レシピトップ > 料理から探す > 野菜料理
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

夏野菜たっぷり。焼きラタトゥイユ

夏野菜たっぷり。焼きラタトゥイユ

夏になると時々作る南フランスのお惣菜。イタリアではカポナータ、生ハムをのせればスペインのフラメンカ・エッグ。ポルトガルなら真っ赤なトマトのオリーブ油炒めと卵という赤と白の組み合わせ。

実は、今まで作っていたラタトゥイユは、野菜が水っぽい感じがしてすぐに飽きてしまっていました。そこで「蒸し煮」主体の調理から、先にオリーブ油でしっかり炒めて野菜の甘みを引き出し、トマトの水分を飛ばしながら煮るとずっと味が濃くなりました。

写真のように卵を落として焼くと、栄養も味もバランスのよい一品に。バゲットを焼いてラタトゥイユをのせ、オリーブ油をたらすとワインによく合うオードブルにもなります。

赤唐辛子の適度な辛味が食欲をそそりますが、小さなお子さんがいらっしゃる場合は除いて下さい。

材料(4人分)

玉ねぎ 1個
なすび 3本
ズッキーニ 2本
赤・黄パプリカ 大各1個
水煮トマト 200g(1/2缶)
4個
オリーブ油 大さじ4
ニンニク 1かけ
赤唐辛子 1本
少々
こしょう 少々

作り方

  1. 野菜は全部1.5cm角くらいに切り、ニンニクはみじん切り、赤唐辛子は種を取る。トマトは細かく切ってジュースも使う。
  2. 鍋にオリーブ油と玉ねぎ、ニンニク、塩小さじ1/2を入れて焦がさないように柔らかくなるまで炒める。
  3. 残りの野菜を全部加えてオイルが全体に行き渡るように炒める。
  4. トマトと赤唐辛子を加え、蓋をして中火で15分煮る。焦がさないように時々まぜながら水分を飛ばし、塩、こしょうで味を調える。
  5. ラタトゥイユを耐熱皿に盛り付け、中央をくぼませて卵を割り入れる。
  6. オーブントースターで数分焼いて卵が半熟状になったら出来上がり。卵をくずしながら野菜とからめて食べるとおいしい。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 唐揚げパプリカチキン

    塩と赤パプリカだけの調味料が肉のジューシーな旨みを引き立たせます。

  • 新玉ねぎのオーブン焼き

    新玉ねぎをじっくり焼いてミンチ肉がたっぷり詰まっているので食べ応えも十分。

  • 大根と塩豚と山椒のスープ

    塩の味がとてもよくわかるシンプルなスープ。短時間でも味わいのある仕上がりに。

  • トマターダ・コン・オーヴォシュ

    卵入りトマトソース。トーストしたバゲットにトマトソースと半熟卵をたっぷりのせてどうぞ。

  • 完熟トマトの冷たいスープ

    シンプルな料理はごまかしがきかないので、味付けだけは集中して。よく冷やして。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)