レシピトップ > 料理から探す > 魚介料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > ボリューム満点

空豆といかのトマトソース煮

空豆といかのトマトソース煮

ポルトガルでは春から夏にかけてフレッシュな空豆やえんどう豆をよく使いますが、特に空豆はサラダやスープ、肉や腸詰と煮込んだりと色々な料理に使われます。

空豆といかの組み合わせは、とてもポルトガルらしい発想。海のものと野菜やベーコンなど陸の材料をいっしょに使ってお互いのおいしさを引き立て合います。その結果、お米にもパンにも合う味にまとまります。

材料(4人分)

いか 2はい(内臓を除いて約500g)
空豆 250g(さやから出した重さ)
ベーコン 50g
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
赤唐辛子 1本
トマトの水煮 200g(ホールトマトは刻んでおく)
パセリ 少々(なくてもOK)
オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 1/4カップ(水でもOK)
小さじ1/2
こしょう 少々

作り方

  1. いかは内臓を取り除いて7、8mm幅の輪切りにし(皮は面倒ならばむかなくてもよい)、足は2cm長さに切る。 空豆はさやから出して熱湯で2分ゆでて水に取りすぐに皮をむく。
  2. ベーコンは細切り、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
  3. 鍋にオリーブオイル大さじ2と赤唐辛子と3を入れて火にかけ、玉ねぎがやわらかくなるまで炒める。いかを入れてさっと炒め塩、トマトの水煮、白ワインを加えて中火で5分煮る。
  4. 空豆を加えて2、3分煮て塩とこしょうで味を整える。お皿に盛り付けてパセリのみじん切りをちらす。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 豆乳のクリームシチュー

    豆乳なのにむしろこってりとクリーミーな口当たり。

  • 焼きラタトゥイユ

    オリーブ油でしっかり炒めて野菜の甘みを引き出し、トマトの水分を飛ばしながら煮るしっかり濃い味。

  • ご飯にも合う根菜のラタトゥイユ

    食物繊維の豊富な根菜をトマト味で。日持ちもするので、お弁当のおかずにもお薦め。

  • 白菜のミルフィーユ

    ゆでた白菜とミンチ肉を重ねてオリ-ブオイルをかけて焼く。簡単だけどオシャレな一品。

  • 植物性のものだけで作った“野菜のコンフィ”

    パンやピザ、カレーのトッピングや肉や魚のソースなど色々使えます。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)