レシピトップ > 料理から探す > 肉料理

肉料理のレシピ

海に面したポルトガルは魚料理がとても豊富です。和食、エスニックまで幅広くございますので、その日の気分やメニューに合わせて、作ってみてくださいね。Bom apetite!。

肉料理レシピリスト

  • マッサで作るグーラッシュ

    グーラッシュは、ハンガリーやドイツなどの煮込み料理のことです。

  • 鶏胸肉と豆苗のぴり辛ソース

    やわらかいゆで鶏の上に炒めた豆苗をのせて豆板醤の入ったぴり辛ソースをかけました。

  • 作り置きできる牛肉のたたき

    お安い肉もお高い肉も“たたき”にするとあっさりたっぷり食べられます。

  • フライパン一つでできる“鶏肉のトマト煮”

    定番の鶏肉のトマト煮ですが、下ごしらえや火の通し方に少し気を配るとはずれのないおいしさになります。

  • 牛肉の赤ワイン煮 ~圧力鍋バージョン~

    赤ワインの酸味が牛肉ととても合い、簡単に作れるのに何時間も煮込んだような本格的な味がします。

  • マリネチキンの粒マスタードソース

    マリネするひと手間と時間をかけると冷めてもおいしい臭みのない肉料理ができます。

  • ポルトガルの調味料が活躍!バターチキンカレー

    パプリカペーストを買ったものの、ポルトガル料理以外に何に使っていいのかわからないという方、いらっしゃいませんか?

  • 豚スペアリブと新じゃがいものオーブン焼き

    アレンテージョ地方のレストランでよくお目にかかる料理です。

  • 牛肉のラグーソース

    ラグーソースとは、肉や魚介類や野菜を細かく切って煮込んだソースのことです。

  • とろみ和風ビーフシチュー

    おしょうゆ味の片栗粉でとろみをつけた和風シチューも懐かしいような優しい味わい。

  • ホットプレートがおすすめ!はちみつプルコギ

    プルコギは、韓国のすき焼きのようなもの。甘辛いたれで味付けしたお肉と野菜を炒め煮にします。

  • ローストチキンとサラダ

    オリーブオイルでマリネしたカリッと焼きあがるローストチキン。サラダとディップを添えて。

  • ピピッシュ

    “ピピッシュ”は、ポルトガルのおつまみのようなもの。鶏の内臓のトマト煮のことです。

  • 家電におまかせ! 夏野菜とチキンのオーブン焼き

    秋までもう少し、しっかり食べて夏を乗り切りましょう。

  • 串焼き肉“モルノ”をポルトガルスタイルで

    モルノというのは、パプリカなどのスパイスで味付けしたスペインの串焼き肉の事です。

  • 新玉ねぎとしいたけのゴロゴロ焼き

    去年まで毎日お弁当を作っていたので、時間のある時に肉団子やコロッケをまとめて作って冷凍していました。

  • フライパンで簡単ローストビーフ

    焼いてからソース作りまでフライパン一つでできる簡単ローストビーフです。

  • 牛肉のカタプラーナ

    下ごしらえが簡単。生クリーム入りの馴染みやすい味で、トマトの酸味で意外とさっぱり。今年のクリスマスはカタプラーナで手早くディナー、いかがですか。

  • オリーブチキン~ローズマリー風味~

    鶏もも肉を使ってフライパンで仕上げ。オリーブの風味がソースににじみ出て深みのある味に。

  • ピーマンの肉詰め
    ポルトガル風 サッカー観戦サンド

    カフェやバルのメニューで見かける"ビッファーナ"という豚肉ソテーのサンドと白チーズのサンド。

  • ポテトとミンチのグラタン

    いわば西洋版おふくろの味。子供もお年寄りも食べやすく、ボリューム満点。

  • 塩豚とごろごろ野菜のポトフ

    手間をかけてじっくり作るごちそうポトフ。お肉と野菜をたっぷりボリューム満点。

  • タンドリーチキン

    食欲をそそる暖色系のカラー、焼いている時の香りがまたたまりません。お子様にも人気。

  • マカオの「アフリカン・チキン」

    チョコレート色に輝き、その香りは甘くジューシー。ミラクルワールド、マカオの味をご家庭で再現。

  • ピーマンの肉詰め
    ピーマンの肉詰め

    お弁当にも。冷めてもおいしいように鶏ミンチで作りました。ボリュームはあるけど、カロリーは控えめ。

  • ミートローフ・リース

    ただよく混ぜるだけで失敗のない料理なので気負わずに作れます。子供用、大人用ソースでお召上がり下さい。

  • 塩手羽焼き

    天日塩を使って。鶏の手羽先を焦げ目がつくくらいカリカリに焼く。シンプルなだけに塩旨みがわかります。

  • バーベキュー・スペアリブ

    ボリュームたっぷり。外でもお家でもみんなの幸せなそうな笑顔が見られます。

  • 唐揚げパプリカチキン

    塩と赤パプリカだけの調味料が肉のジューシーな旨みを引き立たせます。

  • 豚ヒレ肉とトマトの炒め物

    豚ヒレ肉のやわらかさやトマトの酸味がとろみのある味付けでまとまってバランスのよい一品。

  • 豚ロースの白ワイン煮

    お肉をしっかり食べたいような時に作る豚肉のワイン煮。簡単につくれます。

  • 牡蠣の豚肉巻き

    白でも赤でもいけるワインのおつまみに。ご飯にもあいます。

  • 煮込みハンバーグ

    赤ワインとドミグラスソースで。たった10分煮込むだけで本格的な味に変わります。

  • ハニーポークチョップ

    シンプルに肉を焼くだけ!はちみつがつややかに甘くて少し酸味、おしょうゆが香ばしく食欲そそる味。

  • 鶏のスパイシー焼き定食

    カレー粉とガラムマサラの香りがとてもスパイシー。しっかりとした味。

  • しっとりチキンマリネ

    コツ一つでびっくりするほど美味しいマリネに。ぜひお試しください。

  • 豚ロースのはちみつ味噌漬け

    甘めの味噌。味噌の焼ける匂いが香ばしくて食欲をそそります。

  • ジンジャー・レモン・ハニーのオイルマリネ

    オリエンタルな香りがすてきな鶏肉料理。外はカリッと中はジューシーな焼き上がり。

  • クロアチア風カツレツ

    豚ロース肉でハムとチーズを挟んでオリーブオイルで揚げたもの。チーズがトロリ。

  • りんごとキャベツと豚肉のオリーブオイル蒸し

    シンプルなのに美味しい!キャベツとりんごがやわらかくなって豚肉と一体化。

  • 豚肉のバルサミコソース

    先にお肉を焼いて同じフライパンでソースを作る。味が凝縮してとてもおいしいソース。

  • ビーフステーキマリネ

    スタミナたっぷり、でもさっぱり。きちんと一品になるお肉のマリネ。

  • 豚肉とじゃがいものパプリカワイン煮

    味付けした豚肉とじゃがいもを煮たポルトガル料理。

  • フランゴ・ノ・シュラスコ

    ポルトガル風焼き鳥、庶民の味です。開いた鶏をマリネして炭火で焼きます。

  • タレがおいしいハニーチキン

    はちみつ独特の風味と甘さが加わってコクが出ます。味が染みこんでしっとり柔らか。

  • ミラノ風カツレツ

    いつものトンカツと違うのは、お肉を薄く伸ばすことと、細かいパン粉を使うのでカリカリとした食感。

  • おもてなしローストポーク

    準備が楽、しかも付け合わせも一緒に焼ける手間のかからないおもてなし料理。

  • マッサ・デ・ピメント(赤パプリカペースト)で豚肉炒め

    旨みたっぷりの赤パプリカ・ペーストを使って。簡単だけど奥行きのある味です。

  • ただ煮るだけの簡単サムゲタン

    簡単調理で。スープは翌日になるとコラーゲンプルプルでさらにおいしくなります。

  • ミートボールのトマト煮

    ミートボールは、大きめに丸めて熱いトマトソースの中で煮ます。

  • 鶏ときのこと栗の秋メニュー

    鶏ときのこと栗に、生クリームと白ワイン。秋らしく色々なキノコを。

  • 塩豚とレンズ豆の煮込み

    塩豚のゆで汁がとてもおいしく、そのスープで煮たレンズ豆も一緒に。

  • 豚肉とさやいんげんのマスタードフライ

    塩豚のゆで汁がとてもおいしく、そのスープで煮たレンズ豆も一緒に。

  • 鶏肉とじゃがいものローズマリー焼き

    豚肉とセージや鶏肉とローズマリーなど、相性のいい組み合わせ。

  • しょうゆとはちみつの煮込みスペアリブ

    フライパン一つでできる。甘辛い艶、食欲をそそります。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジア各地を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
現在は京都で予約制のポルトガルランチや料理教室、食品会社などのレシピ制作を手がける。また、各地で出張レストランを開催している。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)