レシピトップ > 料理から探す > 魚介料理
レシピトップ > 料理から探す > 肉料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > ワインに合う

神戸で出会った「牡蠣の豚肉巻き」

神戸で出会った「牡蠣の豚肉巻き」

先日友達と神戸のお好み焼き屋さんに行きました。特においしいというわけではないけれど、気のいいおじちゃんと優しいおばちゃんがいて、また行きたくなる気安さがありました。

ここはお好み焼き屋というよりもいつの間にか居酒屋になってしまったという店で、私達もついにお好み焼きは食べずに帰ってしまいました。

「牡蠣の豚肉巻き」は居酒屋メニューですが、主人はこれでご飯をばくばく食べるのが好き。私にとっては白でも赤でもいけるワインのおつまみになりました。

材料(4人分)

牡蠣 12粒
豚バラ薄切り肉  12枚(約200g)
せり 1束
小麦粉 少々
オリーブオイル 小さじ2
少々
こしょう 少々
しょうゆ 小さじ1

作り方

  1. 牡蠣はざるに入れて塩水の中で振り洗いする。水気をふいて小麦粉をまぶし、1粒ずつ豚バラ薄切り肉で巻く。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、1を入れてころがしながら焼く(途中で蓋をして焼くと中まで火が通りやすい)。
  3. 、こしょうで味付けして仕上げにしょうゆを香り付けに回しかける。お皿に盛り付けてあればせりや他の野菜を添える。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 夏野菜のオムレツ

    見た目もカラフル。ベーコンとチーズも入っているので、この一品だけでも栄養たっぷり。

  • オムライス

    チキンライスの量は思うまま、かぶせるオムライス。簡単にできます。

  • ポテトとミンチのグラタン

    いわば西洋版おふくろの味。子供もお年寄りも食べやすく、ボリュームがあるので若い人も大好きです。

  • かつおと夏野菜の焼きびたし
    塩豆腐とズッキーニのジョン

    ジョンを少しアレンジした伊・韓・日合作のレシピ。一品としての存在感のあります。

  • オクラ入り鶏と豚のアドボ

    肉や野菜をしょうゆや酢に漬け込んでから煮たフィリピンの家庭料理。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)