ガリード=レッカ(セルソ) Garrido-Lecca, Celso

生没年 1926-
辞書順 NML作曲家番号 58780
  • 商品番号:8.573759

    詳細ページを見る

    〈発売中〉お取り寄せ

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ガリード=レッカ(1926-)
    〈管弦楽作品集〉
    アンデス山脈の民俗舞曲集
    交響的絵画/ペルー組曲/ラウデス II 詳細ページ
    [ノルウェー放送管/フォートワース響/アルト=ベドヤ]

    GARRIDO-LECCA, C.: Orchestral Works (Norwegian Radio Orchestra, Fort Worth Symphony, Harth-Bedoya)

    発売日:2016年12月21日 NMLアルバム番号:8.573759

    CD価格:1,200円(税込)

    1926年ペルー生まれの作曲家ガリード=レッカの管弦楽作品集。彼はイベロ=アメリカ(かつてスペインとポルトガルの植民地であった地域)の伝統を汲む情熱的なリズムを、アバンギャルドなスタイルに取り入れ、さらにペルーの民俗音楽に融合させた独自の作品を書きました。交響曲や室内楽、多くの映画音楽で知られていますが、ここでは管弦楽のための作品を聴くことができます。 「交響的絵画」ではペルーの伝統的な舞曲が効果的に用いられており中でも“ダンサク”は踊り手が金属のはさみを手に複雑なステップを踏むという曲で、トライアングルの音色がはさみの刃のぶつかりあう音を表現しています。アンデス地方の民謡からインスパイアされた「民俗舞曲集」、ペルーの民俗音楽をコラージュした「ペルー組曲」、「賞賛する」という意味のラテン語が元になった「ラウデス」の全4作品、すべて世界初録音です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574266

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Inka Trail Connection
    インカ・トレイル・コネクション
    インカを通る道 詳細ページ
    [ミゲル・アルト=ベドヤ(指揮)/ノルウェー放送管弦楽団]

    Orchestral Music - CAMPOS, J.C. / CIFUENTES, S. / GARRIDO-LECCA, C. / LENG, A. (Inka Trail Connections) (Norwegian Radio Orchestra, Harth-Bedoya)

    発売日:2021年04月23日 NMLアルバム番号:8.574266

    CD日本語帯付き価格:1,200円(税込)

    「Caminos del Inca」とは南アメリカを横断する道路網。多くのインカの遺跡を含むペルー、ボリビア、エクアドル、チリ、アルゼンチン、コロンビアを横断するこの道行には、さまざまな文化と伝統音楽が存在します。 このアルバムに登場する作曲家たちの音楽には、これらの伝統とヨーロッパ文化の影響が融合されたユニークな味わいが見てとれます。ここには後期ロマン派の音楽や民族舞踊、ストラヴィンスキーの音楽のような原始的な衝動、ポピュラー音楽からの影響、シンプルな美しさなどあらゆる要素が含まれており、これらのカラフルな音楽は聴き手を想像上の旅へといざないます。 タンゴ風のリズムが躍動的なトバルの「カラマリー」、冒頭のエキゾチックな旋律が耳に残るカンポスの「田園舞曲」、多彩な表情を持つ5つの小品で構成されたガリード=レッカの「アンデス民族舞曲」などどこから聴いても楽しい1枚を、ペルー出身のミゲル・アルト=ベドヤが、現在首席指揮者を務めるノルウェー放送管弦楽団とともに見事な演奏で聴かせています。