レシピトップ > 料理から探す > 魚介料理
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる

魔法のソルト~白身魚のソテー。ハーブソルト風味~

魔法のソルト~白身魚のソテー。ハーブソルト風味~

先日、友人からすごくおいしい塩をもらいました。刻んだフレッシュハーブがたっぷりと入っていて、野生的な香りが鼻をくすぐります。なめてみると塩が甘く感じられて、これをラム肉や魚にかけて焼いたらどんなにおいしいだろうと、頭の中は妄想の料理でいっぱいになりました。

この塩にはいったい何が入っているのだろう。聞いてみると、イタリアに住んでいた友人がアグリツーリズモ(農園付属の宿泊施設)に泊った時、夕食にローストビーフが出てきたそうです。ただ牛肉を焼いただけのシンプルな料理なのに、すばらしくおいしかった。そこで、シェフにその秘けつを聞いたところ、答えはハーブソルトだったそうです。

今まではドライのオレガノやタイムで作っていたのですが、新鮮なハーブのパワーを再認識。肉や魚に一振り、ドレッシングなどに加えるだけで、普通の料理がおしゃれな味に変身します。

写真はプレミアムシーソルトとハーブを混ぜました。プレミアムシーソルトは、ふわっとしたやわらかい塩なので、すり鉢ですると簡単に細かくなります。使いやすい形にしてご利用下さい。

材料

●ハーブソルトの材料
プレミアムシーソルト 100g

フレッシュハーブ(ローズマリーミント、セージ)

各適量
ニンニク 1かけ
ローリエ(ドライ) 2枚
●白身魚のソテー。ハーブソルト風味(4人分)
白身魚(鯛やすずきなど) 4切れ
ハーブソルト 少々
少々
オリーブオイル 大さじ2
添え野菜 適量

作り方

【ハーブソルトの作り方】
  1. フレッシュハーブは葉を摘んでみじん切りにする。にんにくもみじん切りにする。ローリエは細かくくだく。
  2. 材料(塩と刻んだハーブの見た目のかさが同量くらい)をすべてボウルに入れてよく混ぜる。
  3. びんに入れて保存する。

*イタリアンパセリやタイムなど、他のハーブでも作れます。ローズマリーとミントはたっぷり入れた方がおいしい。

●ハーブソルトの使い方
魚や肉をソテーして、ふりかけるだけで一味違う料理ができます。
鶏肉をハーブソルトとオリーブオイルでマリネして焼く。サラダのドレッシングに入れる。
パンにオリーブオイルとハーブソルトをかけて焼く。ワインのおつまみに。
リゾットやピラフ、オムレツなどの味付けに。
クリームチーズやバターに混ぜる。
パスタソースや煮込み料理に加える。・・・いろいろお試し下さい。

【白身魚のソテー。ハーブソルト風味】
  1. 白身魚に軽く塩、こしょうする。
  2. フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、魚を入れて皮がカリカリになるまで焼く。
  3. 裏返してハーブソルトを少々ふりかけて火が通るまで焼く。お皿に盛り付けて野菜を添える。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • もやしときゅうりの和え物

    さわやかな香りとさっぱりとしたコク。実は、オリーブオイルとわさびは相性好しです。

  • 豚肉のバルサミコソース

    先にお肉を焼いて同じフライパンでソースを作る。味が凝縮してとてもおいしいソース。

  • 牡蠣の炊き込みご飯

    しょうがをたっぷり効かて体の芯からぽかぽか。香ばしい炊き込みご飯を召し上がれ。

  • しっとり鶏ご飯

    もともとのレシピはアラブのお米料理。日本のスパイスやハーブに置き換えて作ってみました。

  • 1分で出来るとろとろチーズの前菜

    チーズにドライハーブとオリーブオイルをかけて、電子レンジで1分チンするだけ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)