レシピトップ > 料理から探す > 和食
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる

もやしときゅうりの和え物

もやしときゅうりの和え物

夏は冷たいサラダをよく食べるせいか、オリーブオイルの消費量が増えます。でも、サラダのドレッシングとしてだけではなく、煮物や和風の和え物にもオリーブオイルは大活躍します。

暑い時は、ごま油の香りがちょっとむっとするような、暑苦しく感じる時がありますが、そんな時は、中華にも和食にもオリーブオイルを使います。さわやかな香りとさっぱりとしたコクに、食欲も増します。

もやしときゅうりのようなごく普通の和え物にもオリーブオイルを使うと、ちょっと新鮮な組み合わせ。青々としたオリーブオイルの香りはわさびとの相性もよく、暑い季節にお薦めの一品です。

材料(4人分)

もやし 1袋
きゅうり 1本
大さじ1
塩(プレミアムシーソルト) 少々
練りわさび 小さじ1/2
オリーブオイル 小さじ2
黒炒りごま 大さじ1

作り方

  1. もやしは熱湯でゆでてザルに広げて冷ます。(水はかけない)
  2. きゅうりはもやしくらいの太さに切る。塩をふってしばらく置いてから軽く絞る。
  3. ボウルに酢、塩、練りわさびを入れてよく溶かし、オリーブオイルを入れて混ぜる。もやしときゅうりと黒ごまを加えて和え、器に盛りつける。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • そばサラダ

    夏のバランスメニュー。そばと生野菜をたっぷり混ぜてサラダ感覚で。

  • トマト丸ごとサラダ

    トマトをざっとくり抜いて、そこにサラダを入れたら夏らしい前菜。ボリュームあります。

  • 豚肉のバルサミコソース

    先にお肉を焼いて同じフライパンでソースを作る。味が凝縮してとてもおいしいソース。

  • 牡蠣の炊き込みご飯

    しょうがをたっぷり効かて体の芯からぽかぽか。香ばしい炊き込みご飯を召し上がれ。

  • 甘くて辛いキーマカレー

    スパイスで体ほかほか。甘くて辛くてスパイシー、食欲をそそられる香り。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)