マルクス(ヨーゼフ) Marx, Joseph

生没年 1882-1964 オーストリア
辞書順 NML作曲家番号 27118
  • 商品番号:8.573834

    NAXOS

    マルクス(1882-1964)
    ピアノ協奏曲集 詳細ページ
    [デイヴィッド・ライヴリー(ピアノ)/スティーヴン・スローアン指揮/ボーフム交響楽団]

    MARX, J.: Romantisches Klavierkonzert / Castelli Romani (Lively, Bochum Symphony, Sloane)

    発売日:2019年06月28日 NMLアルバム番号:8.573834

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    オーストリア後期ロマン派の作曲家ヨーゼフ・マルクス。幼い頃にはヴァイオリニストになることを求められ、父からピアノの演奏を禁じられていたマルクスでしたが、彼はシューベルトとハイドンを愛し、スクリャービンやドビュッシーのピアノ曲に憧れていたため、秘かにピアノの練習を続け、最終的には確かな技巧を手にいれることができました。 彼はいくつかのピアノとオルガンのための作品(ラフマニノフ風)や、数多くの充実したピアノ・パートを持つ歌曲を作曲しましたが、彼がピアノにかける思いが一番顕著に表出されているのは、このアルバムに収録された2曲のピアノ協奏曲でしょう。タイトルに「ロマンティックな」と書かれている通り、濃厚なロマンティシズムに溢れた第1番のピアノ協奏曲はもちろんのこと、2番目の協奏曲「カステッリ・ロマーニ」はASVレーベルからの発売時は世界初録音として注目された曲。ハリウッドの映画音楽にも似た重厚なオーケストラ・パートと華麗なテクニックを誇示するピアノ・パートが拮抗。マルクスの想いが溢れる美しい作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573833

    NAXOS

    マルクス(1882-1964)管弦楽作品集 第3集
    管弦楽伴奏歌曲集 詳細ページ
    [アンジェラ・マリア・ブラーシ/ステラ・ドゥフェクシス/スティーヴン・スローン/ボーフム交響楽団]

    MARX, J.: Orchestral Songs (Blasi, Doufexis, Bochum Symphony, Sloane)

    発売日:2019年04月26日 NMLアルバム番号:8.573833

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    幼い頃に母親から音楽の手ほどきを受け、ギウナジウム時代から作曲を始めたというヨーゼフ・マルクス。一時は学業のため音楽から遠ざかったものの、26歳のときに改めて作曲家を志し、生涯に管弦楽作品や室内楽などの様々な作品を生み出しました。彼の作品の中には、ほぼ150曲の歌曲がありますが、これらのほとんどは20代、再び作曲家を志した時期に書かれています。 後年、印象派の影響を受けることになるマルクスですが、歌曲のほとんどはリヒャルト・シュトラウス風のドイツ・ロマン派の影響がはっきり表れており、またいくつかの曲は、彼が憧れていたイタリア風の雰囲気を有しています。このアルバムには、必要に応じて彼自身が編曲した管弦楽伴奏ヴァージョンの歌曲が収録されていますが、これらは彼の同時代には頻繁に演奏されたにもかかわらず、いつしか忘れられてしまったものばかりです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:555262

    CPO

    マルクス(1882-1964)
    秋の交響曲 詳細ページ
    [ヨハネス・ヴィルトナー(指揮)/グラーツ・フィルハーモニー管弦楽団]

    MARX, J.: Herbstsymphonie (Eine) (An Autumn Symphony) (Graz Philharmonic, J. Wildner)

    発売日:2019年03月15日 NMLアルバム番号:555262-2

    CD 通常価格:3,223円特価!:2,640円(税込)

    後期ロマン派の様式による重厚な響きのオーケストラ曲で知られるヨーゼフ・マルクス。十二音や無調の音楽が台頭した20世紀初頭に活躍した作曲家ですが、半音階進行を存分に用いた色彩的な響きを愛したため、少し時代に取り残された感もあり一時期はすっかり忘れられてしまった存在でした。しかし、近年盛んになっている“退廃音楽の復興”に伴い、マルクスの作品も演奏機会が増えてきました。 この「秋の交響曲」は大指揮者クレメンス・クラウスのお気に入りの作品で、1922年9月28日にグラーツで初演し大成功を収めたことに気を良くしたクラウスは、翌年5月、ウィーンでのコンサートでもこの曲を演奏、ここでも大評判となったことで知られています。 各々の楽章には標題が付けられており、このアルバムではウィンナ・ワルツの名演でおなじみ指揮者ヴィルトナーがタクトを執り、リヒャルト・シュトラウス風の華麗な響きをふんだんに散りばめた美しい音楽が展開されます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573832

    NAXOS

    マルクス(1882-1964)
    管弦楽作品集 第2集 詳細ページ
    [スティーヴン・スローン(指揮)/ボーフム交響楽団]

    MARX, J.: Orchestral Works, Vol. 2 - Alt-Wiener Serenaden / Partita in modo antico / Sinfonia in modo classico (Bochum Symphony, Sloane)

    発売日:2019年02月22日 NMLアルバム番号:8.573832

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    後期ロマン派に属する作曲家ヨーゼフ・マルクス。晩年にはフランス印象主義の影響を取り入れた作品を書きましたが、基本的にはあまり前衛的な作風を採用することはありませんでした。このアルバムでは、彼が好んだ「古風な様式」に基づいた3つの作品が収録されています。 「古いウィーンのセレナード」はオーストリア音楽の特徴を前面に押し出したのどかな曲であり、もともと弦楽四重奏のために書かれた「パルティータ」はミクソリディア旋法が用いられたエスニックな響きを持つ曲。同じく弦楽四重奏のために書かれた「シンフォニア」はハイドンやモーツァルトに敬意を払ったウィーン風の明るい主題を持つ曲。どれもロマンティックな感性と古典的な様式が融合した美しい作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573831

    NAXOS

    マルクス(1882-1964)
    〈管弦楽作品集 第1集〉
    《自然三部作》交響的夜曲/牧歌/春の歌 詳細ページ
    [スティーヴン・スローアン(指揮)/ボーフム交響楽団]

    MARX, J.: Orchestral Works, Vol. 1 - Natur-Trilogie (Nature Trilogy) (Bochum Symphony, Sloane)

    発売日:2019年01月18日 NMLアルバム番号:8.573831

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    オーストリアで生まれ、若いころから作曲を始めたというヨーゼフ・マルクス。大学で法学を学ぶも、音楽への興味が尽きることなく、平行して作曲を続け、作曲家、音楽評論家として名を上げ、ウィーン大学、ウィーン音楽アカデミーで後進の指導にあたりました。一時期はトルコの民族音楽の研究にいそしむなど、生涯に渡ってオーストリアの音楽文化をリードし、70歳の誕生日には後のオーストリア大統領、フランツ・ジョナスから賛辞の手紙を受け取るほどに名声を確立したマルクスですが、残念なことに彼の作品は、死後ほとんど演奏されることはありませんでした。 確かに彼の作品は、革新的な「新ウィーン楽派」の中では時代遅れだったかもしれません。しかし、この《自然三部作》などの優れたオーケストレーションから生まれる美しい響きは、コルンゴルトやシュレーカーの作品に比べ、まったく遜色のないものと言えるでしょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:900322

    BR KLASSIK

    Im Arm der Liebe - 愛の抱擁
    マルクス、ブラウンフェルス、コルンゴルト、プフィッツナー:
    管弦楽伴奏歌曲集 詳細ページ
    [バンゼ/ミュンヘン放送管/ヴァイグレ]

    Orchestral Songs - MARX, J. / BRAUNFELS, W. / KORNGOLD, E.W. / PFITZNER, H. (Love's Embrace) (Banse, Munich Radio Orchestra, Weigle)

    発売日:2017年11月10日 NMLアルバム番号:900322

    CD 通常価格:2,750円特価!:2,240円(税込)

    南ドイツ生まれのソプラノ、ユリアーネ・バンゼが歌う後期ロマン派の歌曲集。バンゼのレパートリーは古典から現代までと幅広く、オペラとコンサートのどちらでも高い評価を得ています。このアルバムでは、20世紀初頭にウィーンを中心に活躍した作曲家たちの歌曲が歌われており、これらはみな、重厚な響きを持つオーケストラを伴うロマンティックな作風を持っています。 「ピアノ伴奏ではない歌曲」はマーラーやヴォルフ、リヒャルト・シュトラウスなど後期ロマン派の作曲家たちが好んだ分野で、これはオペラ・アリアとはまた違う様式であり、作曲家の想いをくまなく伝えるために肥大したオーケストラ・パートに負けないほどの歌唱表現が求められます。重めの響きを持つバンゼの声を際立たせるヴァイグレ/ミュンヘン放送管弦楽団の美しい音色も聴きどころです。