当店の食材が大活躍!料理研究家 丹田いづみさんのコラム付きレシピをご紹介します。

ポルトガル料理から、和食、エスニックまで幅広くございますので、その日の気分やメニューに合わせて、作ってみてくださいね。Bom apetite!。

新着レシピ

  • クリームチーズたっぷりのキャロットケーキ

    スパイスやクリームチーズもたっぷり。見かけのシンプルさとは違い味はかなりリッチです。

  • マリネチキンの粒マスタードソース

    マリネするひと手間と時間をかけると冷めてもおいしい臭みのない肉料理ができます。

  • じゃがいもとアスパラのアイオリソース

    アイオリソースは、ゆで野菜や魚、肉など何にでも使えますので覚えておくと便利だと思います。

  • ポルトガルの調味料が活躍!バターチキンカレー

    パプリカペーストを買ったものの、ポルトガル料理以外に何に使っていいのかわからないという方、いらっしゃいませんか?

  • お魚のタルタル

    魚のタルタルは、白身魚以外にマグロやいかなどお刺身用ならなんでも作れます。

  • 豚スペアリブと新じゃがいものオーブン焼き

    アレンテージョ地方のレストランでよくお目にかかる料理です。

  • 朝食にぴったりの卵パン

    復活祭のイメージで、我家の卵パンを作りました。

  • ポルトガルのはちみつケーキ「ボーロ・デ・メル」

    ボーロ・デ・メルは、ポルトガルの伝統的なはちみつケーキです。

  • 牛肉のラグーソース

    ラグーソースとは、肉や魚介類や野菜を細かく切って煮込んだソースのことです。

  • ブロッコリーとツナのチリマヨドレッシング

    ブロッコリーをたっぷり使ったサラダをご紹介します。

  • ポルトガルのチキンスープ ~カンジャ~

    ポルトガルで愛されているお米入りチキンスープです。

  • ポルトガル風あんこう雑炊 ~アローシュ・デ・タンボリル~

    鍋物用に売れられているあんこうで、ポルトガル料理を作ってみましょう。

  • シーフードグラタンのパイ包み

    ホワイトソース作りが苦手な方もこのやり方なら失敗なく作れます。

  • 炊飯器におまかせ、カレーチキンピラフ

    ピラフは炒めないで材料も調味料も全部炊飯器に入れて混ぜて炊いてしまいます。

  • ポルトガル風きのこの詰め物

    肉厚のしいたけで作るとさらに旨みがギュッと凝縮して食べ応えがあります。

  • ホットプレートがおすすめ!はちみつプルコギ

    プルコギは、韓国のすき焼きのようなもの。甘辛いたれで味付けしたお肉と野菜を炒め煮にします。

  • ポルトガルのお肉たっぷりコロッケ

    クリームコロッケでもない、ちょっと不思議なコロッケです。

  • ピピッシュ

    “ピピッシュ”は、ポルトガルのおつまみのようなもの。鶏の内臓のトマト煮のことです。

  • いかのアローシュ

    アローシュはお米の事、いかとお米、簡単に手に入る材料でポルトガル料理が作れます。

  • かぼちゃとピーマンのカレーグラタン

    暑さもやわらぎ、ほくほくしたかぼちゃやさつまいもがおいしく感じられる季節になって来ました。

  • 秋の始まりは、ワインといちじくで

    旬の果物とワイン、相性のいい組み合わせです。

  • 家電におまかせ! 夏野菜とチキンのオーブン焼き

    秋までもう少し、しっかり食べて夏を乗り切りましょう。

  • たことレタスのごちそうサラダ

    たこがたっぷり入った食べ応えのあるサラダです。

  • とうもろこしと枝豆のかき揚げ

    夏の夕暮れにワインやビールと楽しみたい気軽な揚げ物です。

  • しらすガーリックトースト

    しらす丼や卵とじ、写真のようにバゲットにたっぷりのせてオリーブオイルをかけて焼くのも美味です。

  • 串焼き肉“モルノ”をポルトガルスタイルで

    モルノというのは、パプリカなどのスパイスで味付けしたスペインの串焼き肉の事です。

  • 空豆のサラダをポルトガルスタイルで

    ゆでた空豆とフレッシュな野菜にサラミやベーコンも加えてカラフルでにぎやかなサラダです。

  • 新玉ねぎとしいたけのゴロゴロ焼き

    去年まで毎日お弁当を作っていたので、時間のある時に肉団子やコロッケをまとめて作って冷凍していました。

  • ポルトガルで出合った鯛のオーブン焼き

    オーブンを使ったおもてなし料理は、ポルトガルの主婦の得意とするところです。

  • ヒイカと菜の花の和風マリネ

    さっとゆでて和え物に、炒めてもおいしいです。

  • 白玉入りフルーツポンチ

    春らしい日差しに誘われて、なつかしくて春色のデザートを作ってみたくなりました。

  • ロシアの赤いボルシチ風トマトシチュー

    ビーツはないけれど、北の国に思いを馳せながら、赤くてあったかくてお腹がいっぱいになるシチューを作りました。

  • 節分に、ポルトガルの缶詰で恵方巻き

    節分と言えば、関西では巻きずしと塩いわしがつきものです。

  • ペンネのチーズグラタン

    「グラタンが食べたい」と思った時に気楽に作っていただけると思います。

  • かぶと辛子明太子の紅白和え

    お正月のごちそうやお節料理の箸休めにおすすめの一品です。

  • フライパンで簡単ローストビーフ

    焼いてからソース作りまでフライパン一つでできる簡単ローストビーフです。

  • 緑の卵“オーヴォシュ・ヴェルデシュ”

    パセリをたくさん入れるので「緑の卵」という名前がついています。

  • 秋鮭ときのこのマスタードオイル焼き

    旬の秋鮭を使った一品です。オーブントースターを使って手軽に。

  • しょうゆとはちみつの煮込みスペアリブ

    フライパン一つでできる。甘辛い艶、食欲をそそります。

  • ドレッシングでさっぱりと、枝豆のサラダ

    よく冷やして玉ねぎやドレッシングがなじんだ頃が食べごろです。

  • さっぱりと食べられる“ライスサラダ”

    ご飯にたっぷりの野菜やチーズやハムも入れて、軽いランチにもなる一品。

  • えびのマッサにんにく

    味付けは調味料を混ぜるだけ。個性的なパプリカの味が潜んだ美味しい一皿。

  • 夏ばて解消!ゴーヤーの肉詰め

    ゴーヤーも豚肉も疲労回復効果あり。そのパワーで夏を乗り切ろう。

  • 鶏肉とじゃがいものローズマリー焼き

    豚肉とセージや鶏肉とローズマリーなど、相性のいい組み合わせ。

  • 豆腐ステーキの梅ドレサラダ

    蒸し暑い季節にお薦めしたいのが、生野菜といただく豆腐ステーキ。

  • 究極の簡単料理?~ウチのたこぶつ~

    たこがおいしい、オリーブオイルがおいしい、納得のアテ。

  • フランゴ・ア・ブラース

    ポルトガルの子供も大好き。鶏肉やじゃがいも、卵など簡単に手に入る材料で。

  • 植物性のものだけで作った“野菜のコンフィ”

    パンやピザ、カレーのトッピングや肉や魚のソースなど色々使えます。

  • 空豆といかのトマトソース煮

    海のものと陸の材料をいっしょに使ってお互いのおいしさを引き立て合った一皿。

  • 豚肉とさやいんげんのマスタードフライ

    塩豚のゆで汁がとてもおいしく、そのスープで煮たレンズ豆も一緒に。

  • 新玉ねぎドレッシング

    甘くてフルーティーな味わい。サラダはもちろん、焼肉や焼魚などなんにでも合います。

  • レアチーズケーキのようなヨーグルトデザート

    簡単に作れてしかもローカロリー。女性にはうれしいデザート。

  • 菜花とあさりのオリーブオイル炒め

    あさりの旨みを十分に吸い取ってどちらもおいしくなる組み合わせ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)