レシピトップ > 料理から探す > 前菜
レシピトップ > 材料から探す > オリーブオイル
レシピトップ > 目的から探す > ボリューム満点

豆腐ステーキの梅ドレサラダ

豆腐ステーキの梅ドレサラダ

今回豆腐メニューを考えていて、改めて豆腐の大きさは地方によって違うのだと気がつきました。京都の場合、今でこそ色々な種類がありますが、1丁は450gと大きめが主流です。油揚げももしかすると東京の倍くらい大きいかもしれません。

いずれにせよ、蒸し暑い季節にお薦めしたいのが、生野菜といただく豆腐ステーキ。冷ややっこよりも豆腐の甘みが増して食べ応えがあります。ジメジメとした梅雨時は、梅干し入りのさっぱりとしたドレッシングをたっぷりかけてどうぞ。

材料(2人分)

絹ごし豆腐 小1丁(300g)

片栗粉

少々
オリーブオイル 小さじ2
生野菜、わかめなど 適量
●梅ドレッシング
梅干し 1個
ぽん酢 大さじ2
オリーブオイル 大さじ1

作り方

  1. 豆腐はペーパータオルに包んでざるにのせ、軽く重しをして30分間水切りする。
  2. 豆腐を4等分して焼く面に片栗粉をつける。フライパンを温めてオリーブオイルを入れ、豆腐を入れて薄いきつね色になるまで弱火で焼く。ひっくり返して裏面も焼く。
  3. 豆腐の粗熱が取れるまでドレッシングなどの準備をする。トッピングはお好みで(サニーレタスや玉ねぎ、にんじんは5分ほど水につける)。
  4. 梅干しは種を除いて包丁で細かくなるまでたたく。梅ドレッシングの材料をよくまぜる。豆腐に野菜などをのせて梅ドレッシングをたっぷりかける。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 鶏肉とじゃがいものローズマリー焼き

    豚肉とセージや鶏肉とローズマリーなど、相性のいい組み合わせ。

  • 鯛とハーブのカルパッチョ

    オリーブオイルと塩とレモン汁は基本のドレッシング。ハーブを加えてさっぱりさわやかな。

  • 焼きラタトゥイユ

    オリーブ油でしっかり炒めて野菜の甘みを引き出し、トマトの水分を飛ばしながら煮るしっかり濃い味。

  • ご飯にも合う根菜のラタトゥイユ

    食物繊維の豊富な根菜をトマト味で。日持ちもするので、お弁当のおかずにもお薦め。

  • 白菜のミルフィーユ

    ゆでた白菜とミンチ肉を重ねてオリ-ブオイルをかけて焼く。簡単だけどオシャレな一品。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)