レシピトップ > 料理から探す > 前菜
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

朝食にぴったりの卵パン

朝食にぴったりの卵パン

卵にも旬があるのをご存じでしょうか?卵は一年中安定供給されていますが、平飼いの鶏の卵や有精卵だと、夏や冬は卵が小さくなることがあります。卵の旬は春、にわとりにとっても過ごしやすい季節なのですね。

そして、3月から4月は復活祭のとき。ポルトガルではパスコアと言いますが、キリストの復活を祝う復活祭(イースター)と卵は切り離せないもの。卵の入ったパンや卵形のチョコレートなど、卵にちなんだ食べ物が並びます。そんな復活祭のイメージで、我家の卵パンを作りました。

材料(4人分)

お好みのパン 4個(食パンでもOK)
2個
モッツァレラチーズ 1個(他のチーズでもOK)
ハム 4枚
プレミアムシーソルト 少々
はちみつ 少々
オリーブオイル 少々
こしょう 少々

作り方

  1. 卵は水からゆでて沸騰したら火を弱めて6分煮る。水にとって完全に冷めるまで置き殻をむいて縦半分に切る。
  2. モッツァレラチーズは4枚のスライスにする。
  3. パンの上を切り、卵が半分入るくらい中身をくり抜く。ハム、モッツァレラチーズの順にのせてプレミアムシーソルトとはちみつ少々をかける。
  4. 上にゆで卵をのせてプレミアムシーソルトとこしょうをふり、オリーブオイル少々をかける。オーブントースターで3~5分焼く。

*パンをくりぬいた部分は、細かくちぎってオリーブオイルで炒めてクルトンにしたりハ ンバーグのつなぎなどに使って下さい。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • フランゴ・ア・ブラース

    ポルトガルの子供も大好き。鶏肉やじゃがいも、卵など簡単に手に入る材料で。

  • 豆乳のクリームシチュー

    豆乳なのにむしろこってりとクリーミーな口当たり。

  • 焼きラタトゥイユ

    オリーブ油でしっかり炒めて野菜の甘みを引き出し、トマトの水分を飛ばしながら煮るしっかり濃い味。

  • ご飯にも合う根菜のラタトゥイユ

    食物繊維の豊富な根菜をトマト味で。日持ちもするので、お弁当のおかずにもお薦め。

  • 白菜のミルフィーユ

    ゆでた白菜とミンチ肉を重ねてオリ-ブオイルをかけて焼く。簡単だけどオシャレな一品。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)