レシピトップ > 料理から探す > 魚介料理

魚介料理のレシピ

海に面したポルトガルは魚料理がとても豊富です。和食、エスニックまで幅広くございますので、その日の気分やメニューに合わせて、作ってみてくださいね。Bom apetite!。

魚料理レシピリスト

  • ポルトガルのタスカ(居酒屋)で出てきそうな小いかのソテー

    白ワインでも飲みながらつまめたらいいなと思う一品。

  • ぶりのガーリックステーキ

    ぶりににんにくの香りを移して洋風にアレンジしました。

  • おもてなしにもなる“鮭とじゃがいものオーブン焼き”

    大きなお皿に盛り付けると華やかな感じになります。

  • オリーブオイルで揚げる小さな魚のフライ

    オリーブオイルは180度くらいの温度だと酸化しにくい油なので揚げ物にもおすすめなのです。

  • 鱈とセリの蒸し物

    蒸し物でスピードクッキング!素材の旨みを閉じ込め、身もふっくら柔らかです。

  • サルスエラ

    “サルスエラ”は、スペイン東北部カタルーニャ地方の郷土料理。地中海の新鮮な魚介をたっぷり使ったブイヤベースのようなものです。

  • お魚のタルタル

    魚のタルタルは、白身魚以外にマグロやいかなどお刺身用ならなんでも作れます。

  • ポルトガル風あんこう雑炊 ~アローシュ・デ・タンボリル~

    鍋物用に売れられているあんこうで、ポルトガル料理を作ってみましょう。

  • いかのアローシュ

    アローシュはお米の事、いかとお米、簡単に手に入る材料でポルトガル料理が作れます。

  • たことレタスのごちそうサラダ

    たこがたっぷり入った食べ応えのあるサラダです。

  • しらすガーリックトースト

    しらす丼や卵とじ、写真のようにバゲットにたっぷりのせてオリーブオイルをかけて焼くのも美味です。

  • ポルトガルで出合った鯛のオーブン焼き

    オーブンを使ったおもてなし料理は、ポルトガルの主婦の得意とするところです。

  • ヒイカと菜の花の和風マリネ

    さっとゆでて和え物に、炒めてもおいしいです。

  • 空豆といかのトマトソース煮

    海のものと陸の材料をいっしょに使ってお互いのおいしさを引き立て合った一皿。

  • カルディラーダ

    魚介類と野菜をトマトソースで煮込んだ、ポルトガル風ブイヤベースと言えるようなものです。

  • 春のカタプラーナ

    カタプラーナ料理の中でも最もポピュラー。アサリとオリーブオイルとスパイスの、単純だけど旨みがぎっしり。

  • 長いもとスモークサーモンのサラダ(オリーブドレッシング)

    オリーブオイルとオリーブを刻んでスパイス代わりにしてドレッシングに加えました。

  • イワシのパン粉焼き

    イワシの新鮮トマトソース煮の缶詰をつかって。パン粉と調味料をかけて焼くだけ。

  • 牡蠣のオリーブオイル漬け

    空炒りして火を通した牡蠣とハーブを容器に入れてオリーブオイルを注ぐだけ。

  • かつおと夏野菜の焼きびたし
    かつおと夏野菜の焼きびたし

    オリーブオイルを野菜にからめて作る"焼きびたし"。冷やして食べてもとても美味。

  • かつおと夏野菜の焼きびたし
    海鮮塩焼きそば

    あっさりしているようで旨みたっぷりの塩焼きそばも上品でお薦め。

  • 完熟トマトのえびチリソース
    完熟トマトのえびチリソース

    ソースまで全部ペロリ。トマトと玉ねぎを入れて、自然な甘さの加わったピリリとした辛さ。

  • タラのバスク風カタプラーナ

    赤パプリカやさいんげんも加えて、彩り豊か。バスク地方の「タラのバスク風」をポルトガル風に。

  • いか入り豆腐バーグ

    香ばしいイカの香り。お弁当用にも。まとめて作って冷凍保存してお手軽便利に。

  • 牡蠣の豚肉巻き

    白でも赤でもいけるワインのおつまみに。ご飯にもあいます。

  • 鯛とハーブのカルパッチョ

    オリーブオイルと塩とレモン汁は基本のドレッシング。ハーブを加えてさっぱりさわやかな。

  • さんまのマスタード・かりかりパン粉焼き

    マスタードの酸味やハーブで臭みもなし。オリーブオイル入りのパン粉はきつね色に焦げて香ばしい。

  • 秋鮭のきのこ包み

    味付けは塩とこしょうだけとてもシンプル。旬のものの"素材力"。味がのっていて美味。

  • いかの詰め焼き

    ご飯のおかずにもなりますが、ワインにも。ヴィーニョ・ヴェルデのすすむこと。

  • いか・たこ・えびのポルペッティ

    家庭料理らしく作り方は簡単ですが、盛り付けによってはレストランのメインディッシュ のようにも見える一皿。

  • 秋鮭の香草パン粉焼き

    オリーブオイルをかけたカリカリのパン粉、ハーブの香りがするふっくら焼きあがった秋サケ。

  • いかとセロリのオリーブオイル炒め

    歯ごたえが残るようにさっと炒めてシャキシャキした感じに仕上げるといいですね。

  • 鯛のアクアパッツァ

    オリーブオイルと白ワインで蒸し焼きにした、旨みがギュッと凝縮しているおいしい一皿。

  • エビのエスカベッシュ

    白ワインとよく合います。南蛮漬けのことをポルトガルでは「エスカベッシュ」。調理の楽な海老で。

  • エビとガーリックのオリーブ油焼き

    エビを食べて満足、オイルにパンを浸して二度楽しむ。きつね色に焼けたガーリックもという方は、三度楽しめる。

  • トマト鍋

    意外と子供さんからお年寄りまで食べやすい鍋料理。締めはご飯で。

  • 白身魚のソテー。ハーブソルト風味

    手づくりのハーブソルトをつかって香り高い一品を。

  • タコとじゃがいものトマトソース煮

    こってりトマト味でパンやパスタとよく合います。

  • かきとほうれん草のクリーム煮

    フライパン一つで作れて時間もかからない優しいクリーム煮。

  • えびのマッサにんにく

    味付けは調味料を混ぜるだけ。個性的なパプリカの味が潜んだ美味しい一皿。

  • 秋鮭ときのこのマスタードオイル焼き

    旬の秋鮭を使った一品です。オーブントースターを使って手軽に。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジア各地を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
現在は京都で予約制のポルトガルランチや料理教室、食品会社などのレシピ制作を手がける。また、各地で出張レストランを開催している。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)