レシピトップ > 料理から探す > 肉料理
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる

タレがおいしいハニーチキン

タレがおいしいハニーチキン

蜂蜜は、ただ甘くておいしだけではなくてなかなか優れた食品です。パンにぬったり、紅茶やコーヒーに入れたり、デザートやチーズにも使いますね。でも、お料理に利用するとさらにいろいろな効用が出てくるんですよ。

蜂蜜は、砂糖よりも甘みが強いのですが、カロリーは低め。ダイエットにもいいかもしれません。さらに吸収性と保湿性という特性があるので、お肉などの煮物に使うと味が染み込みやすく、柔らかくなります。上記の二つのキーワードは、お肌にもよさそう。ポルトガルではせっけんや化粧品にもよく使われています。

今回のレシピ、ハニーチキンは、砂糖のかわりに蜂蜜を使うと、独特の風味と甘さが加わってコクが出ます。しょうゆやオイスターソースとの相性もよいので、煮汁には旨みがいっぱい。これを利用して煮詰めてタレにして全部いただきましょう。

春巻きの皮に野菜と共に包んで食べると楽しいですし、簡単で時間がかからないので、ホームパーティーの一皿としても便利です。野菜はセロリや貝割菜など何でもよいのですが、白ねぎは必ず入れて下さいね。

材料(4人分)

鶏もも肉 2枚
白ねぎ 1本
セロリや貝割菜など 適宜
春巻きの皮 数枚
●煮汁
ロズマニーニョの蜂蜜 大さじ1と1/2
オイスターソース 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
大さじ3
300cc
しょうがの薄切り 数枚
ネギの青い部分 1本分

作り方

  1. 鶏もも肉は、縮まないように皮をフォークで刺しておく。白ねぎは千切り、他の野菜も細く切る。
  2. 煮汁の材料を全部入れて火にかけ、沸騰したら鶏肉を入れて落し蓋をする。途中一度ひっくり返して中火で20分煮る。冷めるまでそのままつけておく。
  3. 鶏肉を取り出して煮汁が半量になるまで煮詰める。
  4. お皿に野菜と共に盛り付けて、春巻きの皮に包んで3のタレをつけて食べる。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • エビのエスカベッシュ

    白ワインとよく合います。南蛮漬けのことをポルトガルでは「エスカベッシュ」。調理の楽な海老で。

  • 春キャベツと肉みそのパスタ

    さっとゆでた春キャベツ。甘辛い肉みそとの相性も抜群。肉みそをあらかじめ作っておくと10分で完成。

  • アボガドとオレンジのサラダ

    飲み干すほどに美味しいオリーブオイルのドレッシング!オリーブオイルも果汁ですからジュースのようにゴクリと。

  • 秋鮭の香草パン粉焼き

    オリーブオイルをかけたカリカリのパン粉、ハーブの香りがするふっくら焼きあがった秋サケ。

  • 定番!マカロニグラタン

    ライパン一つで炒めながらできる熱々の手作りグラタン、お試し下さい。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)