レシピトップ > 料理から探す > スープ
レシピトップ > 料理から探す > ポルトガル料理
レシピトップ > 料理から探す > 肉料理
レシピトップ > 材料から探す > 赤パプリカペースト
レシピトップ > 目的から探す > おもてなし料理

マッサで作るグーラッシュ

マッサで作るグーラッシュ

グーラッシュは、ハンガリーやドイツなどの煮込み料理のことです。パプリカそのものやパプリカパウダーをよく使います。パプリカパウダーを加えると赤い色が濃くなりますし、寒い季節にはいかにも暖まりそう。

パプリカと言えば、そう、ポルトガルにもありますね。“マッサ・デ・ピメント”、パプリカのペーストです。これがあれば色もコクもさらに増します。ハンガリーの人にも教えてあげたいな。

グーラッシュには水分の多いスープタイプと少なめのシチュータイプがありますが、今回はシチューだけれど煮込み時間の短いレシピにしました。マッサには塩が入っているので、塩加減は味見をして決めて下さいね。

材料(4人分)

牛肉(角切り) 300g
じゃがいも 2個
にんじん 1本
玉ねぎ 1個
にんにく 1かけ
パセリ(みじん切り) 少々
薄力粉 小さじ2
オリーブオイル 大さじ1
小さじ1/2
こしょう 少々

●カットトマト缶 1/2カップ(200g)
●マッサ・デ・ピメント 大さじ1
●顆粒ブイヨン 小さじ1/2
●水 2カップ

作り方

  1. じゃがいもは一口大に切り水に5分さらす。人参はじゃがいもより少し小さめの乱切りにする。玉ねぎは半分に切って薄切り、にんにくはみじん切りにする。
  2. バットに牛肉を入れて塩(分量外)とこしょう少々で下味をつける。薄力粉を加えて全体にまぶす。
  3. 鍋を火にかけオリーブオイルを入れ、牛肉を加えて表面をさっと焼いて取り出す。
  4. 3の鍋に玉ねぎとにんにく、塩小さじ1/2を加えて弱めの中火で炒める。塩を加えると玉ねぎから水分が出てくるので鍋底の肉の焦げ目をこそげるようにして炒める。
  5. 玉ねぎが柔らかくなったら●印の材料とじゃがいもと人参を加えて混ぜ蓋をして煮る。沸騰したらあくを取り野菜がやわらかくなるまで10~15分煮る。
  6. 牛肉を加えて5分煮る。味見をして塩とこしょうで味を整える。スープ皿に入れてパセリをふりかける。
  7. *もしあればサワークリームを添えるとさらに美味しくなります。

人気のレシピ

  • 出汁ごといただく、塩味おでん

    かつおと昆布でしっかり出汁をとり、その出汁もスープのように飲む絶品おでん。

  • 完熟トマトのえびチリソース
    完熟トマトのえびチリソース

    ソースまで全部食べたいのでトマトと玉ねぎを入れて、自然な甘さの加わったピリリとした辛さ。

  • オイルサーディン・ペペロンチーノ

    シンプルなぺペロンチーノに、イワシを載せました。大きなイワシが入った当店の缶詰を使って簡単につくれます。

  • オニオン・グラタンスープ

    簡単シンプル調理でプロ並みの仕上がりに。玉ねぎの旨みを吸ったカリカリのバケットと香ばしいチーズ。

  • ガリシア風フィッシュパイ

    冷凍パイシートとツナ缶で手軽に作るパイ。ペロリと食べられる美味しさ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)