カルク=エーレルト(ジークフリート) Karg-Elert, Sigfrid

生没年 1877-1933 ドイツ
辞書順 NML作曲家番号 19416
  • 商品番号:TOCC-419

    Toccata Classics

    カルク=エーレルト(1877-1933)
    ピアノとオルガンのための作品集と編曲集 詳細ページ
    [コントリ=グスタフソン/レヘトラ]

    KARG-ELERT, S.: Organ and Piano Music - Poesien / Silhouetten (Konttori-Gustafsson, Lehtola)

    発売日:2017年08月25日 NMLアルバム番号:TOCC0419

    CD 価格:2,340円(税込)

    19世紀、家庭で音楽を演奏することが流行した時、裕福な家庭にはまずピアノが持ち込まれましたが、次に人気を獲得したのはハルモニウムでした。シベリウスの「アンダンテ・カンタービレ」は2種類の楽器を所有していた親戚の家を訪問した際、その音色に魅了され作曲された小品です。対照的にカルク=エーレルトは、この2種類の楽器を完璧にマスターしており、アルバムに収録された一連の作品も、自身のコンサートで演奏するために作曲(編曲)されています。今ではあまり耳にすることのないハルモニウムの響きをお楽しみください。

  • 商品番号:8.573269

    NAXOS

    カルク=エラート(1877-1933)
    フルート作品全集 詳細ページ
    [ロールダ/ツヴェレリ]

    KARG-ELERT, S.: Flute Works (Complete) (Roorda, Tsvereli)

    ■器楽曲(フルート)

    発売日:2014年06月25日 NMLアルバム番号:8.573269-70

    2CD 価格:2,580円(税込)

    ライプツィヒ音楽院でザロモン・ヤーダスゾーンとカール・ライネッケに師事、教師として後進の指導にあたりながら、その作品をグリーグに認められたことで、職業音楽家として活動することを決意したという作曲家カルク=エラート(1877-1933)。現在彼の名前は決して「良く知られている」わけではありませんが、この独自な作風、とりわけ半音階的な書法は、まさしく一聴の価値あるものです。彼はオルガンやハルモニウムの音を好み、これらの楽器のために書いた作品はメシアンにも影響を与えています。この2枚組は、そんなエラートの知られざる「フルートのための作品」を全て収録したもの。実はエラート、フルートのために、もっと多くの作品を書いたのですが、そのほとんどは失われてしまったとのことで、何とも残念な話です。どれも幻想的で魅惑的な音楽であり、とりわけ「30のカプリース」はフルートを愛する人ならば、ぜひ聴いてほしい重要な作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100090

    Orchid Classics

    THE GRAND ORGAN OF TEMPLE CHURCH
    - テンプル教会の大オルガン
    詳細ページ
    [ロジャー・セイヤー]

    Organ Recital: Sayer, Roger - MENDELSSOHN, Felix / KARG-ELERT, S. / REGER, M. / REUBKE, J. (The Grand Organ of Temple Church)

    発売日:2018年11月28日 NMLアルバム番号:ORC100090

    CD 価格:2,340円(税込)

    現代イギリスの合唱とオルガン音楽の牽引者の一人、ロジャー・セイヤー。合唱指揮者として数々の企画を立案したり、ハンス・ジマーの映画「インターステラー」(2014年公開)で印象的なオルガンを演奏していたことでも知られています。このアルバムでは、ロンドンの由緒ある「テンプル教会」の壮麗なオルガンを演奏、メンデルスゾーンからロイプケまで、オルガン曲の最高傑作を美しく重厚な響きで聴かせています。

  • 商品番号:ROP-6144

    Rondeau Production

    トランペットとオルガンのための
    ロマンティック・トランスクリプション
    詳細ページ
    [デュオ・フェーセ=ヴィルフェルト]

    Trumpet and Organ Recital: Duo Fehse-Wilfert - ADAMS II, T. / MARCHANT, A.W. / FRANCK, C. / GRIEG, E. / REGER, M. (Romantic Transcriptions)

    発売日:2017年11月24日 NMLアルバム番号:ROP6144

    CD 価格:2,340円(税込)

    ヨーロッパでは比較的ポピュラーな組み合わせの“トランペットとオルガン”のアンサンブル「デュオ・フェーゼ=ヴィルフェルト」のデビュー・アルバム。メンバーはトランペットのフェーゼ、オルガンのヴィルフェルトの2人で、各々編曲もこなす名手たちです。 このアルバムではロマン派の作曲家たちの作品を国別に紹介するという手法を取り、もともとオルガンとトランペットのために書かれた作品もあれば、グリーグのように原曲の持ち味を最大に生かした編曲が施された作品や、普段耳にすることのない珍しい曲もいくつか含まれており、楽器の魅力が余すことなく伝えられています。

  • 商品番号:OC1861

    Oehms Classics

    ポーランドとドイツ
    オルガンのためのクリスマス音楽集
    詳細ページ
    [シュティル]

    Organ Recital: Still, Josef - BACH, J.S. / JANCA, J. / REGER, M. / KARG-ELERT, S. (Gott wird geboren, Mächtige erstarren vor Angst)

    発売日:2016年11月23日 NMLアルバム番号:OC1861

    CD 価格:2,340円(税込)

    1959年、デッゲンドルフで生まれ、1994年からトリーア教会大聖堂のオルガニストを務めるヨーゼフ・シュティルが、OHEMSの最高責任者ディーター・エームス氏の75歳の誕生日を記念し、彼自身が選曲して演奏したクリスマス音楽集。バッハやレーガー、カルク=エーレルトなどのドイツの伝統を汲む作品と、ほとんど耳にすることのないポーランドのロマン派、現代の作品を絶妙に配置、じっくり聴かせる1枚に仕上げています。 ベッケラート・オルガンはもともとシュパイアーの司教区に据えられていましたが、2015年に解体、マンダーシャイトの由緒正しいレーベンバウム教会に移設され、オルガン製作者のH.マイヤーによって再構築、新しい響きを獲得した楽器です。教会一杯に響き渡る壮麗な音色が存分に捉えられています。

  • 商品番号:OC849

    Oehms Classics

    ブリタニック・オルガン 第10集
    ヴェルテのドイツ人オルガニストと彼らの作品集
    詳細ページ

    BRITANNIC ORGAN (THE), Vol. 10 - Welte's German Organists and Their Music

    発売日:2015年10月28日 NMLアルバム番号:OC849

    CD 2枚組 価格:3,582円(税込、送料無料)

    「ブリタニックのオルガン」第10集は、ドイツのオルガニストと作曲家に焦点を当てたものです。このヴェルテのロールには、現在では名前すら残っていない作曲家たちの作品が多く残されており、当時、いかに多くの作曲家やオルガニストたちが活躍していたのかを再確認することができるものでもあるのです。 1909年から1912年、まだ現代のように録音技術が発展しておらず、オルガンの音を記録するためには、このヴェルテのシステムがうってつけでした。年を追うごとに多くのオルガニストがロールに演奏を記録し、1920年代には一大ムーヴメントになったのです。100年の時を経た今でも、彼らの演奏は全く色褪せることなく、数多くのロールは再生される時を待っているのです。

  • 商品番号:OR-12

    Orlando Records

    Night Thoughts
    独奏クラリネットのための作品集
    詳細ページ
    [D. アシュケナージ]

    Clarinet Recital: Ashkenazy, Dimitri - BENNETT, R.R. / BENARY, P. / TUTINO, M. / KARG-ELERT, S. / KAM, D. / HARVEY, P. / RÓZSA, M. (Night Thoughts)

    発売日:2015年02月25日 NMLアルバム番号:OR0012

    CD 価格:390円(税込)

    名ピアニストのウラディーミル・アシュケナージの次男であるディミトリは、早くから音楽的才能を発揮、最初はピアノを学んでいましたが、10歳の時にクラリネットに転向し、ルツェルン音楽院を卒業後は数々のオーケストラと共演し、また室内楽の分野でも輝かしい成果を収めています。 このアルバムは、彼がただ一人で挑む「独奏クラリネットのための作品集」で、その変幻自在な音色と表現力を余すことなく見せ付けています。26歳の時の演奏から、最近の演奏までが収録されており、彼の成長ぶりを味わうのもステキです。

  • 商品番号:OC845

    Oehms Classics

    ブリタニック・オルガン 第6集
    ヴェルテを弾く5人のイギリス・ヴィクトリア朝時代の超絶技巧オルガニストたち
    詳細ページ

    BRITANNIC ORGAN (THE), Vol. 6

    ■器楽曲(オルガン) ■協奏曲

    発売日:2013年10月23日 NMLアルバム番号:OC845

    2CD 価格:3,750円(税込、送料無料)

    大好評シリーズの「ブリタニック・オルガン」の第6集です。ここで選ばれているのは「ヴィクトリア朝」時代に活躍した5人のオルガニストたち。1837年から1901年まで、ヴィクトリア女王がイギリスを統治していた時代は、政治的には混乱していましたが、産業革命による経済や文化が著しく発展した「激動の時代」でもありました。この時代に活躍したイギリスのオルガニストたちも、挙ってヴェルテの自動演奏システム(ロール)に録音、かなりの分量のロールが保存されています。今回はこの中から注目すべきオルガニストたちの記録を「ブリタニック・オルガン」で再現しました。100年以上も前の空気を鮮烈に伝える貴重な響きです。