レシピトップ > 料理から探す > 肉料理
レシピトップ > 材料から探す > 赤パプリカペースト
レシピトップ > 目的から探す > ボリューム満点

豚肉とじゃがいものパプリカワイン煮

豚肉とじゃがいものパプリカワイン煮

ポルトガルの調味料“マッサ・デ・ピメント(パプリカ・ペースト)”は、特に豚肉と鶏肉によく合います。パプリカを塩漬けにしてペースト状にしただけのナチュラルな調味料なので、パプリカの栄養や香りが強く残っています。

赤パプリカには、ビタミンCを多く含みながら加熱で壊れにくいという特徴があり、免疫作用、アレルギーを抑制するなど栄養の面からもお薦めです。ただお肉にぬって焼くだけでもおいしいのですが、それにスパイスやハーブを加えるとさらに食べやすくなります。これはマッサ・デ・ピメントで味付けした豚肉とじゃがいもを煮たポルトガル料理、こんな食べ方もあります。

材料(4人分)

豚肩ロース肉  400g
じゃがいも 3個(約350g)
玉ねぎ 1/2個
オリーブオイル 大さじ1
パセリ 少々
少々
●調味料
マッサ・デ・ピメント 大さじ1
すりおろしにんにく 小さじ1
赤唐辛子(輪切り) 1本
白ワイン 1/2カップ

作り方

  1. 豚肉は一口大の角切りにする。調味料の材料をボウルに入れて豚肉を加えてよく混ぜ1時間漬ける。 
  2. じゃがいもは皮をむいて角切りにする。玉ねぎはみじん切りにする。
  3. 鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れてやわらかくなるまで炒める。豚肉を加えて表面が白っぽくなるまで焼く。
  4. じゃがいもと2の漬け汁が残っていたら加え、水をひたひたになるまで入れる。 沸騰したら中火にしてじゃがいもがやわらかくなるまで煮る。
  5. 味見をして足りないようなら塩と辛味(チリペッパーなど)を足す。お皿に盛り付けてパセリのみじん切りをふりかける。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 揚げ魚と春菊のサラダ

    野菜はパリッと魚はフワッとグラノラはカリカリと食感が楽しいお惣菜サラダ。

  • 豚肉のバルサミコソース

    先にお肉を焼いて同じフライパンでソースを作る。味が凝縮してとてもおいしいソース。

  • 新玉ねぎのオーブン焼き

    新玉ねぎをじっくり焼いてミンチ肉がたっぷり詰まっているので食べ応えも十分。

  • クリームチーズの生ハム巻き

    CARMプレミアムバージンオリーブオイルの香りがふっと鼻に抜けて気持ちがいい。

  • 豚ロースのはちみつ味噌漬け

    甘めの味噌。味噌の焼ける匂いが香ばしくて食欲をそそります。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)