フンスネス(スヴェイン) Hundsnes, Svein

生没年 1951-
辞書順 NML作曲家番号 351594
  • 商品番号:GP800

    GRAND PIANO

    ハンズネス(1951-)
    〔ピアノ作品集〕
    クラヴィナータ 第1番-第7番
    ピアノ・ソナタ 第1番
    ダウントーンド・ビーツ 詳細ページ
    [ラウラ・ミッコラ(ピアノ)]

    HUNDSNES, S.: Clavinata Nos. 1-7 / Piano Sonata No. 1 / Downtoned Beats (Mikkola)

    発売日:2020年02月07日 NMLアルバム番号:GP800

    CD 価格:1,950円(税込)

    スヴェイン・ハンズネスは現代ノルウェーで最も重要視されている作曲家の一人。彼が創り出す音楽はジャズ、ロックからファンクまで幅広いジャンルを根幹に持つ柔軟なスタイルを持っています。 このアルバムの中心を成すのは「クラヴィナータ」と題された7つの曲。彼は2015年から2018年までに10曲の「クラヴィナータ」を作曲、どれも複雑に旋律が絡み合う技巧的なトッカータを思わせる曲ですが、それぞれは独立した形式を持っており、曲同士に関連はありません。小さな素材が発展していくものが多く、リズムが主導になる曲も含まれています。途中に置かれた「ソナタ」も多彩な音が散りばめられた聴きごたえのある曲。「ダウントーンド・ビーツ」は弾むリズムが楽しい曲です。 ヘルシンキのシベリウス・アカデミーで学び、1995年のエリーザベト王妃国際コンクールで第2位を受賞したフィンランドのピアニスト、ラウラ・ミッコラによる演奏で。

    収録作曲家: