当店の食材が大活躍!料理研究家 丹田いづみさんのコラム付きレシピをご紹介します。

ポルトガル料理から、和食、エスニックまで幅広くございますので、その日の気分やメニューに合わせて、作ってみてくださいね。Bom apetite!。

新着レシピ

  • トロトロチーズの焼きキャベツ

    ざっくり切ったキャベツを蒸し焼きにするフライパン一つでできる野菜料理です。

  • 鱈とカリフラワーのスパイス煮

    「スパイス煮」と言っても難しいことは何もありません。

  • 好きなように好きなだけ ~オイルフォンデュ~

    たまにはこんな洋風のオイルフォンデュはいかがでしょうか。

  • 大皿ステーキ・ピラフ

    ステーキとピラフという二つの料理を大皿にドンとのせて、みんなで取り分けていただくスタイルです。

  • 簡単、早い、焼き肉料理

    すぐにご飯を作らなくちゃ、という時のお助けメニュー。

  • 柿の生ハム巻き

    生ハムで巻いて甘じょっぱいワインのおつまみに。

  • 椎茸とマッシュルームのリゾット

    しいたけとマッシュルームのダブル効果で旨味の強いリゾットになります。

  • たこのラガレイロ風

    北ポルトガルではクリスマスイブに干し鱈ではなくたこを食べる習慣もあります。

  • 豚バラ肉とれんこんのコンフィ

    「コンフィ」とは食材を低温の油で時間をかけて煮る料理のことです。

  • ソパ・アレンテジャーナ

    ポルトガルのアレンテージョ地方のパンと卵のスープです。

  • ほたてのカルパッチョ

    とても簡単だけれど、ちょっとおしゃれにも見えるし、よく冷えた白ワインが飲みたくなるそんな一皿です。

  • マデイラ風バーベキュー

    ポルトガル領のマデイラ島では、月桂樹(ローリエ)の長い枝に牛肉の角切りを刺して焼くという、豪快な郷土料理があります。

  • 罪悪感なし?さわやかチーズケーキ

    チーズケーキに見えますが、クリームチーズも生クリームも使わない水切りヨーグルトのケーキです。

  • たことアボカドのバジルソース

    バジルソースには松の実を入れるものもありますが、私はアーモンドプードルで代用しています。

  • じゃがいもとアスパラのオリーブオイル炒め

    ご近所から新にんにくや大きく育った新じゃがいもをたくさんいただきました。

  • 鶏肉のサルサソース

    鶏肉を焼いている間にサルサソースを作れば15分ほどで出来上がります。

  • スペイン風ロールカツ“フラメンキン”

    ロールカツに生ハムを入れるところがスペインらしい感じですね。

  • たことトマトとオリーブのマリネ

    レモンの酸味がさわやかな一皿です。

  • 干し鱈のサラダ ~サラダ・デ・バカリャウ・コン・バタータ~

    シンプルで干し鱈の旨味がたっぷり、見た目も味もポルトガル料理そのものです。

  • たらと菜の花のトマト煮

    ほろ苦い春の味は、西も東も同じなのかもしれません。

  • かきと長ねぎのワイン蒸し

    旬のかきと長ねぎをオリーブオイルで焼いてワインで蒸し煮にしました。

  • カリフラワーとじゃがいものカレー

    旬のカリフラワーがたっぷり入った冬のベジカレーです。

  • えびとねぎのスティック春巻き

    パリッとトロッとサクッが同時に味わえ、おつまみ感覚で食べられる春巻きです。

  • 豚しゃぶマリネ

    ささっと作れて作り置きもできるマリネ、忙しい時にもおすすめです。

  • ころころ“オリーブのフライ”

    一口で食べられる小さなフライは、最初にお肉の味が来て、次にオリーブそのものの味がしっかりと届きます。

  • クリスマスのラムチョップ

    やわらかくて癖の少ないラムチョップは、ごくシンプルな味付けが一番美味しかったです。

  • 厚切りベーコンとアボカドディップ

    これは一人飲みのおつまみです。倍量にすると二~三人楽しめます。

  • ツナとブロッコリーのケーク・サレ

    “ケーク・サレ”は、パウンド型で焼いた塩味のおやつのようなもの。

  • 万願寺唐辛子の肉巻き

    かぶりつく、そんな表現がぴったりの野菜料理になります。

  • チーズカタプラーナ

    短時間で火が通るカタプラーナ料理は、夏もおすすめです。

  • 簡単にできてかわいい保存食、セミドライトマト

    パスタやサラダ、煮込みや炒め物など色々と使ってみて下さい。

  • かぼちゃと豆乳とはちみつのプリン

    プリンと言ってもゼリーパウダーで固めるので短時間で出来上がります。

  • ハワイを感じて、ガーリックシュリンプ

    ハワイ風に付け合わせは、パイナップルとマカロニサラダにしました。

  • ピリピリソースで作るチキンピリピリ

    ポルトガルのピリピリソースを手作りしましょう。

  • そら豆とベーコンのパスタ

    緑とピンクと黄色が美しく、そら豆のホロホロとした食感を楽しめます。

  • ポルトガル風ビーフステーキ、“ビトーク(bitoque)”

    目玉焼きがのっているのがいかにも庶民的、カフェや気軽なレストランの定番メニューです。

  • 釜揚げしらすのアヒージョ

    薄切りにしたバゲットを軽く焼いてこのアヒージョをのせてみて下さい。

  • 巣ごもりサラダ

    復活祭が近づくと、卵のイメージがわいて卵料理を作りたくなります。

  • クリームチーズのオリーブオイル漬け

    材料をびんや保存容器に入れたらオリーブオイルを注ぐだけ。

  • 春キャベツとアンチョビのペペロンチーノ

    買い置きの材料だけで作れるのでさっと済ませたい時におすすめです。

  • 鶏肉のマスタードクリーム煮

    生クリームと牛乳で鶏肉を煮る、フレンチ風の煮込み料理です。

  • 日曜日の“ランショ”

    肉も野菜も豆もパスタも入った完全無欠の一皿料理、日本の冬の食卓も温めてくれることと思います。

  • レモン入りえびのマヨネーズソース

    この料理はいわゆる“エビマヨ”ですが、レモンを加えることで味が締まりさっぱりと食べられます。

  • クリスマスのお菓子、ラバナーダス

    今日は、クリスマスのお菓子の中から「ラバナーダス」をご紹介します。

  • なんでもできる、オリーブオイル蒸し

    美味しい塩とオリーブオイルがあれば、少ない調味料でも十分満足できると思います。

  • 柿とチーズのサラダ

    甘くてしょっぱくて酸っぱい、色々な味のするサラダにしました。

  • れんこんと豚肉のマリネ

    豚肉や野菜がたっぷり入っているのでメインディッシュにもなります。

  • ツナ缶で作るポルトガルコロッケ

    つまんでパクパク食べたくなる素揚げのコロッケです。

  • いかとオリーブのトマト煮

    いかの味がしみたマトソースをパンにつけてお召し上がり下さい。

  • お酒のつまみに、ピカ・パウ

    ピカ・パウ(Pica pau)とは、ポルトガル語でキツツキ(啄木鳥)の事です。

  • 旬のズッキーニがたっぷり入った卵料理

    オムレツの表面にもズッキーニがたくさん、ミニトマトをのせると色が華やかになります。

  • クリーミィでマイルド、アボカドのグラタン

    簡単なソースで和え皮に入れて焼くとちょっとしたオードブルのよう。

  • あさりのブリャオン・パト

    ハーブとレモンの香りが南欧の風を運びます。

  • 初夏の味、そら豆とベーコンのコロッケ

    たまにはお豆のコロッケも作ってみませんか。

  • ビタミンオムレツ

    ビタミンたっぷり、元気が出る野菜を黄色い卵にたっぷり入れて焼きました。

  • さくっとオリーブオイル・スコーン

    朝食のパンを買い忘れた時やおやつに、スコーンなら買いに行くより早く作れます。

  • アスパラとミニトマトのリゾット

    リゾットは短時間で作れる気楽な料理です。

  • 春色のマカロニサラダ

    ゆで卵を粗く切って加えると、緑と黄色と白の春らしい色合いになりました。

  • カタプラーナで冬のポルトガル鍋

    いつもの鍋料理にあきたら、こんなポルトガル鍋料理もいかがでしょうか。

  • レモンチキン

    シンプルながら鶏肉の臭みもなく塩だけでストレートに美味しい料理になります。

  • 朝食に、チーズ・ハニートースト

    甘しょっぱいバゲット、下はこんがり上はとろり。チーズは焦がさないで溶ける程度に焼きます。

  • ミートボール入りカリフラワーのスープ

    カリフラワーは冬から春にかけて旬の野菜です。ビタミンCが豊富に含まれているので風邪の予防にもなりそう。

  • ホームパーティーに大きなミートパイを

    何かと集まる機会の多いこの季節、こんな大きなミートパイを見たらきっとみんなテンションが上がりますよ。

  • マッサで作るグーラッシュ

    グーラッシュは、ハンガリーやドイツなどの煮込み料理のことです。

  • かぼちゃのパンケーキ

    もちもち、さっくり、甘さ控えめです。はちみつをたっぷりかけていただきました。

  • 鶏胸肉と豆苗のぴり辛ソース

    やわらかいゆで鶏の上に炒めた豆苗をのせて豆板醤の入ったぴり辛ソースをかけました。

  • ポルトガルのタスカ(居酒屋)で出てきそうな小いかのソテー

    白ワインでも飲みながらつまめたらいいなと思う一品。

  • なすのトマトチーズグラタン

    秋なすをたっぷり使ってたくさん食べていただきたいグラタンです。

  • 作り置きできる牛肉のたたき

    お安い肉もお高い肉も“たたき”にするとあっさりたっぷり食べられます。

  • ポルトガルのココナッツミルクカレー

    「ポルトガルにカレーがあるの?」と聞かれますが、ポルトガルの友人宅で出合った料理です。

  • トマトのはちみつ酢マリネ

    ミディトマトやフルーツトマトくらいの大きさが作りやすいと思います。

  • タバスコ・レモンのシーフードサラダ

    ピリリと辛くてさわやかな夏向きのシーフードサラダになりました。

  • ころころ野菜と豚肉のレタス巻き

    野菜や豚肉を小さく切って炒め、レタスに包んで食べます。

  • 夏に負けない!ねばねばそうめん

    滋養に富みミネラルや食物繊維が多く特に夏ばて気味の方におすすめです。

  • 我家のでっかいプリン、エスプレッソ・カラメル・プディング

    子供のおやつというより大人のためのデザート、濃厚で食べ応えのあるプディングです。

  • フライパン一つでできる“鶏肉のトマト煮”

    定番の鶏肉のトマト煮ですが、下ごしらえや火の通し方に少し気を配るとはずれのないおいしさになります。

  • 新玉ねぎとカリカリ豚肉のカレーマリネ

    甘くてくせのない新玉ねぎにスパイシなカレー粉やカリカリに焼いた豚肉を加えてマリネを作りました。

  • 文旦とえびのサラダ

    フルーツのさわやかな酸味に唐辛子の辛さをプラスして味を引き締めました。

  • ゆで卵入りクレソンのスープ

    ポルトガル料理の週末レストランをしていた時に、特に女性に人気のあったスープです。

  • ブッロコリーとベーコンのクリームパスタ

    ブロッコリーは一年中出回っていますが、旬は11月から3月、特にビタミンCが多くビタミンAやタンパク質など多くの栄養素を含み食物繊維も豊富です。

  • “バカリャウ・ア・ゴメス・デ・サー”とは?

    レストランやタスカ(居酒屋みたいなもの)や家庭でもよく作られているポピュラーな料理です。

  • 長ねぎのみそクリームソース

    熱々のねぎに、みそと生クリームのソースをたっぷりつけてお召し上がり下さい。

  • ぶりのガーリックステーキ

    ぶりににんにくの香りを移して洋風にアレンジしました。

  • かぶと牛肉のシチュー

    甘くなってきたかぶと牛肉でシチューを作りました。

  • おもてなしにもなる“鮭とじゃがいものオーブン焼き”

    大きなお皿に盛り付けると華やかな感じになります。

  • オリーブオイルで揚げる小さな魚のフライ

    オリーブオイルは180度くらいの温度だと酸化しにくい油なので揚げ物にもおすすめなのです。

  • さつまいものブロア

    秋にふさわしいポルトガルのブロア、作ってみませんか。

  • れんこん鶏つくね

    秋は根菜のおいしい季節。れんこんをたっぷり使って「れんこん鶏つくね」を作りました。

  • ポルトガルの鴨ご飯、アロース・デ・パト

    ヨーロッパで最もお米をたくさん食べる国、ポルトガル。

  • 牛肉の赤ワイン煮 ~圧力鍋バージョン~

    赤ワインの酸味が牛肉ととても合い、簡単に作れるのに何時間も煮込んだような本格的な味がします。

  • ゴーヤーとツナのしょうが和え

    インパクトのあるゴーヤーには、しっかりめの味付けが合います。

  • なすのミートソースグラタン

    夏から初秋にかけておいしいなすでボリュームたっぷりのミートソースグラタンを作りました。

  • 夏野菜のキーマカレー

    トマトやなすび、オクラを使って夏野菜のキーマカレーを作りました。

  • サルスエラ

    “サルスエラ”は、スペイン東北部カタルーニャ地方の郷土料理。地中海の新鮮な魚介をたっぷり使ったブイヤベースのようなものです。

  • クリームチーズたっぷりのキャロットケーキ

    スパイスやクリームチーズもたっぷり。見かけのシンプルさとは違い味はかなりリッチです。

  • マリネチキンの粒マスタードソース

    マリネするひと手間と時間をかけると冷めてもおいしい臭みのない肉料理ができます。

  • じゃがいもとアスパラのアイオリソース

    アイオリソースは、ゆで野菜や魚、肉など何にでも使えますので覚えておくと便利だと思います。

  • ポルトガルの調味料が活躍!バターチキンカレー

    パプリカペーストを買ったものの、ポルトガル料理以外に何に使っていいのかわからないという方、いらっしゃいませんか?

  • お魚のタルタル

    魚のタルタルは、白身魚以外にマグロやいかなどお刺身用ならなんでも作れます。

  • 豚スペアリブと新じゃがいものオーブン焼き

    アレンテージョ地方のレストランでよくお目にかかる料理です。

  • 朝食にぴったりの卵パン

    復活祭のイメージで、我家の卵パンを作りました。

  • ポルトガルのはちみつケーキ「ボーロ・デ・メル」

    ボーロ・デ・メルは、ポルトガルの伝統的なはちみつケーキです。

  • 牛肉のラグーソース

    ラグーソースとは、肉や魚介類や野菜を細かく切って煮込んだソースのことです。

  • ブロッコリーとツナのチリマヨドレッシング

    ブロッコリーをたっぷり使ったサラダをご紹介します。

  • ポルトガルのチキンスープ ~カンジャ~

    ポルトガルで愛されているお米入りチキンスープです。

  • ポルトガル風あんこう雑炊 ~アローシュ・デ・タンボリル~

    鍋物用に売れられているあんこうで、ポルトガル料理を作ってみましょう。

  • シーフードグラタンのパイ包み

    ホワイトソース作りが苦手な方もこのやり方なら失敗なく作れます。

  • 炊飯器におまかせ、カレーチキンピラフ

    ピラフは炒めないで材料も調味料も全部炊飯器に入れて混ぜて炊いてしまいます。

  • ポルトガル風きのこの詰め物

    肉厚のしいたけで作るとさらに旨みがギュッと凝縮して食べ応えがあります。

  • ホットプレートがおすすめ!はちみつプルコギ

    プルコギは、韓国のすき焼きのようなもの。甘辛いたれで味付けしたお肉と野菜を炒め煮にします。

  • ポルトガルのお肉たっぷりコロッケ

    クリームコロッケでもない、ちょっと不思議なコロッケです。

  • ピピッシュ

    “ピピッシュ”は、ポルトガルのおつまみのようなもの。鶏の内臓のトマト煮のことです。

  • いかのアローシュ

    アローシュはお米の事、いかとお米、簡単に手に入る材料でポルトガル料理が作れます。

  • かぼちゃとピーマンのカレーグラタン

    暑さもやわらぎ、ほくほくしたかぼちゃやさつまいもがおいしく感じられる季節になって来ました。

  • 秋の始まりは、ワインといちじくで

    旬の果物とワイン、相性のいい組み合わせです。

  • 家電におまかせ! 夏野菜とチキンのオーブン焼き

    秋までもう少し、しっかり食べて夏を乗り切りましょう。

  • たことレタスのごちそうサラダ

    たこがたっぷり入った食べ応えのあるサラダです。

  • とうもろこしと枝豆のかき揚げ

    夏の夕暮れにワインやビールと楽しみたい気軽な揚げ物です。

  • しらすガーリックトースト

    しらす丼や卵とじ、写真のようにバゲットにたっぷりのせてオリーブオイルをかけて焼くのも美味です。

  • 串焼き肉“モルノ”をポルトガルスタイルで

    モルノというのは、パプリカなどのスパイスで味付けしたスペインの串焼き肉の事です。

  • 空豆のサラダをポルトガルスタイルで

    ゆでた空豆とフレッシュな野菜にサラミやベーコンも加えてカラフルでにぎやかなサラダです。

  • 新玉ねぎとしいたけのゴロゴロ焼き

    去年まで毎日お弁当を作っていたので、時間のある時に肉団子やコロッケをまとめて作って冷凍していました。

  • ポルトガルで出合った鯛のオーブン焼き

    オーブンを使ったおもてなし料理は、ポルトガルの主婦の得意とするところです。

  • ヒイカと菜の花の和風マリネ

    さっとゆでて和え物に、炒めてもおいしいです。

  • 白玉入りフルーツポンチ

    春らしい日差しに誘われて、なつかしくて春色のデザートを作ってみたくなりました。

  • ロシアの赤いボルシチ風トマトシチュー

    ビーツはないけれど、北の国に思いを馳せながら、赤くてあったかくてお腹がいっぱいになるシチューを作りました。

  • 節分に、ポルトガルの缶詰で恵方巻き

    節分と言えば、関西では巻きずしと塩いわしがつきものです。

  • ペンネのチーズグラタン

    「グラタンが食べたい」と思った時に気楽に作っていただけると思います。

  • かぶと辛子明太子の紅白和え

    お正月のごちそうやお節料理の箸休めにおすすめの一品です。

  • フライパンで簡単ローストビーフ

    焼いてからソース作りまでフライパン一つでできる簡単ローストビーフです。

  • 緑の卵“オーヴォシュ・ヴェルデシュ”

    パセリをたくさん入れるので「緑の卵」という名前がついています。

  • 秋鮭ときのこのマスタードオイル焼き

    旬の秋鮭を使った一品です。オーブントースターを使って手軽に。

  • しょうゆとはちみつの煮込みスペアリブ

    フライパン一つでできる。甘辛い艶、食欲をそそります。

  • ドレッシングでさっぱりと、枝豆のサラダ

    よく冷やして玉ねぎやドレッシングがなじんだ頃が食べごろです。

  • さっぱりと食べられる“ライスサラダ”

    ご飯にたっぷりの野菜やチーズやハムも入れて、軽いランチにもなる一品。

  • えびのマッサにんにく

    味付けは調味料を混ぜるだけ。個性的なパプリカの味が潜んだ美味しい一皿。

  • 夏ばて解消!ゴーヤーの肉詰め

    ゴーヤーも豚肉も疲労回復効果あり。そのパワーで夏を乗り切ろう。

  • 鶏肉とじゃがいものローズマリー焼き

    豚肉とセージや鶏肉とローズマリーなど、相性のいい組み合わせ。

  • 豆腐ステーキの梅ドレサラダ

    蒸し暑い季節にお薦めしたいのが、生野菜といただく豆腐ステーキ。

  • 究極の簡単料理?~ウチのたこぶつ~

    たこがおいしい、オリーブオイルがおいしい、納得のアテ。

  • フランゴ・ア・ブラース

    ポルトガルの子供も大好き。鶏肉やじゃがいも、卵など簡単に手に入る材料で。

  • 植物性のものだけで作った“野菜のコンフィ”

    パンやピザ、カレーのトッピングや肉や魚のソースなど色々使えます。

  • 空豆といかのトマトソース煮

    海のものと陸の材料をいっしょに使ってお互いのおいしさを引き立て合った一皿。

  • 豚肉とさやいんげんのマスタードフライ

    塩豚のゆで汁がとてもおいしく、そのスープで煮たレンズ豆も一緒に。

  • 新玉ねぎドレッシング

    甘くてフルーティーな味わい。サラダはもちろん、焼肉や焼魚などなんにでも合います。

  • レアチーズケーキのようなヨーグルトデザート

    簡単に作れてしかもローカロリー。女性にはうれしいデザート。

  • 菜花とあさりのオリーブオイル炒め

    あさりの旨みを十分に吸い取ってどちらもおいしくなる組み合わせ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作れるポルトガル料理
家庭で作れるポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)