グラズノフ グラズノフ(アレクサンドル) Glazunov, Alexander Konstantinovich

生没年 1865-1936 ロシア
辞書順 NML作曲家番号 26060
  • 商品番号:SOMMCD0153

    SOMM Recordings

    グラズノフ/シベリウス/ドヴォルザーク:
    ヴァイオリン作品集 詳細ページ
    [クリストドゥールー]

    Violin Recital: Christodoulou, Efi - GLAZUNOV, A. / SIBELIUS, J. / DVOŘÁK, A.

    発売日:2019年07月26日 NMLアルバム番号:SOMMCD0153

    CD 価格:2,430円(税込)

    ギリシャ出身のヴァイオリニスト、クリストドゥールーが弾くロシア、東欧、北欧の作品集。どの曲もドイツ・ロマン派、とりわけブラームスの伝統を感じさせながら、地域の特色を生かした作風を特徴としています。 レオポルド・アウアーに献呈されたグラズノフのヴァイオリン協奏曲は重厚なハーモニーを持つ抒情的な曲。とりわけ第1楽章第1主題の哀愁漂うメロディが印象的です。シベリウスの「ユモレスク」は彼のヴァイオリン協奏曲とは違う、ユニークな軽快さと愛らしさを持つ小品集。ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲は、郷愁たっぷりの旋律で知られる名作。終楽章のロンドはチェコ民謡から採られた特徴的なリズムを持っています。

  • 商品番号:MEL1002562

    Melodiya

    RUSSIAN LAST ROMANTICS
    ロシア後期ロマン派の2台ピアノ作品
    メトネル(1880-1951)
    ラフマニノフ(1873-1943)
    グラズノフ(1865-1936)詳細ページ
    [リュドミラ・ベルリンスカヤ/アルトゥール・アンセル]

    発売日:2019年04月26日

    CD 価格:2,970円(税込)

    おしどりデュオによる、2台ピアノ作品集第2弾!ベルリンスカヤとアンセルの夫婦デュオによる、2台ピアノのためのオリジナル作品を録音していく企画の第2弾。前作はアンセルの生まれたフランスのベル・エポックに挑んだ彼ら、ここではベルリンスカヤの故郷ロシアの名作を集めています。 メトネルの2曲は、彼が後半生を過ごしたイギリスで第二次世界大戦中に作曲されたもの。結局帰ることは出来なかった故国に思いを馳せつつ書かれていますが、からっとした美しさと楽しいリズムが印象的な作品です。 最も知られたラフマニノフの組曲は、弾き手の技量が試される早いパッセージが続きますが、彼らしい旋律美とピアニスティックな魅力に溢れており、唯一「ロマンス」はゆったりとした美しい響きに身を任せられる楽章となっています。 グラズノフ晩年の「幻想曲」もロシア・ロマンティシズムに溢れたもの。二人による息の合った演奏はこれらの作品のロマンティックな魅力を大いに引き出しており、また丁々発止のやりとりも素晴らしい出来栄えです。

  • 商品番号:8.573860

    NAXOS

    ロシアのチェロ協奏曲集
    (チャイコフスキー/リムスキー=コルサコフ/グラズノフ) 詳細ページ
    [リー・ウェイ・クィン(チェロ)/ミヒャエル・ハラース(指揮)/チェコ室内管弦楽団バルドビツェ]

    Cello Concertos (Russian) - TCHAIKOVSKY, P.I. / RIMSKY-KORSAKOV, N.A. / GLAZUNOV, A.K. (Li-wei Qin, Czech Chamber Philharmonic, Pardubice, Halász)

    発売日:2019年01月25日 NMLアルバム番号:8.573860

    CD 価格:1,290円(税込)

    第11回チャイコフスキー国際コンクールで第2位となったチェリスト、リー・ウェイ・クィンのソロで聴くロシアを代表する作曲家たちによる美しいチェロ協奏曲集。とはいっても「協奏曲」と名付けられているのはグラズノフの「コンチェルト・バッラータ」1曲のみ。他の作品にはどれもストーリー性のある洒落た名前が与えられています。 チャイコフスキーの有名な「ロココの主題による変奏曲」は彼の友人ヴィルヘルム・フィッツェンハーゲンのために作曲された作品。しかしフィッツェンハーゲンが勝手に改変を加えたことで一悶着ありましたが、結局はこの版の方が出来が良かったようで、現在では堂々と「フィッツェンハーゲン版」が演奏されています。 他には明るさの中に一抹の悲しみが宿るリムスキー=コルサコフの「セレナード」、カザルスに捧げられたグラズノフの「コンチェルト・バッラータ」などロシアの広大な大地を思わせる重厚で美しい音楽を聴くことができます。

  • 商品番号:C977195

    Orfeo

    グラズノフ (1865-1936)
    交響曲全集/管弦楽曲集[5枚組 BOX] 詳細ページ
    [ネーメ・ヤルヴィ (指揮)、バンベルク交響楽団、バイエルン放送交響楽団]

    発売日:2019年01月25日

    CD 5枚組日本語オビ付き 価格:5,760円(税込、送料無料)

    定評あるネーメ・ヤルヴィのグラズノフ交響曲全集が待望のBOX化! 個別にリリースされていた内容を組み替え、全8曲を作曲順に並べ替えたほか、管弦楽曲を5枚目に集めるという嬉しい曲順となっています。進歩的な側面を持ちながら安易なモダニズムに陥ることなく、伝統的な交響曲の形を守ったグラズノフ。ロシアの風土に寄り添いつつ国際性豊かなその作風を体系的に楽しむことが出来るセットです。 ヤルヴィは、バンベルク交響楽団とバイエルン放送交響楽団という人気と実力を兼ね備えたドイツのオーケストラを振り分け、その作品に深い共感を持って、細部まで綿密に練り上げた聴き応えのある演奏を聴かせています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C933181

    Orfeo

    「ロシアへの旅」
    チェロと管弦楽のためのロシア作品集
    (チャイコフスキー、グラズノフ、リムスキー=コルサコフ) 詳細ページ
    [ダニエル・ミュラー=ショット/アジス・ショハキモフ/ベルリン・ドイツ交響楽団]

    Cello and Orchestra Music - TCHAIKOVSKY, P.I. / GLAZUNOV, A.K. / RIMSKY-KORSAKOV, N.A. (Trip to Russia) (Müller-Schott, Shokhakimov)

    発売日:2018年11月30日 NMLアルバム番号:C933181A

    CD日本語帯つき 価格:2,790円(税込)

    いま世界で最も注目されているチェリストの一人、ミュラー=ショットによるロシア作品集。チャイコフスキー、グラズノフ、リムスキー=コルサコフというロシアを代表する3人の作曲家が、チェロと管弦楽のために書いた作品を集めています。切り込むようなトリルで開始される「カプリッチョ風小品」で力強く刺激的に始まり、チャイコフスキーがヴァイオリンとピアノのために書いてグラズノフが編曲した「懐かしい土地の思い出」の有名な「メロディ」も、奥行きのある美しさで聴かせてくれます。持ち前の高い技術と豊かな表現で、1727年マッテオ・ゴフリラーによって製作された名器「Exシャピーロ」を力強く鳴らし切り、巨匠たちが深い愛情を持ってチェロに寄せた美しいメロディの数々を、心からの敬意と共感で歌い上げています。 指揮は、今年30歳の若きショハキモフ。来日公演でも聴衆を魅了した統率力とシャープな音作りで、絶妙なサポートを聴かせます。

  • 商品番号:OC1889

    Oehms Classics

    グラズノフ(1865-1936)四季
    チャイコフスキー(1840-1893)弦楽セレナード 詳細ページ
    [ドミトリー・キタエンコ(指揮)/ザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団]

    GLAZUNOV, A.K.: Seasons (The) / TCHAIKOVSKY, P.I.: Serenade (Zagreb Philharmonic, Kitayenko)

    発売日:2018年09月28日 NMLアルバム番号:OC1889

    CD 価格:2,070円(税込)

    ストラヴィンスキー:初期作品集(OC1888)に続くキタエンコとザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団のアルバムは、グラズノフの「四季」とチャイコフスキー:弦楽のためのセレナードのカップリング。 1889年にマリウス・プティパの依頼により作曲されたバレエ音楽「四季」はタイトル通り、自然がテーマであり、ストーリーは特にありませんし、登場するのも全て霜やそよ風、氷や妖精。人間は出てきません。キタエンコは各々の季節の特徴を生き生きと描き出しながら、全曲を統一する主題をくっきり浮かびあがらせるメリハリのある演奏を行っています。またカットするのが慣例である秋の「Petit Adagio」の後のヴァリアシオンも演奏されています。 誰もが知っている名曲、チャイコフスキーの弦楽セレナードも、厚みのある響きを生かした流麗な演奏。とりわけ第2楽章の落ち着いた表情付けは新鮮です。

  • 商品番号:SM241

    Solo Musica

    RUSSIAN TREASURES
    (ティッツ/グラズノフ/チャイコフスキー) 詳細ページ
    [カザル四重奏団]

    String Quartet Recital: Casal Quartet - TITZ, A.F. / GLAZUNOV, A.K. / TCHAIKOVSKY, P.I. (Russian Treasures)

    発売日:2017年02月24日 NMLアルバム番号:SM241

    CD 価格:2,340円(税込)

    ドイツに生まれ、1771年にサンクトペテルブルクに赴きエカテリーナ大帝の宮廷に使えた作曲家ティッツ。彼は当時のウィーンで流行していた弦楽四重奏曲の形式をロシアに紹介し、この国での伝統の礎を作った功績でも知られています。そのティッツの作品を冒頭に置き、グラズノフの「ノヴェレッテ」と、第2楽章に美しい「アンダンテ・カンタービレ」が含まれたチャイコフスキーの名曲「弦楽四重奏曲第1番」を組み合わせたこの1枚は、まさに“ロシア音楽の宝探し”。古典派の珍しい作品の紹介に力を注ぐカザル弦楽四重奏団ならではの興味深い選曲です。

  • 商品番号:8.570256

    NAXOS

    グラズノフ(1865-1936)
    弦楽五重奏曲 Op.39
    5つのノヴェレッテ Op.15 詳細ページ
    [ファイン・アーツ四重奏団]

    GLAZUNOV: 5 Novelettes / String Quintet in A major

    ■室内楽

    発売日:2007年06月01日 NMLアルバム番号:8.570256

    CD 価格:1,290円(税込)

    若きグラズノフによる耽美な室内楽曲グラズノフは弦楽四重奏編成による「弦楽四重奏曲○×番でない」楽曲を多く作曲しました、「5つのノヴェレッテ」はそういった分野の代表作です。全体に嬉遊性が前面に出ており、民族的なタイトルを持つ楽章も、サロン風にそういった雰囲気を模した、楽しい音楽となっています。ヴィオラではなくチェロを2本にした編成による弦楽五重奏曲は通常の四楽章形式による作品ですが、こちらも夢見るように美しい音楽です。どこをとってみても上質なのですが、第3楽章の最終部分は極めつけといえましょう。憧憬に満ちたような音色でハーモニクスが静かに響くのですが、この特殊奏法の最も見事な活用例の一つといえましょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.553503-04

    NAXOS

    グラズノフ(1865-1936)
    管弦楽作品集 第1集
    バレエ音楽「ライモンダ」Op.57 全曲 詳細ページ
    [モスクワ響/アニシモフ]

    GLAZUNOV, A.K.: Orchestral Works, Vol. 1 - Raymonda (Moscow Symphony, Anissimov)

    ■バレエ・ダンス音楽

    発売日:1996年03月01日 NMLアルバム番号:8.553503-04

    2CD 価格:2,580円(税込)

    ロシア音楽ファン待望! グラズノフ管弦楽曲全集(全22集)第1弾!!バレエ音楽史上に輝くグラズノフ3大バレエの第1作「ライモンダ」全曲盤です。お話は、13世紀のハンガリー。伯爵家の娘ライモンダは騎士のジャンと熱烈恋愛中でしたが、彼がちょっと戦争に行っている間に、悪い男が言い寄ってきます。あわや誘拐の大ピンチに恋人が戦地から帰還し、悪い奴を決闘で倒して二人は晴れてゴールイン!という、大昔の少女漫画のような麗しのストーリーを、管弦楽の達人・グラズノフが適度なオリエンタル情緒を交えて色彩的に描いた傑作です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.550758

    NAXOS

    グラズノフ(1865-1936) 
    ドヴォルザーク(1841-1904)

    ヴァイオリン協奏曲 詳細ページ
    [カーラー/ポーランド国立放送響/コルチンスキー]

    GLAZUNOV / DVORAK: Violin Concertos in A Minor

    ■協奏曲

    発売日:1994年10月01日 NMLアルバム番号:8.550758

    CD 価格:1,290円(税込)

    ◆19世紀音楽史の道端に咲くロマンティックな2つの協奏曲 ◆前半の美旋律と後半の南欧風解放感が嬉しいグラズノフのイ短調 ◆スラブ的土臭さよりは正統的なロマン性で迫るドヴォルザーク ◆甘く感傷的な旋律が連綿と続くロマンスは隠れ名曲の代表格!

  • 商品番号:8.550324-25

    NAXOS

    チャイコフスキー(1840-1893)
    バレエ音楽「くるみ割り人形」Op.71 全曲盤
    グラズノフ(1865-1936)
    バレエ音楽「レ・シルフィード - 風の精(ショピニアーナ)詳細ページ
    [スロヴァキア放送響/レナールト]

    TCHAIKOVSKY: Nutcracker (The) / GLAZUNOV: Les Sylphides

    ■バレエ・ダンス音楽

    発売日:1990年12月01日 NMLアルバム番号:8.550324-25

    2CD 価格:2,580円(税込)

    だれもが知っている組曲のこれぞ全曲版◆チャイコフスキー3大バレエ中の最高傑作 ◆「花のワルツ」「金平糖の精の踊り」など名曲の宝庫 ◆可憐なおとぎ話の世界が目に浮かぶ飽きない86分間 ◆ショパンの曲をバレエ音楽に編曲した「風の精」も収録

  • 商品番号:8.578173

    NAXOS

    BEST LOVES Classical cello music
    Charming Cello - 魅惑的なチェロ
    詳細ページ
    [さまざまな演奏家]

    CHARMING CELLO

    発売日:2019年08月30日 NMLアルバム番号:8.578173

    CD 価格:1,200円(税込)

    チェロの起源は、恐らく中央アジアかインドで生まれた撥弦楽器に端を発し、アラブの貿易路を通ってヨーロッパに到達したとされています。やがて楽器は発展し、18世紀中ごろに現在の形にほぼ落ち着いたようです。とはいえ、19世紀には大きな音が求められるようになり、これまで用いられてきたガット弦(羊の腸)から金属弦が採用されるなど、細かい改造が加えられ、今に至っています。ソロとしてだけでなく、アンサンブルでも強い存在感を示し、その深く美しい音色は広く愛されています。 このアルバムにはヴィヴァルディからグッドールまで、およそ300年間に渡って書かれた魅惑的な作品が集められています。

  • 商品番号:MEL1002481

    あまりにも多くの良い音楽があるため、全てを演奏したり、聴いたりするのはほとんど不可能です。 とりわけ演奏家にとって「知らない曲を聴きたい」という聴衆の要求に応えるために、常に新しい曲を探求することは、終わることのない務めです。 よき努力はさらに新たな目標を導きます。それを通して生まれる使命感が、演奏家に新しく、より困難な挑戦への意欲を与えるのです。 エフゲニー・スヴェトラーノフ(Firma Melodiya 案内文より)   ロシアの大指揮者エフゲニー・スヴェトラーノフ(1928-2002)のアンソロジーBOX、大好評の第1集に続き、第2集の登場です。 スヴェトラーノフは「全てのロシア、ソヴィエト連邦の交響曲、管弦楽作品」を録音するという強い信念のもとに、およそ30年に渡って数多くの録音を敢行、それまでに録音されることのなかった多くの作品を取り上げ、素晴らしい演奏を成し遂げました。この第2集では、ショスタコーヴィチやプロコフィエフ、ストラヴィンスキーの名曲をはじめ、これまでリリースされたことのない「コンチェルト・バラッタ」を含むグラズノフの管弦楽作品の全てを16枚のCDに収録(これらのほとんどは1989年から1990年の2年間に集中して録音された)、こちらも極めて燃焼度の高い演奏を楽しめます。 他、ロシアを代表する近代作曲家、ミャスコフスーの交響曲集、スヴェトラーノフがこよなく愛したラフマニノフとスクリャービンや、フレンニコフ、ボイコといったほとんど知られていないソ連の作曲家まで、多彩な作品が並んでいます。日本でも人気の高いモソロフの「鉄工場」やワインベルクの交響曲も聴きものです。

  • 商品番号:SWR19034CD

    SWR Klassik

    Les Vendredis - 金曜日の四重奏
    ミトロファン・ベリャーエフ(ベライエフ)の金曜日コンサートから弦楽四重奏のための作品集(1989年出版) 詳細ページ
    [シマノフスキ四重奏団]

    VENDREDIS (LES) - Collection of Pieces for String Quartet from Belaieff's Friday Concerts (Szymanowski Quartet)

    発売日:2017年04月21日 NMLアルバム番号:SWR19034CD

    CD 価格:2,520円(税込)

    19世紀ロシア帝国で、芸術家たちのパトロンとして活躍した豪商ミトロファン・ベリャーエフ。材木商の父親の会社を引き継ぐも、結局は音楽家たちを庇護する道を選び、1885年には楽譜出版社「ベリャーエフ社」を創業するなどグラズノフをはじめとしたロシアの音楽家たちの作品普及に貢献した人です。1891年からは毎週金曜日に、自宅サロンで「Les Vendredis - 金曜日の四重奏」コンサートを開催、このコンサートでは彼に支援された音楽家たちが挙って作品を演奏。ヴァイオリン演奏にも優れていたベリャーエフも演奏に参加するなど、和やかでありながら濃密な時間が持たれました。 このアルバムには、Les Vendredisで演奏された作品を収録。現在では忘れられてしまった作曲家の作品も含まれていますが、どれも一度聞いたら忘れられないほど、強い印象を残す秘曲揃いです。

  • 商品番号:8.501055

    NAXOS

    グレート・バレエ [10枚組BOX] 詳細ページ

    GREAT BALLET (10-CD Box Set)

    ■バレエ・ダンス音楽

    発売日:2012年05月30日

    10CD 価格:5,000円(税込、送料無料)

    西ヨーロッパで発生し、広まった舞台舞踊のことを「バレエ」と言います。貴族たちが歩きながら広間の床に図形を描き、それをバルコニーから眺める「BALLO」というダンスが起源と言われています。最初の頃はオペラの一部として発達しましたが、ロマン派の時代になると、歌は必要なくなり、舞踊のみで劇として成立する作品が中心となります。ここでは18世紀後半に人気を博した「ロマンティック・バレエ」の代表作、アダンやドリーブの作品から、「バレエと言えばこれ!」のチャイコフスキーの3つのバレエ作品、そして近代ロシアのストラヴィンスキー、プロコフィエフ、ハチャトゥリアン、フランスの人気作、ラヴェル「ダフニスとクロエ」まで、バラエティに富んだ演目を収録しています。美しい身体が踊る様子が目に見えるのではないでしょうか?

  • 商品番号:8.501059

    NAXOS

    グレート・ロシアン・シンフォニーズ
    [10枚組BOX] 詳細ページ

    GREAT RUSSIAN SYMPHONIES (10-CD Box Set)

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2012年05月30日

    10CD 価格:5,000円(税込、送料無料)

    ロシア音楽というと、どんなイメージを思い浮かべますか?まずは重々しい和音、咆哮する金管、ロシア民謡・・・などなど、ドイツやフランス、イタリアの音楽とは全く違う世界が目の前に広がります。広大な国土、革命と激動に彩られた歴史の中で育まれた音楽は、ショスタコーヴィチの第7番のように、時として攻撃的でありながらも、人々の切なる思いを全て受け入れるだけの深い懐も持っていて、それは例えばラフマニノフの交響曲第2番の第3楽章「アダージョ」での陶酔感や、スクリャビンの「法悦の歌」などの突き抜けた妖艶さなどに良く表れています。全ての人々の心に、燃え盛る炎と情熱をお届けいたします。

  • 商品番号:8.570154-55

    NAXOS

    戦いに赴く時の音楽 詳細ページ

    CLASSICS GO TO WAR

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2010年03月17日

    CD 価格:2,580円(税込)

    勝者、敗者。どちらにも平等に陽の光は降り注ぐ
    CLASSICS GO TO WAR - 戦いに赴く時の音楽
    人が存在する上で「戦い」というものは、どうしても避けては通れません。しかし、戦いに挑む時に人はどのような思いを抱くのでしょうか? そんな思いを表現した音楽を集めたこの2枚組には、高揚する感情、勝利への願い、相手へ憎しみ、そして敗者への憐憫、など様々な感情が入り乱れています。

  • 商品番号:8.110987

    NAXOS

    パブロ・カザルス(1810-1849)
    アンコールと編曲集 5 詳細ページ
    [カザルス - 録音:1920年-1924年]

    CASALS, Pablo: Encores and Transcriptions, Vol. 5: Complete Acoustic Recordings, Part 3 (1920-1924)

    ■交響曲/管弦楽曲 ■協奏曲 ■室内楽

    発売日:2007年08月01日 NMLアルバム番号:8.110987

    CD 価格:1,290円(税込)

    耳馴染みのある小品にも慈しみをこめて19世紀から20世紀にかけて、いわゆる「大家」と言われた演奏家達は、大曲や難曲と言われる作品を手がけ偉大な解釈を施す一方で、小品にたいしても愛着を深く持ち、それらを愛しみ楽しんで演奏しました。大曲よりも、むしろ小品においてより個性が発揮されることも多く、演奏者を知る上でも貴重な手がかりともいえるでしょう。カザルスは小品に取り組む際、彼らしい生真面目な姿勢を見せており、リラックスして演奏するというよりも、集中力を持ってチェロがいかにメロディーを歌わせることのできる楽器であるかを追求しているかのようです。カザルス節炸裂の「コル・ニドライ」から、清澄な「愛のあいさつ」まで、彼の七変化を聴くことの出来る一枚です。

  • 商品番号:8.553928

    NAXOS

    グラズノフ(1865-1936)
    管弦楽曲全集 第14集
    ピアノ協奏曲 第1番・第2番 詳細ページ
    [ヤブロンスカヤ/モスクワ響/ヤブロンスキー]

    GLAZUNOV, A.K.: Orchestral Works, Vol. 14 - Piano Concertos Nos. 1 and 2 (Yablonskaya, Moscow Symphony, Yablonsky)

    ■協奏曲

    発売日:2000年08月01日 NMLアルバム番号:8.553928

    CD 価格:1,290円(税込)

    重厚にして華麗、ロシア風味満点の大作協奏曲グラズノフは職業的なコンサート・ピアニストではありませんでしたし、数の上から考えればピアノ作品をメイン・フィールドとしていなかったことも確かですが、残されたピアノ作品は第一級の出来映えを見せているものが少なくありません。大作となったピアノ協奏曲第1番もそんな作品の一つで、雄大で憂愁の味わいがあるメロディーと美しい和声が、いかにもロシア風といった感のある華麗で重厚なピアニズムをたっぷり盛り込んだピアノ独奏と、いつもながらに充実したオーケストラによって展開される聴き応え満点なものとなっています。なおこの作品は大ピアニストのゴドフスキーに捧げられていますが、そのことからも彼の作品に対する自負と自信がうかがえます。