ビンガム(ジュディス) Bingham, Judith

生没年 1952- イギリス
辞書順 NML作曲家番号 29076
  • 商品番号:RES10191

    Resonus Classics

    ビンガム(1952-)
    オルガン作品集 詳細ページ

    発売日:2018年01月26日

    CD 2枚組 価格:3,690円(税込、送料無料)

    ノッティンガムに生まれ、イギリス王立音楽院で学んだ女性作曲家ジュディス・ビンガム。音楽院では作曲をアラン・ブッシュやディーリアスの協力者として知られるエリック・フェンビーに学ぶとともに、声楽でも素晴らしい成績を収め、メゾ・ソプラノ歌手としても活躍しています。このアルバムにはビンガムの最近のオルガン作品が収録されており、魅惑的な作品のどれもが世界初録音となります。 演奏しているのは現代イギリスを代表するオルガニスト、スティーブン・ファー。3台の銘器を弾きわけることで、各々の作品の特徴を描き出しています。中でも大作である「The Everlasting Crown - 永遠の王冠」は圧巻の演奏です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10185

    イギリスを代表する合唱団の一つ、ケンブリッジ・セント・キャサリン・カレッジ合唱団が歌う現代イギリスの作曲家による珠玉の合唱作品集。世界初録音を多く含むこの1枚は、現代イギリスにおける合唱文化の豊かな実りを体感させてくれるものです。録音技術も素晴らしく、繊細なメロディと華麗なハーモニーが余すことなく捉えられています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573991

    NAXOS

    THIS DAY - この日
    イギリス女性が選挙権を獲得した世紀を祝して
    詳細ページ
    [ヒラリー・キャンベル(指揮)/ブロッサム・ストリート(声楽アンサンブル) 他]

    Choral Concert: Blossom Street - BINGHAM, J. / CLARKE, R. / HOLST, I. / MACONCHY, E. / PANUFNIK, R. / WEIR, J. (This Day)

    発売日:2019年01月25日 NMLアルバム番号:8.573991

    CD 価格:1,290円(税込)

    1918年12月14日、英国史上初めて女性が議会の候補者として立候補が認められるとともに、年齢、財産権などの一定の制限があったものの「女性の投票権」も認められるという画期的な出来事がありました。そのためこの時の選挙は、前回1910年12月の総選挙時のおよそ4倍の有権者が存在することとなり、それも含めイギリス近代選挙の幕開けとされています。 このアルバムでは「その日」を祝し、20世紀に生まれた女性演奏家、作曲家たちの作品を集め、女性たちの更なる地位向上を目指しています。世界初録音を数多く含む作品の中には、日本でも良く知られた詩(私のお墓の前で泣かないでください)を用いた曲もあり、ヴァラエティに富んだ美しい合唱曲を楽しむことができます。

  • 商品番号:RES10170

    Resonus Classics

    アヴェ・マリア
    高声のための音楽集
    詳細ページ

    発売日:2017年09月22日

    CD 価格:2,520円(税込)

    イギリスの伝統的な合唱音楽の中でも特異な位置を占めるのが、「Upper Voices」と呼ばれる高声のアンサンブルです。ここで清冽な響きを聴かせるのが“ケンブリッジ・セント・キャサリン・カレッジ”の少女たち。2008年に創設されたこの合唱団は、地元の学校に通う8歳から15歳の少女たち20人で構成され、ルネサンス期から21世紀に書かれた作品まで幅広いレパートリーを持っています。録音の際は人数を増やすために、卒業メンバーたちも集結し、見事なハーモニーを披露します。このアルバムに収録された作は全て世界初録音です。

  • 商品番号:8.573069

    NAXOS

    海の夜明け
    英国民謡のコレクション
    詳細ページ
    [ブロッサム・ストリート]

    Choral Concert: Blossom Street - MACMILLAN, J. / DUGGAN, J. / GRAINGER, P. / CAMPBELL, H. / TURNBULL, S.M. / BURKE, P. / ANDREW, K. (Down By the Sea)

    ■声楽曲 ■合唱曲

    発売日:2013年08月21日 NMLアルバム番号:8.573069

    CD 価格:1,290円(税込)

    普段は超絶難解な響きを愛するマクミランでさえ、ここではひたすら静謐なハーモニーを追求しているのには驚くばかり。それほどまでに「英国民謡」は人々の心を捉えているのでしょうか。15人の近現代作曲家たちによる各々の曲は、どれもが個性的でふくよかな表情を見せています。ヴォーン=ウィリアムズ、グレインジャー、ホルスト、ウォーロックと言った前世紀の作曲家たちの端正なハーモニーに比べ、現代に生きる作曲家たちの作品はモダンな音に彩られていますが、やはり根底に流れるのは民俗意識であり、脈々と受け継がれたイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの伝統でしょう。 ここで豊かな合唱を披露している「プロッサム・ストリート」はヨーク大学の学生メンバーを主とする聖歌隊です。2003年に結成され、テレビやラジオなどで幅広く活躍、クリスマスや国の行事にはひっぱりだこになるほどの人気を誇っています。そんな彼らのクリスマス・ソング集(8.572868)もオススメします。