パリー(ヒューバート) Parry, Hubert

生没年 1848-1918 イギリス
辞書順 NML作曲家番号 25628
  • 商品番号:ODE-1314

    Ondine

    ブラームス(1833-1897)
    ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調 Op.25
    (A.シェーンベルクによる管弦楽版)
    パリー(1848-1918)
    ブラームスへのエレジー 詳細ページ
    [ハイメ・マルティン(指揮)/イェヴレ交響楽団]

    BRAHMS, J.: Piano Quartet (arr. A. Schöenberg for orchestra) / PARRY, H.: Elegy for Brahms (Gävle Symphony, J. Martín)

    発売日:2019年02月22日 NMLアルバム番号:ODE1314-2

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,160円(税込)

    2013年にイェヴレ交響楽団の首席指揮者兼芸術監督に就任したハイメ・マルティンとイェヴレ響のシリーズ最新作は、彼がずっと取り組んでいるブラームス作品へのオマージュです。 19世紀から現代まで無数の芸術家たちにインスピレーションを与えたブラームスですが、シェーンベルクもその作品を愛しており、とりわけ「ピアノ四重奏曲第1番」には格別の想いを抱いていました。1937年にクレンペラーがこの曲のオーケストレーションをシェーンベルクに持ち掛けた際、彼はこの提案を迷わず引き受け、小さな編成の作品をまるで交響曲のような壮大な響きへと変貌させたのです。このアレンジは時に「ブラームスの第5交響曲」とも呼ばれるほどに成功を収め、現代のコンサートでもしばしば耳にするほどにお馴染みになっています。 イギリスの作曲家パリーの「エレジー」はブラームスの訃報を聞いたパリーが書いた哀悼の音楽。パリーの生前には演奏されることなく、1918年パリーの死後に一度演奏されたものの、1977年まで顧みられることがありませんでした。最近の英国音楽ブームに乗って、このような作品も復興の兆しを見せています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SOMMCD272

    SOMM Recordings

    パリー(1848-1918)
    英語詩による歌曲集 第3集 詳細ページ
    [サラ・フォックス(ソプラノ)/ロードリック・ウィリアムズ (バリトン)/アンドリュー・ウェスト(ピアノ)]

    PARRY, H.: 12 Sets of English Lyrics, Vol. 3 (S. Fox, R. Williams, A. West)

    発売日:2019年02月15日 NMLアルバム番号:SOMMCD272

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,160円(税込)

    合唱作品「イェルサレム」で知られる英国20世紀初頭の作曲家パリー。このアルバムは「英国抒情歌曲集」シリーズの第3集であり、12巻で構成された歌曲集の追尾を飾るものです。 どの曲もパリーが大切にしている詩が用いられており、その時の気分によって明るい曲、暗い曲と書き分けられています。同時代のドイツ、フランス歌曲とはまた違う郷愁を含んだ繊細な曲調は、日本人の感性にも寄り添うことでしょう。流麗なピアノ・パートも聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:MPR102

    MPR

    パリー(1848-1918)
    弦楽四重奏のための作品全集 詳細ページ
    [アルカエウス四重奏団]

    PARRY, H.: Music for String Quartet (Complete) (Archaeus String Quartet)

    発売日:2019年01月18日 NMLアルバム番号:MPR102

    CD 2枚組 通常価格:4,015円特価!:3,280円(税込、送料無料)

    19世紀後半から20世紀前半に活躍した英国の作曲家・教育者パリーの、知られざる弦楽四重奏作品を集めたアルバム。初めての全曲録音となります。 いずれの作品も、例え短調を用いても動きのあるフレーズで深刻さに陥らず、彼の代表作であり英国の国民的合唱曲でもある「イェルサレム」を思わせる美しい緩徐楽章を挟み、包容力と高揚感を持った長調の曲想で解決する構成が基本。ブラームスを思わせる分かりやすい和声と旋律という、彼の特性が生きたたいへん美しい作品です。未完となってしまった「スケルツォ」は、英国音楽の研究家ダラム大学ジャレミー・ディブル教授による補筆完成版。第1番と第2番は長年出版も演奏もされなかったものです。 1990年に結成されたアルカエウス四重奏団は、伝統的な弦楽四重奏曲はもちろんですが、20世紀の知られざる作品の発掘と演奏に定評のあるグループ。英国音楽ファン必携のアルバムです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SOMMCD214

    SOMM Recordings

    イギリス歌曲の一世紀 第2集 詳細ページ [サラ・レナード(ソプラノ)/ポール・レナード(バリトン)/マルコム・マルティノー(ピアノ)]

    PARRY, H. / SOMERVELL, A. / STANFORD, C.V.: Songs (A Century of English Song, Vol. 2) (S. Leonard, P. Leonard, Martineau)

    発売日:2019年01月18日 NMLアルバム番号:SOMMCD214

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,160円(税込)

    SOMM RECORDINGSによる「イギリス歌曲」のアンソロジー第2集。 このアルバムの中心をなすのはサマヴェルの歌曲集「シュロップシャーの若者」で、このA.E.ハウスマン(1859-1936)による詩には他にもバターワースが曲を付けていることで知られています。若者の苦悩や不安、愛がモティーフとなった抒情的な詩に寄り添う柔らかい旋律は、聴き手に感傷的な気分と秘められた情熱をあますことなく伝えます。パリーの抒情詩集でのサラ・レナードの澄み切った声も、英国の田園風景を想起させる美しさを備えています。

  • 商品番号:SOMMCD0601

    SOMM Recordings

    サヴィル・クラブの作曲家たち 詳細ページ [アレクサンドル・カルペイエフ(ピアノ)]

    Piano Recital: Karpeyev, Alexander - CHAGRIN, F. / HOWELLS, R. / PARRY, H. / QUILTER, R. / THOMSON, V. (Composers at the Savile Club)

    発売日:2019年09月20日 NMLアルバム番号:SOMMCD0601

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,160円(税込)

    1868年、当時の最も著名な作家や芸術家のグループたちによって設立されたロンドンの由緒ある“サヴィル・クラブ”。“Sodalitas Convivium”(良き連帯と共生)をモットーに、ロンドンのシティ・オブ・ウェストミンスターに属する地区メイフェアの中心部にある素晴らしい18世紀の屋敷に集う紳士たちは、現代でも美味しい食事と会話を楽しみながらブリッジやポーカーの腕を競っています。クラブのメンバーにはサー・アーサー・ブリスやウィリアム・ロイド=ウェッバー、バーナード・ハーマンなどの作曲家や、詩人ラドヤード・キップリングにWBイェイツ、物理学者のアーネスト・ラザフォードにジョン・コックロフトなど17人のノーベル賞受賞者が名を連ねています。 このアルバムは創立当時のメンバーを含む11人の作曲家のピアノ曲を収録した1枚で、後期ロマン派からモダニズムへと向かう英国音楽の発展と歴史を目の当たりにすることができます。演奏しているカルペイエフもサヴィル・クラブのメンバーです。

  • 商品番号:OACD9045D

    Opus Arte

    「雲の柱」
    オックスフォード500年のアンセムを集めて
    詳細ページ
    [オックスフォード モードレン・カレッジ合唱団、マーク・ウイリアムズ(合唱指導)、ウイリアム・フォックス(オルガン)、アレクサンダー・ポット(オルガン)]

    Choral Concert: Magdalen College Choir Oxford - BERKELEY, L. / DYKES, J.B. / LEIGHTON, K. / SHEPPARD, J. / TOMKINS, T. (The Pillar of The Cloud)

    発売日:2019年07月26日 NMLアルバム番号:OACD9045D

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,160円(税込)

    モードレン・カレッジ合唱団500年以上の歴史を彩る、大作曲家たちによるアンセム1480年に創立されたという、オックスフォード大学モードレン・カレッジ合唱団で歌い継がれた、各時代の大作曲家たちによるアンセムを集めたアルバム。

  • 商品番号:SOMMCD0187

    SOMM Recordings

    思い出に -
    イギリスの合唱作品集
    詳細ページ
    [ロイヤル・ホスピタル・チェルシー・チャペル合唱団/ウィリアム・ヴァン(指揮)/]

    Choral Concert: Chapel Choir of the Royal Hospital Chelsea - IRELAND, J. / PARRY, H. / FAURÉ, G. / ELGAR, E. / HARRIS, C.K. (In Remembrance)

    発売日:2019年02月15日 NMLアルバム番号:SOMMCD0187

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,160円(税込)

    「思い出に」と題された美しいイギリスの合唱作品集。第一次世界大戦終結100周年と第二次世界大戦開始80周年を記念し、戦いに敗れた人々に敬意を表して2018年に制作された1枚です。 「安息」「魂」などの言葉をキーワードに作曲年代として130年に及ぶ作品が収録されており、どの曲も慈愛溢れる演奏で死者の心だけでなく、今を生きる人の心をも慰めてくれます。イギリスの合唱曲らしくオルガン伴奏が荘厳な雰囲気をかもしだしており、まるで教会の中でそのまま聴いているような臨場感も素晴らしいアルバムです。

  • 商品番号:8.573825

    NAXOS

    金管七重奏のための音楽集 第6集
    エルガー、フィンジ、パリー、ウォルトンの作品集
    詳細ページ
    [セプトゥーラ]

    Brass Septet Music, Vol. 6 - ELGAR, E. / FINZI, G. / PARRY, H. / WALTON, W. (Septura)

    発売日:2018年10月31日 NMLアルバム番号:8.573825

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    ロンドンを拠点に活躍する金管楽器のトップ奏者たちによる七重奏団「セプトゥーラ」の最新作。これまでに“クリスマス・アルバム”を含む6枚のアルバムで、バロックから近代まで多彩な音楽を演奏してきた彼らですが、今作ではついに「お国もの」であるイギリス近代作品を存分に聴かせます。 日本でもファンの多いフィンジの作品や、エルガー、ウォルトン、パリーなどおなじみの作曲家たちによる声楽曲や弦楽作品を、サイモン・コックスとマシュー・ナイトが絶妙に編曲。もともと金管楽器のために書かれたかのような見事なサウンドに生まれ変わっています。美しいフィンジの「ロマンス」、荘厳なパリーの「告別の歌」など、イギリス近代の独特な情緒をたっぷり味わうことができるユニークな1枚です。

  • 商品番号:RPOSP009

    Royal Philharmonic Orchestra

    ラスト・ナイト・オブ・プロムス 詳細ページ [パーハム/ロイヤル・フィル]

    Orchestral Music - ROSSINI, G. / TCHAIKOVSKY, P.I. / SOUSA, J.P. / MASCAGNI, P. (Last Night of The Proms) (Parham, Royal Philharmonic, Ellis)

    発売日:2017年02月24日 NMLアルバム番号:RPOSP009

    CD 2枚組 通常価格:2,530円特価!:2,080円(税込)

    「ラスト・ナイト・オブ・プロムス」
    ロイヤル・フィルがエキサイティングな夏の音楽祭の音楽を演奏!
    1895年の夏、「クラシック音楽をもっと気楽に聴いてもらおう」とロバート・ニューマンが提唱し、指揮者ヘンリー・ウッドが演奏した“BBCプロムス”。ロイヤル・アルバート・ホールを中心に2ヶ月間に渡って開催される100年以上の歴史を持つこの音楽祭、なかでも最終夜の「ラスト・ナイト・オブ・プロムス」での盛り上がりは素晴らしく、激しいチケット争奪戦に敗れた人は、テレビの前で歓声を上げるのが慣わしとなっています。エルガーの「威風堂々 第1番」は必ず演奏される曲で、合唱の入る部分はアンコールされるのが決まりです。 プロムスでの演奏はBBC交響楽団が中心ですが、同じく英国を代表するオーケストラであるロイヤル・フィルも、これらの名曲に強い愛着を抱いており、本家BBC交響楽団とはまた違うアプローチで華麗に演奏しています。

  • 商品番号:8.572098-99

  • 商品番号:8.553981

    NAXOS

    ルール・ブリタニア
    プロムス・ラストナイトの定番曲集
    詳細ページ
    [リーズ音楽祭合唱団/イングリッシュ・ノーザン・フィルハーモニア/ダニエル]

    Rule Britannia: Last Night of the Proms

    ■合唱曲

    発売日:1998年08月01日 NMLアルバム番号:8.553981

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    エルガーからアーノルドまで、英国民の心を知るための必須音楽ロンドン夏の風物詩の音楽祭プロムス、その最終日の模様は日本へ衛星生中継されるようにもなりました。ユニオンジャックを振りかざし「威風堂々」の中間部の旋律が歌われる場面には、国籍が違う私たちもグッときます。「イギリスの海の歌による幻想曲」(ここではマジメに演奏)などでの英国民のどんちゃん騒ぎを見るのもオツ。そんなプロムス・ラストナイトそのものではありませんが、定番演奏曲を集めました。知名度が今ひとつなウォルトンの行進曲や、何を聴いてもハズレが無いアーノルド作品にも御注目下さい。2、10、12、14は合唱付きです。