マネン(ジュアン) Manén, Joan

生没年 1883-1971 スペイン
辞書順 NML作曲家番号 113391
  • 商品番号:8.574274

    NAXOS

    マネン(1883-1971)
    ヴァイオリン協奏曲 第3番「イベリコ」
    交響曲 第2番 「イベリカ] 詳細ページ
    [アナ・マリア・バルデラマ(ヴァイオリン)/ダレル・アン(指揮)/バルセロナ交響楽団&カタルーニャ管弦楽団]

    MANÉN, J.: Violin Concerto No. 3, "Ibérico" / Symphony No. 2, "Ibérica" (Valderrama, Barcelona Symphony, Darrell Ang)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.574274-75

    CD 2枚組日本語帯付き 価格:2,400円(税込)

    知られざる作曲家マネンの作品をダレル・アンの指揮で!バルセロナ出身の作曲家フアン・マネン(1883-1971)。近代スペインを代表する作曲家アルベニスやグラナドス、ファリャに続く、トゥリーナと同時代の作曲家です。他の作曲家たちがピアノ曲を重視したのに対し、彼は専らヴァイオリニストとして活動し、ドイツを中心に、ヨーロッパからアメリカで4000回以上のリサイタルを行って、同国人のサラサーテを凌駕する才能の持ち主として高く評価されました。一時期は世界的な人気を誇り、1959年、76歳まで演奏活動を続けたマネンですが、公式録音をほとんど残さなかったためか、現在ではほとんど顧みられることがありません。 作曲家としては7作の歌劇を始め、数多くの管弦楽曲から歌曲までを残しており、このアルバムに収録された交響曲と協奏曲は、どちらもロマンティックな雰囲気を湛えたスペイン情緒豊かな作品です。 2011年のサラサーテ国際コンクールに優勝したスペインの若き奏者バルデラマの伸びやかな音で奏でます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS72019

    IBS Classical

    Sonata di concerto
    20世紀カタルーニャのチェロ作品集
    (マネン、ジェラール、モンサルバーチェ) 詳細ページ
    [ギレルモ・パストラーナ(チェロ)/ダニエル・ブランチ(ピアノ)]

    Cello and Piano Recital: Pastrana, Guillermo / Blanch, Daniel - MANÉN, J. / GERHARD, R. / MONTSALVATGE, X. (Sonata di concerto)

    発売日:2020年01月24日 NMLアルバム番号:IBS-72019

    CD 価格:2,250円(税込)

    20世紀初頭のカタルーニャでは、様々な地域の音楽が混じり合っていました。ドイツの影響を受けたワーグナーに連なる後期ロマン派、フェリペ・ペドレルが推奨するスペイン国民楽派、そしてスペイン伝統のスタイルに新しい様式を融合された「新進主義」。 このアルバムに収録されている3人の作曲家は、それぞれ当時の潮流に乗りながら、自身の作風を確立させていきました。どの作品もスペインの伝統音楽から出発し、広く世界へと目を向けた先進的なスタイルを持っています。

  • 商品番号:8.574133

    NAXOS

    期待の新進演奏家
    ヴォジン・コツィッチ(ギター)
    リサイタル 詳細ページ
    [ヴォイン・コツィッチ(ギター)]

    Guitar Recital: Kocić, Vojin - JOSÉ, A. / ALBÉNIZ, I. / MANÉN, J.

    発売日:2019年09月27日 NMLアルバム番号:8.574133

    CD 価格:1,200円(税込)

    2017年、ドイツで開催された「ハインツベルク国際ギター・コンクール」で優勝を飾り、その翌年、名門コンクールである「ミケーレ・ピッタールガ国際ギター・コンクール」を制したヴォイン・コツィッチ。1990年セルビア生まれの彼はチューリヒ音楽大学で学士号を取得、現在もチューリヒで研鑽を積んでいます。すでにソリストとしてオーケストラとも数多く共演をこなすなど幅広く活躍しています。 このアルバムでは、前作のデビュー盤(8.573906)よりも更に進化した演奏を披露。スペイン内戦で若き命を落としたアントニオ・ホセの美しいソナタと、アルベニスの「スペイン組曲」(原曲はピアノ)、バルセロナ生まれのマネンの「幻想的ソナタ」の3つの作品を魅力的に奏でています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573067

    NAXOS

    ティアンワ・ヤン スペインを弾く
    ラロ(1823-1892)
    スペイン交響曲
    マネン(1883-1971)
    コンシェルト・エスパニョール 詳細ページ
    [楊天堝/バルセロナ響&カタルーニャ管/ダレル・アン]

    LALO, É.: Symphonie espagnole / MANÉN, J.: Violin Concerto No. 1 (Tianwa Yang, Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra, Darrell Ang)

    発売日:2016年10月28日 NMLアルバム番号:8.573067

    CD 通常価格:1,200円特価!:990円(税込)

    NAXOSが注目するヴァイオリニス卜、ティアンワ・ヤンによる2曲の“スペイン風”協奏曲集。ラロ(1823-1892)の「スペイン交響曲」は彼の代表作であり、誰もが知っている名作です。かたやマネン(1883-1971)の協奏曲は、全くと言ってよいほどに知られていない秘曲。しかし、どちらの作品も華やかで技巧的なパッセージと情熱的なリズムに満たされており、サラサーテの演奏で絶賛されているヤンの熱い演奏は、2つの作品の「スペイン魂」を見事に表出しています。 ラロの「スペイン交響曲」は1874年、サラサーテのために書かれた作品で、タイトルこそ「交響曲」とされているものの、実質的には協奏曲。以前は第3楽章がカッ卜される傾向にありましたが、最近では5楽章を通して演奏することが多く、ここでも全5楽章を聞く事ができます。ホアン・マネンはバルセ口ナ出身のヴァイオリニス卜、作曲家。彼が活躍していた20世紀の始めにはサラサーテやパブロ・カザルスと並ぶ人気を博していた人です。この協奏曲は彼の初期の作品で、若々しいフレーズと、変化に富む楽想が次々と現れる優美な協奏曲です。 ヤンのヴァイオリンの名技だけでなく、バックのバルセロナ交響楽団を振るダレル・アンの統率カにも注目の1枚です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.111314

    NAXOS

    アンドレス・セゴビア
    1950年代アメリカ録音集 第6集
    詳細ページ
    [セゴビア - 録音:1950年代]

    SEGOVIA, Andres: 1950s American Recordings, Vol. 6 (Segovia, Vol. 8)

    ■器楽曲(ギター)

    発売日:2008年09月10日 NMLアルバム番号:8.111314

    CD 価格:1,200円(税込)

    ロマンティックと情熱。セゴビアがギターで描く音の世界言うまでもなく、20世紀最大のギター音楽の巨匠であるセゴビア。今作はロマン派の作品、そして彼が愛奏していた南アメリカとスペインの音楽集です。フランクやシューマンの愛らしいピアノ曲も、セゴビアが演奏すると見事なギターの作品として生まれ変わります。