レシピトップ >  料理から探す >  肉料理
レシピトップ >  材料から探す >  オリーブオイル
レシピトップ >  目的から探す >  かんたんに作れる

フライパン一つでできる“鶏肉のトマト煮”

フライパン一つでできる“鶏肉のトマト煮”

定番の鶏肉のトマト煮ですが、下ごしらえや火の通し方に少し気を配るとはずれのないおいしさになります。鶏肉の脂肪は火が通ってもブヨブヨとやわらかいので、かたまりは切り取り、白くて細長い筋も除きましょう。

鶏もも肉は、皮をきつね色に焼いてから煮るのですぐに火が通り、煮込む時間は7分ほどです。玉ねぎを炒める時は焦がさないように弱めの中火、トマトを加えたら水分を飛ばすために中火にします。トマトの色が赤からオレンジ色に変わったら美味しいソースになった合図。パスタや野菜を付け合わせるとワンプレートランチになります。

材料(4人分)

鶏もも肉 2枚
玉ねぎ 1/2個
カットトマト缶 1個(内容総量400g)*ホールトマトの場合はきざんで下さい
にんにく 1かけ
赤唐辛子 1本
オリーブオイル 小さじ1+大さじ1
適量
こしょう 少々

作り方

  1. 鶏もも肉は余分な脂肪や筋を切り取り1枚を6つに切る。塩とこしょうをふり下味をつける。玉ねぎはみじん切りにする。
  2. フライパンにオリーブオイル小さじ1を入れて熱し、鶏もも肉を皮の方から入れてきつね色になるまで焼く。一旦ひっくり返してすぐに取り出す。
  3. フライパンの脂をきれいにふき取りオリーブオイル大さじ1、玉ねぎのみじん切り、つぶしたにんにく、赤唐辛子を加えて弱めの中火にかける。
  4.  
  5. 玉ねぎが透き通ってきたら鶏もも肉を戻し入れ、上からカットトマトをかける。塩小さじ1/2を加え、蓋をしないで中火で7分煮る(時々トマトソースをかける)。
  6. 味見をして足りないようなら塩を加える。ゆで野菜やサラダ、パスタなどといっしょにお皿に盛り付ける。



この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 鱈のクリームグラタン

    小さなお子様にも食べやすいホワイトソースのグラタン。寒い季節にうれしい温かな一品です。

  • 春色キャベツサラダ

    フルーティーなオリーブオイルと塩とさわやかなレモンでシンプルに味付け。

  • 塩手羽焼き

    天日塩を使って。鶏の手羽先を焦げ目がつくくらいカリカリに焼く。シンプルなだけに塩旨みがわかります。

  • 鶏のスパイシー焼き定食

    カレー粉とガラムマサラの香りがとてもスパイシー。しっかりとした味。

  • 鯛のアクアパッツァ

    オリーブオイルと白ワインで蒸し焼きにした、旨みがギュッと凝縮しているおいしい一皿。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)