レシピトップ > 料理から探す > 前菜
レシピトップ > 料理から探す > ポルトガル料理
レシピトップ > 材料から探す > イワシとツナの缶詰
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる
レシピトップ > 目的から探す > ワインに合う

ツナ缶で作るポルトガルコロッケ

ツナ缶で作るポルトガルコロッケ

小さなラグビーボールのような形をしたコロッケ、ポルトガルでは干し鱈が定番ですが、お手軽にツナ缶で作ることもあります。日本では干し鱈の入手は難しいので、私の友人たちはむしろツナ缶で作る人が多く“ポルトガルコロッケ”と呼ばれています。

ポルトガルだとスプーンを2本使って形作りますが、手で楕円形や丸などお好きな形にまとめていただいてもいいです。パン粉をつけないのではじけることがありますが、ポイントは材料のバランス、分かりやすいようにグラム表記にしました。つまんでパクパク食べたくなる素揚げのコロッケです。

材料(小さめコロッケ10~15個分)

ツナのオリーブオイル漬け 1缶(内容量110g)
じゃがいも 300g
玉ねぎ 40g
40g(約2/3個)
パセリ みじん切り(大さじ2)
揚げ油 適量
●片栗粉 小さじ1
●塩 小さじ1/4
●こしょう 少々
●ナツメグ 少々*じゃがいもと相性のよいスパイスなのであれば加えて下さい
ツナ缶で作るポルトガルコロッケ

作り方

  1. じゃがいもは皮つきのままやわらかくなるまでゆでる。熱い内に皮をむいてつぶし、冷めるまで置く。
  2. ツナのオリーブオイル漬けは油を切る(油はドレッシングなどに利用してください)。玉ねぎとパセリはみじん切りにする。卵は溶きほぐしておく。
  3. ボウルにじゃがいも、玉ねぎ、パセリと●印の材料を入れて混ぜる。よく混ざったら最後にツナを加えて混ぜる(ツナは余りほぐさなくてよい)。
  4. 揚げ油を180度に熱して3の生地を2本のスプーンで形作りながら油に落としきつね色になるまで揚げる。
ツナ缶で作るポルトガルコロッケ

〇コロッケバリエーション
写真は左からプレーン、コーンと粉チーズ、枝豆、黒オリーブ入り。
レシピのコロッケ生地の中に上記のものを加えました。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • イワシのパン粉焼き

    イワシの新鮮トマトソース煮の缶詰をつかって。パン粉と調味料をかけて焼くだけ。

  • バーベキュー・スペアリブ

    ボリュームたっぷり。外でもお家でもみんなの幸せなそうな笑顔が見られます。

  • 鱈とセリの蒸し物

    蒸し物でスピードクッキング!素材の旨みを閉じ込め、身もふっくら柔らかです。

  • 筍と野菜の牛肉太巻き

    細切りにした筍や野菜をぎっしりと詰めた、こぶし大ほどもある牛肉巻き。

  • いか・たこ・えびのポルペッティ

    家庭料理らしく作り方は簡単ですが、盛り付けによってはレストランのメインディッシュ のようにも見える一皿。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)