ゲッツ(ヘルマン) Goetz, Hermann

生没年 1840-1876 ドイツ
辞書順 NML作曲家番号 23627
  • 商品番号:SM284

    Solo Musica

    ゲッツ(1840-1876)
    ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 Op.18
    ブラームス(1833-1897)
    ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調 Op.15 詳細ページ
    [アンドレア・カウテン/アダム・メドヴェツキー/サヴァリア交響楽団]

    Piano Concertos - GOETZ, H. / BRAHMS, J. (Kauten, Savaria Symphony, Medveczky)

    発売日:2018年10月31日 NMLアルバム番号:SM284

    CD 2枚組 価格:3,600円(税込、送料無料)

    ハンガリーで生まれ、スイスのバーゼルで学んだピアニスト、アンドレア・カウテンの新録音。シューマンやリストなどロマン派作品を得意としている彼女ですが、このアルバムでは「硬派」なブラームスの第1番の協奏曲を演奏しています。 カップリングはあまり耳にすることのないヘルマン・ゲッツのピアノ協奏曲。ゲッツはブラームスより少し後に生まれ、ハンス・フォン・ビューローに学んだ作曲家であり、この協奏曲はブラームスの第2番と同じく変ロ長調で書かれていますが、ブラームスのような「ピアノを伴う交響曲」ではなく、華やかな技法が駆使されたピアノが目立つ作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573327

    NAXOS

    ゲッツ(1840-1876)
    ピアノ協奏曲 第1番&第2番
    春の序曲 詳細ページ
    [カバッシ/マグデブルク・フィル/キンボー・イシイ]

    GOETZ, H.: Piano Concertos Nos. 1 and 2 / Spring Overture (Cabassi, Magdeburg Philharmonic, Kimbo Ishii)

    発売日:2016年09月21日 NMLアルバム番号:8.573327

    CD 価格:1,290円(税込)

    ドイツで生まれ、ベルリンで学んだ作曲家ヘルマン・ゲッツ(1840-1876)。本格的な音楽教育を受け始めたのは17歳の時と、かなり遅かったものの、ピアノをハンス・フォン・ビューローに学び、またカール・ライネッケの後押しを受けることでヴィンタートゥール市のオルガニストに採用されるなど、その音楽的才能は多くの人から認められていました。23歳の時にスイスに移り、この地で活発な演奏活動と創作活動を行いますが、病のため36歳で惜しまれながらこの世を去ってしまいました。 彼の作品は、マーラーが幾つかの作品を初演するなど一部の愛好家には大切にされていましたが、一般に広く行き渡ることはなく、一旦は忘れられてしまいました。しかし最近の「知られざる作品の復興」ブームに乗って少しずつ注目を集め始めています。このアルバムでは彼の2曲のピアノ協奏曲を収録。学生時代に書いた第1番は若干リストやワーグナー風であるものの、その6年後の第2番では、様々な試みがなされた独創的な作風を呈しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ES-2056

    わずか35歳で世を去ったゲッツ、それに反して人生の後半期で作曲家としての才能を開花させたヴォーン・ウィリアムズ。この2人には直接の関係はなかったでしょうが、この2人の作曲家は共に「ハ短調」という陰鬱な調性を用いて、また共に「コントラバス」を用いたピアノ五重奏曲を書き上げました。これらは恐らくシューベルトの「鱒」へのオマージュであり、また低音を強化することで生まれる響きを重視したものと思われます。 このアルバムでは、北ドイツ放送交響楽団に所属する5人のメンバーで編成されたファベルジェ五重奏団が、2つの作品を、極めて精緻で均質に演奏しています。メンバーの一人であるピアニスト、菊池洋子さんは2002年モーツァルト国際コンクールのピアノ部門で優勝した俊英です。ブックレットに日本語の解説付き。

  • 商品番号:777879

    CPO

    ゲッツ(1840-1876)
    ピアノ作品全集 詳細ページ
    [ケイマー]

    GOETZ, H.: Piano Music (Complete) (Keymer)

    発売日:2014年09月24日 NMLアルバム番号:777879-2

    2CD 価格:4,200円(税込、送料無料)

    ドイツに生まれ、ベルリンに学び、後にスイスに移り音楽評論、指揮者、ピアニスト、作曲家として活躍したヘルマン・ゲッツ(1840-1876)、彼がピアノを本格的に学び始めたのは17歳になってからでしたが、師事したハンス・フォン・ビューローの指導が良かったのか、ベルリンのシュテルン音楽院を無事卒業することができたとされています。彼は36歳という若さでこの世を去ってしまいましたが、交響曲、ヴァイオリン協奏曲、2つのピアノ協奏曲をはじめ、このアルバムで聴くことのできるピアノ曲、そして室内楽曲も残しています。 マーラーが彼の作品を愛奏していたことでも知られ、更なるこの作曲家の再評価も待たれるところです。彼のピアノ曲のほとんどは作品番号を持たず、最近印刷されるまでは、その存在もあまり知られていませでんした。しかしピアニスト、ケイマーはゲッツの作品を丹念に調査し、作品によっては編集も行い、今回のリリースを完了させたのです。ブラームスを思わせる渋い作品も含まれるこの曲集を聴きながら、彼がもっと長生きしたらどんな曲を書いたのかを想像するのも良いものです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CDX-20506

    DIVOX

    スイスのピアノ五重奏曲集 詳細ページ [アンサンブル・イル・トリティコ]

    RAFF, J.: Piano Quintet in A minor / Fantasie in G minor / GOETZ, H.: Piano Quintet in C minor (Ensemble Il Trittico) (Swiss Piano Quintets)

    ■室内楽

    発売日:2010年01月20日 NMLアルバム番号:CDX-20506

    CD 価格:2,992円(税込)

    鍵盤楽器と弦楽器のための室内楽曲が好まれた19世紀、「4本の弦楽器とピアノ」という編成は、その楽器バランスと旋律のコンテキストとの調和が非常に難しいものとされ、高度な作曲技術を要するものと考えられていました。このCDには、スイス生まれのヨーゼフ・ヨアヒム・ラフ、ドイツからスイスへと移住したヘルマン・ゲッツというスイスゆかりの二人の作曲家によるピアノ五重奏曲が収録され、いずれの曲にも、19世紀初頭まで主流であったピアノ三重奏・弦楽四重奏のスタイルをより進化させようとしている試みが散見できます。スイスの音楽評論家ウェルナー・プフィスター氏は「5人しか奏者がいない編成でコントラバスは敬遠されがちだ。

    収録作曲家: