レシピトップ > 料理から探す > 魚介料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる

イワシのパン粉焼き

イワシのパン粉焼き

聖アントニオのイワシ祭り

6月13日はリスボンの守護聖人、サント・アントニオの日です。12日の前夜祭、リベルダーデ通りは華やかなパレードを見物する人で埋まり、旧市街アルファマへと人波が流れていきます。迷路のような細い路地は、観光客と陽気な音楽であふれ、小さな広場は即席のレストランに早変わり。町中に鰯を焼く煙が立ち込めて、人いきれと魚の匂いと夏の夜の空気が一体となって、ものすごいエネルギーが渦巻きます。

なぜかポルトガルでは、お祭りにイワシはつきもの。みんな鰯の塩焼きと赤ワインで盛り上がっています。
このお祭りにもう一つ欠かせないのは、マンジェリコの鉢植え。ハーブの一種だそうですが、愛する人に贈る慣わしがあり、様々な大きさの鉢を並べた専門の露店も出ています。アルファマに繰り出してバカ騒ぎをしなくなった年配の方でも、これを買っていくのが、やはりラテンのお国柄でしょうか。
マンジェリコの鉢には紙の造花が刺さっており、そこには愛の詩を綴った紙がついています。聖アントニオは恋の守護聖人でもあるのです。

このイワシ缶を初めて食べたとき、トマトソースがとてもフレッシュだと感じました。余計な味がついていないので簡単クッキングにも向いています。

材料(2人分)

イワシの新鮮トマトソース煮 1缶
パン粉 小さじ2
パルミジャーノチーズ(粉チーズ) 小さじ2
ドライオレガノ 少々
オリーブオイル 少々
イタリアンパセリ 適宜

作り方

  1.  イワシの新鮮トマトソース煮を耐熱皿に並べる。
  2. パン粉とパルミジャーノチーズをまぜてイワシにかける。ドライオレガノとオリーブオイル少々をふりかける。
  3. オーブントースターで5分焼いて、あればパセリを散らす。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • オイルサーディン・ペペロンチーノ

    シンプルなぺペロンチーノに、イワシを載せました。

  • ポテトとミンチのグラタン

    いわば西洋版おふくろの味。子供もお年寄りも食べやすいです。

  • えのきとベーコンのスパゲッティ

    簡単だけれどオリーブオイルで炒めたベーコンが香ばしくて、生クリームとしょうゆのソースがよく合います。

  • かつおと夏野菜の焼きびたし
    かつおと夏野菜の焼きびたし

    オリーブオイルを野菜にからめて作る"焼きびたし"。冷やして食べてもとても美味しいです。

  • タンドリーチキン

    食欲をそそる暖色系のカラー、焼いている時の香りがまたたまりません。お子様にも人気。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)