パブロ(ルイス・デ) Pablo, Luis de

生没年 1930- スペイン
辞書順 NML作曲家番号 29541
  • 商品番号:IBS102021

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    AMICITIA
    Breve tratado de amistad y acordeón

    友情とアコーディオンに関する短い論文
    ルイス・デ・パブロ(1930-)
    作品集 詳細ページ
    [イニャキ・アルベルディ(アコーディオン)/イニゴ・アイスピオレア(アコーディオン)/ビルバオ交響楽団/エルネスト・マルティネス=イスキエルド(指揮)]

    AMICITIA Breve tratado de amistad y acordeón

    発売日:2021年07月16日 NMLアルバム番号:IBS-102021

    CD価格:2,250円(税込)

    20世紀スペインの作曲家ルイス・デ・パブロのアコーディオン作品集。 1930年生まれのパブロは、映画「ミツバチのささやき」でも知られる現代作曲家。楽器の音色の探求に熱心で、独特のセンスを持つことで知られています。このアルバムでは、アコーディオンのソロとデュオ、そしてオーケストラとの共演という様々な編成による作品を収録。アコーディオンの響きがもつ表現の可能性を追求しています。 イニャキ・アルベルディはグバイドゥーリナ作品の初演や、トレス、シュトックハウゼン他、数多くの現代作曲家の作品の演奏で知られる若手アコーディオン奏者。前作「Cueurs Desolez」(IBS92019)ではカウンターテナー歌手、カルロス・メナと共演、ジョスカン・デ・プレから現代スペインの作品までを奏し高く評価されました。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS12019

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    アナトミアス
    パブロ(1930-)作品集
    「室内協奏曲」
    「エロス」
    「アナトミアス」 詳細ページ
    [フリオ・モゲル(ピアノ)/ディーター・ネル(チェロ)/マリー・テレサ・プフィス(ヴィオラ)/フアン・ガルシア・ロドリゲス(指揮)/ザーイル・アンサンブル]

    PABLO, L. de: Anatomías / Concierto de Cámara / Eros (Zahir Ensemble, García Rodríguez)

    発売日:2020年03月06日 NMLアルバム番号:IBS-12019

    CD価格:2,250円(税込)

    IBS CLASSICALレーベルが取り組む「スペインの知られざる作曲家」の作品録音シリーズ。このアルバムで取り上げられたビルバオ生まれのルイス・デ・パブロも、ほとんど知られていませんが、現代スペイン音楽を理解するためには必要不可欠な作品を書いている作曲家の一人です。 ピアノとオーケストラ、パーカッションの音がぶつかり合い見事な世界を作り上げる「室内協奏曲」、ピアノとチェロが激しいやりとりを交わし、オーケストラがユニークな音で盛り上げる「エロス」、ヴィオラの独奏を伴う2005年から2007年に書かれた「アナトミアス」。どれもユニークなスタイルを持っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573409

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    〈21世紀のスペイン・ギター作品集 第2集〉
    バラダ/卜レス/ゴドーイ
    ガルシア・アブリル/デ・パブロ
    ソウトゥーリョ/ドゥラン=ロリガ
    カサブランカス/ルイス
    詳細ページ
    [レヴィン]

    21st Century Spanish Guitar, Vol. 2 - BALADA, L. / TORRES, J. / LÓPEZ GODOY, M. / GARCÍAABRIL, A. / PABLO, L. de / SOUTULLO, E. (A. Levin)

    発売日:2016年10月28日 NMLアルバム番号:8.573409

    CD価格:1,200円(税込)

    全4集からなる「21世紀のスペイン・ギター作品集」シリーズの第2集。前作と同じく、数々の受賞経験を持つギタリスト、アダム・レヴィンの演奏です。1936年から1975年に渡って独裁体制を維持していたフランコ政権下、芸術家たちは圧政に苦しめられていましたが、フランコ政権終焉後からは、その遅れを取り戻すべく、スペインの音楽界は目覚しい復興を遂げます。 このシリーズでは、そんな苦難の時期を乗り越えた21世紀のスペインのギター作品を聴くことができます。どれも見事なもので、冒頭のバラダの「グラナドスへのオマージュ」は、まさにスペインのギター音楽の輝かしい歴史が感じられるものと言えるでしょう。バラダの才能ある学生の一人、カタロニアのロペス・ゴドーイの描写的な「秋のエレジー」、ヘスス・卜レスのモノローグ、NAXOSではすでにおなじみの作曲家カサブランカスの「3つの小品」など、アルバムのほとんどが世界初録音。