2021年5月

※複数語による AND OR 検索はできません

絞り込み 参考キーワード

122 件 / 122件中 準備中…

  • 商品番号:NYCX-10221

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ウェーバー(1786-1826)
    作品集
    序曲 「精霊の支配者」 ニ短調 Op.27
    ピアノと管弦楽のための小協奏曲 ヘ短調 Op.79
    歌劇《魔弾の射手》Op.77 より
    歌劇《オベロン》 序曲
    詳細ページ
    [マルティン・ヘルムヒェン、アンナ・プロハスカ、クリストフ・エッシェンバッハ、ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団]

    発売日:2021年05月28日

    CD国内仕様 日本語解説付き価格:2,970円(税込)

    ベルリン・コンツェルトハウス200周年記念!
    ゆかりの演目による豪華演奏陣の快演
    1821年5月26日、躍進めざましいプロイセン王国の首都ベルリンに新しい王立劇場がオープンしました。直後の6月18日にはウェーバーの歌劇《魔弾の射手》の初演が大成功を収めてドイツ・ロマン派音楽に決定的一歩をもたらし、翌週には同じ作曲家の「ピアノと管弦楽のための小協奏曲」も同劇場で初演されました。 後にケルン大聖堂を完成に導くことになる大建築家シンケルが設計したこの劇場は、第二次大戦での損壊を経ながら1984年10月に「シャウシュピールハウス」と名を変えて復活。東ドイツ時代にはクルト・ザンデルリング率いるベルリン交響楽団(現ベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団)の拠点となったほか、「ベルリンの壁」開放直後の1989年12月にはバーンスタイン指揮の下に第二次大戦での対戦国の音楽家が集まり記念コンサートが開催されるなど、ベルリンの音楽史において独自の伝統を誇っています。 2021年は劇場落成200周年を記念すべく、来日機会も多いベルリン生まれの俊才ヘルムヒェン、ベルリンを拠点に際立った個性を発揮してきたプロハスカをゲストに迎え、2019年にコンツェルトハウス管音楽監督となったクリストフ・エッシェンバッハの指揮のもと、《魔弾の射手》の重要ナンバーを軸としたウェーバー・アルバムを録音! やはり同劇場ゆかりの小協奏曲、作曲家最後の傑作《オベロン》の序曲、演奏会用に転用された《リューベツァール》序曲と、ウェーバーの天才を多角的に味わえる選曲も嬉しいところです。 2008年からコンサートマスターを務める日下紗矢子も参加。名技師シュテファン・レーの適切なエンジニアリングによって劇場空間の音響が鮮やかに収められ、抑揚鮮やかな名演の魅力がきわだつ記念盤となりました。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10222

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD国内仕様 日本語解説付き価格:2,970円(税込)

    弦を叩く音と、はじく音……
    稀代の名手が伝えるバロック宮廷楽器の煌びやかさ
    イタリア語で「サルテリオ」と呼ばれる、箱に張り巡らせた弦を上からハンマーで叩いたり爪弾いたりする楽器が本盤の主役。ペルシャ古典音楽のサントゥールや中東欧の民俗楽器ツィンバロム(英語名ダルシマー)と同様の楽器で、中世楽器のプサルテリウムにも通じる存在ですが、実はバロック後期にドイツ語圏の宮廷やイタリアで広く用いられていました。 この楽器の名手とテレマンが讃えたパンタレオン・ヘーベンシュトライトが、大型のサルテリオを開発して自らの名にあやかり「パンタレオン」と名づけたことも知られていますが、このアルバムで光が充てられているのは、バロック後期から前古典派にかけてのイタリア人作曲家たちの作品。さまざまなハンマーを使い分けたり奏法を変えることで、美しくも多様な音色を描き分けられるサルテリオが、ロココの紳士淑女を喜ばせた甘美な音楽といかに相性が良いかを伝えています。 演奏者マルギット・ユーベルラッカーは、稀代の古楽アンサンブル、ラルペッジャータの一員としても活躍してきたバロック・サルテリオの最重要プレイヤーの一人! RAMEEレーベルではここでも共演しているユルゲン・バンホルツァー率いるアンサンブルと声楽作品の録音もしていますが、今回は歌い手ぬき、自身が前面に立ってのソロ名義アルバムと言ってよい内容となっています。あるときは弦をはじくチェンバロの音がサルテリオの美音と重なり合い、またあるときは撥弦音とは対照的なオルガンの和音で対比の妙を描き出す、そんなバンホルツァーによる通奏低音もこの上ない味わいを添えています。 (楽器の写真…左はオリジナル、中央と右は今回の録音に使用された再現楽器)

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10223

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    マーラー(1860-1911)
    交響曲 第7番 「夜の歌」 詳細ページ
    [キリル・ペトレンコ、バイエルン国立管弦楽団響楽団]

    発売日:2021年05月28日

    CD国内仕様 日本語解説付き価格:3,300円(税込、送料無料)

    バイエルン国立歌劇場自主レーベルBSOrec始動。
    第1弾はペトレンコ指揮による高密度のマーラー7番!
    17世紀のバイエルン選帝侯の宮廷歌劇場に起源を持ち、モーツァルトやワーグナーのオペラを初演してきたドイツ屈指の名門、バイエルン国立歌劇場が自主レーベルBayerische Staatsoper Recordings(BSOrec)をスタート。そのリリース第1弾に選ばれたのは、2013-20年に音楽総監督を務めたキリル・ペトレンコ指揮による「マーラー: 交響曲第7番」のライヴ録音! 2018年5月28日と29日にミュンヘンで行われた演奏会は、灼熱の完全主義者ペトレンコの下で、超高精度・超高密度、そして緊密なコントロールが生み出す高い緊張感で聴衆や評論家を圧倒し、続くロンドン公演でも大喝采を浴びました。レーベルの船出にふさわしい1枚です。   「このマーラー7番はあらゆる点で議論の余地なく最上級だ」・・『ジ・アーツ・デスク』 「素晴らしいバイエルン国立管弦楽団による真に輝かしいマーラー7番」・・・『ザ・ガーディアン』 「バイエルン国立管弦楽団による、息をのむばかりの完璧な演奏」・・・『アーベントツァイトゥング』 「超高解像度のマーラー。CDはいつ出るのか?」・・・『ミュンヘン・メルクール』

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50138

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ビゼー(1838-1875)
    歌劇《カルメン》 詳細ページ
    [アンナ・カテリーナ・アントナッチ(ソプラノ)/アンドルー・リチャーズ(テノール)/アンネ=カテリーネ・ジレ(ソプラノ)/ニコラ・カヴァリエ(バス=バリトン)/オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク/ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    Blu-ray国内仕様 日本語字幕付き価格:5,500円(税込、送料無料)

    名作オペラのオリジナルな姿に迫る、アントナッチ=ガーディナー=ノーブルの《カルメン》フランス・オペラを代表する名作《カルメン》。1875年、パリのオペラ=コミック座での初演は、その生々しい社会下層の人々の描写と惨劇に終わる結末が聴衆に衝撃を与え不評に終わり、その直後、失意のビゼーは36歳という若さで早逝します。しかしその音楽に親しみやすさに加えて劇的な迫力を持つこの作品は、ビゼーの友人ギローによるグランドオペラ・スタイルへの改作の効果も得て、今では世界中で最も人気のあるオペラ演目のひとつに数えられるようになりました。 本映像は、2009年6月その《カルメン》の初演の地、パリ・オペラ=コミック座のイニシアティヴにより、ビゼーが構想したオペラ・コミック(台詞を伴う歌芝居)の《カルメン》の原型に迫る試みとして上演された貴重な公演記録です。タクトを執るのはオルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクと共に、ベートーヴェンに始まりロマン派楽曲のオリジナルな姿を追求することに実績を重ねてきたジョン・エリオット・ガーディナー。演出は長年ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの芸術監督を務めた名匠エイドリアン・ノーブル。この最強のコンビの創る音楽と舞台に、当代切ってのカルメン歌いアンナ・カテリーナ・アントナッチ、野性味溢れるホセ役のアンドルー・リチャーズ、純朴なミカエラのアンヌ=カトリーヌ・ジレ、男だての闘牛士エスカミーリョのニコラ・カヴァリエらの歌手陣が、歌芝居にふさわしいニュアンスに富んだ演技歌唱で見事に応えています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50140

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ヴェルディ(1813-1901)
    《ファルスタッフ》3幕のオペラ 詳細ページ
    [ロベルト・デ・カンディア(バリトン)、ホエル・プリエト(テノール)、クリストフ・モルターニュ(テノール)、ミケルディ・アツァランダバーソ(テノール)、ヴァレリアーノ・ランチャス(バス)、レベッカ・エヴァンス(ソプラノ)、シモーネ・ピアッツォラ(バリトン)、ルート・イニエスタ(ソプラノ)、ダニエラ・バルチェッローナ(メゾ・ソプラノ)、マイテ・ボーモン(メゾ・ソプラノ)、ほか マドリード王立歌劇場管弦楽団・合唱団、ダニエーレ・ルスティオーニ(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    Blu-ray国内仕様 日本語字幕付き価格:4,950円(税込、送料無料)

    ロラン・ペリーによる新世紀の《ファルスタッフ》斬新なプロダクションで注目を集めるマドリード王立歌劇場より、独創性溢れる演出で声価の高まるロラン・ペリーによる 《ファルスタッフ》をお届けします。2017年から大野和士の後任としてリヨン歌劇場の音楽監督を務める若きイタリアのマエストロ、ダニエーレ・ルスティオーニが渾身のタクトでヴェルディ最後のオペラに陰影と活気に満ちた音楽表現を与え、ロベルト・デ・カンディア、ダニエラ・バルチェッローナをはじめとした歌手陣も素晴らしい歌唱でそれに応えています。 この新演出を担当したロラン・ペリーは、近年とりわけフランス・オペラの分野で、モダンで風刺の利いた楽しい舞台を数多く作り出すことで知られており、この《ファルスタッフ》でも、さまざまなアイデアを巡らせるとともに、舞台を20世紀に移し、歌手たちは歌って踊るという、全体をブロードウェイのミュージカル・タッチで見せながら、人間の愚かさを鋭く風刺しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50142

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    プロコフィエフ(1891-1953)
    バレエ『ロミオとジュリエット』
    振付 ケネス・マクミラン/英国ロイヤル・バレエ 詳細ページ
    [ロミオマシュー・ボール/ジュリエットヤスミン・ナグディ/ティボルトギャリー・エイビス/コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団/指揮パヴェル・ソローキン]

    発売日:2021年05月28日

    Blu-ray国内仕様価格:5,500円(税込、送料無料)

    英国ロイヤル・バレエの人気レパートリー『ロミオとジュリエット』―
    ヤスミン・ナグディ&マシュー・ボールが踊る!
    プロコフィエフ作曲の劇的緊張にみちた才気溢れるバレエ音楽『ロメオとジュリエット』は1936年の初演に始まり、多くの振付家、バレエ団が取り組み数々の名舞台が生まれてきましたが、中でも1965年ケネス・マクミラン振付、ニコラス・ジョージアディスの美術によるフォンテーンとヌレエフのコンビで初演された英国ロイヤル・バレエの舞台は絶大な人気を博し、同カンパニーを代表する演目として現在に至っています。 この上演収録では2019年6月、英国ロイヤル・バレエの若手人気プリンシパル、ヤスミン・ナグディとマシュー・ボールが主役カップルとして登場。伝統の舞台に若々しく鮮烈な息吹を吹き込んでいます。金子扶生がロザライン役で登場するのも嬉しいところです。 ロミオ(マシュー・ボール)とティボルト(ギャリー・エイヴィス)の剣戟のリハーサルなど普段は見られない舞台裏の情景を収録した特典映像も必見。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50144

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ヘンデル(1685-1759)
    歌劇《リナルド》 詳細ページ
    [カルメラ・レミージョ(ソプラノ)/レオナルド・コルテッラッツィ(テノール)/フランチェスカ・アスプロモンテ(ソプラノ)/フェデリコ・マリア・サルデッリ(指揮)/フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団]

    発売日:2021年05月28日

    Blu-ray国内仕様 日本語字幕付き価格:4,400円(税込、送料無料)

    フィレンツェ五月音楽祭劇場からヘンデル・オペラの醍醐味を伝える
    ユニークなピッツィ演出による《リナルド》登場!
    11世紀のエルサレム、十字軍の戦士リナルドは、総司令官ゴッフレードの娘アルミレーナと相思相愛の仲、ゴッフレードはリナルドに「エルサレム陥落のあかつきには2人の結婚を許す」と約束しています。これを知ったエルサレム王アルガンテの恋人で魔女のアルミーダは、リナルドの戦意を喪失させるために、まずはアルミレーナを誘拐し、彼女の奪還に向かったリナルドをも捕らえることに成功します。しかし、アルガンテがアルミレーナに懸想し、さらにアルミーダもリナルドに強く惹かれることで、事態は混迷を深めていきます… 《リナルド》は1710年、ロンドンに赴いたヘンデルがヘイマーケット劇場の支配人アーロン・ヒルの薦めによって作曲した正歌劇(オペラセリア)。ヘンデルはわずか2週間でこのオペラを仕上げ、1711年2月14日に同劇場で初演、大好評を博しました。原作はタッソの叙事詩『解放されたエルサレム』で、当時数多くの作曲家が同じ物語に基づく作品を書いたことでも知られています。この作品の中でとりわけ有名な〈私を泣かせてください〉は、囚われの身のアルミレーナが言い寄るアルガンテに対し、リナルドへの貞節を誓うアリアです。 本作は2020年9月、新型コロナウイルス感染症に対するロックダウン解除後、イタリアで最初に公演を再開したフィレンツェ五月音楽祭劇場での公演記録。同年90歳の誕生日を迎えたオペラ演出界の重鎮ピッツィによる演出は、間接照明と波打つ布を多用した美しく幻想的な舞台を背景に、華麗な衣装をまとった登場人物たちが黒子に押された輿(こし)に乗って移動するという意匠。1985年レッジョ・エミリア市立劇場の公演で創案されたこの演出は、現在でも色褪せることのないユニークなものです。 外題役を歌う伸びやかな美声のペー、凄みのある性格表現が目覚ましいカルメラ・レミージョのアルミーダをはじめバロック唱法に熟達した歌手たち、オーケストラを的確にまとめるサルデッリのタクトがヘンデル・オペラの醍醐味を十全に伝えています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10220

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    セリーナ・オット(トランペット)
    トランペット協奏曲集
    アルチュニアン、ペスキン、デザンクロ 詳細ページ
    [セリーナ・オット(トランペット)/ロベルト・パーテルノストロ(指揮)/ウィーン放送交響楽団]

    発売日:2021年05月14日

    CD国内仕様 日本語解説付き価格:2,970円(税込)

    2018年「ミュンヘン国際音楽コンクール」トランペット部門の覇者、セリーナ・オット。弱冠20歳で、トランペット部門初の女性優勝者となった彼女は、すぐさまケルン放送響、ベルリン・ドイツ響、ウィーン・トーンキュンストラー管、チェコ・フィルなど世界の主要オーケストラと共演。その音楽性とテクニックで人々を魅了しています。5歳でピアノを始め、翌年には父エーリッヒよりトランペットの手ほどきを受け、ほとばしる才能を開花させました。ウィーン国立音楽大学では、マルティン・ミュールフェルナー、カールスルーエ音楽大学ではラインホルト・フリードリヒ、ウィーン市立音楽芸術大学(MUK)ではローマン・リンドベルガーに師事し研鑽を積んでいます。 このデビュー・アルバムでは、彼女は20世紀を代表するトランペット協奏曲の名作を華麗に演奏。トランペット奏者なら一度は夢見るアルチュニアン、高度なテクニックが駆使されたペスキン、彼女が最も気に入っているというデザンクロ、この3曲を鮮やかに吹ききっています。 国内仕様盤には西村 祐氏による日本語解説が付属します。 (デザンクロの曲名も西村氏の邦訳を記載いたしました。)

  • 商品番号:2.220007

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ジークフリート・ワーグナー(1869-1930)
    歌劇《太陽の炎》 詳細ページ
    [ウリ・ビュッツァー(バリトン)/レベッカ・ブロバーグ(ソプラノ)/ジョルジオ・ヴァレンタ(テノール)/スティーヴン・シーシャレッグ(バリトン)/ユリア・レズニク(ソプラノ) 他/PPPミュージック・シアター・インストゥルメンタル・アンサンブル/バイロイト・デジタル・オーケストラ/ウルリッヒ・レイカム(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    DVD価格:3,225円(税込、送料無料)

    リヒャルト・ワーグナーとコジマ・リストの長男として生まれたジークフリート・ワーグナー。もともとは建築家を志していたものの、父に倣い作曲家に転向。フンパーディンクに師事し作曲を学びました。指揮者としても素晴らしい能力を発揮、バイロイト音楽祭でも演奏、演出の両面で大活躍しています。父とは違い温厚な性格であったことが知られ、その作品も大言壮語ではなく、おとぎ話などを題材にした穏健なものが多く、作品数は多いものの、そのほとんどは忘れられています。 この《太陽の炎》は1912年に作曲された8番目の歌劇。13世紀、十字軍の侵入で崩壊しつつあるビザンチン帝国で立ち往生してしまった脱走兵が主人公の悲劇で、第1次世界大戦が勃発する直前の作曲当時の不安な情勢が反映されています。初演後一旦は忘れられてしまいましたが、1979年に一部蘇演され、2002年にようやくハレ劇場で完全上演されました。 この映像は、2020年、バイロイト辺境伯歌劇場でのライヴ収録で、実力派の歌手たちの歌唱が聴きどころ。舞台装置と衣装は簡素ですが、背景に様々な情景を映し出すことで物語を補完。歌手たちは必要に応じてマスクを手にして歌うという、2020年ならではの時代情勢も反映された興味深い演出が施されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:80239

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    東京出身でロンドンを中心に欧州で活動するヴァイオリニスト、勝村麻由子のデビューCD。東京藝術大学付属音楽高等学校を卒業後渡英し、ギルドホール音楽演劇学校でイフラー・ニーマン氏に師事した勝村麻由子は、欧州で数々のコンクールで優勝・入賞し、2006年にベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でロンドン・デビューを果たしました。その後、2007年2月にはウィグモア・ホールでリサイタル・デビューしたほか、プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番をイギリス室内管と共演しています。 名手カニーノとのこのアルバムは、欧州でも高い評価を得ました。

  • 商品番号:8.226204

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    ドイツ出身、初期ロマン派の作曲家フリードリヒ・クーラウ。幼いころ不慮の事故で片目を失明するもデンマークに移住後、ピアニスト・作曲家として大成。デンマークの伝統的な演劇『エルヴェルホイ』に音楽をつけたことで知られていますが、彼の最大の功績は数多くのピアノ曲とフルート曲を作曲したことにあるでしょう。何より彼が作曲したソナチネは、ピアノ学習者のための適度な指の訓練と、音楽性の育成に大いに役立っています。 このシリーズはクーラウの広範囲にわたるピアノ作品を紹介します。第1集では世界初録音となる「ディヴェルティスマン」の他、“ソナチネ・アルバム”でおなじみのハ長調を含む3曲のソナチネ、規模の大きいソナタを収録。ソナタではベートーヴェンを思わせる起伏に富んだ音楽が楽しめます。 演奏しているマリー・ルイーズ・ボーデンドルフは5歳でピアノをはじめ、2002年から2007年までハノーファー音楽大学で学んだピアニスト。確実なテクニックと豊かな音楽性が持ち味です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.226585

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ノアゴー(1932-)
    歌の秘密 詳細ページ
    [シーネ・アスムセン(ソプラノ)/イレーナ・カフチッチ(フルート)/ヘルガ・スラーット(ヴァイオリン)/アネッテ・スラーット(ヴィオラ)/ジョン・エーデ(チェロ)/エリク・カルトフト(ピアノ)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    デンマークの作曲家ペア・ノアゴー。長年の音楽活動において数多くの賞を受賞するなど、世界中で称賛されています。ノアゴーは静謐さを重視した作品を多く書いており、このアルバムで聴くことができる作品の作曲年代も多岐にわたりますが、どれも小さな編成による内省的な作品です。 聴きどころはヴィオラ独奏のために書かれた「ノブコのための本」。この小品集は日本の名手、今井信子のために書かれたもので、凛としたヴィオラの響きが心地よい神秘的な作品です。デンマークを代表する奏者たちによるアンサンブルからは、彼の思慮深いメッセージを聴きとることができるでしょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.506042

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD 6枚組価格:3,525円(税込、送料無料)

    スイス出身のピアニスト・作曲家、ジギスムント・タールベルク。14歳の時にロンドンでモシェレスにピアノを学び、同年5月に最初の公開演奏会を開催。以降、フンメルやツェルニーに指導を受け、1835年にパリへ赴きピアニストとして喝采を浴びます。 とりわけリストとはお互いにライバル意識を燃やし、1837年には直接対決を行い「タールベルグは世界一のピアニスト、リストは世界で唯一のピアニスト」と称されたというエピソードも。晩年はナポリ近郊のポジリポに移住。亡くなるまでナポリ音楽院でピアノを教えながら、悠々自適の生涯を送りました。 この6枚組には、リストを凌駕するほどの華麗なピアニズムが味わえるオペラのトランスクリプション集やピアノ協奏曲、晩年に過ごしたポジリポで書かれた小品などを楽しめます。 演奏は1954年イタリア生まれのフランチェスコ・ニコロージ。超絶技巧の持ち主であるだけではなく、タールベルク国際研究センターの会長として作品の研究、普及に努めています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.551451

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD 2枚組価格:2,400円(税込)

    誰もが一度は耳にしている「ジャジャジャジャーン」で始まるベートーヴェンの交響曲第5番“運命”の冒頭部分。この2枚組は“運命”の第1楽章の13種類の聴き比べができるという画期的なアルバムです。 NAXOSとそのファミリー・レーベルの音源を網羅し、古くは1951年のクレンペラーやロスバウトの歴史的録音から、昨年大きな話題となったロバート・トレヴィーノの演奏(こちらは全曲が収録されています)、そしておなじみリストが編曲したピアノ版も含む、様々な語り口による「ジャジャジャジャーン」をお楽しみいただけます。 重厚な演奏から、近年流行のピリオド奏法までも味わえる、とにかく至れり尽くせりの注目盤です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573969

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ベートーヴェン(1770-1827)
    三重協奏曲(ライネッケによるピアノ三重奏曲編)
    ライネッケ(1824-1910)
    ピアノ三重奏曲 第1番 詳細ページ
    [ドゥッチョ・チェカンティ(ヴァイオリン)/ヴィットリオ・チェカンティ(チェロ)/マッテオ・フォッシ(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Triple Concerto (arr. C. Reinecke for piano trio) / REINECKE, C.: Piano Trio No. 1 (D. and V. Ceccanti, Fossi)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:8.573969

    CD価格:1,200円(税込)

    最近、ベートーヴェンやモーツァルトの協奏曲を様々な作曲家が室内楽版に編曲した演奏が注目を集めています。このアルバムではピアニストとしても名を馳せたカール・ライネッケがベートーヴェンの三重協奏曲をピアノ三重奏に編曲したヴァージョンを聴くことができます。 85歳という当時としては長命を得てロマン派の初期から後期までを俯瞰したライネッケは、300曲以上の作品を残しており、中でも室内楽はブラームスを思わせる緻密な作風を持つことで知られますが、このベートーヴェン作品の編曲は各々の楽器にソリスト的な役割が与えられた演奏効果の高いもの。もちろん原曲の味わいは損なわれることなく、見事な出来栄えを誇っています。 同時に収録されたライネッケ自身のピアノ三重奏曲はメンデルスゾーンを思わせる美しく流麗な音楽。ゆったりとした序奏に導かれる第1楽章、悠然とした旋律が魅力的な第2楽章、快活なスケルツォ楽章を経て堂々たる終楽章に至る、伝統的な作風による作品です。

  • 商品番号:8.574004

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ロドリーゴ(1901-1999)
    〈ギター作品集 第3集〉
    ギターのための牧歌
    トリプティコ/2つの前奏曲
    スペイン風ソナタ/セシリアのアルバム 他
    詳細ページ
    [ジェリル・レフィク・カヤ(ギター)/マリアン・ゲディジャン(フルート)]

    RODRIGO, J.: Guitar Works, Vol. 3 (Gedigian, Refik Kaya)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:8.574004

    CD価格:1,200円(税込)

    20世紀スペインにおける偉大な作曲家の一人、ホアキン・ロドリーゴ。幼少期に得た病のため視力を失うも、ピアニスト・作曲家として大成。なかでも「アランフェス協奏曲」はギター協奏曲における最高の作品の一つとして評価されるなど、ギター音楽の作曲家として広く認識されています。 彼の作品はアルベニスやグラナドス、ファリャなどスペイン・ロマン派の伝統を拡張するとともに、留学先のパリで培ったフランス印象派の様式も盛り込んだ独自性の高いもの。このアルバムではソナタ形式で書かれた「ギターのための牧歌」にはじまり、ロドリーゴの娘セシリアに捧げられた愛らしいピアノ曲集をペペ・ロメロがギター用に編曲した「セシリアのアルバム」、そしてロドリーゴの最後のギター作品となった「2つの小さな幻想曲」など、伝統と革新を融合させた様々な作品を楽しむことができます。 演奏しているジェリル・レフィク・カヤは2012年ジョアン・ファレッタ国際ギターコンクールで最優秀賞を獲得した1991年イスタンブール生まれのギタリスト。NAXOSからはバリオスのギター作品など4枚のアルバムをリリース、高く評価されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574143

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    オーベール(1782-1871)
    〈序曲集 第4集〉
    歌劇《オロンヌ公》/歌劇《フラ・ディアボロ》
    歌劇《媚薬》/歌劇《ヴェルサイユの饗宴》
    歌劇《ガルベの王の婚約者》/歌劇《アクテオン》
    詳細ページ
    [モラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団/ダリオ・サルヴィ(指揮)]

    AUBER, D.-F.: Overtures, Vol. 4 - Le duc d'Olonne / Fra Diavolo / Le Philtre / Actéon / Divertissement de Versailles (Moravian Philharmonic, Salvi)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:8.574143

    CD日本語帯付き価格:1,200円(税込)

    19世紀、フランスのオペラ界で強い影響力を誇ったフランソワ・オーベール。生涯に50作ほどの歌劇を作曲、当時のパリ・オペラ座ではワーグナーと人気を二分するほどに高い評価を受けました。彼の作品はどれも優雅で洗練された旋律を持ち、歌劇の序曲だけを聴いてもその特徴が強く印象に残ります。 さまざまな世界初録音作品を含み、知られざるオーベールの序曲を紹介するダリオ・サルヴィによるシリーズもこのアルバムが第4集。最もよく知られる《フラ・ディアボロ》の序曲と間奏曲から、バロック風の趣をもつ「ヴェルサイユのディヴェルティスマン」、ほとんど上演記録のない《ガルベの王の婚約者》の序曲と挿入曲まで、ロッシーニ風の色彩豊かな旋律とオーケストレーションに彩られた魅力あふれる作品が並びます。 第3集とおなじくモラヴィア・フィルハーモニー管弦楽団による演奏です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574280

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    〈期待の新進演奏家シリーズ〉
    アレクサンドル・コリャキン(ピアノ)
    リスト、ドビュッシー、サストレ、フランク 詳細ページ
    [アレクサンドル・コリャキン(ピアノ)]

    Piano Recital: Koryakin, Alexander - FRANCK, C. / LISZT, F. / DEBUSSY, C. / SASTRE, J.

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:8.574280

    CD価格:1,200円(税込)

    スペイン、アンダルシア地方のハエン市で毎年開催される(2020年は中止)「ハエン国際ピアノ・コンクール」。若手ピアニストの登竜門であり、毎年スペインの作曲家が新作の課題曲を提供することでも知られる難関コンクールです。 2019年度第61回コンクールの優勝者はロシア出身のアレクサンドル・コリャキン。9歳でピアノを始めたという遅咲きですが、最初からコンサート・ピアニストを目指していたといい、10歳の時にはバッハからショパンまで、さまざまな曲による最初のリサイタルを行い、11歳でコンクールに優勝。サハ共和国の首都ヤクーツクの音楽学校に入学し6年間の研鑽を積んだのち、ロシアのグネーシン音楽大学に進学しています。 すでに500回以上のリサイタルを行っているという俊英で、コンクールでも圧倒的な強さを発揮し、余裕ある演奏で優勝を勝ち取っています。新作を含む独奏が高く評価されたのはもちろんのこと、フランクのピアノ五重奏曲での絶妙なアンサンブルも見事であり、この演奏に対して室内楽賞も授与されました。

  • 商品番号:8.579033

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ディ・ヴィットリオ(1967-)
    シンフォニア 第3番 「シチリアの神殿」
    シンフォニア 第4番 「変容」 詳細ページ
    [ケリー・ホール=トンプキンス(ヴァイオリン)/サルヴァトーレ・ディ・ヴィットリオ(指揮)/ニューヨーク室内管弦楽団]

    DI VITTORIO, S.: Sinfonias Nos. 3 and 4 / Ode Corelliana / Fanfara del Mare / Venere e Adone (Chamber Orchestra of New York, Di Vittorio)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:8.579033

    CD価格:1,200円(税込)

    最近リリースされたレスピーギの「リュートのための古風な舞曲とアリア」(8.573901)を指揮し、注目を浴びたディ・ヴィットリオ。彼はシチリア島のパレルモで生まれ、ニューヨークで美術と古代哲学を学び、ローマとフィレンツェ、ロンドンで指揮を始めました。その後ニューヨークを中心に活躍しています。 また作曲家としては、イタリアのオーケストラ音楽の伝統に、モダンな味付けを施した華麗な作品を次々と発表、これらは高く評価されています。 この第2集の作品集では、彼の故郷であるパレルモの文化や歴史を反映させた鮮やかな描写による華麗な作品を聴くことができます。シンフォニア第3番では、シチリアの寺院の美しさが描かれ、シンフォニア第4番は古代ローマの詩人オウィディウスが著した『変身物語』から題材が採られた、ヴィットリオ渾身の作品になっています。どの曲も耳なじみが良く、イタリア21世紀音楽の象徴とも言える素晴らしい仕上がりを見せています。 演奏はもちろんディ・ヴィットリオ自身によるもの。オーケストラを思う存分に鳴らしたレスピーギを思わせる壮麗な響きが聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.579093

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    アルブレヒト・メンデルスゾーン(1874-1936)
    レナのための歌 詳細ページ
    [ジュリアン・ベアード(ソプラノ)/ライアン・デ・ライク(バリトン)/エヴァ・メンゲルコック(ピアノ)]

    MENDELSSOHN, Albrecht: Songs for Lena / Lieder aus Des Knaben Wunderhorn (Baird, De Ryke, Mengelkoch)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:8.579093

    CD価格:1,200円(税込)

    19世紀ロマン派の大作曲家フェリックス・メンデルスゾーン。彼は生涯に5人の子どもに恵まれ、4番目のフェリックス以外は成人し、それぞれ様々な分野で活躍したことで知られています。 このアルバムの作曲家アルブレヒトは、最長子カール・メンデルスゾーン・バルトルディの息子であり、歴史家の父の姿を見て育った彼は、法学者、政治学者として活躍。1919年のヴェルサイユ条約の交渉時にはドイツ側のオブザーバーとして参加しました。同時に優れたピアニストかつ作曲家で、また詩を出版しオペラの台本を書くなど祖父譲りの芸術的才能を見せたことでも知られています。 このアルバムに収録されているのは、彼の弟子で親友となったマグダレーナ(レナ)・ショッホに触発されて書かれた愛の歌。アイヒェンドルフやゲーテ、ハイネ、民謡などをテキストに用いたドイツ・リートの伝統を受け継ぐ美しい歌曲の中に、溢れんばかりの恋心が込められています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.579100

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    グロロー(1951-)
    The Intimacy of Distance - 距離の親密さ 詳細ページ
    [シャーロット・ヴァインベルフ(ソプラノ)/ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団/ロベール・グロロー(指揮)]

    GROSLOT, R.: Intimacy of Distance (The) / My Green Shade Forest / Trittico incantevole (Wajnberg, Brussels Philharmonic, Groslot)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:8.579100

    CD価格:1,200円(税込)

    ベルギーを拠点に活躍する作曲家・ピアニスト、ロベール・グロロー。もともとエリザベート王妃国際コンクールでの入賞経験を持つコンサート・ピアニストであり、最近ではグラフィック・アーティストとしても活動をはじめ、また映画も制作するというマルチな才能を発揮しています。作曲家としてはすでに50曲以上の作品を発表、英国文学と絵画、そして大自然からインスピレーションを得るという彼の作品は「演奏する音楽家たちにも喜びを与える」という彼の哲学が浸透した、どれも神秘的で独自の雰囲気を持っています。 このアルバムには、彼が現在関心を抱いているというソプラノのための作品を中心に収録。オーケストラと声が協奏的に組み合わされた「命の要素が実現される道程」を探求したというコントラスト豊かな「The Intimacy of Distance 距離の親密さ」と、穏やかな自然から題材を得たオーケストラ作品「My Green Shade Forest 私の緑陰深き森」。そしてオランダの画家ピーテル・パウル・ルーベンスの絵画からインスパイアされたという「Trittico incantevole 魅惑的な三部作」の三作品を聴くことができます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.660485

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    モニューシュコ(1819-1872)
    歌劇《ハルカ》 詳細ページ
    [マルガレーナ・モレンドフスカ(ソプラノ)/ドミニク・ストヴィチ(テノール)/ルーカス・ゴリンスキ(バス=バリトン)/ラファウ・コルピク(バス)/ポズナン国立モニューシコ・オペラ管弦楽団/ガブリエル・フムーラ(指揮)]

    MONIUSZKO, S: Halka [Opera] (Sutowicz, Molendowska, Goliński, Poznań State Moniuszko Opera House Chorus and Orchestra, Chmura)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:8.660485-86

    CD 2枚組価格:2,400円(税込)

    領主ヤヌシュに弄ばれた村娘ハルカ。彼女はヤヌシュと名門の令嬢ゾフィアとの婚約発表の席に現れ、彼の不実を訴えますがヤヌシュに言葉巧みに追い払われてしまいます。ハルカを思う青年ヨンテックはあきらめるように彼女を諭し、村人たちも彼女に加勢します。ヤヌシュを思うあまり正気を失ったハルカは教会に火を放とうとして、…   ポーランドを代表する作曲家の一人、スタニスラフ(スタニスワフ)・モニューシュコ。ショパンより9歳年下であった彼は、決してオペラを作曲しなかったショパンとは違い、ポーランド語を巧みに用いたオペラと声楽曲を数多く作曲し「ポーランド歌劇の父」と呼ばれています。 この歌劇《ハルカ》はモニューシュコの最もよく知られる作品の一つで、村人たちが歌う力強いマズルカなどのポーランドの民族舞踊が散りばめられた聴き応えのある仕上がりとなっています。 作曲家の名を冠したポズナン国立モニューシコ・オペラ管弦楽団と合唱団による演奏と、ポーランド出身の歌手たちを中心とした見事な演奏は、作品の真価を知らしめるものです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:A487

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『わたしが両目を閉じるや否や』
    独唱とヴァイオリンのためのカンタータ集 詳細ページ
    [ジュゼッピーナ・ブリデッリ、ヴァンヴィテッリ四重奏団]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,325円(税込)

    ガット弦の調べが歌声と絡む、イタリア・バロック後期の精華を本場の俊才たちとバロック後期、音楽愛好で知られた王侯貴族や高位聖職者が数多く集った永遠の都ローマ。そこで活躍したイタリア屈指の大作曲家たちの名品をよりすぐり、徹底した作品解釈によって18世紀初頭の音楽像に迫ったプログラム。すでに数十年にわたる古楽器演奏の蓄積を持つイタリアの、躍進めざましい新世代奏者たちが集うヴァンヴィテッリ四重奏団によるアルバムです。 独唱は2019年にアリア集『対決!ポルポラ対ヘンデル』(国内仕様盤NYCX-10055/輸入盤A461)でみごとな歌唱を聴かせたメゾ・ソプラノ、ジュゼッピーナ・ブリデッリ! ここではヴァイオリンとチェロのソロがきわだつ作品の数々を通じ、リュートや鍵盤など通奏低音とも息の合ったアンサンブルを織り上げながら、18世紀ローマの文化人たちが味わったであろう親密な距離感の音楽を歌いこなしてゆきます。 器楽奏者4人の深い洞察と確かな技量にも驚かされる、イタリア随一の古楽レーベルARCANAならではの1枚です。

  • 商品番号:AAM-11

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ドゥシーク(1760-1812)
    荘厳ミサ曲 詳細ページ
    [ステファニー・トゥルー(ソプラノ)/ヘレン・チャールストン (メゾ・ソプラノ)/グウィリム・ボウエン(テノール)/モーガン・ピアース(バリトン)/リチャード・エガー(指揮)/エンシェント室内管弦楽団&合唱団]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,100円(税込)

    ヤン・ラディスラフ・ドゥシーク(デュセック)は、ボヘミア出身の作曲家。パリでマリー=アントワネットの寵臣となり、フランス革命期にはベルリンやロンドンへ渡りフォルテピアノのための作品を数多く作曲したことで知られています。 このアルバムには彼の珍しい声楽作品「荘厳ミサ曲」を収録。この作品はイギリスからパリに戻った後の1811年に書かれたものですが、存命中には演奏された記録がなく、恐らくこのリチャード・エガーによる上演が世界初演となります。落ち着いた雰囲気を醸しだす冒頭のキリエに始まり、全体的に明るさを帯びた美しい曲で、どこかモーツァルトを思わせる軽やかさもあります。 100ページのブックレット(英語のみ)には作品についての詳細な洞察と多数の図版が掲載されており、ドゥシークの波乱万丈な生涯を辿ることができます。

  • 商品番号:ALPHA683

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    LP 2枚組価格:4,500円(税込、送料無料)

    ハイドン交響曲全曲録音第8弾、バルトークのカップリングも話題となったアルバムがアナログ化!今回は作曲者不詳の17世紀作品に加え、20世紀のバルトーク作品がカップリングされるという、初めて18世紀の枠から飛び出たゲスト作曲家選択がなされています。18世紀の楽器で奏でられるバルトークの鮮烈さはさすがアントニーニで、民俗音楽にも通じるテイストがさらに浮き彫りになりました。 というのも、今回のテーマは「東」。オーストリアの東部、ハンガリーとの国境地帯に所領をもっていたハイドンの雇用主エステルハージ侯爵のもと、現地で聴かれたスロヴァキア人たちの伝統音楽やロマ、トルコ文化などへのハイドンの関心が浮き彫りになる選曲。初期と中期の傑作群3作のなか、異国情緒をほんのり漂わせた艶やかな緩徐楽章が美しい交響曲第63番「ラ・ロクソラーナ」を最新の古楽器演奏で聴けるのは実に貴重と言えるでしょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA733

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    R.シュトラウス(1864-1949)
    ブルレスケ ニ短調
    管楽器のためのセレナード 変ホ長調
    交響詩「死と変容」 詳細ページ
    [ネルソン・ゲルナー、ミッコ・フランク、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,325円(税込)

    色彩豊か! ミッコ・フランクによるリヒャルト・シュトラウスミッコ・フランクと、彼が2015年から音楽監督を務めるフランス放送フィルハーモニー管弦楽団とのリヒャルト・シュトラウス。冒頭を飾る「ブルレスケ」にはアルゼンチン出身のピアニスト、ネルソン・ゲルナーが参加していることにも注目です。 古典派からショパン、現代までの幅広いレパートリーを持ち、どの作品でもピアノをとにかく美しく響かせることに定評のあるゲルナーと、高い機能性を誇るオーケストラからフランクの棒が引き出す硬軟メリハリの利いたサウンドが、時に激しいくぶつかり合い、時に親密に調和しながら曲の魅力を引き立てる「ブルレスケ」。コントラファゴットとコントラバスを重ねた14人編成で、若きシュトラウスの音楽性を瑞々しく歌い上げる「セレナード」。そして「死と変容」は、作品が持つ振幅の激しい場面展開をめくるめく色彩感と大きな高揚で見事に描き、救済の高みへと導く終盤も至福の美しさです。 性格の異なる3曲を上質の演奏で聴くことにより、シュトラウスの幅広い作風を堪能出来る一枚。ALPHAレーベルとラジオ・フランスの共同企画第2弾。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA736

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『TIRANNO ティランノ』
    ~暴君ネロにまつわる作品集~ 詳細ページ
    [ケイト・リンジー、ジョナサン・コーエン、アルカンジェロ、ナーダス・ウィリアムズ、アンドルー・ステイプルズ]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,325円(税込)

    異才リンジーが歌い上げる、ないがしろにされ苦しむ女たちの物語クルト・ヴァイルやフェイルーズなど20世紀のナンバーで味わい深い歌唱を聴かせる一方、ショーソンやラヴェルなどフランス近代作品にも秀で、さらに近年はバロック・オペラ界の名手たちとも素晴らしい演奏を披露する、まさに21世紀型といえる才人歌手ケイト・リンジー。躍進めざましい英国の古楽器アンサンブル、アルカンジェロとの2枚目となるこのアルバムは、暴君として歴史に記憶され、数々の文学・演劇・音楽作品に登場している古代ローマの皇帝ネロをテーマに、裏切られ翻弄されてきた女性たちにまつわるイタリア・バロックの作品を厳選したプログラムです。 これが世界初録音となるアレッサンドロ・スカルラッティの室内カンタータ「ネローネの死」をハイライトに、モンテヴェルディや(こちらも初録音となる)モナーリといった17世紀前半・後半の作品を交え、ヘンデルが青年期にイタリアで書いたカンタータ(息子への愛と復讐に燃えるネロの母アグリッピーナの物語)までの広範な選曲。 アルカンジェロは少人数のトリオ・ソナタ編成ながら通奏低音にはテオルボとハープも加わり、その多彩なサウンドはリンジー特有の耳に残る歌声とこの上ないコラボレーションを聴かせます。 一貫して上質なバロック世界に引き合わせてくれる、ALPHAならではの充実盤です。

  • 商品番号:AMY057

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,400円(税込)

    中世ヨーロッパに花開いた、イスラム文化の足跡を多様な響きとともにタイトルの「エル・バスマ」とはアラビア語で「笑顔」ないし「刻み付けられたもの」の意。中世のスペインには北アフリカからイスラム勢力が流入、アンダルシア地方のコルドバを首都とする後ウマイヤ朝=西カリフ帝国が栄華を誇り、先進的かつ充実した文化を花開かせました。以後15世紀末にキリスト教徒たちが統一スペイン王国を樹立するまで、アラブ世界でアル・アンダルスと呼ばれたイベリア半島は異文化混交の地となってゆきます。 今も残る歴史的建築物にもその刻印は明らかですが、この時代のイベリア半島に由来するアラブ音楽とスペイン古楽とのつながりに光を当てたのがこのアルバム。アラブ伝統音楽に残るイベリア由来のマカム(旋法)が活かされたトラックを交えつつ、諸文化の融合に心を砕いた「賢王」アルフォンソ10世の名高いカンティガ集やマルティン・コダシュの恋愛歌、南仏由来の重要な中世音楽史料であるモンペリエ写本などからの音楽を縦横無尽に聴かせます。 ほどよい残響が心地よい教会堂での録音セッションは冒頭トラックから効果絶大、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンなどでも名演を続けてきたカンティクム・ノヴムの名手たちは、今回も中世フィドル、リコーダー、ニッケルハルパ、カヴァル、ウード、カヌン……と古楽器と民俗楽器を巧みに弾きこなしています。女声と男声それぞれ2部の重なりも印象的に、打楽器の心地良いアクセントや、倍音の豊かな響きのなかで異国情緒あふれる音楽を織り上げ、昔日の世界への憧憬を掻き立ててやみません。

  • 商品番号:ARIADNE5010

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    キャスリーン・フェリアー
    20世紀英国歌曲の宝物
    詳細ページ
    [キャスリーン・フェリアー(コントラルト) 他]

    Vocal Recital (Contralto): Ferrier, Kathleen - QUILTER, R. / RUBBRA, E. / STANFORD, C.V. / VAUGHAN WILLIAMS, R. (20th Century British Treasures)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:ARIADNE5010

    CD価格:2,025円(税込)

    20世紀前半を代表するコントラルト歌手キャスリーン・フェリアー。41年という短い生涯の間に数々の名唱を遺し、これらの録音は現在でも広く愛されています。 このアルバムは、彼女が歌うあまり知られていない英国歌曲を収録。これらの中で、もっとも初期の録音は1946年に録音されたブリテンの《ルクレシアの凌辱》の「花の歌」で、以降、1953年に彼女が亡くなる9か月前までの様々な時期の歌唱が収録されています。これらはどれもDECCAとBBCのために録音された音源ですが、レノックス・バークリーの「アビラの聖テレサの4つの詩」はこれまでに発表されたことがありません。 アルバムに添えられたブックレット(英文)を執筆したのは、現在「キャスリーン・フェリアー賞」の管財人を務めるバリトン歌手、トーマス・アレン。作品の解説とともにフェリアーの類まれなる才能とその歌唱に改めて光を当てています。

  • 商品番号:C200062

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    J.シュトラウス2世(1825-1899)
    歌劇《騎士パズマン》 詳細ページ
    [エベルハルト・ヴェヒター(バス)/ヨゼフ・ホップファーヴィーザー(テノール)/ソーナ・ガザリアン(ソプラノ) 他 ウィーン放送交響楽団/ハインツ・ワルベルク(指揮)]

    STRAUSS II, J.: Ritter Pásmán [Opera] (Wächter, Hopferwieser, Ghazarian, Vienna Radio Chorus and Symphony, Wallberg)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:C200062

    CD 2枚組価格:2,250円(税込)

    “ワルツ王”ヨハン・シュトラウスII世、唯一の本格歌劇!家臣パズマンの領地に出かけたハンガリー王、ついついパズマンの美しい妻の額にキスしてしまいました。それを知って激怒したパズマンは裁判官に直訴、パズマンは王妃にキスしてもよいと判決を受けます。王は怒りますが、王妃はそれを許し、自らパズマンの額にキスをします。   400人もの犠牲者を出したウィーン、リング劇場の大火災が引き金となり、オペレッタの人気が低迷。市民たちは他の娯楽を求めていました。そこで当時、宮廷劇場のディレクターを務めていたヴィルヘルム・ヤーンはヨハン・シュトラウスII世に重厚な『グランド・オペラ』の作曲を依頼、シュトラウスは3年の推敲を経て、歌劇《騎士パズマン》を書き上げました。 1892年の元日に初演され、ウィーン宮廷歌劇場でツィンバロムが初めて使用された記念碑的作品であるにもかかわらず、前述の通り内容は月並みであり、結局、この作品は人気を獲得することなくお蔵入りになってしまいました。しかし、全編に施された音楽はさすがシュトラウス、とりわけ第3幕に挿入されたバレエ音楽は大好評を博し、中でも「チャールダーシュ」は独立した作品として現在でも愛されています。 この録音は1975年10月27日のライヴ。日本でもおなじみのハインツ・ワルベルクの軽快な指揮のもと、エベルハルト・ヴェヒターが題名役を熱唱。他の歌手たちが脇を固めています。また、本編では省略されてしまったバレエ音楽は、1993年に別録音されたアルフレート・ヴァルター指揮の演奏を補完、作品を完全なものに仕上げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C210062

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ヴェルディ(1813-1901)
    歌劇《仮面舞踏会》 詳細ページ
    [ピョートル・ベチャワ(テノール)/ドミートリー・ホロストフスキーバリトン)/クラッシミラ・ストヤノヴァ(ソプラノ)他/ウィーン国立歌劇場管弦楽団/ヘスス・ロペス=コボス(指揮)]

    VERDI, G.: Ballo in maschera (Un) [Opera] (Beczała, Stoyanova, Hvorostovsky, Krasteva, Vienna State Opera Chorus and Orchestra, López-Cobos)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:C210062

    CD 2枚組価格:3,225円(税込、送料無料)

    ヴェルディが1856年に作曲した《仮面舞踏会》は、アントニオ・ソンマが実際に起きた事件をもとに台本を書いた作品。原作のウジェーヌ・スクリーブの戯曲はスウェーデンの啓蒙専制君主グスタフ3世が1792年に仮面舞踏会の壇上で暗殺された事件を題材に、王と暗殺者アンカーストレム伯爵の妻との架空の恋を絡ませたものでしたが、王の暗殺という題材がナポリの検閲に引っかかったため、舞台をボストンに移すことでようやく上演がかなったといういきさつを持ちます。ウィーン国立歌劇場においても、1870年に最初の上演が行われて以来、500回以上も上演が行われるという人気演目になっています。20世紀に入ってからはようやく舞台をスウェーデンに戻しての上演が増え、この2016年の録音もスウェーデン版で行われています。 演者にはベチャワやストヤノヴァ、モイシュクらスター歌手が配され、ヴェルディの緊迫した物語を盛り上げますが、中でも病を押して素晴らしい歌唱を聴かせたホロストフスキーの圧倒的な存在感が強烈な印象を残します。 全体をまとめるのはスペインの名指揮者ヘスス・ロペス=コボス。情熱的なヴェルディの音楽を威厳を持ってまとめ上げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CDM2151

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,325円(税込)

    バレンシアの俊才が、『ドン・キホーテ物語』を軸にスペイン黄金時代の鮮烈さを伝える「よいかサンチョ、在りし日のさすらいの騎士たるものはことごとく、ないし殆どは偉大なる恋愛詩人(トルバドール)であり音楽家としても一流だったのじゃ。これらの技芸は、いやむしろ神の与えたもう才能と申すべきじゃな、どちらも恋するさすらい人にはつきものだったのじゃよ」 (『ドン・キホーテ物語正編』第23章より/白石達生 訳)   クラシック音楽の世界で、やや特殊な領域として扱われることも少なくないスペインの音楽。しかし大航海時代からバロック初期まで、そこは欧州のみならず世界に覇権を誇った大国であり、音楽文化においても文学や演劇同様、他の地域に強い影響を与える側にありました。 スペイン黄金時代と呼ばれるこの時期の終わり頃、大画家ベラスケスやムリーリョの傑作と同じ頃に生まれたスペイン文学の金字塔『ドン・キホーテ物語』には、随所に当時の音楽文化のありようを垣間見せる描写が見つかりますが、このアルバムはそれらを丹念に追い検証しながら、16-17世紀のスペイン音楽史を概観してゆく充実したプログラムが魅力。オルティス、ムダーラ、ナルバエスといった16世紀の天才たちからリバヤス、サンスら17世紀の巨匠まで、あるときは丹念・静謐に、あるときはダイナミックに撥弦と弓奏が映える名品の数々を、スペイン・バレンシア地方に本拠を置く才人4人が縦横無尽に聴かせてくれます。 曲順は『ドン・キホーテ物語』になぞらえた2部構成に序章と終章となる部分も構想、フランスやドイツへの音楽的波及も見て取れるようになっています。

  • 商品番号:CDS-7887

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    グラナドス(1867-1916)
    組曲『ゴイェスカス』 - 恋する若者たち Op.11 詳細ページ
    [ヴィヴィアーナ・ラサラチーナ(ピアノ)]

    GRANADOS, E.: Goyescas (Lasaracina)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:CDS7887

    CD価格:1,575円(税込)

    グラナドスの代表作『ゴイェスカス=ゴヤ風の音楽』は“恋する若者たち”という副題を持つピアノ独奏用の組曲。ゴヤの絵画からインスピレーションを受けたグラナドスが、1911年に作曲、1916年にはオペラへと改作されています。フランスの印象派や、ラヴェルの音楽からの影響も感じられる色彩豊かな音楽は、恋人たちが織り成す悲劇的な運命を丁寧に描き出しています。 アルバムでピアノを演奏しているのはイタリア出身のピアニスト、ヴィヴィアーナ・ラサラチーナ。モノーポリのニーノ・ロータ音楽院で学んだ後、ローマ王立音楽院、サンタ・チェチーリア国立アカデミーで研鑽を積み、数多くの賞を獲得しました。2006年にミラノでデビューを飾り、以降、イタリアを中心にソロと室内楽の分野で活躍しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CDS-7903

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    パガニーニとイタリアの天才たち 詳細ページ [マルコ・ロリャーノ(ヴァイオリン)]

    Violin Recital: Rogliano, Marco - PAGANINI, N. / VITO, O. De / AUSTRI, G. / FERRARA, B. (Paganini and Italian Genius) (Rogliano)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:CDS7903

    CD価格:1,950円(税込)

    ヴァイオリニスト、マルコ・ロニャーニが自身のソロ・リサイタルで披露したプログラムを1枚のアルバムにしたもの。ここではパガニーニの無伴奏ヴァイオリンのための“知られざる作品”を紹介するとともに、彼からインスピレーションを受けた後発のイタリア人作曲家たちの作品を演奏し、その豊かな創造性とパガニーニの伝統を探っていくという趣向が凝らされています。 ほとんどの作品は世界初録音。この中にはパガニーニの「“うつろな心”によるカプリッチョ」の1821年ヴァージョンや一連のワルツ、カノン風二重奏曲なども含まれています。知られざる作曲家たちが思い思いの様式で綴る超絶技巧を施したこれら小品は、パガニーニに勝るとも劣らない素晴らしい出来栄えを示しており「弦の国」イタリアの底力を見せつけるかのようです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CKD659

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ショスタコーヴィチ(1906-1975)
    ピアノ協奏曲 第1番・第2番
    ピアノ三重奏曲 第2番 詳細ページ
    [シモン・トルプチェスキ、クリスティアン・マチェラル、ヤナーチェク・フィルハーモニー管弦楽団]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,400円(税込)

    2019年のNHK交響楽団との共演も記憶に新しい、マケドニア出身のピアニスト、トルプチェスキによるショスタコーヴィチ。室内楽的な手法、様々な引用、諧謔に皮肉といった曲想を巧みに弾き分け、生き生きとした音楽性で定評のあるマチェラルと共に、作品の魅力を最大限引き出しました。 三重奏曲で共演する旧知のクラポフスキ始め、ほかのソリストの妙技も光っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FRF066

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    シャルパンティエ(1643-1704)
    4つの合唱によるミサ曲
    エルサン(1948-)
    燃え盛る炉にいる3人の子供の讃歌 詳細ページ
    [ソフィ・ジャナン、オリヴィエ・シュネーベリ、フランス放送児童合唱団、ヴェルサイユ・バロック音楽センター]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,400円(税込)

    パリ、そしてローマ。2人の合唱指揮者が、世紀を越えて交感する2都市の音楽を重ねあうスウェーデンと英国で研鑚を積み、合唱作品の指揮で英仏をまたにかけ注目を集めつつある、フランス放送児童合唱団の指揮者ソフィ・ジャナン。ここでは磨き抜かれた技量を誇るヴェルサイユ・バロック音楽センターの少年歌手たちとともに、古楽器演奏発展の先端を担う同センターを支えてきたヴェテラン合唱指揮者オリヴィエ・シュネーベリのサポートを得て、多重合唱様式のために書かれた17世紀と21世紀の作品を披露しています。 シャルパンティエはローマ留学でイタリア様式を学んだフランスの作曲家、エルサンはフランスの作曲家ですがローマに生まれており、かの永遠の都で少年時代を過ごしています。シャルパンティエ作品として選ばれたのは、当時ローマでベネヴォリが発展させていた多重合唱様式による珍しいミサ曲。これと同じ編成のために、ヴェルサイユ・バロック音楽センターとフランス放送の共同委嘱でエルサンが作曲した『燃え盛る炉にいる3人の子供の讃歌』は、旧約聖書『ダニエル書』にもとづきアントワーヌ・ゴドー(1605-1672)が書いた詩による宗教的作品。 ガンバ、コルネット、セルパン、サックバット、ポジティフオルガン……現代の新作でありながら演奏はシャルパンティエと同様に古楽器合奏団が担い、独特の異界感あふれる美しいサウンドが多重合唱のステレオ効果とあいまって、ユニークな聴覚体験をもたらします。

  • 商品番号:FUG775

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,325円(税込)

    韓国に生まれフィラデルフィアで育ったというチェリスト、クリスティン・リー。2017年のエリザベート王妃国際コンクール・チェロ部門で見事入賞を果たした彼女のソロ・デビュー・アルバム。2016年の同コンクール・ピアノ部門で第2位を受賞しているクレイマーと共に、バーバーとカーターの難曲から、フランスのシャンソンまでを収録。 さらに、自らのルーツである朝鮮半島の名ヴァイオリニスト、白高山が作曲した「アリラン」の変奏曲を無伴奏で聴かせます。感性の鋭さが感じられるアルバムです。

  • 商品番号:GRPCD4001

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ショスタコーヴィチ(1906-1975)
    ヴァイオリン協奏曲 詳細ページ
    [勝村麻由子(ヴァイオリン)、ロンドン交響楽団、エンリコ・マルコーニ(指揮)、ナイジェル・ハッチンソン(ピアノ)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    東京出身でロンドンを中心に欧州で活動するヴァイオリニスト、勝村麻由子によるショスタコーヴィチ。東京藝術大学付属音楽高等学校を卒業後渡英し、ギルドホール音楽演劇学校でイフラー・ニーマン氏に師事した勝村麻由子は、欧州で数々のコンクールで優勝・入賞し、2006年にベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲でロンドン・デビューを果たしました。その後、2007年2月にはウィグモア・ホールでリサイタル・デビューしたほか、プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番をイギリス室内管と共演しています。 この協奏曲の録音はロンドンのアビー・ロード・スタジオで行われ、ソナタはヘンリー・ウッド・ホールで録音されました。そのパフォーマンスは英国で「自信に満ちた、確かな技術の持ち主」と称賛されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:HS071027

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『おお、偉大なる神秘よ』
    クリフトン大聖堂のクリスマス 詳細ページ
    [クリフトン大聖堂聖歌隊、クリストファー・ウォーカー(指揮)、ジョン・ギボンズ(オルガン)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    四半世紀前に録音されたクリスマス・アルバムながら、選曲、アレンジ、音質いずれも古さを全く感じさせないアルバム。「きよしこの夜」を始めとしたクリスマス・キャロルの名曲が英国で最も親しまれている編曲で収められ、プーランクやウォーロックの名作も聴くことが出来ます。

  • 商品番号:HS190205

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ケクラン(1867-1950)
    ネクテールの歌 第2集 詳細ページ
    [ニコラ・ウッドウォード]

    KOECHLIN, C.: Chants de nectaire (Les) (N. Woodward)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:HS190205

    CD価格:2,175円(税込)

    イギリスでソリストとして活躍するフルート奏者ニコラ・ウッドウォードによる、ケクランの大作『ネクテールの歌』の第一弾録音は、3集あるうちの第2集。 アナトール・フランスが1914年に発表した長編小説『天使たちの叛逆』に登場するフルートを吹く長老ネクテールの名を冠し、無伴奏フルートのために書かれたこの大作は、1945年に4カ月以上を費やして一気に書き上げられました。 聴く者に語りかけるようなこの作品を、ウッドウォードは大聖堂の響きも上手く取り込み、気高い緊張感を最後まで維持しながら聴かせます。 (各タイトルの日本語訳は相場ひろ氏による。)

    収録作曲家:

  • 商品番号:HS190206

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ケクラン(1867-1950)
    ネクテールの歌 第1集 詳細ページ
    [ニコラ・ウッドウォード]

    KOECHLIN, C.: Chants de nectaire (Les) (N. Woodward)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:HS190206

    CD価格:2,175円(税込)

    イギリスでソリストとして活躍するフルート奏者ニコラ・ウッドウォードによる、ケクランの大作『ネクテールの歌』の第二弾は、3集あるうちの第1集。 アナトール・フランスが1914年に発表した長編小説『天使たちの叛逆』に登場するフルートを吹く長老ネクテールの名を冠し、無伴奏フルートのために書かれたこの大作は、1945年に4カ月以上を費やして一気に書き上げられました。 聴く者に語りかけるようなこの作品を、ウッドウォードは大聖堂の響きも上手く取り込み、気高い緊張感を最後まで維持しながら聴かせます。 (各タイトルの日本語訳は相場ひろ氏による。)

    収録作曲家:

  • 商品番号:HS190207

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    ケクランによる無伴奏フルートのための大作『ネクテールの歌』、全曲録音完結!イギリスでソリストとして活躍するフルート奏者ニコラ・ウッドウォードによる、ケクランの大作『ネクテールの歌』の完結編となるアルバム。 アナトール・フランスが1914年に発表した長編小説『天使たちの叛逆』に登場するフルートを吹く長老ネクテールの名を冠し、無伴奏フルートのために書かれたこの作品は、Op. 198、199、200という三部に分かれており、総演奏時間は3時間半近くにもなる大作。 聴く者に語りかけるようなこの作品を、ウッドウォードは大聖堂の響きも上手く取り込み、気高い緊張感を最後まで維持しながら聴かせます。 (各タイトルの日本語訳は相場ひろ氏による。)

    収録作曲家:

  • 商品番号:HS191207

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    1985年に結成され、20人規模の大編成での演奏も行うブリストル・ブラス・コンソート。ここでは金管五重奏でクリスマスの名曲の数々を演奏しています。 ポール・ハリスを中心としたメンバーによるアレンジも多いですが、名アレンジャーのロジャー・ハーヴェイや、中にはジョン・アイヴソンやドン・ギリスなどによる往年の名アレンジも収録しており、輝かしい音色がクリスマスならではの祝祭的な雰囲気を盛り上げています。

  • 商品番号:HS970802

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『歓べ!』
    クリフトン大聖堂のクリスマス 詳細ページ
    [クリフトン大聖堂聖歌隊、デイヴィッド・オグデン(指揮)、イアン・ボール(オルガン)、キャサリン・スネルソン(ハープ)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    クリフトン大聖堂の聖歌隊による、ブリテン「キャロルの祭典」からの抜粋を中心としたクリスマスの名曲と、オルガン独奏曲を集めたクリスマス・アルバム。

  • 商品番号:IBS182020

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    J.S.バッハ(1685-1750)
    無伴奏チェロ組曲 全曲 BWV1007-1012 詳細ページ
    [アシエル・ポロ(チェロ)]

    BACH, J.S.: Cello Suites Nos. 1-6, BWV 1007-1012 (A. Polo)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:IBS-182020

    CD 2枚組価格:2,550円(税込)

    全てのチェロ奏者にとって聖典的な存在とされるヨハン・セバスティアン・バッハの『無伴奏チェロ組曲』。これまでにも数多くの名演が存在するこの至高の作品を、今回手掛けたのは1971年生まれのスペインの名手アシエル・ポロ。彼はこの名作について「私たちを内面に導き、宇宙と未知に直面する絶対的な孤独に気付かせる」と語り、虚飾を捨て総譜に向かい合い、バッハの音楽の本質を探っていきます。 また、彼が録音場所に選んだセナルサのシトー会大学教会は14世紀に建てられた由緒ある建物で、巡礼者たちが絶え間なく訪れるために、喧騒を避け、録音は深夜から早朝にかけて行われたそう。教会の神秘的な雰囲気が存分に捉えられた美しい響きも聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS192020

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    マーラー(1860-1911)
    交響曲 第5番 嬰ハ短調 詳細ページ
    [ホセ・マリア・モレーノ・バリエンテ(指揮)/マラガ・フィルハーモニー管弦楽団]

    MAHLER, G.: Symphony No. 5 (Málaga Philharmonic, Moreno Valiente)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:IBS-192020

    CD価格:2,250円(税込)

    1991年2月14日に初のコンサートを行ったスペインのオーケストラ、マラガ・フィルハーモニー管弦楽団(OFM) 。オーケストラ設立30周年を記念して録音されたのは、マーラーの交響曲第5番でした。 アンサンブルの性能と表現力が試されるこの大曲を指揮するのは2020/21シーズンからオーケストラの芸術監督に任命されたホセ・マリア・モレーノ・バリエンテ。彼はパルマ・デ・マヨルカで生まれ、スペインで指揮を学んだ後、サンクトペテルブルク音楽院に留学、ミハイル・ククシュキンに師事し研鑽を積んだ気鋭の指揮者で、これまでベルリン交響楽団、ブランデンブルク交響楽団に加え、スペインのいくつかのオーケストラに客演を果たすとともに、バレアレス音楽院で指揮、合唱、音楽分析と即興演奏の教授を務めています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS62021

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    カンシーノ(1826頃-1897)
    スターバト・マーテル(悲しみの聖母) 詳細ページ
    [ルルド・マルタン(ソプラノ)/コンスタンサ・アビラ(メゾ・ソプラノ)/ルイス・パセッティ(テノール)/カルロス・アルバレス(バリトン)/アルバ・チャンタル(ソプラノ)/マラガ大聖堂合唱団/マラガ・フィルハーモニー管弦楽団/アントニオ・デル・ピノ(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,250円(税込)

    フアン・バウティスタ・カンシーノは1826年頃にスペインのマラガで生まれた作曲家。マラガ大聖堂のオルガニストを長年務めたという記録が残っていますが、他はほとんど知られていません。 この「スターバト・マーテル」は1854年に初演された作品。1803年の黄熱病の大流行をはじめ、フランスの侵略、内戦などが続き長い間不安定になっていたマラガの人々の心を救うために、大聖堂では日常的に音楽を求めていました。この美しい作品は初演以降すっかり忘れられていましたが、名優アントニオ・バンデラスがプロモートする財団「Fundación Lágrimasy Favores」の援助を受け、2020年の1月にマラガ・フィルハーモニーによって蘇演されました。 演奏にはスペインを代表する歌手たちが参加、中でも名バリトン、カルロス・アルバレスはこの曲に強く魅了されたと言います。イタリア・オペラを思わせるアリアが至るところに散りばめられたロマンティックな曲調の作品です。

  • 商品番号:IBS72021

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    フリジーナ(1954-)
    PASSIO CHRISTI
    オペラ=オラトリオ『キリストの受難』 詳細ページ
    [アントニオ・バンデラス(ナレーター)/マリア・グラツィア・スキアーボ(ソプラノ)/ダミアン・デル・カスティーリョ(バリトン) 他/カミナ・ノーヴァ合唱団/プエリ・カントレス・マラガ(合唱)/エスコラニア・デル・エスコリアル(合唱)/マラガ・フィルハーモニー管弦楽団/マルコ・フリシナ(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    CD 2枚組価格:2,250円(税込)

    マルコ・フリジーナはローマ生まれ、サンタチェチーリア音楽院で学んだ作曲家。ローマ・カトリックの神父であり、新福音化推進評議会の顧問を務める彼は、これまでにもダンテに基づく「神曲」のような宗教的な作品などを幅広く発表し(2005年のイタリア映画『マリア・カラス 最後の恋』の音楽も手掛けた)、世界平和の実現を祈っています。 このオペラ=オラトリオ『キリストの受難』では、最後の晩餐から復活の夜明けまでのイエスの受難の出来事が、ペトロ、ユダ、聖母マリア、マグダラのマリア、キレニア人、兵士ロンギヌス、天使などの様々な登場人物の視点を通して語られます。また、彼らが操る言葉はイタリア語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、ラテン語、古代ギリシャ語と多岐にわたり、歌と音楽が織りなす壮大な音絵巻が人間の苦悩を綴っていきます。 物語を繋ぐ重要な役割を担う福音史家を務めるのはマラガ出身の名優アントニオ・バンデラス。1995年製作の映画「デスペラード」の主演を務めるなど数多くの映画で強い存在感を示しています。

  • 商品番号:JAH-426

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Volker Kriegel
    マインツ・スタジオ・レコーディングス
    1963-1969
    詳細ページ
    [フォルカー・クリーゲル]

    MAINZ STUDIO RECORDINGS 1963-1969, Volker Kriegel

    発売日:2021年05月28日

    CD 2枚組価格:2,175円(税込)

    SWR JAZZHAUSの人気タイトルが廉価再発売!ダルムシュタット生まれのジャズ・ギタリスト、フォルカー・クリーゲル(1943–2003)が、1963年から1969年まで、マインツのスタジオで録音した音源を集めたアルバム。まだ19歳だったクリーゲルの初録音も収録。自作はもちろん、多くのスタンダード・ナンバーを彼の演奏で聴けることもポイントです。

  • 商品番号:LAU021

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    パティーニョ(1600-1675)
    宮廷のための教会音楽集 詳細ページ
    [アルベルト・レカセンス、ラ・グランド・シャペル]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,325円(税込)

    フランドル聖歌隊初のスペイン人楽長、ルネサンスとバロックのはざまでのちに神聖ローマ皇帝カール5世となったスペイン王カルロス1世が、自身も長く過ごしたフランドル地方(現在のベルギーおよびその周辺)から多声音楽の天才たちを呼び寄せ、高度なポリフォニー芸術を追求させたスペイン王室の精鋭音楽組織、フランドル聖歌隊。ルネサンス期にはカベソン、モラレス、ビクトリア……と多声の教会音楽で傑作を連発したスペイン人作曲家が少なからずいたにもかかわらず、歴代のスペイン王たちが重用したのはフランドル系の作曲家たちばかり…… そうした状態が実に1637年まで続いた末、最後のフランドル出身の楽長マチュー・ロマランが退任した後にこの聖歌隊の指揮を任されたのが、イタリアのカヴァッリやカリッシミ、フランスのムリニエやシャンボニエールなどと同世代のスペイン人音楽家で、若くしてセビーリャ大聖堂の楽長を任されていたパティーニョでした。スペイン人たちの王室聖歌隊とフランドル聖歌隊の音楽家たちを一人でまとめ、惑星王の綽名で知られるフェリペ4世(大画家ベラスケスの主君)の宮廷で注目すべき活躍を続けます。 その作品の多くは残念ながら1734年のアルカサル大火で焼失してしまいましたが、このアルバムでは彼の貴重な教会音楽を集め、8声や12声に及ぶ大規模なポリフォニーの粋をみずみずしくも堅固な演奏でじっくり味わえるようになっています。 スペインの音楽学者=指揮者レカセンスのもとに8人の精鋭歌手と7人の古楽器奏者が集い、金管・木管と弦が入り混じるアンサンブルは実にニュアンス豊か。低音部をオルガン以外バホン(ファゴットの前身となったルネサンス楽器、ドゥルツィアン)だけが支えるスタイルはスペインならでは。 充実した解説(英訳付)とともに、スペイン音楽史上の重要な転機に迫れるアルバムです。

  • 商品番号:NXN1004

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『I WILL BUILD YOU A HOUSE』 詳細ページ [アンドレアス・イーレベック]

    IHLEBÆK, A.: I Will Build You a House

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:NXN1004

    CD価格:2,250円(税込)

    ノルウェー・クロスオーバー・ミュージックの旗手が紡ぐ、心の原風景オスロで生まれハンブルクとサンフランシスコで育ち、ジャーナリストとしてアメリカからアジア、スペイン、カリブ海と渡り歩いた経験を持つイーレベックによる3枚目(NXN RECORDINGSでは2枚目)のアルバムで、全編ピアノ・ソロとなっています。 ジャズを土台としながらも、原点回帰としてのノルウェーの民謡やクラシックの手法から多くの影響を受けているその作品は、一貫して叙情的な美しさを湛えていますが、甘美に溺れず、悲観に沈まず、ただひたすら聴く者の心に寄り添うような優しさに満ちたものです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NXN4004

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『DESERT LIGHTHOUSE - 砂漠の灯台』 詳細ページ [ダニエル・ハースケダール、マグナス・モクスネス・ミーラ]

    HERSKEDAL, D.: Desert Lighthouse (Herskedal, Myhre)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:NXN4004

    CD価格:2,250円(税込)

    チューバとパイプ・オルガンが織りなす、音の風景画ノルウェーのジャズ・チューバ奏者であり、ジャンルの垣根を超えるコンポーザーでもあるダニエル・ハースケダールと、ノルウェー西部の歴史ある街モルデの大聖堂でオルガニストを務めるマグナス・モクスネス・ミーラによるユニットのアルバム。 二人が出会ったのはトロンハイムの音楽大学で共に学んでいた頃。彼らはここに収められた自作曲の数々で、ノルウェーから旅立ち、はるか中東の砂漠までをイメージした、音楽による風景画を描いてみせます。 ゆったりとした流れの中に砂嵐の緊張感や夕陽の雄大な広がりを感じさせる、美しいアルバムです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OC1901

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ガーシュウィン&ラヴェル:
    ピアノ協奏曲集 詳細ページ
    [パスカル・ロジェ(ピアノ)/ウィーン放送交響楽団/ベルトラント・ド・ビリー(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    CD 2枚組価格:3,225円(税込、送料無料)

    フランスのピアニズムを代表する演奏家として確固たる地位を確立しているパスカル・ロジェ。洗練されたタッチから生まれる美しく繊細な響きや、生き生きとした表情は他の演奏家の追随を許しません。この2枚組は2004年と2006年に相次いで録音されたラヴェルとガーシュウィンのピアノ協奏曲集を組み合わせたもの。 1928年に初めてアメリカを訪れたラヴェルが「ガーシュウィンの演奏を聴きたい」と希望し、その後、今度はパリでガーシュウィンがラヴェルに弟子入りを希望するなど、接点の多かった2人の作曲家のピアノのための協奏的作品を並べて演奏することで、2人の共通性を探りながら20世紀前半の音楽を描いていくという好企画を味わえる2枚組。ベルトラン・ド・ビリーの、絶妙なサポートも聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OC980

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    シュレーカー(1878-1934)
    歌劇《はるかなる響き》 詳細ページ
    [ジェニファー・ホロウェイ(ソプラノ)/イアン・コジアラ(テノール) 他/セバスチャン・ヴァイグレ(指揮)/フランクフルト歌劇場管弦楽団&合唱団]

    SCHREKER, F.: Ferne Klang (Der) [Opera] (Holloway, Koziara, Schneider, Frankfurt Opera Chorus, Frankfurt Opera and Museum Orchestra, Weigle)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:OC980

    CD 3枚組価格:3,450円(税込、送料無料)

    1912年8月18日にフランクフルト歌劇場で初演されたフランツ・シュレーカーの歌劇《はるかなる響き》。彼の2作目の歌劇であり、ワーグナーやリヒャルト・シュトラウス直系の濃厚なロマンティシズムを持つこの作品は、初演と同時に大人気を博し、1920年のプラハではツェムリンスキーがチェコ初演を指揮し、また1925年にはエーリヒ・クライバーがベルリン国立歌劇場で上演を行うなど人気を獲得していきました。 この作品はシュレーカーの名声を押し上げるのに一役買いましたが、後にナチスにより“退廃音楽”の烙印を押されてしまい、その後は歌劇場のレパートリーから姿を消してしまいました。20世紀末になってようやく人気が復興、近年は日本を含め世界中の歌劇場で上演が行われています。 2019年に読売日本交響楽団の常任指揮者に就任し、2020年12月にもコロナ禍の中来日し、第九を演奏したセバスチャン・ヴァイグレは、20世紀初頭の作品を重要なレパートリーにしており、このフランクフルト歌劇場にとっても大切な作品である《はるかな響き》では、オーケストラの厚い響きにも負けない強靭な声を持つ歌手を揃え、熱意を持って演奏しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ODE-938

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ロシアのアダージョ集 詳細ページ [エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮) スウェーデン放送交響楽団]

    Orchestral Music (Russian) - KHACHATURIAN, A.I. / PROKOFIEV,S. / GLAZUNOV, A.K. / TCHAIKOVSKY, P.I. (Russian Adagios)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:ODE938-2

    CD価格:1,425円(税込)

    伝説的名盤、ここに復活!1999年5月にストックホルムのベルワルド・ホールで録音された、ロシアの伝説的な指揮者エフゲニー・スヴェトラーノフ(1928-2002)による晩年の録音の1つ。長らく入手困難になっていたこのアルバムがお求めやすい価格にて復活いたしました。 「ロシア人による管弦楽作品すべて(共産党幹部から禁止された作曲家を除く)を指揮したことがある唯一の指揮者」という説もあるスヴェトラーノフ。このアルバムでは膨大なレパートリーの中から彼自身が選んだ「美しくゆったりとした曲」が演奏されており、中にはあまり耳にすることのないフレンニコフのアダージョなど濃厚な美しさを湛えた作品も含まれています。 ほぼ同じ選曲で1998年に録音されたロシア国立交響楽団との「アダージョ集」も存在しますが、この演奏は、1996年から1999年まで音楽監督を務めたスウェーデン放送交響楽団との最後の録音の一つであり、オーケストラとの良好な関係が反映された演奏として知られるもの。スケールの大きさと濃厚な音楽作りに加え、ロシアのオーケストラとはまた違う繊細な表現も楽しめるスヴェトラーノフならではの名演です。

  • 商品番号:ORC100164

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    HEART & HEREAFTER - 心、そしてそれから
    コールリッジ=テイラー(1875-1912)
    歌曲集 詳細ページ
    [エリザベス・ルウェリン(ソプラノ)/サイモン・レッパー(ピアノ)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:1,950円(税込)

    2010年にイングリッシュ・ナショナル・オペラでデビュー、プッチーニの《ラ・ボエーム》のミミを当たり役とするソプラノ歌手エリザベス・ルウェリンのデビュー・アルバム。ここで彼女が選んだのは、ありきたりのアリア集ではなく、ロンドン生まれ、シエラレオネの血を引く作曲家サミュエル・コールリッジ=テイラーの歌曲集でした。 ほとんど演奏されることもなく眠っていたこれらの歌曲のなんと多彩なこと。アルバムは、クリスティーナ・ロセッティの詩による「6つの悲しみの歌」にはじまり、ラテン音楽やフラメンコのスタイルを彷彿させる「南部の愛の歌」や、官能的な「太陽と陰の歌」、コールリッジ=テイラーに大きな影響を与えたアメリカ人作家ポール・ローレンス・ダンバーの詩による「アフリカのロマンス」など様々なスタイルを持つ歌曲を並べ、最後は「生と死」で幕を閉じるという見事な構成を成しており、"黒い肌のマーラー"と呼ばれる優れた作曲家へのルウェリンの深い共感が感じられます。

  • 商品番号:ORC100165

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:1,950円(税込)

    スペイン系アメリカ人ヴァイオリニスト、フランシスコ・フラーナ。2018年に発売された『時のレンズを通して』(ORC100080)ではマックス・リヒターの「四季」を軸に、ユン・イサン、シュニトケ、ブロトンスの作品を組み合わせるというユニークなセンスを披露しましたが、今作ではJ.S.バッハの「パルティータ」を中心に、様々な関連を持つ作品を組み合わせています。 イザイの作品は明らかにバッハから影響を受けており、またクライスラーの「レチタティーヴォとスケルツォ」はイザイに捧げられています。またアルベニスとタレガの作品は、フラーナのルーツでもあるスペインの作品。彼にとっては偉大なるバッハと同じく大切な作曲家です。 フラーナはバロック・ヴァイオリンとモダン・ヴァイオリンを曲によって弾き分けることで作品の真の姿を探求。バッハではバロック弓を用いて自在な装飾音を付し妙技を聴かせるとともに、クライスラーでは、彼が愛奏したグァルネリ・デル・ジェス「メアリー・ポートマン」を使用することで特別な親愛関係を表明しています。 フランシスコ・フラーナは故郷のパルマ・デ・マジョルカで学び、ジュリアード音楽院に入学、日本の名手、川崎雅夫に師事し学士号と修士号を取得しました。USCソーントン音楽学校のアーティストディプロマ卒業生でもあり、五嶋みどりとも共演するなど、幅広い活躍で知られます。 共演のステラ・チェンは2019年に開催された「エリーザベト王妃国際コンクール」で優勝した若手。今後の活動が期待される女性ヴァイオリニストです。

  • 商品番号:RES10269

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    アーノルド(1921-2006)
    歌劇《The Dancing Master ダンシング・マスター》 全1幕 Op. 34(1952) 詳細ページ
    [エレノア・デニス(ソプラノ)/キャスリーン・カービー(メゾ・ソプラノ)フィオナ・キム(コントラルト)/エド・リオン(テノール) 他/BBCコンサート・オーケストラ/ジョン・アンドルー(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,100円(税込)

    2021年生誕100年!近代イギリスを代表する作曲家の一人、マルコム・アーノルドが1952年に作曲した歌劇《ダンシング・マスター》。若い娘ミランダと彼女のおばコション夫人、そしてミランダが心を寄せる若者ジェラール。この3人を中心に展開する恋物語です。 タイトルの意味は、ミランダに夜這いをかけて、おばに見つかってしまったジェラールを「私のダンスの師匠(ダンシング・マスター)です」と言い張るミランダの言葉によるもの。もともとはテレビ放送用の歌劇として台本をジョー・メンドーサが作成、アーノルドが音楽を書きましたが、BBCはこの作品を「(1950年代の視聴者にとって)あまりにも際どいもの」と位置づけ放送を拒否、10年を経てアーノルドの友人たちによって最初の演奏会形式の上演が実現したものの、その後、上演されることもなく忘れられてしまいました。2012年、ようやくアーノルドの出身地ノーザンプトンの音楽祭でヨハン・シュトラウス2世の《こうもり》とともに不完全な形ながらも上演が実現。そして2015年のギルドホール音楽演劇学校でようやく完全上演が行われたという作品です。 今回の初録音となる演奏では、ジョン・アンドルーの指揮するBBCコンサート・オーケストラの芳醇な調べに乗って、歌手たちが風刺に満ちた物語に新たな命を吹き込みました。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10270

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,100円(税込)

    ピリオド楽器によるイギリスのアンサンブル“ボックスウッド&ブラス”(メンバーには日本のファゴット奏者 功刀 貴子も含む)による「ベートーヴェン変容」シリーズ第2集。前作ではカール・ツェルニーが管楽アンサンブル用に編曲した「七重奏曲」Op. 20と、ベートーヴェン自身の編曲による「六重奏曲」 Op.71が収録されており、19世紀前半におけるハルモニームジークの流行を知ることができました。 今作には、ベートーヴェンの友人で出版業を営んでいたジークムント・アントン・シュタイナーによって1810年代に出版された3作品と、メンバーの一人、ロバート・パーシヴァルが編曲した劇音楽『エグモント』からの4曲を収録。「悲愴」と交響曲第7番の編曲者はわかりませんが、どちらにも精巧な編曲が施されています。メンバーの個性を重視したパーシヴァルの編曲による『エグモント』も、オーケストラの響きを余すことなく伝えます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10276

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    プーランク(1899-1963)
    オーバード/仮面舞踏会
    フルート・ソナタ/六重奏曲 詳細ページ
    [マーク・ベッビントン(ピアノ)/ロードリック・ウィリアムズ(バリトン)/エマー・マクダノウ(フルート)/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団/ジャン・レイサム=ケーニック(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,100円(税込)

    SOMM RECORDINGSで数多くの録音を発表、イギリスの批評家より「洗練と成熟のピアニスト」と称されるマーク・ベッビントン。Resonus Classicsでは新しいフランス作品シリーズに着手、2020年4月にリリースしたプーランクの「ピアノ協奏曲/田舎のコンセール」は高く評価されました。 第2弾となるこのアルバムでは同じくプーランクの特徴の良く出た作品を採り上げています。冒頭の「オーバード」は芸術家のパトロンであったノアイユ伯のプライベートな演奏会のために書かれた作品。これはバレエ曲ですが、実質的には舞踊を伴う華麗なピアノ協奏曲に仕上がっています。 名バリトン、ロードリック・ウィリアムズを独唱に据えた「仮面舞踏会」はプーランク自身が「世俗カンタータ」と表現した歌曲集。彼の友人でシュルレアリスム派の詩人、マックス・ジャコブの詩が用いられています。他にはシンプルで美しいフルート・ソナタと、いかにもプーランクらしい洒脱な旋律を持つ六重奏曲が収録されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10277

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    シベリウス(1865-1957)
    ヴァイオリン協奏曲
    ユモレスク
    ジョーセフソン(1942-)
    天空の旅 詳細ページ
    [フェネラ・ハンフリーズ(ヴァイオリン)/BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団/ジョージ・ヴァス(指揮)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,100円(税込)

    1903年に書かれ、1905年に改訂されたシベリウスの代表作の一つ「ヴァイオリン協奏曲」は、革新的な書法と魅力的な旋律に溢れるとともに、彼自身が若い頃にヴァイオリニストを目指していただけあって、至るところに超絶技巧が盛り込まれています。 かたや6曲のユモレスクは1917年の作品。演奏されることは多くありませんが、北欧民謡風のしゃれた旋律を奏でるヴァイオリンを弦楽合奏が支える6曲の小品は、一度聴いたら忘れることができない強い魅力を持っています。 最後に置かれた北欧の血をひく、アメリカ人作曲家ジョーセフソンの「天空の旅」は世界初録音。2019年の作品ですが、はっきりとした調性感と、シベリウスの伝統を受け継ぐ厚みのあるオーケストラの伴奏に載って歌われるヴァイオリンの旋律は、北欧の澄んだ空気や雄大な自然に通じる雰囲気をたたえた、一遍の美しいヴァイオリン協奏曲です。 ここでヴァイオリンを演奏するフェネラ・ハンフリーズは英国出身。2018年「BBCミュージック・マガジン」のインストゥルメンタル・アワードを受賞したヴァイオリニスト。室内楽とソロの両面で活躍しており、その演奏はBBC、ClassicFMのほか、ドイツ、カナダ、オーストラリア、韓国のラジオとテレビで紹介されています。また、ピーター・マクスウェル・デイヴィスやサリー・ビーミッシュをはじめとした多くの現代作曲家が彼女のために作品を書いています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10278

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    J.S.バッハ(1685-1750)
    ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロのためのソナタ 詳細ページ
    [ロバート・スミス(ヴィオラ・ダ・ガンバ)/フランチェスコ・コルティ(チェンバロ)]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,100円(税込)

    2012年に開催された「バッハ=アーベル国際ヴィオラ・ダ・ガンバ・コンクール」で優勝を飾り、現在アムステルダムを拠点としてソリスト、アンサンブル両面で活躍するロバート・スミスが演奏するJ.S.バッハ集。ケーテン宮廷楽団のヴィオラ・ダ・ガンバの名手F.C.アーデルのために書かれた3つのソナタは、チェンバロのオブリガードを持つトリオ・ソナタ形式の名作です。 ロバート・スミスは、ここにプロイセン王国のフリードリヒ大王の楽団でチェンバロ奏者を務めていたクリストフ・シャフラートのソナタと、ヘヴィメタル・バンドの“メタリカ”からの影響を受けたという自作の「ダイドーの苦悩」を合わせ、18世紀と現代を繋ぐ試みを行っています。 共演しているフランチェスコ・コルティは2006年ライプツィヒにて第15回国際ヨハン・セバスチャン・バッハ・コンクールのチェンバロ部門で第1位を受賞イタリアの名手。イル・ポモ・ドーロと共演したJ.S.バッハのチェンバロ協奏曲などで高く評価されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RIC430

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,325円(税込)

    15世紀ポリフォニー芸術の大家、貴重な単体アルバム登場!ヨハネス・マルティーニは、中世音楽の面影を残すデュファイやバンショワなどブルゴーニュ楽派の後を受けて登場し、ジョスカンやイザーク、ラ・リューら16世紀初頭まで活躍した盛期フランス=フランドル楽派よりもやや年上にあたり、フランドル(現在のベルギー)出身ながら北イタリアの一大文化拠点たるミラノやフェラーラの宮廷で活躍した作曲家。多声音楽にすぐれた技量を誇ったフランドルの伝統を体現し、のちにヴェネツィアで花開くこととなる二重合唱の交唱による詩篇を初めて作曲したとされながら、その存在はやや上世代に属するオケゲムの圧倒的威光に隠れるかのごとく、今一つ注目を浴びる機会に恵まれませんでした。 フェラーラの文化人イザベッラ・デステや教皇レオ10世などイタリア・ルネサンスの重要人物たちからも注目されていたその才覚を、中世から初期ルネサンスの音楽に造詣の深いバティスト・ロマンやマルク・レヴォン、エリザベス・ラムジーら精鋭古楽プレイヤーたちの集うル・ミロワール・ド・ミュジークが追求した一枚。知る人ぞ知るマルティーニの多声音楽の面白さを、声楽・器楽両面から多角的に検証してゆきます。 4人の歌手たちの織りなすハーモニーとポリフォニーの妙もさることながら、最初期のヴァイオリンやガンバを含むルネサンス楽器の響きが美しい器楽トラックが多いのも本盤の聴きどころ。 レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロら大家たちにも注目された、フランドル絵画の音楽版ともいうべきマルティーニ芸術の真価に迫った待望のアルバムです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SH182

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Unending Love
    - A Sound Poem 詳細ページ
    [シンジアーナ・ミルセア]

    Piano Recital: Mircea, Sinziana - BACH, J.S. / TCHAIKOVSKY, P.I. / ALBÉNIZ, I. / GLUCK, C.W. / LISZT, F. / ENESCU, G. (Unending Love: A Sound Poem)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:SH182

    CD価格:2,175円(税込)

    ブルガリア出身シンジナーナ・ミルセアによる、終わらない愛をテーマにしたアルバム。神の愛からおとぎ話の愛、神話の愛など様々な愛を元にした作品を中心に選曲されています。

  • 商品番号:SLV1001

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    イギリスで活躍するピアニスト、メイリー=スミスがベートーヴェンの人気の高い3つのソナタ、「悲愴」、「ワルトシュタイン」、「月光」を録音。Sleevelessレーベルでのデビュー盤です。洗練されたパワフルなピアニズムと、スコアに忠実に、感傷に走らない絶妙なバランスで、ベートーヴェンと対峙しています。 イギリスのサセックス州にあるチャンプス・ヒル(農場を営んでいたオーナーの個人音楽ホール)の定評あるクリアな音質と、ウィグモアホールやカーネギーホールでリサイタルを行い、英国王室のためにも度々演奏を行うメイリー=スミスの演奏で、クオリティの高い録音に仕上がっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SLV1002

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    イギリスで活躍するピアニスト、メイリー=スミスが特に得意としているショパン。たくさんの有名作品から、まだ十代のショパンがパガニーニの演奏に接したあとに書いたと言われる変奏曲まで収録。 ウィグモアホールやカーネギーホールでリサイタルを行い、英国王室のためにも度々演奏を行うメイリー=スミスの演奏でお楽しみいただけます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SLV1003

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    イギリスで活躍するピアニスト、メイリー=スミスの洗練された演奏による、モーツァルトのソナタの傑作。音色の美しさと充実した音楽性が大きな魅力で、たいへん個性的ながらも説得力のある構成力で聴かせています。モーツァルトのソナタの真骨頂である悲劇的なソナタ第8番のあと、ほっと一息つくように、軽快な「トルコ行進曲」でディスクは幕を閉じます。BBC3ラジオのディスク・レビューでも高評価を得たアルバム。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SLV1005

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『描写』
    リスト(1811-1886)
    ピアノ作品集 詳細ページ
    [ウォーレン・メイリー=スミス]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    イギリスで活躍するピアニスト、メイリー=スミスによる2011年のリスト生誕200年記念アルバム。悪魔的な「メフィスト・ワルツ」、華やかで表情豊かな「リゴレット・パラフレーズ」、対照的にしっとりとした「コンソレーション」や「ため息」、あまり演奏される機会のない「悲しみ」など、コントラストの効いたリストの魅力が味わえる1枚です。 「メイリー=スミスがお馴染みのリストの人気曲を、まるで初めて発見したかのようなクオリティと、ヴェルヴェットのような質感で響かせる」とBBCミュージック・マガジンが評しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SLV1006

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『愛の挨拶』
    ヴァイオリン小品集 詳細ページ
    [マシュー・ジョーンズ、アナベル・スウェイト]

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:2,175円(税込)

    ヴァイオリンとピアノによる人気の楽曲の数々で、これら2つの楽器の美しさを存分に味わう名曲集。クライスラー、ガーシュウィンとモンティの楽曲はいずれも技巧的に華やかで情熱的、「タイスの瞑想曲」、「夢のあとに」、「エストレリータ」にシベリウスの「ロマンス」では、素直で美しいメロディを堪能できます。またショパンとシューベルトでは、スウェイトが美しさの際立ったソロを聴かせています。 これらのよく知られた人気曲とともに、アーンの「夜想曲」やアイアランドの「カヴァティーナ」などの知られざる傑作が配置されており、中でも映画『運命のいたずら(De tu ventana a la mia)』からカスピの「ラ・トレンツァ」、そして映画『太陽の帝国』でおなじみの「スオ・ガン」のヴァイオリンによる演奏は、世界初録音です。

  • 商品番号:SM354

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月28日

    CD価格:1,950円(税込)

    「プロムナード」と題されたショパンとムソルグスキーの作品集。様々な性格を持つ小品で構成された2つの曲集を演奏するのはハンガリー系スイスのピアニスト、アンドレア・カウテン。彼女は色とりどりのショパンの前奏曲と、ロシア風の重厚な雰囲気を持つムソルグスキー、それぞれの特長をいかしながら、2作品に共通する民族性も探求しています。 カウテンは7歳からピアノを始め14歳の時にスイス青年音楽コンクールで一等賞を受賞しました。そして、バーゼル音楽院を経てブダペストのリスト音楽院に入学。 抑制の効いたロマンティックな演奏様式を身に着けており、これまでにクララ・シューマンやブラームスのピアノ協奏曲の他、リストやシューマンの作品で高評価を得ています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SM362

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Bach Frequencies 60-90
    バッハと彼に影響された作品集 詳細ページ
    [ユリウス・ベルガー(チェロ・ピッコロ)/アンドレイ・プシュカレフ(ヴィブラフォン)/バベル・ベリアエフ(マリンバ)]

    Chamber Music (Cello Piccolo) - BACH, J.S. / MARCELLO, A. / PIAZZOLLA, A. / SHOSTAKOVICH, D. (Bach Frequencies 60-90) (Berger, Pushkarev, Beliaev)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:SM362

    CD価格:1,950円(税込)

    バッハが影響を受けた作品、そしてバッハから影響を受けた作品を集め、チェリストのユリウス・ベルガーと、クレーメルとのコラボレーションで知られるパーカッション奏者アンドレイ・プシュカレフが新たな編曲を施したという興味深い作品集。タイトルの数字「60-90」は穏やかな心拍数を意味するもので、これを聴くことで脈拍や鼓動を落ちつけて、自分自身と向き合う効果が期待されます。 マルチェッロのオーボエ協奏曲は、バッハが鍵盤のための協奏曲に編曲し、またBWV1052は自身のヴァイオリン協奏曲とされる作品をチェンバロのための協奏曲に編曲したもの。ショスタコーヴィチとピアソラ作品はバッハの影響が強く、他のバッハ作品もしばしば様々な形の編曲題材となっています。 今回はバッハがカンタータで好んで使用したチェロ・ピッコロを主役とし、オーケストラ・パートはヴィブラフォンとマリンバで演奏。現代的な解釈も盛り込まれた見事な演奏をお楽しみください。

  • 商品番号:SOMMCD0628

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ROMANTIC VIOLIN SONATAS
    ロマン派のヴァイオリン・ソナタ集
    シューマン、シューベルト、グリーグ 詳細ページ
    [カーロック=コンベ・デュオ]

    Violin Sonatas (Romantic) - SCHUMANN, R. / SCHUBERT, F. / GRIEG, E. (The Carlock-Combet Duo)

    発売日:2021年05月28日 NMLアルバム番号:SOMMCD0628

    CD価格:2,025円(税込)

    フランスのヴァイオリン・ソナタ集(SOMMCD0169)が高く評価されたカーロック=コンベ・デュオ。サンドラ・カーロックとギヨーム・コンベによって2014年に結成されたこのアンサンブルは、フィラデルフィアを拠点に広く活躍しています。 今作で2人が採り上げたのは、シューベルトとシューマン、グリーグのソナタ集。ヨアヒムが絶賛した晩年のシューマンのソナタ第2番、古典派からの脱却を試みた20歳のシューベルトによる意欲的なソナタ、円熟期のグリーグによる劇的な構成を持つソナタ第3番と、傾向の違う3作品を魅力的に聴かせます。

  • 商品番号:UP0229

    詳細ページを見る

    〈5月28日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    マルティヌー(1890-1959)
    チェロとピアノのための作品集 詳細ページ
    [ペトル・ノウゾフスキー(チェロ)/ミロスラフ・セケラ(ピアノ)]

    発売日:2021年05月28日

    CD 2枚組価格:3,000円(税込、送料無料)

    マルティヌーは400以上の作品を残しましたが、その中でも独特の深みと個性に溢れたチェロ作品は人気の高いジャンルとして知られています。 ここで演奏するチェコ有数のチェリスト、ペトル・ノウゾフスキーは、プラハ音楽院で学び、プラハ音楽大学で修士号を取得、ドレスデンとマドリードで研鑽を重ねました。ロサンジェルスで開催されたピアティゴルスキー・セミナーに出演した際は、世界中から何百人もの応募者から選出された10人の中の一人として、またロストロポーヴィチやペルガメンシコフらのマスタークラスに参加、その才能を磨いてきました。 彼はマルティヌーの権威として知られており、これまでにARCODIVAレーベルからチェロ・ソナタ(UP0212)と、MD+Gレーベルから「チェロと管弦楽のための作品全集」(2017年、2枚組)をリリース、今回の2枚組の作品集でマルティヌーのチェロ作品を全て録音するという画期的な記録を打ち立てました。民謡風の曲から抒情的な曲まで、ピアノのセケラとともに作品への共感を込めて演奏しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:MYCL00010

    詳細ページを見る

    〈5月21日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Cappuccino
    本田ゆりこ(ソプラノ) 詳細ページ
    [本田ゆりこ(ソプラノ)/水野彰子(ピアノ)/植木昭雄(チェロ)/金山京介(バリトン)]

    発売日:2021年05月21日

    CD国内盤価格:3,300円(税込、送料無料)

    美しく輝く歌声。
    ソプラノ界の新たなディーヴァ、本田ゆりこ待望のデビュー・アルバム!
    オペラやコンサートのソリストとして活躍の場を広げ、圧倒的な歌声で多くのファンを獲得する本田ゆりこの待望のデビュー・アルバムです。彼女の美しく可憐な歌声が詰まった名アリア集となりました。 バッハの「コーヒー・カンタータ」からヴェルディ、プッチーニのアリア、R.シュトラウスまで多くの人に愛されるメロディが満載。彼女の幅広いレパートリーと魅力的な歌声に心惹かれることでしょう。 また、共演者には彼女が日頃演奏を共にする、仲間たちが脇を固め、音楽に彩りを加えます。バランスよくアンサンブルをなすことによって、より味わい深くなる、まさに「Cappuccino」のような香り高い演奏をぜひお召し上がりください。

  • 商品番号:KCD-2091

    詳細ページを見る

    〈5月20日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月20日

    CD国内盤価格:3,000円(税込、送料無料)

    フランシスコ・タレガ。フェレール、ボッシュ、マンホン、プラッテン夫人など、近代ギター奏法の父と呼ばれる彼と同時代に活躍したギタリスト達の作品を通じて、“スパニッシュギター” におけるロマン派音楽がどのような変遷を遂げたかを見ていく。“スパニッシュギター” のロマン派は試行錯誤の連続であった。彼らの作品には必ずギターらしさが存在し、それは“スペイン的なもの” と同義であった。彼らが求めた“スパニッシュギター” 音楽の書法や美学はその後も“ギターらしさ” として命脈を保ち続ける。 マヌエル・デ・ファリャによる“ギタリスト以外による初の本格的なギター作品”(讃歌『ドビュッシーの墓に捧げる』)の登場によって、クラシックギター音楽は20 世紀以降、数多くの近現代作品が生み出される。だが、このファリャでさえも、この時点までにギタリスト作曲家達が目指してきた“スパニッシュギター” の美学を忘れてはいない。 近現代以降のクラシックギターというジャンルを理解する上でも、タレガとその前後の時期に活動したギタリスト達の作品を知ることは必須である。彼らの葛藤と試行錯誤の過程こそが、近現代ギター音楽への《道しるべ》となったのだから……

  • 商品番号:MECO-1063

    詳細ページを見る

    〈5月19日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    山元香那子
    ブーケ 詳細ページ
    [山元香那子]

    Kanako Yamamoto / Bouquet

    発売日:2021年05月19日

    SACD-Hybrid国内盤価格:3,300円(税込、送料無料)

    世界中の美しい花をモチーフにした、優雅で洗練された音の花束美しい花々を冠した珠玉の名曲をセレクションした、ピアニスト山元香那子のデビュー・アルバムです。 西洋、東洋を問わず、広く名曲として知られている「花」の名曲の数々は、馥郁たるロマンティシズムを湛えながらも、時に力強い生命の営みを感じます。まさに百花繚乱たる薫り立つような音の花束Bouquetをお楽しみください。

  • 商品番号:6.220674

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    TERRITORIAL SONGS
    ラスムッセン(1961-)
    リコーダー作品集 - ミカラ・ペトリのために 詳細ページ
    [ミカラ・ペトリ(リコーダー)/エスピェア・アンサンブル/デンマーク国立声楽アンサンブル/ラップランド室内管弦楽団/クレメンス・シュルト(指揮)/オルボア交響楽団/ヘンリク・ヴァウン・クリステンセン(指揮)]

    RASMUSSEN, S.: Recorder Concerto, "Territorial Songs" / Flow / Sorrow and Joy (Petri, Esbjerg Ensemble, Aalborg Symphony, Christensen)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:6.220674

    SACD-Hybrid価格:2,175円(税込)

    フェロー諸島出身の作曲家スンレイフ・ラスムッセン。デンマーク王立音楽大学で作曲と電子音楽を学び、DIEM(デンマークのエレクトロアコースティック音楽研究所)と協力していくつかの電子音楽作品を発表しました。2002年に交響曲第1番「Oceanic Days オセアニック・デイズ」で北欧理事会音楽賞を受賞、一躍注目を浴び、以降数多くの作品を発表しています。近年では名手ミカラ・ペトリをフィーチャーしたリコーダー作品を積極的に作曲。このアルバムには2009年から2020年に書かれたペトリのための作品が集められています。 「Flow」と「悲しみと喜びの幻想曲」は最新の作品で、今回が世界初録音となるもの。“自らのなわばりを主張する鳥の歌”にインスパイアされたという「なわばりの歌」など他の作品はこれまでに発売されたアルバムからの再収録となります。ラスムッセンは、ミカラ・ペトリの超絶技巧を熟知しており、リコーダーの特性を最大に発揮させるとともに、彼の故郷であるフェロー諸島の民謡も素材として用いるなど、ペトリのためによく練られた作品を用意。彼女もこの見事な演奏でラスムッセンのスコアに命を吹き込んでいます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.502507

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD 25枚組価格:10,125円(税込、送料無料)

    ナクソスが誇る屈指の名シリーズのBOX化!
    シリーズ外としてリリースされたブリテンの「スコットランド歌曲集」も収録。
    数多いナクソスの名盤の中でも、とりわけ高く評価されているのが、この『英国歌曲』のシリーズです。フィンジ、アイアランド、ガーニー、バターワース、クィルターなど19世紀後半から20世紀にかけて活躍した作曲家から、ブリテン、ヴェナブルズ、ダヴと言った近現代の作曲家までの多彩な歌曲を一挙収録。素朴な旋律に精巧な編曲を施したブリテンの「民謡編曲集」や、若者の秘めた情熱を伝えるフィンジの一連の歌曲、第一次世界大戦の不安な世情が反映されたガーニーやバターワースの歌曲など、イングランドの土地と風景、そして人間の感情の機微が丁寧に描き出された心尽くしの曲が並びます。 ロードリック・ウィリアムズ、フェリシティ・ロット、アンソニー・ロルフ・ジョンソンをはじめとする英国を代表する歌手たちの名唱で、これら美しい旋律をお楽しみください。

  • 商品番号:8.574115

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:8.574115

    CD価格:1,200円(税込)

    ブラームス・トリオによるロシア・ピアノ三重奏曲の伝統を追うシリーズ、第4集に登場するのはアレンスキーとタネーエフの三重奏曲。2人ともチャイコフスキーとラフマニノフの中間に位置する19世紀の終わりに活躍した作曲家であり、その三重奏曲も、濃厚なロマンティシズムと美しい旋律に満たされた充実した作風を持つ味わい深い仕上がりを見せています。 アレンスキーの三重奏曲は「亡き芸術家への追悼音楽」というロシアの伝統に則った作品で、1889年にこの世を去った名チェリスト、カール・ダヴィドフに捧げられています。かたやタネーエフの三重奏曲は、特定の誰かのための作品ではありませんが、チャイコフスキーの流れを汲む高度な作曲技法が遺憾なく発揮されています。 どちらも19世紀ロシア音楽における「ピアノ三重奏曲」のジャンルの発展に寄与し、さらなる進化の礎を築いた力作です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574147

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    リスト(1811-1886)
    〈ピアノ曲全集 第58集〉
    さまざまな国の旋律によるピアノ作品集 詳細ページ
    [ドモンコス・チャバイ(ピアノ)]

    LISZT, F.: Music on National Themes (Liszt Complete Piano Music, Vol. 58) (Csabay)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:8.574147

    CD日本語帯付き価格:1,200円(税込)

    リストのピアノ曲全集シリーズ第58集。アルバムに収録されているのは「5つのハンガリー民謡」をはじめとする様々な国にまつわる作品です。 「ナポリのカンツォーネ」は1842年の作品。通常演奏されるのは1848年に改訂された第2稿(トラック17)で、演奏しやすいように半音低く移調されていますが、このアルバムには原調の「嬰ヘ長調」で書かれた初稿版(トラック1)も収録しています。「5つのハンガリー民謡」はリストがピアニストとして活動を始めた50周年の祝賀会に向けて書いたもので、自らのハンガリー愛を表明した作品です。 他にはチェコや、古いフランスの歌、ポーランド民謡をモティーフにした曲(トラック12はショパンの「乙女の願い」と同じ旋律)や、おなじみの「ラ・マルセイエーズ」や「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」など親しみやすい旋律が華麗な装いで登場します。 演奏しているチャバイはハンガリー出身で現在ロンドンを拠点に活躍するピアニスト。目の覚めるような技巧の持ち主です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574182

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    スカルコッタス(1904-1949)
    波のダンス 詳細ページ
    [アテネ国立管弦楽団 ステファノス・ツィアリス(指揮)]

    SKALKOTTAS, N.: 36 Greek Dances, Series 1 / The Sea (excerpts) / Suite No. 1 (Dance of the Waves) (Athens State Orchestra, Tsialis)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:8.574182

    CD価格:1,200円(税込)

    20世紀前半のギリシャ音楽界を牽引した功績で知られるスカルコッタス。アテネ音楽院でヴァイオリンを学び、ベルリンに留学。その後作曲に転向しパウル・ユオン、クルト・ヴァイル、フィリップ・ヤルナッハに就いて学んだ彼は、シェーンベルクのマスタークラスに参加するなど、十二音音楽にも高い関心を寄せました。ギリシャに帰国後は、十二音技法を用いた作品を発表すると同時に、ギリシャの民族音楽を元にした舞曲も数多く作曲。 このアルバムには民族音楽の要素を存分に用いた「ギリシャ舞曲」と「組曲第1番」の2作品を中心に収録。この組曲はスカルコッタスがベルリンに残してきた総譜を、後年彼自身が記憶から再構築したもので、無調、新古典主義の要素がバランスよく取り入れられたユニークな曲調を持っています。 アルバム・タイトル「波のダンス」を含む1949年のバレエ音楽「海」は描写的な曲。調性が支配する耳なじみのよい曲調です。 演奏するアテネ国立管弦楽団はスカルコッタスがヴァイオリニストとして在籍していたオーケストラ。同じくツィリアスが指揮したスカルコッタス作品集第1集(8.574154)も高く評価されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574191

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    悪魔のカプリース 詳細ページ [マベル・ミラン(ギター)]

    Guitar Recital: Millán, Mabel - BROUWER, L. / CASTELNUOVO-TEDESCO, M. / MALATS, J. / MERTZ, J.K. (The Devil's Caprice - Guitar Favourites)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:8.574191

    CD日本語帯付き価格:1,200円(税込)

    1993年生まれの若きギタリスト、マベル・ミランのリサイタル・アルバム。スペインで生まれ、バレアレス諸島の高等音楽院でペドロ・マテオに師事するほか、数多くの名教師たちからギターを学びました。同時にマドリード・コンプルテンセ大学で法学を学び、2017年には修士号も取得したという才媛です。 コンサート・アーティストとしては15歳でデビュー。ピアニストである姉セリアとともに、スペイン全土で30回を超えるコンサート・ツアーを開催し人気を博したことでも知られます。また、ブローウェルのソナタ(ADLiB Music)で2017年のラテン・グラミー賞も獲得しました。 このアルバムは、彼女が得意とするさまざまな作品を集めた1枚。アンダルシアのリズムが横溢するマラツやトゥリーナの曲から、ロマンティックなポンセとメルツの曲などギターの名作中の名作が並びます。とりわけ、タイトルにもなったカステルヌォーヴォ=テデスコの「悪魔のカプリース」はミランの卓越したテクニックと音楽性が存分に発揮された見事な演奏。目まぐるしく変化する楽想を巧みに描き出し、聴き手の耳を惹きつけてやみません。

  • 商品番号:8.574238

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    セプトゥーラ
    〈金管七重奏音楽集 第7集〉
    ガーシュウィン/コープランド 詳細ページ
    [セプトゥーラ(金管アンサンブル)]

    Brass Septet Music, Vol. 7 - GERSHWIN, G. / COPLAND, A. (Septura)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:8.574238

    CD日本語帯付き価格:1,200円(税込)

    近年、ソリストとしても活躍するマシュー・ジーをはじめとする、ロンドンの名奏者たちが参加する金管アンサンブル“セプトゥーラ”。ロンドン王立音楽院のアンサンブル・イン・レジデンスを務める彼らによる「金管七重奏のための音楽 第7集」はアメリカを代表する2人の作曲家、ガーシュウィンとコープランドの作品集です。 「パリのアメリカ人」はガーシュウィン自身のパリ滞在に基づき、1920年代には世界で最も進んだ都市の一つパリの活気と喧騒を音で描いたもの。かたやコープランドの「静かな都会」は昼間は喧騒と活気にあふれるニューヨークの夜の静寂の中で織りなされる人間模様(もとは劇付随音楽)を描いた音楽。この対照的な2作品を彼らは絶妙なアレンジによって演奏。原曲とは異なる魅力を見せています。 そしてガーシュウィンの「3つの前奏曲」を経て、コープランドの「アパラチアの春」でアンサンブルの輝かしい妙技が炸裂。楽器の特性と各奏者の持ち味を存分に生かしたサイモン・コックスとマシュー・ナイトによるアレンジも聴きどころです。

  • 商品番号:8.574292

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ポート(1901-1988)
    〈交響曲全集〉
    交響曲 第1番-第7番 詳細ページ
    [ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団/ハンス・ロトマン(指揮)/ベルギー放送交響楽団/フランツ・アンドレ(指揮)/モスクワ交響楽団/フレドリク・デフレーセ(指揮)/アントワープ・フィルハーモニー管弦楽団/レオンス・グラス(指揮)]

    発売日:2021年05月14日

    CD 2枚組価格:2,400円(税込)

    20世紀ベルギーの作曲家マルセル・ポート。ブリュッセル音楽院で学んだ後、アントウェルペン音楽院でベルギーで強い影響力を持っていた作曲家ポール・ジルソンに師事。さらにパリのエコールノルマル音楽院でポール・デュカスに作曲を師事しました。1925年からはジルソンの弟子たちが組織したグループ“Les Synthétistes”のメンバーとして近代音楽の普及に尽力、また批評家としても『ベルギー音楽批評』誌で15年にわたり、ジルソンとともに執筆を行いました。1960年からはベルギー作曲家連盟を設立、初代会長の座に就いています。 彼は、ジャズの要素をいち早く自作に採り入れたことで知られ、代表作である7つの交響曲でもラヴェルやストラヴィンスキーの影響と、ジャズ風の旋律がうまく融合した、色彩豊かな響きと力強いリズムを存分に味わうことができます。 この全曲収録盤には1960年の歴史的録音から1996年の録音まで、4人の指揮者と4つのオーケストラによる演奏を収録。ポートが生前から高い人気を誇っていたことがうかがえます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:900189

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ブルックナー(1824-1896)
    交響曲 第3番 ニ短調 WAB 103(1889年 第3稿) 詳細ページ
    [バイエルン放送交響楽団/マリス・ヤンソンス(指揮)]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,100円(税込)

    2005年1月のライヴ収録。ミュンヘン、年明け最初の重要なコンサートで演奏された、62歳の誕生日を迎えたばかりのヤンソンスによる充実したブルックナーが楽しめます。こちらも当初オーケストラの会員のみに頒布されたライヴ・アルバムでしたが、昨年、ヤンソンスの「ブルックナー選集」として発売された6枚組の1枚として一般にお目見えし、今回は初の分売となるものです。 ヤンソンスは1889年に改訂された「第3稿」を採用。交響曲第8番第1稿を完成させた頃に手を入れたこの第3稿は、最初の構想の段階で含まれていたワーグナーのモティーフなどが削除された他、オーケストレーションも改訂。その完成度の高さが評価され、現在では多くの指揮者がこの第3稿を用いています。 ヤンソンスの演奏はメリハリのあるもので、さまざまな素材が用いられた第1楽章では刻刻と移り変わるテンポ処理が見事であり、抒情的な第2楽章ではたっぷりと旋律を歌わせることも忘れません。そして、いかにもブルックナーらしい第3楽章での荒々しいワルツのリズムは軽やかに処理。荘厳な第4楽章では、精力的な音楽を聴かせながら、曲の最後では第1楽章の冒頭の主題を気持ちが良いほどに高らかに歌わせます。 最後の音が消えたあと、一瞬の静寂のあとに沸き起こる盛大な拍手がこの演奏の素晴らしさを物語っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA725

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    エルレバッハ(1657-1714)
    『調和の喜び、音楽の友』 より 詳細ページ
    [ダミアン・ギヨン、ラ・バンケ・セレスト]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,325円(税込)

    イタリアとフランスの様式をドイツ流儀に昇華させた17世紀の巨匠バッハ・コレギウム・ジャパンへの客演などで日本では知られるフランス随一のカウンターテナー歌手ダミアン・ギヨン。彼が主宰する古楽アンサンブル、ラ・バンケ・セレストは、さまざまなアルバムでその名を見かける経験豊かな古楽器奏者が集い、その結束の強さ、演奏水準の高さで定評があります。 今回取り上げるエルレバッハはバッハ前夜のドイツ中部で活躍した作曲家で、その世界がどれほど魅力的であったか、彼らならではの細やかな解釈で様々な角度から伝えています。 フランスのマラン・マレやイタリアのコレッリ、英国のパーセルなどと同世代のエルレバッハは、イタリア様式に影響を受けながら、フランスの新しい音楽潮流をいちはやくソナタに取り入れたドイツの作曲家の一人。バッハ一族の活躍地からそう遠くないルドルシュタットという地の宮廷に仕え、ガンバとヴァイオリンをたくみに用いた作品を数多く残しました。 声楽作品では、ルター派の教訓的示唆をたっぷり詰め込んでいながら決して説教がましくなく、それでいて説得力あふれる独唱歌が魅力。その再評価の機運の静かな高まりが明確に形をとったアルバムと言ってよいでしょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ATH-23209

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD 2枚組価格:2,775円(税込)

    2019年に発売された第1集(ATH-23204)に続くフローベルガーの「チェンバロのための組曲集 第2集」。彼が大量に残した鍵盤作品の中でも、とりわけ重要な位置を占めるのが一連の組曲です。ほとんどの組曲はアルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグの4曲で構成されていますが、内容は驚くほど多彩で、どれも聴きごたえたっぷり。また、フローベルガーは作品にユニークな副題を付けることでも知られ、このアルバムに収録された「組曲 ニ長調 FbWV 620」の第1曲にも"Méditation sur ma mort future=私の来るべき死についての瞑想"というタイトルが付されています。 演奏は、1946年スコットランド生まれのチェンバロ奏者ギルバート・ローランド。現在ヨーロッパにおける最古参の一人です。NAXOSレーベルからはソレールのチェンバロ・ソナタ全集とラモーのクラヴサン曲集、DIVINE ARTからはヘンデルの組曲をリリース、それぞれの作品が書かれた時代を深く追求した素晴らしい演奏は、どれも高く評価されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:B922CD

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    J.S.バッハ(1685-1750)
    カンタータ集 第35集 詳細ページ
    [ドロテー・ミールズ(ソプラノ)/ペーター・コーイ(バス)/ミリアム・フォイエルジンガー(ソプラノ)/マルクス・フォルペルト(バス)/シビラ・ルーベンス(ソプラノ)/クラウス・メルテンス(バス)/ルドルフ・ルッツ(指揮・チェンバロ)バッハ財団合唱団/バッハ財団管弦楽団]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:3,525円(税込、送料無料)

    ルドルフ・ルッツとバッハ財団管弦楽団によるカンタータ集。第35集には3曲が収録されています。 三位一体節後第3日曜日用の第21番「わが心に憂い多かりき」は、2部構成で演奏時間40分を超える、バッハ青年期の大作です。苦悩に満ちた第1部と、希望を感じさせる第2部の対比が見事で、ソリストの聞かせどころも存分に用意されています。顕現節後第1日曜日用の第32番「最愛のイエス、わが願い」は“Concerto in Dialogo=対話によるコンツェルト”の形式をとる小ぶりの作品。魂の声はソプラノ、イエスの言葉はバスが担当し、巧みな祈りの世界を描いています。楽器編成は、第1、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、ヴィオローネ、チェロ、オーボエ各パート一人ずつとオルガンのみ。引き締まった響きが独唱に花を添えます。 三位一体節後第17日曜日用の第47番「みずから高ぶるものは、いやしめらるべし」はルカによる福音書第14章からのことばをタイトルに用いたカンタータ。手の込んだ緻密な対位法を駆使した冒頭の合唱につづき、端正なソプラノとバスのアリアが歌われ、最後は簡潔なコラールで曲を締めくくるという定石通りの作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C5381

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    スタンフォード(1852-1924)
    ピアノ五重奏曲 ニ短調 Op.25
    幻想曲 第2番・第3番 詳細ページ
    [ニコラウス・レーザ(ピアノ)/ベルリン放送交響楽団のメンバー]

    STANFORD, C.V.: Piano Quintet / 2 Fantasies (Members of Rundfunk-Sinfonieorchester Berlin)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:C5381

    CD価格:2,100円(税込)

    アイルランド出身の作曲家スタンフォード。しかし彼が活躍したのは主にイギリスの音楽界であり、ケンブリッジ大学で教鞭を執り、その後、設立されたばかりの英国王立音楽大学の教授に就任。ホルストやアイアランド、ヴォーン・ウィリアムズやブリッジらを育てた功績で知られています。このように教育者として名声を確立した半面、その作品は弟子たちの名作の影に隠れてしまい、数多くの室内楽作品や宗教曲は顧みられることがありませんでした。 スタンフォードの作品の多くは、アイルランド民話の要素が含まれた神秘的でロマンティックなもの。そして室内楽作品にはブラームスの影響も少なからず見られます。このアルバムには円熟期の「ピアノ五重奏曲」と晩年に書かれた2曲の「幻想曲」が収録されており、田園地帯を思わせる素朴な旋律を味わうことができます。ベルリン放送交響楽団のメンバーたちと、ベルリン・ピアノ三重奏団でピアノを担当するニコラウス・レーザが親密なアンサンブルを奏でています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C5429

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ブラウンフェルス(1882-1954)
    〈管弦楽作品集〉
    ドン・ギル Op.35
    ディヴェルティメント Op.42
    アリエルの歌 Op.18
    セレナード 変ホ長調 Op.20 詳細ページ
    [ウィーン放送交響楽団/グレゴール・ビュール(指揮)]

    BRAUNFELS, W.: Don Gil von den grünen Hosen: Prelude / Divertimento / Ariels Gesang / Serenade (Vienna Radio Symphony, Bühl)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:C5429

    CD価格:2,100円(税込)

    “聴衆たちは、調性音楽作曲家の末裔として私を覚えているかもしれません。私は未だ生きていて、作曲を続けています” … ヴァルター・ブラウンフェルス(1946年) ブラウンフェルスの音楽は2度、歴史の闇に葬られました。1回目はナチスによって「退廃音楽」の烙印を押された時。2回目は戦後のドイツが調性音楽を含む、あらゆる形式のロマン派音楽の大部分を排除した時。しかし、21世紀になって彼の音楽は再復興を遂げており、このCapriccioのシリーズをはじめ、ドイツを中心に次々と彼の作品がリリースされています。 このアルバムにはジャズの様式を取り入れた「ディヴェルティメント」や、喜劇《緑のズボンのドン・ギル》序曲と言った、ブラウンフェルスの柔軟性に富んだ作風による作品を収録。ブラウンフェルス作品を得意とするグレゴール・ビュールの指揮は作品の美点をあますことなく伝えます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C5430

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ラーボア(1842-1924)
    ヴァイオリン・ソナタ Op.5
    チェロ・ソナタ Op.7
    主題と変奏 Op.10 詳細ページ
    [ニーナ・カーモン(ヴァイオリン)/フローリス・マインダース(チェロ)/プシェミスル・ヴォイタ(ホルン)/オリヴァー・トリンドル(ピアノ)]

    LABOR, J.: Violin Sonata, Op. 5 / Cello Sonata, Op. 7 / Theme and Variations, Op. 10 (P. Vojta, N. Karmon, F. Mijnders, O. Triendl)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:C5430

    CD価格:2,100円(税込)

    オーストリア、ロマン派の作曲家ヨーゼフ・ラーボア。現在ではほとんど作品を耳にすることがありませんが、生前は、幼いころに罹患した天然痘のために失明するというハンディを乗り越え、作曲家、教育者として高く評価されていた音楽家です。また弟子でもあった、戦争で右手を失ったピアニスト、パウル・ヴィトゲンシュタインとも親しく、裕福なヴィトゲンシュタイン家の後押しを受け、その作品のほとんどが出版されたことでも知られています。 みずみずしいハーモニーに支えられたラーボアの作品は、ブラームスの影響も感じさせる落ち着いた雰囲気を湛えており、このアルバムでもラーボア作品を得意とするヴァイオリニスト、カーモンをはじめとした奏者たちが集い、美しく親密な調べを奏でています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C583045

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『トルコ/ウードの芸術』 詳細ページ [ジヌチェン・タンルコルル]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,400円(税込)

    民族音楽、トルコ音楽のファンのみならず、ロックのミュージシャンなどにも人気の高いトルコの撥弦楽器ウード。その名手として知られたジヌチェン・タンルコルル(1938-2000)がフランス放送に残した録音が復刻されました。 楽器と一体となったような歌声も魅力で、微分音を用いた震えるような装飾音が、耳に脳にたいへん心地よいアルバムです。

  • 商品番号:CKD658

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ヘンデル(1685-1759)
    歌劇《ロデリンダ、ロンバルディアの女王》 詳細ページ
    [ルーシー・クロウ、イェスティン・デイヴィス、ジョシュア・エリコット、ティム・ミード、ハリー・ビケット、イングリッシュ・コンサート]

    発売日:2021年05月14日

    CD 3枚組価格:3,825円(税込、送料無料)

    最高の布陣で臨むヘンデル歌劇の象徴的傑作・全曲録音!間もなく創設半世紀になろうとする英国の老舗古楽器オーケストラ、イングリッシュ・コンサート。現音楽監督ハリー・ビケットは、これまでにもイアン・ボストリッジやルネ・フレミング、ダニエル・ド・ニースといった大物歌手たちとヘンデル作品の多彩さを印象づける名演でシーンを魅了してきた敏腕指揮者。今回は満を持して、この作曲家のオペラに対する現代の再評価の機運となった最盛期の傑作《ロデリンダ》の全曲録音に臨みました。 ヘンデルのオペラは19世紀以来の歌劇界からしばらく見過されていたところ、1920年ゲッティンゲンでこの《ロデリンダ》の記念碑的蘇演が行われたことが、今につながるヘンデル劇音楽群への注目に繋がりました。初演は《ジューリオ・チェーザレ》や《アレッサンドロ》などの大作相次ぐ頃、ヘンデル最盛期の1725年。中世初期のゲルマン民族大移動末期のミラノを舞台に繰り広げられる、ロンバルディア=ランゴバルドの女王ロデリンダをめぐる恋の物語――初演時にはイタリアの女声歌手クッツォーニや男声高音歌手セネジーノらの活躍で作品は高い評価に結び付きました。 ここではharmonia mundi franceでのヘンデル・アルバムでも共演したルーシー・クロウをタイトルロールに、イェスティン・デイヴィスとティム・ミードという英国古楽シーンでもとくに重要な二人のカウンターテナー歌手を含む充実したソリスト勢を起用。二つのテオルボ、2台のチェンバロを伴う充実した古楽器オーケストラの表情も聴きどころたっぷり! 英国の古楽シーンの最前線が反映されたLinnレーベルの快挙と言えるでしょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:COL20452

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    リゲティ(1965-)
    That Which Has Remained …That Which Will Emerge … 詳細ページ
    [バルバラ・キンガ・マジェウスカ(ソプラノ)/パヴェウ・シャンブルスキ(クラリネット)/パトリック・ザクロツキ(ヴァイオリン、ヴィオラ、ムビラ)/ミコワイ・パウォシュ(チェロ)/ヴォイテク・クレク(ドラムス、シンセサイザー)/ルーカス・リゲティ(エレクトロニクス、マリンバ・ルミナ)]

    LIGETI, L.: That Which Has Remained … That Which Will Emerge … (L. Ligeti, Kinga Majewska, Szamburski, Zakrocki, Pałosz, Kurek)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:WWE1CD20452

    CD価格:2,400円(税込)

    作曲家ジェルジ・リゲティを父としてウィーンで生まれたルーカス・リゲティ。ウィーン国立音楽大学で修士号を取得し、そこでエーリヒ・ウルバンナーから作曲を学び、作曲家・パーカッション奏者として活躍しています。ジャズやアフリカ音楽への造詣も深く、さまざまなアーティストとコラボレーションを行うなどジャンルを超えた作品を生み出しています。 このアルバムは2015年、彼がワルシャワのPOLIN博物館(ポーランド・ユダヤ人歴史博物館)のアーティスト・イン・レジデンスを務めていた時に創り上げた音によるドキュメント。自身もユダヤの血を継ぐリゲティは、ワルシャワ在住の20歳から98歳までのユダヤ系の人々にインタビューを行うとともに、彼らが慣れ親しんできた歌を歌うことを依頼、これらを音楽として纏め上げ、さまざまな楽器とエレクトロニクスを駆使して表現したというユニークな1枚です。 人々の語りにブレンドされた音楽は、民謡やジャズまで雑多なものが混在し、ユダヤ民族の多面性を雄弁に物語っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CVS036

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    コリリアーノ(1938-)
    歌劇《ヴェルサイユの幽霊》 詳細ページ
    [エミリー・ミシュ、カイラ・シエンビーダ、ジョセフ・コラネリ、グリマーグラス・フェスティバル合唱団、ヴェルサイユ王室歌劇場管弦楽団]

    発売日:2021年05月14日

    2CD+DVD+Blu-ray 4枚組価格:4,125円(税込、送料無料)

    幽霊、ヴェルサイユに帰る!コリリアーノの問題作を遂に現地上演、映像付き1991年、メトロポリタン歌劇場の委嘱により書かれた《ヴェルサイユの幽霊》。「セビリアの理髪師」「フィガロの結婚」に続く第三作として、ボーマルシェによって書かれた「罪ある母」を下地に、舞台をフランス革命後の荒廃したヴェルサイユ宮殿に置き換え、マリー・アントワネットやルイ16世、そして当のボーマルシェらの幽霊のほか、オペラでもお馴染みのフィガロ、スザンナなどが入り乱れて繰り広げられるシュールな物語。ドタバタながらも原作が持つ重い内容も反映しています。アメリカの「グリマーグラス・フェスティバル」とヴェルサイユの共同制作となっているこのアルバムでは、アメリカやカナダを中心とした歌手陣とヴェルサイユのミュージシャンが共演。まさに”作品の舞台”となっている舞台に掛けられるという、類まれな状況を生み出しました。世に出ているディスクの内容からバロック・オペラの印象が強いヴェルサイユ王室歌劇場が、シンセサイザーを含むモダン楽器の響きに震えているのも面白いところ。国を超えたアーティストたちの力演をお楽しみいただけます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CVS037

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    リュリ(1632-1687)
    音楽悲劇《カドミュスとエルミオーヌ》 詳細ページ
    [トマ・ドリエ、アデル・シャルヴェ、エヴァ・ザイシク、ヴァンサン・デュメストル、ル・ポエム・アルモニーク]

    発売日:2021年05月14日

    CD 2枚組価格:3,825円(税込、送料無料)

    フランスの正歌劇の姿を確立した傑作。フランス新時代の名歌手たちと名門楽団で!フランス古楽界の最前線にあって、伸縮自在の編成で多彩な音楽世界を紡ぎ出してきたル・ポエム・アルモニーク。カリスマ・レーベルALPHAの看板グループとして21世紀初頭から注目を集めてきた彼らは、すでに歴史考証をふまえた演出家バンジャマン・ラザールとのコラボレーションによる”照明は蝋燭のみ”の意欲的な映像でリュリの《カドミュスとエルミオーヌ》をDVDでリリースしています。 それから15年以上の年月を経てCDに新たに刻まれたこの演奏では、主役ふたりにトマ・ドリエとアデル・シャルヴェ、さらにエヴァ・ザイシクやリザンドロ・アバディらフランス語圏の古楽界で確実に存在感を強めつつある名歌手たちを集めての新たな境地に。 1673年、王室音楽総監督としてルイ14世の宮廷における舞台音楽上演の一切を掌握したリュリが、フランス語を使ってイタリアのオペラにも比しうる劇音楽形式を模索した《カドミュスとエルミオーヌ》は、カルタゴ建国の歴史を軸としながら惹かれあう男女の恋が高雅な音楽展開に昇華され、フランス語の朗読がそのまま音楽となったかのような自然な音運びで演劇・音楽・舞踏の融合が達成された傑作。のちに抒情悲劇(トラジェディ・リリーク)と呼ばれることになる序幕付き全5幕の「型」を確立した作品ともなりました。 リュリ以前のフランス音楽でも高い評価を得たヴァンサン・デュメストルの作品解釈は、多くの演奏経験を経て、前収録時よりもさらに深められています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:DDA-25216

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    コンスタン(1925-2004)
    〈管弦楽作品集〉
    ターナー/ブレヴィッシマ
    103の水中スタイル 詳細ページ
    [オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)/リヴァーサイド交響楽団/ジョージ・ロスマン(指揮)]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,250円(税込)

    ルーマニア出身の作曲家マリウス(マリユスとも)・コンスタン。11歳でブカレスト国立音楽大学に入学、正式に音楽教育を受けたのち、フランスに移住。パリ音楽院でメシアン、オネゲル、ナディア・ブーランジェから作曲の指導を受けました。1963年に現代音楽アンサンブル・アルスノヴァを設立。1978年より1988年までパリ音楽院で教鞭をとり、1993年よりメシアンの後任としてフランス美術院アカデミー会員に就任するなど輝かしい経歴を誇ります。 テレビ番組や映画音楽の分野でも幅広い作品を発表、またラヴェルの「夜のガスパール」の管弦楽版編曲でも知られているコンスタン、このアルバムでは彼の本領である「現代音楽作曲家」としての才能を余すことなく披露、3作品とも彼自身が付けた副題通りの色彩豊かな音楽が展開されています。 1981年、ニューヨークを拠点に活躍する演奏家たちによって構成されたリヴァーサイド交響楽団は、現代音楽の普及に力を注ぐオーケストラ。このアルバムは2014年にリリースされた彼らの自主制作盤で、パソコンのみで再生できるビデオ・クリップが収録されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:DDA-25218

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,250円(税込)

    30代の若さにもかかわらず、すでに1000曲を超える作品を発表しているカーソン・クーマン。また、ハーバード大学記念教会のオルガン奏者兼作曲家を務めており他の作曲家も彼のために作品を提供、300曲以上が彼のために書かれているという才能豊かな音楽家です。 今回が第14集となるオルガン作品集には、2013年から2020年の作品が収録されており、彼の安定した筆致による華麗な音楽を楽しむことができます。演奏はクーマンの良き理解者エリック・シモンズ。パイプオルガンの素晴らしい音も聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP843

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    フンスネス(1951-)
    ピアノ・ソナタ 第2番
    冬の踊り/光の色彩 詳細ページ
    [ラウラ・ミッコラ(ピアノ)]

    HUNDSNES, S.: Piano Sonata No. 2 / Winter Dances / Nuances de lumière (Mikkola)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:GP843

    CD価格:1,950円(税込)

    現代ノルウェーの作曲家スヴェイン・フンスネス。ジャズ、ロックからファンクまでの幅広いジャンルを根幹に持った多数の作品を発表、とりわけピアノ作品は、若い音楽家たちのために書かれた「クラヴィナータ」などの作品がノルウェーではよく知られています。ピアノ・ソナタ第2番のように、小さなモティーフを発展させて大きな作品にしていくという独自の作風がフンスネスの特徴であり、ここでも技巧的なパッセージが目まぐるしく駆け抜けていく快感を味わうことができます。 他には、ユニークなリズムが駆使された「冬の踊り」、自然界の様々が現象を音にした「光の光彩」も楽しめます。フィンランドのピアニスト、ラウラ・ミッコラはヘルシンキのシベリウス・アカデミーで学び、1995年のエリーザベト王妃国際コンクールで第2位を受賞した俊英。フンスネスのピアノ作品集第1集(GP800)も高く評価されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP871

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ボッティローリ(1920-1990)
    〈ピアノ作品全集 第2集〉
    夜想曲集 詳細ページ
    [ファビオ・バネガス(ピアノ)/ジョージ・タケイ(朗読)]

    BOTTIROLI, J.A.: Piano Works (Complete), Vol. 2 - Nocturnes (Banegas, George Takei)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:GP871

    CD価格:1,950円(税込)

    アルゼンチンの作曲家ボッティローリのピアノ作品全集、第2集には夜想曲の雰囲気を持つ作品が収録されています。アルバムには夜想曲の他、様々なタイトルを持つ小品をはじめ、弟子でもあるピアニスト、バネガスに捧げられた「6つのアルバムのページ」や作曲家自身による詩が添えられた「5つのピアノの応答」などを収録。これらはスペイン・アンダルシア州のコルドバにあるボッティローリの別荘から見る晴天にインスパイアされた作品であり、彼の思いは地上のロマンティックな雰囲気を超え、すでに大宇宙へと羽ばたいています。 詩の朗読は「スタートレック」などで大活躍した日系アメリカ人二世ジョーイ・タケイ(日本名: 武井 穂郷)が担当。味わい豊かな語り口をご堪能ください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GP879

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    エカナヤカ(1977-)
    惑星と人類 - ピアノ・リフレクションズ 詳細ページ
    [タニャ・エカナヤカ(ピアノ)]

    EKANAYAKA, T.: Planets and Humanity (The) - Piano Reflections (Ekanayaka)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:GP879

    CD価格:1,950円(税込)

    スリランカ出身、イギリスを拠点に活躍する女性作曲家タニャ・エカナヤカ。独自のインスピレーションに支えられた彼女の作品は、スリランカで知られる民謡のメロディと、古典的な作品を融合させたもので、ショパンやベートーヴェン由来の旋律を時折織り込みながら、やさしく幻想的な音楽を紡ぎだすことで知られています。 このアルバムにはCovid-19パンデミック(コロナ禍)の際に構想されたという8つの作品を収録。これらは太陽系の8つの惑星と、地球の7つの大陸を対比させ、その地に伝わるメロディを用いたもので、どれもエカナヤカ独自の視点が張り巡らされた真摯な曲に仕上がっています。優れたピアニストとして活躍する彼女自身の演奏が、作品を雄弁に伝えます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GRAM99224

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Harpsifly
    ゴードン・マレーと彼の楽器の物語 詳細ページ
    [ドゥビー・ゾーン/エーリヒ・トラクスラー/パウリナ・ジュムダ/シュテファン・ゴットフリート/アウレリア・ヴィショヴァン]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,100円(税込)

    カナダ出身のチェンバロ奏者ゴードン・マレー(1948-2017)。彼はグスタフ・レオンハルトとケネス・ギルバートからチェンバロを学び、ヨーロッパと北アメリカを中心にソリスト、通奏低音の奏者として活躍、また1982年から1987年までグラーツ音楽大学の教授を、1986年からはウィーン国立音楽大学の教授を務め数多くの弟子を育てあげました。 このアルバムは2017年3月12日に不慮の事故でこの世を去ったマレーを偲び、5人の弟子たちがマレーがコレクションしていた1707年ニコラ・デュモン製の楽器をはじめ、1644年アンドレアス・ルッカース製や、1697年カルロ・グリマルディ製などの再現楽器で様々な作品を心を込めて演奏、恩師へのはなむけとしています。

  • 商品番号:GRAM99233

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    エクトル・サンドバル(テノール)
    ヴェルディ(1813-1901)
    オペラ・アリア集 詳細ページ
    [エクトル・サンドバル(テノール)/バーデン=バーデン・フィルハーモニー管弦楽団/パヴェル・バレフ(指揮)]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,100円(税込)

    メキシコ出身のテノール歌手、エクトル・サンドバル。1987年から1993年までメキシコシティの国立音楽院で学び、1994年にウィーン国立音楽大学へ留学するとともに、数多くのマスタークラスを受講、プラシド・ドミンゴ、イレアナ・コトルバシュ、クリス・メリットら名歌手から指導を受けました。2001年にはラインスベルク室内オペラが主催するコンクールで優勝するなど多くの賞を受賞し注目を集め、以降、ヨーロッパと米国を中心に歌手として広く活動しています。 このアルバムでサンドバルはヴェルディの様々なオペラのアリアを熱唱。選曲の中心を成すのは、シンプルな旋律と溢れるような情感に満ちたヴェルディの若い頃の作品であり、サンドバルの輝かしい声が曲の持ち味を引き立てています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GRAM99239

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,100円(税込)

    オーストリア・ザンクトフローリアン修道院教会でのブルックナー録音で話題を呼ぶレミ・バローは、優れたヴァイオリニストとしてウィーン・フィルの一員としても活躍していたこともありました。活動を通じて意気投合した、ウィーン・フィルの名クラリネット奏者ノルベルト・トイプルを中心とする、ウィーン最前線のオーケストラで活躍する名手たちによって結成されたのがクラングコレクティフ・ウィーン。 デビュー作(GRAM99180)ではシューベルトの第1番と「未完成」を演奏し、ウィーン初期ロマン派作品の魅力を伝え、前作(GRAM99210)ではベートーヴェンの「英雄」を演奏、しなやかな音楽を聴かせましたが、今作では更に時代を遡りモーツァルトとハイドンの作品を披露しました。 現代楽器を用いて18世紀から19世紀の音楽様式美を軽やかに、かつ鮮やかに伝える彼らの演奏は、聴き手を強く魅了します。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GRAM99241

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ブルックナー(1824-1896)
    弦楽五重奏曲 ヘ長調 WAB112
    弦楽四重奏曲 ハ短調 WAB111 詳細ページ
    [レミ・バロー(ヴァイオリン) アルトモンテ・アンサンブル]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,100円(税込)

    アルトモンテ・アンサンブルが演奏する2つのブルックナー室内楽作品ブルックナーの作品のほとんどは交響曲が占めていますが、少数とはいえ、室内楽や宗教曲にも素晴らしい作品があります。交響曲第5番や第6番と同じ時期に書かれた「弦楽五重奏曲」は、ウィーンの著名なヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヘルメスベルガーの提案により書かれた作品。編成こそ小さいものの、様式も雰囲気もブルックナーならではの味わいを持っています。かたや1862年の「弦楽四重奏曲」は習作といえる作品です。 指揮者としても活躍著しいレミ・バロー。彼はもともとパリ国立高等音楽院でジェラール・プーレに師事し、イヴリー・ギトリスからも指導を受けた優れたヴァイオリニスト。現在でも数々の室内楽アンサンブルに参加し、演奏を続けています。 第2ヴァイオリンを務めるイリス・シュッツェンベルガーは“クラングコレクティフ・ウィーン”のコンサート・ミストレスでもあり、2018年からはウィーン国立歌劇場管弦楽団やウィーン・フィルハーモニーにも定期的に出演しています。 ヴィオラを演奏するシュテファニー・クロプフライターはウィーン国立音楽大学で学び、2014年から2017年までリンツ・ブルックナー管弦楽団で演奏したほか、数多くのオーケストラに参加するだけではなく、クロスオーヴァー・バンド「Merve」のメンバーとしても素晴らしいパフォーマンスを行っています。 ペーター・アイグナーは1967年生まれ。ソリストとして、また「ダーフィト三重奏団」をはじめとする数多くのアンサンブルで活躍しています。 チェロのヨルゲン・フォうグはコペンハーゲン出身の重鎮。1975年からウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーとして長年に渡り活躍しました。

    収録作曲家:

  • 商品番号:HSP007

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,325円(税込)

    ヴァイオリンを弾きながら足鍵盤を!
    バロック期に存在した演奏例に基づく実践
    タイトルのOVNI(Objet Volant Non Identifie)とはフランス語でいうUFO(未確認飛行物体)のこと――思わせぶりな表題にたがわず、このアルバムは前代未聞の音楽実践の成果を刻みました。 エマニュエル・ドーヴァンは、ル・ポエム・アルモニークなどで活躍する名手ミラ・グロデアヌの愛弟子で、バーゼル・スコラ・カントルムの才人アマンディーヌ・ベイエにも師事した逸材。彼女はバロック期におけるヴァイオリンの演奏技法を妥協なく追及していった結果、当時はヴァイオリンを弾きながら通奏低音パートをオルガンの足鍵盤で演奏した名手さえいたことを知り、それをこのアルバムで自ら実践してみせたのです! 変則調弦(スコルダトゥーラ)が独特な音響効果を生む17世紀オーストリアの大家ビーバーの名品群にバッハのソナタからの楽章も交え、この技法がいかに一貫した音楽的美感を伴う演奏結果をもたらすかを身をもって示しています。オルガンの足鍵盤は通常最低音域を受け持ちますが(金管楽器のペダル・トーンの語源)、設定により変更でき、ここでも最高でアルト音域くらいまでが重ねられ、足鍵盤のみという印象以上の演奏効果を上げました。 併せてバッハの無伴奏パルティータ第1番も収録。アマティやシュタイナーの銘器にもとづく再現製作楽器の響きと静謐なオルガンの足鍵盤パイプの音色、そして教会堂のほどよい残響もあいまって、味わい深い上質の音楽体験を聴き手にもたらします。 演奏者自身による解説(英訳付)も読みごたえたっぷり。

    収録作曲家:

  • 商品番号:LBM032

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ブラームス(1835-1897)
    〈室内楽作品全集 第9集〉
    2台ピアノのための作品集 詳細ページ
    [エリック・ル・サージュ(ピアノ)/テオ・フシュヌレ(ピアノ)]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,400円(税込)

    2017年に開始されたB RECORDSレーベルの大好評シリーズ「ブラームス: 室内楽作品全集」。ピアニスト、エリック・ルサージュが主導するこのプロジェクトは、彼と友人たちが演奏するブラームスをライヴで収録するというもので、これまでにリーズ・ベルトー(ヴィオラ)やフランソワ・サルク(チェロ)など名手を迎え、ブラームスの味わい豊かな室内楽作品を聴かせています。 第9集で採り上げられたのは「ハイドンの主題による変奏曲」と「2台のピアノのためのソナタ」。創作初期と晩年以外、ほとんどピアノ独奏曲を残さなかったブラームスですが、管弦楽作品や声楽作品を書く際の準備として、まず2台ピアノのための総譜を書きあげていたことはよく知られています。 「ハイドンの主題による変奏曲」も先にピアノ版が書かれ、その後管弦楽版が完成しました。主題こそシンプルなものの、随所に複雑な対位法が張り巡らされた技巧的な作品です。「2台のピアノのためのソナタ」はもともと弦楽五重奏曲として1862年に作曲されましたが、試演の際の評判が良くなかったため、1864年に2台ピアノ用に改作。その後、ピアノ五重奏曲として書き直されたという経緯を持つ作品です。 ブラームス自身も気に入っていたというこの版、ピアノの美しい響きが存分に生かされており、弦で奏されるのとはまた違った味わいがあります。 今作でル・サージュと共演するのは、2018年ジュネーヴ国際コンクールで第1位に輝いた若きピアニスト、テオ・フシュヌレ。兄ピエールの影響を受け3歳から音楽を学び始め、12歳の時にパリ国立高等音楽院に入学し研鑽を積み、数多くのコンクールで優勝を飾った俊英です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:MSV-28615

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ファーニホウ(1943-)
    ピアノ作品全集 1965-2018 詳細ページ
    [イアン・ペイス(ピアノ)/ベン・スミス(ピアノ)]

    FERNEYHOUGH, B.: Piano Music (Complete) (I. Pace, B. Smith)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:MSV28615

    CD 2枚組価格:2,250円(税込)

    ブライアン・ファーニホウは、イギリスを代表する現代作曲家の一人。初期はセリエリズムの影響による作品を発表、以降、折々に作風を変え、20世紀末にはコンピュータ・プログラムを導入した作品で話題を集めました。 彼の作品は「new complexity=新しい複雑さ」を帯びているとされ、とりわけ「Quirl」などの自筆譜の難解さはよく知られています。21世紀になってからは比較的抒情的な作品も書いており、このピアノ作品が全て収録されたアルバムでは、およそ50年間にわたるファーニホウの作風の変遷を知ることができます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:MSV-28616

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ハトルグリームソン(1941-)
    無伴奏ヴァイオリンのための作品集 詳細ページ
    [ピーター・シェパード・スケアヴェズ(ヴァイオリン)]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,250円(税込)

    1941年、アイスランド生まれの作曲家ハフリジ・ハルグリムソン。1962年にレイキャビクの音楽学校を卒業、イタリアに留学しエンリコ・マイナルディに師事、その後はロンドン王立音楽院で学位を取得し、ピーター・マクスウェル・デイヴィスから個人的に作曲の指導を受けました。またチェリストとして数多くの室内楽アンサンブルに参加、1971年にはウィグモアホールでデビューするなど、演奏家としても高く評価されています。 1977年にスコットランド室内管弦楽団の首席チェリストに就任、1983年まで活躍したのち、作曲家として活動をはじめ、子供向けの作品から歌劇まで100以上の作品を発表しています。このアルバムに収録された「クレーのスケッチ集」は、モダンな作風の中に、悲しみやユーモアがさりげなく織り込まれた魅力的な作品です。 このアルバムでは、現代作品を数多く初演、作曲家たちから絶大な信頼を寄せられているピーター・シェパード・スケアヴェズが全編を演奏しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:MU045

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    『追いつかない心』
    ヘンデル「ラ・ルクレツィア」とオペラ・アリア集 詳細ページ
    [エロイーズ・マス、ローレンス・カミングス、ロンドン・ヘンデル・オーケストラ]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,400円(税込)

    独特の厚みと深み――期待感あふれる新たな「声」あればこそのヘンデル!2018年のエリザベート王妃国際コンクール声楽部門で、結果は5位だったものの強い存在感を示して注目を浴びたフランスの新世代歌手エロイーズ・マス。独特のコクを感じさせるメゾの歌声は実に味わい深く、ワーグナーやR.シュトラウスなどでの重要な役柄とも絶妙の相性をみせながら、ロッシーニやドニゼッティでも鮮やかな解釈を紡ぎ出します。そしてそのような劇的表情の濃やかさあればこそ、ヘンデルの劇中で特に込み入った立場に置かれた役柄が歌うアリアでは、ことのほか耳をとらえて離さない歌を聴かせられる…… その素晴しい成果が音盤になったのがこのアルバム。経験豊富な英国バロック・オペラ界のヴェテランL.カミングス率いる古楽器オーケストラとともに、抑揚の激しいスリリングなアリアからしっとりメロウなナンバーまで多彩な表情をみせるマスの解釈は、偽らざる心の動きと劇的現実のギャップへの戸惑いを描き上げたヘンデル随一の歌の数々をきわめて高い完成度で味あわせてくれます。 初期から後期まで、秘曲も有名大作も押さえた選曲も絶妙。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ODE-1354

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ケニンシュ(1919-)
    交響曲 第4番&第6番
    カンツォーナ・ソナタ 詳細ページ
    [サンタ・ヴィジネ(ヴィオラ)/ラトビア国立交響楽団/グンティス・クズマ(指揮)]

    ĶENIŅŠ, T.: Symphonies Nos. 4 and 6 / Canzona Sonata (Vižine, Latvian National Symphony, Kuzma)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:ODE1354-2

    CD価格:2,025円(税込)

    2020年にリリースされた交響曲第1番」を含むアルバム(ODE-1350)が高く評価されたラトビアの作曲家ターリヴァルディス・ケニンシュ。彼は1919年ラトビアで生まれ、パリでメシアンとトニー・オーヴァンに師事。作曲家としていくつかの賞を受賞した後、1951年にカナダに移住し、教育者としてこの国の音楽発展に力を尽くしました。 若い頃には「室内楽が芸術の最高の形である」と信じていたためか、ケニンシュが交響曲作曲に手を染めたのは1959年になってから。しかしその後、1970年代から80年代にかけて次々と交響曲を発表し、現在では「ラトヴィアを代表する交響曲作曲家」として認識されています。 このアルバムには1970年代の比較的コンパクトにまとめられた2曲を収録。フランス風の繊細かつ豊かな響きを持つ「交響曲第4番」、フーガを多用した印象的な構成による「交響曲第6番」。どちらも熟練の作風が際立つ作品です。協奏曲風の「カンツォーナ・ソナタ」もケニンシュの優れた作曲技法が如何なく発揮されており、深いヴィオラの音色が存分に生かされています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ODE-1384

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ハンヌ・リントゥ(指揮)
    リンドベルイ(1958-)作品集
    オーラ/マレア/関連する岩 詳細ページ
    [エミール・ホルムストレム(ピアノ&キーボード)/ヨーナス・アホネン(ピアノ&キーボード)/ヤニ・ニーニマキ(パーカッション)/イェリ・ピーッポネン(パーカッション)/フィンランド放送交響楽団/ハンヌ・リントゥ(指揮)]

    LINDBERG, M.: Aura / Marea / Related Rocks (Holmström, Ahonen, Niinimäki, Piipponen, Finnish Radio Symphony, Lintu)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:ODE1384-2

    CD価格:2,025円(税込)

    21世紀に活躍する作曲家の中でも、とりわけ高い評価を受けているフィンランドの作曲家マグヌス・リンドベルイ。現代音楽の振興と宣伝を目的としたグループ「耳を開け!」 (Korvat auki!)のメンバーとして活躍するなど精力的な活動を行っています。 このアルバムには1990年代に書かれた3曲を収録。冒頭の「AURA オーラ」は1993年、サントリーホールの「国際作曲委嘱シリーズ No.18」のための作品。4つの楽章で構成された実質上の交響曲ともいえるこの曲には、リンドベルイのオーケストラに対する様々なアプローチが集約されています。 作曲中にルトスワフスキの死去の知らせを受けたリンドベルイは、この曲を偉大な作曲家の思い出に捧げました。作品は1994年6月11日に山下一史が指揮する東京交響楽団によって世界初演されています。「Related Rocks」はベルギーのアンサンブルIctusの委嘱作品。バルトークのソナタにインスパイアされた草案に、更に多彩なパーカッションとエレクトロニクスを加えた意欲作です。 イタリア語で“湖”を意味する「Marea」は同時期に書かれた2作品「Kinetics (1988–89)」と「Joy (1989–1990)」との実質三部作の一つです。

  • 商品番号:ONGKST-3

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD国内盤価格:3,080円(税込、送料無料)

    たぶんあなたがイメージするよりずっと
    リッチでエモーショナルで、わくわくするおんがくしつ。
    “おんがくしつトリオ” は、日本の学校教育でなじみ深い3つの楽器(ピアノ、リコーダー、鍵盤ハーモニカ)を駆使して、クラシックの名曲からポップス、ブラジル音楽まで幅広いレパートリーを現代的なセンスで表現するアンサンブル。高度な演奏力と洒脱な編曲で聴かせるライブに定評のある彼らが、自身初となるスタジオ録音ならではの自由なアプローチで、「第三の男」(1949年公開)から「ラ・ラ・ランド」(2016年公開)まで、新旧・洋邦を問わずさまざまな映画音楽ファンに愛される作品集を完成させました。 「ムーン・リバー」(ティファニーで朝食を)「“ニュー・シネマ・パラダイス”より」「いのちの名前」(千と千尋の神隠し)ではエモーショナルに、「キャラバンの到着」(ロシュフォールの恋人たち)「雨にぬれても」(明日に向って撃て!)ではクールに、「You Can't Stop the Beat」(ヘアスプレー)「Another Day of Sun」(ラ・ラ・ランド)ではダンサブルに、そして「Part of Your World」(リトル・マーメイド)「生まれてはじめて」(アナと雪の女王)では彼らのミニマムな楽器編成を忘れるほどのスケール感で、映画と映画音楽作家への愛と敬意あふれる世界を展開しています。

  • 商品番号:ORC100161

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    SPHINX - スフィンクス
    カウンターテナーが歌う近代ロシアの歌曲集 詳細ページ
    [ヘイミッシュ・マクラーレン(カウンターテナー)/マシュー・ジョリーズ(ピアノ)/ナタリー・グリーン=バックリー(ヴィオラ)/クラウディア・ファラー(ヴァイオリン)/ベン・マイケルズ (チェロ)]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:1,950円(税込)

    ロシア(ソヴィエト)の芸術歌曲の伝統は、19世紀初頭のサロン音楽から始まりました。もともと素朴で抒情的な「ロマンス」は、やがてショスタコーヴィチらによって壮大なテーマを採り入れたものに進化しましたが、決して親密さを失うことはありませんでした。このアルバムには、アマゾン、コーカサス、スコットランド、イングランド、エジプトなど、ロシアから遠く離れた地を主題にした作品を収録。旅をする喜び、ロマンティックな風景、愛と喪失、そして生と死など永続的なテーマを網羅する様々な歌曲を、ヘイミッシュ・マクラーレンの清冽な歌声でお聴きいただけます。 ヘイミッシュ・マクラーレンはロンドン王立音楽院で歌唱指導を受けるとともに、在学中にロシア語を学び、ショスタコーヴィチの歌劇やロシアの歌に興味を持ちました。2018年には実際にロシアを旅行し、サンクトペテルブルクからモスクワ、シベリアのイルクーツクまでの楽譜店を探求。これまでに録音されたことのないショスタコーヴィチの2作品をはじめ、数多くの貴重な楽譜を入手し、今回の録音に使用したということです。

  • 商品番号:SOMMCD0631

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:2,025円(税込)

    作曲家、ピアニストとして活躍するイアン・ファリントン。2012年にはロンドン・オリンピックの開会式でローワン・アトキンソンの「炎のランナー」によるコミック・パフォーマンスでピアノを演奏し、一躍注目を浴びました。また2020年にはBBCプロムスで、ベートーヴェンの9つの交響曲をスリル満点な7分間に凝縮した「ベートーヴェニアーナ」を披露。こちらもロックダウン下のロンドンの聴衆たちを熱狂させました。 現在「アール・デコ・トリオ」のメンバーとして活動する彼のこのアルバムは、ガーシュウィンの名曲をアレンジした曲集。「アイ・ゴット・リズム」や「サマータイム」などの耳慣れた旋律が、新鮮な雰囲気をまとって立ち現れます。トラック15の「ガーシュウィニシティ」はオリジナル作品で、ガーシュウィンの初期のヒット曲から晩年までのさまざまな作品のメドレーです。 クラリネット、サックスとピアノが織りなす美しく楽しい響きをご堪能ください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SOMMCD0632

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    〈新世界からの宝物 第2集〉
    ヴァイオリン・ソナタと小品集
    オスワルド、ミニョーネ、ミゲス、ノブレ、レヴィ、ブラジレイロ 詳細ページ
    [アンソニー・フリント(ヴァイオリン)/クレリア・イルズン(ピアノ)]

    Treasures from the New World, Vol. 2

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:SOMMCD0632

    CD価格:2,025円(税込)

    近代南米の作曲家の秘曲を紹介するシリーズ「新世界からの宝物」。第1集(SOMMCD0609)ではビーチとオスワルドのピアノ五重奏が紹介されていましたが、第2集にはオスワルドをはじめとした5人のブラジル人作曲家のヴァイオリン・ソナタと小品集が収録されています。 伸びやかな旋律が美しいオスワルドのソナタや、スペインとフランスで学んだミゲスの甘美な雰囲気を持つソナタ、ノブレのメロディアスな詩曲など、聴きごたえのある作品を楽しめます。またフランシスコ・ミニョーレはピアニスト、イルズンの師でもあり親友でもある作曲家。この子守歌風の「ロマンス」は短いながらも味わい深い1曲です。

  • 商品番号:STNS-30173

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    カンチェリ(1935-2019)
    シンプル・ミュージック
    ~ ピアノとアコーディオンによる 詳細ページ
    [ジェニー・リン、ガイ・クルセヴェク]

    KANCHELI, G.: 33 Miniatures (arr. G. Klucevsek for piano and accordion) (Simple Music) (Jenny Lin, G. Klucevsek)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:Steinway30173

    CD価格:2,250円(税込)

    パンデミックが生んだ新しいインプロヴィゼーション・アルバムカンチェリが2009年に、自らが1965年から2002年に書いた映画音楽と舞台音楽より印象的なフレーズを抜き出し、1分弱からせいぜい3分ほどの小品に仕上げたものを33曲まとめた「ピアノのための33の小品」あるいは「シンプル・ミュージック」。タイトル通り譜面上はピアノのために書かれていますが、作曲者自身により、「これらのスケッチはダイナミクスを始めとした様々な指示から解き放たれていくだろう。特に即興を得意とする奏者たちによって。ただしそれは義務ではない。どのように演奏してもよい。」といった趣旨の序文が添えられています。 フィリップ・グラスを始めとした現代音楽のスペシャリスト、ジェニー・リンは、このカンチェリの序文に触発され、インプロヴィゼーションで高い評価を得ているアコーディオンの大御所、ガイ・クルセヴェクと共に、この小品集をライヴで演奏するというアイディアを膨らませていました。ところが2020年、世界は新型コロナ・ウイルスによるパンデミックに見舞われ、この構想も頓挫します。そこで二人はリモートによる録音を行い、アルバムとして完成させることとなりました。本来ライヴで生まれてくる即興を、録音で組み上げていくという発想の転換でした。 ここでの即興は作品の輪郭を変える性質ではなく、むしろこれらの美しさを再認識させてくれるもの。今の時代が生んだ、今だからこそ聴く者の心に沁みる、たいへん美しい一枚です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SWR19526CD

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    モーツァルト(1756-1791)
    Essential Symphonies - 交響曲選集[6枚組 BOX] 詳細ページ
    [ロジャー・ノリントン(指揮) シュトゥットガルト放送交響楽団]

    MOZART, W.A.: Symphonies Nos. 1, 8, 12, 19, 22, 25, 28, 29, 31-36, 38-41 (Essential Symphonies) (Stuttgart Radio Symphony, Norrington)

    発売日:2021年05月14日 NMLアルバム番号:SWR19526CD

    CD 6枚組価格:3,225円(税込、送料無料)

    現代オーケストラのモーツァルト演奏の新たな基準を打ち立てた大注目のシリーズ!2006年、ロジャー・ノリントンとシュトゥットガルト放送交響楽団によるヨーロッパ音楽祭のライヴ録音。この年は「モーツァルト生誕250年記念」ということで、2週間にわたって20曲以上の交響曲が演奏されました。 ノリントンは初演当時の様式を徹底的に研究し、スコアの反復指示には全て従い、またヴァイオリンを左右両翼に、通奏低音(チェンバロ)は中央に配置しました。初演時の編成も遵守し、初期の作品では弦も含めてたった18人の小編成、最後の4曲ではヴァイオリン24台と木管楽器16本という通常サイズと、曲ごとに編成を変えて演奏しています。もちろん弓のストローク、アーティキュレーション、フレージングなどを研究し、極限までヴィブラートを排したピリオド奏法が採り入れられているのはノリントンならでは。斬新な解釈が高く評価されている演奏です。 全ての曲には演奏後の拍手が入っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-569

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ボワシエ(1995-)
    2台ピアノのための協奏曲とソナタ
    「フィリップ・マーロウ」協奏曲
    ピアノ・ソナタ 第2番 熱情
    「グラマー」協奏曲

    詳細ページ
    [ヴァレンティナ・セフェリノヴァ(ピアノ)/ウクライナ祝祭管弦楽団/ジョン・マクローリン・ウィリアムズ(指揮)]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:1,950円(税込)

    20世紀の終わり頃に台頭してきたのが、ヒーリング系の音楽やクロスオーヴァー系の音楽でした。美しい旋律に回帰したこれらの音楽は、人々の耳を引き付けるのに十分な魅力を備えており、21世紀の今ではすっかり馴染み深いものとして受け入れられています。 このアルバムの作曲家コレンタン・ボワシエもそんな美しい音楽を愛する作曲家の一人。1995年生まれの彼は、1940年代から50年代に世間を席捲したハリウッド風の音楽を愛し、自作にもゴージャスな音をふんだんに盛り込むことで“Unashamed Romantic 恥知らずなロマンティック”な音楽を書き続けています。 ラフマニノフやアディンセルのワルソー・コンチェルトの潮流を受け継ぐ彼の音楽は、一度聴いたら忘れられないほどの余韻を残します。

  • 商品番号:TOCC-572

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:1,950円(税込)

    ポーランド出身のピアニスト、作曲家モシュコフスキ。ベルリンでエドゥアルト・フランクにピアノを学び、フリードリヒ・キールに作曲を学んだ彼は、1873年にピアニストとして初の成功を収め、以降は優れたピアニストとして活躍するかたわら、教育者としてもホアキン・トゥリーナやホアキン・ニンら数々の弟子を育てあげるなどの功績を残しました。 彼の作品の多くはピアノ曲であり、サロン用の小品の他、ピアノ学習者がショパンの練習曲の前段階として学ぶことの多い「15の練習曲」などが良く知られています。名手イアン・ホブソンはモシュコフスキのピアノ作品全曲録音をスタート。第1集となるこのアルバムでは初期の作品を演奏し、メンデルスゾーンやシューマンの影響が感じられる、技巧的かつロマンティックな作品を紹介しています。 美しい旋律に溢れたほとんどの曲は世界初録音。アルバムの続編も期待できます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-600

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    ワーズワース(1908-1988)
    〈管弦楽作品集 第3集〉
    交響曲 第5番 イ短調 Op.68
    チェロ協奏曲 Op.73 詳細ページ
    [フローリアン・アルニカンス(チェロ)/リエパーヤ交響楽団/ジョン・ギボンズ(指揮)]

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:1,950円(税込)

    ヴォーン・ウィリアムズとシベリウスのエッセンスを受け継ぐウィリアム・ワーズワースの音楽は、溢れる抒情性と自然な旋律の流れを持っています。この管弦楽作品集第3集には、円熟期の2つの作品、チェロ協奏曲と交響曲第5番を収録。チェロ協奏曲は、ショスタコーヴィチやブロッホを思わせるどこか荒々しさを備えた作品。第2楽章の神秘的な美しさが印象的です。 3つの楽章で構成された交響曲第5番は、壮大な第1楽章、ユーモラスな表情を持つ第2楽章、圧倒的な迫力を持つ終楽章と、まさにロマン派交響曲の見本のような作品です。 ジョン・ギボンズは、知られざる作品を積極的に紹介する指揮者。これまでにもワーズワース作品をはじめ、数多くの作曲家の作品の世界初演を行っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-606

    詳細ページを見る

    〈5月14日発売予定〉予約受付中

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    発売日:2021年05月14日

    CD価格:1,950円(税込)

    スコットランドの作曲家ロナルド・スティーヴンソン。「DSCHによるパッサカリア」などの難解なピアノ曲で知られますが、彼が生涯に書いた作品のうち、ほぼ4分の1は他者の作品をピアノ用に編曲したものでした。 このアルバムにはスティーヴンソンによる3人のイギリスの作曲家、パーセル、ディーリアス、ファン・ディーレン(オランダ出身、イギリスで活躍)の作品のトランスクリプションが収録されています。 最初に置かれたパーセル作品には過度な装飾を施すことなく、原曲のシンプルさを生かしながら、適度に音の厚みを加え聴きごたえのある作品へと変貌させています。一方、ディーリアスの旋律を用いた「若いピアニストのディーリアス」では複雑なハーモニーが張り巡らされた中に、時折ディーリアスの郷愁に満ちた旋律が聞こえてくるという趣向。スティーヴンソンらしい仕上がりを見せています。パーセルの素材を用いた「ジャズ変奏集」、弦楽四重奏曲を独奏ピアノ用に編曲したファン・ディーレン作品などを経て、最後は美しいパーセル作品で幕を閉じます。

    収録作曲家: