レシピトップ > 料理から探す > 野菜料理
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > お子様に人気

ツナとほうれん草とカッテージチーズのコロッケ

ツナとほうれん草とカッテージチーズのコロッケ

しょうゆ味のしっかりしみた合挽きミンチのコロッケは、色を見ただけで食欲が出てきます。大豆をつぶしたお豆のコロッケやホワイトソース入りのクリームコロッケもおいしいですね。

今日は、ちょっと目先を変えてカッテージチーズ入りのコロッケを作りました。カッテージチーズは、自己主張はそんなにないけれど、やんわりと優しくツナやほうれん草とのからみがいいです。チーズの味をしっかり出したければ粉チーズにしてもいいし、プロセスチーズをコロコロに切って入れてもいい。

コロッケは、手の平の上で「おいしくなあれ」と思いながら丸めると、かわいい形になりますよ。

材料(8個分)

じゃがいも 4個(300g)
ほうれん草 1/2わ(100g)
ツナ缶 小1缶
カッテージチーズ 100g
プレミアムシーソルト 小さじ2/3
こしょう 少々
薄力粉 適量
パン粉 適量
薄力粉75g+水1/2カップ
揚げ油 適量

作り方

  1. じゃがいもは皮付きのままやわらかくなるまでゆでる。皮をむいてつぶす。ほうれん草はゆでてからザク切りにして水気を絞る。ツナ缶はオイルを切っておく。
  2. じゃがいもが冷めたらボウルに入れて、ほうれん草、ツナ、カッテージチーズ、プレミアムシーソルト、こしょうを加えて混ぜる。
  3. 小さなボウルに衣の材料を入れてよくまぜる。バットに薄力粉とパン粉を別々に入れる。
  4. (2)を8等分にしてまるめる。薄力粉をつけてから好きな形に成型して、衣、パン粉の順につける。180度の油できつね色になるまで揚げる。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • ライスコロッケ

    発祥は南イタリア。中からチーズがとろり。本来はリゾットを使いますが、ごはんで簡単に。

  • 牡蠣のオリーブオイル漬け

    空炒りして火を通した牡蠣とハーブを容器に入れてオリーブオイルを注ぐだけ。

  • 新じゃがのアンチョビポテト

    スナック感覚でつまめる。フレッシュなじゃがいもを丸ごと味わって下さい。

  • りんごとキャベツと豚肉のオリーブオイル蒸し

    シンプルなのに美味しい!キャベツとりんごがやわらかくなって豚肉と一体化。

  • 塩豆腐とズッキーニのジョン
    大根と帆立の白いサラダ

    単純だけれど、白い大根と黄色い柚子が冬らしくて清々しい色合いです。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)