レシピトップ > 料理から探す > 前菜
レシピトップ > 目的から探す > ワインに合う

あり合わせの材料で作るワインのおつまみ

あり合わせの材料で作るワインのおつまみ

ご飯を作るのはめんどくさいなあと思うことがあっても、お酒のおつまみならささっと作ってしまえる、そんなお酒好き、ワイン好きのための簡単なおつまみです。

スペインの"タパス"は、ワインやビールのおつまみとして、また小腹が空いたときにちょっとつまむ小皿料理のこと。ポルトガルのアレンテージョスタイルのレストランでも、前菜の小皿がずらっと出てきて、メインディッシュを食べる前にお腹が一杯、なんてこともあります。

ワインには塩味や甘酸っぱい味がよく合います。缶詰や冷凍庫にある素材で作れるものばかりですが、少しスパイスやハーブを加えると、スペインやポルトガルらしい味に変わります。

材料(4人分)

●プルーンのベーコン巻き揚げ
ベーコン 2枚
種無しプルーン 小さじ2
小麦粉 1/2カップ
1/2カップ
●チキンと玉ねぎのハーブマリネ
鶏胸肉 1/2枚
玉ねぎの薄切り 少々
少々
こしょう 少々
EXオリーブ油 大さじ2
大さじ1/2
ドライバジルやパセリ 適量
●ミックスベジタのアイオリソース風
ミックスベジタブル 適量
塩、こしょう、マヨネーズとニンニクのすりおろし少々 適量
●オイルサーディンのタパス
バゲット 適量(薄ぎり)
市販のピザソース 適量
オイルサーディン 適量
EXオリーブ油 適量

作り方

【プルーンのベーコン巻き揚げ】
  1. ベーコンは半分に切って、種無しプルーンを巻いて楊枝でとめる。小麦粉に水カップを入れてまぜ、衣にくぐらせて油で揚げる。
【チキンと玉ねぎのハーブマリネ】
  1. 鶏胸肉1/2枚はゆでて細く裂く。玉ねぎの薄切り少々と塩、こしょう、EXオリーブ油大さじ2、酢大さじ1/2、ドライバジルやパセリを加えてまぜる。香菜を使うとポルトガル風になる。
【ミックスベジタのアイオリソース風】
  1. ミックスベジタブルはゆでて水気を拭き(電子レンジで加熱してもok)、塩、こしょう、マヨネーズとニンニクのすりおろし少々を入れてまぜる。
【オイルサーディンのタパス】
  1. バゲットを薄く切って市販のピザソースなどをぬり、オイルサーディンをのせる。チーズとEXオリーブ油をかけてオーブントースターで焼く。焼かずにクラッカーにのせてもよい。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 焼きラタトゥイユ

    オリーブ油でしっかり炒めて野菜の甘みを引き出し、トマトの水分を飛ばしながら煮るしっかり濃い味。

  • おもてなしローストポーク

    準備が楽、しかも付け合わせも一緒に焼ける手間のかからないおもてなし料理。

  • かぶとソーセージのクリームコーン・シチュー

    インスタントのルーも使わず煮込むのも短時間。野菜の甘さとソーセージのボリューム感もしっかり。

  • 小松菜のグリーンスープ

    冬の葉野菜で、風邪の予防にもなるビタミンたっぷりのスープ。

  • 春色キャベツサラダ

    フルーティーなオリーブオイルと塩とさわやかなレモンでシンプルに味付け。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)