レシピトップ >  料理から探す >  デザート
レシピトップ >  料理から探す >  ポルトガル料理
レシピトップ >  目的から探す >  簡単に作れるレシピ
レシピトップ >  目的から探す >  お子様に人気

我家のでっかいプリン、エスプレッソ・カラメル・プディング

我家のでっかいプリン、エスプレッソ・カラメル・プディング

家のプリンは、ポルトガル風に大きな型で焼いて、各自好きなだけ切り分けて食べます。スプーンじゃなくてフォークで食べます。

このエスプレッソ・カラメル・プディングは、週末レストランでもよく出していたデザート。レストラン用にはコーヒーリキュールも加えます。カラメルソースの甘さとほろ苦いエスプレッソコーヒーの組み合わせは、子供のおやつというより大人のためのデザート、濃厚で食べ応えのあるプディングです。

材料(約9cm×20~21cmのパウンド型を使用)

5個
牛乳 150ml
生クリーム 100ml
グラニュー糖 90g
ニコラのコーヒー 適量*エスプレッソコーヒー大さじ4
〇カラメルソース
グラニュー糖 60g
小さじ1
大さじ1

(準備)
〇カラメルソースを作る *市販のカラメルソースでもOK
・小鍋にグラニュー糖と水小さじ1を入れて弱火にかける。煙が出てきたら時々混ぜながら濃い茶色になるまで加熱する。
・火を止めて湯を静かに加える。型に流して冷めるまで置く。

〇エスプレッソコーヒーを用意する
エスプレッソマシーンがない場合は、普通のコーヒーの3倍くらい濃いコーヒーをいれ冷ましておく。

作り方

  1. 鍋に牛乳と生クリーム、グラニュー糖を入れて火にかけ、混ぜながら鍋の縁に小さな泡が立って熱くなるまで加熱する。
  2. ボウルに卵を一個ずつ入れながら泡立て器でほぐす。1を少しずつ加えながら混ぜ合わせる。エスプレッソコーヒーを加えて混ぜる。
  3. 2を茶こしでこしながらカラメルソースの入った型に流す。バットにのせて底から半分の高さまで60度のお湯を注ぐ。
    *沸騰しているお湯に同量の水を入れるとだいたい60度になる。

  4. 3を160度に予熱したオーブンに入れて1時間焼く。表面が焦げそうになったらアルミホイルをかぶせて焼く。
  5. オーブンから出し粗熱が取れるまで置く。冷蔵庫に入れてできれば一晩冷やす。

  6. 型のまわりにナイフを入れて、お皿を当ててひっくり返し型から出す。好きな厚さに切り分けカラメルソースをかける。


この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • 鱈のクリームグラタン

    小さなお子様にも食べやすいホワイトソースのグラタン。寒い季節にうれしい温かな一品です。

  • 春色キャベツサラダ

    フルーティーなオリーブオイルと塩とさわやかなレモンでシンプルに味付け。

  • 塩手羽焼き

    天日塩を使って。鶏の手羽先を焦げ目がつくくらいカリカリに焼く。シンプルなだけに塩旨みがわかります。

  • 鶏のスパイシー焼き定食

    カレー粉とガラムマサラの香りがとてもスパイシー。しっかりとした味。

  • 鯛のアクアパッツァ

    オリーブオイルと白ワインで蒸し焼きにした、旨みがギュッと凝縮しているおいしい一皿。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)