レシピトップ > 料理から探す > 前菜
レシピトップ > 料理から探す > 野菜料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > かんたんに作れる

初夏の味、そら豆とベーコンのコロッケ

初夏の味、そら豆とベーコンのコロッケ

このところ、ご近所からえんどう豆やそら豆をよくいただきます。初夏にすくすくと育つ豆類は、食べると元気なエネルギーが体の中に入って来るような気がします。そして、そら豆と言えば、私にとってはポルトガルの思い出にも繋がります。このレシピサイトでもご紹介してきたように、そら豆のサラダや煮込み、スープなどリスボンの友人宅やレストランでもよくいただきました。

日本ではそら豆は高い割にちょっとしか入っていなくて、たっぷり使うのはなかなか大変かもしれません。冷凍の枝豆などでもおいしく作れますので、たまにはお豆のコロッケも作ってみませんか。ベーコンも入っていますし、塩気を効かせるとビールにも合うコロッケになります。

材料(12~16個分)

じゃがいも 500g
そら豆(さやから出して) 150g
玉ねぎ 120g
ベーコン 50g
小さじ1/2
こしょう 少々
オリーブオイル(クラシコ) 小さじ2+揚げ物用適量

作り方

  1. じゃがいもは皮付きのままやわらかくなるまでゆでる。熱いうちに皮をむいてつぶす。
  2. そら豆はさやから出して熱湯で1分ゆでて薄皮をむく(そら豆をざるなどに入れてじゃがいもの鍋で一緒にゆでて下さい)。
  3. 玉ねぎはみじん切り、ベーコンは5mm幅に切る。フライパンにオリーブオイル小さじ2を入れて熱し玉ねぎとベーコンを炒めて小さじ1/2とこしょう少々で味付けする。
  4. 1~3までの材料をバットに入れて混ぜ冷ます。味見をして塩気が足りないようなら加える(分量外)。12~16等分にして形作り、薄力粉、卵、パン粉の順につける。


  5. 鍋かフライパンにオリーブオイルを1cmの深さまで入れて火にかける。温まったら4のコロッケを入れて揚げる。下側が茶色に色づいてきたらひっくり返して片面も揚げる。

*コロッケは冷凍できます。バットに並べて冷凍庫に入れ凍ったら外してビニール袋に入れて保存して下さい。食べる時は凍ったまま揚げるか、2個につき50秒くらい電子レンジで加熱しすぐに揚げると失敗がないです。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • きのことソーセージのアヒージョ

    オリーブオイルとにんにくで煮込んだ小皿料理。

  • 定番!マカロニグラタン

    ライパン一つで炒めながらできる熱々の手作りグラタン、お試し下さい。

  • トルティーヤとモッツァレラチーズのサラダ

    アメリカ西海岸とメキシコがミックスしたような、ボリュームたっぷりのサラダ。

  • ジンジャー・レモン・ハニーのオイルマリネ

    オリエンタルな香りがすてきな鶏肉料理。外はカリッと中はジューシーな焼き上がり。

  • クロアチア風カツレツ

    豚ロース肉でハムとチーズを挟んでオリーブオイルで揚げたもの。チーズがトロリ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)