レシピトップ > 料理から探す > 前菜
レシピトップ > 料理から探す > ポルトガル料理
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

ポルトガルのお肉たっぷりコロッケ

ポルトガルのお肉たっぷりコロッケ

ポルトガルのコロッケと言うと、干し鱈のコロッケがポピュラーですが、この二口くらいで食べられる小さなお肉のコロッケもバルやカフェの定番です。カフェの三大揚げ物は、あとサモサ(インドの軽食)があります。

ポルトガルは昔、世界中に植民地があったので色々な国の料理が運ばれまじりあって存在しています。

お肉のコロッケにはじゃがいもは入っていなくて、小麦粉でかためるのですが、クリームコロッケでもない、ちょっと不思議なコロッケです。

材料(12個分)


牛ひき肉 200g
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1かけ
ローリエ 1枚
薄力粉 40g
牛乳 2/3カップ
バター 20g
●プレミアムシーソルト 小さじ2/3
●こしょう 少々
●ナツメグ 少々
●パセリ(みじん切り) 大さじ1
薄力粉 適量
1個
パン粉 適量*ビニール袋に入れてもんで細かくする
揚げ油 適量

作り方

  1. 玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。
  2. フライパンにバター、ローリエ、1を入れて火にかけ、玉ねぎがやわらかくなるまで炒める。
  3. 牛ひき肉を加えて炒める。火が通ったらローリエを取り除き、●を加えて味付けする。
  4.  
  5. 薄力粉40gを加えて炒める。次に牛乳を入れてもったりと固まるまで混ぜる。バットに移して広げ冷めるまで置く。
  6. 4を12等分して7cm長さの円柱形にする。小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて180度の油できつね色になるまで揚げる。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • ツナとほうれん草とカッテージチーズのコロッケ

    カッテージチーズは、自己主張はそんなにないけれど、やんわりと優しくツナやほうれん草とのからみよし。

  • パタニスカス・デ・バカリャウ

    干し鱈のかき揚げは、日本のようにパリパリした感じではなくてもっとふんわりとした食感です。

  • ライスコロッケ

    発祥は南イタリア。中からチーズがとろり。本来はリゾットを使いますが、ごはんで簡単に。

  • ガリシア風フィッシュパイ

    冷凍パイシートとツナ缶で手軽に作るパイ。ペロリと食べられる美味しさ。

  • 新玉ねぎのオーブン焼き

    新玉ねぎをじっくり焼いてミンチ肉がたっぷり詰まっているので食べ応えも十分。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)