ボッティローリ(ホセ・アントニオ) Bottiroli, José Antonio

生没年 1920-1990
辞書順 NML作曲家番号 361765
  • 商品番号:GP833

    GRAND PIANO

    ボッティローリ(1920-1990)
    〈ピアノ作品全集 第1集〉
    ワルツ集 詳細ページ
    [ファビオ・バネガス(ピアノ)]

    BOTTIROLI, J.A.: Piano Works (Complete), Vol. 1 - Waltzes (Banegas)

    発売日:2020年03月06日 NMLアルバム番号:GP833

    CD 価格:1,950円(税込)

    アルゼンチンの作曲家ボッティローリは、生涯コルドバに住み、ピアニスト、指揮者として活躍する傍ら、ヴォーカル・グループ「セクステット・ローレリー」のディレクターを務め、ラジオ、劇場でコンサートを開催、人気を博していました。 作曲家としては、アルゼンチンの民族音楽の影響を受けたリスト風の管弦楽作品を残していますが、70曲ほどのピアノ曲は、どれもロマンティックなイディオムと即興性を重視した小品で、どれもが定められた形式の中で彼独自の表現手段が開拓されています。 GRAND PIANOレーベルでは彼の全ピアノ曲の録音を敢行、第1集となるこのアルバムには「ワルツ」の形式による様々な作品を収録しています。そのほとんどが3分程度でありながら、アルゼンチンの自然の風景や人々の生活、彼自身の経験など様々な情景が反映された聴きどころの多い作品に仕上がっています。 なかでも「10の極小ワルツ」に含まれた、アルゼンチンの先住民、アレッシオ一家の人々を描いた7曲の「部族の踊り」B114のユニークさは他に類をみないもの。どれも20秒程度で瞬時に耳を駆け抜けていきますが、強い印象を残す作品です。ボッティローリに教えを受けたピアニスト、バネガスの共感溢れる演奏で。

    収録作曲家: