ボロン(ファブリース)

生没年 -
辞書順 NML作曲家番号 31978
  • 商品番号:8.574015

    NAXOS

    ボロン(1965-)
    子羊から聞こえるあなたの声 詳細ページ
    [ミカラ・ペトリ(リコーダー)/ペア・サロ(キーボード)/ミカエラ・フカチョヴァー(独奏チェロ)/クリストフ・ポッペン(指揮)/オーデンセ交響楽団/ヨハネス・モーザー(エレクトリック・チェロ)/ニコラス・ミルトン(指揮)/ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団/ヤデル・ビニャミーニ(指揮)/フライブルク・フィルハーモニー管弦楽団]

    BOLLON, F.: Your Voice Out of the Lamb / Four Lessons of Darkness / Dogmatic Pleasures (Petri, Moser, Poppen, Milton, Bignamini)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.574015

    CD日本語帯付き 価格:1,200円(税込)

    リコーダーの女王ミカラ・ペトリとポッペンの競演!国際的に活躍する指揮者ファブリース・ボロン。数多くのコンサートの傍ら、NAXOSをはじめ、cpoレーベルやCapriccioレーベルなどを中心に多彩な作品を録音しています。彼は作曲家としても、「珍しい音色に対する鋭い耳を持つ作曲家」として独特な音を用いた作品で注目を集めています。 このアルバムには、彼の個性がよく表れた3つの作品を収録。「Your Voice Out of the Lamb 子羊から聞こえるあなたの声」は名リコーダー奏者ミカラ・ペトリの依頼により作曲されたもので、タイトルはジェネシスの「The Lamb Lies Down On Broadway」のもじりです。バッハやメンデルスゾーンなどさまざまな音楽を断片的に引用しながら、リコーダーを“正気を逸した声”を発する楽器として扱った上で、ポップミュージックの要素も感じさせるジャンルレスな作品です。 エレクトリック・チェロを用いた「暗闇の4つのレッスン」、相反する言葉が並んだタイトルがユニークな「ドグマティック・プレジャーズ」と、どの作品もポップスやジャズを含む現代の音楽語法を用いた楽しいものばかり。ただし、ボロン自身は、自作を「クロスオーバー」と考えるべきではないと語っています。何と呼ぶのが最もふさわしいのかは、聴き手の判断に任されることでしょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:6.220614

    OUR Recordings

    ドイツとフランスのリコーダー協奏曲集 詳細ページ [ペトリ]

    Recorder Recital: Petri, Michala - ZAHNHAUSEN, M. / BOLLON, F. / KOCHAN, G. (German and French Recorder Concertos)

    発売日:2016年05月25日 NMLアルバム番号:6.220614

    CD 価格:2,120円(税込)

    度々の来日で多数のファンを獲得しているリコーダーのミカラ・ペトリ。古楽から現代まで幅広いレパートリーを持つ彼女が力を入れている「現代のリコーダー協奏曲シリーズ」の第4弾は、ドイツとフランスの作曲家の3つの作品を収録したアルバム。第1弾は中国、第2弾はイギリス、第3弾はデンマークとフェロー諸島と、いずれも特色ある作品を紹介してきたこのシリーズ、今作でも彼女は3人の作曲家に新作を委嘱し、リコーダーの可能性を追求しています。 ジェネシスの「眩惑のブロードウェイ」に触発されて書かれたボロンの壮大な叙事詩であり、ツァーンハウゼンの作品は言葉のない「レクイエム」といえるものです。また凝縮した響きを得るために、最小限の楽器でのみ演奏されるコーハンの「音楽」も斬新な味わいを持っています。ミカラ・ペトリの冴え渡る技巧はもちろんのこと、複雑なスコアを明晰に表現するポッペンの指揮も素晴らしい。