レシピトップ > 料理から探す > 魚介料理
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる

ごちそう気分。海鮮塩焼きそば

ごちそう気分。海鮮塩焼きそば

「海鮮」という文字が入ると、なんだかごちそう感が出ますね。でも、えびといかはシーフード・ミックスを使ったので、お手軽で経済的です。あさりが入ったシーフード・ミックスもありますが、あさりの出汁はすごいですから、ここは生を使っていただきたいところです。

定番の豚肉とキャベツやウスターソースという組み合わせではないけれど、あっさりしているようで旨みたっぷりの塩焼きそばも上品でお薦めなのです。翡翠色のレタスも美しく、夏バテの体に食欲を与えてくれることと思います。

材料(2人分)

焼きそば 2袋
小えび 適量
いか 適量(*シーフードミックス(小えび・いか入り)を使用)
あさり 1パック
にんじん 4cm
レタス 3枚
しょうが 少々
ねぎ 少々
オリーブオイル 大さじ2
プレミアムシーソルト 適量
大さじ1(※なければ水でもよい)
こしょう 少々

作り方

  1. 小えびといかは解凍して水気をふく。あさりは砂抜きをしてよく洗う。
  2. にんじんは薄い短冊に切り、レタスは手でちぎる。しょうがとねぎはみじん切りにする。
  3. フライパンにオリーブオイルとしょうがとねぎを入れて中火にかける。香りが立ってきたら、小えびといかとにんじんを入れ
    て炒める。あさりを加えてさっと炒める。
  4. 焼きそばをほぐしてのせ、プレミアムシーソルト小さじ1/2と酒をふりかける。焼きそばの上にレタスをのせて蓋をする。
  5. あさりの殻が開いたら蓋をとる。全体を返すように炒め、プレミアムシーソルトとこしょうで味を整える。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 塩豚とごろごろ野菜のポトフ

    手間をかけてじっくり作るごちそうポトフ。お肉と野菜をたっぷりボリューム満点。

  • 牡蠣のオリーブオイル漬け

    空炒りして火を通した牡蠣とハーブを容器に入れてオリーブオイルを注ぐだけ。

  • オリーブオイルの焼き筍

    サッと作って召し上がれ。お酒のあてにも、ご飯のおかずにもどうぞ。

  • タンドリーチキン

    食欲をそそる暖色系のカラー、焼いている時の香りがまたたまりません。お子様にも人気。

  • ラテンなおつまみ、トマト入りセビーチェ

    キンキンに冷やしたドリンクと共に。やえび、香味野菜などを漬け込んだもので、メキシコやペルーの名物料理。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)