マクダウェル(エドワード) MacDowell, Edward

生没年 1860-1908 アメリカ
辞書順 NML作曲家番号 22617
  • 商品番号:SOMMCD043

    SOMM Recordings

    マクダウェル(1860-1908)
    ピアノ作品集 詳細ページ
    [サンドラ・カーロック(ピアノ)]

    MACDOWELL, E.: Piano Music (Carlock)

    発売日:2019年03月29日 NMLアルバム番号:SOMMCD043

    CD 通常価格:2,640円特価!:2,160円(税込)

    愛らしい小品集「森のスケッチ」で知られるアメリカの作曲家マクダウェル。ヨーロッパ生活が長く、とりわけグリーグを尊敬していたという彼の作品は、アメリカ民謡の影響を受けつつ、抒情的な雰囲気に満たされています。 このアルバムで一連の作品を演奏しているカーロックは、ノルウェーのベルゲンにあるグリーグの家で初めてマクダウェルを弾いたピアニスト。このアルバムでは「森のスケッチ」の代表作“野ばらに寄す”での優しい曲調とは全く違った激しさを持つ「演奏会用練習曲」を含む興味深いプログラムを披露しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC0089

    Toccata Classics

    ハートマン(1881-1956)
    ヴァイオリンとピアノのための室内楽作品集 詳細ページ
    [ソロカ/グリーン]

    HARTMANN, A.: Chamber Music for Violin and Piano (Soroka, Greene)

    ■室内楽 ■器楽曲(ヴァイオリン) ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:2009年10月28日 NMLアルバム番号:TOCC0089

    CD 通常価格:3,080円特価!:2,600円(税込)

    ヴァイオリニスト&作曲家アルトゥール・ハートマン(1880-1956)の名前は、現在ではハイフェッツを始めとする往年の巨匠たちのアンコール・ピースを編曲した人として知られています。彼はフィラデルフィア生まれだったにもかかわらず、自らを「出身はハンガリーだ」と主張し、情熱的で魅惑的な小品を発表。クライスラーに比肩する人気を誇ったのです。彼はドビュッシーの親しい友人でもあったため、幾つかの曲をヴァイオリン用に編曲(このアルバムのために録音された2曲は世界初録音となります)。原曲を超える魅力を放っています。ポルタメントたっぷりの甘い甘い響きは、聴き手の心に甘酸っぱい思いを抱かせてくれます。

  • 商品番号:8.559010

    NAXOS

    マクダウェル(1860-1908)
    ピアノ作品集 第1集
    森のスケッチ 詳細ページ
    [バーバガッロ]

    MACDOWELL: Woodland Sketches / Fireside Tales / New England Idyls

    ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:1994年02月01日 NMLアルバム番号:8.559010

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    アメリカで生まれ、パリ音楽院でドビュッシーと共に学び、ドイツでヨアヒム・ラフに学んだマクダウェル。アメリカの作曲家として始めてヨーロッパで認められた偉大な作曲家です。彼のピアノ曲はアメリカ東部の森林地帯の風景を描いた「森のスケッチ」など、アメリカの風景に題材をとりながらも、どことなくヨーロッパ的な味わいを持ち、演奏も平易なことから、ピアノを学ぶ子どもたちをはじめ、たくさんの人に愛されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.557930-31

    NAXOS

    死の舞踏集 ― 背筋も凍る恐いクラシック ― 詳細ページ

    MACABRE MASTERPIECES

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2010年03月17日

    2CD 通常価格:2,640円特価!:2,400円(税込)

    い~っひっひっひ。ほら、後ろで不気味な笑い声が・・・太古の時代から、人間と「目に見えぬ何か」は切っても切れない仲でした。それは様々に形を変え、ある時は人々を守り、ある時は脅かし、そして別の世界へと連れていく役目も司っていたのです。そんな存在を音で描いた16曲。幽霊、魔物、魔女、死神・・・背筋がぞっとすること間違いなしです。でも一番恐いのは人間だ・・・という説もありますけどね。

  • 商品番号:8.110987

    NAXOS

    パブロ・カザルス(1810-1849)
    アンコールと編曲集 5 詳細ページ
    [カザルス - 録音:1920年-1924年]

    CASALS, Pablo: Encores and Transcriptions, Vol. 5: Complete Acoustic Recordings, Part 3 (1920-1924)

    ■交響曲/管弦楽曲 ■協奏曲 ■室内楽

    発売日:2007年08月01日 NMLアルバム番号:8.110987

    CD 通常価格:1,320円特価!:1,200円(税込)

    耳馴染みのある小品にも慈しみをこめて19世紀から20世紀にかけて、いわゆる「大家」と言われた演奏家達は、大曲や難曲と言われる作品を手がけ偉大な解釈を施す一方で、小品にたいしても愛着を深く持ち、それらを愛しみ楽しんで演奏しました。大曲よりも、むしろ小品においてより個性が発揮されることも多く、演奏者を知る上でも貴重な手がかりともいえるでしょう。カザルスは小品に取り組む際、彼らしい生真面目な姿勢を見せており、リラックスして演奏するというよりも、集中力を持ってチェロがいかにメロディーを歌わせることのできる楽器であるかを追求しているかのようです。カザルス節炸裂の「コル・ニドライ」から、清澄な「愛のあいさつ」まで、彼の七変化を聴くことの出来る一枚です。