レシピトップ > 料理から探す > パスタ・グラタン
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

西洋版おふくろの味、ポテトとミンチのグラタン

ポテトとミンチのグラタン

ちょっと手間はかかるけれど、誰もが安心して食べられて、みんなが好きな料理ってありますよね。日本で言うなら肉じゃがやカレーライスでしょうか。

このグラタンは、いわば西洋版おふくろの味。子供もお年寄りも食べやすく、ボリュームがあるので若い人も大好きです。

初めてこの料理を食べたのはポルトガルでしたが、ポテトとミンチのグラタンは、インターナショナルな古い家庭料理です。寒い冬の夜、こんな熱々のグラタンが食卓にあれば、みんな笑顔になる、そんな料理です。

材料(4人分)

●マッシュポテト
じゃがいも 4個
牛乳 1/2カップ
バター 大さじ1
プレミアムシーソルト 少々
こしょう 少々
● ミンチ
合挽きミンチ 300g
玉ねぎ 1/2個
トマトの水煮(缶詰) 200g
トマトケチャップ 大さじ1
にんにく 1かけ
ローリエ 1枚
ナツメグ 少々
オリーブオイル 大さじ1
プレミアムシーソルト 少々
こしょう 少々
卵黄 1個

作り方

  1. じゃがいもは皮つきのままやわらかくなるまでゆでる。皮をむいてポテトマッシャーなどでつぶす。
  2. 鍋にバターと1を入れて弱火にかけ、バターが溶けたら牛乳を入れて混ぜる。プレミアムシーソルト、こしょうで軽く味付けする。
  3. じゃがいもをゆでている間にミンチの調理をする。玉ねぎとにんにくはみじん切り、トマトの水煮は細かく切る。
  4. フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて火にかけ、玉ねぎ、にんにく、ローリエを入れてやわらかくなるまで炒める。
  5. 合挽きミンチを加えて炒め、肉の色が変わったら、トマトの水煮とトマトケチャップを入れて水分を飛ばすように加熱する。プレミアムシーソルト、こしょう、ナツメグで味付けする。
  6. 耐熱容器にオリーブオイル(分量外)をぬる。ミンチの半量を入れてスプーンで平らにし、上にポテトの半量を広げる。これをもう一度繰り返して4層にする(ポテト・ミンチ・ポテトの3層でもOK)。
  7. 表面に竹串などで模様をつけて溶いた卵黄をぬる。220度のオーブンかオーブントースターで15分焼く。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • オートミールとレンズ豆のスープ

    たっぷりと温かく、食事代わりにもなる"食べるスープ。

  • 牡蠣のオリーブオイル漬け

    空炒りして火を通した牡蠣とハーブを容器に入れてオリーブオイルを注ぐだけ。

  • かつおと夏野菜の焼きびたし
    かつおと夏野菜の焼きびたし

    オリーブオイルを野菜にからめて作る"焼きびたし"。冷やして食べてもとても美味しいです。

  • ツナとキノコのトマトソース・スパゲティ

    ブロックのツナがまるごとぎっしり。塩と上質のオリーブオイルだけの贅沢なツナ缶をつかったパスタ。

  • きのこ入りクリームパスタ

    生クリームを煮詰めるだけの簡単ソース。くどくならないように牛乳を少し加えるのがポイント。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)