マウエルスベルガー(ルドルフ) Mauersberger, Rudolf

生没年 1889-1971 ドイツ
辞書順 NML作曲家番号 67456
  • 商品番号:8.573078

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    失われた都市 - 時を超えた哀歌 詳細ページ [ススピーリ]

    Choral Music - The Lost City: Lamentations Through the Ages (Sospiri, C. Watson)

    ■声楽曲 ■宗教曲

    発売日:2013年05月22日 NMLアルバム番号:8.573078

    CD通常価格:1,200円特価!:490円(税込)

    哀歌とは、旧約聖書の中の一つ「エレミアの哀歌」のことであり、紀元前586年に起きたエルサレムの陥落と神殿の破壊を嘆く預言者エレミアの書いた詩的なテキストです。全体は5つの部分からなり、第1から第4までの部分はヘブライ語のアルファベットが各連のはじめにくるように技巧を凝らされています(第5の歌は民衆の祈りです)。 この嘆きと悲しみの感情は、後世にキリストの受難の予言の比喩ともされるなど、多くの人々の共感を得て様々な芸術作品にも反映されました。これらの闇、荒廃、混乱の強大なイメージは悲観的な感情を想起させるも、破壊からやがて希望へと繋がるものであり、悲しみを乗り越える強さをももたらしてくれるものであることも間違いありません。中世の時代から現代まで、400年以上に渡る「哀歌」の数々は聴き手の心を優しく揺さぶることでしょう。