レシピトップ > 料理から探す > 和食
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > おもてなし料理

体の芯から温まる「牡蠣の炊き込みご飯」

体の芯から温まる「牡蠣の炊き込みご飯」

久しぶりに牡蠣の炊き込みご飯を作りました。大粒の牡蠣がぷりぷりでつい食べ過ぎてしまうほど、冬の牡蠣はおいしいです。しょうがをたっぷり効かせるので、体の芯から温まります。炊き込みご飯が炊ける匂いは、とても幸せな気分にしてくれますね。

牡蠣には生食用と加熱用がありますが、生食用は殺菌処理をしたもの。加熱用はとったものをそのままパック詰めしたものです。後者の方が旨みがありますので火を通す料理には加熱用をお使い下さい。

材料(4人分)

2合
牡蠣のむき身(加熱用) 200g
しょうが 1かけ(20g)
昆布 5cm
プレミアムシーソルト 小さじ1
濃口しょうゆ 小さじ1
大さじ1
三つ葉 少々

作り方

  1. 牡蠣はザルに入れて水の中でふり洗いする。しょうがは千切りにする。
  2. 米をといで炊飯器に入れ、プレミアムシーソルト、濃口しょうゆ、酒、しょうがを加えて目盛り通りに水を入れて混ぜる。昆布と牡蠣をのせて炊く。
  3. 炊き上がったら牡蠣をつぶさないように混ぜ、三つ葉を切ったものを散らす。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 優しい味の白菜とハムのクリーム煮

    蒸し煮のようなスープのような料理は、白菜とミルクの優しい味。

  • ミートボールのトマト煮

    ミートボールは、大きめに丸めて熱いトマトソースの中で煮ます。

  • 桜えびと青のり入り豆腐ボール

    油で揚げるので表面はカリッと中はふわふわ。塩だけであっさり味です。

  • 鱈のフィレンツェ風

    鱈とトマトソース、鍋物以外にこんな食べ方もあります。オシャレな一品です。

  • 甘くて辛いキーマカレー

    スパイスで体ほかほか。甘くて辛くてスパイシー、食欲をそそられる香り。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)