スヴェンセン スヴェンセン(ヨハン) Svendsen, Johan

生没年 1840-1911 ノルウェー
辞書順 NML作曲家番号 23858
  • 商品番号:8.573738

    NAXOS

    ハルヴォルセン/ニールセン:
    ヴァイオリン協奏曲集
    スヴェンセン(1840-1911)ロマンス 詳細ページ
    [クラッゲルード/マルメ響/エンゲセト]

    HALVORSEN, J.: Violin Concerto / NIELSEN, C.: Violin Concerto / SVENDSEN: Romance (Kraggerud, Malmö Symphony, Engeset)

    発売日:2017年02月24日 NMLアルバム番号:8.573738

    CD 価格:1,290円(税込)

    ノルウェーのハルヴォルセンとデンマークのニールセン。そして同じくノルウェーのスヴェンセン。北欧の3人の作曲家のヴァイオリン作品を集めた1枚です。もともと優れたヴァイオリニストとして活動していたハルヴォルセンは、1907年の春、いくつかの新聞のインタビューで「私は今、ヴァイオリン協奏曲を作っている」と応えたため、ノルウェーの音楽界は作品の完成を熱望していました。しかし、独学で作曲を学んだ彼は作品を仕上げる自信が持てず(それまでに編曲や小品は手掛けていたにもかかわらず)結局のところ、なかなか協奏曲を発表できなかったのです。 しかし、当時17歳の才能溢れるカナダの女性ヴァイオリニスト、キャスリーン・パーロウの演奏を聴いたハルヴォルセンは、その名技に感銘を受け、ようやく1908年の秋に協奏曲を完成。その翌年彼女の演奏により初演されたのです。聴衆たちは作品に大絶賛を送りましたが、パーロウ以外の奏者はこの曲を演奏することもなく、そのうちほとんど忘れられてしまいました。ハルヴォルセンは1929年に引退した際、多くの譜面を燃やしてしまったのですが、パーロウが保存していた写譜をもとに、今回のクラッゲルードの演奏で曲が甦ったのです。

  • 商品番号:8.570322

    NAXOS

    スヴェンセン(1840-1911)
    ノルウェー狂詩曲 第1-4番 詳細ページ
    [南ユラン響/エンゲセト]

    SVENDSEN, J.: Norwegian Rhapsodies Nos. 1-4 / Romeo and Juliet / Zorahayda (South Jutland Symphony, Engeset)

    発売日:2009年10月21日 NMLアルバム番号:8.570322

    CD 価格:1,290円(税込)

    この上なく美しいラプソディたち、北欧の澄んだ空気をオケの響きに閉じ込めたかのような味わいノルウェーで生まれ指揮者、ヴァイオリニストとして活躍したスヴェンセンは、グリーグの親友であり、ノルウェーの音楽発展に努めた人でした。彼の作風はロマン派の域を脱するものではなく、どれもがチャイコフスキー風の優しい肌ざわりを持っています。このノルウェー狂詩曲はタイトル通り、リストの「ハンガリア狂詩曲」に触発されたもので、要所要所に民謡的なメロディが使われた情感豊かな作品です。同時期に書かれた2つの作品も色彩豊かなもの。「ゾラハイダ」はワシントン・アーヴィングの書いた「アルハンブラ物語」に触発された作品。彼の出世作でもあります。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OC610

    Oehms Classics

    J.S.バッハ、モーツァルト、ドビュッシー、
    スヴェンセン、ロージャ、ゲンツマー:

    パン・フルート作品集 詳細ページ
    [ヘルケンホフ/ケラー]

    Pan Flute Recital: Herkenhoff, Ulrich – BACH, J.S. / MOZART, W.A. / DEBUSSY, C. / SVENDSEN, J. / ROZSA, M. / GENZMER, H.

    ■器楽曲(フルート)

    発売日:2011年02月01日 NMLアルバム番号:OC610

    SACD 価格:2,500円(税込)

  • 商品番号:8.554497

    NAXOS

    ノルウェー・ヴァイオリン名曲集 詳細ページ [クラッゲルード/ラズモフスキー響/エンゲセト]

    Norwegian Violin Favourites

    ■器楽曲(ヴァイオリン)

    発売日:2000年03月01日 NMLアルバム番号:8.554497

    CD 価格:1,290円(税込)

    最も美しいヴァイオリン音楽の数々ロマンティックなメロディーの数々、そしてヴァイオリンという楽器の魅力が満載された佳曲・秘曲による、心洗われる1時間をお約束する一枚です。生前はパガニーニに匹敵する大技巧家として知られていた大ヴァイオリニストのブルの諸作品や、スヴェンセンの「ロマンス」では、清楚にして感傷的な旋律が涙が出るほどの感動を誘います。またシンディングの組曲や、ハルヴォルセンの諸作品に聴くヴァイオリン用法の巧みさには全く驚かされます。前者の第1曲の無窮動的展開は息を呑むほどですし、後者のノルウェー舞曲における民俗的語法をヴァイオリンの名人芸的技巧に取り込んでしまう書法は、あまりに見事なものといわざるを得ません。