レシピトップ > 料理から探す > ポルトガル料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

ポルトガルの子供も大好き ~フランゴ・ア・ブラース~

フランゴ・ア・ブラース

これは、友達のペドロが大好きな料理で子供の頃にママによく作ってもらったそうです。フランゴと言うのは鶏のこと。ポルトガルではバカリャウ・ア・ブラースという干し鱈料理も有名ですが、これはその鶏肉バージョンなんです。干し鱈もおいしいけれど、鶏肉もとっても食べやすくて私も好きな料理になりました。

どちらもレストランではお目にかかれない素朴な家庭料理です。鶏肉やじゃがいも、卵など簡単に手に入る材料でポルトガル料理が作れます。ポイントはじゃがいもを千切りにしてカリカリに揚げるのと卵に火を通し過ぎないこと。日本の子供たちも好きになるかもしれませんよ。

材料(一皿分)

鶏もも肉 1枚
じゃがいも 2個
玉ねぎ 1/2個
2個
にんにく 1かけ
パセリ(みじん切り) 小さじ2
ブラックオリーブ 数個
オリーブオイル 大さじ1
少々
こしょう 少々
揚げ油 適量

○玉ねぎとにんじんの薄切り少々

作り方

  1. 鶏肉がかぶるくらいの水と●を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして20分煮て粗熱が取れるまでそのまま置く。鶏肉の皮を除いて手で裂く。
  2. じゃがいもは皮をむいて千切りにする。鶏肉の準備ができるまで2、3回かえながらたっぷりの水につける。(でんぷんを落すため)。
  3. 揚げ油を170度に熱する。じゃがいもの水気をふいて4回に分けてきつね色になるまで揚げる(一度に入れると油がふきこぼれるので注意!)。
  4. 玉ねぎは薄切り、にんにくはみじん切りにする。卵は溶いておく。
  5. フライパンにオリーブオイル、にんにく、玉ねぎを入れて火にかける。玉ねぎが透き通ってきたら鶏肉を加えてさっと炒め、塩とこしょうで味付けする。
  6. じゃがいもとパセリ(半量)を加えてまぜる。火を消してすぐに卵をまわしかけて混ぜる。お皿に入れて残りのパセリをふりかけブラックオリーブをのせる。

●鶏肉のゆで汁はおいしいので捨てないでスープに使って下さい。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 豆乳のクリームシチュー

    豆乳なのにむしろこってりとクリーミーな口当たり。

  • 焼きラタトゥイユ

    オリーブ油でしっかり炒めて野菜の甘みを引き出し、トマトの水分を飛ばしながら煮るしっかり濃い味。

  • ご飯にも合う根菜のラタトゥイユ

    食物繊維の豊富な根菜をトマト味で。日持ちもするので、お弁当のおかずにもお薦め。

  • 白菜のミルフィーユ

    ゆでた白菜とミンチ肉を重ねてオリ-ブオイルをかけて焼く。簡単だけどオシャレな一品。

  • 究極の簡単料理?~ウチのたこぶつ~

    たこがおいしい、オリーブオイルがおいしい、納得のアテ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)