レシピトップ > 料理から探す > スープ
レシピトップ > 材料から探す > 天日塩
レシピトップ > 目的から探す > 簡単に作れる

ポルトガルのチキンスープ ~カンジャ~

ポルトガルのチキンスープ ~カンジャ~

ポルトガルの冬は意外と寒くて、毎年多くの人がインフルエンザで入院し大変な事になります。と言うのも、リスボンの真冬の外気は7、8度くらいなのですが、暖房設備が余りないので室内がとても寒いのです。私も秋から春にかけて滞在した事がありますが、天井の高い古い建物、小さな電気ストーブでは全然暖まらなくて寒かったこと。

カンジャは、そんなポルトガルで愛されているお米入りチキンスープです。本来は丸鶏を半身とクローブを刺した玉ねぎを入れてことこと煮て作りますが、日本で作りやすいように鶏手羽先でブイヨンを取りました。風邪をひきそうなとき、風邪をひいている人に食べさせたい優しいスープです。

材料(4人分)

鶏胸肉 1枚(260g程度あればよい)
鶏手羽先 4本
玉ねぎ 1/2個
セロリの葉 1本分 *にんじん小1/2本を輪切りにしたものでもよい
大さじ2
クローブ 3個
レモン 1/2個
ミント 少々
プレミアムシーソルト 小さじ1
6カップ

作り方

  1. 鍋に水、鶏胸肉と手羽先(さっと洗っておく)、玉ねぎにクローブを刺したもの、セロリの葉を入れて強火にかける。蓋はしない。
  2. 沸騰したらあくを取り弱火にして30分煮る。鶏胸肉のみ取り出しさらに30分煮てからスープをこす。(約4カップのスープができる)
  3. 鶏胸肉は皮を取り除き細くさく。2を鍋に入れ米とプレミアムシーソルトを加えて15 分煮る。鶏胸肉を加え味見をして塩を足す(分量外)。
  4. スープ皿に注いでレモンの輪切りとミントを浮かべる。

この料理に使っている食材はこちら

人気のレシピ

  • ツナとほうれん草とカッテージチーズのコロッケ

    カッテージチーズは、自己主張はそんなにないけれど、やんわりと優しくツナやほうれん草とのからみよし。

  • 鶏のスパイシー焼き定食

    カレー粉とガラムマサラの香りがとてもスパイシー。しっかりとした味。

  • 新じゃがのアンチョビポテト

    スナック感覚でつまめる。フレッシュなじゃがいもを丸ごと味わって下さい。

  • 牡蠣の豚肉巻き

    白でも赤でもいけるワインのおつまみに。ご飯にもあいます。

  • イタリアコロッケ

    粉チーズとフレッシュバジルがたっぷり入った楕円形のクリ-ムコロッケ。

レシピ提供者:丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

丹田いづみ (Tanda Izumi)さん

【プロフィール】
1983年に初めてポルトガルを旅して以来、料理や風土、人に惹かれて度々訪れるようになる。会社勤務のかたわらヨーロッパ、アメリカ、アジアなど各国を旅してその食のイメージを元に料理教室を主宰。
2006年から京都で週末だけのポルトガル料理店「レストランBoaBoca」を開く。2017年、長年暮らした京都を離れ地産地消の徳島に移住。現在はレシピ制作やケータリング、各地で不定期に移動レストランを開いている。

丹田さんの著書のご紹介
家庭で作るポルトガル料理
家庭で作るポルトガル料理・魚とお米と野菜たっぷり(楽天ブックスで購入)
ポルトガル小さな街物語
ポルトガル「小さな街物語」(楽天ブックスで購入)