フィールド フィールド (ジョン) Field, John

生没年 1782-1837 アイルランド
辞書順 NML作曲家番号 27167
  • 商品番号:8.506033

    NAXOS

    フィールド(1782-1837)
    ピアノ協奏曲集と夜想曲集[6枚組 BOX] 詳細ページ
    [ベンジャミン・フリス(ピアノ) 他]

    FIELD, J.: Piano Concertos / Nocturnes / Piano Sonatas (Frith, Northern Sinfonia, Haslam) (6-CD Box Set)

    発売日:2019年01月25日

    CD 6枚組 価格:3,870円(税込、送料無料)

    アイルランドで生まれ、11歳の時に家族とともにロンドンに移住したジョン・フィールド。作曲家、ピアノ製造者ムツィオ・クレメンティに師事、19歳の時には最初のピアノ・ソナタ集が出版されるなど才能を発揮しました。その後はウィーンやパリで演奏活動を行いながら、ロシアに移住。この地の貴族たちに歓迎され、一時期はグリンカを指導するなどロシアで高い名声を獲得しました。 彼の最も偉大な功績は“夜想曲”の形式を創り上げたことでしょう。形式にとらわれない単一楽章の作品は、ショパンを始めとしたロマン派の作曲家たちに大きな影響を与えました。甘く美しい旋律に満たされた曲の数々には、ショパンとは違う素朴な魅力があります。このBOXでは彼が作曲したピアノ協奏曲と夜想曲の全てを、イギリスの名手フリスの演奏でお聴きいただけます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573262

    NAXOS

    フィールド(1782-1837)
    ピアノ協奏曲 第7番
    アイルランド風協奏曲 詳細ページ
    [フリス/ノーザン・シンフォニア/ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/ヘイスラム/モグレリア]

    FIELD, J.: Piano Concerto No. 7 / Irish Concerto / Piano Sonata No. 4 (Frith, Northern Sinfonia, Royal Scottish National Orchestra, Haslam, Mogrelia)

    発売日:2016年08月26日 NMLアルバム番号:8.573262

    CD 価格:1,291円(税込)

    アイルランド、ダブリンに生まれた天才ジョン・フィールド(1782-1837)は、「夜想曲」の形式を創った人として知られています。劇場でヴァイオリニストを務めていた父親から最初に音楽の手ほどきを受け、9歳でピアニストとしてデビュー。またクレメンティの弟子として研鑽を積み、17歳の時には自身のピアノ協奏曲第1番を演奏、一躍人気者になりました。 名声は勝ち得たものの、彼は決して折り目正しい生活を送ったわけでもなく、この最後の協奏曲である第7番の作曲を始めた頃には、深酒に溺れ少しずつ体調を悪化させていきます。そして病と闘いながら10年間かけて曲を修正し、1832年のクリスマスにパリで初演。聴衆の中にはショパンとリストの姿もあったと言います。 シューマンも賞賛したという力強く美しい作品は、フィールドが単なる「サロン音楽」の作曲家ではなかったことを証明しています。フィールドらしい優しさに満ちた「アイルランド協奏曲」は協奏曲第2番、第1楽章の改訂稿です。ベンジャミン・フリスによるピアノ協奏曲全集も10年をかけてようやく完成となりました。 ※日本語帯なし

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.578079-80

    NAXOS

    イージーリスニング・ピアノ・クラシック
    メンデルスゾーン&フィールド
    詳細ページ

    Easy-Listening Piano Classics: Mendelssohn and Field

    ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:2010年06月16日 NMLアルバム番号:8.578079-80

    2CD 価格:2,580円(税込)

    軽やかな甘さに満ちた、春の夜に聴きたい音楽上品、貴族的、そんな言葉を思い浮かべたくなるようなメンデルスゾーン(1809-1847)の無言歌、ショパンに大きな影響を与えたフィールド(1782-1837)の夜想曲、どちらも明るさの中に、ほんのちょっぴり憂いを含んだ魅力的な曲たちです。小さいながらも表情豊かな無言歌は、聴いているだけで次々と想像がふくらみますし、ひたすら甘い夜想曲は疲れた心を優しく包むことでしょう。爽やかで穏やかな時間をお届けいたします。

  • 商品番号:GP712

    GRAND PIANO

    フリードマン(1882-1948)
    ピアノ・トランスクリプション集 詳細ページ
    [バノヴェッツ]

    FRIEDMAN, I.: Piano Transcriptions (Banowetz)

    発売日:2016年08月26日 NMLアルバム番号:GP712

    CD 価格:2,340円(税込)

    20世紀を代表するポーランドのピアニスト、イグナツ・フリードマン(1882-1948)は、卓越した技巧と解釈で「類い稀なるショパン演奏家」として評価されています。また彼は、同時代の音楽家の例に漏れず、素晴らしい作曲家、編曲家でもありました。彼は自身のコンサートで演奏するために、過去の大作曲家たちの作品を魅力的に改編し、時には超絶技巧を加えて華麗な演奏会用ピースに仕立て上げたのです。 このアルバムでは、そんなフリードマンの編曲によるバロック期の作品から、同時期の作品までを収録(うち3曲は世界初録音)、フリードマンの曲に寄せる愛着も理解できる興味深い1枚となっています。グラミー賞受賞、超絶技巧ピアノ曲を得意とするアメリカのピアニスト、ヨーゼフ・バノヴェッツ(NAXOSレーベルでもお馴染み)の演奏で。

  • 商品番号:DSL-92158

    Dorian Sono Luminus

    夜想曲 詳細ページ [ランドラム]

    Piano Recital: Landrum, Michael - FIELD, J. / CHOPIN, F. / RESPIGHI, O. / SCRIABIN, A. / FAURE, G. / FRANCAIX, J. (Nocturnes)

    ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:2012年10月24日 NMLアルバム番号:DSL-92158

    2CD 価格:2,992円(税込)

    「夜想曲」という形式は、一般的にアイルランドの作曲家ジョン・フィールドが最初に確立したと言われています。これは単一楽章からなるピアノのための小品で、それ以前の「ノットゥルノ」や「セレナーデ」とは若干趣きが異なり、どちらかというと夜の感傷的な気分を前面に押し出したものでした。この形式をとりわけ愛したのがショパンであり、現代では「夜想曲」と言うと、ショパンの美しいメロディを思い出す人も多いのではないでしょうか? もちろん後世の作曲家たちも、この名前を使って、夜のもたらす神秘的な雰囲気を描き出しています。この2枚のCDに収録された「夜の風景」のなんと多彩なこと。どれもが一つのストーリーを秘めたステキな32曲です。 ジョージア州出身のピアニスト、マイケル・ランドルムは美術の修士号も持つ俊英であり、映画にも深い知識を有しているアーティストです。