レシピトップ > 料理から探す > 前菜

前菜のレシピ

見た目もオシャレで、食べて美味しい!前菜レシピを集めました。

前菜のレシピリスト

  • 鶏胸肉と豆苗のぴり辛ソース

    やわらかいゆで鶏の上に炒めた豆苗をのせて豆板醤の入ったぴり辛ソースをかけました。

  • ポルトガルのタスカ(居酒屋)で出てきそうな小いかのソテー

    白ワインでも飲みながらつまめたらいいなと思う一品。

  • 作り置きできる牛肉のたたき

    お安い肉もお高い肉も“たたき”にするとあっさりたっぷり食べられます。

  • トマトのはちみつ酢マリネ

    ミディトマトやフルーツトマトくらいの大きさが作りやすいと思います。

  • ころころ野菜と豚肉のレタス巻き

    野菜や豚肉を小さく切って炒め、レタスに包んで食べます。

  • 新玉ねぎとカリカリ豚肉のカレーマリネ

    甘くてくせのない新玉ねぎにスパイシなカレー粉やカリカリに焼いた豚肉を加えてマリネを作りました。

  • “バカリャウ・ア・ゴメス・デ・サー”とは?

    レストランやタスカ(居酒屋みたいなもの)や家庭でもよく作られているポピュラーな料理です。

  • れんこん鶏つくね

    秋は根菜のおいしい季節。れんこんをたっぷり使って「れんこん鶏つくね」を作りました。

  • ゴーヤーとツナのしょうが和え

    インパクトのあるゴーヤーには、しっかりめの味付けが合います。

  • サルスエラ

    “サルスエラ”は、スペイン東北部カタルーニャ地方の郷土料理。地中海の新鮮な魚介をたっぷり使ったブイヤベースのようなものです。

  • お魚のタルタル

    魚のタルタルは、白身魚以外にマグロやいかなどお刺身用ならなんでも作れます。

  • 朝食にぴったりの卵パン

    復活祭のイメージで、我家の卵パンを作りました。

  • ポルトガル風きのこの詰め物

    肉厚のしいたけで作るとさらに旨みがギュッと凝縮して食べ応えがあります。

  • ポルトガルのお肉たっぷりコロッケ

    クリームコロッケでもない、ちょっと不思議なコロッケです。

  • ピピッシュ

    “ピピッシュ”は、ポルトガルのおつまみのようなもの。鶏の内臓のトマト煮のことです。

  • 秋の始まりは、ワインといちじくで

    旬の果物とワイン、相性のいい組み合わせです。

  • 家電におまかせ! 夏野菜とチキンのオーブン焼き

    秋までもう少し、しっかり食べて夏を乗り切りましょう。

  • たことレタスのごちそうサラダ

    たこがたっぷり入った食べ応えのあるサラダです。

  • とうもろこしと枝豆のかき揚げ

    夏の夕暮れにワインやビールと楽しみたい気軽な揚げ物です。

  • しらすガーリックトースト

    しらす丼や卵とじ、写真のようにバゲットにたっぷりのせてオリーブオイルをかけて焼くのも美味です。

  • 串焼き肉“モルノ”をポルトガルスタイルで

    モルノというのは、パプリカなどのスパイスで味付けしたスペインの串焼き肉の事です。

  • 空豆のサラダをポルトガルスタイルで

    ゆでた空豆とフレッシュな野菜にサラミやベーコンも加えてカラフルでにぎやかなサラダです。

  • 新玉ねぎとしいたけのゴロゴロ焼き

    去年まで毎日お弁当を作っていたので、時間のある時に肉団子やコロッケをまとめて作って冷凍していました。

  • ヒイカと菜の花の和風マリネ

    さっとゆでて和え物に、炒めてもおいしいです。

  • かぶと辛子明太子の紅白和え

    お正月のごちそうやお節料理の箸休めにおすすめの一品です。

  • 緑の卵“オーヴォシュ・ヴェルデシュ”

    パセリをたくさん入れるので「緑の卵」という名前がついています。

  • ほうれん草と鮭のしっとりロール

    持ち寄りパーティーやおみやげにも。「これは何?」と話題になりそう。白ワインにと一緒にどうぞ。

  • ワカモレ~メキシカン

    タコスやトルティーヤにつけるアボガドディップ。ビールやキンキンに冷やしたヴィーニョ・ヴェルデにぴったり。

  • ツナ入りサラダ生春巻き

    ポルトガルのツナ缶をつかって。野菜とゆでたそうめん、ざっくりとほぐしたツナを巻いてサラダ感覚で。

  • カラフルおちょぼ寿司

    ヴィーニョ・ヴェルデは野菜やお米料理などともよく合います。前菜として一口サイズのお寿司を。

  • ツナとゆで卵のミニパイ

    ポルトガルではこんな小さなパイを食事が始まる前にちょっとつまんだり、カフェで一息入れる時に食べたりします。

  • ひよこ豆のペースト「フムス」

    前菜やサラダ感覚でパンにつけて食べますが、オリーブオイルがたっぷり入ってマイルドでクリーミー。

  • 鯛とハーブのカルパッチョ

    オリーブオイルと塩とレモン汁は基本のドレッシング。ハーブを加えてさっぱりさわやかな。

  • クリームチーズの生ハム巻き

    CARMプレミアムバージンオリーブオイルの香りがふっと鼻に抜けて気持ちがいい。

  • ラテンなおつまみ、トマト入りセビーチェ

    キンキンに冷やしたドリンクと共に。やえび、香味野菜などを漬け込んだもので、メキシコやペルーの名物料理。

  • ワインのおつまみ3種

    あり合わせの材料で。少しスパイスやハーブを加えると、スペインやポルトガルらしい味に変わります。

  • トマト丸ごとサラダ

    トマトをざっとくり抜いて、そこにサラダを入れたら夏らしい前菜。ボリュームあります。

  • ゆず釜スモークサーモン

    ゆずのキリッとした酸味。オリーブオイルのドレッシングがまったり絡んで美味。

  • 1分で出来るとろとろチーズの前菜

    チーズにドライハーブとオリーブオイルをかけて、電子レンジで1分チンするだけ。

  • 春を感じるアスパラのオムレツ

    ポルトガルの小皿料理より。コクを出すために生クリームを少し加えました。

  • シンプル・トマトマリネ

    シンプルなだけに美味しい塩とオリーブオイルでつくってほしい一皿。

  • 植物性のものだけで作った“野菜のコンフィ”

    パンやピザ、カレーのトッピングや肉や魚のソースなど色々使えます。

  • 究極の簡単料理?~ウチのたこぶつ~

    たこがおいしい、オリーブオイルがおいしい、納得のアテ。

  • 豆腐ステーキの梅ドレサラダ

    蒸し暑い季節にお薦めしたいのが、生野菜といただく豆腐ステーキ。

  • ドレッシングでさっぱりと、枝豆のサラダ

    よく冷やして玉ねぎやドレッシングがなじんだ頃が食べごろです。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジア各地を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
現在は京都で予約制のポルトガルランチや料理教室、食品会社などのレシピ制作を手がける。また、各地で出張レストランを開催している。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)