここで見事な演奏を披露するピアニスト、ジダノフは2010年にバルセロナで開催された、第56回マリア・カナルス国際コンクールで第1位を獲得した俊英です。スカルラッティの影響を受けていると言われるソレルのソナタですが、そのスタイルは変幻自在であり、驚くほどに劇的で半音階を駆使したものがあるかと思えば、その時代を反映した、整然とした造りに終始しているものもあり、どれから聴いても飽きることはありません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573085 CD ■交響曲/管弦楽曲

ヴァインベルク(1919-1996):
交響曲 第12番<br>「D.ショスタコーヴィチへの思い出に」/
「黄金の鍵」からバレエ組曲 第4番

ヴァインベルク(1919-1996)
交響曲 第12番
「D.ショスタコーヴィチへの思い出に」
「黄金の鍵」からバレエ組曲 第4番
[サンクトペテルブルク響/ランデ]

WEINBERG, M.: Symphony No. 12 / The Golden Key Suite No. 4 (St. Petersburg State Symphony, Lande)

NML NMLカタログ番号:8.573085

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSの大好評シリーズ、ヴァインベルク(1919-1996)の作品集です。今作は「ショスタコーヴィチの思い出に」と題された交響曲第12番と、シニカルなバレエ組曲「黄金の鍵」の2つの作品を収録しています。

すでに知られている通り、ヴァインベルクとショスタコーヴィチは親友であり、その作品にもショスタコーヴィチの影響は強く顕れています。この第12番を作曲した当時のヴァインベルクは、過去14年間にいくつかの交響曲を書いたものの、それらは合唱付きであったり、室内オーケストラのためであったりと、フルオーケストラのための曲は書いていませんでした。

この作品で再び大編成の純管弦楽のための作品に着手したのは、やはり何といっても1975年のショスタコーヴィチの死が引き金になったことは間違いありません。曲想も先人の作品に良く似たもので、曲全体に重苦しい雰囲気が横溢し、全ての楽器が親友の死を悼むかのように鳴り響きます。かたや、楽しげなバレエ音楽ですが、こちらもショスタコーヴィチの潮流を汲む風刺的な作品。様々な作品のコラージュなど意味ありげな音楽です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573086 CD ■器楽曲(ピアノ)

期待の新進演奏家シリーズ/
アンドレイ・ヤロシンスキー 
ピアノ・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ
アンドレイ・ヤロシンスキー
ピアノ・リサイタル
[ヤロシンスキー]

Piano Recital: Yaroshinsky, Andrey - TCHAIKOVSKY, P.I.: Impromptus / 3 Morceaux, Op. 9 / 6 Morceaux, Op. 21

NML NMLカタログ番号:8.573086

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1986年にロシアで生まれたピアニスト、アンドレイ・ヤロシンスキーの奏でる若々しく抒情的なチャイコフスキーのピアノ小品集です。モスクワ・チャイコフスキー音楽院でホアキン・ソリアーノ、ヴェラ・ゴルノステワらに学び、1999年のチェルニー国際コンクールをはじめ、2001年のギレリス、2002年のルービンシュタインなど、同時代の若きピアニストたちと同じく、数多くのコンクールの受賞歴を有しています。2005年のショパン・コンクールではファイナリストとなり、以降も数多くのコンクールに挑戦、やがて2011年のガバラ国際ピアノコンクールで優勝したのでした。すでに国際的な評価を受けている彼は、世界中で多くのオーケストラと共演し、その魅惑的な音楽で聴衆を幸せにしています。

NAXOS 8.573087 CD

J.S.バッハ(1685-1750):
チェンバロ作品集 組曲集 BWV 818a,819a,832 他

J.S.バッハ(1685-1750)
チェンバロ作品集 組曲集 BWV 818a,819a,832
[ハッキネン]

BACH, J.S.: Harpsichord Works - Suites, BWV 818a, 819a, 832 / 6 Little Preludes / Preludes and Fugues (Häkkinen)

NML NMLカタログ番号:8.573087

発売日:2015年06月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

バッハ(1685-1750)の鍵盤作品は、もともと「精神的なリフレッシュ」をするためのものでした。彼はパルティータの序文にも「愛好人士の心の憂いを晴らし、喜びをもたらさんことを願って」と入れたように、この種の音楽は、指導目的であり、また楽しみのためでもあったのです。もちろんバッハ自身が比類なき鍵盤奏者であったことは疑うべくもなく、それは彼の死後、テレマンがバッハのオルガン演奏について賛辞を送っていたことでも明らかです。

そんなバッハ、1703年には音楽の学習を終え、ワイマールの宮廷で最初の仕事に就いています。ここではヴァイオリンを担当していましたが、代役で奏したオルガン演奏が話題となり、そのままアルンシュタットの新しい教会のオルガニストに採用されています。その後、1705年にはアルンシュタットからリューベックまで、およそ500kmの長距離を徒歩で旅行し、ブクステフーデの教えを仰いでいたことでも知られています。

このアルバムに収録されている作品のほとんどは、この激動の時代(というか血気盛んな時代)に書かれた「初期の曲」で、晩年のような練りに練られた対位法というよりは、溢れてくるような流麗なフォームで書かれています。いくつかの作品は、組曲として数えたほうがよいのかという議論は尽きませんが、それはとりあえず置いておいて、流麗な若いバッハの姿を垣間見る楽しみに浸ってみたいと思います。ハッキネンの演奏は、多彩な音色を駆使した納得のできるもの。創造性と表現力の限界に挑むような素晴らしい演奏です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573088 CD ■室内楽

ツェムリンスキー(1871-1942):
弦楽四重奏曲集 第2集 ~ 
弦楽四重奏曲 第1番・第2番

ツェムリンスキー(1871-1942)
弦楽四重奏曲集 第2集
弦楽四重奏曲 第1番・第2番
[エッシャー弦楽四重奏団]

ZEMLINSKY, A.: String Quartets, Vol. 2 (Escher String Quartet) - Nos. 1 and 2

NML NMLカタログ番号:8.573088

発売日:2014年07月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

25歳の若き才能溢れる作曲家ツェムリンスキー(1871-1942)は、ブラームスの後押しを受けて「クラリネット三重奏曲」の出版を行い、また最初のオペラ「ザレマ」が賞を獲得するなど、順風満帆たる人生を歩み始めたところでした。その年に書かれた弦楽四重奏曲第1番は、若々しい活力と流麗なメロディが漲る、叙情的で輪郭のはっきりした音楽であり、若さゆえの冒険心や遊び心が感じられる瑞々しいものです。

しかし、その17年後に書かれた第2番の弦楽四重奏曲は、まるで別人の作品?とも思えるほどにその表情が変化しています。確かにその間に彼の身の回りに起こった様々な出来事は、野心溢れる青年から幾多の希望を奪っていったに違いありません。曲は調性感を保ちながらも、第1楽章は無調とも思えるやるせなさが支配していたり、第2楽章も薄い美しさの中にのたうちまわるような苦しみが感じられます。第3楽章は特徴的なリズムが支配する忙しないもの、そして第4楽章には先の見えることのない薄暮が覆っています。最終楽章は一層混沌が激しくなり、取り留めのない不安感の中に取り残されるかのようです。

とは言え、この時期の彼はまだ、指揮者としては名声を獲得しており、曲の中にも、若干の明るい光が宿っています。以降のツェムリンスキーの生涯は転落の一途を辿り、書かれる曲調も暗く変化していきます。彼の3番と4番の四重奏曲は8.572813で聴くことができます。

収録作曲家:

NAXOS 8.57309 CD ■器楽曲(クラリネット)

20世紀イタリアの独奏クラリネットのための作品集

20世紀イタリアの独奏クラリネットのための作品集 [ボシ]

Clarinet Recital: Bosi, Sergio - BERIO, L. / BETTINELLI, B. / BUCCHI, V. / DIONISI, R. / GABUCCI, A. (20th-Century Italian Clarinet Solos)

NML NMLカタログ番号:8.573090

発売日:2013年07月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

イタリアの名クラリネット奏者セルジオ・ボシの見事な演奏を。彼はすでにNAXOSレーベルで3枚のアルバムをリリースしていていて、マニャーニの超絶技巧物(8.572890)や、朗々と歌いまくる「知られざるイタリア作品」(8.572399)、ひたすら楽しい「イタリア小品集」(8.572690)、そのどれもがクラリネット愛好者から高い人気を得ています。

そんなボシ、今作ではちょっと違った雰囲気の音楽を聞かせます。それは、1950年代以降の現代作品集で、これまでのように“美しいメロディ”を楽しむと言うより、楽器の持つ表現力の多様性を楽しむアルバムと言えるでしょうか。全て無伴奏作品であるため、曲の魅力も演奏技術も露わになってしまうという、奏者にとっても聴き手にとっても、かなりスリリングで興味深い1枚です。

NAXOS 8.573091 CD ■協奏曲

ハツィス(1953-):
フルート協奏曲集

ハツィス(1953-)
フルート協奏曲集
[ガロワ/テッサローニキ州立響/ミラ]

HATZIS, C.: Flute Concertos - Departures / Overscript (P. Gallois, Thessaloniki State Symphony Orchestra, Myrat)

NML NMLカタログ番号:8.573091

発売日:2014年05月30日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

現代作曲家の中でも「最も重要な一人」として認識されているクリストス・ハツィス(1953-)。トロント大学にある彼のオフィスのドアを2000年に叩いたガロワは、単刀直入に「フルートのために何か作曲したことありますか?」と質問したのだそう。その質問は無視されたかに見えたのですが、1年後に素晴らしい作品が出来上がり、これはガロワとトロント大学の学生たちによって演奏されたと言います。2011年の「デパーチャーズ」は日本での大震災で失われた多くの命と、彼自身の友人たちへの思い出のために書かれた作品。様々な技巧を駆使しながら、日本の伝統音楽の要素も取り入れたユニークな曲です。「オーヴァースクリプト」はバッハの作品を元にしながらも、そのメロディは断片的に扱われ、時には引き伸ばされながら奇妙に形を変えていきます。熱に浮かされた時に見る幻影のような不定形の美しさを備えています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573092 CD ■合唱曲 ■宗教曲

モーツァルト(1756-1791):
ミサ・ブレヴィス/
レジーナ・チェリ K.127 他

モーツァルト(1756-1791)
ミサ・ブレヴィス
レジーナ・チェリ K.127
[セント・オールバンズ大聖堂合唱団/シンフォニア・ヴェルディ/ルーカス]

MOZART, W.A.: Missa brevis, K. 194 and 275 / Regina coeli, K. 127 (St Albans Cathedral Choirs, Sinfonia Verdi, A. Lucas)

NML NMLカタログ番号:8.573092

発売日:2013年04月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

モーツァルト(1756-1791)の全作品の中では比較的知名度が低いものの、全てがザルツブルクで書かれた作品というテーマに沿って絶品中の絶品を集めた1枚です。1772年16歳のモーツァルトは、その前年に行ったイタリア旅行であまり芳しい手ごたえを得ることができず煮え切れない思いを抱えていました。そんな折、それまで寛大であった大司教シュラッテンバッハが死去し、新しい大司教コロレドが着任することになり、彼は自分の才能を認めてもらうために新しい声楽曲を精力的に書くことにしたのです。

その中の1曲がこのレジナ・チェリ(天の皇后)」であり、この曲はそれまでの彼の声楽曲の中でも最高のスキルを有する見事なものとなりました。K197のミサ・ブレヴィスは1774年に書かれた作品で、ザルツブルク大聖堂のために書かれたとされています。K275は1777年に書かれた作品で、シンプルなメロディラインに彩られた美しさが光ります。オルガン独奏の「アレグロとアンダンテ」は1791年に自動オルガンのために書かれた作品で、当時の英雄ロウドン男爵追悼のための告別の音楽ですが、その深い内容には驚くばかりです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573093 CD ■器楽曲(ピアノ)

ルーセル(1869-1937):
ピアノ作品集 第1集
ピアノ・ソナチネ/人形のお話/3つの小品 他

ルーセル(1869-1937)
ピアノ作品集 第1集
ピアノ・ソナチネ/人形のお話/3つの小品
[アルマンゴー]

ROUSSEL, A.: Piano Works, Vol. 1 (Armengaud)

NML NMLカタログ番号:8.573093

発売日:2014年01月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

管弦楽作品でお馴染みのフランスの近代作曲家、ルーセルのピアノ作品集のシリーズ第1集です。海軍時代の経験をもとに、自作に異国の雰囲気を盛り込み、印象主義の影響を受けながらも、独自の様式を開拓していくルーセル。フォーレのような淡い陰影でもなく、ドビュッシーのような神秘的な音楽でもなく、ラヴェルのような妙なノリもない・・・彼のピアノ曲の捉えどころのなさについての表現は難しいところです。しいて言うなら熱いジンジャーエールのような味わい。弾ける炭酸、ピリピリする生姜の刺激。そして全体は熱く甘く・・・。美味しいのか美味しくないのか評価不能。でもくせになる。そんな印象でしょうか。

例えばトラック10-11「前奏曲とフーガ」を聴いてみてください。バッハの名前に基く音型を用いた複雑で奇怪なフーガは一聴の価値ありです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573094 CD ■器楽曲(ピアノ)

シューマン(1810-1856):
ピアノ小品集

シューマン(1810-1856)
ピアノ小品集
[ロドリゲス]

SCHUMANN, R.: 4 Marches / 4 Fugues / 7 Clavierstucke in Fughettenform / Album for the Young (additional pieces) (Rodriguez)

NML NMLカタログ番号:8.573094

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

シューマン(1810-1856)のあまり聴かれることのない小品を集めた1枚です。「4つのフーガ」は1845年の作品。当時そろそろ精神的な変調を自覚していたシューマンですが、この作品にはそのような不安は微塵もありません。「4つの行進曲」は1849年の作品ですが、この頃は住み慣れたドレスデンが革命騒ぎで大きく揺れ動き、そのためシューマン一家も静寂を求め、マクセンに移動します。そんな時期に書かれたこの曲は、勇壮さの中に不安が見え隠れします。1848年には子ども好きのシューマンによる「ユーゲントアルバム(子どものためのアルバム)」が長女マリーへの贈り物として書かれました。最初は7曲、そこに40曲を加え、第2版ではもう1曲の全43曲の小品集としましたが、出版社との兼ね合いもあり、別々に出版されています。このCDでは、興味深いWo.030の追加曲と、2007年に発見された「予感」聴くことができます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573096 2CD ■声楽曲 ■合唱曲

パレストリーナ(1525-1594):
ソロモンの雅歌

パレストリーナ(1525-1594)
ソロモンの雅歌
[ミュンヘン・パレストリーナ合唱団/V. シューベルト]

PALESTRINA, G.P. da: Cantica Salomonis (Canticum Canticorum) (Palestrina Ensemble Munich, V. Schubert)

NML NMLカタログ番号:8.573096-97 8)

発売日:2013年09月25日

価格:2,580円(税込、送料別)

購入する

ルネサンス期における最大の教会音楽作曲家パレストリーナが手掛けた作品の中で、異色の輝きを放つのがこの「ソロモンの雅歌」です。これは彼のモテット(ミサ曲以外の多声宗教曲)集の第4巻にあたり、パトロン教皇グレゴリウス13世に捧げられた作品ですが、ここで選ばれたテキストは、ヘブライ=旧約聖書の中でも一風変わったもので、歌のタイトルを見てもわかるとおり「恋愛と男女の性愛」を賛美したものなのです。神に仕える者たちとこれらの艶めかしい詩は、相容れぬもののようでもありますが、様々な経緯と論争を経て…いわば後付けの理由?…恋愛も性愛も、全て「キリストと教会との関係」とみなすことで、ようやく正典に収められたというものです。なので表向きは宗教曲ですが、中身は艶めかしい恋の歌でもあります。

この演奏は、それぞれのモテットにふさわしいプレインチャント(単声の聖歌)を選び出し各曲の前に添えることで「恋愛の歌」を「洗練された喜びと祈りの音楽」へと昇華させています(プレインチャントのタイトルは日本語表記を省略)。

収録作曲家:

NAXOS 8.573098 CD

フンメル(1778-1837):
ピアノ三重奏曲集 第1集 
第2番・第3番・第6番・第7番

フンメル(1778-1837)
ピアノ三重奏曲集 第1集
第2番・第3番・第6番・第7番
[グールド・ピアノ・トリオ]

HUMMEL, J.N.: Piano Trios, Vol. 1 - Nos. 2, 3, 6 and 7 (Gould Piano Trio)

NML NMLカタログ番号:8.573098 13)

発売日:2014年11月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

フンメル(1778-1837)の最も有名な逸話は、幼い頃にモーツァルトの家に住み込み、2年間に渡ってピアノを師事したことでしょうか。もちろん、素晴らしい才能に恵まれていたこともあり、その後は父とともにヨーロッパ各地を演奏旅行して回り「神童」として名を上げました。26歳の時にはハイドンの推薦でエステルハージ家のコンサートマスターになり、ハイドンが引退した後は宮廷楽長として、数多くの劇音楽や宗教曲を書き、また少年合唱団の指導をするなど多彩な活躍をしたことでも知られています。

そんなフンメルの作品は、どうしてもモーツァルトやハイドン、ベートーヴェンの影に隠れがちですが、実際に聞いてみるとどれもが素晴らしく、驚くほどに陰影に富んだメロディや、意表をつく転調や斬新な和声に彩られてものであることがわかるでしょう。最近になってようやくその人気を盛り返してきたフンメルの音楽、初期の作品であるOp.22やOp.35は清々しい美しさを持ったものですが、Op.93やOp.96のむせ返るようなロマン派の香りは一度味わうと病みつきになりそうです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573099 CD ■声楽曲

モンポウ(1893-1987):
歌曲全集 第1集

モンポウ(1893-1987)
歌曲全集 第1集
[マテウ/マソ]

MOMPOU, F.: Songs (Complete), Vol. 1 - Song of the Soul (Mathéu, Masó)

NML NMLカタログ番号:8.573099 33)

発売日:2014年04月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

カタロニアの作曲家、フェデリコ・モンポウ(1893-1987)。彼の静謐な音楽は多くの人に愛されています。しかし、ここで聴くことのできる歌曲の何と饒舌なこと。初期の「祖母の歌」を始めとしたいくつかの作品は、カタロニア語の歌詞を持つにも拘わらず、まるでフォーレやドビュッシーのような柔らかく繊細なイメージを伝え、彼の歌曲の中でもよく知られている「夢のたたかい」では、現世との境界線がぼやけて見えるかのような神秘的な美しさを醸し出しています。時として、親しみやすい曲調が楽しめるのは、カタロニア民謡からの引用でしょうか? これを美しく描き出しているのが、ソプラノのマテウとピアノのマソです。モンポウのスペシャリストであるマソのピアノと、マテウの凛とした透明で清冽な声は、モンポウの完成された小宇宙を見事に再現しています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573100 CD

モンポウ(1893-1987):
歌曲全集 第2集 
ベッケル歌曲集/子守唄 他

モンポウ(1893-1987)
歌曲全集 第2集
ベッケル歌曲集/子守唄
[マテウ/マソ]

MOMPOU, F.: Songs (Complete), Vol. 2 - Becquerianas / Comptines (Mathéu, Masó)

NML NMLカタログ番号:8.573100 7)

発売日:2015年03月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ピアノ曲で知られるモンポウ(1893-1987)ですが、彼はいくつかの素晴らしい歌曲も書いていました。全てを合わせても、ようやくCD2枚に収まってしまう分量なのですが、ここに描かれている世界の何と美しく豊穣なこと。カタロニア語、スペイン語、フランス語と使われる言葉は様々ですが、どの歌も、まるで雪の結晶のような幾多の形を持ち、ひんやりとした肌触りの中に熱い心が感じられるはずです。また、言葉遊びを駆使した「子守唄」の愛らしさはモンポウの意外な一面を見ることができるでしょう。スペインの国民的詩人と称されるグスタボ・アドルフォ・ベッケルの詩に曲をつけた「ベッケル歌曲集」は、あまり演奏される機会のない歌ですが、スペイン語の美しさを存分に生かした上で、官能的な詩に沿った艶かしくも美しい旋律に満たされた曲です。なんとも味わい深く、郷愁に満ちたこれらの歌曲。第1集と同じ顔ぶれでお聴きください。マテウの澄んだ声と、マソの的確なピアノが極上の調べを織り上げます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573101 CD ■声楽曲

モンサルバーチェ(1912-2002):
鳥の歌の主題によるマドリガル/
十字架への5つの祈り/
フォリア・ダリニアーナ/
コンチェルティーノ 1+13

モンサルバーチェ(1912-2002)
鳥の歌の主題によるマドリガル
十字架への5つの祈り
フォリア・ダリニアーナ
コンチェルティーノ 1+13
[フェイン/クック/パースペクティヴ・アンサンブル/ギル=オルドネス]

MONTSALVATGE, X.: Madrigal sobre un tema popular / 5 Invocaciones al Crucificado / Folia daliniana (S.Cooke, Fain, Perspectives Ensemble, Gil-Ordóñez)

NML NMLカタログ番号:8.573101

発売日:2014年01月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

20世紀スペインを代表する音楽家の一人、ハビエル・モンサルバーチェ(1912-2002)。彼はスペイン内戦後の1942年から新聞で音楽評論を始める傍ら、数々の作品を世に送り出しました。その作風は時代によって違い、このアルバムでも多彩な音を聴くことができます。Track2の「民謡の主題」で使われているのは、カザルスの演奏でもお馴染みの「鳥の歌」。強烈な個性と絹のような滑らかな声を持つ歌手サーシャ・クックの歌うこのメロディは聴き手の心を優しく溶かしていきます。

舞曲のエッセンスを新古典派の様式にはめ込んだ「フォリア・ダリニアーナ」は楽しさ満点。やはり新古典派のスタイルで書かれた「コンチェルティーノ」と名フルーティスト、ランパルのたえめの「セレナータ」そしてこのアルバムの白眉でもある「十字架への5つの祈り」。ここでもクックの名唱が冴えています。スペインの歴史に刻まれた悲劇と揺るぎない信仰心。これらが昇華した名作です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573104 CD ■吹奏楽

ランドスケープ

ランドスケープ [カンザス大学ウィンド・アンサンブル/ポピエル]

Wind Band Music - TORKE, M. / TICHELI, F. / COPLAND, A. (Landscapes) (University of Kansas Wind Ensemble, Popiel)

NML NMLカタログ番号:8.573104 34)

発売日:2013年05月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

「風景」と題された、アメリカの吹奏楽曲で巡る様々な地域の旅の印象をタペストリーにした1枚。トーキーの「ジャベリン」はご存知、アトランタ・オリンピック委員会の委嘱によって作曲された曲(アトランタ交響楽団創設50周年の記念演奏会もかねて)で、これは1996年の夏季大会の開会式で演奏され大人気を博したものです。

当時の公式CDも大ヒットしたものを、パターソンが吹奏楽へと編曲しています。マリンバが大活躍する「モハーヴェ」は砂漠に咲く花の美しさをミニマル風の音で讃えます。ティケリの「アメリカン・エレジー」は1999年に起きたコロンバイン高校銃乱射事件を悼んで書かれ、「シェイクスピアによる4つの作品」は自然を賛美しています。

コープランドの「静かな都会」は説明不要の名曲で、「変奏曲」はティケリと同じくシェーカー教徒の歌をモティーフにしたものです。

NAXOS 8.573105 CD

ペリー(1930-):
偉大なる無声映画時代の音楽集  
第2集 無声映画のヒロインたち

ペリー(1930-)
偉大なる無声映画時代の音楽集
第2集 無声映画のヒロインたち
[アイルランド国立響/フィリップス]

PERRY, W.: Music for Great Films of the Silent Era, Vol. 2 (Ireland RTÉ National Symphony, P. Phillips)

NML NMLカタログ番号:8.573105

発売日:2015年05月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

アメリカの作曲家、ピアニスト、ウィリアム・ペリー(1930-)。彼はニューヨーク市の近代美術館映画部の音楽監督を12年間務め、サイレント映画のためのピアノ伴奏を作り、また100作以上の映画音楽を作曲しました。

第1集(8.572567)ではテレビの名シリーズ「サイレント・イヤーズ」が中心に収録されていましたが、今作では更に素晴らしい音を聴くことができます。「無声映画のヒロインたち」では当時の名女優8人をフィーチャーしたもので、それぞれが歌による特徴的な肖像画となっています。溢れんばかりの美メロは心を存分にくすぐります。「過去からのブラス」はオフィグレイドと管弦楽のための協奏曲であり、映画音楽ではありませんが、ペリーがユニークな映画音楽を書くための準備としても役立つものでした。

収録作曲家:

NAXOS 8.573106 CD ■交響曲/管弦楽曲

モーラン(1894-1950):
交響詩「山国にて」 他

モーラン(1894-1950)
交響詩「山国にて」
[フリス/アルスター管/ファレッタ]

MOERAN, E.J.: In the Mountain Country / Rhapsodies / Overture for a Masque (Frith, Ulster Orchestra, Falletta)

NML NMLカタログ番号:8.573106

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

イギリス近代の音楽はどれも牧歌的で淡い・・・そんな感想を抱いている人にぜひ聴いていただきたいモーラン(1894-1950)の音楽。彼の作品はどれも活気に満ち、確固たる意志を伝えています。彼の作曲家としてのスタートは遅く(初期にいくつかのピアノ曲はあるもののの)1930年代に発表したト短調の交響曲の成功までは、作品が評価されることもほとんどなかったと言います。

そんな彼ですが、このアルバムに収録された2つの狂詩曲や、実質的に「初めての管弦楽作品」である「山国にて」は師であるアイアランドの影響を受けながらも、洗練された表情を持つ素晴らしい作品です。メロディはどこまでも幅広く優しく、そして優雅な雰囲気を持っています。時々現れる民謡風なメロディもとことん魅力的です。ピアノが静かに活躍する第3ラプソディの魅惑的なメロディ、そしてまるで映画音楽のような仮面劇のための序曲など、一度引き込まれたら離れがたい音楽です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573107 CD ■器楽曲(ピアノ)

ロッシーニ(1792-1868):
ピアノ作品全集 第6集(老いのいたずら 第4巻) 
4つのオードブルと4つのデザート 他

ロッシーニ(1792-1868)
ピアノ作品全集 第6集(老いのいたずら 第4巻)
4つのオードブルと4つのデザート
[マランゴーニ]

ROSSINI, G.: Piano Music, Vol. 6 (Marangoni) - Peches de vieillesse, Vols. 4, 6, 10 and 14

NML NMLカタログ番号:8.573107 1)

発売日:2014年06月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ロッシーニと言えば、目もくらむような素晴らしいオペラの数々が思い浮かびますが、この曲集「老いのいたずら」は、若くして地位も名誉も確立したロッシーニが、44歳(!)で音楽界から引退した後、自ら高級レストランやサロンを経営しながら、あくまでも「自分や親しい人たちのために」書き溜めた曲集。出版もしなかったため、ほとんど知られていなかった作品たちです。どの曲もロッシーニらしく流麗なメロディと洒落たウィットに満ちています。この第6集では、まず4種類のオードブルとデザートからお楽しみください。この作品からすでに色々な仕掛けが施されているので、説明を書ききれないのが残念です。まずは第3曲の「干しブドウ」から聴いてみてください。とてもコミカルな「インコの声(?)」が聞こえてきます。インコは色々な事をしゃべっているのですが、何だか社会情勢についてまで語っているのだとか…。ま、鳥がしゃべることですのでお気になさらぬように。

収録作曲家:

NAXOS 8.573108 CD

R.シュトラウス/ヴェルディ/プッチーニ:
弦楽四重奏曲集

R.シュトラウス/ヴェルディ/プッチーニ
弦楽四重奏曲集
[エンソ四重奏団]

STRAUSS, R.: String Quartet in A Major / PUCCINI, G.: Crisantemi / 3 Minuets in A Major / VERDI, G.: String Quartet (Ensō String Quartet)

NML NMLカタログ番号:8.573108 7)

発売日:2014年10月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

リヒャルト・シュトラウスが16歳の時に作曲した弦楽四重奏曲は、彼の父の従兄弟であり、幼きシュトラウスにヴァイオリンを教えたベンノ・ワルター(ミュンヘン宮廷劇場のコンサート・マスター)によって初演された記念すべき作品です。父の影響でモーツァルトやベートーヴェンを手本とするように指導されたシュトラウスの、折り目正しい作品ですが、この後彼は少しずつ父親の縛りから離れ、自らの語法を確立していくことになります。

プッチーニの「菊」は短くも感傷的で美しいエレジーです。3つのメヌエットはハイドンらしさを感じさせる短い作品です。ヴェルディの弦楽四重奏曲は60歳の時の作品で、彼の唯一の室内楽作品です。なかなか演奏される機会に恵まれない作品群ですが、3人の作曲家の全く別の面を伺い知ることのできる名作といえるでしょう。

演奏しているエンソ弦楽四重奏団は1999年にイェール大学に設立され、2007年からニューヨークに拠点を置き活躍している団体。ルネサンスから現代までの幅広いレパートリーを持ち、中でもヒナステラの弦楽四重奏曲での名演は、他に並ぶものがありません。

NAXOS 8.57311 CD ■オペラ

ダルベール(1864-1932):
組曲「シンデレラ(灰かぶり姫)」Op.33 他

ダルベール(1864-1932)
組曲「シンデレラ(灰かぶり姫)」Op.33
[ライプツィヒMDR響/メルクル]

ALBERT, E. d': Aschenputtel (Cinderella) / Seejungfräulein / Overtures (Leipzig MDR Symphony, Märkl)

NML NMLカタログ番号:8.573110

発売日:2014年05月30日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

スコットランド、グラスゴーで音楽家の父の下に生まれたダルベール(1864-1932、父のピアノの才能はあのカルクブレンナーを驚かせたと言います)。彼は独学で音楽を習得し、名ピアニストとして演奏、録音を数多く残しました。彼はリストの弟子であり、師の曲やベートーヴェンを得意としていたと言われます。そんな彼、作曲家としても有能で、交響曲や弦楽四重奏曲、協奏曲、そしてオペラなど、多岐に渡るジャンルに素晴らしい作品を残しています。このアルバムでは、彼のいくつかの歌劇の序曲と、組曲「シンデレラ(灰かぶり姫)」をお聞きいただけます。リストから影響を受けただけあって、彼の作品はどれも色彩的で物語性を強く感じさせるものですが、後期ロマン派の時代に活躍しただけあって、そのオーケストレーションはマーラーやR.シュトラウスに近く、濃厚なオーケストラの音を聞きたい人も存分に満足していただけるものでしょう。「小さな人魚姫」は題材も含め、どちらかというとワーグナー風の音楽。この時代、いかにワーグナーの影響が大きかったのかを目の当りにできる音楽です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573111 CD ■合唱曲

フィルセル(1964-)&ブリッグス(1962-):
合唱作品集

フィルセル(1964-)&ブリッグス(1962-)
合唱作品集
[ヴァザーリ・シンガーズ/バックハウス]

FILSELL, J. / BRIGGS, D.: Choral Music (Vasari Singers, Backhouse)

NML NMLカタログ番号:8.573111 4)

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

現代最高のイギリスの2人のオルガニスト&作曲家、フィルセルとブリッグス。ヴァザーリ・シンガーズの指揮者であるバックハウスは彼らに「新しい作品」を書いてもらうように依頼し、出来上がったのが、ここで聴ける素晴らしい合唱曲の中に含まれています。ヴァザーリとフィルセルとの共同制作は過去にもあったのですが、ブリッグスとは初めて。バックハウスは「これが初めての共同作業であり、これが最後にならないように祈ってます」と語るほどに感動的な作品ができあがりました。

程よく現代的な味付けが施されたフィルセルの作品のほとんどは、ロンドンのいくつかの教会のために書かれたものでありこれらの「祈りの音楽」は敬虔な面持ちですが、「エピタフ」などは自由で才気煥発な曲となっています。ブリッグスの作品のうち、2011年に書かれた「サン・シュルピスのミサ曲」は壮麗なオルガンの音色が印象的な25分ほどの曲。親しみやすい敬虔さを持った作品です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573112 CD ■交響曲/管弦楽曲

クレメンティ(1752-1832):
交響曲 第3番&第4番 他

クレメンティ(1752-1832)
交響曲 第3番&第4番
[ローマ響/ラ・ヴェッキア]

CLEMENTI, M.: Symphonies Nos. 3 and 4 / Overture in C Major (Rome Symphony Orchestra, La Vecchia)

NML NMLカタログ番号:8.573112

発売日:2013年10月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

クレメンティ(1752-1832)の4つの交響曲は彼の生前に発表されることはなく、クレメンティ自身も「交響曲のスコアは全て破棄した」と述べていました。しかし1917年に競売を経て図書館に買い取られた手稿譜の中に、交響曲の断片が含まれているのが発見され、苦労して復元した結果、4曲の交響曲といくつかの断片としてまとめられることが判明したのです(あのアルフレード・カゼッラも復元作の研究を行い、第1番と第2番とおぼしき作品を演奏したという記録もあります)。

実際、どのような校訂を行ったとしても完全な形を復元するのは不可能ですが、ここで聴ける形でも充分にクレメンティの「管弦楽作曲家」としての才能をかじることはできるはずです。洗練された筆致で描かれたバランスのよい作品は、ロマン派への架け橋として高く評価されるものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573113 CD ■バレエ・ダンス音楽

プティジラール(1950-):
バレエ音楽「星の王子さま」(2010)

プティジラール(1950-)
バレエ音楽「星の王子さま」(2010)
[ブダペスト・スタジオ合唱団/ブダプスト・ハンガリー交響楽団ソロイスツ/プティジラール]

PETITGIRARD, L.: Little Prince (The) [Ballet] (Budapest Studio Choir, Honved Male Choir, Hungarian Symphony Orchestra Budapest Soloists, Petitgirard)

NML NMLカタログ番号:8.573113 10)

発売日:2013年09月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

フランスの現代作曲家プティジラール(1950-)。彼は指揮者でもあり、フランス映画、テレビ番組の音楽も多数制作するという八面六臂の活躍をしている人です。彼の名前が知られるようになったのは、映画でもおなじみの「エレファント・マン」のオペラ化でしょうか。この悲しい物語に彼が付けた音楽は、ほとんど無調でしたが、その強烈な響きは一度聴いたら忘れることのない印象的なものでした。

今回は、アヴィニョンのオペラハウスによるバレエ「星の王子さま」(あのサン=テグジュペリの名作)のために書かれた音楽です。特異な編成によって紡ぎ出される音楽は、夢から現実、動と静、神秘と無垢な笑顔の3つを見事に表現しています。もちろん聴きやすい音楽ではありませんが、この不思議な雰囲気は言葉に尽くせません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573114 CD

モーツァルト(1756-1791):
フーガ、ロンドと幻想曲集

モーツァルト(1756-1791)
フーガ、ロンドと幻想曲集
[クォン・サンウ]

MOZART, W.A.: Fugues, Rondos and Fantasias (Sang Woo Kang)

NML NMLカタログ番号:8.573114 13)

発売日:2015年01月28日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1782年8月4日にコンスタンツェ・ウェーバーと結婚したモーツァルト(1756-1791)。様々な音楽書や伝記の類では、「世紀の悪妻」とまで評されるコンスタンツェですが、本当にそうだったのでしょうか? 実際の彼女は、周囲の人々によると「教養が高く、家事にも熱心で快活」であったといい、またモーツァルトの死後も彼の作品を守り、その名を高めるために尽力したとされています。

これらのフーガの断片は、モーツァルトが熱心にバッハの作品を研究した名残のようなもので、ほとんど完成した作品から、ほんの数小節の断片と、様々な形の曲が含まれています。コンスタンツェは夫の死後、これらの作品に素晴らしい価値を見出し、公開されること(もしくは購入されること)を期待して、この遺物を整理し、永遠の記念碑としてのリストを作成したのです。普段流麗な音楽を書いていたモーツァルトにしては、若干ぎこちなさも感じれらますが、この「天才の断片集」が残されているのは、コンスタンツェのおかげであることは間違いありません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573115 CD ■器楽曲(ギター)

ヴィラ=ロボス(1887-1959):
ギターの写本 
傑作集と失われた作品集 第1集

ヴィラ=ロボス(1887-1959)
ギターの写本
傑作集と失われた作品集 第1集
[ビッソーリ/セラフィーニ]

VILLA-LOBOS, H.: Guitar Manuscripts (The) - Masterpieces and Lost Works, Vol. 1 (Bissoli)

NML NMLカタログ番号:8.573115

発売日:2014年08月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1887年、リオデジャネイロで国立図書館員の父親の元に生まれたヴィラ=ロボス(1887-1959)。ブラジルの民俗音楽と現代音楽が見事に融合した「ブラジル風バッハ」や、こちらも民俗音楽に由来したショーロスなどが広く愛されていますが、実は彼、生涯で1000曲近くに及ぶ膨大な作品を残しており、現在知られている「彼の顔」というのは、ほんの一部でしかないことはあまり意識されていないと言ってもよいでしょう。彼は作曲を独学で学びながらブラジルの民謡を積極的に採取し、数々の名作を作り上げていきました。

この3巻からなるシリーズは、そんな「知られざる作品」を発掘、収録することでヴィラ=ロボスの新たな魅力を探って行くことができるでしょう。この第1集には、セゴビアのために作曲した「ギター協奏曲」を始め、断片的な作品や、良く知られる「ブラジル風バッハ第5番」のアリアをギター伴奏にしたものなど興味深い作品が並んでいます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573116 CD ■器楽曲(ギター)

ヴィラ=ロボス(1887-1959):
ギターの写本 傑作集と失われた作品集 第2集

ヴィラ=ロボス(1887-1959)
ギターの写本 傑作集と失われた作品集 第2集
[ビッソーリ]

VILLA-LOBOS, H.: Guitar Manuscripts (The) - Masterpieces and Lost Works, Vol. 2 (Bissoli)

NML NMLカタログ番号:8.573116 13)

発売日:2014年07月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1887年、リオデジャネイロで国立図書館員の父親の元に生まれたヴィラ=ロボス。熱狂的な音楽好きだった父と彼の叔母の影響で、最初はピアノ、チェロ、クラリネットを学び、一度は医療系の技術を学ぶも、結局は音楽の道を選択、作曲を独学で勉強する傍ら、ブラジルの民謡の採集を行うなど活発な活動を行います。一時期はパリにも留学、そこでも先鋭的な音楽を吸収し、後の創作への糧としました。

このアルバムには一般にはほとんど知られることのないいくつかの作品が収録されています。彼の最も初期に書かれた「Dime perche-理由を私に話して」は短いながらも充実した構成を持ち、めまぐるしくテンポが変わる面白い曲です。2014年に出版されたばかりの「ワルツ協奏曲 第2番」は未完成ではありますが、ビッソーリが補筆完成させており、タイトル通りショパンの面影を感じさせる名曲です。チェレスタやハープまでを用いたユニークな音色が特色の「六重奏曲」には確かに熱帯地方の空気が漂っています。民俗舞曲に基づく「ショーロ」の数々は有名な作品。これを聴かずにはヴィラ=ロボスは語れません。最後の「愛の歌」は、映画のサウンドトラック。と言っても、彼の曲が使われたのは映画の最後のカットのみ。しかし印象的な曲で、人々の心に強い印象を残したであろうことは間違いありません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573117 CD

ヴィラ=ロボス(1887-1959):
ギターの写本 傑作集と失われた作品集 第3集

ヴィラ=ロボス(1887-1959)
ギターの写本 傑作集と失われた作品集 第3集
[ビッソーリ]

VILLA-LOBOS, H.: Guitar Manuscripts (The) - Masterpieces and Lost Works, Vol. 3 (Bissoli)

NML NMLカタログ番号:8.573117

発売日:2015年08月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSの人気シリーズ「ヴィラ=ロボスの傑作集と失われた作品集」の第3集となります。このアルバムに収録されているのは「12の練習曲」と「実用の手引き」が中心となります。ヴィラ=ロボスが「12の練習曲」を書くきっかけとなったのは、あの伝説の名ギタリスト、アンドレス・セゴビアと出会ったことでした。セゴビアはヴィラ=ロボスに「練習曲」の作曲を依頼し、1928年に完成したのですが、なぜかヴィラ=ロボスは1953年、大幅な改訂(カット、追加、変更、運指法など)を加えてしまいました。ギタリスト、ビッソーリはこの失われた要素を研究し復元して演奏しています。

また子ども向けの教材として書かれた「実用の手引き」はピアノで演奏されることが多いものですが、ここでは民族楽器とギターのアンサンブルでひたすら楽しく演奏されています。そして、壮大な交響的エピソード「少年の凧」がこのアルバムの最後、及びシリーズの最後を恭しく飾ります。少年の揚げる色鮮やかな凧が空気中を旋回しながら、風に乗って舞う姿が見事に捉えられた映画音楽のようなスリリングな作品です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573119 CD ■器楽曲(オルガン)

シャイデマン(1595-1663):
オルガン作品集 第7集

シャイデマン(1595-1663)
オルガン作品集 第7集
[ブラウン]

SCHEIDEMANN, H.: Organ Works, Vol. 7 (Brown)

NML NMLカタログ番号:8.573119 5)

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

シャイデマン(1595頃-1663)のオルガン作品集第7集です。北ドイツのオルガン音楽の発展に寄与し、多くの後継者を生み出した偉大な作曲家であり、また長らくハンブルクの聖カタリーナ教会のオルガニストを務めたことで知られています。ここのオルガンは北ドイツでも最も美しい楽器の一つで、1630年にオルガン作者ゴットフリート・フリッチェの手によって拡張され、56のストップと4段の鍵盤を持つ大規模な楽器となり、それに伴い、シャイデマンも楽器の特性を探究すべく、より精緻で規模の大きな作品を書くようになるのです。彼の現存する作品のほとんどはルター派の典礼のために特別に書かれたもので、聖歌隊がいない場合は、モテットの部分も奏することになりますが、彼はそれらを洗練された書法で作曲し、置き換えることに成功したのでした。

収録作曲家:

NAXOS 8.57312 CD ■協奏曲

クヴァンツ(1697-1773):
フルート協奏曲集

クヴァンツ(1697-1773)
フルート協奏曲集
[オレスキェヴィチ/コンチェルト・アルモニコ/シュパーニ]

QUANTZ, J.J.: Flute Concertos, QV 5:38, 5:81, 5:165, 5:238 (Oleskiewicz, Concerto Armonico Budapest, Spanyi)

NML NMLカタログ番号:8.573120

発売日:2013年08月21日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ(1697-1773)は18世紀における、最も偉大で革新的なフルート奏者であり、作曲家でした。彼はアマチュア・フルート奏者であったプロイセンの大王フリードリヒ2世の教師でもあり、宮廷コンサートはクヴァンツのフルート協奏曲の主要な演奏会場でもあったのです。王はクヴァンツがフルート作品を書くたびに特別の謝礼金を払うなど彼を厚遇。クヴァンツもそれに応えるために素晴らしい作品を何曲も書いたのです。また1752年には「フルート奏法試論」を著述、こちらは現代でも読み継がれるほどの名著であり、当時のスタイルを知るうえでも格好の資料となっています。

ここに収録された作品のうちイ短調の曲は、失われたとされていましたが、最近サンクトペテルブルクのロシア国立図書館から取得されたもので、ト長調のカデンツァとともに、貴重な資料となりうるものです。ハ短調の協奏曲はクヴァンツの死後、未完成だったものを王が補筆、完成稿としたものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573121 CD ■吹奏楽

はるかに超えて

はるかに超えて [アメリカ海兵隊バンド/シュワルツ]

Wind Band Music - CRESTON, P. / SCHWARZ, G. / GRAINGER, P. / COPLAND, A. (Above and Beyond) (The President's Own United States Marine Band, Schwarz)

NML NMLカタログ番号:8.573121 1)

発売日:2014年04月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1798年に創設され、1801年にはホワイト・ハウスで演奏、その年の3月、トーマス・ジェファーソン大統領の就任式で演奏を行い「大統領直属=President's Own」の称号を与えられた由緒あるバンドが、このあ「アメリカ海兵隊バンド」です。1880年にはスーザが隊長を務め、レパートリーと技術の大改革を行い、同時に数多くのスーザの作品も演奏。一層力を付けました。

NAXOSにもいくつかのユニークな作品の録音がありますが、このシュワルツが指揮したアルバムも素晴らしいの一言に尽きるでしょう。吹奏楽好きならたまらない「リンカンシャーの花束」を始め、コープランドやバーバーなどのお馴染みの曲から、シュワルツの自作「はるかに超えて-Above and Beyond」など、どれも安心して楽しめる極上の演奏です。

NAXOS 8.573122 CD ■バレエ・ダンス音楽

カラーエフ(1918-1982):
バレエ組曲「7人の美女」/
雷の道

カラーエフ(1918-1982)
バレエ組曲「7人の美女」
雷の道
[アゼルバイジャン・コンポーザーズ 4]

KARAYEV, K.: 7 Beauties Ballet Suite / The Path of Thunder (Royal Philharmonic, Yablonsky) (Azerbaijani Composers, Vol. 4)

NML NMLカタログ番号:8.573122 1)

発売日:2014年01月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

アゼルバイジャン、バクーで生まれたカラーエフ(1918-1982)。モスクワ音楽院でショスタコーヴィチに師事したという彼、既発の交響曲第3番(8.570720)でも、そのカラフルな管弦楽法が話題となりました。このアルバムには彼の2つのバレエ音楽を収録。一層楽しく妖しい音楽を楽しむことができます。

「7人の美女」は12世紀に活躍した詩人ニザミの詩を元にしたもの。7人の妻を持っていたという伝説の王の物語です。美女たちが登場するまでのワクワクした気持ちと彼女たちの紹介に続いて、様々な美女たちが現れます。どの曲もエキゾチックで情熱的。音によるポートレイトです。

「雷の道」はプロコフィエフの思い出に捧げられた作品で、こちらは南アフリカの作家P.エイブラハムズの小説に触発されたもの。人種間の争いと愛をモティーフにした作品で、アフリカの特徴的なロズムも効果的に用いられています。悲劇的でありながらも活気に満ちた音楽です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573123 CD ■バレエ・ダンス音楽

マスネ(1842-1912):
バレエ音楽集

マスネ(1842-1912)
バレエ音楽集
[バルセロナ響&カタルーニャ管/ガロワ]

MASSENET, J.: Ballet Music - Bacchus / Hérodiade / Thaïs / Le Cid (Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra, P. Gallois)

NML NMLカタログ番号:8.573123

発売日:2013年12月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

その生涯に40作品近くの歌劇を書いたにも拘わらず、そのほとんどは忘れ去られ、現在では「マノン」「タイス」「ウェルテル」などのいくつかの作品だけがレパートリーとして残っているというフランスの“歌劇作曲家”ジュール・マスネ(1842-1912)。とは言え、彼の作品は前述のレパートリー以外にも完全に忘れ去られていることはなく、例えば主役にふさわしい歌手が現れた時などには、爆発的な人気を獲得することでも知られています。彼の作品にはライトモティーフ(人物や状況を特定の動機で表すこと)の手法が用いられていたり、適度なエロティシズムが盛り込まれていたりと、なかなか聞きどころが多いものなのですが、前述の通り、滅多に聴く機会に恵まれないのが悲しいところです。

このアルバムではそんなマスネのバレエ音楽を集めています。ここには歌はないものの、重厚なハーモニーと美しく妖艶なメロディが散りばめられています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573124 CD

ラヴェル(1875-1937):
管弦楽作品集 第3集

ラヴェル(1875-1937):
管弦楽作品集 第3集
[フランス国立リヨン管/スラットキン]

RAVEL, M.: Orchestral Works, Vol. 3 - Orchestrations (Lyon National Orchestra, Slatkin)

NML NMLカタログ番号:8.573124

発売日:2016年04月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

大好評、スラットキン&リヨン管のラヴェル(1875-1937)作品集の第3集です。今回のメインは「展覧会の絵」ですが、他にも珍しい作品が含まれています。「展覧会の絵」は、20世紀の作曲家たちによるレアな編曲を集めたコンピレーション盤(8.570716)の他に、ラヴェル版はセントルイス交響楽団との録音が存在するなど、スラットキンの得意中の得意の曲。今回はリヨン管のスペックを極限まで生かした、オシャレで色彩豊か、溌剌とした世界が描かれています(ラヴェルが削除した5番目の「プロムナード」はスラットキンの編曲したものが置かれています)。

またシャブリエの「華やかなメヌエット」とシューマンの「謝肉祭」からの編曲は、ディアギレフの依頼によるものですが、これらは現在ほとんど聴く機会がありません。しかしこのアレンジは目を見張るほどに素晴らしく、まさに音符が目の前で乱舞するかのようです。ドビュッシーの作品は、作曲家の死後、新しく設立された出版社ジャン・ジョベールから依頼され編曲されたもので、こちらも生き生きとした極彩色の響きが与えられています。 ※日本語帯付き

NAXOS 8.573127 CD

タンスマン(1897-1986):
ヴァイオリンとピアノのための作品集

タンスマン(1897-1986)
ヴァイオリンとピアノのための作品集
[サハチ/コウクル]

TANSMAN, A.: Violin and Piano Music - Violin Sonata No. 2 / Sonata quasi una fantasia / Violin Sonatinas Nos. 1 and 2 / Fantaisie (Sahatçi, Koukl)

NML NMLカタログ番号:8.573127 1)

発売日:2015年04月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ポーランドの音楽一家に生まれ、アントン・ルビンシュタインとアルトゥール・シュナーベル、ウジェーヌ・イザイに師事したタンスマン(1897-1986)。彼は1919年に開催されたポーランドの作曲コンクールに3作を提出(偽名で)、1等賞を獲得したという経歴を持っています。この中の1曲が、今回初録音された「ロマンス」でした。まるで初期のスクリャービンやシマノフスキを思わせる和声と、穏やかな表現力には、汲めども尽きぬ才能を予感させるものです。

しかし彼の室内楽作品のほとんどは、現在すっかり忘れ去られ、再発見されることもほとんどありません。確かに当時のポーランドの音楽環境では、これらの作品は先鋭的なものとして捉えられたことでしょう。彼の作品が正統な評価を受けるのは、大学で法学博士の学位をとってからフランスに移ってからであり、それ故、学生時代に書かれた瑞々しい作品は行き場をなくしてしまったのです。

とは言え、ここに収録された様々な時期のヴァイオリン曲は、折々の心を映し出したものです。「ソナチネ第1番」は戦時中に書かれたにもかかわらず、の第1楽章フォックストロットには遊び心が溢れていたり、1963年の「幻想曲」に漲る叙情性も注目すべきでしょう。

収録作曲家:

NAXOS 8.573128 CD ■室内楽

ハイドン(1732-1809):
ピアノ三重奏曲集 第4集 ~
ピアノ三重奏曲 第8番 - 第12番

ハイドン(1732-1809)
ピアノ三重奏曲集 第4集
ピアノ三重奏曲 第8番 - 第12番
[バルトロッツィ三重奏団]

HAYDN, J.: Piano Trios, Vol. 4 (Bartolozzi Trio) - Nos. 8-12

NML NMLカタログ番号:8.573128

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1784年から1797年までの間に書かれたハイドン(1732-1809)のピアノ三重奏曲は、偽作も含めて41曲、そして番号なしや補遺などが他に6曲あります。ほとんどの曲はピアノとヴァイオリンが中心で、チェロは低音を補強するために添えられていると言っても過言ではないでしょう。この頃の鍵盤楽器はチェンバロからクラヴィコード、フォルテピアノへと著しく変化、発展していたため、ハイドンもそれを鑑みつつ、楽器の特性を存分に生かすべく工夫した作品を次々と生み出していたのでした。モダンピアノで演奏する際は、それらも考慮しつつバランスや音色などを注意深く表現することが重要です。もちろんこのバルトロッツィ三重奏団の演奏は文句なし。技術的な課題や精密なアンサンブル、どれもが満足行くものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573129 CD ■器楽曲(ヴァイオリン)

レスピーギ(1879-1936):
ヴァイオリンとピアノのための作品集 第1集

レスピーギ(1879-1936)
ヴァイオリンとピアノのための作品集 第1集
[ベルネコーリ/ビアンキ]

RESPIGHI, O.: Violin and Piano Works (Complete), Vol. 1 (Bernecoli, Bianchi)

NML NMLカタログ番号:8.573129

発売日:2014年03月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

レスピーギ(1879-1936)というと、あの壮大な「ローマ三部作」などの管弦楽作品がまず頭に浮かびますが、彼自身は最初ヴァイオリンを学びやがてヴィオラ弾きとして活躍、従って、その初期の作品もヴァイオリンのために書かれたものがとても多いのです。NAXOSではそんなレスピーギのヴァイオリンとピアノのための作品の全集をシリーズ化します。

第1集は1897年から1905年にかけて書かれた曲を集めたもので、いくつかの曲はボローニャの博物館に所蔵された未発表作品でもあります。彼の学生時代にはドイツのロマン主義とロシアの国民楽派など、フランスの印象派など様々な潮流が押し寄せていました。そんな時期に書かれたこれらの曲はおり、、優雅さと流麗さ、そして壮大さを兼ね備えています。ピアノ独奏版としても愛されている6つの小品(とりわけ優しいワルツは最近人気の作品)は、ヴァイオリンで聴くとまた違った佇まいを持ち、良い意味での「サロン風」の雰囲気を備えています。そして「5つの小品」は完全にレスピーギの個性が確立された作品と言えそうです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573130 CD

レスピーギ(1879-1936):
ヴァイオリンとピアノのための作品全集 第2集/
ピック=マンジャガッリ(1882-1949):
ヴァイオリンとピアノのための作品全集

レスピーギ(1879-1936)
ヴァイオリンとピアノのための作品全集 第2集
ピック=マンジャガッリ(1882-1949)
ヴァイオリンとピアノのための作品全集
[ベルネコーリ/ビアンキ]

RESPIGHI, O.: Violin and Piano Works (Complete), Vol. 2 / PICK-MANGIAGALLI, R.: Violin and Piano Works (Complete) (Bernecoli, Bianchi)

NML NMLカタログ番号:8.573130

発売日:2014年12月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

「ローマ三部作」で知られるイタリアの名作曲家レスピーギ(1879-1936)。彼の父親は地元の音楽教師であり、祖父も名高い音楽家であり、そのためレスピーギも幼い頃からピアノとヴァイオリンを学び、長じてからはヴァイオリン奏者、ヴィオラ奏者としても活躍しています。そのため、このようなピアノとヴァイオリンのための作品を書くのは当然の成り行きだったに違いありません。このヴァイオリン・ソナタは1917年に完成したもので、その直前に「ローマの噴水」が初演されるなど、彼の創作意欲は絶頂期にあり、20年前に書かれた「ニ短調ソナタ」に比べると、その音楽的な深化には格段の違いがあります。アグレッシヴな第1楽章、叙情的で官能的な第2楽章、濃密な空気が漂う終楽章と、管弦楽作品とはまた違う魅力を見せるレスピーギをご堪能ください。

アルバムの残りの部分に収録されているのは、ストラコニツェで生まれた作曲家、ピック=マンジャガッリ(1882-1949)のヴァイオリン作品集。生まれはボヘミアですが、幼い頃にミラノに移住したため、ほとんどレスピーギと同世代のイタリアの作曲家と称してもよいのではないでしょうか? 彼のロ短調ソナタ(奇しくもレスピーギと同じ調性を持つ)は、作曲年代が早いためか、まだまだロマン派の作風に則ったものですが、独創的なピアノ・パートなど聴くべき箇所はたくさんあります。知られざる作曲家を聞く楽しみもたっぷりです。

NAXOS 8.573131 CD ■バレエ・ダンス音楽

葉小鋼(1955-):
マカオの花嫁 - バレエ組曲 Op.34/
4つの嶺南の詩 Op.62

葉小鋼(1955-)
マカオの花嫁 - バレエ組曲 Op.34
4つの嶺南の詩 Op.62
[シー・イージェ/リウ・ミンヤン/マカオ・ユース合唱団/マカオ管/リュー・ジア]

YE, Xiaogang: Macau Bride Suite (The) / 4 Poems of Lingnan (Yijie Shi, Mingyan Liu, Macau Youth Choir, Macau Orchestra, Jia Lü)

NML NMLカタログ番号:8.573131

発売日:2014年05月30日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

現代の中国において最高の作曲家の一人として知られる葉小鋼(1955- イェ・シャオガン)の作品集。彼は中央音楽院で学び、1987年からはニューヨークに留学もしています。彼の作品は極めてシンフォニックであり、どれもがまるで映画音楽のように鮮やかで、聞き映えのするものです。彼の名を一躍高めたのは2008年の北京オリンピック開会式で、この時は彼のピアノ協奏曲を名手ラン・ランが演奏。光の乱舞とダンスを伴うその演奏は、世界中の30億人の観衆を魅了したのでした。この「マカオの花嫁」は4幕からなるバレエ組曲で、中国の船乗りとポルトガル船の船長の娘の物語を描いたものです。迫りくる荒波を越えて2人は幸せな結婚式を挙げるというストーリーです。「4つの嶺南の詩」はやはりマカオの文化局から委嘱された作品で、テノールと管弦楽のために書かれており、使われた詩はそれぞれ、唐、宋、明、清王朝の時代に書かれたものです。今日の中国芸術家の情熱と願望を反映し、古代の傑作に新たな次元を融合させるという作曲家の意図が見事に反映されています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573132 CD ■交響曲/管弦楽曲

ショスタコーヴィチ(1906-1975):
交響曲 第14番 Op.135

ショスタコーヴィチ(1906-1975)
交響曲 第14番 Op.135
[G. ジェイムズ/ヴィノグラードフ/ロイヤル・リヴァプール・フィル/ペトレンコ]

SHOSTAKOVICH, D.: Symphonies, Vol. 10 - Symphony No. 14 (G. James, A. Vinogradov, Royal Liverpool Philharmonic, Petrenko)

NML NMLカタログ番号:8.573132

発売日:2014年05月30日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ますます注目を浴びているヴァシリー・ペトレンコによるショスタコーヴィチ(1906-1975)の交響曲全集。シリーズ10作目は1969年に完成した交響曲第14番です。作曲者自身が「不条理な死」をテーマに、オラトリオ形式を想定して紡いだ11の詩集。この作品が完成する3年前の1966年にショスタコーヴィチは「交響曲第14番」の作曲にとりかかっていますが、その初稿スケッチは後に「チェロ協奏曲第2番」として蘇ることとなり、ロストロポーヴィチの手によって初演されることとなりました。そのため1969年「ソプラノ、バス、弦楽器打楽器のためのオラトリオ」として作曲された本作が、結果的に「交響曲第14番」として世に出されることとなったのです。そのためこの作品はショスタコーヴィチの交響曲の中でも非常に稀な楽器編成で奏されるのです。2人の独唱者に拠って歌われる各楽章は、マーラーの大地の歌を思い起こさせますが、曲はもっともっと晦渋であり、更に「死の影」に捉われているものです。ペトレンコのショスタコーヴィチ解釈は、バルシャイをはじめとするこれまでの指揮者たちとは一線を画し、非常に「現代的」と評されるものの、一見淡白かつクールに思えるその音の奥から滲み出る強いパッションは、21世紀のショスタコーヴィチ演奏のスタンダードの形となるかもしれません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573133 2CD ■器楽曲(クラリネット)

カヴァッリーニ(1807-1874):
30のカプリース/二重奏曲 第1番

カヴァッリーニ(1807-1874)
30のカプリース/二重奏曲 第1番
[ブルフォーネ/ジャーニ]

CAVALLINI, E.: 30 Capriccios / Duets Nos. 1-3 (Bulfone, Giani)

NML NMLカタログ番号:8.573133-34 2)

発売日:2014年03月26日

価格:2,580円(税込、送料別)

購入する

ミラノで生まれ、9歳の時にミラノ音楽院でカルッリに師事、瞬く間に才能を開花されたカヴァリーニ。彼は1824年に卒業後、スカラ座の第1クラリネット奏者に任命され、また各地で演奏旅行を行うなど、ヨーロッパ中にその名声を広めていきました。その後、演奏旅行で訪れたロシアで皇帝に気に入られ、マリインスキー劇場の第1クラリネット奏者に就任します。この時期に上演されたベルディの「運命の力」において、彼の演奏に感銘した作曲家が、第3幕のオープニングに美しいクラリネットのソロ・パートを付け加えたというエピソードもあるほどです。

このクラリネットのための「30のカプリース」は、彼の最も重要な作品であり、今も世界中の音楽学校で生徒たちがこの「練習曲」のお世話になっていることは間違いありません。30の曲の中にはクラリネットを演奏するために必要な全ての要素…カンタービレや超絶技巧まで…が含まれ、もちろん音楽性も高めることが可能という優れものです。もちろんただ聴いているだけでもOKです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573135 CD

カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968):
ヴァイオリン協奏曲 第1番「イタリア協奏曲」/
ヴァイオリン協奏曲 第2番「預言者たち」

カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968)
ヴァイオリン協奏曲 第1番「イタリア協奏曲」
ヴァイオリン協奏曲 第2番「預言者たち」
[楊天堝/バーデン・バーデン&フライブルク南西ドイツ放送響/ブーア]

CASTELNUOVO-TEDESCO, M.: Violin Concertos Nos. 1 and 2 (Tianwa Yang, SWR Symphony, Baden-Baden and Freiburg, Boer)

NML NMLカタログ番号:8.573135

発売日:2015年03月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

日本では「ギター曲作曲家」として認知されがちなイタリア近代の作曲家カステルヌオーヴォ=テデスコ(1895-1968)ですが、最近彼の管弦楽曲や協奏曲が相次いでリリースされることで、その風向きも変わってきたようです。もともとは優れたピアニストであった彼ですが、1924年に最初の管弦楽作品「イタリア協奏曲」を書くことを思いつきました。彼の友人のヴァイオリニスト、マリオ・コルティはこの当時発表されたシマノフスキの「神話」を参考にするようにと提案しましたが、彼が最終的に取り入れたのは17世紀から18世紀にかけての作品…ヴィヴァルディを思わせるスタイルでした。もちろんかなりモダンな味付けがされていますが、なかなかステキな作品となっています。

ハイフェッツに委嘱された「協奏曲第2番」は良く知られた作品で、題材は旧約聖書やユダヤ教の典礼から取られており、彼自身もユダヤの血を引いていることから、当時蔓延していた「反ユダヤ主義」をはねのけるほどのパワーと輝きを持つ力作となっています。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する若きヴァイオリニスト、ティアンワ・ヤンのパワフルなソロは、厚みのあるオーケストラの音色から一歩抜きん出る輝きを放っています。

NAXOS 8.573136 CD ■器楽曲(ヴァイオリン) ■器楽曲(ヴィオラ)

ブリテン(1913-1976):
リフレクションズ ~ ヴァイオリンとヴィオラのための作品集

ブリテン(1913-1976)
リフレクションズ ~ ヴァイオリンとヴィオラのための作品集
[M. ジョーンズ/スウェイト]

BRITTEN, B.: Reflections - Violin and Viola Works (M. Jones, Thwaite)

NML NMLカタログ番号:8.573136 1)

発売日:2013年12月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

イギリスのサフォーク州、海沿いの街で生まれたブリテン(1913-1976)は、幼い頃からピアノを弾き、また10歳からはヴィオラも学び始めています。同じ頃にフランク・ブリッジの交響組曲「海」を聴いて感激した彼、やがてブリッジの許で個人授業を受け、その才能が大きく花開いたのでした。このアルバムにはそんなブリテンの世界初録音を含むヴァイオリンとヴィオラのための作品を収録、これらはこれまで未発表であったのですが、最近のブリテン・ビアーズ財団の仕事によって、演奏、録音が可能になりました。この中には難解な曲もあれば、諧謔的な曲、内省的な曲があり、ブリテンという人間の多様性を知ることができるのではないでしょうか? 恩師フランク・ブリッジ作品の編曲からは、限りない優しさも感じ取れます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573137 CD ■協奏曲

グリーグ(1843-1907):
3つのヴァイオリン協奏曲(原曲 ヴァイオリン・ソナタ)

グリーグ(1843-1907)
3つのヴァイオリン協奏曲(原曲 ヴァイオリン・ソナタ)
[クラッゲルード/トロムソ室内管]

GRIEG, E.: Violin Sonatas Nos. 1-3 (arr. for violin and orchestra) (Kraggerud, Tromso Chamber Orchestra)

NML NMLカタログ番号:8.573137

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

このアルバムのタイトルには「グリーグのヴァイオリン協奏曲」とあります。しかし「そんな曲あったっけ?」と思う人も多いことでしょう。これはNAXOSでおなじみのヴァイオリニスト、クラッゲルードがヴァイオリン・ソナタを協奏曲として生まれ変わらせたものなのです。確かに「ピアノ協奏曲」のような見事な作品を書いたグリーグ(1843-1907)にヴァイオリン協奏曲が1曲も存在しないのは何とも残念なことで、その足りないレパートリーを埋めるのに、これほどまでにふさわしい音楽はありません。シベリウスをさえも思わせる勇壮な第1番、静かな美しさを讃えた第2番、そして、まさに完璧にはまった感のある第3番と、グリーグ好きが泣いて喜ぶようなラインナップです。もちろんクラッゲルードの演奏は文句のつけようがありません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573138 CD

サン=サーンス:
交響曲集 第1集 
交響曲 第1番・第2番/
交響詩「ファエトン」

サン=サーンス
交響曲集 第1集
交響曲 第1番・第2番
交響詩「ファエトン」
[マルメ響/スーストロ]

SAINT-SAËNS, C.: Symphonies, Vol. 1- Symphonies Nos. 1 and 2 / Phaéton (Malmö Symphony, Soustrot)

NML NMLカタログ番号:8.573138

発売日:2015年03月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

「NAXOSのカタログにはどんな曲でもあるんでしょう?」と尋ねられることもしばしばですが、実はそうでもありません。サン=サーンスの交響曲も全集がありそうで、本当はありませんでした。そこでこの第1集を皮切りに、全集を録音してしまおうという企画が始動しました(とは言え、サン=サーンスは番号のついた交響曲は3曲しか書いておらず、あとは番号なしの1曲と、交響曲「ローマ」、未完の2曲があるだけです)。

交響曲第1番は18歳の作品ですが、モーツァルト、メンデルスゾーンを凌ぐ神童であった彼だけあって、この完成度の高さには驚くばかりです。第2番はその6年後の作品ですが、作曲技法も格段の進歩が感じられる意欲作となっています。シューマン風の重厚さも感じられる興味深い音楽です。交響詩「ファエトン」はギリシャ神話を題材とする作品ですが、当時のフランスの困難な状況・・・普仏戦争でのナポレオン3世敗北による第三共和制の混乱・・・を反映した、悲しさと重厚さを併せ持つ重厚な音楽です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573139 CD

サン=サーンス(1835-1921):
交響曲集 第2集 
交響曲 第3番「オルガン付き」/交響曲 イ長調/
交響詩「オンファールの糸車」

サン=サーンス(1835-1921)
交響曲集 第2集
交響曲 第3番「オルガン付き」/交響曲 イ長調
交響詩「オンファールの糸車」
[ランドストレム/マルメ響/スーストロ]

SAINT-SAËNS, C.: Symphonies, Vol. 2 - Symphony No. 3 / Symphony in A Major / Le rouet d'Omphale (C.A. Landström, Malmö Symphony, Soustrot)

NML NMLカタログ番号:8.573139 2)

発売日:2015年05月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

サン=サーンス(1835-1921)が「この曲には私が注ぎ込める全てを注ぎ込んだ」と語ったほどに気合の入った交響曲第3番。随所で活躍するオルガンばかりが目立ちますが、実に精緻な管弦楽法と、これまた活躍するピアノの使い方も見事なものです。4楽章形式に見えますが、実は2部に分かれた2つの楽章から出来ています。あの華麗なオルガンの導入で有名な箇所は第4楽章ではなく、第2部の後半なのです。この曲は、彼の友人であったフランツ・リストの影響も垣間見られ、また曲自体も初演直後に亡くなったリストに捧げられてもいます。人気曲たる貫禄に満ちた作品です。

それに比べ、「イ長調交響曲」はサン=サーーンス15歳頃の作品で、早熟の天才だった彼とはいえ、まだ独自の個性は開ききっておらず、モーツァルトやシューベルトの香りが漂う、初々しさ満開のチャーミングな曲です。「オンファールの糸車」も前述の通り、フランツ・リストとの交流から生まれた曲で、女王オンファールの下で奴隷として働くヘラクレスの目を通して、美しい女王の姿を音で描いた作品です。スーストロとマルメ交響楽団は見通しの良い響きと壮麗な音色を持ち味とした颯爽たるサン=サーンスを表出しています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573140 CD

サン=サーンス(1835-1921):交響曲集 第3集
交響曲 ヘ長調「首都ローマ」/
交響詩「ヘラクレスの青年時代」/
死の舞踏

サン=サーンス(1835-1921):交響曲集 第3集
交響曲 ヘ長調「首都ローマ」
交響詩「ヘラクレスの青年時代」
死の舞踏
[マルメ響/スーストロ]

SAINT-SAËNS, C.: Symphonies, Vol. 3 - Symphony in F Major, "Urbs Romana" / La Jeunesse d'Hercule / Danse Macabre (Malmö Symphony, Soustrot)

NML NMLカタログ番号:8.573140

発売日:2015年10月28日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1856年、21歳のサン=サーンス(1835-1921)はへ長調の交響曲を書き上げました。これはボルドー・ソシエテ・サン・セシルが主催したコンクールのための作品です。なぜ「首都ローマ」というタイトルを彼が選択したのかは不明ですが、コンクールのルールが「匿名で応募すること」であり彼はそれを遵守、見事に賞を勝ち得たのです。

コンクールを意識して書かれたせいか、かなり堅固な形式を取っていて、最終楽章はまるでブラームスの交響曲第4番を先取りするかのようなパッサカリア風の変奏曲となっていたりと、実験的な要素も垣間見えます。しかしこの作品は彼の生きている間は出版されることなく、またサン=サーンス自身も、次の作品である第2番の方を重要視したせいか、こちらの作品はすっかり影が薄くなってしまったのです。そんな隠れた名作をこの機会に。

他には彼の最も有名な作品「死の舞踏」と劇的な内容を持つ「ヘラクレスの青年時代」を収録。

収録作曲家:

NAXOS 8.573142 CD ■器楽曲(ヴァイオリン)

フーガ(1906-1994):
ヴァイオリン・ソナタ 第1番 - 第3番

フーガ(1906-1994)
ヴァイオリン・ソナタ 第1番 - 第3番
[トルトレッリ/ミラーニ/ランベルト]

FUGA, S.: Violin Sonatas Nos. 1-3 (Tortorelli, Milani, Lamberto, G. Fuga)

NML NMLカタログ番号:8.573142

発売日:2014年07月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSのCDを聴く喜びの一つに「これまで名前すら知らなかった作曲家の作品と出会える」ことがあります。このサンドラ・フーガ(1906-1994)のヴァイオリン・ソナタ集もそんな1枚。音楽辞書どころか、日本語のWIKIでもこの人の名前を検索することはできません。かろうじてイタリアのWIKIに簡単な解説があり、それによると「トリノ音楽院でアルファーノとゲティーニにピアノ、オルガン、作曲を学び、その作品は国際的に認められた」とあり、その最後には「1995年に家族によって彼の名前を関した組合が設立された」とも書いてありました。

イタリア国内でもこの程度の知名度しかない作曲家ですが、彼の作品はなかなか聴き応えのあるものです。ヴァイオリン・ソナタ第1番は、当時世界を覆っていた戦争の暗い影を伴う悲哀に満ちたもの。そして彼の友人のために書かれた第2番は、一層穏やかで悲しさを帯びたエレジーで始まり、永久に続くかのような第2楽章を経て、激しい第3楽章へと続いていきます。第3番はバランスの取れたスタイルで書かれており、繊細さと流麗さはまるでドビュッシーやフォーレ作品を思い起こさせます。この3つの作品を「時代に即していない」と捉えるか、それとも「美しいメロディは永遠に滅ぶことない」と捉えるかは、聴き手の感性に委ねられるのかも知れません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573143 2CD ■交響曲/管弦楽曲

デ・メイ(1953-):
交響曲 第1番「指輪物語」/
交響曲 第2番「ビッグアップル」/
交響曲 第3番「プラネット・アース」

デ・メイ(1953-)
交響曲 第1番「指輪物語」
交響曲 第2番「ビッグアップル」
交響曲 第3番「プラネット・アース」
[ピーボディ音楽院ウィンド・アンサンブル/パーカー]

MEIJ, J. de: Symphonies Nos. 1, 2, 3 (Peabody Conservatory Wind Ensemble, Parker)

NML NMLカタログ番号:8.573143-44 142)

発売日:2013年07月24日

価格:2,580円(税込、送料別)

購入する

映画が大ヒットしたことでも知られる、イギリスの作家、ジョン.R.R.トールキンのファンタジー小説「指輪物語」を題材に、1984年から1987年にかけて作曲されたこの吹奏楽曲は、オランダの作曲家デ・メイ(1953-)の最初の本格的な作品であり、現在でも吹奏楽愛好家の中でとりわけ人気の高い1曲としても知られています。曲は5人の登場人物にそれぞれ楽章が充てられており(楽章の順序は原作と異なる)各場面を彷彿させる魅力的で表現的な音楽が付けられています。壮大なる「悪と善」の対立と、あくなき探究心が反映された劇的な音楽です。

対する「第2番」はニューヨークに捧げる頌歌であり、アメリカへのオマージュです。コープランド、バーンスタインの影響を感じさせながらも、映画音楽風のゴージャスさも兼ね備えています。交響曲第3番は地球全体への賛歌であり、奇跡的な美しさを讃えた見事な叙事詩です。おなじみピーポディ音楽院ウィンド・アンサンブルの緻密な演奏で。

収録作曲家:

NAXOS 8.573145 CD

リスト(1811-1886):
ヴァイオリンとピアノのための作品集 ~ 
二重奏曲/三人のジプシー/エレジー/
協奏的大二重奏曲 他

リスト(1811-1886)
ヴァイオリンとピアノのための作品集
二重奏曲/三人のジプシー/エレジー
協奏的大二重奏曲
[プロニエヴィチ/ヴァレチェク]

LISZT, F.: Violin and Piano Music - Duo Sonata / Die drei Zigeuner / Elegies / Grand duo concertant on Lafont's Le marin (V. Proniewicz, Waleczek)

NML NMLカタログ番号:8.573145

発売日:2015年01月28日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

"ピアノの魔術師"フランツ・リスト(1811-1886)は、多くのピアノ曲と管弦楽曲を書きましたが、室内楽作品はあまり多くを遺していません。このアルバムはそんな珍しい作品を集めたものです。

二重奏のためのソナタは、「ソナタ」と名づけられているものの、通常のソナタ形式とは全く違うもので、4つの楽章全てに、親友であったショパンのマズルカ Op.6-2が素材として用いられています。第1楽章では沈痛に、第2楽章では、ほとんど原型に近いマズルカが奏されたあと、様々な変奏を施されて登場します。第3楽章では軽やかで優雅な舞曲になり、情熱的に盛り上がっていきます。終楽章では力強く華やかに、もともとはショパンであった旋律が、リスト風の衣装を纏い現れるのです。

「祝婚歌」はリストの友人であるハンガリーのヴァイオリニスト、エドゥアルド・レメーニのために書かれた魅力的な音楽です。「三人のジプシー」はヴァイオリンの特性を生かした作品で、即興的ワルツはもともとピアノ作品であったものを、フバイがヴァイオリン用に編曲した曲。「エレジー」もピアノ曲からの編曲です。協奏的大二重奏曲は、ヴァイオリンとピアノ双方に超絶的な技巧を要求する華やかな作品です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573151 CD ■交響曲/管弦楽曲

ヴィラ=ロボス(1887-1959):
交響曲 第3番&第4番

ヴィラ=ロボス(1887-1959)
交響曲 第3番&第4番
[サンパウロ響/カラブチェフスキー]

VILLA-LOBOS, H.: Symphonies Nos. 3, "War" and 4, "Victory" (Sao Paulo Symphony, Karabtchevsky)

NML NMLカタログ番号:8.573151

発売日:2013年04月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ヴィラ=ロボス(1887-1959)の「戦争」と「勝利」の交響曲は、第一次世界大戦の休戦を記念するためのブラジル政府から委嘱された作品です。当時32歳の彼は、すでに「国際的なモダニズム感を持つブラジルの芸術家グループの中心人物」として位置づけられており、この依頼を受けた彼は、決して勝ち誇った態度をとることのないように細心の注意を払った上で、この2つの曲を書き下ろしたのです。第3番「戦争」では、ブラジルの国家と「ラ・マルセイエーズ」の断片が聴こえてきたり、リゴレットの苦悩のモティーフが引用されたりと、かなりコラージュ的な手法で書かれています。第4番はさらに情熱的になり、最終楽章では狂乱の真っただ中に放り込まれるかのような陶酔感に満ちています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573153 CD ■器楽曲(ギター)

日本のギター作品集 第1集
武満徹(1930-1996):
ギター独奏作品集 他

日本のギター作品集 第1集
武満徹(1930-1996)
ギター独奏作品集
[福田進一]

TAKEMITSU, Toru: Original Solo Guitar Works (Complete) (Shin-ichi Fukuda) (Japanese Guitar Music, Vol. 1)

NML NMLカタログ番号:8.573153 90)

発売日:2014年04月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

福田進一にとって1996年以来、2度目の録音となる「武満&ブローウェル」。これは、ナクソスの名プロデューサー兼ディレクター、ノーバート・クラフトと福田の出会いから生まれた好企画「現代日本のギター音楽シリーズ」の第1弾です。

我が国を代表する作曲家・武満徹を追悼し、福田に献呈されたブローウェルの「悲歌~イン・メモリアム・タケミツ」は、現代のギター界のスタンダード・ナンバーとなっています。この曲に始まるニュー・アルバムは、武満の書いたオリジナル独奏曲の全てと、ビートルズの名アレンジを2曲。さらに、ブローウェルによって、没後10年目に再び書かれた武満への讃歌「ハープと影」を含む豪華なアンソロジーとなっています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573155 CD ■器楽曲(オルガン)

福本茉莉 
オルガン・リサイタル

福本茉莉
オルガン・リサイタル
[福本茉莉]

Organ Recital: Fukumoto, Mari – BRUHNS, N. / RADULESCU, M. / GRIGNY, N. de / BACH, J.S. / BUXTEHUDE, D. / MESSIAEN, O.

NML NMLカタログ番号:8.573155 76)

発売日:2014年04月16日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1987年東京生まれの若きオルガニスト、福本茉莉。彼女は2009年に東京藝術大学卒業後、同大学院で研鑽を重ね、更にハンブルク音楽演劇大学でも学びます。そんな彼女は、2012年、第7回武蔵野市国際オルガンコンクールで見事優勝に輝き、一層の飛躍を遂げることとなったのです。このアルバムは、その優勝記念のリサイタル録音であり、バロック期の作品から、メシアン、ラドゥレスクなどの現代作まで、彼女の素晴らしい才能の一端を知るには最適の1枚です。

2013年にはドイツ・ニュルンベルク国際コンクールでも優勝、その勢いは留まるところを知りません。プライヴェートではユニークなキャラクターを持つことで知られる彼女ですが、巨大なオルガンの前に座るやいなや「音楽の神」と化し、全身で神の声を表現する姿が衝撃的でもあります。

NAXOS 8.573156 CD ■器楽曲(ピアノ)

ヴェナブルズ(1955-):
ピアノ独奏作品全集

ヴェナブルズ(1955-)
ピアノ独奏作品全集
[G.J. ロイド]

VENABLES, I.: Piano Solo Works (Complete) (G.J. Lloyd)

NML NMLカタログ番号:8.573156

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

リバプール出身の作曲家イアン・ヴェナブルズ(1955-)の名前は「英国歌曲好き」だったら忘れられない存在でしょう。彼は現在イギリス有数の歌曲作曲家であり、またアーサー・ブリス協会のプレジデントも務める名士です。

彼の歌曲集(8.572514)は、その少々甘いメロディとテノール歌手A.ケネディの名唱で多くのファンを獲得しましたが、このピアノ曲も、歌曲に通じる抒情性と、うっとりするようなメロディが魅力的であり、瞬く間に、聴き手を新しい世界へといざなうものと言えそうです。「ストウヘッド」とは風景式庭園のことで、過去への連想や異国的なものへの憧れを含んだその造りは、見るものに素晴らしい印象を与えます。そんな庭園の印象を描いたのが組曲「ストウヘッド・フォーリーズ」。ちょっぴり印象派のような風情の曲が郷愁を呼び起こします。他の曲もどれもストーリーを帯びた名作です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573157 CD ■交響曲/管弦楽曲

フィビヒ(1850-1900):
交響曲 第2番 変ホ長調/
管弦楽のための牧歌「夕暮れに」 /
クラリネットと管弦楽のための牧歌 変ロ長調

フィビヒ(1850-1900)
交響曲 第2番 変ホ長調
管弦楽のための牧歌「夕暮れに」
クラリネットと管弦楽のための牧歌 変ロ長調
[ヴェニシュ/チェコ・ナショナル響/シュティレツ]

FIBICH, Z.: Orchestral Works, Vol. 2 - Symphony No. 2 / At Twilight / Idyll (Venyš, Czech National Symphony, Štilec)

NML NMLカタログ番号:8.573157

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

19世紀後半のチェコで活躍した作曲家のなかでも、とりわけ重要な役割を担ったのがこのフィビヒ(1850-1900)です。ドヴォルザーク、スメタナと共に、チェコ国民楽派の草創期を築き、自作にチェコ民謡や舞踊のリズムを取り入れ、また民話に基づいたオペラを作曲、この精神はヤナーチェクへとしっかり引き継がれていくことになるのです。彼の第2番交響曲は1892年から93年にかけて作曲されたもので、フィビヒの音楽的思考と表現が決定付けられた作品とも言えるでしょう。

もちろん当時のチェコ周辺作曲家たちと同じく、シューマンやブラームスの影響は否めませんし、冒頭の伸びやかなテーマや活発な終楽章からはドヴォルザークの存在の大きさも感じられます。しかし美しい第2楽章は、洗練された響きを持ち、第3楽章のスケルツォは確かな独自性を有しています。1893年の「夕暮れに」からは明らかにワーグナーの香りが感じられることでしょう。また、協奏曲を書かなかったフィビヒですが、変ロ長調の牧歌は実質的な協奏曲です。優しく波打つ弦の調べ、抒情的なクラリネットのメロディ。静かな美しさに満ちた佳品です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573158 CD ■声楽曲 ■合唱曲

チルコット(1955-):
誰もが歌った

チルコット(1955-)
誰もが歌った
[ウィレンシアン・コンソート/ビーソン/フィンチ]

CHILCOTT, B.: Everyone Sang / A Little Jazz Mass / I Share Creation / Aesop's Fables (Wellensian Consort, Beeson, Finch)

NML NMLカタログ番号:8.573158 2)

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

現代イギリスで最も人気を博している合唱曲指揮者&作曲家、ボブ・チルコット(1955-)の作品集です。彼は1985年にキングス・シンガースに参加し、12年間テナーを務めたあと、作曲に専念するために脱退したという実力の持ち主であり、編曲家としても高名です。そんな彼の作品はどれも親しみやすく、「歌う喜び」を味わわせてくれるものであり、例えばここに収録された「小さなジャズ・ミサ」や「イソップ物語」は、とりわけ機知に富んだ優れた作品として評価されるものでしょう。まずは冒頭の「島はざわめきで満ちている」を聴いてみてください。この何ともチャーミングなこと。ここを聴いただけで全てを知りたくなること間違いなしです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573159 CD ■声楽曲 ■宗教曲

ボブ・チルコットのクリスマス・キャロル集 - 真冬のバラ

ボブ・チルコットのクリスマス・キャロル集 - 真冬のバラ [コモーショ/M. ベリー]

CHILCOTT, B.: Carols (The Rose in the Middle of Winter) (Commotio, M. Berry)

NML NMLカタログ番号:8.573159 5)

発売日:2013年12月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ケンブッリッジ・キングスカレッジ合唱団に少年合唱団として3年、また大学生や研究者として5年、計8年間参加していたというチルコット(1955-)。その中でも印象的でエイサイティングな経験はクリスマス・イブに「キャロル」を歌うことだったそうです。もちろん伝統的な曲も歌うのですが、しばしば「新しい」キャロルを歌うことは、クリスマスに宗教的な意味を求める聴衆や、時には歌手たちの間で論争を巻き起こし、その是非が問われたと言います。

そんなチルコット。このアルバムに収録された作品ももちろん「挑戦的」であり、革新的な表情を持つものばかりです。しかし、その根源にはクリスマスという厳粛な日を祝す心が宿っており、どれもが静かな美しさに満たされています。長き月日を経て磨き抜かれた「クリスマス・キャロル」に新しい輝きを加える1枚です。

NAXOS 8.573160 CD

アルベニス(1860-1909):
ピアノ作品集 第7集 
12の性格的小品集/ピアノ・ソナタ 第3番

アルベニス(1860-1909)
ピアノ作品集 第7集
12の性格的小品集/ピアノ・ソナタ 第3番
[ミッラ]

ALBÉNIZ, I.: Piano Music, Vol. 7 (Milla) - 12 Piezas Características / Piano Sonata No. 3

NML NMLカタログ番号:8.573160

発売日:2015年03月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

大好評、アルベニス(1860-1909)のピアノ作品集の第7集は初期の2つの作品です。26歳に書かれたピアノ・ソナタ第3番は彼の親友マヌエル・グェルボスに捧げられたロマンティックな作品です。古典的な形式に則った上で自由な対位法を駆使したメロディが飛翔する第1楽章、物憂げな第2楽章、熱狂的で活発な動きを持つ第3楽章と、聴き映えのするソナタとなっています。

「12の性格的小品集」は有名な「朱色の塔」を含むサロン風の曲集です。どの曲も彼が教えていた子どもたちのために書かれたもので、演奏難易度はあまり高くないとされていますが、絶妙に味付けされた各々の作品の性格を丁寧に弾き分けるのは至難の業でしょう。第1曲目のガヴォットも、かわいらしい風情をしていますが、実際に演奏してみると内声の動きなどもあり結構難しいものです。随所に感じられるスペイン風味も存分に味わってみてください。

収録作曲家:

NAXOS 8.573161 CD ■交響曲/管弦楽曲

グリエール(1875-1956):
交響曲 第3番 ロ短調「イリヤ・ムーロメツ」

グリエール(1875-1956)
交響曲 第3番 ロ短調「イリヤ・ムーロメツ」
[バッファロー・フィル/ファレッタ]

GLIÈRE, R.: Symphony No. 3, "Il'ya Muromets" (Buffalo Philharmonic, Falletta)

NML NMLカタログ番号:8.573161

発売日:2014年03月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ロシア、キエフで生まれ、モスクワ音楽院でタネーエフ、アレンスキーらに作曲を学んだグリエール(1875-1956)。しかし実は彼の父はドイツ人で、母はポーランド人。祖先を辿ってもロシア人はいなかったようです。そんなグリエール、バレエ音楽「けしの花」や幾つかの協奏曲が知られていますが、この交響曲第3番は彼の最高傑作として讃えられる見事な作品です。

このイリヤ・ムーロメツとは中世ロシアの伝説上の英雄の名前。並外れた力持ちであったとされ、数多くのエピソードが伝えられています。グリエールはそんな英雄にまつわる4つのエピソードを選び出し、重厚な交響曲を描きだしました。ロシア国民主義と後期ロマン派の手法を結びつけた表現的で雄大な作品からは、例え、ムーロメツの個性を知らずとも、各々の聴き手の脳裡にその人物像が鮮明に浮かび上がるだけの表現力が溢れ出しています。ファレッタの指揮は、グリエールの完膚なきまでの構築性を存分に浮かび上がらせています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573166 CD ■室内楽

ピアソラ(1921-1992):
タンゴ・ヌエボ ~ ヴァイオリンとピアノのためのトランスクリプション集

ピアソラ(1921-1992)
タンゴ・ヌエボ ~ ヴァイオリンとピアノのためのトランスクリプション集
[コーティク/リン・タオ]

PIAZZOLLA, A.: Tango Nuevo (T. Cotik, Tao Lin)

NML NMLカタログ番号:8.573166 1)

発売日:2013年12月18日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ピアソラ(1921-1992)の音楽が爆発的に流行したのは1980年代に入ってからだったでしょうか? 以降、この情熱的な音楽は日常生活に入り込み、常にどこかから聞こえてくるほどのポピュラーなものになりました。クラシック、ジャズの影響を受けつつも独自の音楽を貫くピアソラ作品は、どのような楽器で演奏してもすんなりと溶け込み、美しい輝きを放ちます。そのメロディは物悲しくひたすら何かを訴えかけています。この演奏はヴァイオリンとピアノによるもので、ほとんどの曲はピアニストのコーティクが自ら編曲しています。現代的ですっきりとした味わいを持つピアソラ。ぜひお楽しみください。

収録作曲家:

NAXOS 8.573167 CD ■器楽曲(ピアノ)

デイル(1885-1943):
ロマンティック・ヴィオラ曲集

デイル(1885-1943)
ロマンティック・ヴィオラ曲集
[井上祐子/クームス]

DALE, B.: Viola Music (Complete) (The Romantic Viola) (Yuko Inoue, S. Coombs)

NML NMLカタログ番号:8.573167 1)

発売日:2013年09月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

イギリスの作曲家、教育者ベンジャミン・デイル(1885-1943)。早熟な天才であった彼は将来を嘱望されつつも、ドイツ滞在中に第1次世界大戦の戦渦に巻き込まれ、ベルリン近郊のルーレーベン捕虜収容所に抑留されてしまいます。終戦後は英国音楽学校連合委員会の審査員を務めながら美しい作品をいくつか書いています。彼が15歳の時に英国王立音楽院の作曲家に進みましたが、ここで知り合ったイギリスの最も偉大なヴィオラ奏者ライオネス・ターティスのために「ヴィオラとピアノのための組曲」を始めとしたいくつかの作品を書いたのでした。この曲は1906年にターティスとヨーク・ボウエンによって初演され、その後ロマンスと終曲は管弦楽化もされています。

またターティスの門弟のために書かれた「6台のヴィオラとピアノのための序奏とアンダンテ」と「幻想曲」が1911年に作曲されました。これらはデールとターティスの友情の証しとも言える美しい音楽です。このアルバムではヴィオラを演奏した井上さんによる解説(英文のみ)もブックレットに掲載されています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573168 CD ■室内楽

レスピーギ(1879-1936):
鳥/ボッティチェッリの三連画/組曲 ト長調

レスピーギ(1879-1936)
鳥/ボッティチェッリの三連画/組曲 ト長調
[ブラウン/ニューヨーク室内管/ディ・ヴィットリオ]

RESPIGHI, O.: Gli uccelli (The Birds) / Trittico botticelliano / Suite in G Major (K. Brown, Chamber Orchestra of New York, Di Vittorio)

NML NMLカタログ番号:8.573168 29)

発売日:2014年06月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

レスピーギ(1879-1936)の「鳥」は、17世紀に書かれた鳥にまつわるクラヴサン曲に、レスピーギがオーケストレーションを施し、前奏曲を付けて組曲としたものです。何といってもレスピーギは、17世紀音楽の熱心な研究者であり、この当時の音楽を校訂することに喜びを見出していたのですから、この「鳥」もその副産物として生まれたとみても間違いないでしょう。もちろんオーケストラの響きは極彩色ですが、音楽そのものはバロック時代のまま。この不思議な肌触りが却って興味深いところです。転じて「ボッティチェッリの三連画」は冒頭のトリルの豊かな響きや、彼の特徴的な旋律が横溢するもので、こちらはオリジナル度が高い音楽と言えそうです。「組曲 ト長調」は古典的な様式を保った作品ですが、通常聴かれるのは短縮版で、ここでの録音が指揮者ヴィットリオ自身が編纂した「オリジナル版」です。こちらもフレスコバルディのマドリガルなどからインスピレーションを得たと言われるメロディが弦とオルガンで壮麗に歌われる感動的な音楽です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573169 CD

フローラン・シュミット(1870-1958):
ヴァイオリンとピアノのための作品集 
ハベイッセー/4つの小品/夜の歌/
スケルツォ・ヴィフ/自由なソナタ

フローラン・シュミット(1870-1958)
ヴァイオリンとピアノのための作品集
ハベイッセー/4つの小品/夜の歌
スケルツォ・ヴィフ/自由なソナタ
[ハルスカ/シャイクアン]

SCHMITT, F.: Violin and Piano Works - Sonate libre / Habeysseé / 4 Pieces / Chant du soir / Scherzo vif (Halska, Chaiquin)

NML NMLカタログ番号:8.573169 2)

発売日:2015年06月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

以前は、なかなか音を聴くことができない作曲家であったフローラン・シュミット(1870-1958 それだけマイナーだった)ですが、最近、NAXOSを含めたいくつかのレーベルが競って彼の作品をリリースしたこともあり、ようやく少しずつ、その全貌が明らかになって来たように思います。19世紀から20世紀にかけてピアニスト、作曲家として活躍した彼ですが、前述の通り、まだまだ知られていない作品も多く、今回のヴァイオリン作品集も「知られざる音楽」の部類に入りそうです。

彼の室内楽作品は、どれもとても個人的なきっかけにより書かれており、多くが友人に献呈されています。Op.25の「4つの小品」はフォーレの繊細な雰囲気を内包した抒情的な「歌」と「夜想曲」で始まり、色とりどりの世界を駆け巡ります。Op.9のスケルツォはパリ音楽院の教授であり、コロンヌ管弦楽団のコンサート・マスターであったフィルマン・トウシュに捧げられています。また最後に置かれた「自由なソナタ」は彼の最も賞賛された作品の一つであり、第1次世界大戦を体験したばかりの重苦しい気分が反映されたエネルギーと想像力に満たされたものです。どれもシュミットの個人的な独白と、それを彩る音楽が結びついた充実の作品群です。

NAXOS 8.573170 CD

プーランク(1899-1963):
バレエ組曲集(ピアノ編曲版)
模範的な動物たち/
牝鹿/オーバード

プーランク(1899-1963)
バレエ組曲集(ピアノ編曲版)
模範的な動物たち
牝鹿/オーバード
[アルマンゴー]

POULENC, F.: Ballet Suites for Piano - Les animaux modèles / Les Biches / Aubade (Armengaud)

NML NMLカタログ番号:8.573170 2)

発売日:2014年10月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

軽妙洒脱、そして繊細でユーモラスなプーランク(1899-1963)の作品には汲めども尽きぬ魅力があります。そのメロディの歌わせ方、ハーモニー、リズムのどれもが、いかにもフランス風であり、決して革新的ではなかったにせよ、独自の世界を築き上げたことは間違いありません。

ここで聞く事のできるピアノ版のバレエ作品は、とても珍しいものですが、彼自身はバレエ作品を書くとき、他の作曲家のようにまず「ピアノ・スコア」を作成し、それを管弦楽版に仕立てることが多く(バレエのリハーサルのために)、これらもそんなスコアに基づいて演奏されています。パリ・オペラ座からの依頼で作曲された「模倣的な動物たち」。詩人ラ・フォンテーヌの「寓話」からテキストが取られたこの物語、ありがちなお話の中にピリリと教訓が込められた小気味のよいものなのですが、プーランクは音楽で更に創造的な世界を描きあげています。こちらのピアノ版は作曲家自身が同意した1951年のヨハンセンによるヴァージョンで演奏されています。

タイトルに「若い娘たち」の意味がある「牝鹿」も人気作品。バレエ曲でもあり、協奏曲でもある「オーバード」(夜明け)は、恋を禁じられた女神ディアーヌの失恋物語。彼の私生活の失意が反映されているとも言われています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573171 CD

ルーセル(1869-1937):
〈ピアノ作品集 第2集〉
交響的前奏曲「復活・時は過ぎてゆく」/
野趣/組曲 嬰へ短調 Op.14 他

ルーセル(1869-1937)
〈ピアノ作品集 第2集〉
交響的前奏曲「復活・時は過ぎてゆく」
野趣/組曲 嬰へ短調 Op.14
[アルマンゴー]

ROUSSEL, A.: Piano Works, Vol. 2 (Armengaud)

NML NMLカタログ番号:8.573171

発売日:2016年03月30日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

印象主義を経て新古典主義へと進んだフランスの重要な作曲家ルーセル(1869-1937)。もっぱら重厚な管弦楽作品集で知られていますが、彼のピアノ曲は独特な雰囲気と形容しがたい魅力に満ちたものなのです。

この第2集に収録されている作品もなかなか面白いものばかり。トルストイの同名の作品から着想を得た前奏曲「復活」は、まるで主人公の心の中の苦しみをそのまま描写したかのような深い音楽で、曲の最後になってようやく少しだけ光が差すような希望を見出すことができるというものです。

「野趣」はルーセルの自然への愛が反映された曲。きまぐれでしなやかな表情を持っています。「組曲」はバロック風な構成を持っていますが、こちらもやはり曲自体は晦渋。嵐で命を落とした船員の死を悼んで書かれた「前奏曲」の暗さ、もやもやした「シシリエンヌ」、少しだけ軽快な「ブーレ」と「ロンド」と、なかなか食えない作品です。学生時代の未発表作品「フーガ」と同じく若い頃の作品「時は過ぎてゆく」は幾分洗練された作品といえそうです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573172 CD ■器楽曲(チェロ)

期待の新進演奏家シリーズ/
セバスティアン・ユールト - チェロ・リサイタル
ヒンデミット(1895-1963):作品集

期待の新進演奏家シリーズ
セバスティアン・ユールト - チェロ・リサイタル
ヒンデミット(1895-1963):作品集
[ユールト/ウルタド]

Cello Recital: Hurtaud, Sébastien: HINDEMITH, P.

NML NMLカタログ番号:8.573172 1)

発売日:2014年01月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1979年パリで生まれ、国立コンセルヴァトワールを首席で卒業したチェリスト、セバスチャン・ユールト。彼は12歳の時にデビューし、ヨーロッパを始め、韓国やニュージーランドでリサイタルを行う新鋭です。2007年のアルド・パリゾ国際コンクール入賞を皮切りに、2008年ナウムブルク財団コンクール入賞、そして2009年にはアダム国際チェロ・コンクールに入賞しています。

このアルバムでは2013年に没後50年を迎えたヒンデミットの一連のチェロ作品を演奏。初期の「3つの小品」ではシューマンを思わせる抒情性を感じさせながらも、至るところに見え隠れする皮肉っぽさもきっちり押さえています。ユニークなタイトルで知られる変奏曲とチェロ・ソナタはまさにヒンデミット(1895-1963)らしさ爆発。強烈な音楽です。こんな変幻自在の音楽を見事に手中に収めたユールトの演奏には、感嘆させられるばかりです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573175 CD ■室内楽

モシェレス(1794-1870):
フルートとピアノのための作品集 
協奏的ソナタ/協奏的大ソナタ/
ディヴェルティメント

モシェレス(1794-1870)
フルートとピアノのための作品集
協奏的ソナタ/協奏的大ソナタ
ディヴェルティメント
[瀬尾和紀/上野真]

MOSCHELES, I.: Flute and Piano Music - Sonate Concertante / Flute Sonatas / Divertimento à la Savoyarde (Kazunori Seo, Makoto Ueno)

NML NMLカタログ番号:8.573175 1)

発売日:2014年12月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

チェコに生まれライプツィヒで没した作曲家、ピアニスト、イグナーツ・モシェレス。彼の名前は、現在では「ピアノの練習曲」やピアノ教本で良く知られていますが、19世紀当時は最も尊敬された音楽家であり、ベートーヴェンの伝統を受け継ぎ、ロマン派のメンデルスゾーン、シューマン、ショパン、リスト等全てと交流があり、彼らの大先輩的な存在だったのです。とりわけ、モシェレスの息子、フェリックスの名付け親でもあるメンデルスゾーンとは家族ぐるみでの付き合いがあったことでも知られています。

そんな彼の作品は、ピアノ曲はもちろんのこと、管弦楽作品や室内楽作品にも素晴らしいものがあり、このアルバムに収録されているフルート作品も、美しいメロディはもちろんのこと、驚くほどに見事な技巧が凝らされた活きの良いものばかりなのです。輝くばかりのフルートパートを支える入念なピアノ・パート。この2つが織り上げる極上の音楽は、単なる「古典派の一人の作曲家」の作品と片付けてしまうには、あまりにももったいないものです。

ここで演奏しているのは、日本が誇る2人の音楽家たち。フルートの瀬尾氏はフランスと日本で活躍する名手であり、ピアノの上野氏はリストをはじめとした超絶技巧ものから、フォルテ・ピアノでの繊細な演奏までなんでもござれの凄腕。まさに火花が飛ぶような熱い音楽が展開されています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573176 CD

ハウエルズ(1892-1983):
スターバト・マーテル/
シネ・ノミネ/テ・デウム

ハウエルズ(1892-1983)
スターバト・マーテル
シネ・ノミネ/テ・デウム
[バッハ合唱団/ボーンマス響/ヒル]

HOWELLS, H.: Stabat Mater / Te Deum (Collegium Regale) / Sine Nomine (The Bach Choir, Bournemouth Symphony, D. Hill)

NML NMLカタログ番号:8.573176

発売日:2014年10月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

古今東西の宗教作品の中でも、高い人気を誇るのがこの「スターバト・マーテル」です。日本語にすると「悲しみの聖母」であり、歌い出しのラテン語「Stabat mater dolorosa - 悲しみの母は立っていた」がそのままタイトルに使われています。数多くの作曲家たちがこのテキストに思い思いの曲をつけています。

イギリスの作曲家、ハウエルズの「スターバト・マーテル」はドヴォルザークの作品と同様に、彼自身の9歳の息子、マイケルの突然の死が作曲の動機となりましたが、ハウエルズ(1892-1983)は曲に個人的な悲しみだけを盛り込むのではなく、1962年のキューバ危機や翌年のケネディ大統領の暗殺などの、厳しい世界情勢を危惧し、やがては核戦争への恐怖までをも内包した途方もない悲しみが含まれています。そのため曲は不安定であり、本当に悲しみに満ちていますが、時として驚くばかりの美しい響きも見てとれます。聴き手の内面の平穏を試すかのような不思議な音楽です。

打って変わって輝かしさ際立つ「テ・デウム」では開放的な明るさを体感できます。ヴォカリーズのみ(歌詞は持たない)の声とオーケストラの響きが交錯する「シネ・ノミネ」も神秘的な美しさを持っています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573177 CD ■器楽曲(ハープシコード)

W.F.バッハ(1710-1784):
鍵盤音楽集 第5集

W.F.バッハ(1710-1784)
鍵盤音楽集 第5集
[ブラウン]

BACH, W.F.: Keyboard Works, Vol. 5 - Keyboard Sonatas, Fk. 6a, 7, 8, 200, 201 and 204 (J. Brown)

NML NMLカタログ番号:8.573177

発売日:2014年07月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

大バッハと最初の妻マリア・バルバラとの間の第二子、および長男として生まれたヴィルヘルム・フリーデマン(1710-1784)。彼へかかる期待の大きさは想像を絶するものであったようで、父バッハは自らの持つ技術の全てを彼に注ぎ込みました。その甲斐あってか、23歳の時にはドレスデンの聖ソフィア教会、そして1746年にはハレの貴婦人教会のオルガニストに就任します。彼は、もともと才能に恵まれていたことは確かですが、あまりにも溺愛され、また期待されすぎた反動か、独立心に欠け、猜疑心が強いなど人間的魅力が乏しく、最終的にはあまり恵まれた人生を送ることはできなかったと伝えられます。

そんなヴィルヘルム・フリーデマンの作品は、どれを聴いても、確かにこの時代の枠には入りきることのない、不思議な味わいをもっています。冒頭のソナタの第1楽章での自由な和声の進行は、まるでシューベルトを思わせるロマンティックなもの。明らかに時代を先取りしていますが、当時、これを受け入れるまでには時代は進歩していなかったと思われます。彼の作品は、その成立過程や成立年代がわかっていないものが多く(これも彼自身の怠惰な性格が災いしているのですが)実際に聞いてみて、初期の作品か後期の作品かを判断するほかなく歴史上の位置づけも困難だと言われています。しかし、ここに溢れる表現力豊かな音楽は、確かに天才の息遣いを感じさせるものばかりです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573178 CD ■器楽曲(ピアノ)

期待の新進演奏家シリーズ/
ソン・ユトン - 孫楡桐 ピアノ・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ
ソン・ユトン - 孫楡桐 ピアノ・リサイタル
[孫楡桐]

Piano Recital: Sun, Yutong - BEETHOVEN, L. van / LIEBERMANN, L. / GARCIA AGUILERA, J. de D. / MUSSORGSKY, M.P.

NML NMLカタログ番号:8.573178

発売日:2013年07月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

毎年、煌めく才能を輩出することで知られるスペインの「ハエン国際ピアノ・コンクール」。南スペインに春を告げるイベントとしても知られています。課題曲はバッハから現代曲までと幅広く、ここで入賞すればピアニストとしての出発への輝かしい足掛かりとなることは間違いありません。

このコンクールの2012年の優勝者が中国のピアニスト孫楡桐(ソン・ユトン)。もちろん技術的には文句なしの素晴らしさですが、何より彼の美点は「彼独自の歌心」と「独特のタッチ」でしょうか? リリカルなベートーヴェンの「告別」の第1楽章、ペダルを最小限に抑え、粒立ちの良い音で勝負する終楽章。と最初の曲から目を離すことができません。また、2曲の現代曲は思いの他親しみやすいものであり、そして圧巻はムソルグスキー! これはすごい! 将来がとても楽しみな人です。

NAXOS 8.573179 CD ■器楽曲(ギター)

期待の新進演奏家シリーズ/
ロヴシャン・マメドクリエフ 
ギター・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ
ロヴシャン・マメドクリエフ
ギター・リサイタル
[マメデュクリーヴ]

Guitar Recital: Mamedkuliev, Rovshan - ALBENIZ, I. / TURINA, J. / AMIROV, F. / LLOBET SOLES, M. / CASTELNUOVO-TEDESCO, M. / TARREGA, F.

NML NMLカタログ番号:8.573179

発売日:2013年06月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1986年、アゼルバイジャンで生まれたマメドクリエフは、2012年のGFA国際ギターコンクールで優勝したギタリストですが、すでにコンクール以前から世界中で高い知名度を誇っていたという実力派でもあります。このアルバムでは彼らしい曲が選ばれていて、ファリャやアルベニスといったお馴染みのイベリアの作品から、彼の同胞であるアミーロフの作品、そして現代曲(といってもアンドリュー・ヨークやブローウェル)など、まるで万華鏡のような楽しさを秘めたアルバムとなっています。才能ある人がひしめくギター界ですが、この人の演奏は一味違います。

NAXOS 8.57318 CD ■協奏曲

カゼッラ(1883-1947):
三重協奏曲 Op.56/
ゲディーニ(1892-1965):
アルバトロ協奏曲

カゼッラ(1883-1947)
三重協奏曲 Op.56
ゲディーニ(1892-1965)
アルバトロ協奏曲
[ギドーニ/ボスナ/ピエモンティ/イ・ポメリッジ・ムジカーリ/イオリオ]

CASELLA, A.: Triple Concerto / GHEDINI, G.F.: Concerto dell'albatro (Ghidoni, Bosna, Piemonti, I Pomeriggi Musicali, Iorio)

NML NMLカタログ番号:8.573180

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

19世紀末、相次いでイタリアに生まれた2人の作曲家カゼッラとゲディーニ。この2人が書いた2つの協奏曲を比較できるという興味深い1枚です。各々独特のキャラクターを持っているので、書かれた作品も違いがあり、なかなか聞きごたえがあるものです。その上、カゼッラもゲディーニもワグネリアンの両親を持ち、またチェロやピアノを弾きこなすという神童。楽器の特性を知り尽くしていることは間違いありません。この三重協奏曲はもともとベートーヴェンが開拓したジャンルであり、3台の楽器が美しく歌い交わすところに魅力があるものです。カセッラの協奏曲は初演時に大好評で、何度も再演されました。またゲディーニの作品はハーマン・メルヴィルの「白鯨」のテキストを用いたもので、南極の海やアホウドリ、波の動きを彷彿させる表現力豊かな音楽です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573183 CD

トゥリーナ(1882-1949):
ピアノ作品集 第10集 
アルモドバールの城/
サンルカルの街角/トッカータとフーガ/
パルティータ/前奏曲集/ロマンティックな小品

トゥリーナ(1882-1949)
ピアノ作品集 第10集
アルモドバールの城
サンルカルの街角/トッカータとフーガ
パルティータ/前奏曲集/ロマンティックな小品
[マソ]

TURINA, J.: Piano Music, Vol. 10 (Masó) - El castillo de Almodóvar / Rincones de Sanlúcar / Tocata y fuga / Partita / Preludios / Pieza romántica

NML NMLカタログ番号:8.573183

発売日:2015年02月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

トゥリーナ(1882-1949)のピアノ作品全集という偉業に挑む名ピアニスト、ホルディ・マソ。彼が解き解していくトゥリーナの世界の何とも魅力的なこと。自身も優れた作曲家であるマソは、これらの作品に内包されたピアニズムを様々な角度から検討し、最適な形で表現していくのです。躍動的な「トッカータとフーガ」はトゥリーナがキューバを旅行しながら着想を得た作品。タイトルでわかる通り、バッハへのオマージュでもあります。その1年後の「パルティータ」は彼の友人であるホセ・マリア・フランコに捧げられた作品で、ドビュッシー風のメロディやブラームスを思わせるメロディに彩られています。神秘的な「アルモドバールの城」は2年後にハープと管弦楽のための曲として再編されました。若い頃の旅の思い出が反映された「サンルカルの街角」、彼の作品には珍しく抽象的なタイトルが付けられた「前奏曲」と、宝石箱のような美しさと楽しさが詰まった1枚です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573184 CD ■吹奏楽

EARTHRISE - アースライズ

EARTHRISE - アースライズ [ミドルテネシー州立大学ウィンド・アンサンブル/トーマス]

Wind Band Music - CLARKE, N. / TURNBULL, K. / SANTANDREU, J. (Earthrise) (MTSU Wind Ensemble, Thomas)

NML NMLカタログ番号:8.573184 1)

発売日:2014年03月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

毎回、エキサイティングな作品が登場するNAXOSの吹奏楽シリーズ。今回は人気作曲家のナイジェル・クラーク、キット・ターンブル、ヘスス・サンタンドレウの3人のベテランの作品をお届けいたします。アルバム・タイトルの「アースライズ」。これは1968年12月24日、アポロ8号の宇宙飛行士ウィリアム・サンダースが撮影した地球の写真の名前であり、静かな月面と生命感溢れる藍色の地球の比類なき美しさは、「史上最も影響力のあった環境写真」と讃えられています。

この荘厳な雰囲気を見事に捉えたクラークの作品は、まるでロケットで月を周回しているかのような気分にさせてくれることでしょう。様々な要素が盛り込まれた「ヘリテージ組曲」は楽しく、「最高級の時間」は目覚まし時計のアラームで始まります。ターンブルの作品は西アフリカの部族の音楽に由来するもの。そして暴力的でもあるサンタンドレウの作品も極めて興味深いものです。

NAXOS 8.573186 CD ■交響曲/管弦楽曲

プロコフィエフ(1891-1953):
交響曲 第4番(1947年改訂版) 他

プロコフィエフ(1891-1953)
交響曲 第4番(1947年改訂版)
[サン・パウロ響/オールソップ]

PROKOFIEV, S.: Symphony No. 4 (revised 1947 version) / The Prodigal Son (São Paulo Symphony, Alsop)

NML NMLカタログ番号:8.573186

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ボストン交響楽団創立50周年記念の委嘱作品として1929年から1930年にかけて、プロコフィエフ(1891-1953)が作曲した交響曲第4番。初版には作品番号47が付けられている通り、同時期にディアギレフのために書かれたバレエ音楽「放蕩息子」の素材が転用されています。1931年にクーセヴィッツキーの指揮、同楽団によって初演されたものの、1947年に思い切って改訂を施し、当初25分程度だった曲は45分ほどの長さに引き延ばされ、オーケストレーションも拡大され、作品番号も新しく付番、全く違った音楽へと変貌したのです。ここでは、今最も輝いているオールソップが、交響曲と「放蕩息子」を指揮。この2つの作品の関連性を丁寧に紐解き、共通する荒々しさや軽妙さ、そして無意味とも思える盛り上がりを徹底的に追求していきます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573188 CD ■交響曲/管弦楽曲

ショスタコーヴィチ(1906-1975):
交響曲 第4番 ハ短調 Op.43

ショスタコーヴィチ(1906-1975)
交響曲 第4番 ハ短調 Op.43
[ロイヤル・リパプール・フィル/ペトレンコ]

SHOSTAKOVICH, D.: Symphonies, Vol. 9 - Symphony No. 4 (Royal Liverpool Philharmonic, Petrenko)

NML NMLカタログ番号:8.573188 3)

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

30歳目前のショスタコーヴィチ(1906-1975)が、その才能を結集して作り上げたこの第4番の交響曲。彼にしては珍しく構想から完成に至るまで8か月を要し、漸く初演が決まり最終リハーサルにこぎつけるも、様々な理由(マクベス夫人と「明るい小川」がプラウダで批判されたことが最大の理由と言われる)で初演を撤回。その後は1961年までお蔵入りになってしまったという問題作です。本人は失敗作と評していましたが、晩年になってそれを覆すような発言もあり、実際のところは、ショスタコーヴィチのお気に入りであったことは確かでしょう。

全曲は3楽章で構成されていますが、第1楽章だけで27分を超え、微かにカッコウの鳴き声らしきものが聞こえてきたりと、明らかにマーラーやブルックナーの影響もみられます。壮大で厳格なスケルツォ、様々なメロディのコラージュが現れる終楽章、と聴きどころ満載ですが、細部に捉われてしまうとこの作品の全容を知ることは不可能です。最近ますます注目されているペトレンコによる「全ての批判をはね返す」かのような強靭な演奏です。

収録作曲家:

NAXOS 8.57319 CD ■交響曲/管弦楽曲

ヴァインベルク(1919-1996):
交響曲 第18番「戦争、これより残酷な言葉はない」/
トランペット協奏曲

ヴァインベルク(1919-1996)
交響曲 第18番「戦争、これより残酷な言葉はない」
トランペット協奏曲
[バリオ/サンクトペテルブルク室内合唱団/サンクトペテルブルク響/ランデ]

WEINBERG, M.: Symphony No. 18 / Trumpet Concerto (Balio, St. Petersburg Chamber Choir, St. Petersburg State Symphony Orchestra, V. Lande)

NML NMLカタログ番号:8.573190

発売日:2014年06月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ヴァインベルク(1919-1996)の晩年の最も重要なプロジェクトの中に「第二次世界大戦を振り返る」というものがあります。これで生まれたのがは、交響曲第17番「記憶」と、この第18番、そして第19番「輝かしき五月」という3つの交響曲です。この第18番も、タイトル通りの反戦意識に彩られたもので、ソ連の詩人、セルゲイ・オルロフとアレクサンドル・トアルドフスキーの詩、そして民謡に由来するテキストが用いられた、声楽付きの一種のオラトリオとなっています。各々の詩は強い悲しみと怒りを孕み、全ての人に大いなる問題を突きつけます。ただ、いつものように、ここでも決してヴァインベルクは聴き手を冷たく突き放すことはなく、どこか希望が持てる音楽となっているところに救いがあるのかもしれません。トランペット協奏曲はもっと早い時期に書かれたもので、初演は名手ティモフェイ・ドクシチェルと、キリル・コンドラシンが指揮するモスクワ・フィルによって1968年1月6日に行われました。この当時心酔していたショスタコーヴィチの影響が強く感じられる冷笑やグロテスクなパッセージが至るところに散りばめられた興味深い作品で、ヴァインベルク入門としても、オススメできる逸品です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573191 CD ■室内楽

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958):
ピアノ五重奏曲/五重奏曲 ニ長調 /
イギリス民謡による6つの練習曲/
ヴィオラとピアノのためのロマンス

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)
ピアノ五重奏曲/五重奏曲 ニ長調
イギリス民謡による6つの練習曲
ヴィオラとピアノのためのロマンス
[ロンドン・ソロイスツ・アンサンブル]

VAUGHAN WILLIAMS, R.: Piano Quintet / Quintet in D Major / 6 Studies in English Folksong / Romance for Viola and Piano (London Soloists Ensemble)

NML NMLカタログ番号:8.573191

発売日:2014年06月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

9つの交響曲や、民謡を主題にした管弦楽曲、音による映像そのものの「揚げひばり(舞い上がるひばり)」など、牧歌的でのどかな作品が知られるイギリスの作曲家ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)。彼は室内楽や独奏曲においても、生涯を通じて素晴らしい作品を生み出し続けました。ピアノ五重奏曲はシューベルトの「鱒」と同じ楽器編成が用いられた作品で、第2楽章の優美な主題は、ブラームス作品を思わせる深さを持っています。また最終楽章は見事な変奏曲となっていて、この萌芽は50年後のヴァイオリン・ソナタで見事に花開くこととなります。ロマンスは、彼の死後に発見された曲で、作曲された日はわかりませんが、恐らく偉大なヴィオラ奏者ターティスのために書かれたと推測されます。流麗なクラリネット三重奏曲は、まだ若き作曲家の奔放な創作意欲が反映されたもの。「イギリス民謡による練習曲」は、研究者としても功績を遺した彼らしい作品で、親しみあるメロディが丁寧に形作られています。

NAXOS 8.573192 CD

クズミン(1872-1936):
神聖な歌 
「名誉あるベルリンガー協会」のための音楽/
「マスカレード」のための音楽/
「独逸男ヒンケマン」のための音楽

クズミン(1872-1936)
神聖な歌
「名誉あるベルリンガー協会」のための音楽
「マスカレード」のための音楽
「独逸男ヒンケマン」のための音楽
[シキルティル/カレリア国立響/セーロフ]

KUZMIN, M.A.: Sacred Songs / The Society of Honoured Bell Ringers / Masquerade (Shkirtil, Karelia State Symphony, Serov)

NML NMLカタログ番号:8.573192

発売日:2015年04月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ミハイル・アレクセーヴィチ・クズミン(1872-1936)は20世紀ロシアの偉大な「詩人」として認知されています。当時一世を風靡していた「象徴派」に対抗し、愛と欲望に溢れた妖艶な詩を発表し、物議を醸したのです。しかし、音楽的才能にも恵まれていて、ここで聴けるような劇のための音楽など、なかなか素晴らしい作品を書いていたのです。

クズミンはモスクワの北東、ヤロスラブリで生まれ、生後すぐにサラトフに家族とともに移住、そこで幼少期を過ごしました。この地域は平和で豊かな農村であり、ここでの生活の良い思い出は彼の創造に大きく影響を与えることとなります。彼は詩と音楽の融合について見事なバランス感覚を持っていたといい、自宅でしばしば親密な集まりを催しては、自身の伴奏で自作の歌を披露し、喝采を浴びたといいます。また当時のロシアとヨーロッパにおける「現代音楽」を普及させるために一連のコンサートを開催し、多くの賛同者を得たことでも知られています。

そんな彼の作品は、ムソルグスキーやチャイコフスキー、シューベルト、モーツァルトなどの影響が感じられるものが多く、時にはタンゴなどの最先端のリズムも含みながら、印象的な世界を形作っています。なかなか興味深い1枚です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573193 CD

リース(1784-1838):
ヴァイオリンとピアノのための3つのソナタ集

リース(1784-1838)
ヴァイオリンとピアノのための3つのソナタ集
[グロスマン/カガン]

RIES, F.: Violin Sonatas, Op. 8, Nos. 1-2 and Op. 19 (Grossman, S. Kagan)

NML NMLカタログ番号:8.573193 2)

発売日:2015年03月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSスタッフの丹念な布教活動(?)のおかげで、ようやくフェルディナント・リース(1784-1838)の名前がクラシック業界内に浸透してきた昨今ですが、まだまだ知られざる作品が山のようにあります。このヴァイオリン・ソナタもそんな曲。こんなにステキな作品がこれまで録音されなかったとは、なんという損失でしょう。

ご存知の通り、一時期ベートーヴェンに師事し、生涯を通じて親友であり、また伝記を執筆したリースですが、残した作品は膨大であり、またその作風はベートーヴェンと似ているようであり、実はかなり異質な雰囲気を備えたものなのです。彼は18曲のヴァイオリン・ソナタを描いていますが、これらのほとんどは1807年から1809年、パリに滞在した2年の間に書かれています。当時のフランス国民はオペラに取りつかれていて、これらの作品には全く関心を示すことがありませんでした。そこで彼はヨーロッパ・ツアーにソナタを携えていったのでした。モーツァルトを思わせるウィーン風の優雅なスタイルで書かれていますが、なかなかひっかけどころの多い興味深いソナタです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573194 CD

ヒンデミット(1895-1963):
オルガン・ソナタ 第1番-第3番/
11のインターリュード/
オルガンのための2つの小品

ヒンデミット(1895-1963)
オルガン・ソナタ 第1番-第3番
11のインターリュード
オルガンのための2つの小品
[シュトゥルム]

HINDEMITH, P.: Organ Sonatas Nos. 1-3 / Ludus tonalis: 11 Interludes / 2 Stücke für Orgel (Sturm)

NML NMLカタログ番号:8.573194

発売日:2014年09月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ヒンデミット(1895-1963)は優れたヴィオラ奏者でもあり、またほとんどの楽器を演奏したという才人でしたが、オルガン音楽については専門家ではありませんでした。しかしこの3つのソナタは、オルガニストたちのレパートリーとして現在でも大切にされています。バロック以前の時代から、オルガンという楽器は「神の声」を現すものとして、神聖化される傾向にありましたが、ヒンデミットはそんな楽器の側面に配慮することはなく、他の楽器のように、極めて実用的に鳴らすことを考えます。

彼のオルガン・ソナタには馴染みのあるコラールのメロディはどこにも使われていません。そのためバッハやレーガーの作品は純粋な教会音楽として堪能できますが、ヒンデミットの作品はあくまでもコンサート用であり、楽器の響きや性能をそのまま楽しみたい現代の人にはぴったりなのです。「11のインターリュード」は彼がピアノのために書いた小品集。彼の理論をそのまま音にしたような多彩な表現力を必要とするもので、これをオルガンで演奏するというのは、色々な意味で面白いものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573195 CD ■オペラ

マイアベーア(1791-1864):
フランス・オペラからの序曲と間奏曲集

マイアベーア(1791-1864)
フランス・オペラからの序曲と間奏曲集
[ニュージーランド響/ダレル・アン]

MEYERBEER, G.: Overtures and Entr'actes from the French Operas (New Zealand Symphony, Darrell Ang)

NML NMLカタログ番号:8.573195 24)

発売日:2014年06月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

バレエ音楽集(8.573076)で、その華麗な世界の一部を見せてくれたマイヤベーア(1791-1864)。彼はベルリンで生まれるも、主に活躍したのはパリであり、ロッシーニに代表されるイタリア歌劇の様式と、モーツァルトやウェーバーが確立したドイツ歌劇の様式を融合させたものを、パリへ持ち込み、豪華絢爛なグランドオペラを作り上げた人物として尊敬されたのでした。そんなマイアベーア、実は歌劇の作曲能力よりも、その重厚な管弦楽法の扱いの方が高く評価されたようで、彼が紡ぎ出したオーケストラの色彩的な響きは、当時まだ若かったワーグナーさえをも魅了したといわれています。このアルバムでは、そんな彼の歌劇における「歌のない部分」がたっぷり収録されています。確かに、歌がなくても存分に楽しめるものばかり。交響曲や協奏曲を書いても人気を博しただろうな。と想像してしまいます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573196 CD

DE PROFUNDIS - 深き淵より

DE PROFUNDIS - 深き淵より [ヴァサーリ・シンガーズ]

Choral Concert: Vasari Singers - PIZZETTI, I. / MALIPIERO, G.F. / ALLEGRI, G. / MACMILLAN, J. / PUCCINI, G. (De Profundis, Miserere, Requiem)

NML NMLカタログ番号:8.573196 1)

発売日:2014年12月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

DE PROFUNDISとは聖書の詩篇第130番(129番)の言葉で、日本語では「深き淵より」と訳されています。絶望の底に沈んだ人々が神に向かって、自らの願いを聞き入れてもらおうと願う祈りの言葉は、多くの作曲家にインスピレーションを与え、様々な曲が付けられることになったのです。このアルバムでは2人のイタリアの近代作曲家ピツェッツィとマリピエロの「深き淵より」を収録。無伴奏合唱で清楚に歌われるピツェッツィの作品と、対照的にヴィオラ、オルガン、バス・ドラムとバリトンという編成で歌われるマリピエロの作品の聴き比べは何とも興味深いものです。

そして有名なアレグリの「ミゼレーレ」。詩篇第51番の言葉を元に書かれたこの究極のハーモニーは、あのモーツァルトが一度聞いただけで採譜してしまったという門外不出の名作です。そしておよそ350年の時を経て書かれた次の「ミゼレーレ」はイギリスの作曲家、ジェームズ・マクミランの作品で、こちらは神秘的な響きに包まれた現代の「憐れみたまえ」です。

続く2つの「レクイエム」はプッチーニとピツェッツィの作品。珍しいプッチーニの「レクイエム」はヴェルディの没後4周年である1905年の記念式典のために書かれたもので、短いながらも成熟した作風を持つ、プッチーニの心からの追悼の音楽です。ピツェッツイのレクイエムは、彼の妻マリアの追悼のために作曲されたもの。グレゴリオ聖歌のメロディをはじめとした様々な旋律を用いた無伴奏合唱で歌われる作品です。サンクトゥスで少しだけ明るさを見せますが、その他は終始静かな悲しみを湛えています。

NAXOS 8.573197 CD ■交響曲/管弦楽曲

フィビヒ(1850-1900):
管弦楽作品集 第3集(交響詩集)
「オテロ」/「ザーボイ、スラヴォイとルジェク」/
「トマンと森の精」/「嵐」/「春」

フィビヒ(1850-1900)
管弦楽作品集 第3集(交響詩集)
「オテロ」/「ザーボイ、スラヴォイとルジェク」
「トマンと森の精」/「嵐」/「春」
[チェコ・ナショナル響/シュティレツ]

FIBICH, Z.: Orchestral Works, Vol. 3 - Symphonic Poems: Othello / Záboj, Slavoj and Luděk / Toman and the Woodsprite (Czech National Symphony, Štilec)

NML NMLカタログ番号:8.573197

発売日:2014年08月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1850年にチェコで生まれたズデニェク・フィビヒ(1850-1900 フィビフとも)。林業関係者であった父の仕事の関係もあり、幼い頃から様々な樹木に囲まれて育った彼の心の中には、いつも深く美しい森があったことは間違いありません。この管弦楽作品集の第3集は5つの交響詩が収録されています。数多くの作品を書いたフィビヒでしたが、交響詩は彼の活動のほぼ全ての時期に渡って作曲されていて、フィビヒがこの分野の作品をどれほど愛していたかがわかるというものです。

「オテロ」は言うまでもなくシェークスピアの戯曲に触発された作品で、オテロ、デスデモナとイアーゴの絡み合った運命を強調した迫力ある作品です。トランペットによる鋭いファンファーレは登場人物の悲劇を象徴し、フルートとハープは甘美な表情を映し出します。「ザーボイ、スラヴォイとルジェク」の豊かな物語は後にスメタナに影響を与え、このメロディは「わが祖国」の第1曲目にも引用されたほどです。ロマンティックで、超自然的な憧れの物語を描いた「トマンと森の精」はドヴォルザークを思わせます。見事な音による絵画である「嵐」と「春」も素晴らしく、これらがチェコの国民楽派の作曲家たちに大きな影響を与えたことは疑う余地もありません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573198 CD ■オペラ

ボディ(1944-):
パララン - 愛と戦争の歌 他

ボディ(1944-)
パララン - 愛と戦争の歌
[ニュージーランド響/K. ヤング]

BODY, J.: Palaran: Songs of Love and War / Meditations on Michelangelo / Poems of Solitary Delights (New Zealand Symphony, K. Young)

NML NMLカタログ番号:8.573198

発売日:2014年04月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ジャック・ボディ(1944)は現代ニュージーランドに於ける有数の作曲家の一人として高く評価されています。彼の作品は時事問題を扱ったものが多く、ここに収録されている歌劇「アレイ」も、ニュージーランドに実在した社会活動家レウィ・アレイの生涯を描いたものです。彼は劣悪な環境で働いていた中国の労働者の姿を見たことにより、それを改善すべく、体を張って生きてきた年老いたアレイが、自分の若い頃を思い起こして歌うアリアは、中国風の響きを纏いながら感動的に響きます。

カンボジア虐殺からインスパイアされた「私の名前はモック・ボン」、ジャワのガムラン音楽から派生した「バララン」。日本の女性ヴァイオリニストに捧げられた「瞑想曲」そして日本の歌人、橘曙覧の「たのしみは」で始まる歌集「獨樂吟」を元にした「Poems of solitary delights」。どれも異国情緒溢れる神秘的で美しい作品です。

収録作曲家:

NAXOS 8.5732 CD ■協奏曲

ルーシェ(1934-):
ヴァイオリン協奏曲 第1番&第2番/
パレデフスキー(1860-1941):
ヴァイオリン・ソナタ

ルーシェ(1934-)
ヴァイオリン協奏曲 第1番&第2番
パレデフスキー(1860-1941)
ヴァイオリン・ソナタ
[コステツキ/イヴィツキ/ハウアー]

LOUSSIER, J.: Violin Concertos Nos. 1 and 2 / PADEREWSKI, I.J.: Violin Sonata (Kostecki, Iwicki, Hauer, Polish Philharmonic Chamber Orchestra)

NML NMLカタログ番号:8.573200 9)

発売日:2014年08月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

あのJ.S.バッハ作品をジャズ風に演奏することで知られるフランスの作曲家ジャック・ルーシェ。彼の革新的な演奏と創造は多くの人に衝撃を与え、またたくさんの継承者を生み出しました。このアルバムは、そんなルーシェのオリジナルである“珍しい”2曲の「ヴァイオリン協奏曲」が収録されています。どちらも雄弁な表現力を持ち、驚くほどパワフルなパーカッションが大活躍します。

第1番の協奏曲は、楽章ごとにタイトルが付けられ、強く、時には物憂げなメロディが紡がれていきます。ジャズ風のメロディがあるかと思えば、タンゴもあり。終楽章の「東京」は、少し異国風な雰囲気もありますが、基本的にリズミカルで好戦的。パワフルな都市の姿が描かれています。第2番は2006年のメニューイン音楽祭の委嘱作品であり、インド音楽と即興性の融合が図られた音楽。途中には聴く者全てを唖然とさせるようなカデンツァが挿入され、喧騒のフィナーレを迎えます。アルバムの最後に「唐突に」置かれたパデレフスキーのソナタ。こちらはピアニストとして活躍しながらも政治の世界にも進出した作曲家パデレフスキの初期の作品で、ほとんどピアノのために作品を書いていたパデレフスキーの“珍しい”ヴァイオリンのためのソナタです。ポーランド生まれの名ヴァイオリニスト、コステツキのノリノリの演奏です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573204 CD

ランシーノ(1954-):
ヴァイオリン協奏曲/
前奏曲とウェルギリウスの死

ランシーノ(1954-)
ヴァイオリン協奏曲
前奏曲とウェルギリウスの死
[ファウスト/モンティ/ルクセンブルク・フィル/フランス国立管/タマヨ/シュワルツ]

LANCINO, T.: Violin Concerto / Prelude and Death of Virgil (Faust, Monti, Luxembourg Philharmonic, Orchestre National de France, Tamayo, Schwarz)

NML NMLカタログ番号:8.573204 1)

発売日:2014年10月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

あの衝撃的すぎるレクイエム(8.572771)で、その特異な作風を知らしめたフランスの作曲家ランシーノ(ランチーノ 1954-)。今回は名手イザベル・ファウストをソリストに迎えた「ヴァイオリン協奏曲」と、ローマの高名な詩人ウェルギリウスをテーマにした2つの作品を収録しました。巨大な機械に見立てたオーケストラと、小さな木の作品(ヴァイオリン)が対峙することで生まれる様々な事象を抽象的に描くために、技術と想像力を駆使したという不思議なヴァイオリン協奏曲は、そのまま初演者であるイザベル・ファウストに捧げられています。

もうひとつの作品は、ローマの詩人ウェルギリウスが死を迎えた時の物語を描いたもの。この詩人には多くのエピソードがあり、生まれた物語も多々あります。ランシーノは彼のエピソードをオペラ化しようと試みましたが、結局それは成就することはありませんでした。しかしこのアルバムの4曲の他、様々な管弦楽曲や声楽曲が生まれることになったというのです。この4曲からなるエピソードは激しく音がぶつかり合う前奏曲で始まり、星の煌きにも似た間奏曲、そして声楽を伴う「ウェルギリウスの死」が続き、最後は嘆くを鎮めるような後奏曲で幕を閉じます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573205 CD ■協奏曲

グラス(1937-):
協奏的幻想曲/
フェイルーズ(1985-):
交響曲 第4番

グラス(1937-)
協奏的幻想曲
フェイルーズ(1985-)
交響曲 第4番
[カンザス大学ウィンド・アンサンブル/ポピエル]

GLASS, P.: Concerto Fantasy for 2 Timpanists and Orchestra (arr. M. Lortz) / FAIROUZ, M.: Symphony No. 4 (University of Kansas Wind Ensemble, Popiel)

NML NMLカタログ番号:8.573205 1)

発売日:2013年12月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

今更説明の必要もない偉大なる作曲家、フィリップ・グラス。彼の作品は「ミニマル」という名のもとに一括りにされがちですが、1980年代以降は単なる“繰り返し”ではなく、もっと多様なアイデアと技法が用いられた複雑なものとなっていることは間違いありません。この「協奏幻想曲」は2000年に作曲され、その4年後に改編されたものです。グラス特有の音で満たされた第1楽章、緻密な第2楽章のあとに、即興的で長大なカデンツァが続きます。そして第3楽章はルンバのリズムにも似た複雑でリズミカルな音楽となります。

フェイルーズは若きアラブ系の作曲家。こちらの作品はタイトルが示す通り「9.11事件」を題材にしたもので、もともとは同じタイトルを持つスピーゲルマンのコミックからヒントを得たと言います。辛辣な描写を持ちながらも、人々の悲しみにそっと寄り添う優しさも持ち合わせています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573206 CD ■吹奏楽

ヴァンデルロースト(1956-):
シンフォニア・ハンガリカ/
いにしえの時から

ヴァンデルロースト(1956-)
シンフォニア・ハンガリカ
いにしえの時から
[フィルハーモニック・ウインズ大阪/ヴァンデルロースト]

VAN DER ROOST, J.: Sinfonia Hungarica / From Ancient Times (Philharmonic Winds OSAKAN, Van der Roost)

NML NMLカタログ番号:8.573206 62)

発売日:2014年02月19日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1999年、自主運営の吹奏楽団として結成、2006年正式に日本初のNPO法人のプロフェッショナル吹奏楽団として発足した「フィルハーモニック・ウィンズ大阪=オオサカン」。結成以来、吹奏楽の新たな可能性を追求し、レパートリーの拡充を図ってきた彼らたちの意気盛んな演奏をお届けいたします。

このアルバムには、現在、首席客演指揮者を務めているオランダの作曲家&指揮者ヤン・ヴァンデルローストによる2つの作品を収録。15世紀から16世紀の芸術家たちへのオマージュである「いにしえの時から」と、ヴァンデルロースト(1956-)初のシンフォニーである「シンフォニカ・ハンガリカ」。どちらも演奏は至難を極めるものの、決まった時の清々しさと「やったぜ」感は言葉に尽くせないほどの名作です。ドラマティックでエキサイティング! ぜひお楽しみください!

収録作曲家:

NAXOS 8.573207 CD

B.チャイコフスキー(1925-1996):
ピアノ五重奏曲/
戦争組曲

B.チャイコフスキー(1925-1996)
ピアノ五重奏曲
戦争組曲
[ソロヴィエヴァ/アニシモフ/ペチュー=コラン/ヴァンブラ四重奏団]

TCHAIKOVSKY, B.: Piano Quintet / The War Suite (Solovieva, Anisimov, Petcu-Colan, Vanbrugh Quartet)

NML NMLカタログ番号:8.573207

発売日:2014年10月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

延々とピアノのユニゾンが奏され、そこに激しく切り込むヴァイオリンの不協和音。この刺激的な冒頭部分だけで耳を惹きつけられるピアノ五重奏曲。これを作曲したボリス・チャイコフスキー(1925-1996)は「ショスタコーヴィチの次の世代」における最も独創的な作曲家として高く評価されています。

1962年に書かれた「ピアノ五重奏曲」は前述の第1楽章に続く、リズミカルで旋律的な第2楽章と、変奏曲形式の第3楽章、そして表情豊かな最終楽章と、整ったフォルムを持つ作品であり、彼の最高傑作とみなされるものでもあります。

「戦争組曲」は1964年に製作されたユリ・フェイト監督による映画「前線を守りながら」のための音楽ですが、映画公開後にこのスコアは行方不明になってしまいます。しかしボリス・チャイコフスキー協会が原稿を探索し、サンクトペテルブルクで発見、その後編集され、この形に落ち着きました。戦いに赴く若き将校ルサノフと、彼を待つ恋人カティア。友人とともに危険な任務を終え帰還したルサノフの目の前で流れ弾に当たって命を落とすカティア…最後のシーンで悲嘆に暮れ、家の外に立つルサノフ。こんなストーリーが悲しいワルツを伴いながら展開していきます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573218 CD

ショスタコーヴィチ(1906-1975):
交響曲 第13番「バビ・ヤール」Op.113

ショスタコーヴィチ(1906-1975)
交響曲 第13番「バビ・ヤール」Op.113
[ヴィノグラードフ/ロイヤル・リパプール・フィル/ペトレンコ]

SHOSTAKOVICH, D.: Symphonies, Vol. 11 - Symphony No. 13, "Babi Yar" (Vinogradov, Royal Liverpool Philharmonic, Petrenko)

NML NMLカタログ番号:8.573218

発売日:2014年11月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ヴァシリー・ペトレンコによるショスタコーヴィチ(1906-1975)の交響曲ツィクルスも、ついにこの第13番で完結となります。第8番以降、自身の交響曲に様々なメッセージを忍ばせていったショスタコーヴィチですが、この第13番にはあからさまな政府批判があり、リハーサルの時から様々な問題が勃発、あまりにも直截的だった歌詞は、初演後に一時変更を余儀なくされるなど、多いなる物議を醸し出した作品としても知られています。

この曲を作曲する動機となったのは、1961年の9月に新聞に発表された詩人エフゲニー・エフトゥシェンコの詩「バビ・ヤール」で、これはユダヤ人迫害に対するソ連の無関心を告発したものであり、これを読んだショスタコーヴィチの親友、イサーク・グリークマンがいたく感動し、ショスタコーヴィチに紹介したというものです。当時のソビエト連邦の公式見解では「ソ連には人種問題などない」ということになっていたあたりへの、明らかな皮肉でもありました。

第1楽章がそのバビ・ヤールで、これはキエフにある峡谷の名前で、1941年にこの地に連行された3万7771人のユダヤ人が虐殺された場所であり、確かにそのような歴史はソ連としても闇に葬りたいことであったのは想像に難くありません。最初は1楽章の交響詩として構想されていたこの曲、結局はエフトゥシェンコの詩集「手の一握り」から3編と書き下ろしの詩「恐怖」を用い、5楽章の交響曲として完成を見たのでした。無論完成してからの騒動や、曲の受容など、まだまだ色々な出来事がついて回るこの作品ですが、とりあえずは、全てのしがらみを振り切ったようなペトレンコの演奏で先入観を全てすててお楽しみください。

収録作曲家:

NAXOS 8.573222 CD

D.スカルラッティ(1685-1757):
鍵盤のためのソナタ全集 第15集

D.スカルラッティ(1685-1757)
鍵盤のためのソナタ全集 第15集
[ウェイス]

SCARLATTI, D.: Keyboard Sonatas (Complete), Vol. 15 (Weiss)

NML NMLカタログ番号:8.573222

発売日:2014年11月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

イタリアのナポリで生まれ、スペインのマドリードで亡くなった作曲家ドメニコ・スカルラッティ(1685-1757)。彼の555曲ある「ソナタ」は、実際には彼が仕えたスペインの王女マリア・マグダレーナ・バルバラのための練習曲で、ほとんどの曲は1楽章のみの短いものですが、その独創性と、当時としては極めて斬新な技巧を用いていたことなどもあって、ソナタと呼ばれています。

もちろん当時はまだ現在のようなグランド・ピアノは存在していなかったので、これらの曲をピアノで演奏するには、また違ったアプローチも必要になってきます。NAXOSでは、これらのソナタの録音にあたり、アルバム毎にピアニストを変えるという趣向を取っていて、ここではアメリカの名ピアニスト、オリオン・ウェイスを起用し、これらのソナタに新鮮な風を送り込むことに成功しました。時には軽快に、時にはロマンティックに・・・18世紀の端正な音楽が、21世紀の今に生き生きと動き始めます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573223 CD ■室内楽

フォーレ(1845-1924):
ピアノ四重奏曲 第2番/
ピアノ三重奏曲 ニ短調 Op.120<br>(クラリネット、チェロとピアノ編) 他

フォーレ(1845-1924)
ピアノ四重奏曲 第2番
ピアノ三重奏曲 ニ短調 Op.120
(クラリネット、チェロとピアノ編)
[クングスバッカ・ピアノ三重奏団/デュ-クス/ホスフォード]

FAURÉ, G.: Piano Quartet No. 2 / Piano Trio (version for clarinet trio) / 3 Romances sans paroles (Kungsbacka Piano Trio, P. Dukes, R. Hosford)

NML NMLカタログ番号:8.573223

発売日:2014年08月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

フォーレ(1845-1924)の音楽と言うと、あの美しいレクイエムを思い起こす人も多いのではないでしょうか? あくまでも清らかであり、一切の夾雑物を削ぎ落としたかのような柔和な優しさに溢れた響きは、永遠の名曲と呼ばれるにふさわしいものです。

そんなフォーレは室内楽の分野にも数多くの名作を残しています。このピアノ四重奏曲第2番は1885年頃から1886年、レクイエムと同時期に書かれたものと推測されています。レクイエムの作曲への直接の動機は彼の父の死と言われていますが(フォーレ自身は否定している)この作品全体にも仄かな悲しさが漂っています。第1楽章、冒頭の激しく打ち付けるピアノの音は、まるで雨粒のような切なさを呼び起こします。

クングスバッハ・ピアノ三重奏団によるこの演奏、カップリングされている他の曲も魅力的。元々はピアノ独奏曲である“ドリー”の子守歌、続く「3つの無言歌」のしっとりとした編曲版と、後期の作品であるピアノ三重奏曲のヴァイオリン・パートをクラリネットに置き換えた印象的な編曲。これは他では聴くことのできないユニークなものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573224 CD ■器楽曲(ピアノ)

バルトーク(1881-1945):
ピアノ作品集 第7集 ~
14のバガテル/
9つのピアノ小品

バルトーク(1881-1945)
ピアノ作品集 第7集
14のバガテル
9つのピアノ小品
[ヤンドー]

BARTÓK, B.: Piano Music, Vol. 7 (Jandó) - 14 Bagatelles / 9 Little Piano Pieces

NML NMLカタログ番号:8.573224

発売日:2014年05月30日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1907年、ブダペスト音楽院のピアノ教授となり、生活は安定していた27歳のバルトーク(1881-1945)ですが、親しくしていたヴァイオリニスト、シュテフィ・ゲイエルとの恋愛が失敗に終わり、彼の心の中は悲しみと不安が渦巻いていました。そんな時に書かれたこのバガテル(ちょっとした小品の意味)は、彼の気晴らしであるとともに、とても実験的な要素を備えたもので、新しい語法の模索も感じられる意欲的なものとなりました。これを聴いたフェルッチョ・ブゾーニが「最後の本当に新しい何かがある」とこの曲を大絶賛し、バルトークは作曲家としての足掛かりをつかむことが出来たと言います。対する「9つのピアノ小品」は1926年の作品で、バルトーク後期の特徴を備えた簡潔かつ独特の和声が感じられる興味深い音楽です。バルトークのスペシャリストとして知られるヤンドーの納得の演奏でお楽しみください。

収録作曲家:

NAXOS 8.573225 CD ■器楽曲(ギター)

期待の新進演奏家シリーズ/
朴 葵姫(パク・キュヒ) ~ ギター・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ
朴 葵姫(パク・キュヒ) ~ ギター・リサイタル
[朴葵姫]

Guitar Recital: Park, Kyuhee - SCARLATTI, D. / DIABELLI, A. / BERKELEY, L. / MALATS, J. / BARRIOS MANGORÉ, A. / LÓPEZ LÓPEZ, J.M.

NML NMLカタログ番号:8.573225 302)

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

すでに日本では人気者!朴葵姫のリサイタル・アルバムがNAXOSから登場です。韓国仁川生まれの彼女は、3歳の時に横浜でギターを始め、様々なコンクールで入賞を飾り、最近では何枚かのアルバムをリリースして絶大なる人気を獲得しています。彼女は2010年のアグスティン・バリオス国際ギターコンクールと、2012年のアルハンブラ国際ギターコンクールという2つの大きなコンクールを制覇。その快挙を記念してのアルバムリリースです。スカルラッティのソナタは彼女自身の編曲によるもので、鍵盤曲をギター独奏へと編曲する際の困難さは微塵も感じさせない流麗な音楽が楽しめます。

あまり聴く機会のないディアペッリのソナタ、近代作曲家のバークリーの作品も、申し分ない演奏であり、これらの作品の美点を余すことなく伝えています。アンコール曲としておなじみのマラツのセレナーデでの胸苦しいまでの切ない響き、ロペス=ロペスでの超絶技巧も聴きもの。圧巻は、バリオスの「森に夢見る」で、曲の中間部では彼女の特筆とも言える美し過ぎるトレモロが存分に胸にしみ込むこと間違いありません!

NAXOS 8.573226 CD ■器楽曲(ギター)

期待の新進演奏家シリーズ/
ラサール・シェルアーナ ギター・リサイタル

期待の新進演奏家シリーズ
ラサール・シェルアーナ ギター・リサイタル
[シェルアーナ]

Guitar Recital: Cherouana, Lazhar - RAMEAU, J.-P. / REGONDI, G. / LEGNANI, L. / ASENCIO, V. / MANJON, A.J. / BOGDANOVIC, D.

NML NMLカタログ番号:8.573226 2)

発売日:2013年09月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

2012年の第45回ミケーレ・ピッタルーガ国際ギターコンクールの優勝者ラサール・シェルアーナのNAXOSデビュー・アルバムです。彼は1988年にフランスのヴィエンヌに生まれ、6歳からギターを学び、リヨンの国立コンセルヴァトワールでペルーの名奏者ヘセス・カストロ=バルビに教えを受けます。やがてマドリット王立コンセルヴァトワールに進み、ミゲル・トラパーガに師事。最優秀の成績で卒業し、現在はザルツブルク・モーツァルテウムでマルコ・タマヨの元で学んでいます。数多くのコンクールを制覇しながら、室内楽と古楽の勉強を続けている彼の演奏は、瑞々しい音色と確かな技巧、そして溢れる歌心に満ちています。このアルバムではラモーの作品で見事な編曲の腕前も披露しています。

NAXOS 8.573227 CD ■声楽曲 ■合唱曲

ウォーロック(1894-1930):
合唱作品集

ウォーロック(1894-1930)
合唱作品集
[カリス・シンガーズ/パリス]

WARLOCK, P.: Choral Music (The Carice Singers, Parris)

NML NMLカタログ番号:8.573227

発売日:2014年08月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

「ウォーロック=魔法使い」。この作曲家の本名はフィリップ・アーノルド・ヘゼルタイン(1894-1930)。これでわかるとおり、ウォーロックはいわゆるペンネームになります。彼はロンドンに生まれ、主に古典文学を学んだ人です。作曲はほとんど独学であり、自身が好きだったディーリアスやクィルター、ディーレンの作品を研究し、音楽語法を手に入れたといいます。また、彼は幼い頃父を亡くしましたが、母が再婚したためモンゴメリーシャーに移り住んだことで、ウェールズ語を学び、それがきっかけとなりケルト語の知識が増えたといい、これらはいくつかの作品「コーンウォールのクリスマス・キャロル」などに生かされました。

そんな彼のこの合唱作品は、英国音楽の系譜にしっかりと根ざしたものであり、美しい歌詞とそれにマッチした旋律は、素朴でありながらも聴き手の心を揺さぶる大いなる力を有しています。36歳という短い生涯、そしてその早すぎる晩年には創作能力もほとんど衰えてしまったと言われるウォーロックですが、その瞬間の煌きはまさに魔法と言えるものです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573228 CD

グレインジャー(1882-1961):
サクソフォン作品集

グレインジャー(1882-1961)
サクソフォン作品集
[グリッグス]

GRAINGER, P.: Saxophone Music (Griggs)

NML NMLカタログ番号:8.573228

発売日:2016年01月27日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1904年頃、友人とともに初めてサクソフォン(サックス)の音色を聴いたグレインジャー(1882-1961)は、その時の感想を友人に書き送っています。「その音色はまるで声のようだ。私はすぐに、世界で最も素晴らしい管楽器であることを知った」グレインジャーは当時あまり馴染みのなかったこの魅力的な楽器のために、バッハやジェンキンスなどのバロック時代の音楽や、ノルウェイ民謡などのいくつかの作品を編曲することで、楽器の特性と音色を広めることに尽力しました。サクソフォンをふんだんに用いたこれらの編曲は、楽器の上品な音色を生かしつつ、ポリフォニックで精緻なもの。

このアルバムでは、奏者グリッグスが自ら編集を行い、更に整理された音楽として演奏しています。自作のオーケストラ作品のなかでもしばしばサクソフォンを用いたグレインジャーの「サックス愛」が炸裂した1枚です。

NAXOS 8.573229 CD

バツェヴィチ(1909-1969):
弦楽のための交響曲/
弦楽オーケストラのための協奏曲/
ピアノ五重奏曲 第1番

バツェヴィチ(1909-1969)
弦楽のための交響曲
弦楽オーケストラのための協奏曲
ピアノ五重奏曲 第1番
[クピーク/カペラ・ビドゴスティエンシス/スモリー]

BACEWICZ, G.: Symphony for Strings / Concerto for Strings (Kupiec, Capella Bydgostiensis, Smolij)

NML NMLカタログ番号:8.573229

発売日:2014年12月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ポーランドの女性作曲家において、最初に国際的に認知されたのがこのグラジナ・バツェヴィチ(1909-1969)です。父からヴァイオリンとピアノを学び、1928年にワルシャワ音楽院に入学、1932年に卒業してすぐにヴァイオリニスト、作曲家として活動を始め、奨学金を得ながらパリに留学、エコール・ノルマル音楽院でナディア・ブーランジェの薫陶を受けます。ヴァイオリニストとしてはカール・フレッシュに師事、演奏家としても作曲家としてもその才能に磨きをかけました。

そんな彼女の作品にはヴァイオリンをメインにしたものが多いのですが、この戦後に書かれた「弦楽のための協奏曲」はバロック時代の様式を模したスタイルで書かれた闊達な音と大胆な動きを持つ作品で、なぜか聴き手の闘争本能を掻き立てるような不思議な魅力を放っています。その2年前に書かれた「弦楽のための交響曲」も活力と欲求が漲るギラギラとした光に溢れたもの。一度聴いたら底なし沼に沈むかのように抜け出せない音楽です。スモリー自身が室内管弦楽用に編曲した「ピアノ五重奏曲 第1番」は彼女の作品の中でも、最も人気の高いものの一つですが、原曲の持つ力強さと荒々しさが一層強調されたこの編曲ヴァージョンは、一層の歯ごたえを感じさせるものです。ポーランドの名手クピークのピアノも聴き所です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573230 CD

ドヴィエンヌ(1759-1803):
フルート協奏曲集 第1集 
第1番-第4番

ドヴィエンヌ(1759-1803)
フルート協奏曲集 第1集
第1番-第4番
[ガロワ/スウェーデン室内管]

DEVIENNE, F.: Flute Concertos, Vol. 1 - Nos. 1-4 (P. Gallois, Swedish Chamber Orchestra)

NML NMLカタログ番号:8.573230

発売日:2014年12月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

18世紀末、フランスで活躍した作曲家フランソワ・ドヴィエンヌ(1759-1803)。彼の作品はほとんどが管楽器のためのもので、その中にフルート協奏曲は13曲ほど存在します。もともとはバスーン奏者で20歳の時にパリ・オペラ座管弦楽団のバスーン奏者として入団した後にフルートを始めたといいますが、その3年後にはパリのコンセール・スピリテュエルで自作のフルート協奏曲を演奏してデビューしたという才能! 作品の中には交響曲はありませんが、オペラは12曲あり、これは当時かなりの人気を誇ったと言います。彼は指導者としても素晴らしく、1795年に創立された(もともと存在した音楽学校が改組された)パリ音楽院の学校管理者およびフルートの教授に任命されたのです。

彼のフルート協奏曲はほとんどが3楽章構成となっていて(例外もあり)急-緩-急の整った形を持っています。この第1集には第1番から第4番を収録、名手パトリック・ガロワの安定した演奏でこれらの才気煥発な作品を存分に楽しむことができます。本当に爽やかなパリの風をどうぞ。

収録作曲家:

NAXOS 8.573234 CD ■交響曲/管弦楽曲

ラフマニノフ(1873-1943):
交響曲 第1番&死の島

ラフマニノフ(1873-1943)
交響曲 第1番&死の島
[デトロイト響/スラットキン]

RACHMANINOV, S.: Isle of the Dead (The) / Symphony No. 1 (Detroit Symphony, Slatkin)

NML NMLカタログ番号:8.573234

発売日:2013年10月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

1897年のペテルブルク。ラフマニノフ(1873-1943)の交響曲第1番が初演された時、会場は騒然となり罵詈雑言が飛び交ったとか。無論、初演を担当したグラズノフの曲に対する無理解が引き金となったものの、キュイを始めとした有識者たちにはこの作品の真価を理解することができず、自信を喪失したラフマニノフはこの楽譜を出版禁止にするだけでなく、気持ちもすっかり落ち込んでしまい、1901年の「ピアノ協奏曲第2番」までは作曲への意欲さえをも失うほどだったのです。

実際の交響曲は、彼が生涯に渡って固執していた「怒りの日」のモティーフが効果的に使われ、また見事な対位法が駆使された野心的な作品であり、なぜそこまで酷評されたのかはわかりませんが、まあ、ここで大成功を収めてしまったとしたら、交響曲第2番やピアノ協奏曲第2番が生まれなかったかもしれないことを考えると、時には「若き挫折」というものも必要なのかもしれません。「死の島」は1909年の作品。ベックリンの「死の島」(これを元にしたクリンガーの銅版画)からインスパイアされた曲で、こちらにもたっぷりと「怒りの日」のメロディが引用されています。スラットキンとデトロイト交響楽団は、これらの曲を完璧に聴かせます。

収録作曲家:

NAXOS 8.573235 CD

リスト(1811-1886):
ピアノ曲全集 第40集 
マイアベーアの歌劇からのトランスクリプション集

リスト(1811-1886)
ピアノ曲全集 第40集
マイアベーアの歌劇からのトランスクリプション集
[ガッロ]

LISZT, F.: Transcriptions from Operas by Meyerbeer (Liszt Complete Piano Music, Vol. 40) (Gallo)

NML NMLカタログ番号:8.573235

発売日:2015年08月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

現在では、マイアベーアの作品はほとんど忘れられてしまい、たまに上演されると言うだけで話題になったりするのですが、リストが生きていた時代には、マイアベーア(1791-1864)は人気者であり、その作品も熱狂的に迎えられていました。もちろん一部の有識者たちはマイアベーアの作品の凋落を予言していたという説もありますが・・・。

さて、そんなマイアベーアの作品の中の名旋律をリスト(1811-1886)がピアノ用に編曲したのが、このアルバムに収録されている一連の曲です。とは言え、歌劇「予言者」は比較的良く知られており、「スケートをする人々」はフレデリック・アシュトンによるバレエでもお馴染みだったり、「戴冠式行進曲」も耳にする機会が多い曲と言えるでしょう。もちろんピアノで聴くと、違った印象になるかも知れません。ショパンが強い感銘を受けたと言われる「悪魔ロベール」、そして、こちらも全曲を聴く機会がほとんどない「アフリカの女」の3つの作品、このアルバムを聴いたら、やっぱり全曲を聴いてみたくなりますね。

素晴らしい演奏をしているスタインウェイ認定ピアニスト、ガッロはロマン派を得意とする人で、このリストでも卓越した技巧を披露しています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573236 CD

マイール(1763-1845):
カンタータ・オペラ「パルテノペの夢」(1817)

マイール(1763-1845)
カンタータ・オペラ「パルテノペの夢」(1817)
[ミュンヘン州立歌劇場合唱団/ジモン・マイール合唱団&アンサンブル/ハウク]

MAYR, J.S.: Sogno di Partenope (Il) [Cantata Opera] (Munich State Opera Chorus, Simon Mayr Choir and Ensemble, Hauk)

NML NMLカタログ番号:8.573236

発売日:2015年01月28日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

最近、復興の兆し著しい作曲家ジーモン・マイール(1763-1845)。オーバーバイエルンのメンドルフに生まれ、インゴルシュタット大学で神学を学んだ後、イタリアに留学し、カルロ・レンツイやフェルデイナンド・ベルトーニに師事。1802年からはベルガモに移り、レンツィの後継者としてベルガモ大聖堂の終身教会楽長に就任し、この地の音楽界の中心人物となり、ベートーヴェンの作品を紹介したことでも知られています。

彼は70作ほどのオペラを作曲しましたが、いくつかの作品が最近になってようやく上演されるようになってきました。彼の作品のほとんどは、当時、高貴な身分の人の誕生日などを祝うために、彼らを神話の登場人物に置き換えて、そのエピソードに基づいて曲を書き、これを上演するという「特定の行事」のためだけに書かれ、それは一度演奏されたら、もう忘れられてしまうという「使い捨て」のような音楽だったのです。

この「パルテノペの夢」も、通常カンタータのジャンルに分類されており、人のためではなく、1816年2月に火災で焼失したナポリのサンカルロ劇場の再建のために書かれた曲です。しかし存分にドラマティックであり、当時の他のオペラと比べても全く遜色のない素晴らしい出来栄えです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573237 CD

マイール(1763-1845):
オラトリオ「ラバンからのヤコブの逃亡」

マイール(1763-1845)
オラトリオ「ラバンからのヤコブの逃亡」
[ジモン・マイール合唱団/ハウク]

MAYR, J.S.: Iacob a Labano fugiens [Oratorio] (Simon Mayr Choir and Ensemble, Hauk)

NML NMLカタログ番号:8.573237

発売日:2015年03月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSが精力的にリリースを続けているジモン・マイール(1763-1845)の新作は、1791年にヴェネツィアで初演されたオラトリオ「ラバンからのヤコブの逃亡」です。この作品は旧約聖書のエピソードを元にして書かれています。ヤコブはヘブライ人の族長であり、現代のユダヤ人は全て彼の子孫とされています。ラバンは彼の母リベカの兄弟であり、ヤコブが双子の兄弟エサウと長子の権利を巡って争った際に、ラバンの元に身を寄せました。しかし、ラバンはヤコブを自分の美しい娘ラケルと結婚させると称して、7年間の労働を要求し、7年後にその条件を満たした時には、ラケルではなくもう一人の醜い娘レアと結婚させたのです。それに抗議したヤコブに言い渡した条件は「もう7年間働いたらラケルと結婚させる」という無茶なものでした。その上、ヤコブが帰郷したいと申し出た際も、それをうまく利用して家畜を増やすなど、もうヤコブとしては耐え切れず、果ては家族を連れてラバンの元から逃亡を図るのです。最終的にはラバンとヤコブは和解したというこの物語を、マイールは羊飼いという新しい人物を加えてオラトリオに仕上げました。

演奏はいつものジモン・マイール合唱団とアンサンブル。そしてマイールにかけては右に出る者のないハウクが丁寧にまとめています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573239J CD ■交響曲/管弦楽曲

細川俊夫(1955-):
管弦楽作品集 第1集 ~
開花の時/月夜の蓮/チャント

細川俊夫(1955-)
管弦楽作品集 第1集
開花の時/月夜の蓮/チャント
[ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/メルクル]

HOSOKAWA, Toshio: Orchestral Works, Vol. 1 - Horn Concerto / Lotus under the Moonlight / Chant (Royal Scottish National Orchestra, Märkl)

NML NMLカタログ番号:8.573239 9)

発売日:2014年03月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

現代における「日本人作曲家」の中で、最も世界中から注目を浴びている細川俊夫(1955-)。彼の新作は発表されるやいなや、その総譜は日本ショット社から出版され世界中へと広まっていくことでも知られています。最近の作品はどれも「自然と人間」との関わりをモティーフとしており、とりわけ「花」の存在は忘れてはならないものでしょう。作曲家による解説(日本語)付きです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573241 CD ■交響曲/管弦楽曲

ブロッホ(1880-1959):
交響曲 嬰ハ短調/
海の詩

ブロッホ(1880-1959)
交響曲 嬰ハ短調
海の詩
[ロンドン響/アトラス]

BLOCH, E.: Symphony in C-Sharp Minor / Poems of the Sea (London Symphony, Atlas)

NML NMLカタログ番号:8.573241

発売日:2013年08月21日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

スイス出身のユダヤ人作曲家ブロッホ(1880-1959)と言えば「バール・シェム」や「ヘブライ組曲」などの民族色の濃い作品ばかりが思い起こされますが、このアルバムの2つの作品は、どちらかというとドイツ後期ロマン派、ブルックナー、マーラー、R.シュトラウスの伝統を汲むものです。それもそのはず、交響曲 嬰ハ短調は彼がドイツに留学していた20歳のころに書かれたもので、天才的な才能の萌芽と、後の深淵な思想が混在する力作であることは間違いありません。あのロマン・ロランが大絶賛したという素晴らしい作品です。

もう1曲の「海の詩」はもともとピアノのために書かれた作品で、あのウォルト・ホイットマンの詩に触発されたものです。通常、ピアノのために書かれた版が演奏されますが、この作曲家自身による管弦楽版も、ドビュッシーの「海」と肩を並べる名作と言えるでしょう。刻々と表情を変える波、瞑想と静けさ、七色に光る水面…海からは驚くほど多くの表現が生まれます。イスラエル生まれの女性指揮者アトラスは、ブロッホのスコアを完全に再現し、その隠された魅力を顕わにします。

収録作曲家:

NAXOS 8.573243 CD

ヴィラ=ロボス(1887-1959):
交響曲 第10番「アメリンディア」

ヴィラ=ロボス(1887-1959)
交響曲 第10番「アメリンディア」
[ネイバ/ジャバン/サンパウロ交響合唱団&交響楽団/カラブチェフスキー]

VILLA-LOBOS, H.: Symphony No. 10, "Ameríndia" (Neiva, Javan, São Paulo Symphony Orchestra and Chorus, Karabtchevsky)

NML NMLカタログ番号:8.573243

発売日:2014年12月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

最近、人気沸騰中の作曲家ヴィラ=ロボス(1887-1959)は、ブラジル音楽文化の発展のために大変な力を尽くしました。この交響曲第10番「アメリンディア」はサンパウロ創立400周年の記念行事のために1954年に作曲された、壮大なカンタータです。曲はしばしば暴力的なリズムと野性的な響き、そして時には繊細さを持つ、ブラジルのセンチメンタリズムを想起させるもので、色彩的で派手な様相を備えています。

ヴィラ=ロボスの交響曲は、第9番までは基本的にオーソドックスなもので、珍しい楽器を使ったり、型破りなことなどはせず、彼の作品の中では「おとなしいもの」として捉えられており、演奏される機会もあまりありません。しかしこの第10番は例外的な仕事であり、この作風の多様性と折衷主義はとてもユニークなものとして聴き手の目に映ることでしょう。この楽譜のスコアには2つの副題が付けられており…「アメリンディア」と「Sume, Father of Fathers(神話の登場人物)」…ベートーヴェンの第9のようではなく、マーラーの第8番、もしくはヤナーチェクのグラゴルミサのようなものと説明されています。様々な事象が内包された素晴らしいこの作品。ぜひ味わってみてください。

収録作曲家:

NAXOS 8.573247 CD

メシアン(1908-1992):
ミのための詩/
ヴォカリーズ・エチュード/天と地の歌

メシアン(1908-1992)
ミのための詩
ヴォカリーズ・エチュード/天と地の歌
[ブルーン/ヒルディグ]

MESSIAEN, O.: Poèmes pour Mi / Vocalise-Étude / Chants de Terre et de Ciel (Bruun, Hyldig)

NML NMLカタログ番号:8.573247

発売日:2015年10月28日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

メシアン(1908-1992)の1936年から1938年に書かれた一連の歌曲集(ハラウィを除く)は、彼における作曲家活動の初期の作品にもかかわらず、その音楽が目指すものは顕著であり、彼の特徴とも言える「音と色彩の関係」や、官能性がはっきりと現れています。

「ミのための詩」は当時の彼の妻クレール・デルボス(1959年に死去)の愛称であった「ミ」に捧げられた歌曲集であり、夫婦愛の歓びと結婚の秘蹟を歌ったもので、この一音ごとに移り変わる色彩的な響きは、メシアンが愛したステンドグラスの光をそのまま写し取ったものでもあります。「ヴォカリーズ・エチュード」はタイトル通り歌詞を持たない小さな曲。パリ国立高等音楽院の声楽曲の練習曲として書かれたものですが、こんな短い曲の中にも(ドビュッシー風でもある)やはりメシアンらしい音の絵が描かれているのには感嘆するのみです。「天と地の歌」は妻への愛だけでなくわが子への愛、そして「死と復活」までもが高らかに歌われるというもの。「ミのための詩」からたった2年でここまで神秘性が増すとは・・・と驚いてしまいます。ブルーン・ヒルディグ・デュオによる美しい演奏で。

収録作曲家:

NAXOS 8.573248 CD

ベック(1734-1809):
交響曲集 
Op.4-1.2.3/Op.3-6

ベック(1734-1809)
交響曲集
Op.4-1.2.3/Op.3-6
[パルドゥビツェ・チェコ室内フィル/シュティレツ]

BECK, F.I.: Symphonies, Op. 4, Nos. 1-3 and Op. 3, No. 6 (Czech Chamber Philharmonic, Pardubice, Štilec)

NML NMLカタログ番号:8.573248 30)

発売日:2014年11月26日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

マンハイム楽派の中心人物とみなされたヨハン・シュターミッツ。彼の最も有能な弟子がこのベック(1734-1809)でした。彼が多くの交響曲(シンフォニア)を作曲した1750年代以前は、まだこの形式が正式には定まっておらず、最初はイタリア式序曲「急-緩-急」の楽章がそれぞれ独立し、それをシュターミッツやカンナビヒが受け継ぎ発展させ、エマヌエル・バッハがメヌエットの楽章を付け加えて「交響曲」とし、古典派へ繋いでいったとされています。

シュターミッツの交響曲は、フランスで大いなる人気を博したとされており、その弟子であったベックも師に倣い、この形式の作品を書いたのでしょう。彼の交響曲は、当時としてはかなり独創的な音楽で、驚くほど劇的な表情と大胆な和声を持っていて、また当時のマンハイム楽派の作曲家たちが好んだ3楽章形式ではなく、メヌエットを含んだ4楽章形式を好んでいたことも特筆すべき点かもしれません。メヌエットを含むことで曲全体が長くなるため、メリハリをつけるために曲内の反復をなるべく減らしたことも、全曲の推進力をアップさせることに役立っているようです。こんなベックの交響曲、ハイドンやモーツァルトとはまた違った味わいがあり、一度聞くと手放せなくなる魅力に満ちています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573249 CD

ベック(1734-1809):
交響曲集 Op.4 第4番-第6番・Op.3 第5番

ベック(1734-1809)
交響曲集 Op.4 第4番-第6番・Op.3 第5番
[パルドゥビツェ・チェコ室内フィル/シュティレツ]

BECK, F.I.: Symphonies, Op. 4, Nos. 4-6 and Op. 3, No. 5 (Czech Chamber Philharmonic, Pardubice, Štilec)

NML NMLカタログ番号:8.573249

発売日:2015年01月28日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

大好評、マンハイム楽派のヨハン・シュターミッツの弟子であったフランツ・イグナーツ・ベック(1734-1809)の交響曲集です。NAXOSでは彼の作品を集中的にリリースすることで、ハイドンともモーツァルトとも違うベック作品の魅力を強くアピールしてきました。劇的なコントラスト、快活な木管楽器の動き、そして愉悦感溢れるメロディ、これは確かに得がたいものと言えそうです。

このOp.4を中心とした交響曲群は、チェコのオケと指揮者シュティレツの演奏ですが、他はニュージーランド室内管であったり、トロント響であったりと、オーケストラによるアプローチの違いも楽しむことができるという優れもの。これが気に入ったらぜひ他のアルバムも。

収録作曲家:

NAXOS 8.573250 CD

そして、橋は愛である ~ 
イギリスの弦楽合奏作品集

そして、橋は愛である
イギリスの弦楽合奏作品集
[イギリス室内管/ロイド・ウェバー]

String Music (English) - ELGAR, E. / LLOYD WEBBER, W. / GOODALL, H / DELIUS, F. (And the Bridge is Love) (English Chamber Orchestra, J. Lloyd Webber)

NML NMLカタログ番号:8.573250 4)

発売日:2015年04月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

各々の作品は結構知られているのだけど、まとめて聴く機会はあまりないという「イギリスの弦楽合奏」の名曲集です。中心に置かれているのはエルガーの作品であり、優れたヴァイオリニストでもあった彼の面目躍如といった流麗で美しい曲を聴くことができます。彼の最も重要な作品の一つである「弦楽のためのセレナード」と「序奏とアレグロ」での力強い響きはまさにこの時代のイギリス音楽を象徴したものと言ってもよいのではないでしょうか?

また、エルガーのこれらの作品を呼び水とする後の一連の作品も、まさにイギリス音楽の伝統を形作るものです。アルバムタイトルになっているグッドールの「And the Bridge is Love」は日本では「サン・ルイス・レイ橋」として知られているソーントン・ワイルダーの小説から取られたもの。ペルーで一番美しい橋が、ある日5人の通行人を巻き込み突然崩れてしまうという理不尽な物語ですが、「5人の思い出は忘れられることもなく、彼らが亡くなった土地である橋に残っている。だから橋は愛である。」と小説の結末で語られる言葉です。

グッドールはこの作品を2007年に亡くなった彼の友人の娘のチェリスト、ハンナ・リャンの思い出のために書き、2008年に初演しました。この時にチェロを担当したのがジュリアン・ロイド・ウェバーで、彼はこの作品に込められた意味に深く共感し、暖かく美しい演奏で聴き手の心を包み込むのです。

NAXOS 8.573251 CD ■器楽曲(チェロ)

2台のチェロの物語(2台チェロのための作品集)

2台のチェロの物語(2台チェロのための作品集) [ジュリアン&ジアシン・ロイド・ウェバー/レナハン]

Cello Duet Arrangements (A Tale of Two Cellos) (Julian and Jiaxin Lloyd Webber, Lenehan)

NML NMLカタログ番号:8.573251

発売日:2013年11月20日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

編曲の世界に魅せられた作曲家は、いつの時代にも数多く存在します。それは憧れの存在を身近に引き寄せるようなものなのでしょうか? 名チェリスト、ジュリアン・ロイド・ウェバーもそんな一人で、彼は古今東西の声楽曲をチェロのために編曲し、声楽作品と器楽作品を自由に行き来して、これらの曲の魅力を存分に伝えることに力を尽くしています。このアルバムでは、モンテヴェルディからペルトまで時代を超えた「二重唱」の名作を2台のチェロ用にアレンジ。ジュリアンと彼の妻ジアシンが2人で寄り添いながら、哀愁に満ちた調べをゆったりと奏でます。

NAXOS 8.573254 CD

ツェルニー(1791-1857):
ベル・カント・コンチェルタンテ 
ピアノと管弦楽のための技巧的変奏曲集

ツェルニー(1791-1857)
ベル・カント・コンチェルタンテ
ピアノと管弦楽のための技巧的変奏曲集
[タック/イギリス室内管/ボニング]

CZERNY, C.: Bel Canto Concertante - Virtuoso Variations for Piano and Orchestra (R. Tuck, English Chamber Orchestra, Bonynge)

NML NMLカタログ番号:8.573254

発売日:2015年04月22日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

NAXOSで強く推している作曲家の一人がこのカール・ツェルニー(1791-1857)です。彼は音楽家一家に生まれ、幼い頃から才能を現しました。彼の演奏を聴いたベートーヴェンが即座に弟子としたエピソードが広く知られています。確かに現在ではツェルニーは「練習曲(あの退屈極まりない指の運動!)」の作曲家としてのイメージが流布していますが、それだけ素晴らしい技術を持ったピアニストであったことは間違いありません。

このアルバムに収録されているのは、当時流行していたオペラのメロディを主題にした一連の変奏曲で、この様式は18世紀から19世紀にかけて盛んに用いられたものです。作曲家の個性や能力が問われるジャンルであり、どれほどピアノの技術が卓越しているかのリトマス試験紙のようなものでもあります。有名なのはリストの一連の作品ですが、チェルニーの曲は徒に華美になることなく、品良く纏められている印象があります。

ツェルニーの作品がなぜあまり知られていないか? それはあまりにも曲が多すぎて整理できていないこと。今後研究が進み、この孤高の作曲家の全貌が明かされる日も近いことでしょう。ツェルニーのファンになるなら今がチャンスです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573255 CD

モレノ・トローバ(1891-1982):
ギター協奏曲集 第1集 
フラメンコ協奏曲/ギターと管弦楽のための対話/
ラ・マンチャの歌/カスティーリャ組曲

モレノ・トローバ(1891-1982)
ギター協奏曲集 第1集
フラメンコ協奏曲/ギターと管弦楽のための対話
ラ・マンチャの歌/カスティーリャ組曲
[ペペ・ロメロ/コベス/マラガ・フィル/コベス]

MORENO TORROBA, F.: Guitar Concertos, Vol. 1 - Concierto en flamenco / Diálogos (Pepe Romero, V. Coves, Málaga Philharmonic, M. Coves)

NML NMLカタログ番号:8.573255

発売日:2015年02月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

最近、優れたギタリストの妙技によって、このスペインの作曲家モレノ・トローバ(1891-1982)の名前も広く知られるようになりましたが、まだまだ未知の部分が多く、このアルバムに収録されている「フラメンコ協奏曲」などは、なぜ今までこんなにステキな作品が録音されていなかったのだろう? と首をひねってしまう人も多いのではないでしょうか。それほどまでに、この曲素晴らしいのです。もちろん、ここで完璧なギターを奏でているのは名手ペペ・ロメロ。まさに神がかり的な演奏が繰り広げられています。

指揮者としても高い才能を持っていたモレノ・トローバはオーケストラの扱いも巧みであり「ギターと管弦楽のための対話」ではハープやチェレスタを用いた、星のきらめきのような響きも追求されています。こちらでギターを演奏しているのは1982年生まれの若手ビンセント・コベス。指揮者のマニュエル・コベスは彼の兄弟です。

収録作曲家:

NAXOS 8.573256 CD

グラツィアーニ(1604-1674):
オラトリオ「アダエ(アダム)」/
「放蕩息子」他

グラツィアーニ(1604-1674)
オラトリオ「アダエ(アダム)
「放蕩息子」
[コンソルティウム・カリッシミ/コモー]

GRATIANI, B.: Adae / Filli Prodigi / 5 Motets (Consortium Carissimi, Comeaux)

NML NMLカタログ番号:8.573256

発売日:2015年12月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

17世紀頃、ローマ・カトリックの教会では毎週新しい典礼音楽が演奏されていました。いくつかの声部と楽器を伴う曲は、複雑な書法で書かれ、演奏もかなり困難なものであったことは間違いありません。そのため、これらを演奏するための練習用として小規模なモテットが多く書かれたのです。

グラツィアーニ(1604-1674)はミラノで生まれた作曲家で、1646年にイエズス会の母体ジェス教会の関連教会セミナリオ・ロマーノの楽長に就任、オルガンを弾きながら合唱団を指揮、多くの作品を書き残しました。彼の作品は、同時期に活躍したカリッシミのものと似ていますが、それはグラツィアーニが5歳のときに、カリッシミの住むマリーノに移住したことも影響しているかもしれません(2000人ほどの小さな町の同年代の音楽を志す少年たちは、恐らくお互いに影響しあったことでしょう)。

このアルバムでは、前述のような小さなモテットと、これまで存在が確認されていなかった2つのオラトリオを聴くことができます。コンソルティウム・カリッシミによる、この「隠れたバロック作曲家」の演奏は、この時代の音楽を愛する人にとってまたとない贈り物になることは間違いありません。

収録作曲家:

NAXOS 8.573257 CD

グラツィアーニ(1604/5-1664):
カンタータ集 宗教的な音楽と道徳的な音楽 Op.25

グラツィアーニ(1604/5-1664)
カンタータ集 宗教的な音楽と道徳的な音楽 Op.25
[コンソルティウム・カリッシミ/コモー]

GRATIANI, B.: Cantatas (Consortium Carissimi, Comeaux)

NML NMLカタログ番号:8.573257

発売日:2016年03月30日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

同じくグラツィアーニのオラトリオ「アダエ」(8.573256)で見事な演奏を聞かせたコンソルティウム・カリッシミ。今回もグラツィアーニのカンタータ集をお届けいたします。ミラノ生まれのグラツィアーニは1646年にイエズス会の母体ジェス教会の関連教会セミナリオ・ロマーノの楽長に就任し、多くの作品を残しました。

彼は数多くのカンタータを書いていますが、まだまだその生涯や作品の研究は成し遂げられてはいません。この曲集は彼の死後、兄弟によって1678年に出版され、ローマの図書館に保存されていたものです。クリスマスのための音楽から哲学的な言葉まで、様々なテキストが含まれていて、当時のローマで好まれていた音楽を伺い知ることができる貴重なものです。生き生きとした歌からは、当時の人々の宗教心や生活をうかがい知ることができそうです。

収録作曲家:

NAXOS 8.573258 CD

カリッシミ(1605-1674):
8つのモテット集

カリッシミ(1605-1674)
8つのモテット集
[コンソルティウム・カリッシミ/コモー]

CARISSIMI, G.: Motets - Audivi vocem / Christus factus est / Usquequo peccatores (Consortium Carissimi, Comeaux)

NML NMLカタログ番号:8.573258

発売日:2017年02月24日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

イタリア・バロック時代の作曲家カリッシミはオラトリオの形式を確立した業績で知られています。しかしより小さな形であるモテットでも、声の魅力が存分に発揮された美しく精緻な作品を数多く書き、これらはモンテヴェルディに比肩する重要な作品として認知されています。とは言え、彼の楽譜のほとんどは戦争によって失われてしまった上(写筆譜のみ残存)公演の記録も残っていないため、これらの作品が実際にどのような状況で演奏されたのかはわかっておらず、いくつかの断片的な資料に基づいて研究が進んでいるところです。しかし、声と楽器が織り成す立体的な響きは、聴き手の耳を喜ばせるに充分の味わいを持っています。

コンソルティウム・カリッシミは1996年、ローマで設立されたアンサンブル。作曲当時の様式を大切にし、当時用いられていたであろうピッチ(このアルバムでは415Hz)を採用するなど、演奏法に徹底した拘りを持っています。設立当初のヴォーカル・メンバーは男声のみで構成されていましたが、現在ではソプラノに女声を加え、より多彩な響きを追求しています。

収録作曲家:

NAXOS 8.573259 CD

吹奏楽のためのイタリア・オペラ編曲集

吹奏楽のためのイタリア・オペラ編曲集 [ヨーロピアン・ウィンド・ソロイスツ/リティス]

Wind Ensemble Transcriptions - ROSSINI, G. / VERDI, G. (Italian Opera Transcribed for Wind Ensemble) (European Wind Soloists, de Ritis)

NML NMLカタログ番号:8.573259 4)

発売日:2015年09月23日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

「トランスクリプション」=現在では記譜法とされますが、以前はある作品を異なる楽器で演奏できるように編曲する行為そのものを指すことが多かったのです。14世紀頃から頻繁に行われてきたトランスクリプションは、家庭でも音楽を楽しむようになった19世紀に更に盛んに行われるようになります。フランツ・リストが行った「オーケストラ曲=ピアノ曲」は良く知られていますが、同じ時期にはオペラの名旋律を楽器で演奏することも盛んであり、素晴らしい歌を聴いた感動をいち早く自分のものにしたいというアマチュア奏者たちの要望に応え、多くの「オペラの主題」を用いた変奏曲や幻想曲が作曲されたことも忘れてはなりません。

このアルバムには、そんな19世紀の良き時代を彷彿させる楽しい作品が収録されています。編曲を施したのは、1966年生まれのミケーレ・マンガーニ。どの曲も、最初からこの形態で書かれていたかのように、ぴったりとはまっています。またトラック6は彼のオリジナル。次々と繰り出される名旋律に存分に浸ってください。

NAXOS 8.573260 CD

ミサ・コンチェプティオ・トゥーア ~ 
待降節のための中世とルネッサンスの音楽

ミサ・コンチェプティオ・トゥーア
待降節のための中世とルネッサンスの音楽
[シカゴ・スコラ・アンテクァ/アンダーソン]

MISSA CONCEPTIO TUA - Medieval and Renaissance Music for Advent (Schola Antiqua of Chicago, M.A. Anderson)

NML NMLカタログ番号:8.573260 1)

発売日:2014年11月26日

セール特価!:800円(税込、送料別)

購入する

「クリスマス=キリストの降誕を記念する日」だったはずが、いつの間にかケーキを食べて、プレゼントを交換して盛り上がる日になってしまいました。そろそろ本来の意味合いに戻して…(あっ、やっぱりケーキは必要デス)。

そんな、静かな日を過ごしたい方にぴったりのアルバムは、ルネサンス時代の美しい「クリスマスの音楽」を集めたものです。ここに収録されているのは、12月25日のためだけではなく、その前にある4週間の期待溢れる時期である「アドベント」のための音楽です。1200年以上前に歌われたであろう、単旋律のアンティフォナ(2つの合唱隊が交互に歌う形式)で始まり、次はルネサンス期の作曲家ピエール・ド・ラ=リューの5声部のモテットが歌われます。そして様々な写本から取られた聖母を賛美する歌で締めくくられるという1枚。綿密な研究に支えられた確固たる歌は、時代を超えて聴き手の胸にしみいることでしょう。

収録作曲家:

NAXOS 8.573261 CD

フンメル(1778-1837):
ピアノ三重奏曲集 第2集 
第1番・第4番・第5番

フンメル(1778-1837)
ピアノ三重奏曲集 第2集
第1番・第4番・第5番
[グールド・ピアノ・トリオ]

HUMMEL, J.N.: Piano Trios, Vol. 2 - Nos. 1, 4 and 5 (Gould Piano Trio)

NML NMLカタログ番号:8.573261 10)

発売日:2015年03月25日

価格:1,290円(税込、送料別)

購入する

ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、そしてシューベルト…この大きな流れに沿うように、多くの作曲家たちが活動していたこの時代、もちろん忘れられてしまった人たちも数多く存在します。そんな一人がこのフンメル(1778-1837)です。とは言え、彼が存命中の時代には高い名声を誇っていたことは間違いありません。今、改めてフンメルの作品を聴いてみませんか? 以前は、フンメルといえば、ピアノ曲の一部がかろうじて知られるのみでしたが、最近になってようやく室内楽など多くの作品が録音されるようになり、この時代の音楽を愛する人にとっては夢のような時代になってまいりました。

そんなフンメルのピアノ三重奏曲は7曲あり(8曲の説もあり)、どれも精巧な筆致で書かれています。第1番の冒頭から思いがけない展開があったりと、なかなかスリリング。第4番や第5番は、ちょうどロマン派への移行期の作品で、整った美しさの中に、時折型破りな部分が出現したりと、こちらもとても興味深いものです。シューベルトやメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲とはまた違った美しさを備えています。グールド・ピアノ三重奏団の納得の演奏が光ります。

収録作曲家:

NAXOS 8.573262 CD