レシピトップ > 料理から探す > 肉料理
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > おもてなし料理

おもてなしローストポーク

おもてなしローストポーク
ポルトガル流おもてなし

ポルトガル人は、知り合うとまず「家に食事においでよ」と誘ってくれます。ごちそうを用意するというよりも、普段の食卓と変わらない手軽でおいしい料理をたっぷりと作って、みんなで取り分けていただきます。そんな時は、肉や魚のロースト料理が多いのですが、付け合せの野菜もいっしょに焼くので手間がかかりません。招く方も招かれる方も、気を使わなくてもいいおもてなしです。

豚肉は前の晩にマリネして冷蔵庫に入れておけば、翌日は焼くだけ。あとはサラダかスープがあればバランスのよいメニューになります。

材料(4人分)

豚ロース肉(かたまり) 600g
じゃがいも 3個
玉ねぎ 1個
にんじん 1本
にんにく 1かけ
少々
●マリネ液
ローリエ 1枚
ローズマリー 小さじ1
ドライタイム 少々
*ドライバジルやパセリなどでもよい
オリーブオイル 大さじ3
白ワイン 大さじ2
小さじ1/2
こしょう 少々

作り方

  1. 豚肉は、にんにくのすりおろしと塩少々を全体にすりこんで20分置く。
  2. ボウルにマリネ液の材料を全部入れてよくまぜ、ビニール袋に入れる。
  3. 2の中に豚肉を入れて袋をとじる。全体にマリネ液が行き渡るように、時々ひっくり返す。最低でも1時間以上マリネする。冷蔵庫に一晩入れてもよい。
  4. じゃがいもは皮をむいて一口大に切り、数分水にさらしてから水気を切る。玉ねぎはくし型に切ってほぐす。にんじんは1cm厚さの輪切りにしてお皿に並べ、電子レンジで1分加熱する。
  5. 耐熱容器の中央に豚肉をのせ、まわりに玉ねぎを置く。じゃがいもとにんじんをのせて、マリネ液を全体にかける。野菜に軽く塩、こしょうする。
  6. 200度のオーブンで20分、180度に下げて20~25分焼く。少し置いてから、食卓で切り分ける。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 小松菜のグリーンスープ

    冬の葉野菜で、風邪の予防にもなるビタミンたっぷりのスープ。

  • 鱈のクリームグラタン

    小さなお子様にも食べやすいホワイトソースのグラタン。寒い季節にうれしい温かな一品です。

  • 揚げなすのマリネ

    揚げなすのマリネは、暑くて食欲のない時でもビネガーでさっぱり、にんにくや玉ねぎの風味で食欲を刺激。

  • さんまのマスタード・かりかりパン粉焼き

    マスタードの酸味やハーブで臭みもなし。オリーブオイル入りのパン粉はきつね色に焦げて香ばしい。

  • マッサ・デ・ピメント(赤パプリカペースト)で豚肉炒め

    旨みたっぷりの赤パプリカ・ペーストを使って。簡単だけど奥行きのある味です。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)