ヤナーチェク ヤナーチェク(レオシュ) Janacek, Leos

生没年 1854-1928 チェコ
辞書順 NML作曲家番号 24527
  • 商品番号:UP0002

    ArcoDiva

    フォーレ(1845-1924)
    レクイエム
    ヤナーチェク(1854-1928)
    主の祈り 詳細ページ
    [ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団/プラハ・フィルハーモニア/ペトル・フィアラ(指揮)]

    FAURÉ, G.: Requiem / JANACEK, L.: Otce nas / Zdravas Maria / Hospodine! (Brno Philharmonic Choir, Fiala)

    発売日:2019年09月20日 NMLアルバム番号:UP0002-2

    CD 価格:1,650円(税込)

    作曲家としても活躍する、チェコの合唱指揮者ペトル・フィアラが振るフォーレとヤナーチェク。素朴かつ澄み切った合唱を自在に操るフォーレのレクイエムが見事な仕上がりを見せています。 ヤナーチェクの合唱曲はフィアラが得意としている演目。あまり耳にする機会のない曲ですが、ヤナーチェクらしい神秘的な旋律に溢れた美しい作品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:UP0011

    ArcoDiva

    ヤナーチェク(1854-1928)
    グラゴル・ミサ
    永遠の福音 詳細ページ
    [ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団/チェコ交響楽団/レオシュ・スワロフスキー(指揮)]

    JANACEK, L.: Glagolitic Mass / The Eternal Gospel (Czech Philharmonic Choir, Czech Symphony, Svarovsky)

    発売日:2019年09月20日 NMLアルバム番号:UP0011-2

    CD 価格:1,650円(税込)

    ヤナーチェクの名作「グラゴル・ミサ」とカンタータ「永遠の福音」。 1914年に作曲されたカンタータ「永遠の福音」はあまり演奏されることがありませんが、戦争への不安と平和への思いが込められた堂々たる作品で、神秘的なヴァイオリン・ソロに導かれ幕を開け、すぐに盛大なファンファーレが鳴り響き、ヤナーチェク特有の民謡風の旋律が壮大に展開される聴きごたえのある曲です。 遅めのテンポでじっくりと奏される「グラゴル・ミサ」、ソリスト、合唱、オーケストラのバランスが見事な「永遠の福音」どちらもスワロフスキーの見事な指揮により、迫力たっぷりの演奏が楽しめるとともに、ソプラノ・ソロを歌うドリズゴーヴァの清冽な声が全曲を引き立てます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA454

    Alpha

    ヤナーチェク(1854-1928)
    弦楽四重奏曲 第1番・第2番
    リゲティ(1923-2006)
    弦楽四重奏曲 第1番 詳細ページ
    [ベルチャ四重奏団]

    JANÁČEK, L.: String Quartets Nos. 1 and 2 / LIGETI, G.: String Quartet No. 1 (Belcea Quartet)

    発売日:2019年05月17日 NMLアルバム番号:ALPHA454

    CD 価格:2,790円(税込)

    来日公演でも話題を呼ぶ現代最高の弦楽四重奏団のひとつ、ルーマニア出身のベルチャ(ベルチェア)四重奏団。Zig-Zag Territoiresレーベルから2013年に突如リリースされた鮮烈なベートーヴェン弦楽四重奏曲全集は、もはや新時代のスタンダードといってよいでしょう。その後Alphaレーベルでは新ウィーン楽派(Alpha209)やショスタコーヴィチ(ピョートル・アンデルシェフスキとの共演盤。Alpha360)でもすぐれた音源を制作。さらに今度は中東欧の20世紀へ――ヤナーチェクの全2曲とリゲティで新境地を垣間見せてくれます。 ロマン派作品に造詣の深い彼らが、作品に生々しい血脈を与える演奏解釈でこれら異色の有名作をどう味あわせてくれるのか。とくに「夜の変容」はリゲティがまだバルトークの強い影響下にあった1950年代、近隣諸国の作曲家ではプロコフィエフやマルティヌーなどがまだ存命中だった頃の作。ヤナーチェク晩年の2傑作と並べてみることで、意外な伝統的書法とのつながりと先進性のせめぎあいが浮き彫りになることでしょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:COL31807

    現代作品を得意とするピアニスト、ベネディクト・ケーレンによるハルトマンとヤナーチェクのソナタ集。どちらも特定の日付をタイトルに持つ象徴的な作品であり、ダッハウ強制収容所の囚人たちの列を目にしたハルトマン、チェコの祖国独立運動のさなかに起きた軍隊による民間人の射殺事件を題材にしたヤナーチェクと、どちらも底知れぬ怒りと悲しみがモティーフになっています。ケーレンは荒々しさ、悲しさなど感情の爆発を見事に表出しています。

  • 商品番号:NYCX-10059

    Alpha

    ヤナーチェク(1854-1928)
    弦楽四重奏曲 第1番・第2番
    リゲティ(1923-2006)
    弦楽四重奏曲 第1番 詳細ページ
    [ベルチャ四重奏団]

    JANÁČEK, L.: String Quartets Nos. 1 and 2 / LIGETI, G.: String Quartet No. 1 (Belcea Quartet)

    発売日:2019年05月17日 NMLアルバム番号:ALPHA454

    CD国内仕様 日本語解説付 価格:2,916円(税込)

    来日公演でも話題を呼ぶ現代最高の弦楽四重奏団のひとつ、ルーマニア出身のベルチャ(ベルチェア)四重奏団。Zig-Zag Territoiresレーベルから2013年に突如リリースされた鮮烈なベートーヴェン弦楽四重奏曲全集は、もはや新時代のスタンダードといってよいでしょう。その後Alphaレーベルでは新ウィーン楽派(Alpha209)やショスタコーヴィチ(ピョートル・アンデルシェフスキとの共演盤。Alpha360)でもすぐれた音源を制作。さらに今度は中東欧の20世紀へ――ヤナーチェクの全2曲とリゲティで新境地を垣間見せてくれます。 ロマン派作品に造詣の深い彼らが、作品に生々しい血脈を与える演奏解釈でこれら異色の有名作をどう味あわせてくれるのか。とくに「夜の変容」はリゲティがまだバルトークの強い影響下にあった1950年代、近隣諸国の作曲家ではプロコフィエフやマルティヌーなどがまだ存命中だった頃の作。ヤナーチェク晩年の2傑作と並べてみることで、意外な伝統的書法とのつながりと先進性のせめぎあいが浮き彫りになることでしょう。 国内仕様ではプログラム解題につながる解説の日本語訳もついています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:UP0181

    ArcoDiva

    ペトロフ・ピアノ三重奏団
    チェコ作品集
    ドヴォルザーク/クッカル/ヤナーチェク
    詳細ページ
    [ペトロフ・ピアノ三重奏団]

    Piano Trios - DVOŘÁK, A. / JANÁČEK, L. / KUKAL, O. (Petrof Piano Trio)

    発売日:2019年04月26日 NMLアルバム番号:UP0181

    CD 価格:1,980円(税込)

    チェコを代表するピアノ製造会社「ペトロフ」。2世紀に渡り、深く美しい音色を持つ品質の高い楽器を製造、日本でもこのピアノを愛するピアニストが多いことで知られています。2011年にチェコで開催された国際室内楽コースの研修生をメンバーとする「ペトロフ・ピアノ三重奏団」は、この楽器工房を拠点とするアンサンブルで、もちろん使用しているピアノはペトロフ社の楽器。アルバムではその音色を存分に楽しむことができます。 ここではチェコを代表する作曲家、ヤナーチェク、ドヴォルザークと、現代作曲家クッカルの作品で、共感溢れる演奏を聴かせます。

  • 商品番号:OA1270BD

    Opus Arte

    おとぎ話によるオペラBOX
    「ヘンデルとグレーテル」
    「利口な女狐の物語」
    「ピノキオの冒険」
    詳細ページ
    [コヴェントガーデン王立歌劇場、グラインドボーン音楽祭、オペラ・ノース アンゲリカ・キルヒシュラーガー(メゾ・ソプラノ)、ディアナ・ダムラウ(ソプラノ)、コリン・デイヴィス(指揮)、ルーシー・クロウ(ソプラノ)、ヴラディーミル・ユロフスキー(指揮)、ヴィクトリア・シモンズ(メゾ・ソプラノ)、デイヴィッド・パリー(指揮)]

    発売日:2019年03月22日

    DVD 5枚組 価格:4,770円(税込、送料無料)

    おとぎ話によるオペラ3作を集めたお買い得BOX。おとぎ話と括ってはいるものの、子供のみならず、大人が十分楽しめる内容となっています。 2008年収録の「ヘンゼルとグレーテル」は、キルヒシュラーガーとダムラウが幼い兄妹を演じるという豪華なもの。この物語が本来持つ深い闇を現在の貧困問題に照らして掘り下げた演出も、観る者に深く考えさせ見応えたっぷりです。 2012年収録の「利口な女狐の物語」は色彩豊かで幻想的な演出で、すべての生命を巡る物語を深く、そしてユーモラスに描いています。女狐ビストロウシュカ役のルーシー・クロウの生き生きとした演技にも注目です。 2008年収録の「ピノキオの冒険」は、イアン・セラー監督映画のサウンドトラックなどでも知られる英国の人気作曲家ジョナサン・ダヴが音楽を担当。彼はこの作品で2008年のイギリス作曲家賞を受賞しています。ポスト・ミニマル調の音楽にのり、子供向けのプロダクションとは思えない奥深い世界が展開されています。

  • 商品番号:OABD7246BD

    Opus Arte

    おとぎ話によるオペラBOX
    「ヘンデルとグレーテル」
    「利口な女狐の物語」
    「ピノキオの冒険」
    詳細ページ
    [コヴェントガーデン王立歌劇場、グラインドボーン音楽祭、オペラ・ノース アンゲリカ・キルヒシュラーガー(メゾ・ソプラノ)、ディアナ・ダムラウ(ソプラノ)、コリン・デイヴィス(指揮)、ルーシー・クロウ(ソプラノ)、ヴラディーミル・ユロフスキー(指揮)、ヴィクトリア・シモンズ(メゾ・ソプラノ)、デイヴィッド・パリー(指揮)]

    発売日:2019年03月22日

    Blu-ray 3枚組 価格:5,490円(税込、送料無料)

    おとぎ話によるオペラ3作を集めたお買い得BOX。おとぎ話と括ってはいるものの、子供のみならず、大人が十分楽しめる内容となっています。 2008年収録の「ヘンゼルとグレーテル」は、キルヒシュラーガーとダムラウが幼い兄妹を演じるという豪華なもの。この物語が本来持つ深い闇を現在の貧困問題に照らして掘り下げた演出も、観る者に深く考えさせ見応えたっぷりです。 2012年収録の「利口な女狐の物語」は色彩豊かで幻想的な演出で、すべての生命を巡る物語を深く、そしてユーモラスに描いています。女狐ビストロウシュカ役のルーシー・クロウの生き生きとした演技にも注目です。 2008年収録の「ピノキオの冒険」は、イアン・セラー監督映画のサウンドトラックなどでも知られる英国の人気作曲家ジョナサン・ダヴが音楽を担当。彼はこの作品で2008年のイギリス作曲家賞を受賞しています。ポスト・ミニマル調の音楽にのり、子供向けのプロダクションとは思えない奥深い世界が展開されています。

  • 商品番号:SOMMCD081

    SOMM Recordings

    ニコラ・ミーチャム
    ピアノ・リサイタル
    詳細ページ
    [ニコラ・ミーチャム(ピアノ)]

    Piano Recital: Meecham, Nicola - ENESCU, G. / JANÁČEK, L. / KODALY, Z.

    発売日:2019年03月29日 NMLアルバム番号:SOMMCD081

    CD 価格:2,430円(税込)

    イギリス、バース生まれのピアニスト、ニコラ・ビーチャムが演奏するルーマニア、ハンガリーのピアノ曲集。3人の東欧の作曲家が書き上げた民族色豊かな作品はそれぞれ特徴的で、力強いエネスコ、静かな感情のうねりが感じられるヤナーチェク、エキゾチックな雰囲気が漂うコダーイ、この曲調の違いをミーチャムが的確に弾き分けることで、各々の作品を存分に楽しむことができます。

  • 商品番号:UP0199

    ArcoDiva

    ヤナーチェク(1854-1928)
    草陰の小径にて
    霧の中で(弦楽四重奏編) 詳細ページ
    [チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団]

    JANÁČEK, L.: On the Overgrown Path (arr. J. Burghauser) / In the Mists (arr. T. Ille) (Czech Philharmonic Quartet)

    発売日:2019年02月15日 NMLアルバム番号:UP0199

    CD 価格:1,980円(税込)

    チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のソリストたちによって結成された弦楽四重奏団「チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団」が演奏するヤナーチェク。彼らが選んだ作品は、モラヴィア民謡が効果的に使われた「草陰の小径にて」と、ヤナーチェク最後のピアノ作品「霧の中」を弦楽四重奏版に編曲したもの。 夭逝した娘オルガのための追悼音楽である「草陰の小径」、晩年の不安な心情が反映された「霧の中」、どちらも拍子や速度があいまいに設定された移ろいやすい気分を持つ、ヤナーチェクらしい作品ですが、弦楽四重奏で演奏することにより、原曲のピアノ版よりも更に神秘的な色合いが濃く打ち出された興味深い表現を楽しめます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:LBM001

    B Records

    ヤナーチェク(1854-1928)作品集
    弦楽四重奏曲第2番 「ないしょの手紙」
    おとぎ話
    コンチェルティーノ 詳細ページ
    [ジョナス・ヴィトー/オメール・ブシェーズ/エリーゼ・リュウ/ユン=シン・ロウ・チャン/アモリ・ヴィドゥヴィエ/マキシム・トンバ/ラファエル・アングスター]

    JANÁČEK, L.: String Quartet No. 2 / Fairy-tale / Concertino (Bellom, Julien-Laferrière, Vitaud, Hermès Quartet)

    発売日:2018年10月31日 NMLアルバム番号:LBM001

    CD 価格:2,880円(税込)

    1997年から開催されている「ドーヴィル・イースター音楽祭」はルノー・カピュソンやニコラ・アンゲリッシュら、若い才能を紹介することを目的に始められました。2002年からは8月の「夏の音楽祭」も始まり、バロック作品の研究結果を交えながら、数多くの世界初演が行われています。 2014年に開催されたコンサートを録音したこのアルバムで取り上げられているのはヤナーチェクの作品。2008年、リヨン国立音楽院の学生たちによって結成された「エルメス四重奏団」を中心に、若手管楽器奏者たちが集い、洗練された演奏を披露しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GRAM99002

    Gramola Records

    ヤナーチェク(1854-1928)
    弦楽四重奏曲集
    第1番 「クロイツェル・ソナタ」
    第2番 「ないしょの手紙」 詳細ページ
    [アーツィエス四重奏団]

    JANÁČEK, L.: String Quartets Nos. 1, "Kreutzer Sonata" and 2, "Intimate Letters" (Acies Quartett)

    発売日:2018年08月29日 NMLアルバム番号:Gramola99002

    CD 価格:2,610円(税込)

    第1次および第2次世界大戦の狭間に作曲された、ヤナーチェクの2曲の弦楽四重奏曲。「クロイツェル・ソナタ」と名付けられた第1番は、ベートーヴェンではなくトルストイの同名小説から想起して書かれ、15分ほどの長さでありながら、小説のあらすじを丁寧にかつ執拗に音で追った優れた作品です。第2番はヤナーチェクのあこがれの人、カミラ・ストスロヴァーから霊感を受け書かれた私小説的な作品。活躍するヴィオラが彼女を表現しているとされています。 アツィエス弦楽四重奏団は、ジュリアード四重奏団に薫陶を受けた奏者たちによるアンサンブル。2006年から本格的な活動を行い、これまでにハイドンからショスタコーヴィチまで4枚のアルバムをリリースしています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CDS-7708

    DYNAMIC

    ヤナーチェク(1854-1928)
    弦楽四重奏曲 第1番&第2番
    草陰の小道を通って(J.ブルクハウザーによる弦楽四重奏編) 詳細ページ
    [エネルジエ・ノーヴェ四重奏団]

    JANÁČEK, L.: String Quartets Nos. 1 and 2 / On the Overgrown Path (arr. J. Burghauser) (Quartetto Energie Nove)

    発売日:2016年08月26日 NMLアルバム番号:CDS7708

    CD 価格:2,340円(税込)

    晩年のヤナーチェク(1854-1928)が生み出した2つの弦楽四重奏曲は、その濃厚な表現に強く魅了される人が後を絶ちません。第1番は文豪トルストイの小説「クロイツェル・ソナタ」(ベートーヴェンに直接関連があるわけではありません)に触発された作品で、妻の不義を知った主人公が、妻を殺害するまでの苦悩する様子が狂おしいまでに描かれています。第2番はヤナーチェクに多大な影響を与えた女性カミラ・シュテスロヴァーの面影が強く宿っており、彼が彼女に対して書いたという700通もの手紙の内容が象徴的に反映された、夢とも妄想ともつかない作品です。 エネルジエ・ノーヴェ弦楽四重奏団は、ヴィオラの技術的課題を克服したという、ベーレンライターの新版の譜面を用いて演奏しています。また、ピアノ曲を原曲とする「草陰の小道を通って」の弦楽四重奏版も、ピアノ版とは違った深い味わいを持っています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SM222

    Solo Musica

    lived and dreamed ‐ 生きて夢見て 詳細ページ [アンサンブル・ラロ]

    Chamber Music - SUK, J. / DVOŘÁK, A. / JANÁČEK, L. (lived and dreamed) (Ensemble Raro)

    発売日:2016年06月29日 NMLアルバム番号:SM222

    CD 価格:2,502円(税込)

    このアルバムのタイトル「lived and dreamed」はチェコ出身の作家フランツ・カフカの「夢見て、望むことは、生命における素晴らしい問題である」という言葉から取られています。もちろん収録されているのはチェコを代表する3人の作曲家、ドヴォルザークとヤナーチェク、そして最近録音が増えてきたスークの作品です。前述のカフカも耳にしたであろうこれらの曲は、どれもモラヴィア民謡を基調とした情熱的な雰囲気を備えています。 2004年に結成されたアンサンブル・ラロは日本でもおなじみ。新メンバーを加え、一層親密な音楽を奏でています。

  • 商品番号:OC962

    Oehms Classics

    ヤナーチェク(1854-1928)
    歌劇「イェヌーファ」 詳細ページ
    [ジェイムズ/ヴェイソヴィチ/ヴェルミリオン/グラーツ歌劇場合唱団/グラーツ・フィル/カフタン]

    JANÁČEK, L.: Jenůfa [Opera] (G. James, Vejzović, Vermillion, Graz Opera Chorus, Graz Philharmonic, Kaftan)

    発売日:2015年08月26日 NMLアルバム番号:OC962

    CD 2枚組 価格:3,582円(税込、送料無料)

    OEHMSレーベルと、オーストリア第二の規模の都市グラーツにある「グラーツ歌劇場」との初の共同制作となったのが、このヤナーチェク(1854-1928)の「イェヌーファ」です。彼の3作目となるこの「イェヌーファ」は、チェコの小さな村で起こる物語で、複雑な人間関係が引き起こす悲劇です。いとこ同士で愛し合い、子どもを身篭ったイェヌーファ。その身を案じる継母コステルニチカは、イェヌーファのためを思い、彼女が産んだ子どもを川に捨ててしまいます。 この物語にヤナーチェクがつけた音楽は、民謡調の親しみ易いメロディであり、また時として登場人物の心理を的確に表すものであり、と聞き応えたっぷりのものです。ここではタイトルロールにイスラエル出身の期待の若手、ガル・ジェイムズ、またキーパーソンとなるコステルニチカにはヴェテラン、イリス・フェルミリオンを起用し、迫真の物語を創り上げています。 また第2幕でのイェヌーファのモノローグの場面で、素晴らしいヴァイオリン・ソロを聞かせるのは日本のヴァイオリニスト、岩城風佑(ふゆ)。彼女は現在グラーツ・フィルハーモニーのコンミスを務めており、この上演の際は舞台上でイェヌーファと直接絡んでいたりと大活躍を果たしています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:STNS-30018

    STEINWAY & SONS

    民謡を駆け抜けて
    バルトーク・ヤナーチェク・コダーイ
    詳細ページ
    [ランゲル]

    Piano Recital: Rangell, Andrew - BARTOK, B. / JANACEK, L. / KODALY, Z. (A Folk Song Runs Through It)

    ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:2014年02月05日 NMLアルバム番号:Steinway30018

    CD 価格:2,100円(税込)

    バルトーク、コダーイ、ヤナーチェク。この3人の名前からは連想されるのは「民謡」でしょう。彼らは古来より受け継がれてきた民族音楽を基に、芸術的な再構成を行い昇華させることで独自の音楽を創り上げました。これは聴き手の耳にも、極めて新鮮な驚きを残すものです。ここで演奏しているのはレーベルでおなじみのアンドリュー・ランジェル。彼はこれらの素朴さと荒々しさを備えた音楽に、バッハやベートーヴェンのような神々しさを与えることで、独自の解釈を施すことに成功しています。

  • 商品番号:ICAC-5116

    ICA Classics

    ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
    チャイコフスキー(1840-1893)
    交響曲 第5番 ホ短調 Op.64
    ヤナーチェク(1854-1928)
    狂詩曲「タラス・ブーリバ」 詳細ページ
    [BBC響/ロジェストヴェンスキー]

    TCHAIKOVSKY, P.I.: Symphony No. 5 / JANÁČEK, L.: Taras Bulba (BBC Symphony, Rozhdestvensky)

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2013年12月18日 NMLアルバム番号:ICAC5116

    CD 価格:2,100円(税込)

    ロシア生まれの世界的名指揮者、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(1931-)。モスクワ音楽院で父に指揮を学び、ピアノは有名なレフ・オボーリンに学びました。20歳の時にボリショイ劇場で「くるみわり人形」を指揮、その素晴らしい演奏のおかげで1954年には劇場のアシスタント指揮者に任命されます。その2年後にはボリショイ・バレエ団とともに初のイギリス訪問を行い、更に人気を高めました。1961年からはモスクワ放送交響楽団の芸術監督に就任。1974年までこの地位を務め、64年からはボリショイ劇場の首席指揮者(最年少)としても活躍を始めます。彼は当時のロシアの音楽家としては異例の「大規模な外国ツアー」を行う権利を与えられており、イギリスを始め様々な国に演奏旅行に出かけ、またロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニーの首席指揮者を務めたりと八面六尾の活躍をするのです。 そんな彼にとってチャイコフスキーの演奏は、まさに十八番であり、このフランダースでの音楽祭の記録も、例えようもないくらいの興奮度を持っています。ヤナーチェクの「タラス・ブーリバ」は1981年のプロムスで演奏されたもので、大規模なオーケストラを自由自在に操る彼の姿が目に浮かぶ熱演となっています。

  • 商品番号:ORC100036

    Orchid Classics

    ヤナーチェク(1854-1928)
    2つの弦楽四重奏曲 詳細ページ
    [アルカディア四重奏団]

    JANÁČEK, L.: String Quartets Nos. 1 and 2 (Arcadia Quartet)

    ■室内楽

    発売日:2013年11月20日 NMLアルバム番号:ORC100036

    CD 価格:2,100円(税込)

    2012年ウィグモア・ホール主宰の「弦楽四重奏コンクール」で優勝した若きアンサンブル、アルカディア弦楽四重奏団のデビュー・アルバムです。彼らはルーマニアのゲオルゲ・ディマ音楽アカデミー出身で、2005年にアンサンブルを結成しました。彼らの演奏するヤナーチェクはまさに非の打ちどころのないものであり、ヤナーチェクの音楽が持つ官能性、欲望、愛を忠実に映し出しています。 第1番「クロイツェル・ソナタ」は1923年の作品で、ベートーヴェンの作品ではなく、トルストイの同名作品にインスパイアされたもので、どうにも逃げることのできない人間の性と運命が切ないほどに音で描かれています。第2番「ないしょの手紙」は1928年の作品で、ヤナーチェク(1854-1928)が深い愛を捧げた人妻カミラへの思いが端的に描かれたものです。彼ら2人の間に交わされた不思議な愛情が透けて見えるかのような音楽です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.572698

    NAXOS

    ドヴォルザーク(1841-1904)
    交響曲 第6番
    ヤナーチェク(1854-1928)
    牧歌 詳細ページ
    [シアトル響/シュワルツ]

    DVORAK, A.: Symphony No. 6 / JANACEK, L.: Idyll (Seattle Symphony, Schwarz)

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2013年02月20日 NMLアルバム番号:8.572698

    CD 価格:1,290円(税込)

    ドヴォルザークの交響曲の中でもとりわけ明るい表情を持つ「第6番」は、1880年に作曲されまたしたが、曲調や調性から、その3年前に書かれたブラームスの第2番の交響曲との関連を指摘されることが多いのどかで美しいメロディに満たされた名作です。ハンス・リヒターの依頼によって作曲され、本来は1880年にウィーン・フィルが初演することになっていたのですが、これは実現しませんでした(一説によるとメンバーの一部がチェコの作品の演奏を拒否したと言われてます)。結局初演はその翌年の1881年3月にプラハで行われ、その翌年にはロンドンとライプツィヒ、そして1883年になってようやくウィーンで初演されたのでした。 もう1曲のヤナーチェクの「牧歌」は1878年にブルノで初演された作品。まだ晩年の作品のような粘っこさは少ないものの、ボヘミア民謡を巧みに生かした聴き応えのある組曲です。各々の曲には簡単な速度表示が付いているだけで、これが聴き手の想像力を存分に刺激するのです。

  • 商品番号:ORC100022

    Orchid Classics

    ラヴェル、ブロッホ、ヤナーチェク:
    ヴァイオリン・ソナタ集 詳細ページ
    [オストラン/サーロ]

    BLOCH, E.: Violin Sonata No. 2, "Poeme Mystique" / RAVEL, M.: Violin Sonata / JANACEK, L.: Violin Sonata (Astrand, Salo)

    ■器楽曲(ヴァイオリン)

    発売日:2012年10月24日 NMLアルバム番号:ORC100022

    CD+DVD 価格:2,100円(税込)

    二つの世界大戦の狭間に生み出された、国籍の違う3つのヴァイオリン・ソナタ集。そのどれもが調性の縛りから解放され、自由な音列に支えられながらも、重苦しくも皮肉めいた感情に揺れ動いています。1922年から1927年にかけて作曲されたラヴェルの作品は、彼最後の室内楽曲であり、作曲に5年も費やしたのは「ムダな音符を削るため」だったとか。「ブルース」と題された第2楽章はジャズそのものです。「神秘の詩」と名付けられたブロッホの第2番のソナタは、瞑想的であり不安と慟哭の音楽です。ヴァイオリン曲をほとんど書かなかったヤナーチェクの唯一完成されたヴァイオリン・ソナタは1914年頃の作品。調性感は希薄なものの、民族色に彩られた旋律はある意味、美の極致でもあり、古典的なものからの脱却を図るも、結局取り込まれている無常ささえも感じさせる問題作です。 オストランとサロは15年間に渡ってデンマーク音楽の演奏に力を入れてきましたが、そろそろ全世界を手中に収めるべく「その活動を広める」と宣言しています。

  • 商品番号:ICAC-5080

    ICA Classics

    ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
    マーラー:嘆きの歌
    ヤナーチェク:ヴァイオリン弾きの子ども 詳細ページ
    [BBC響/ロジェストヴェンスキー]

    MAHLER, G.: Klagende Lied (Das) / JANACEK, L.: The Fiddler's Child (BBC Symphony, Rozhdestvensky)

    ■合唱曲

    発売日:2012年09月12日 NMLアルバム番号:ICAC5080

    CD 価格:2,100円(税込)

    モスクワ生まれの大指揮者ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(1931-)によるマーラーとヤナーチェクです。若い頃から才能を発揮していた彼は、20歳の時にボリショイ劇場で「くるみ割り人形」を指揮して、多大なる名声を勝ち取ります。その後は数多くのソ連の作曲家の作品を初演することで、1960年代の初頭には、西側諸国への大規模なツアーも許可され、イギリスではロンドン・フィルハーモニー管弦楽団やコヴェントガーデンに何回か登場し、1962年にはエディンバラ音楽祭でショスタコーヴィチの第4交響曲の「西側」初演を行っています。1971年にはプロムスでレニングラード・フィルを振り、1974年にはロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管の主席指揮者となります。そして1974年にはBBC交響楽団の首席指揮者に就任し、1977年までこの地位にありました。 この録音は、首席の地位を退いたあとのものですが、楽団員たちをまとめ上げる手腕には脱帽せざるを得ません。ここに収録されているマーラーの「嘆きの歌」は3部構成の完全版で演奏され、商業誌でも高く評価されたのですが、1995年に発売されてすぐにカタログから消えてしまったというもの。今回ICAから発売するにあたって、念入りなリマスタリングとダイナミック・レンジの調整っが行われています。また、初出音源となるヤナーチェクの珍しい作品も聴きものです。こちらは1979年のプラハ・フェスティヴァルでの録音です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.572695

    NAXOS

    ヤナーチェク(1854-1928)
    タラス・ブーリバ
    ラシュスコ舞曲集 詳細ページ
    [ワルシャワ・フィル/ヴィト]

    JANACEK, L.: Taras Bulba / Lachian Dances / Moravian Dances (Warsaw Philharmonic, Wit)

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2012年05月16日 NMLアルバム番号:8.572695

    CD 価格:1,290円(税込)

    ヤナーチェク(1854-1928)が1918年に作曲した表題音楽「タラス・ブーリバ」は、ニコライ・ゴーゴリの小説を下敷きに、ヤナーチェク自身の愛国心を万遍なく盛り込んだ野心作です。3つの部分は、全て登場人物の死を描くという、なんとも不穏なものですが、曲の内容もそれを上回る暴力的かつ煽情的なもの。恋人たちの感情を描いたという冒頭こそロマンティックな面持ちを見せますが、それも一時的で、少しずつ悲劇へ向かって歩みを進める曲調がたまらなくスリリングです。ラシュスコ舞曲は、ヤナーチェクが民謡収集を積極的に行うようになった時期である1890年頃に作られたもので、こちらは生き生きとした音楽が、極めてわかりやすい和声で歌われます。官能的なハーモニーはありませんが、これはこれでヤナーチェクらしい音楽と言えるでしょう。モラヴィア舞曲も同じテイストで、どちらかというとドヴォルザークに近いものかもしれません。アントニ・ヴィトとワルシャワ・フィルは、前作のグラゴル・ミサ(8.572639)を上回る熱気でこれらの曲を演奏しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NBD0026

    NAXOS

    ヤナーチェク(1854-1928)
    グラゴル・ミサ
    シンフォニエッタ 詳細ページ
    [ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団/アントニ・ヴィト指揮]

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2012年04月25日

    Blu-ray Audio 価格:2,500円(税込)

    晩年になって、人生の輝きを取り戻したヤナーチェクは、堰を切ったように次々と名作を生み出します。この「グラゴル・ミサ」と「シンフォニエッタ」もその中に含まれる人類の至宝とも言える傑作です。「グラゴル・ミサ」のグラゴルとは、スラヴ人が使った最古の文字と言われることから、この曲はスラヴ文化のための奉祝であると同時に、彼にとっての最高の人であったカミラへの思いが結実しているようです。大規模な管弦楽、合唱、独唱、そしてオルガンが織り成す、神秘的で輝くような調べは聴くものの心を躍らせます。「シンフォニエッタ」は最近人気が急上昇している曲でもあり、本来は軍楽のために構想された作品。金管が大活躍する冒頭から、わくわくするような楽想に満ちています。ヴィトとワルシャワ・フィルという最高の演奏者による2つの作品、まさに文句のつけようのない名演が繰り広げられています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.570706

    NAXOS

    ヤナーチェク(1854-1928)
    オペラからの管弦楽組曲集 第3集 詳細ページ
    [ニュージーランド響/ブレイナー]

    JANACEK, L.: Operatic Orchestral Suites, Vol. 3 (arr. P. Breiner) - The Cunning Little Vixen / From the House of the Dead

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2009年10月21日 NMLアルバム番号:8.570706

    CD 価格:1,290円(税込)

    まるでこの世のものとは思えないほど 夢幻的で悪魔的なヤナーチェクの音楽。昨今のブームですっかり市民権を得たヤナーチェク(1854-1928)ですが、まだまだオペラとなると、言葉の問題もあってか「なかなかハードルが高いな」と思うのが心情ではないでしょうか? そんな方にオススメしたいのが、このNAXOSのシリーズです。第1集、第2集ともに大好評ですが、今回は何と言っても名作「利口な牝狐~」が収録されているのが嬉しいところです。ヤナーチェクの作品の中でもとりわけ親しみ易いこのオペラ、どうぞたっぷりご堪能ください。もう1曲はシリアス極まりない「死者の家から」。ドストエフスキーの大作を元にした作品で、原曲の持つ極限まで張り詰めた緊張感が上手く表現されたすばらしい編曲となっております。ヤナーチェクの幻惑的な音楽のとりこになりそうです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.570556

    NAXOS

    ヤナーチェク(1854-1928)
    オペラからの管弦楽編曲集 第2集 詳細ページ
    [ニュージーランド響/ブレイナー]

    JANACEK, L.: Operatic Orchestral Suites, Vol. 2 (arr. P. Breiner) - Kat'a Kabanova / The Makropulos Affair

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2009年06月24日 NMLアルバム番号:8.570556

    CD 価格:1,290円(税込)

    歌がなくても存分に面白い。ついついのめり込むヤナーチェクの音楽第1集(8.570555)に続く、ブレイナーによる華麗なる編曲で聴くヤナーチェクのオペラ名旋律集です。今回取り上げられたのは、人妻の官能的な恋愛を描いた「カーチャ・カバノヴァー」と、ふとしたことで不老不死になってしまったオペラ歌手の物語「マクロプロス事件」の2演目。ここでもブレイナーの施した編曲の素晴らしさは言葉に尽くせません。例えば「カーチャ」でのクライマックス、カーチャが愛人の名を告げて嵐の中に飛びだして行く場面での、段階的な音の増やし方などは聴いているだけでぞくぞくしてしまいます。不気味さと、妙な明るさが入り混じる「マクロプロス」も聴きもの。不条理なのだけど許してしまいます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.570555

    NAXOS

    ヤナーチェク(1854-1928)
    オペラからの管弦楽組曲集 第1集 詳細ページ
    [ニュージーランド響/ブレイナー]

    JANACEK, L.: Operatic Orchestral Suites, Vol. 1 (arr. P. Breiner) - Jenufa / The Excursions of Mr Broucek

    ■交響曲/管弦楽曲

    発売日:2009年04月22日 NMLアルバム番号:8.570555

    CD 価格:1,290円(税込)

    すっかり人口に膾炙したヤナーチェクの音楽、ここまで親しみやすくなって登場! マニア大喜び!かの小澤征爾もテレビ番組の中で「ヤナーチェクの音楽ほど面白いものはないです」と語っていたくらい色彩的で豊かな音楽。それをまたNAXOSの名編曲者&名指揮者ブレイナーがうまい具合にまとめたのがこのアルバムです。第1集は「イェヌーファ」と「ブロウチェク氏の旅」からの音楽集。実はこれらの作品、イェヌーファの方は比較的あらすじもわかりやすいのですが、ブロウチェク氏の方は、あまりにも凝った作りのためか却って筋立てが難解になってしまっています。しかしここで聴ける音楽は極めて明快。多用される弦のユニゾンが思いきり雰囲気を高めてくれます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.570987

    NAXOS

    ルトスワフスキ、シマノフスキ、ヤナーチェク:
    ヴァイオリン作品集 詳細ページ
    [ダスカラキス/ヤンポルスキ]

    LUTOSLAWSKI, W.: Violin Music (Complete) / SZYMANOWSKI, K.: Myths / JANACEK, L: Violin Sonata (Daskalakis, Yampolsky)

    ■器楽曲(ヴァイオリン)

    発売日:2009年04月22日 NMLアルバム番号:8.570987

    CD 価格:1,290円(税込)

    ポーランド、チェコ・・・、ヨーロッパ音楽が独特の発展を遂げた地東ヨーロッパの激動期を生きた3人の作曲家のヴァイオリン作品を集めた1枚です。第2次大戦後のポーランド作曲界の主要人物トスワフスキ、彼に影響を与えた近代ポーランド音楽の祖の一人、シマノフスキ、そしてモラヴィア国民楽派ヤナーチェク。彼らの作品を丹念に紐解いていけば、西洋音楽のメロディ、和声、リズムがおよそ150年の間にどのように変遷を遂げたのかをつぶさに知ることができるでしょう。ボストン生まれの若きヴァイオリニスト、ダスカラキスの明晰な演奏で。

  • 商品番号:C10576

    Capriccio

    プロコフィエフ(1891-1953)
    オーボエ五重奏曲 Op.39
    ヤナーチェク(1854-1928)
    「青春」 詳細ページ
    [リノス・アンサンブル]

    PROKOFIEV, S.: Oboe Quintet, Op. 39 / Overture on Hebrew Themes / JANACEK, L.: Youth Suite (Linos Ensemble)

    ■室内楽

    発売日:2009年04月01日 NMLアルバム番号:C10576

    CD 価格:3,000円(税込、送料無料)

    様々な作品を室内楽版で聴かせてくれるリノス・アンサンブルですが、このアルバムではプロコフィエフとヤナーチェクのオリジナルの室内楽作品を演奏しています。とはいえ、どの曲も楽器編成はピアノやクラリネットなどを駆使しますので、並みのアンサンブルでは手の出ないレパートリーばかりです。例えば、プロコフィエフの「ヘブライの主題による序曲」は、1919年、彼がアメリカに亡命していた時、彼の旧友がメンバーとして在籍していたジムロ合奏団の依頼で書かれた曲です。彼らはユダヤ人の演奏家で、エルサレムに音楽院を創設するため募金を集めるための演奏会を各国で開いていたので「ユダヤの旋律を用いた曲を書いてほしい」とプロコフィエフに依頼。見事な曲が出来上がったというわけです。

  • 商品番号:UP0194

    ArcoDiva

    ヨハンナ・ハニコーヴァ
    ピアノ・リサイタル
    詳細ページ
    [ヨハンナ・ハニコーヴァ(ピアノ)]

    Piano Recital: Haniková, Johanna - BEETHOVEN, L. van / SMETANA, B. / JANÁČEK, L. / RACHMANINOV, S. / SKOUMAL, A.

    発売日:2019年09月20日 NMLアルバム番号:UP0194

    CD 価格:1,650円(税込)

    2012年、スメタナ国際ピアノ・コンクールで第2位と「スメタナ賞」を獲得したチェコの若きピアニスト、ハニコーヴァ。優れた音楽性に注目が集まっています。 このアルバムではベートーヴェンのソナタを中心に、得意とするスメタナの小品から、ヤナーチェクのピアノ・ソナタ、ラフマニノフの変奏曲、チェコの現代作曲家スコーマルの作品と、幅広いレパートリーを披露しています。

  • 商品番号:QEC2019

    Queen Elisabeth Competition

    エリーザベト王妃国際音楽コンクール 2019年大会 ヴァイオリン 詳細ページ [ステラ・チェン、スティーヴン・キム、ティモシー・チョイ、ユーリア・プシュケル、ルーク・スー、岡本誠司、宇野由樹子、エヴァ・ラプチェフスカ、イオアーナ・クリスティナ・ゴイチェア、シャノン・リー、チ・ウォン・ソン、シルヴィア・ファン]

    QUEEN ELISABETH COMPETITION: Violin 2019

    発売日:2019年08月23日 NMLアルバム番号:QEC2019D

    CD 4枚組 価格:4,800円(税込、送料無料)

    日本人2名がファイナリスト!若き才能が磨き合う名コンクール、2019年の記録前身のウジューヌ・イザイ・コンクールから、世界大戦による中断を挟んで80年を超える歴史を持つエリザベート王妃国際音楽コンクール。ピアノ、ヴァイオリン、声楽、チェロのコンクールが交代で行われますが、2019年はヴァイオリンが開催され、日本人の岡本誠司と宇野由樹子のファイナル進出でも話題となりました。 出場者には既にプロとして来日公演などもこなしているアーティストもおり、そのレベルの高さはよく知られたところ。2019年も熱い演奏が繰り広げられました。

  • 商品番号:C981115

    Orfeo

    ラファエル・クーベリック指揮
    バイエルン放送交響楽団 名演集
    1962-1985[15枚組 BOX] 詳細ページ
    [ラファエル・クーベリック 指揮 バイエルン放送交響楽団]

    発売日:2019年06月21日

    CD 15枚組 価格:11,160円(税込、送料無料)

    クーベリックとバイエルン放送交響楽団による、交響曲を中心とした15枚組BOXセット!1948年に故国チェコを去って以降、クーベリックにとって音楽的に最も充実した時期であったといえるバイエルン放送交響楽団首席指揮者時代(1961-1979年)を中心に、彼が世界的水準へと押し上げたこのオーケストラとのライヴを集めたBOXセット。数ある音源から、クーベリックの統率力と楽団の技量を十分に楽しめる交響曲録音を中心にセレクトされた15枚組となっています。 とかく穏当な印象があったそのセッション録音に比して、熱く燃え上がるような表現とオーケストラ全体の一体感が高く評価されているクーベリックのライヴ。ここでも「わが祖国」やドヴォルザークの決定的名演はもちろん、彼が心血を注いだモーツァルト、ベートーヴェンやブラームス、圧倒的なブルックナーから同時代のハルトマンまで収録、その魅力をとことん味わうことが出来ます。

  • 商品番号:DSL-92223

    Dorian Sono Luminus

    Early Departures - 早い出発 詳細ページ [ヴァルガ]

    Piano Recital: Varga, Matei - DUMITRESCU, T. / LIPATTI, D. / JANÁČEK, L. / BACH, J.S. (Early Departures)

    発売日:2018年08月24日 NMLアルバム番号:DSL-92223

    CD 価格:2,520円(税込)

    「どんなに楽しく明るい音楽にも、根底には深い悲しみが宿っている。」ピアニスト、マテイ・ヴァルガは幼い頃、彼のピアノの師からこの言葉を聞き、長い間その意味を探求してきたといいます。愛する人との別離や、遺恨の意、時には作曲家自身の早すぎる死など、様々な人生観が作品に反映されていると考えた彼は、それらを1枚のアルバムにまとめることを思い立ちました。コンセプトに沿って集められた4人の作品はどれも静かな美しさを放っています。

  • 商品番号:ORC100056

    Orchid Classics

    ウィリアム・ハワード
    16の愛の歌
    詳細ページ
    [ハワード]

    Piano Recital: Howard, William - MENDELSSOHN, Felix / SCHUBERT, F. / SCHUMANN, R. / LISZT, F. / SMETANA, B. / GRANADOS, E. (Sixteen Love Songs)

    発売日:2016年07月27日 NMLアルバム番号:ORC100056

    CD 価格:2,340円(税込)

    映画やポピュラー音楽の元ネタとしてしばしば使われるロマン派のピアノ曲のなかから、「愛」をテーマにした16作品を収録した1枚。有名なリスト作品から、根強い人気を持つフィビヒ作品まで、幅広いメロディが楽しめます。ロンドンを拠点に活躍する“シューベルト・アンサンブル”を率いるベテラン・ピアニスト、ウィリアム・ハワードの優しい語り口が魅力的です。

  • 商品番号:OC012

    Oehms Classics

    ヘルベルト・シュフ
    OEHMSクラシック録音集[8枚組 BOX] 詳細ページ

    SCHUCH, Herbert: Oehms Classics Recordings (The) (8-CD Box Set)

    発売日:2015年09月23日

    CD 8枚組 価格:4,104円(税込、送料無料)

    1979年ルーマニア生まれのピアニスト、ヘルベルト・シュフのOEHMSレーベルへ録音した8枚のCDをまとめたBOXの登場です。シュフは2004年6月のカサグランデ国際ピアノコンクールを皮切りに、2005年4月のロンドン国際ピアノコンクール、同じく2005年6月のベートーヴェン国際ピアノコンクールで優勝と、その才能をまざまざと見せつけてくれました。 OEHMSレーベルには2004年から録音を開始、その独特なプログラミングはもちろんのこと、彼の奏でる瞑想的な音色はとても魅力的なものです。ベートーヴェンからハインツ・ホリガーまでと、様々な時代の作品を易々と弾き分けていますが、特にシューマンやラヴェルなどには独特の魅力があります。また、ウルマンとベートーヴェンの協奏曲は各雑誌でも高く評価されたものです。

  • 商品番号:NYCC-10002

    NAXOS

    ヤナーチェク(1854-1928)
    ヴァイオリン・ソナタ 詳細ページ
    [間脇佑華/佐藤佑美]

    発売日:2014年12月17日 NMLアルバム番号:NYCC-10002

    CD 価格:3,240円(税込、送料無料)

    待望の新人ヴァイオリニスト 間脇佑華、デビュー・アルバムついに登場!新鋭ヴァイオリニスト、間脇佑華の奏でるチェコの作曲家たちの音楽集です。メインとなるのは、難曲で知られるヤナーチェクのヴァイオリン・ソナタ。彼女はこの曲に込められた熱い情念を、自身のフィルターを通して昇華することで完全に手中に収め、不思議な清々しさを加え、彼女でなくては表現できない独自の世界を描き出しています。そして特筆すべきはドヴォルザークやスークなどの小品でしょう。確かな技巧に支えられた変幻自在な音の乱舞は、確かにチェコの遥かなる森の空気を感じさせる清澄さと荘厳さも備えたものです。この新しい才能を紹介できることに、心からの喜びを隠しきれません!

  • 商品番号:OA1127D

    Opus Arte

    栄光のグラインドボーン 詳細ページ

    GLORIOUS GLYNDEBOURNE (NTSC)

    ■オペラ

    発売日:2014年08月27日

    DVD日本語字幕なし 価格:3,750円(税込、送料無料)

    イギリスのイースト・サセックス州ルイス近郊のカントリー・ハウス(ブリテン島の農村にある貴族たちの邸宅)であるグラインドボーンで開かれる「グラインドボーン音楽祭」。これは1934年に資産家ジョン・クリスティが創設した音楽祭で、クリスティ家が主催し、委員長の職はジョンから子のジョージ、孫のガスへと受け継がれています。初回の演目はフリッツ・ブッシュの指揮によるモーツァルトの《フィガロの結婚》で、その後もモーツァルトの数々のオペラを中心に演目が組まれましたが、この映像に収録されているように、ヘンデルやヤナーチェクなどのオペラも重要なレパートリーになっています。オペラ上演については、他のヨーロッパの地域に比べると若干後進国であったイギリスですが、この音楽祭のためには当時最高の歌手と指揮者を集結させ、ついにはコヴェント・ガーデン歌劇場と並ぶ、イギリスにおける「オペラの拠点」となったのです。 この映像には、12のレパートリーからの華やかなシーンが収録されており、アンネ・ゾフィー=オッターやダニエル・ドゥ・ニース、ジョン・マーク・エインズリーなどの歌い手や、ウィリアム・クリスティ、マーク・エルダ-などの指揮者の姿を見ることができます。

  • 商品番号:OABD7138D

    Opus Arte

    栄光のグラインドボーン 詳細ページ

    GLORIOUS GLYNDEBOURNE (Blu-ray, HD)

    ■オペラ

    発売日:2014年08月27日

    Blu-ray日本語字幕なし 価格:4,200円(税込、送料無料)

    イギリスのイースト・サセックス州ルイス近郊のカントリー・ハウス(ブリテン島の農村にある貴族たちの邸宅)であるグラインドボーンで開かれる「グラインドボーン音楽祭」。これは1934年に資産家ジョン・クリスティが創設した音楽祭で、クリスティ家が主催し、委員長の職はジョンから子のジョージ、孫のガスへと受け継がれています。初回の演目はフリッツ・ブッシュの指揮によるモーツァルトの《フィガロの結婚》で、その後もモーツァルトの数々のオペラを中心に演目が組まれましたが、この映像に収録されているように、ヘンデルやヤナーチェクなどのオペラも重要なレパートリーになっています。オペラ上演については、他のヨーロッパの地域に比べると若干後進国であったイギリスですが、この音楽祭のためには当時最高の歌手と指揮者を集結させ、ついにはコヴェント・ガーデン歌劇場と並ぶ、イギリスにおける「オペラの拠点」となったのです。 この映像には、12のレパートリーからの華やかなシーンが収録されており、アンネ・ゾフィー=オッターやダニエル・ドゥ・ニース、ジョン・マーク・エインズリーなどの歌い手や、ウィリアム・クリスティ、マーク・エルダ-などの指揮者の姿を見ることができます。

  • 商品番号:ICAC-5127

    ICA Classics

    Great Choral Classics - 偉大なる合唱作品集 詳細ページ

    ■合唱曲

    発売日:2014年06月25日

    5CD 価格:4,200円(税込、送料無料)

    ICAクラシックスの数多い歴史的録音の中から、壮麗な4作の声楽作品を集めた5枚組です。晩年のベートーヴェンの最高傑作のひとつ、「荘厳ミサ曲」はウィリアム・スタインバーグによるもの。ケルン生まれのスタインバーグが、晩年に故郷に戻り、ケルン放送交響楽団を振り、ベートーヴェンの精神を見事に表現しています。ベルリオーズの「レクイエム」は、大作を好んで指揮したミトロプーロスによる演奏。桁外れの編成を用いるこの作品をどのように料理したかをお楽しみください。マルケヴィチのヴェルディは、ロシアでの凱旋公演。当時のロシアにおいて最高の声楽陣を配し、情熱的な演奏を繰り広げています。ロジェストヴェンスキーの「嘆きの歌」は、マーラーの初期の作品。グリム童話の「歌う骨」を元にマーラー自身が書いた台本が用いられた大作で、通常は第1部の「森のメルヒェン」を削除した改定稿で演奏されますが、ロジェストヴェンスキーは初稿を用いることで、この作品のストーリー性を高めています。

  • 商品番号:ES-2045

    ES-DUR

    Pohadka - 物語 詳細ページ

    ■器楽曲(チェロ) ■器楽曲(ピアノ)

    発売日:2014年02月19日

    CD 価格:2,992円(税込)

    チェコ語で物語、おとぎ話を意味する「Pohadka」をタイトルとする美しいアルバムです。チェコの風景は、フランスやドイツ、オーストリアとはまた違う独特の風情を持つことで知られ、幼い頃にここで過ごした人たちの作品に影響を与えていることは間違いありません。スク、ドヴォルザーク、ヤナーチェクはもちろんボヘミアとモラヴィア出身の作曲家ですが、ここで重点が置かれているのが、なぜかマーラー。とはいえ、彼はもともとチェコのカリシュトで生まれ、すぐに中心地イーグラウに移住。11歳の時にはプラハに留学するという、ばりばりのチェコ由来の人なのです。 名チェリスト、ゲリンガスはマーラーのいくつかの歌曲をチェロ用に編曲し、感動的に歌い上げています。むせび泣くかのようなチェロの音色に心揺さぶられぬ人がいるのでしょうか。

  • 商品番号:CDX-55257

    DIVOX

    チェロ・ジュエルズ 詳細ページ [ニッフェネッガー]

    Cello Recital: Nyffenegger, Esther - BEETHOVEN, L. van / BRAHMS, J. / SCHUBERT, F. / MENDELSSOHN, Felix / SCHUMANN, R. (Cello Jewels)

    ■器楽曲(チェロ)

    発売日:2012年06月13日 NMLアルバム番号:CDX-55257-2

    7CD 価格:2,992円(税込)

    ベートーヴェンからヤナーチェクまで、チェロ・ソナタの名曲がたっぷり楽しめる7枚組です。演奏しているのはエステル・ニッフェネッガー。彼女はチューリッヒ生まれのチェリストで、パブロ・カザルスとエンリコ・マイナルディのマスター・クラスを受講し、スイス協会のソリスト賞を受賞、イスラエルで開催された国際カザルス・コンクールで第2位を獲得するなど、世界的な活躍をしています。室内楽奏者としても名高く、また1977年には長い間失われていたとされた、ハンス・プフィッツナーのチェロ協奏曲の初演を行いました。日本にも所縁が深く、1983年から1986年まで東京芸術大学の客員教授も勤めていました。優美さの中に強い芯が感じられる見事な演奏です。

  • 商品番号:OC405

    Oehms Classics

    答えなかった問い
    シュテファニー・シューマッハー
    アコーディオンの世界
    詳細ページ
    [シューマッハー]

    Accordion Recital: Schumacher, Stefanie - KHOTIMSKI, M. / JANACEK, L. / BORBOUDAKIS, M. / SAFAIAN, A. / TRAIGE, L. (Unanswered Questions)

    ■器楽曲 ■器楽曲(アコーディオン)

    発売日:2011年12月14日 NMLアルバム番号:OC405

    CD 価格:1,990円(税込)

    ステファニー・シューマッハーはフライブルグ近郊で生まれた、現在注目のアコーディオン奏者です。「アンサンブルZeitsprung」のメンバーでもあり、他にも様々な現代アンサンブルのメンバーとしても活躍。幅広い活動をしています。そんなアンサンブルの中で光を放つ彼女ですが、このアルバムではソリストとしての彼女に焦点を当て、物語性を持たせたコンセプト・アルバムとして、その存在を印象つけることに成功しました。収録曲の中心となるのは、ヤナーチェクのおなじみのピアノ曲「草陰の小道を通って」で、これは「最初からアコーディオンのために書かれた?」と思うほどに曲想と音色がマッチしています。例えば「フリーデクの聖母マリア」に現れるコラール風の旋律は、ピアノでは表現できないほどの切ない情感を表出しています。アコーディオンの可能性を極限まで追求した1枚です。

  • 商品番号:C51147

    Capriccio

    ペーターゼン弦楽四重奏団の名技 詳細ページ [ペーターゼン四重奏団]

    String Quartets - BEETHOVEN, L. van / HAYDN, F.J. / MOZART, W.A. / SCHUBERT, F. / JANACEK, L. (Petersen Quartet)

    ■室内楽 ■声楽曲

    発売日:2009年04月01日 NMLアルバム番号:C51147

    2CD 価格:1,250円(税込)