2020年9月

  • 商品番号:555036

    CPO

    ファル(1873-1925)
    喜歌劇《イスタンブールのバラ》 詳細ページ
    [マティアス・クリンク(テノール)/クリスティアーナ・カイザー(ソプラノ)/ウルフ・シルマー(指揮)/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管弦楽団]

    発売日:2020年09月25日

    CD 2枚組 価格:4,125円(税込、送料無料)

    トルコ人の娘ギュルは、フランス人作家「アンドレ・レイ」が描くヨーロッパの情景に憧れて、手紙をやりとりしています。ある日、彼女は父カメク・パシャからトルコ国務大臣の息子であるアハマド・ペイとの婚約が決まったことを知らされます。しかし彼女はアンドレ・レイへの思いを断ち切ることができません。結婚式の夜、夫であるアハメド・ペイに「私は家族の伝統のためにあなたと結婚しただけだ」と告白したギュルに「アンドレ・レイならスイスにいるはずだ」と教えるアハメド・ペイ。スイスまで出かけたギュルを待っていたのは、なんと夫その人。実は「アンドレ・レイ」はトルコを改革したいと考えたアハメド・ペイのペンネームだったのです。2人はあらためて愛を誓い合うのでした。 レオ・ファルは、レハール、カールマン、オスカー・シュトラウスと並ぶほどの人気を博したオペレッタの作曲家でした。トルコを舞台にしたこの作品、東洋風の旋律とワルツが美しく融合した甘いメロディに満ちています。1916年にウィーンで初演され大成功を収めましたが、第一次世界大戦による国際情勢の悪化から次第に忘れられてしまい、現在ではほとんど演奏されることがありません。 今回の上演は、名指揮者シルマーの指揮のもと、芸達者な歌手たちが素晴らしい歌唱を聴かせます。極上の旋律をお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:555097

    CPO

    ドラランド(1657-1726)
    『ヴェルサイユの噴水』
    『アスクレピオスのコンセール』 詳細ページ
    [ボストン古楽音楽祭声楽アンサンブル/ボストン古楽音楽祭チェンバー・アンサンブル/ロバート・ミーリー(コンサートマスター)/ポール・オデット(指揮)/スティーヴン・スタッブス(指揮)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,475円(税込)

    世界中で高く評価されているボストン古楽音楽祭アンサンブル。cpoでは特にフランスものを中心としたバロック・オペラの録音で親しまれています。彼らが今回手掛けたのは、フランス・バロックの偉大な作曲家の一人、ミシェル=リシャール・ドラランド(ド・ラランド)の作品です。 1683年、25歳のドラランドは“太陽王”ルイ14世の宮廷音楽家として召し抱えられると、すぐに王のお気に入りの一人となり、王女の音楽教師を務めながら、1714年には王室礼拝堂(シャペル・ロワイヤル)の楽長となって、亡くなるまでその職務にあたりました。彼は宗教的な作品だけでなく、宮廷の行事のための作品も数多く書き、これらは王族や貴族たちの間で人気を獲得しました。とりわけ『ヴェルサイユの噴水』は、美しく瀟洒な噴水の周りに神々が集まり、素晴らしい庭園の完成を祝うという内容の音楽劇で、この洗練された作品は王を始めとした宮廷人たちを大いに喜ばせたのです。 『アスクレピオスのコンセール』は1683年5月に初演された劇音楽。アスクレピオスとはギリシャ神話に登場する名医で、おそらくルイ14世の病気快癒を祝って上演されたと考えられています。「グラン・ピエス」は王が好んだと言われる技巧的な小品です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:555199

    アンサンブル・ミッドヴェストによるデンマークの作曲家ニルス・ウィルヘルム・ゲーゼの室内楽作品集。全集を締めくくる第5集には、弦楽五重奏曲と四重奏曲、クラリネットとピアノのための小品が収録されています。 弦楽五重奏曲は、彼の代表作の一つであるカンタータ「コモラ」と同時期の1845年頃に作曲された堂々たる風格を持つ作品。4つの楽章で構成された古典的な佇まいを持っています。1880年代後半に書かれた弦楽四重奏曲ニ長調はゲーゼの最後の室内楽作品で、柔らかく美しいハーモニーが特徴的。クラリネットとピアノのための「幻想的小品」はシューマンを思わせる素朴な旋律に彩られた短い曲集です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:555225

    CPO

    シュルツェ(18世紀)Trattamento dell’Harmonia 和声の扱い
    4つの楽器のためのシンフォニア 詳細ページ
    [アンサンブル・クリンゲクンスト]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:1,800円(税込)

    18世紀に活躍した作曲家シュルツェ。彼に関する伝記情報は、ほとんど伝えられていません。1733年にパリで出版された彼の「Trattamento dell’Harmonia 和声の扱い」と題されたシンフォニア集の表紙には「M・C・Schultze・ D・B」と名前が頭文字で記されており、これは国際的な音楽資料収集組織“RISM”によると「ベルリン出身のマルティン・クリスティアン・シュルツェ」の意味とされています。 6つのシンフォニアは調和のとれた形式で書かれているだけではなく、ヴィオラ・ダ・ガンバの演奏には高い技術が求められており、シュルツェは優れたガンバ奏者であったと推測されます。ヴァイオリン・パートにも同じように高い技術が要求されていますが、フルート・パートは比較的易しく書かれており、アマチュア向けに書かれたものと思われます。 バロック期の音楽に造詣の深いアンサンブル・クリンゲクンストによる活気に満ちた演奏で。

  • 商品番号:555304

    CPO

    ゲオルク・シューマン(1866-1952)
    ピアノ作品集 詳細ページ
    [ミヒャエル・ファン・クリュッカー(ピアノ)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:1,800円(税込)

    ドイツのザクセン州出身の作曲家ゲオルク・シューマン。ライプツィヒ音楽院でピアノと作曲を学び、指揮者として経験を重ねた後、1907年にベルリンのプロイセン芸術アカデミーに招かれて、ブルッフの後任として作曲科の教師に就任。1934年から45年まで院長を務めつつ、ベルリン・フィルにソリスト及び指揮者として繰り返し出演、ベルリン音楽界の大立て者として活躍しました。葬儀の際はベルリン・フィルが演奏したと伝えられています。 現在では主に教育者としての功績が知られているゲオルク・シューマンですが、若い頃にはピアニストとして才能を発揮、演奏困難な作品を次々と弾きこなすヴィルトゥオーゾとしてヨーロッパツアーをするほどの名声を得ていました。彼の作風は後期ロマン派に属しており、オーケストラ作品ではワーグナーの強い影響が感じられますが、ピアノ曲からはショパン、リスト風の優しい響きが聞こえてきます。 ケルン・ピアノ・デュオのメンバーとして知られるミヒャエル・ファン・クリュッカーは、知られざる作品の復興に力を注ぐピアニスト。ここでも各々の作品の持つ個性を引き立てる巧みな演奏を披露しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:555334

    CPO

    ハッセ(1699-1783)
    歌劇《カオニアのエネア》 詳細ページ
    [カルメラ・レミージョ(ソプラノ)/フランチェスカ・アショーティ(メゾ・ソプラノ) 他/エネア・バロック管弦楽団(ピリオド楽器使用)/ステファノ・モンタナーリ(指揮)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 2枚組 価格:4,125円(税込、送料無料)

    2018年にメゾ・ソプラノ歌手フランチェスカ・アショーティによって設立された「エネア・バロック管弦楽団」。その素晴らしい演奏により、瞬く間にローマ有数のバロック・アンサンブルとして名を上げました。 この世界初録音となるハッセの《カオニアのエネア》は世俗カンタータの一種である「セレナータ」に属する作品で、声楽家と器楽グループが主として野外で演奏することの多い、控えめな演出を伴うオペラとカンタータの中間的な存在だったとされています。1725年に同じくセレナータ《アントニオとクレオパトラ》の上演が成功し、人気者となったハッセは次々とオペラやセレナータを作曲。この1727年に初演された《カオニアのエネア》もハッセの人気に拍車をかけることとなりました。 残念な事に、初演後は歴史に埋もれていた作品ですが、モーツァルトを予見するほどにニュアンスに富んだ旋律と活気に満ちた音楽が魅力的です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.226223

    DACAPO

    Still Life
    コッペル(1947-)&トムセン:
    チェロとハモンド・オルガンのための音楽 詳細ページ
    [アナス・コッペル(ハモンド B3 オルガン)/ヘンリク・ダム・トムセン(チェロ)]

    KOPPEL, A. / THOMSEN, H.D.: Cello and Organ Music (Still Life) (Koppel, Thomsen)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.226223

    CD 価格:2,175円(税込)

    デンマークの作曲家、キーボード奏者アナス・コッペル。5歳の時に父親で優れた音楽家でもあるハーマン.D.コッペルから教えを受け、1966年からハモンド・オルガンの演奏を始めました。彼は、1970年にハモンドB-3オルガンを入手し、以来この楽器を長く愛奏しています。 ダム・トムセンは1999年よりデンマーク国立交響楽団の首席チェリストを務める傍ら、室内楽奏者、ソリストとして活躍、また即興音楽の名手であり、デンマーク有数のジャズ・プレイヤーとしても知られています。彼ら2人はこれまでにも何度か共演する機会がありましたが、デュオとしてアルバムを発表するのは初めてのこと。コッペルが書いた一つ一つの曲に即興を加えながら、息の合った2人の音楽性、創造性が反映された新鮮な音楽を創り上げています。 ヒーリング風のサウンド、ジャズ風のメロディ、神秘的な響き…これらが一体となって、さまざまな風景が見えてくるアルバムです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573803

    NAXOS

    アミーロフ(1922-1984)
    組曲『千夜一夜物語』
    弦楽のための交響曲 「ニザーミーの追悼のために」 詳細ページ
    [ドミトリー・ヤブロンスキー(指揮)/キエフ・ヴィルトゥオージ管弦楽団]

    AMIROV, F.: One Thousand and One Nights Suite / Symphony, "To the Memory of Nizami" (Kyiv Virtuosi Orchestra, Yablonsky) (Azerbaijani Composers,Vol.6)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.573803

    CD 価格:1,200円(税込)

    フィクレト・アミーロフ(1922-1984)は、20世紀アゼルバイジャンにおける最も著名なクラシック音楽作曲家の1人であり、以前リリースされた作品集(8.572170)でも聴けるように、アゼルバイジャンの伝統的な民族的なメロディー「ムガム」を初めてオーケストラ作品に取り入れた人物として知られています。 このアルバムには古代イスラムの詩人で哲学者ニザーミー(1141-1209)の生誕800年である1941年に作曲された「ニザーミーの追悼のために」と、組曲「千夜一夜物語」を収録。「ニザーミーの追悼のために」では偉大な詩人の姿がライトモティーフで表現され、作品全体に統一感が与えられており、神秘的で力強い作品に仕上っています。 「千夜一夜物語」はもともとバレエ音楽として作曲されたもので、後に組曲として再編成されたもの。リムスキー・コルサコフの「シェエラザード」を思わせる幻想的な雰囲気を纏いながらも、要所要所に織り込まれる、パーカッションを巧みに用いた妖艶な舞曲が強いアクセントとなっています。映画音楽も得意としたアミーロフならではの、色彩豊かなオーケストラの響きが存分に楽しめる1枚です。 アミーロフ作品を愛するヤブロンスキーは、今作でも見事な音楽を聴き手に届けています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573827

    NAXOS

    ゾマー(1837-1922)
    〈歌曲集 第1集〉
    「タンホイザー」から8つの歌 Op.5より
    最後の花 Op.30/ローレライ Op.7 詳細ページ
    [ヨッヘン・クプファー(バス=バリトン)/マルセロ・アマラル(ピアノ)]

    SOMMER, H.: Lied Edition, Vol. 1 (J. Kupfer, Amaral)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.573827

    CD 価格:1,200円(税込)

    ハンス・ゾマー(1837-1922)はドイツの作曲家。数多くの劇音楽や歌劇、そして美しい旋律を持つ多くの歌曲を残しましたが、一部の曲を除いてはほとんど演奏されることなく、21世紀の初頭まで歴史の流れの中で眠っていました。 彼は実は専門の音楽家ではなく、本業はブラウンシュヴァイク工科大学の数学科教授。「屈折学」の専門家であり、高名な研究者でした。しかし、ゾマーは作曲に対して強い関心を抱き、ライプツィヒではシューマン、ブラームス、ヨアヒムらを含むサークルに属しています。40代からは精力的に作品を書き続け、リヒャルト・シュトラウスからは「優れた芸術家」と称賛されました。 しかし著作権を管理する立場にあったためか、自作の出版についても制限を設けてしまい、晩年の作品はどれも未発表のまま残されました。このアルバムの歌曲もほとんどが世界初演であり、ゾマーの作品を理解するのに一役買うことでしょう。ドイツの歌手ヨッヘン・クプファーの滑らかな声は作品の美質を引き出しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574066

    NAXOS

    ロス(1972-)
    Architexture アーキテクスチャー
    ジャズ・カルテットとウィンド・アンサンブルのための音楽 詳細ページ
    [セバスチャン・ジル(サクソフォン)/スザンネ・ブルメンタール(指揮)/イヴェント・ウィンド・アンサンブル]

    ROSS, F.: Architexture - Music for Jazz Quartet and Wind Ensemble (S. Gille, F. Ross, Helm, Arends, The Event Wind Ensemble, Blumenthal)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.574066

    CD 価格:1,200円(税込)

    ドイツで活躍する中堅ジャズ・ピアニスト、フローリアン・ロス。「musical explorer=音楽の冒険者」と呼ばれるロスは、インプロヴィゼーションの名手であるだけではなく、アレンジャーとしても知られており、様々な趣向の音楽を心地良い音のブレンドで聴かせます。 このアルバムには、世界中を巡った彼が、各地の建物とその建築家を音で描いた曲を収録。ノリの良い曲からしっとりとした雰囲気の曲まで多彩な音楽が詰まっています。ポルトガルで開催された世界博のパビリオンを建築したアルバロ、ベトナムの退役軍人記念館をデザインしたマヤ・リン、スペインを代表するアントニ・ガウディ、1960年代に作られた米国のガレージ・ハウス、そしてエルガーの愛したコテージなどをモデルに導き出された音楽は、まさに音で描かれた建造物と言えるでしょう。 ドイツ有数のサックス奏者ギレのニュアンス豊かな演奏も聴きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574130

    NAXOS

    ラター(1945-)
    ブラスによるアンセム、讃歌とグローリア
    (L.ヴェルトメンによるブラスバンド編) 詳細ページ
    [ブラック・ダイク・バンド/ニコラス・チャイルズ(指揮) 他]

    RUTTER, J.: Anthems, Hymns and Gloria for Brass Band (Sheffield Philharmonic Chorus, Black Dyke Band, N. Childs, Battiwalla)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.574130

    CD日本語帯付き 価格:1,200円(税込)

    ロンドン出身の作曲家ジョン・ラター(1945-)。少年時代にはハイゲイト校の聖歌隊員として、ベンジャミン・ブリテンの指揮のもと1963年の「戦争レクイエム」の初録音に参加、その後はケンブリッジ大学のクレア・カレッジで音楽を学び、学生時代から作曲を始め、その才能を磨きました。1981年には自身の合唱団「ケンブリッジ・シンガーズ」を設立、自作を含め数多くの作品を録音し、合唱音楽の普及に努めています。 彼の作品は英国教会にまつわるものがほとんどですが、日本でも評判が良く「レクイエム」や「マニフィカト」がしばしば演奏されています。 このアルバムではラターの名曲をブラスバンド版に編曲、演奏は世界中で広く愛されているブラック・ダイク・バンドが担当しました。有名な「ピエ・イエズ」ではボーイ・ソプラノのソロ・パートをコルネットが演奏するなど、作品に新たな光を当てています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574184

    NAXOS

    ブレイナー(1957-)
    スロヴァキア舞曲集 詳細ページ
    [ピーター・ブレイナー(指揮)/スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団 他]

    BREINER, P.: Slovak Dances, Naughty and Sad (Palúch, Lenko, Friedl, Slovak Philharmonic, Breiner)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.574184-85

    CD 2枚組日本語帯付き 価格:2,400円(税込)

    「ビートルズ・ゴー・バロック」での絶妙なアレンジが愛されるNAXOSレーベルが誇るアレンジャー、ピーター・ブレイナー。彼はスロヴァキア近代音楽の立役者の一人、アレクサンドル・モイゼスに作曲を学び高度なオーケストレーションを身に着けたことでも知られています。 このアルバムでは彼のオリジナル作品「スロヴァキア舞曲集」をたっぷりお楽しみいただけます。もともとは15年ほど前、ロンドン交響楽団より「ブラームスのハンガリー舞曲をアレンジしてほしい」という依頼を受けた際に、オリジナル曲も書き始めたというブレーナー。彼が時間をかけて完成させたのが、ブラームスとドヴォルザークによって確立された「スラヴ舞曲」の伝統に則り、民謡の旋律をたっぷり使いながら、民族楽器の名手たちを紹介していくというこの舞曲集。聴き手にとっても、フヤラ(スロヴァキアの羊飼いが吹くフルート)や、ベル、アコーディオンなどが奏でるユニークな音色に触れる良い機会となります。 16曲各々には彼の人生に関連あるタイトルが付されているだけではなく、使われた旋律はどれもブレイナー自身にとっても思い出があるものばかりという、作曲家の強い思い入れがこもった楽しい曲集です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574202

    NAXOS

    コダーイ(1882-1967)
    無伴奏チェロ・ソナタ
    ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲
    リゲティ(1923-2006)
    無伴奏チェロ・ソナタ 詳細ページ
    [ヘレン・ヴァイス(ヴァイオリン)/ガブリエル・シュヴァーベ(チェロ)]

    KODÁLY, Z.: Sonata for Solo Cello / Duo for Violin and Cello / LIGETI, G.: Sonata for Solo Cello (Weiss, Schwabe)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.574202

    CD日本語帯付き 価格:1,200円(税込)

    コダーイと言えば、ハンガリー民謡を基にした数多くの合唱作品で知られますが、1914年の「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲」と、その翌年の「無伴奏チェロ・ソナタ」は、コダーイの初期を代表する名作として押しも押されぬ人気を誇っています。中でも緊張感と美しい音色に満ちた「無伴奏チェロ・ソナタ」は、演奏の難易度の高さと楽器から生まれる多彩な響きの効果も相俟って、チェリストたちの憧れの作品になっています。一方「ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲」は気まぐれなヴァイオリンの音色と包容力溢れるチェロの音色が融合し、民族色豊かな歌を情熱的に奏でる作品。やはり高度な技術が求められる傑作です。 リゲティのソナタは2楽章からなる作品。第1楽章は彼がブダペストのリスト・アカデミー在籍中の1948年に学友のために作曲した小品ですが、演奏されることのないまま放置されてしまいます。1953年にチェロ用の新曲を求められた際に超絶技巧を要する第2楽章を新たに書き加えてソナタとしました。しかしソ連の影響下にあった作曲家組合に演奏を拒否されてしまったというエピソードを持つ作品です。 NAXOSイチオシのチェリスト、シュヴァーベの強靭、かつしなやかな演奏が作品の真価を伝えます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574214

    NAXOS

    イザイ(1858-1931)
    無伴奏ヴァイオリンのための6つのソナタ Op.27
    (未完のOp.27 bisを含む) 詳細ページ
    [ニクラス・ヴァレンティン(ヴァイオリン)]

    YSAŸE, E.: 6 Sonatas for Solo Violin, Op. 27 / Violin Sonata (unfinished) (Walentin)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.574214-15

    CD 2枚組日本語帯付き 価格:2,400円(税込)

    ベルギーが生んだ偉大なヴァイオリニスト、ウジェーヌ・イザイ(1858-1931)。演奏家として成功を収めるとともに、作曲家としても多くの重要な作品を生み出し、後世に多大なる影響を与えました。彼の代表作である「無伴奏ヴァイオリンのための6つのソナタ」は彼と親交のあった6人のヴァイオリニストに1曲ずつ献呈された難易度の高い作品です。 今回の録音では、“ラヴェルニュ手稿譜”と呼ばれるイザイの楽譜帳から2017年に発見された「未完のソナタ」ハ長調も含まれているところに注目。この曲は、本来「第6番」として構想されたものの、イザイは第3楽章の途中で作曲をやめてしまい、現在知られている第6番が新たに書き直されたというもの。この原稿が含まれた楽譜帳は、イザイの死後、友人のヴァイオリニスト、フィリップ・ニューマンの元に渡り、ニューマンからベルギーの女性ヴァイオリニスト、ジョゼット・ラヴェルニュに受け継がれたため、長らくその存在が知られることはありませんでしたが、ラヴェルニュが2015年に亡くなったことに伴い、ブリュッセルのコンセルヴァトワール図書館に寄贈され、ようやく一般の人々に開示されたのです。 イザイの音楽をこよなく愛するヴァイオリニスト、ヴァレンティンの真摯な演奏でお聴きください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574216

    NAXOS

    ルビンシテイン(1829-1894)
    『舞踏会』 Op.14(1854/1871改訂) 詳細ページ
    [ウォーレン・リー(ピアノ)]

    RUBINSTEIN, Anton: Bal (Le) (Warren Lee)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.574216

    CD 価格:1,200円(税込)

    ロシアの作曲家・ピアニスト、アントン・ルビンシテイン(1829-1894)。9歳で演奏会を開くほどの楽才に恵まれた彼は、やがてリストに並ぶピアノの名手として名声を確立。作曲家としても壮大な交響曲や歌劇などで評価されました。しかし、ドイツ寄りの作風を好んでいたためか、第二次世界大戦後のロシアでは彼の作品が演奏されることが少なくなり、ごく少数のピアノ曲以外、ほとんどが忘れられてしまいました。 このアルバムに収録された「舞踏会」もそんな忘れられた作品の一つ。現代のコンサート・ホールで演奏されることはまずありませんが、なかなか聞きごたえのある曲集です。踊り手の入場で曲が始まり、華やかな曲が次々と出現。軽やかなダンスが繰り広げられ、雰囲気はギャロップで最高潮に達します。 曲集の最後は踊り手たちの興奮を鎮めるかのような静かな回想「夢」で終わるという、ウェーバーの「舞踏への勧誘」を思わせるこの「舞踏会」を名手ウォーレン・リーが表情豊かに演奏しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574250

    NAXOS

    プロイセン王 フリードリヒ2世(1712-1786)
    フルート・ソナタ集 詳細ページ
    [クラウディア・シュタイン(フルート)/アンドレアス・グレーガー(チェロ)/アレッサンドロ・デ・マルキ(フォルテピアノ)]

    Frederick II (Frederick the Great): Flute Sonatas, SpiF 14, 82, 84, 114, 116 and 118 (C. Stein, Greger, De Marchi)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.574250

    CD 価格:1,200円(税込)

    プロイセン王として国の強大化を実現する一方、当時の先進的な文化芸術も取り入れて啓蒙専制君主として国を治めたフリードリヒ2世(1712-1786)。その功績から『フリードリヒ大王』と呼ばれ称えられました。音楽をこよなく愛した王の宮殿には、クヴァンツやグラウン、C.P.E.バッハらが集い、王自身も自らフルートを演奏して妙なるアンサンブルを楽しんだという記録が残っています。 宮廷を訪れたバッハに即興演奏のテーマを与え、それが後に「音楽の捧げ物」の主題となったことは有名ですが、王は自身で演奏するためのソナタも多数作曲、その数は100曲を優に越えています。このアルバムでは王のソナタを6曲収録してその作曲の才能の片鱗を伝えると共に、曲の合間にはアレッサンドロ・デ・マルキが書いた即興的な小品が演奏されており、これがまた当時の宮廷での一場面を彷彿させるような絶妙な効果をあげています。

  • 商品番号:A119

    Arcana

    『ヴェネツィアとその彼方』
    18世紀ヴェネツィア、
    木管楽器のための室内協奏曲と協奏的ソナタ
    詳細ページ
    [古楽アンサンブル アフィニタ(古楽器使用)]

    発売日:2020年09月25日

    CD日本語帯付き 価格:1,425円(税込)

    木管楽器のための知られざる18世紀作品を携え、精鋭による古楽アンサンブル『アフィニタ』デビュー!「バロックオーボエ奏者エリザベト・バウマーにより、オーストリアとイタリアで活躍する古楽奏者の精鋭たちを集めて2012年に結成されたアンサンブル『アフィニタ』のデビューアルバムは、『ヴェネツィアとその彼方』。18世紀に活躍した、ヴェネツィアと深く関係を持った7人の作曲家たちによる、木管楽器のために書かれた室内楽作品が選ばれました。ロッティのソナタにおけるファゴットの超絶技巧、世界初録音となったフェランディーニのオーボエ・ソナタで聴かれる深い叙情性や爆発的な感情の起伏、そして、プラッティのオーボエとチェロのためのトリオ・ソナタにおける二つの独奏楽器の間で行われるスリリングな音楽的対話など、多くの聞きどころを含みます。演奏家たちは、ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス、アカデミア・ビザンチナ、エウロパ・ガランテ、などで活躍する演奏家たちからなり、音楽家としてだけではなく、良き友人として尊敬し合うメンバーの『アフィニタ=親和性』も録音から感じていただくことができるでしょう。」 ―――アフィニタ、チェンバロ奏者・渡邊孝

  • 商品番号:ACD-254

    CD ACCORD

    Noumen - ノウメン
    現代ポーランドの室内楽作品集 詳細ページ
    [セバスティアン・アレクサンドロヴィチ(オーボエ、コーラングレ)/トーマシュ・ヤヌフタ(コントラバス)/ルトスワフスキ四重奏団]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,550円(税込)

    ワルシャワのフレデリック・ショパン音楽アカデミー出身のオーボエ奏者、セバスティアン・アレクサンドロヴィチは、2005年から2007年までワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団、2007年から2014年までヴロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団の首席奏者を務めた他、数々のオーケストラと共演を果たした名手です。このアルバムは、アレクサンドロヴィチと現代ポーランドを代表する作曲家たちとの出会いから生まれました。 バルギェルスキの「沈黙の向こう側」はもともと1988年にクラリネットと弦楽四重奏のために書かれた作品ですが、作曲家自身がオーボエ版に編曲しています。マルコヴィチの「5つの小品」は2009年の作品で、キシアンで行われた音楽祭のための委嘱作です。ドゥズイニスキの「クリエイティブワークの家」は偏執的なリズムとテープ録音による朗読が印象的。コシチュフの「ノウメン2」は幽玄な弦楽の響きの中からオーボエの仄かな旋律が立ち昇る神秘的な響きを持つ作品です。

  • 商品番号:ACD-265

    CD ACCORD

    モニューシュコ(1819-1872)
    合唱作品集 詳細ページ
    [コラール・アカデミー・プロジェクト合唱団 - シンギング・ポーランド/NFMレオポルディヌム管弦楽団/アグニェスカ・フランコフ=ゼラズニー(指揮)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,100円(税込)

    モニューシュコは19世紀を代表するポーランドの作曲家の一人。決してオペラを作曲しなかったショパンとは違い、彼はポーランド語を巧みに用いたオペラと声楽曲で知られており、なかでも伝承物語を題材にした《ハルカ》や《パリア》はポーランドの国民的作品として広く愛されています。 このアルバムは、彼が書いた300曲ほどの歌劇、声楽曲の中から、美しい旋律を持つ合唱曲を集めたもの。可憐な有節歌曲から、壮大な叙事詩、オペラの中の合唱曲など様々な作品が収録されています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ACD-271

    ドビュッシーとチャイコフスキー。この対照的な作風を持つ2人の作曲家の作品を「同じコインの両面」と表現する指揮者ヨーゼフ・スヴェンセン。彼は2人の作品を並べ、その特性と共通性を探っていきます。 モーツァルトを含む古典派の作品を敬愛し、美しい旋律を紡ぎ出したチャイコフスキーの「弦楽のためのセレナード」、旋律だけではなく、新しい響きを模索したドビュッシーの弦楽四重奏曲。同じ19世紀後半に書き上げられながらも、全く違った様相を持つ音楽を改めてじっくりと聴いてみてください。 ドビュッシーの弦楽四重奏曲は、スヴェンセンの手によって弦楽合奏版に拡大され、更なる色彩と広いダイナミック・レンジが与えられています。

  • 商品番号:ACD-272

    CD ACCORD

    ジェレンスキ(16世紀中頃-1611年以降)
    OFFERTORIA ET COMMUNIONES TOTIUS ANNI
    聖体拝領と通年の拝領唱 詳細ページ
    [アンジェイ・コセンジャク(指揮) /ヴロツワフ・バロック・アンサンブル]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:3,375円(税込、送料無料)

    ポーランドを代表する古楽系指揮者コセンジャク。彼は知られざるポーランドのバロックとルネサンスの音楽を次々と発掘し、その美しい響きを現代に蘇らせています。 今回、彼が取り上げたのは16世紀から17世紀にかけてポーランドで活躍した作曲家、オルガニストのミコワイ・ジェレンスキの聖体拝領のための作品集。コセンジャクはジェレンスキの残存する113の作品の中から、イエス・キリストの到来から救世主となるまでの部分を注意深く選択し、12声部によるアンサンブルと、チェンバロ、ハープ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、ヴィオローネ、ドゥルチアンの合奏で演奏。いくつかの曲は通常用いられる単旋律の聖歌ではなく、ポーランド民謡に由来しているのが特徴です。 また「女声を用いない」という当時の教会音楽慣習にあえて反し、女性のソプラノを含む美しく甘い響きが魅惑的な仕上りとなっています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ACD-273

    CD ACCORD

    モシュコフスキ(1854-1925)
    弦楽オーケストラのための前奏曲とフーガ Op.85
    ヴァイオリン協奏曲 ハ長調 Op.30
    5つのスペイン風舞曲 Op.12 詳細ページ
    [マルチン・ダニレフスキ(ヴァイオリン)/パヴェル・マスランカ(ヴァイオリン)/ウェスト・サイド・シンフォニエッタ]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,550円(税込)

    NFMヴロツワフ・フィルハーモニー管弦楽団とシュチェチン・フィルハーモニー交響楽団。西ポーランドの2つのオーケストラの奏者たちによるアンサンブル「ウェスト・サイド・シンフォニエッタ」が演奏するモシュコフスキの作品集。アンサンブルは特定の指揮者を持たず、代わりにコンサートマスターのマルチン・ダニレフスキとパヴェル・マスランカが指揮を務めています。 アンサンブルのレパートリーは幅広く、とりわけハイドンやモーツァルトなどウィーン古典派の作品や、シュトラウス・ファミリー、レハールと言った「サロン音楽」を得意としていますが、今回はポーランドを代表する作曲家モシュコフスキの作品を共感込めて演奏。なかでもダニレフスキがソロを務めるヴァイオリン協奏曲の優雅な調べが聞きどころです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA587

    Alpha

    モーツァルト(1756-1791)
    弦楽五重奏曲 第3番 ハ長調 K.515
    弦楽五重奏曲 第4番 ト短調 K.516 詳細ページ
    [ヴァン・カイック弦楽四重奏団、アドリアン・ラ・マルカ]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,325円(税込)

    流れるような瑞々しい歌心に満ちた、ヴァン・カイックQのモーツァルト2012年にフランスで結成され、2015年にはウィグモア・ホール国際弦楽四重奏コンクールで優勝、ALPHAレーベルからモーツァルト、ドビュッシー&ラヴェル、シューベルトと次々にアルバムをリリースし、2019年春の初来日の成功も記憶に新しいヴァン・カイック弦楽四重奏団。今回はモーツァルトの弦楽五重奏曲を2曲収録しており、共演はフランス・ヴィオラ界期待の新星アドリアン・ラ・マルカという豪華さです。 彼らが作り出す音楽はその流れがとにかく美しく、瑞々しさと歌心に溢れたもの。むしろ落ち着いた音運びでありながら、隅々まで行き届いた細やかな表情が、自然な躍動感を生んでいるのも魅力です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA592

    Alpha

    マーラー(1860-1911)
    交響曲 第7番 ホ短調 「夜の歌」 詳細ページ
    [アレクサンドル・ブロック、リール国立管弦楽団]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,325円(税込)

    フランス音楽の旗手が聴かせる、滑らかで奥深い新マーラー像前作のラヴェル&アタイール(ALPHA562)で管弦楽をぐいぐいと引っ張り、色彩感と重量感の溢れる演奏を聴かせてくれたアレクサンドル・ブロックが、なんとマーラーをリリース。しかも、純器楽交響曲では最も難曲と言える第7番です。その演奏は余計な力みを排除したもので、技術的曲想的に困難な箇所も意外なほど滑らかに聴かせています。2つの「夜の歌」のしっとりとした味わいや、ともすると力任せになりがちな金管群の美しさなど、これまでにないマーラー像を展開するたいへん興味深い一枚です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA636

    Alpha

    『THE QUEEN'S DELIGHT 女王のお楽しみ』
    17-18世紀英国のカントリー・ダンスと歌 詳細ページ
    [フランソワ・ラザレヴィチ、レ・ミュジシャン・ド・サン=ジュリアン]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,325円(税込)

    フルートとバグパイプを操る才人ラザレヴィチによる、バロック期英国の歌と舞曲各種のフルートとバグパイプの名手フランソワ・ラザレヴィチ。バッハやテレマンなどフルートのためのバロック作品をそのレパートリーの一つの軸とすれば、小型のバグパイプであるミュゼットなどを使った故国フランスの古い作品がもう一つの軸、そしてもう一つの大切な軸が英国やその周辺国の作品で、得意とするバグパイプやフルート類はその響きにぴったりです。 今回のアルバムには、1651年から1728年の間にジョン・プレイフォード(1623-86)の出版社より20冊以上刊行され、大ヒットした「英国式舞踏指南」に掲載されたメロディを収録しています。ラザレヴィチ自身が彼の主催するレ・ミュジシャン・ド・サン=ジュリアンとの演奏のため編曲を行い、「イタリアの歌」でのヴァイオリンの変奏はディヴィッド・グリーンバーグによるもの。聴いていると体を動かさずにはいられない、そんな楽しくも美しい音楽が次々と繰り出されます。

  • 商品番号:AMY056

    シャルパンティエが復活祭前日までの期間である四旬節のために書いた10篇のプティ・モテと、同時代のブロサールによるモテ2曲を中心としたアルバム。この時期には伝統的にイエスの死の理由、つまり人類の罪に思いを馳せ自粛節制して過ごす風習があり、そのため礼拝のための宗教曲も演奏編成が最小限に絞られました。 シャルパンティエはフランス王室の音楽監督リュリに締め出されながらも、パリのさまざまな宗教組織に高く評価され名品を多く残しており、四旬節向けの小編成作品でも傑作が少なくありません。『四旬節の黙想』は男声での静謐な表現が美しい名品中の名品。一方ブロサールは楽譜収集家として有名ながら、彼自身の作品は録音もたいへん少なく、同時代のシャルパンティエとの作風対照例としても好適なカップリングと言えそうです。 マレやド・ヴィゼーの器楽トラックも含め、フランス語圏で活躍をみせる古楽プレイヤーたちならではの洗練のきわみといえる新録音。男声中低域3人と通奏低音のみというアンサンブルが、心地よい響きを生み出します。ルイ=ノエル・ベスティオン・ド・カンブーラは1989年フランス生まれの俊英。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C994205

    Orfeo

    フィッシャー=ディースカウ(1925-2012)
    〈リート・エディション 第3集〉
    ラヴェル、ヒンデミット、フォルトナー、ロイター、ライマン 詳細ページ
    [ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン) 他]

    発売日:2020年09月25日

    CD 5枚組 価格:2,250円(税込)

    ドイツ・リートの歴史に大きな足跡を残したディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ。1947年ライプツィヒで最初のリサイタルを行い、その翌年にベルリン・ドイツ・オペラのバリトン歌手としてデビュー。伴奏ピアニストとして大きな名声を築いたジェラルド・ムーアや、作曲家としても名高いアリベルト・ライマン、晩年には名手ハルトムート・ヘルらと共演し、次々とアルバムをリリース。いずれも高い評価を得ました。 ORFEOレーベルにもライヴやセッションによる録音を数多く残しており、既発売の第1集(C992205)、第2集(C993204)に収録された作品からもフィッシャー=ディースカウの音楽的な視野の広さが垣間見えますが、この第3集では更に珍しい作品を聴くことができます。ドイツ・リートの名歌手が歌うラヴェルや、彼が得意としたヒンデミット、信頼関係にあったライマンのソロ・カンタータは特に聴きもの。フォルトナーとロイターのアルバムでは、フィッシャー=ディースカウの歌唱は一部のみですが、ステラ・ドゥフェクシスら他の名歌手たちの歌唱が含まれており、こちらも貴重です。 ブックレットには今回初公開となるフィッシャー=ディースカウの自画像を掲載。こちらも一見の価値ある資料です。

  • 商品番号:C997201

    Orfeo

    モーツァルト(1756-1791)
    ヴァイオリン協奏曲全集
    アダージョ K.261/ロンド K.269・ K.373 詳細ページ
    [バイバ・スクリデ(ヴァイオリン)/アイヴィン・オードラン(指揮)/スウェーデン室内管弦楽団]

    MOZART, W.A.: Violin Concertos Nos. 1-5 / Adagio, K. 261 / Rondos, K. 269, 373 (Skride, Swedish Chamber Orchestra, Aadland)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:C997201

    CD 2枚組日本語帯付き 価格:2,250円(税込)

    バイバ・スクリデが演奏する美しく軽やかなモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全集。 以前、7~8曲あるとされていたモーツァルトのヴァイオリン協奏曲ですが、最近では第6番と第7番などが偽作であることがわかり、第1番から第5番までがモーツァルトの真作であると認識されています。他に、単一楽章で書かれた2曲のロンドと「アダージョ」ホ長調もモーツァルトの作品であることが分かっています。 5曲の協奏曲は、全てザルツブルクに滞在していた1775年に集中して書かれていますが、モーツァルトはいずれの曲にもカデンツァを書いておらず、奏者が即興で演奏することが求められていました。ここでのスクリデも自身のカデンツァを演奏。指揮者オードランは「スクリデは直観的な演奏家であり、演奏するたびに新たな音楽を発見するので、全く同じことの繰り返しになることはない」と語っており、彼女の溢れんばかりの音楽性を高く評価しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CA21158

    Cantaloupe Music

    ラング(1957-)
    love fail - 愛の過ち 詳細ページ
    [ローレライ・アンサンブル(女声アンサンブル)/ベス・ウィラー(指揮)]

    LANG, D.: Love Fail (version for female choir) (Lorelei Ensemble, B. Willer)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:CA-21158

    CD 価格:2,100円(税込)

    個性的な作品を次々と発表するアメリカの作曲家、デイヴィッド・ラング。この「love fail」は伝承物語「トリスタンとイゾルデ」を元に、2012年にヴォーカル・カルテット「Anonymous 4」のために作曲したもので、12世紀頃のテキストと、現代の詩をバランスよく配置することで、時代を超越した愛の物語が綴られています。 このアルバムでは、ボストンで活躍する女声ヴォーカル・グループ“ローレライ・アンサンブル”のために編曲されたヴァージョンが用いられており、合唱用に拡張された響きは、神秘的な質感と角の取れた丸みを帯び、聴き手の耳に申し分ない心地良さをもたらします。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CDS-7883

    DYNAMIC

    ブラームス(1833-1897)
    2つの弦楽五重奏曲 詳細ページ
    [エネルジエ・ノーヴェ四重奏団/ウラディーミル・メンデルスゾーン(ヴィオラ)]

    BRAHMS, J.: String Quintets Nos. 1 and 2 (The Two String Quintets) (V. Mendelssohn, Quartetto Energie Nove)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:CDS7883

    CD 価格:1,950円(税込)

    ブラームス後期の傑作、2つの弦楽五重奏曲をエネルジエ・ノーヴェ四重奏団の演奏で。 2008年にスイスのルガーノでスイス・イタリア語放送管弦楽団の奏者によって結成されたエネルジエ・ノーヴェ四重奏団は、国際的な音楽祭に出演するほか、プロコフィエフ、ヤナーチェク、スメタナ作品の録音で評価されています。 今作ではブカレスト出身のヴィオラ奏者、ウラディーミル・メンデルスゾーンをゲストに迎え、ブラームスの五重奏曲を熱演。ヴィオラの渋い響きが存分に生かされた魅力的な演奏をお楽しみいただけます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CKD635

    Linn Records

    三善晃へのトリビュート
    マリンバ作品集 詳細ページ
    [加藤訓子 (マリンバ) スコティッシュ・アンサンブル]

    発売日:2020年09月25日

    SACD-Hybrid日本語帯/日本語解説付き 価格:2,625円(税込)

    恩師 三善晃に捧ぐ、マリンバ・ソロ全作品と協奏曲加藤訓子×LINN RECORDS10周年記念盤。加藤訓子が学んだ桐朋学園の学長を長年務めていた三善晃のレガシーを世界に広めたいという、彼女の堅い意志で制作されたアルバムです。収録しているのはマリンバのソロのための全作品と、スコティッシュ・アンサンブルとの共演による協奏曲。彼女の思いが結実した、高い緊張感の中にも「うた」を強く感じさせる素晴らしい演奏となっています。 LINN RECORDSから邦人作曲家の作品集がリリースされるのは今回が初めて。日本国内流通分のみSACDハイブリッド仕様(海外は通常CDのみ)となり、定評の高品質録音を最大限お楽しみいただけます。さらに、加藤訓子によるプロジェクトの解説と、三善晃自身の言葉を引用した作品解説を日本語で添付いたします。加藤訓子の演奏活動の新展開ともいえる、重要アルバムの登場です。 「我が国を代表する作曲家三善晃氏を偲び、残された素晴らしい作品を世界の多くの人々に届けることができたらという思いで、このアルバムの一曲一曲を丁寧にしあげた。」 ―― 加藤訓子

    収録作曲家:

  • 商品番号:CVS028

    Château de Versailles Spectacles

    グレトリ(1741-1813)
    《獅子心王リシャール(リチャード)
    全3幕のオペラ・コミーク[CD+DVDセット] 詳細ページ
    [エルヴェ・ニケ(指揮) ル・コンセール・スピリチュエル、レミ・マチュー、エンゲルラン・ド・イス、レイナウト・ファン・メヘレン ほか]

    発売日:2020年09月25日

    CD+DVD 各1枚組 価格:3,825円(税込、送料無料)

    グレトリの代表作をニケが待望の録音、音楽と映像のセットで登場!18世紀後半のフランスで最も愛された作曲家で、マリー=アントワネットの寵を受けながらフランス革命後も絶大な人気を保った、ベルギー出身のグレトリ。19世紀以降も衰えなかった人気は、ユーロ導入前の故郷ベルギーで高額フラン紙幣にその肖像が使われたり、フランコ・ベルギー派の作曲家ヴュータンのヴァイオリン協奏曲第5番にその旋律が使われていたことにも示されています。 そのヴュータン作品の典拠になったほか、ベートーヴェンがピアノのための変奏曲に仕上げたブロンデルのロマンス「燃える情熱」、チャイコフスキーが歌劇《スペードの女王》で引用したローレットのアリア「夜になるとあの人と話すのが怖い」、フランス革命のなか王政主義者の間で歌われたブロンデルのアリア「おおリシャール、おお我が王」などを含む音楽史上の重要作品が、彼の代表作のひとつ《獅子心王リシャール》。戦いと冒険に明け暮れたと伝わるイングランド王リチャード1世、通称獅子心王リチャード(フランス読みでリシャール)の救出劇を描いたこの作品は、台詞をはさんで進行するオペラ・コミーク初期を代表する記念碑的作品にもかかわらず、録音・映像が意外なほど出てきませんでした。 今回のアルバムは滅多に表れない古楽器での録音としてもきわめて貴重で、18世紀フランス語オペラに名盤多数のニケのチームがこれを手がけている意義は計り知れません。しかも今回はCDとDVDのセットで、映像の舞台演出は古典的演出に定評のあるピンコスキという豪華さです。 ニケの演奏も力強さ漲る素晴らしいもの。豪華な歌手陣と詳細な時代考証に支えられた躍動感溢れる力演をお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:DYNBRD57873

    DYNAMIC

    プッチーニ(1858-1924)
    歌劇《修道女アンジェリカ》 詳細ページ
    [リア・ホセ・シーリ(ソプラノ/アンナ・マリア・キウーリ(メゾ・ソプラノ)/マリア・オジー(メゾ・ソプラノ) 他/ヴァレリオ・ガッリ(指揮)/フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団&合唱団]

    発売日:2020年09月25日

    Blu-ray 価格:2,850円(税込)

    フィレンツェ5月音楽祭から《修道女アンジェリカ》登場
    女声のみで演じられる罪と救済のオペラ
    貴族の娘アンジェリカは不義の子を産み修道院に送られて7年目、そこで平穏な日々を過ごしています。そんなある日、修道院に彼女のおばにあたる公爵夫人が訪れ、遺産の放棄を迫り、彼女の一人息子は病を得てすでにこの世を去っていることを告げます。絶望のあまりアンジェリカは毒を呷り、自死を図りますが... 本映像は既にリリースされたプッチーニの三部作《外套》《ジャンニ・スキッキ》の間を繋ぐフィレンツェ五月音楽祭歌劇場の《修道女アンジェリカ》。アンジェリカを歌うのは新国立劇場2015/16のシーズンに《トスカ》《アンドレア・シェニエ》2作品のヒロインをつとめ好評を博したホセ・マリア・シーリ。2019年はスカラ座の《マノン・レスコー》に登場し、絶賛を浴びています。本作では、その豊かなリリコ・スピントの美声でアンジェリカの苦悩と祈りを歌い上げます。 また、登場する修道女たちは、演技歌唱の両面で、それぞれの個性を際立たせ、女声のみで歌われるこの歌劇に印象的なコントラストを与えており、ヴァレリオ・ガッリのタクトが全体を優美な響きでまとめ上げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GRAM99222

    Gramola Records

    リスト(1811-1886)
    ハンガリー狂詩曲集 S244 詳細ページ
    [マルティン・イヴァノフ(ピアノ)]

    LISZT, F.: 19 Hungarian Rhapsodies (Ivanov)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:Gramola99222

    CD 2枚組 価格:2,325円(税込)

    偉大なピアニスト、アルフレート・ブレンデルは「ハンガリー狂詩曲を2つの偏見から弁護しなくてはいけません。一方では中身の無い“ショーピース”として見下す高尚気取りな音楽家たちから、もう一方では“ショーピース”として技巧をひけらかす場に利用するピアノ・マニアたちから」と語っています。 ブルガリアの若きピアニスト、マルティン・イヴァノフの演奏はそのどちらにも合致しません。もちろん驚くほどの妙技は盛り込まれていますが、彼はこの曲集から詩的で繊細な美しさを存分に引き出すことに成功、作品にぴったりと寄り添い見事な演奏を聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:GRAM99228

    Gramola Records

    ツェムリンスキー(1871-1942)
    三重奏曲 ニ短調 Op.3
    (クラリネット、チェロとピアノ)
    ラブル(1873-1940)
    四重奏曲 変ホ長調 Op.1
    (クラリネット、ヴァイオリン、チェロとピアノ) 詳細ページ
    [クリストフ・ツィムパー(クラリネット)/クリスティーナ・ズクラー(ヴァイオリン)/フローリアン・エッグナー(チェロ)/ペーテル・オヴチャロフ(ピアノ)]

    ZEMLINSKY, A.: Trio for Clarinet, Cello and Piano, Op. 3 / RABL, W.: Clarinet Quartet, Op. 1 (Zimper, Suklar, Eggner, Ovtcharov)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:Gramola99228

    CD 価格:2,100円(税込)

    1896年にウィーン楽友協会の主宰で開催された作曲コンクールは、時の名誉総裁ブラームスの発案で「少なくとも1つの管楽器を使用する」という決まりが設けられました。この時の応募作は18件あり、そのうち12件がコンサートで演奏され、第1位にはヴァルター・ラブルの「四重奏曲」、第3位にはアレクサンドル・ツェムリンスキーの「三重奏曲」が選出されました。どちらの曲もシューマンやブラームスの伝統に則りながらも、独自のスタイルが模索されるなど多くの共通項が見受けられます。 ラブルは当時プラハのドイツ大学でグイード・アドラーに音楽学を学んでおり、ブラームスはこの前途ある若者のために、彼が懇意としている出版社ジムロックに紹介状を書き、ラブルの他の作品も含めた全4点が出版される運びになりました。しかし、彼が作曲に打ち込んだのは活動の初期の間のみ。以降は指揮者、伴奏者として活動しました。この四重奏曲もこのアルバムが世界初録音となります。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS102020

    IBS Classical

    シューベルト(1797-1828)
    〈ピアノ・ソナタ集 第1集〉
    第18番 ト長調 Op.78 D.894
    第16番 イ短調 Op.42 D.845 詳細ページ
    [矢野泰世(ピアノ)]

    発売日:2020年09月25日

    CD日本語帯付き 価格:2,250円(税込)

    東京出身のピアニスト、矢野泰世が奏でるシューベルトのピアノ・ソナタ。彼女はもともとモダンピアノの演奏家でしたが、2001年にジュリアーノ・カルミニョーラとアンドレア・マルコンが演奏したモーツァルトのヴァイオリン・ソナタの響きに感銘を受け、以来、フォルテピアノの演奏も始め、現在ではモダンピアノ、フォルテピアノの双方を自在に弾きこなす演奏家として活躍しています。 今回のシューベルトのソナタで、彼女が用いたのは、作曲家自身が所有していたコンラート・グラーフを元にしたクリストファー・クラーク制作の復元楽器(2011年製)。6本のペダルを持ち、繊細で多面的な響きを生むこのフォルテピアノは、シューベルトの思い描いた音楽を的確に伝えます。第1集では「幻想ソナタ」と呼ばれる第18番と、変幻自在な楽想を持つ第16番の2曲を収録。フォルテピアノならではの多彩な音色が存分に堪能できます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:IBS112020

    IBS Classical

    ESPIRAL
    現代スペインの管弦楽曲集 詳細ページ
    [アウクシ・ベルモンテ(ソプラノ)/ホセ・ルイス・モラーニョ(ヴァイオリン)/ノラ・プラット(チェロ)/アレハンドロ・ムニョス(指揮)/カメラータ・ガラ]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,250円(税込)

    現代スペインの管弦楽作品集。何世紀にもわたり西洋音楽が辿ってきた表現方法に加え、スペイン伝統音楽とラテンアメリカ音楽の融合作品や、ミニマリズム、民謡、抽象的な表現音楽などさまざまな作風が入り乱れる現代の音楽のサンプルとも言える6つの作品を収録。 ヴィラ=ロボスを思わせるむせかえるような弦の響きが魅力的な「踊りと弓」、郷愁に満ちた旋律が全体を覆うガルシアの詩による「アルツハイマー」、虫の羽音のような空虚な弦の音で終始する「アビサル」、いつ果てるとも知れぬ永続的な弦の動きの中に様々な事象を封じ込めた「螺旋」、ハバネラのリズムを効果的に用い、親しみやすい旋律に溢れた「インフルエンス」、アルバム中、最も神秘的で難解な内容を持つ「質問なし」。 これらをスペイン全土で100回以上のコンサートと行ってきた弦楽アンサンブル、カメラータ・ガラが演奏しています。今日の音楽シーンの縮図とも言える興味深いアルバムです。

  • 商品番号:IBS122020

    IBS Classical

    ヴィオラ・ソナタ集
    ヒンデミット、シューベルト、グリンカ 詳細ページ
    [ランドルフ・ケリー(ヴィオラ)/ジョン・ノヴァーチェク(ピアノ)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,250円(税込)

    ヒンデミット、シューベルト、グリンカの作品を集めたアルバム。 ヴィオラを演奏するランドルフ・ケリーはピッツバーグ交響楽団の首席ヴィオラ奏者。1976年にアンドレ・プレヴィンによってオーケストラに採用され、以降、40年以上の長きにわたりオーケストラを支えています。2000/01のシーズンでは、オーケストラの委嘱作である作曲家サミュエル・アドラーのヴィオラ協奏曲のソリストを務め、見事な演奏を披露したことでも知られています。オーケストラでの演奏に加え、ソリスト、室内楽奏者としても大活躍するケリー。ここでも深い艶のある音色を存分に生かし、古典派から近代の3つの作品を堂々とエネルギッシュに演奏しています。 ピアノ・パートを担当するノヴァーチェクは作曲家、アレンジャーとしても活躍するマルチな才能を持つピアニスト。ケリーのヴィオラと情熱的な対話を聴かせます。

  • 商品番号:IBS92020

    IBS Classical

    Ravel - Kodály - Bartók - Xenakis - Vasks
    ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲集
    詳細ページ
    [マルク・パクィン(ヴァイオリン)/オルフィリア・サイス・ベガ(ピアノ)]

    Violin and Cello Recital: Paquin, Marc / Saiz Vega, Orfilia - RAVEL, M. / KODÁLY, Z. / BARTÓK, B. / XENAKIS, I. / VASKS, P.

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:IBS-92020

    CD 価格:2,250円(税込)

    20世紀初頭から21世紀までに書かれたさまざまなヴァイオリンとチェロの二重奏曲集を集めた1枚。 複雑な対位法を駆使したラヴェルのソナタ、2つの楽器が熱い対話を繰り広げるコダーイの二重奏を中心に、クセナキス29歳の作品で、ギリシャの民族舞曲を編曲した「ディプリ・ジーア(2人の踊り)」と静謐な作風で知られるヴァスクスの「Castillo Interior 内なる城」を配置、最後はバルトークの「ルーマニア民俗舞曲」を置くというアルバム構成が印象的。ヴァイオリンとチェロの組み合わせから生まれる多彩な音色をお楽しみください。 演奏しているパクィンとサイス・ベガは“トリオ・ベガ”のメンバーで、長年の共演から生まれた息のあったアンサンブルが聴きどころです。

  • 商品番号:MEW1995

    Musique en Wallonie

    オケゲム(1410頃-1497)
    シャンソン全集 詳細ページ
    [ジェシー・ローディン、カット・サークル]

    発売日:2020年09月25日

    CD 2枚組 価格:3,825円(税込、送料無料)

    ジェシー・ローディン率いるアメリカのルネサンス音楽のスペシャリストによる歌で、フランドル楽派初期の最重要作曲家オケゲムが残した21曲のシャンソンと、その門下のジョスカン・デ・プレ、同時代のヨハネス・コルナゴ、ヨハネス・ベディンクハムの作品を収めたアルバム。オケゲムの世俗シャンソン(多声によるフランス語歌曲)だけを集めたアルバムはきわめて貴重で、充実した解説書とともに見過ごせないリリースです。 すでにジョスカンのミサ曲集をはじめ、フランドル楽派の故郷ともいえるフランス語圏ベルギーが誇るMusique en Wallonieレーベルから数多くの名盤を出している彼らがこのような企画に抜擢されたことは、古楽ファンにとっても待望の采配と言えるでしょう。6人編成と少人数ながら変幻自在の歌声で、多彩な音楽を創り上げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:MU040

    MUSO

    『めまい』
    タルティーニ(1692-1770)
    後期ヴァイオリン・ソナタ集
    ヴァイオリンとチェロのデュオによる演奏 詳細ページ
    [デュオ・タルティーニ (ダヴィッド・プランティエ & アンナベル・リュイ)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,400円(税込)

    前作"Continuo, Addio!"(MU031)ではバロック後期に生まれたヴァイオリンと通奏低音のための作品を中心に、チェロとのデュオという古典派へ繋がる演奏スタイルで聴かせてくれたデュオ・タルティーニ。今回はこの過渡期を代表し、2020年に没後250年となったタルティーニに焦点を当てています。 収録しているのは、1796年にナポレオンの軍隊によりイタリアからフランスに持ち帰られ、現在その国立図書館に保管されている写本からの5つの未出版のソナタ。彼らが最も力を入れる作曲家だけに生き生きとした音楽性はさすがで、アンサンブル415やカフェ・ツィマーマンをはじめ多くの古楽アンサンブルで活躍してきたブランティエならではの即興も交えつつ、和声楽器を伴わないからこそ生きる声部の織り成す綾が実に魅力的です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10165

    Arcana

    ブラームス(1833-1897)
    チェロとピアノのためのソナタ 第1番・第2番
    マルトゥッチ(1856-1909)
    チェロとピアノのためのロマンス 詳細ページ
    [ルイジ・ピオヴァノ(チェロ)、アントニオ・パッパーノ(ピアノ)]

    発売日:2020年09月25日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    ブラームス生前の歴史的ピアノ使用、イタリアの才人二人が作曲家の真相へ!21世紀を担うイタリアの大御所指揮者であり、ピアニストとしても稀代の活躍をみせるアントニオ・パッパーノが、なんとブラームスの時代の歴史的ピアノで驚くほど細やかに室内楽の世界を表現したアルバムをArcanaレーベルからリリース。しかもデュオ・パートナーはポリーニ・プロジェクトのチェロ奏者として、またローマ・サンタ・チェチーリア国立アカデミー管のソロ・チェロ奏者として、そして東京フィルのゲスト首席奏者として日本でも知られる才人ルイジ・ピオヴァノで、こちらも18世紀の銘器ガリアーノを手にしての共演。今やイタリア有数の古楽レーベルとなったArcanaが妥協なくブラームスの世界に向き合った新録音として注目必至です。 19世紀後半にあってなお古典派の形式美を追求したブラームスですが、彼がドイツ・ロマン派の多くの芸術家たちと同じく、アルプスの南に広がるイタリアの輝かしさに憧憬を寄せ続けていたことは見過せません。そして同じ頃のイタリアでも、オペラ一辺倒の国情から一転、器楽、そしてドイツに注目を寄せる新世代作曲家たちが徐々に現れはじめます。古楽器奏者としても活躍するイタリアの俊才ピオヴァノはこの点に注目、ドイツ音楽の積極的紹介者だったマルトゥッチの小品をブラームスの傑作チェロ・ソナタ2曲と併録しました。 深い信頼で結ばれた共演のパッパーノは今回、ブラームス生前の1878年に作られた歴史的スタインウェイに向かい、息をのむような弱音の響きをぞんぶんに活かした作品解釈を披露。南国への憧憬とイタリアの歌心にあふれた19世紀音楽の響きを問い直す、演奏者二人へのインタビュー解説とともに深く傾聴したい録音です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10166

    Alpha

    ショスタコーヴィチ(1906-1975)
    ヴィオラ・ソナタ ハ長調 Op.147
    パールトシュ(1907-1977)
    イズコール
    シューベルト(1797-1828)
    アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D821 詳細ページ
    [アミハイ・グロス (ヴィオラ)、キム・ソヌク (ピアノ)]

    発売日:2020年09月25日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    ベルリン・フィルの名手が描く、ヴィオラの奥深い魅力ベルリン・フィルの首席ヴィオラ奏者、エルサレム出身のアミハイ・グロスによるソロ・アルバムが登場。ピアノを韓国出身の俊英キム・ソヌクが務めていることも注目です。 ハンガリーのユダヤ人作曲家エデン・パールトシュ(パールトシュ・エデン)による「イズコール(Yizkor)」は、ヘブライ語の「思い出」から取られたユダヤの祈りの言葉をタイトルとしており、これは現代ではホロコーストの犠牲者たちを追悼する意味合いを持ちます。深い祈りと強い想いを感じさせるこの作品に、グロスは深い共感を寄せた演奏を披露しています。広く親しまれる「アルペジョーネ・ソナタ」では、その特徴であるシューベルトならではの美しい歌謡性を存分に味わうことの出来る、軽やかで歌心溢れる表情を聴かせています。そしてショスタコーヴィチ最後の作品となったヴィオラ・ソナタは、謎の多いこの作品の深淵を覗き込むような奥行きのある表現で魅了します。 一般に地味な印象の強いヴィオラですが、その多彩な顔を様々見せて楽器の魅力を存分に味わうことの出来る、名手ならではのアルバムです。

  • 商品番号:NYDX-50108

    NAXOS

    ベートーヴェン(1770-1827)
    荘厳ミサ曲 ニ長調 Op.123
    全曲演奏映像+ドキュメンタリー(日本語字幕あり) 詳細ページ
    [ヨハンナ・ヴィンケル(ソプラノ)/ソフィー・ハームセン(アルト)/ゼバスティアン・コールヘップ(テノール)/アルットゥ・カタヤ(バス)/シュトゥットガルト室内合唱団/シュトゥットガルト・ホープカペレ(オリジナル楽器使用)/フリーダー・ベルニウス(指揮)]

    発売日:2020年09月25日

    Blu-ray国内仕様 日本語字幕付き(ドキュメンタリー) 価格:3,960円(税込、送料無料)

    ドイツの合唱界をリードする指揮者フリーダー・ベルニウス。1968年に自らが設立したシュトゥットガルト室内合唱団とともに様々な時代、様式の合唱曲の演奏で世界的な名声を獲得しています。 今回はベートーヴェン畢生の大作「荘厳ミサ曲」をアルピルスバッハ修道院付属の教会でセッション録音したものを映像収録。緻密かつ大胆なアプローチにより、この作品の持つ教会音楽の枠を超えた表出力と普遍性に迫る様子を、映像で目の当たりにすることができるでしょう。 ドキュメンタリーでは、モンテヴェルディ、シュッツ、バッハからメンデルスゾーンまで大規模な宗教音楽作品に半世紀以上も取り組んで来たベルニウスが、この大作にあらためて挑む姿が描かれています。収録に際してあらためて作品を研究し、その成果を演奏者たちに情熱を込めて伝えて演奏を仕上げていく様は、ベートーヴェンがスコアに記したモットー「心から出で 再び心へ 還らんことを」を体現しているかのようです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYDX-50110

    NAXOS

    ヘンツェ(1926-2012)
    歌劇《ホンブルクの公子》 詳細ページ
    [シュテファン・マルギタ(テノール)/ヘレーネ・シュナイダーマン(メゾ・ソプラノ)/ヴェラ=ロッテ・ベッカー(ソプラノ)/ロビン・アダムス(バリトン)/フリーデマン・レーリヒ(バス) 他/コルネリウス・マイスター(指揮)/シュトゥットガルト州立管弦楽団]

    発売日:2020年09月25日

    Blu-ray国内仕様 日本語字幕付き 価格:4,400円(税込、送料無料)

    現代オペラの古典ともいえるヘンツェの『ホンブルクの公子』はハインリヒ・フォン・クライストの戯曲による全3幕の作品で、個人の自由と国家の法との間の矛盾という今日にも通じる重いテーマを扱っています。 ヘンツェは「私の音楽と結合することで何か新しいものを生み出すことができる言葉、つまり私の音楽が求めていた言葉を探していた時に、友人のクライストによる“ホンブルクの公子”にたどり着いた。彼をおいて他に誰があれほどのリブレットを書くことができただろう。[中略]個人の生活とレゾン・デタ(国家利益の優先)の間の軋轢、法の無視と秩序の問題、支配者の権力の前に恐れ戦きつつそれに抵抗する人間の勇気―これらは、すべて今日でも起こり得ることであり、千年か二千年前にも起こり得たことだろう。[中略]ここ数年の私の多くの努力は、このドラマを通して新しい地平、つまり自由に選択された厳格さの併用による新しいポリフォニーに到達した」と述べています。 シュテファン・キミッヒによるシンプルで奇抜な舞台に、現代物を得意とする実力派の歌手たちを配し、2018年からシュトゥットガルト州立歌劇場の音楽監督に就任したコルネリウス・マイスターの明快なタクトに導かれたシャープな演奏が出色です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OABD7281BD

    Opus Arte

    ナタリア・オシポワの芸術
    『ジゼル』 『白鳥の湖』
    『ラ・フィユ・マル・ガルデ』
    『フォース・オブ・ネイチャー(ドキュメンタリー)
    詳細ページ
    [ナタリア・オシポワ ほか]

    発売日:2020年09月25日

    Blu-ray 4枚組日本語帯付き 価格:4,575円(税込、送料無料)

    英国ロイヤル・バレエのスーパースター、オシポワの多彩な魅力を堪能するBOXが登場!読み替えなどを行わず清々しいまでに初演に忠実な『ジゼル』での、可憐さと強靭さを併せ持つ素晴らしいダンス。オデットとオディールをスリリングに踊り分けた『白鳥の湖』では、ゴールディングの上品な王子とひときわ美しいステージ・デザインがあいまって極上の舞台が創り上げられています。「陽気なおてんば娘」を元気いっぱいに演じた『ラ・フィユ・マル・ガルデ』では、芸達者なダンサーたちとユーモアあふれる世界を描きました。『フォース・オブ・ネイチャー』は、コンテンポラリー・ダンスに果敢に取り組む姿から、可憐な少女時代の映像までを収めた貴重なドキュメンタリー。2020年に英国ロイヤル・バレエのプリンシパルとしての5度目のシーズンを迎えたナタリア・オシポワの、多彩な魅力を集めた4枚組BOXがお買い得価格で登場です。

  • 商品番号:OABD7282D

    Opus Arte

    『エッセンシャル・ロイヤル・バレエ』
    ~ 英国ロイヤル・バレエの魅力のすべて 詳細ページ
    [英国ロイヤル・バレエ]

    発売日:2020年09月25日

    Blu-ray日本語字幕/帯/解説付き 価格:2,625円(税込)

    英国ロイヤル・バレエの歴史とその魅力を凝縮した解説つき名場面集!OPUS ARTEレーベルが誇る英国ロイヤル・バレエの舞台作品からの名場面を、歴史を飾ったアシュトン、マクミランから現代のウィールドン、マクレガーに至る振付家の業績の解説と、現在の芸術監督ケヴィン・オヘアをはじめとするスタッフやダンサーたちによる紹介を交えて収録した贅沢なコンピレーション ― ナタリア・オシポワ、マリアネラ・ヌニェス、ワディム・ムンタギロフといったスター・ダンサーたちから若手のヤスミン・ナグディ、マシュー・ボール、今をときめくフランチェスカ・ヘイワード、そして高田茜や平野亮一らの活躍を、英国ロイヤル・バレエの歴史と現在の中に眺望することができます。 英国ロイヤル・バレエの魅力がぎゅっと凝縮された一枚。

  • 商品番号:ORC100118

    Orchid Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈ピアノ・ソナタ集 第1集〉
    第5番 ハ短調/第11番 変ロ長調
    第12番 変イ長調「葬送」
    第26番 変ホ長調「告別」 詳細ページ
    [ジョナサン・ビス(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 1 - Nos. 5, 11, 12 and 26, "Les Adieux" (Biss)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100118

    CD 価格:1,950円(税込)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルスの最初の録音。「葬送」と「告別」、「葬送」と同時期の第11番、そして初期の第5番の4曲を収録。幅広い時期の作品からベートーヴェンの作曲様式の変容が伺えます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100119

    Orchid Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈ピアノ・ソナタ集 第2集〉
    第4番 変ホ長調/第14番 嬰ハ短調「月光」
    第24番 嬰ヘ長調「テレーゼ」
    幻想曲 ト短調 詳細ページ
    [ジョナサン・ビス(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 2 - Nos. 4, 14, "Moonlight" and 24 / Fantasy in G Minor (Biss)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100119

    CD 価格:1,950円(税込)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第2集は「月光」や「テレーゼ」を含む1795年から1822年にかけて作曲された3つのソナタと幻想曲。あまり耳にすることのない「幻想曲」は、数多くのメロディーの断片をつなぎ合わせた、即興的で嵐のような前半の部分のあと、美しいロ長調の主題と変奏が続きます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100120

    Orchid Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈ピアノ・ソナタ集 第3集〉
    第15番 ニ長調/第16番 ト長調
    第21番 ハ長調「ワルトシュタイン」 詳細ページ
    [ジョナサン・ビス(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 3 - Nos. 15, "Pastoral", 16 and 21, "Waldstein" (Biss)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100120

    CD 価格:1,950円(税込)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第3集は、第15番や「ワルトシュタイン」を含む中期の3曲を収録。「ワルトシュタイン」での集中力溢れる緊迫した演奏が聴きどころ。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100121

    Orchid Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈ピアノ・ソナタ集 第4集〉
    第1番 ヘ短調/第6番 ヘ長調
    第19番 ト短調/第23番 ヘ短調「熱情」 詳細ページ
    [ジョナサン・ビス(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 4 - Nos. 1, 6, 19 and 23 (Biss)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100121

    CD 価格:1,950円(税込)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第4集は「熱情」を含む初期の2曲と中期の1曲の全4曲。第19番は比較的易しく書かれており、ピアノ学習者にもおなじみの作品。比較的演奏機会の少ない第6番とハイドンに献呈された第1番も収録。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100122

    Orchid Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈ピアノ・ソナタ集 第5集〉
    第3番 ハ長調/第25番 ト長調
    第27番 ホ短調/第28番 イ長調 詳細ページ
    [ジョナサン・ビス(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 5 - Nos. 3, 25, 27 and 28 (Biss)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100122

    CD 価格:1,950円(税込)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第5集。後期の2つの作品、第27番と第28番、「かっこう」と呼ばれることのある第25番、そして初期の第3番。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100123

    Orchid Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈ピアノ・ソナタ集 第6集〉
    第9番 ホ長調/第13番 変ホ長調
    第29番 変ロ長調「ハンマークラヴィーア」 詳細ページ
    [ジョナサン・ビス(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 6 - Nos. 9, 13 and 29, "Hammerklavier" (Biss)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100123

    CD 価格:1,950円(税込)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第6集。長大かつ深遠な「ハンマークラヴィーア」を含む3曲を収録。Andanteで始まる第13番は「月光」と共に出版された中期の傑作の一つ。簡潔に書かれた第9番は“ソナタ・アルバム”でおなじみの曲。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100124

    Orchid Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈ピアノ・ソナタ集 第7集〉
    第2番 イ長調/第20番 ト長調
    第17番 ニ長調「テンペスト」
    第30番 ホ長調 詳細ページ
    [ジョナサン・ビス(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 7 - Nos. 2, 17, 20, 30 (Biss)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100124

    CD 価格:1,950円(税込)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第7集は「テンペスト」を含む全4曲を収録。第20番は第19番と同じく易しい技巧で書かれた小さなソナタ。柔和かつ即興的な第1楽章で知られる第30番、初期の作品であるにもかかわらず壮大な仕上がりを見せる第2番。ヴァラエティに富んだ選曲が見事な1枚。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100125

    Orchid Classics

    ベートーヴェン(1770-1827)
    〈ピアノ・ソナタ集 第8集〉
    第8番 ハ短調「悲愴」
    第10番 ト長調/第22番 ヘ長調
    第31番 変イ長調 詳細ページ
    [ジョナサン・ビス(ピアノ)]

    BEETHOVEN, L. van: Piano Sonatas, Vol. 8 - Nos. 8, 10, 22, 31 (Biss)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100125

    CD 価格:1,950円(税込)

    ジョナサン・ビスによるベートーヴェン・ツィクルス第8集は名作「悲愴」と第31番、柔和な表情を持つ第10番、2楽章構成の第22番の4曲を収録。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ORC100142

    Orchid Classics

    ヤコブ・バンソー(ギター)
    〈ギター協奏曲集〉
    コリリアーノ、カラヴァシリス、シーゲル 詳細ページ
    [ヤコブ・バンソー(ギター)/カイサ・ローセ(指揮)/タリン室内管弦楽団]

    Guitar Concertos - CORIGLIANO, J. / CARAVASSILIS, C. / SIEGEL, W. (Bangsø, Tallinn Chamber Orchestra, Roose)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:ORC100142

    CD 価格:1,950円(税込)

    数多くの受賞歴を持つデンマークのギタリスト、ヤコブ・バンソーが弾く3つの近代ギター協奏曲集。名ギタリスト、シャロン・イズビンの委嘱により書かれたコリリアーノの「吟遊詩人」は中世の吟遊詩人の作品からヒントを得ており、詩人たちが歌ったいくつかの旋律とパーカッションが印象的な協奏曲です。 あとの2曲は、このコリリアーノ作品にインスパイアされたもので、ギリシャの古い民謡を用いたカラヴァシリスの「サウダージ」と、ゆっくりとした旋律が変奏を加えられ展開していくシーゲルの「シャコンヌ」。このどちらもバンソーのために作曲されており、彼は作品が成立する過程でもアイデアを出しています。どの曲も異国風な佇まいと、抒情的な雰囲気を持ち、ギターの超絶技巧が如何なく発揮されています。

  • 商品番号:ORC100144

    Orchid Classics

    〈リチャード・パンチェフの音楽集 第1集〉
    パンチェフ:
    合唱作品集 詳細ページ
    [マイケル・ウォルドロン(指揮)/ロンドン・コーラル・シンフォニア /マシュー・フレッチャー(ピアノ)/ジェレミー・コール(オルガン)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:1,950円(税込)

    英国の作曲家リチャード・パンチェフ。彼の合唱作品は英国宗教音楽の伝統を継承するものとして国際的に高い評価を得ています。彼はノース・ヨークシャーのリポン大聖堂の聖歌隊指揮者として活動を始めるとともに、ベンジャミン・ブリテンから作曲の指導を受け、その後、オックスフォード大学のクライスト・チャーチ・カレッジでサイモン・プレストンとフランシス・グレアに学び、卒業しています。 彼の名を高めたのは、1996年に作曲された、オックスフォード大学クライスト・チャーチ合唱団の創立450年を記念の委嘱作「ヘンリー8世の弁明文」で、この作品は作曲家ピーター・マクスウェル・デイヴィスの生誕80周年記念の祝賀会でも演奏されました。 2015年のこのアルバムは、彼の良き理解者であるマイケル・ウォルドロンと、ロンドン・コーラル・シンフォニアによる演奏を収録したもの。伝統に裏打ちされながらも、他の合唱作品とは一線を画す個性的なパンチェフの個性を、ウォルドロンは余すことなく表現しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RAM1910

    Ramee

    ボワイエ(1600以前-1648)
    酒と踊りの歌、宮廷歌曲(エール・ド・クール) 詳細ページ
    [ラタス・デル・ビエホ・ムンド]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,325円(税込)

    17世紀フランスの宮廷と酒宴の音楽RAMEEレーベルの新しいラインナップ「黒レーベル」の記念すべき第1作『OSSESO 愛の執着~イタリアのマドリガーレ』 (RAM1808/NYCX-10036)で、底深い執念と禁断の香り漂うマドリガーレで人々を魔性の魅力に引き込んだラタス・デル・ビエホ・ムンド。第2作は17世紀フランスの宮廷作曲家ジャン・ボワイエの作品集です。 いわゆる「エール・ド・クール」の作曲家として「どうしよう? 何と言おう?」(トラック3)などが有名なボワイエですが、アルバム1枚まるまるその作品集というのは、おそらく今回が初めての試み。美しい歌曲と抑制の効いた舞曲は上品さを帯びたものですが、シターンやカンテレ、地声での歌などの響きが妖しいアクセントとなり、人々の集うところに生まれる様々な思惑も感じさせ、彼らならではの奥深さを音楽に与えています。 ヴィオールに名手ロミーナ・リシュカが参加。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10261

    Resonus Classics

    J.S.バッハ(1685-1750)
    平均律クラヴィーア曲集 第2巻 詳細ページ
    [スティーヴン・デヴァイン(チェンバロ)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 2枚組 価格:3,075円(税込、送料無料)

    エイジ・オブ・インラントゥメント管弦楽団及びゴンザーガ・バンドの首席チェンバロ奏者として活躍し、ソリストしてもすでに6枚の録音のあるスティーヴン・デヴァイン。2002年にはロイヤル・アルバートホールで指揮者としてデビューを飾り、モーグ・シンセサイザーを使ったバッハ演奏プロジェクトにも取り組んでいます。 このバッハの平均律クラヴィーア曲集第2巻は、2019年にリリースされた第1巻(RES10239)の続編となるもので、第1巻と同じクリストフ・フライシャーのモデルによる楽器を用い、バッハの深淵な世界を紐解いていきます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RES10266

    Resonus Classics

    マクミラン(1959-)
    オルガン作品集 詳細ページ
    [スティーヴン・ファー(オルガン)]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,100円(税込)

    英国スコットランドの作曲家、ジェイムズ・マクミラン(1959-)のオルガン作品集。旺盛な作曲活動で知られるマクミランは、社会主義と愛国心に根差したメッセージ性の高い合唱曲で良く知られていますが、オルガンのためにも2004年の「スコットランドの動物詩」など興味深い作品を数多く書いています。 このアルバムには、オーケストラや合唱を伴わないオルガン・ソロのための作品を収録。1983年、彼自身の結婚式のための「婚礼への入祭唱」から、2019年の最新作「トッカータ」まで36年間に渡って書かれた作品を聴くことができます。マクミランがオルガンに求める色彩的な音や響き、そして楽器の可能性をとことん追求した世界初録音を含む9作品を、イギリスの名オルガニスト、スティーヴン・ファーの演奏でお楽しみください.

    収録作曲家:

  • 商品番号:RIC414

    Ricercar

    タルティーニ(1692-1770)
    〈ヴァイオリン協奏曲集〉
    D.24/D.85(Op.1-1)
    D.89(Op.1-6)/D.55/D.48 詳細ページ
    [エフゲニー・スヴィリドフ、ミレニアム・オーケストラ]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:2,325円(税込)

    2017年ブルージュ国際古楽コンクールで圧倒的優位をみせ、世界の古楽ファンを驚かせた才人スヴィリドフ。前作「タルティーニ: ソナタ集」(RIC391/NYCX-10018)でも見事なテクニックと感性で聴かせてくれた彼が、再びタルティーニに臨みます。 レオナルド・ガルシア・アラルコンが音楽監督を務めるミレニアム・オーケストラをここでは自ら指揮し、安定のテクニックと、滑らかさと華やかさを兼ね備えた絶妙の指運びで、瑞々しい音楽を創り上げています。 タルティーニ没後250年の注目盤です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SM317

    Solo Musica

    シュタインマン(1951-)
    コロス(合唱)
    ソフォクレスの悲劇「オイディプス」の合唱作品集 詳細ページ
    [アンサンブル・メルポメン]

    STEINMANN, C.: Choros - Chorische Musik zur Tragödie Oidipous von Sophokles (Ensemble Melpomen)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:SM317

    CD 価格:1,950円(税込)

    紀元前7世紀から5世紀のテキストより作られたコロス(合唱)のための音楽は、古代の音へのアプローチから誕生しました。これは楽器製作者ポール・J・ライヒリンと、スイス生まれでバーゼルのスコラ・カントルムでリコーダーを学んだシュタインマンによる、20年以上に及ぶ集中的なコラボレーションの成果でもあります。 当時の楽器を復元するために、文献や、様々な博物館に収められている楽器や壺、花瓶画やレリーフを研究、また、古代ギリシャの音楽が当時はどのように響いたのかを、古代ギリシャ語の影響も考察したうえで、想像上の音楽を導き出しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SM339

    Solo Musica

    シューベルト(1797-1828)
    交響曲 第3番&第7番 詳細ページ
    [ケヴィン・ジョン・エドゥセイ(指揮)/ミュンヘン交響楽団]

    SCHUBERT, F.: Symphonies Nos. 3 and 7 (Munich Symphony, Edusei)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:SM339

    CD 価格:1,950円(税込)

    2015年、ミュンヘン交響楽団の首席指揮者に就任したケヴィン・ジョン・エドゥセイによるシューベルトの交響曲シリーズ。“新しい地平線へ!”というフレーズがモットーのこのアルバムには、シューベルト18歳の作品「交響曲第3番」と大半がスケッチのみの未完の作品「交響曲第7番」が収録されています。 モーツァルトやハイドンの影響から脱し、自身の個性を確立させ始めた「交響曲第3番」、1821年頃に着手されるも、なぜか完成されることなく放置されてしまった「交響曲第7番」(この録音ではイギリスのシューベルト研究家、ブライアン・ニューボールトの補筆版を使用)。エドゥセイならではの瑞々しい感性を生かし、活力に満ちた演奏で、シューベルトが目指した新しい地平線をくっきりと描き出しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:UP0214

    ArcoDiva

    クルチェク(1939-)
    弦楽四重奏曲 第1番-第4番 詳細ページ
    [チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団]

    発売日:2020年09月25日

    CD 価格:1,650円(税込)

    ヤロスラフ・クルチェクは、プラハ音楽院で作曲を学んだ後、CDレーベル「Supraphon」の音楽ディレクターを務め、プラハの放送局で働くなど現代チェコ音楽界を牽引する人物の一人として知られています。 このアルバムには最近作曲された4曲の弦楽四重奏曲を収録。チェコ・フィルハーモニー弦楽四重奏団の依頼に応え2017年に書かれた第1番は、第3楽章に民謡風の素材がふんだんに用いられた耳なじみの良い作品。この曲が好評を得たため、クルチェクは続く3曲を相次いで書き上げています。前衛的な響きを用いながらも、緩急のテンポが交錯し、対話を繰り広げる“ヤナーチェク風の旋律”が時折顔を見せる第4番がとりわけ独創的です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574245

    NAXOS

    カスタルスキー(1856-1926)
    レクイエム ~ 斃れし盟友たちのために 詳細ページ
    [アンナ・デニス(ソプラノ)/ジョセフ・ビューテル(バス・バリトン) 他/レナード・スラットキン(指揮)/セントルークス管弦楽団]

    KASTALSKY, A.: Requiem for Fallen Brothers (Dennis, Beutel, Cathedral Choral Society, The Clarion Choir, Orchestra of St. Luke's, Slatkin)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:8.574245

    CD日本語帯付き 価格:1,200円(税込)

    モスクワ音楽院で学び、合唱作品作曲家として活躍したアレクサンドル・カスタルスキー(1856-1926)。1891年には長い歴史を持つ「モスクワ聖務会院合唱団」の指導者となり、ラフマニノフやグレチャニノフらに強い影響を与えています。この「レクイエム~斃(たお)れし盟友たちのために」は第一次世界大戦によってもたらされた命の損失と、世界の荒廃を憂えた作曲家による大規模な合唱を伴うオーケストラ作品。1915年に12楽章のヴァージョンとして書き上げられたものの、初演後にカスタルスキーが楽章を追加し17楽章からなる壮大な作品として完成を見ました。 レクイエムの定型をとりながらも、さまざまな要素がモザイクのように配置されており、いくつかの異なる国の言葉とグレゴリオ聖歌が入り混じる中、息子を亡くした母親や夫を亡くした未亡人のすすり泣きが織り込まれ、遠くからは第一次世界大戦に巻き込まれた日本やインドを表すモチーフも聞こえてきます。 スラットキンは作品に漲る「戦争への怒りと悲しみ」を丁寧にすくい上げ、迫真の音楽として聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ARIADNE5008

    SOMM Recordings

    「アメリカからのエルガー」第2集
    ヴァイオリン協奏曲 ロ短調
    弦楽のための「序奏とアレグロ」
    序曲「コケイン」 - ロンドンの下町で 詳細ページ
    [ミッシャ・ミシャコフ、エドウィン・バッハマン(ヴァイオリン)/カールトン・クーリー(ヴィオラ)/フランク・ミラー(チェロ)/ユーディ・メニューイン(ヴァイオリン)/マルコム・サージェント(指揮)/アルトゥーロ・トスカニーニ(指揮)/NBC交響楽団]

    ELGAR, E.: Violin Concerto / Introduction and Allegro / Cockaigne (Elgar from America, Vol. 2) (Y. Menuhin, NBC Symphony, M. Sargent, Toscanini)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:ARIADNE5008

    CD 価格:2,025円(税込)

    歴史的公演の録音で好評を博した第1集(ARIADNE5005)に続く「アメリカからのエルガー」第2集。 1940年代前半に録音されたサージェント、トスカニーニやメニューインなど伝説の“エルガリアン”(エルガーの解釈者)たちとNBC交響楽団との貴重な音源の登場です。オーディオのレストレーションで多数の受賞歴を誇るエンジニア、ラ二・スパーによるリマスタリングは、当時のパフォーマンスを鮮明によみがえらせています。本作のライナーノーツ(英語のみ)も彼が執筆、録音当時の情景を知ることができます。 1932年にエルガーのヴァイオリン協奏曲を録音して以来、長きにわたり作曲家と交流のあったメニューインですが、この1945年の演奏は、当時のラジオ放送用に合わせてカットが施された、短めの尺になっています。指揮を担当したサージェントの「コケイン」も聴きどころ。トスカニーニの音源は1940年の公演での「序奏とアレグロ」で、ミシャコフ、クーリーにミラーという弦楽器の名手たちとの公演です。いずれもニューヨークのラジオシティ・スタジオでのライヴ録音です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:BAC576

    Bel Air Classiques

    『ESKAPIST ~ 現実逃避者』
    振付: アレクサンダー・エクマン、音楽: ミカエル・カールソン 詳細ページ
    [アレクサンダー・エクマン スウェーデン王立バレエ団]

    発売日:2020年09月18日

    Blu-ray日本語帯付き 価格:3,225円(税込、送料無料)

    鬼才アレクサンダー・エクマン振付―「現実逃避」から生まれる幻想怪奇イメージに溢れた問題作スウェーデン王立バレエと、現在最も引く手あまたのコンテンポラリー・ダンスの振付家の一人アレクサンダー・エクマンによる、2019年最大の話題作が待望の映像化。2016年の『真夏の夜の夢』(BAC141/BAC541)で古代の神秘主義と現代性の融合という難問を探求した彼らが、前作同様、エクマンの盟友ミカエル・カーソンによる動物的な本能を刺激する音楽に乗せて、「現実逃避」の夢想から生まれる幻想と奇怪なイメージによる舞踊を、たたみかけるように繰り広げていきます。 エクマンがパリ・オペラ座バレエとの『プレイ』(BAC155/BAC555)制作中に構想したという本作は、舞台がめくるめく新たな世界観を生み出す魔法の母胎であることを改めて証明しています。

  • 商品番号:CDR90000196

    Cedille Records

    パシフィカ弦楽四重奏団
    Contemporary Voices
    (ラン、ヒグドン、ツウィリッヒ) 詳細ページ
    [パシフィカ弦楽四重奏団/オーティス・マーフィー(アルト・サクソフォン)]

    RAN, S.: Glitter, Doom, Shards, Memory / HIGDON, J.: Voices / ZWILICH, E.T.: Quintet (Contemporary Voices) (O. Murphy, Pacifica Quartet)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:CDR90000-196

    CD 価格:2,025円(税込)

    グラミー賞受賞経験のあるパシフィカ弦楽四重奏団が演奏する現代作品集。ここで採り上げられた作曲家は、全てピューリッツァー賞を受賞しており、その作品は問題意識の高い、聴きどころの多いものです。 ランの「燦・凶・礫・憶」は1944年にアウシュヴィッツで生涯を閉じた画家フェリックス・ヌスバウムを称えた作品。ヒグドンの「Voices」は激しいエネルギーの爆発の後、深い静けさに満たされます。 また、女性作曲家ツウリッヒによる官能的なアルト・サクソフォンの響きが魅力的な五重奏曲は、各奏者の名人芸が存分に発揮できる技巧的な作品。ここでサクソフォンを演奏しているのは、インディアナ大学ジェイコブズ・スクールの教授を務めるオーティス・マーフィーです。

  • 商品番号:DDA-25207

    Divine Art

    3-ピアノ・プロジェクト
    トルコ、ブラジル、スペイン、イタリアの作曲家による20世紀の3台ピアノ作品集 詳細ページ
    [ゼイネプ・ユチバシャラン(ピアノ)/ミゲル・アンヘル・オルテガ・チャバルダス(ピアノ)/セルジオ・ガッロ(ピアノ)]

    発売日:2020年09月18日

    CD 価格:2,250円(税込)

    トルコ、ブラジル、スペイン、イタリアの作曲家による3台ピアノのための作品集。2台ピアノや連弾のための作品は数多くありますが、3台以上の作品はあまり耳にする機会がなく、このアルバムでは、複数のピアノから生まれる迫力ある「音の壁」を存分に楽しむことができるでしょう。アルバムには世界初録音となるサイグンの「詩曲」や、十二音音楽を採択する前のダラピッコラの愛らしい「3台ピアノのための音楽」など興味深い作品が並びます。 このプロジェクトのために集結した、国際的な活動をする3人のピアニストたちの息のあった演奏をお聴きください。

  • 商品番号:DDA-25208

    Divine Art

    リストからミヨーへ
    4手ピアノで巡る旅
    リスト、ドヴォルザーク、グノー、ゴダール、ビゼー、ミヨー
    詳細ページ
    [ゼイネプ・ユチバシャラン(ピアノ)/セルジオ・ガッロ(ピアノ)]

    発売日:2020年09月18日

    CD 価格:2,250円(税込)

    長い間ピアノ・デュオの録音に力を入れてきたDIVINE ARTレーベル。その中心となっていた「ゴールドストーン&クレモウ」のメンバー、アンソニー・ゴールドストーンの逝去に伴い、今回新しいピアノ・デュオが登場しました。ブダペストのフランツ・リスト・アカデミーで学んだゼイネプ・ユチバシャランとセルジオ・ガッロ。この2人による初の録音は、リストからミヨーまでのロマン派の作品集です。 トルコ出身のユチバシャランはNAXOSより「サイグン:ピアノ作品集(8.570746)」をリリースしている女性ピアニスト、セルジオ・ガッロもNAXOSを始めとした複数のレーベルからリストやベートーヴェン作品をリリースしている実力派であり、このアルバムでの二人は、ぴったりと息のあった白熱の演奏を聴かせます。

  • 商品番号:DDA-25210

    Divine Art

    サー・ジョンのための歌
    ウィリアム・バトラー・イェイツに触発された作品集 詳細ページ
    [レスリー=ジェーン・ロジャーズ(ソプラノ)/ジョン・ターナー(リコーダー)/リチャード・シンプソン(オーボエ)/ベネディクト・ホーランド(ヴァイオリン) 他]

    発売日:2020年09月18日

    CD 価格:2,250円(税込)

    このアルバムに収録されているのは作曲家、音楽教師、BBCプロデューサー、ノーザンロイヤル音楽大学の初代校長、ヨーロッパ・オペラ・センターの創設者として英国音楽界の重鎮であったジョン・マン・デュエル卿(1928-2017)への追悼作品です。彼はイギリスの音楽家たちに高く尊敬されており、その思い出に捧げられたこの1枚は、アイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツの詩などを用いた16人の作曲家の作品で構成されており、その豊かな素晴らしいテキストはデュエル卿の人柄と功績をよく表現しています。北イングランドを代表する奏者たちの演奏も見事です。

  • 商品番号:MSV-28607

    Metier

    アレン(1927-)
    木管楽器のための作品集 詳細ページ
    [アラン・メイヤー(クラリネット)/マイケル・ウェイ(フルート)/キャサリン・ウォルポール(ファゴット)/デイヴィッド・ウィッカム(ピアノ)]

    発売日:2020年09月18日

    CD 価格:2,250円(税込)

    イギリスで生まれ、オックスフォードで学んだ後、オーストラリアに移住した作曲家ジェフリー・アレン。音楽出版社を設立し、オーストラリアの新しい音楽の普及に尽力した彼は、現在でもいくつかのプロジェクトを抱えるだけでなく、作曲家としても幅広く活躍しています。 このアルバムには彼の室内楽作品を収録。1964年に書かれた、新古典派風の快活な雰囲気を湛えたファゴット・ソナタから、2007年作曲のメロディアスで神秘的な「幻想的三重奏曲」まで様々な作風による作品をお聴きいただけます。 オーストラリアを代表する奏者たちの演奏で。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10159

    Avanti classic

    Dr. L. スブラマニアム & ラカトシュ:
    『peacock 孔雀』 詳細ページ
    [Dr. L. スブラマニアム (ヴァイオリン)、ロビー・ラカトシュ (ヴァイオリン)、カヴィタ・クリシュナムルティ (ヴォーカル)、イェーノ・リステシュ (ツィンバロム)、タンモイ・ボーズ (タブラ)、フリジョ・フランシス (キーボード)、DSR ムーシー (ムリダンガム)]

    発売日:2020年09月18日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    ラカトシュとスブラマニアム、民族ヴァイオリンの巨塔が出会った世界一指の回るヴァイオリニストこと、ロマ・ミュージックの巨人ロビー・ラカトシュ。南インド古典音楽(カルナーティック・ミュージック)のヴァイオリンの巨匠Dr. L. スブラマニアム。これまでも他ジャンルとの多彩な交流を行っており、いずれも晩年のユーディ・メニューインに高く評価されたという2人が共演するアルバムが登場しました。ほぼ全編スブラマニアムのオリジナルで構成されており、2本のヴァイオリンの丁々発止のやり取りをタブラとムリダンガムが支え、ツィンバロムはロマの楽器ながらインドのサントゥールを思わせる動きで花を添えます。インドの香りが濃厚ながらも、ラカトシュらの小気味よいフレージングも重なり、東ヨーロッパまで通じる汎シルクロード的なサウンドがなんとも心地よいアルバムです。

  • 商品番号:NYCX-55975

    NAXOS

    芥川 也寸志(1925-1989)
    エローラ交響曲
    交響三章
    オーケストラのためのラプソディ 詳細ページ
    [湯浅 卓雄(指揮) ニュージーランド交響楽団]

    AKUTAGAWA: Ellora Symphony / Trinita Sinfonica / Rhapsody

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:8.555975

    CD国内仕様 価格:1,980円(税込)

    作家・芥川龍之介の三男として生まれるも、2歳の時に父を失った芥川也寸志。父が遺したSPレコードの中からストラヴィンスキーの「火の鳥」と「ペトルーシュカ」を愛聴して育ち、中学生の時に作曲家を志しました。まず橋本國彦に師事しその才能を開花させたのち、伊福部昭に師事して強い影響を受け、その野性味あふれる作風を手に入れることとなります。 最初期の作品「交響三章」(1948)は、憧れの地であるソ連(当時)に持参して大作曲家達の目に止まり、当地で出版されるという快挙を成し遂げた記念作。その10年後の作品「エローラ交響曲」ではかつての叙情性は影をひそめ、鈍く暗いクラスター的な不協和音と、随所で起こる爆発的な音響の効果が特徴的です。1971年の「オーケストラのためのラプソディ」は打楽器を多用しており、作曲家自身が「魔法使いが小さな魔法の杖を振り回す音楽」と呼んだという、せわしない音型が全曲にわたって支配し巨大な咆哮で終わります。 片山杜秀氏によるオリジナル解説も読みごたえ充分です。 ※解説、演奏者プロフィールは既発売商品[8.555975J]のブックレットから転載となります。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-57693

    NAXOS

    黛 敏郎(1929-1997)
    曼荼羅交響曲
    バレエ音楽「舞楽」
    シンフォニック・ムード/ルンバ・ラプソディ 詳細ページ
    [湯浅 卓雄(指揮) ニュージーランド交響楽団]

    MAYUZUMI: Bugaku / Mandala Symphony / Rumba Rhapsody

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:8.557693

    CD国内仕様 価格:1,980円(税込)

    第二次世界大戦後の日本作曲界を代表する音楽家の一人、黛敏郎。彼は日本国内で約250本もの映画音楽を担当しただけではなく、ハリウッドに進出し、ジョン・ヒューストン監督の『天地創造』(1966)の音楽ではアカデミー賞にノミネートされました。また数多くの音楽団体や文化団体の運営に携わり、1964年からは30年以上もテレビの音楽番組「題名のない音楽会」の企画と司会を務めるなど、メディアでの幅広い活躍で知られています。 しかし彼自身の作品については、一部の有名作を除いて十分に紹介されてきたとはいえません。「シンフォニック・ムード」や、後にその一部に組み込まれ生前には演奏されることのなかった、ラテンのリズムが炸裂する「ルンバ・ラプソディ」などは、これが世界初録音となります。1958年の「涅槃交響曲」に連なる仏教(密教)の思想に触発された「曼荼羅交響曲」、彼の作品の中ではよく知られる「舞楽」も収録。どの曲も一聴すると異国風でありながら、じっくり聴くと日本人ならではの美意識が感じとれます。目を見張るばかりの鮮やかなオーケストレーションと、ふくよかな響きを生かした全4作品を湯浅卓雄の指揮でお楽しみください。 片山杜秀氏によるオリジナル解説も読みごたえ充分です。 ※解説、演奏者プロフィールは既発売商品[8.557693J]のブックレットから転載となります。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OC472

    Oehms Classics

    メシアン(1908-1992)
    トゥーランガリラ交響曲 詳細ページ
    [タマラ・ステファノヴィッチ(ピアノ)/トマ・ブロシュ(オンド・マルトノ)/アレクサンダー・ソディ(指揮)/マンハイム国立劇場管弦楽団]

    MESSIAEN, O.: Turangalîla-symphonie (Stefanovich, Bloch, Mannheim National Theatre Orchestra, Soddy)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:OC472

    CD 価格:1,950円(税込)

    メシアンの代表作の一つ「トゥーランガリラ交響曲」。作品のタイトルは2つのサンスクリット語(梵語)の“Turaṅga”(時、天候、リズムなどの意)と“Līlā” (遊戯、愛、演奏などの意)を合わせたものであり、メシアン自身は作品を「愛の歌」もしくは「喜びの讃歌」などと呼んでいました。全10楽章で構成された巨大な作品で、演奏には数多くの打楽器やピアノ、メシアンが愛したオンド・マルトノが効果的に使用され、絢爛豪華な響きが楽しめます。 このアルバムでオンド・マルトノを演奏しているのは作曲家としても知られるトマ・ブロシュ。楽器を知り尽くした彼ならではの巧みな演奏をお楽しみください。 この破天荒な曲をまとめるのは、2016/17年のシーズンからマンハイム国立劇場管弦楽団の音楽監督を務めるアレクサンダー・ソディ。1982年オックスフォード生まれの若手で、就任以来、オーケストラのレパートリーを飛躍的に拡大させた功績が知られており、このメシアンでもオーケストラと一丸となり見事な演奏を披露しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OC476

    Oehms Classics

    ブルックナー(1824-1896)
    〈オルガン編曲による交響曲全集 Vol. 0〉
    交響曲 ニ短調「第0番」
    序曲 ト短調 詳細ページ
    [ハンスイェルク・アルブレヒト(オルガン)]

    BRUCKNER, A.: Symphonies (Organ Transcriptions), Vol. 0 - Symphony No. 0, "Nullte" (H. Albrecht)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:OC476

    CD日本語帯付き 価格:1,950円(税込)

    2024年のブルックナー生誕200周年に向けての記念リリース、全10巻からなるオルガン版ブルックナーの交響曲全集の登場です。毎年2~3巻をリリース、2024年に完結予定となります。 ブルックナー自身も優れたオルガニストであったこともあり、彼のオーケストラ曲にはオルガン風の響きが多用されています。そのため、これまでにも数多くの交響曲オルガン版がリリースされ、どれも好評を得ていますが、今回のシリーズでは、各々の交響曲に、現代の作曲家によるブルックナー作品からインスパイアされた新作をボーナス・トラックとして追加するという試みを行い、独自性を追求しました。このアルバムには、ドイツを中心に活躍する作曲家、フィリップ・マインツの「キリエ XI」のオルガン版を収録。原曲はブルックナーの「ミサ曲」から触発された合唱作品です。 名オルガニスト、ハンスイェルク・アルブレヒトがオーストリアのリンツにあるザンクト・フローリアン修道院の通称「ブルックナー・オルガン」を演奏しています。この修道院はブルックナーの墓所があることで知られており、そのオルガンはブルックナー自身が若き日にオルガニストを務め、ウィーンに転出してからも好んで演奏していたと言われます。まさに最適の楽器と言えましょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:RIC110

    Ricercar

    『ドイツ・バロックの巨匠たち』[31枚組 BOX]
    ~17世紀ドイツを代表する作曲家たちの“音の事典”~ 詳細ページ
    [さまざまな演奏家]

    発売日:2020年09月18日

    CD 31枚組 価格:6,975円(税込、送料無料)

    レーベル40周年! Ricercarが贈るドイツ・バロックの“聴く事典”1980年、音楽学者そして録音技師でもあるプロデューサーのジェローム・ルジュヌ氏が創立したRicercarレーベル。17世紀のレパートリーを中心に、作品の形式と本質をストイックなまでに追求しつつも、音楽としての美しい響きを両立させる姿勢を現在まで貫き、世界中の古楽ファンに一目置かれる存在です。 その創立40周年となる2020年、レーベル初期以来の重要レパートリーであるドイツ・バロックの録音を器楽・声楽あわせて約40時間分集めた、CD31枚ものBOXが登場します。しかも既存のアルバムを集めただけというものではなく、40年間にリリースしたアルバムから作品と演奏を選び抜き、作曲家の名前順に並び替えるという労作。17世紀ドイツを代表する作曲家たちの作風を音で体感できる事典という趣の、凝った作りとなっています。 レーベル発足初期の『ドイツ・バロックの室内楽』『ドイツ・バロックのカンタータ』という二つの人気シリーズは、当時はあまり知られていなかったバッハの先駆者たちの音楽を高品位な演奏と録音で提供して、Ricercarというレーベルの存在感を世界的に高めるのに大きく貢献したばかりか、こんにちでは大御所となったフランソワ・フェルナンデス、エンリーコ・ガッティ、寺神戸亮(バロック・ヴァイオリン)、マルク・ミンコフスキ(バロック・ファゴット)、フィリップ・ピエルロや故ソフィー・ワティヨン(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、ブルース・ディッキー(ツィンク)などの名手たちに加え、不世出のカウンターテナー、アンリ・ルドロワが参加。今では考えられないほどの豪華メンバーでの録音が少なくありません。 最後の3枚にはこのカテゴリーを代表する押しも押されぬ巨匠、大バッハの作品を収録。締めくくりは、かつては偽作、あるいはヨハン・クリストフ・バッハの作と言われ、近年では20代前半の若き大バッハの作とされるようになってきたモテット「われを祝福せずば、汝を放さず」BWV Anh. 159 となっています。

  • 商品番号:SOMMCD0620

    SOMM Recordings

    〈ホフマイスターの魔法のフルート 第1集〉
    ホフマイスター(1754-1812)
    フルートを伴う室内楽曲集 詳細ページ
    [ボリス・ビジャク(フルート)/ラナ・トロトヴシェク(ヴァイオリン)/ピアッティ四重奏団]

    発売日:2020年09月18日

    CD 価格:2,025円(税込)

    ドイツ・バロック期の作曲家ホフマイスターのフルートを伴う室内楽曲集。全てが世界初録音です。1780年代まではウィーンで最も人気の高い作曲家であったホフマイスターですが、1785年に設立した出版社での事業が大成功を収め、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンらの作品を次々と世に送り出したことでも知られています。 このアルバムに収録された6作品は、どれもホフマイスターのバランスの良い作曲センスが反映されており、中でもハ短調の四重奏曲の作風は、ベートーヴェンを思わせるほどにドラマティックです。 ロンドンを拠点とするスロヴェニア出身のフルート奏者ビジャクと、同じくスロヴェニア出身のトロトヴシェクを中心に、日本のヴィオラ奏者、永田哲海をメンバーとするピアッティ四重奏団が緊密なアンサンブルを繰り広げます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SOMMCD276

    SOMM Recordings

    オスワルド(1852-1931)
    ピアノ協奏曲 Op.10
    サン=サーンス(1835-1921)
    ピアノ協奏曲 第5番「エジプト風」 Op.103
    ネポムセーノ(1864-1920)
    古風な組曲 Op.11 詳細ページ
    [クレーリア・イルズン(ピアノ)/ヤク・ファン・ステーン(指揮)/ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団]

    OSWALD, H. / SAINT-SAËNS, C.: Piano Concertos (Iruzun, Royal Philharmonic, Steen)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:SOMMCD276

    CD 価格:2,025円(税込)

    ブラジル出身でロンドンを拠点に活躍するピアニスト、イルズンが演奏するブラジルとフランスの19世紀後半のロマン派ピアノ協奏曲の新録音。バックを務めるのはロイヤル・フィル&ヤク・ファン・ステーンの定評あるコンビです。 オスワルドはブラジルの外交官でもあり、サン=サーンスとは長い友情で結ばれ、一緒にサン=サーンスの2台ピアノ曲を公演で演奏する仲でした。サン=サーンスの「エジプト風」より10年早く作曲されたオスワルドの協奏曲は、フォーレのようなロマン派風のタッチでありながら、特徴的なブラジルのリズムに支配されています。 サン=サーンス自身が「ヌビア(エジプト南部アスワンあたりからスーダンにかけての地方の名称)のラブ・ソング」と呼んだ「エジプト風」は、複雑なピアノ語法と絶妙に軽いタッチで書かれており、印象的なガムラン風の響きも登場します。 ネポムセーノはヨーロッパで学んだブラジル人。グリーグの「ホルベアの時代より」をモデルにした「古風な組曲」は、バロック様式とロマン派のスタイルが融合しています。

  • 商品番号:SWR19099CD

    SWR Klassik

    『ハンス・ロスバウト、マーラーを振る』
    1951-1961年録音
    交響曲 第1番・第4番・第5番・
    第6番・第7番・第9番・「大地の歌」[8枚組 BOX] 詳細ページ
    [さまざまな演奏家]

    MAHLER, G.: Symphonies Nos. 1, 4, 5-7 and 9 / Das Lied von der Erde (South West German Radio Symphony, Baden-Baden, Cologne Radio Symphony, Rosbaud)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:SWR19099CD

    CD 8枚組 価格:5,250円(税込、送料無料)

    ロスバウト、ドイツの放送局でのマーラー録音を集大成SWRが進めるハンス・ロスバウト・エディションの第11弾。ドイツの放送局(SWR、WDR)で録音されたマーラーを全て集めた嬉しい企画です。このうち第1番、第7番、第9番、「大地の歌」などはこれまで他のレーベルからの復刻がありましたが、今回初めてSWRとWDRのオリジナル・マスターテープから新たにリマスタリングされてのリリースとなります。鬼才の残した特異なマーラーの全貌が、初めて明らかになります。

    収録作曲家:

  • 商品番号:SWR19425CD

    SWR Klassik

    『カール・シューリヒトの芸術』
    1955-1960年 南ドイツ放送録音[30枚組 BOX] 詳細ページ
    [さまざまな演奏家]

    SCHURICHT, Carl: Collection (The) (1950-1966)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:SWR19425CD

    CD 30枚組 価格:11,400円(税込、送料無料)

    巨匠の芸術をCD30枚に集大成オーケストレーションを客観的に整理した解釈と、明確で生命力に満ち、なおかつ気品のある美しさを湛えた演奏が現在も多くの支持を集めているカール・シューリヒト。彼が1955年から60年まで、シュトゥットガルト放送交響楽団を振って南ドイツ放送(SDR)に残した放送用のセッション録音やライヴをCD20枚にわたり記録した「カール・シューリヒト・コレクション」、続くCD10枚組の「同第2集」、合計30枚のCDを新たに1つのBOXとした集大成が登場しました。巨匠の素晴らしい遺産をたっぷりとお楽しみいただけます。マスターは先の2つのBOXと同じものを使用。なお第1集に付属していたDVDは、今回は同梱されません。

  • 商品番号:TOCC-495

    Toccata Classics

    イーデンスタム(1961-)
    メタル・エンジェル 詳細ページ
    [グンナー・イーデンスタム(オルガン)]

    IDENSTAM, G.: Metal Angel (Idenstam)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:TOCC0495

    CD 価格:1,950円(税込)

    スウェーデン、ラップランド出身の作曲家、グンナー・イーデンスタムのオルガン交響曲「メタル・エンジェル」。全体は、3つの組曲、18曲で構成された大作で、ここでは15曲が紹介されています。 2013年から2019年にかけて作曲されたこの作品は、ゴシックファンタジーの世界に存在する天使たちが主人公。オルガンの壮大な響きをフルに生かし、シンフォニック・ロックとメタルの爆発的なエネルギーを加味しながら、スカンジナビア民謡も引用、伝統的なオルガンの書法も用いたというユニークな作品です。 作曲家自身の演奏で「近年でも最も激しくエイサイティングなオルガン音楽」をお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-545

    Toccata Classics

    ロスナー(1945-2013)
    レクイエム 詳細ページ
    [ケリー・ホリス(ソプラノ)/フィアガル・モスティン=ウィリアムズ(カウンターテナー)/トーマス・エルウィン(テノール)/ギャレス・ブリンモア・ジョン(バリトン)/ニック・パルマー(指揮)/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団]

    ROSNER, A.: Requiem (Hollis, Mostyn-Williams, Elwin, G.B. John, Crouch End Festival Chorus, London Philharmonic, Temple, N. Palmer)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:TOCC0545

    CD 価格:1,950円(税込)

    ニューヨークを拠点に活躍する作曲家、アーノルド・ロスナー(1945-2013)のレクイエム。ロスナー28歳の時に書かれたこのレクイエムは、通常のラテン語ではなく、アメリカの詩人ウォルト・ホイットマンやフランスの詩人フランソワ・ヴィヨンの詩をはじめ、チベットや日本の経典、ユダヤの祈りの歌「カディッシュ」など、世界中から幅広いテキストを採択されています。また、ルネサンス期のポリフォニーを織り込みながらも、全体はロマンティックな作風に拠っており、魅力的な味わいを醸し出しています。 作品の一部はイングマール・ベルイマンの映画「第七の封印」を基にした歌劇(作品は未完成)からの転用であり、主人公が死神とチェスをする場面に付けられた音楽には、ロスナーによる生と死についての深い考察がなされています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-557

    Toccata Classics

    モシュコフスキ(1854-1925)
    〈管弦楽作品集 第2集〉
    管弦楽のための第2組曲 Op.47
    管弦楽のための第3組曲 Op.79 詳細ページ
    [イアン・ホブソン(指揮)/シンフォニア・ヴァルソヴィア]

    MOSZKOWSKI, M.: Orchestral Music, Vol. 2 (Haufa, Elster, Skowronski, Sinfonia Varsovia, I. Hobson)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:TOCC0557

    CD 価格:1,950円(税込)

    ユダヤ系ポーランド人のモーリッツ・モシュコフスキは、生前ピアニストとして高い名声を誇ったためか、現在ではピアノ曲の作曲家として知られています。しかし、彼が遺したのはそれだけではありません。ヴァイオリン曲や管弦楽曲、オペラなどの大規模な作品が数多く目録に載っていますが、残念ながら1世紀以上、ほとんど演奏されることはありませんでした。 モシュコフスキの管弦楽作品を現代によみがえらせる当シリーズ第1集では大規模な交響詩「ジャンヌ・ダルク」をご紹介しましたが、この第2集では2つの「管弦楽のための組曲」をお楽しみいただけます。「サロン風」とも言われるモシュコフスキの作風が活かされた、上品で華麗な曲調による小品が次々と現れる楽しい組曲を、シンフォニア・ヴァルソヴィアの巧みな演奏で。

    収録作曲家:

  • 商品番号:TOCC-561

    Toccata Classics

    トーマス(1826-1913)
    〈ハープとピアノのための二重奏曲全集 第1集〉
    北のおみやげ
    ウェールズの二重奏曲
    大二重奏曲 変ホ短調
    ベートーヴェン、ビゼー、グノー、ヘンデル編曲集 詳細ページ
    [デュオ・プラセディス]

    THOMAS, J.: Harp and Piano Duos (Complete), Vol. 1 (Duo Praxedis)

    発売日:2020年09月18日 NMLアルバム番号:TOCC0561

    CD 価格:1,950円(税込)

    ウェールズ出身のジョン・トーマス(1826-1913)は、18世紀後半に最も称賛されたハープ奏者・作曲家の一人。ビクトリア女王専属のハープ奏者を務め、その洗練された技巧が広く愛されました。 彼はハープ独奏曲の他、ハープとピアノの二重奏曲も数多く書いており、どれもロマン派の作風でありながら、ウェールズ民謡が程よく織り込まれた聴きやすいものばかり。オリジナル作品だけではなく歌劇の旋律や有名なオーケストラ曲をハープ用に編曲した功績も知られています。デュオ・プラセディスは18世紀末から20世紀初頭までの知られざるハープとピアノ二重奏曲の復興に力を注ぐアンサンブル。流麗な音色が持ち味です。

  • 商品番号:8.573870

    NAXOS

    ニールセン(1865-1931)
    ヴァイオリン作品全集 詳細ページ
    [ハッセ・ボロプ(ヴァイオリン)/アンドリュー・ストープ(ピアノ)]

    NIELSEN, C.: Violin Solo Works / Violin and Piano Works (Complete) (Borup, Staupe)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.573870

    CD 価格:1,200円(税込)

    幼少期から優れた音楽的才能を発揮したニールセン。中でも彼が最も得意としたのはヴァイオリンの演奏でした。20代から30代にかけてデンマーク王立管弦楽団で第2ヴァイオリン奏者を務め、ヴェルディのオペラのデンマーク初演に携わるなどプロの奏者として活躍しただけあって、彼のヴァイオリン作品には、楽器を知り尽くした人ならではの旋律の歌わせ方が随所に感じられます。 このアルバムには彼が作曲したヴァイオリンのための作品を全曲収録。初期の作品、ト長調ソナタからはモーツァルトの香りが漂いますが、円熟期の作品「ヴァイオリン・ソナタ第2番」はニールセンが模索した「発展的調性」(調性からの離脱)が見られるだけでなく、後に友人のアドヴァイスにより、若干冗長であった第1楽章に大きな変更が加えらるなど、作品の完成度を高めるためのさまざまな工夫が凝らされています。後期の作品48と作品52はバッハ作品から想起されたものですが、特殊奏法やダブルストップなどが多用された実験的、かつ後期のニールセン作品が持つ独自の晦渋な作風が模索された作品です。 デンマーク出身、アメリカを中心に活躍するヴァイオリニスト、ハッセ・ボルプの味わい豊かな音色が耳に残ります。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.573985

    NAXOS

    RUSSIAN TALES - ロシアの物語
    ミャスコフスキー(1881-1950)
    グラズノフ(1865-1936)

    チェロのための作品集 詳細ページ
    [アンドレアス・ブランテリド(チェロ)/ベンクト・フォシュベリ(ピアノ)]

    MYASKOVSKY, N.: Cello Sonatas Nos. 1 and 2 / GLAZUNOV, A.K.: 2 Morceaux / Chant du ménéstrel (Russian Tales) (A. Brantelid, B. Forsberg)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.573985

    CD 価格:1,200円(税込)

    近代ロシアを代表する2人の作曲家、ミャスコフスキーとグラズノフのチェロ作品を集めた1枚。 ミャスコフスキーは27曲の交響曲を作曲したことで知られる人。ペテルブルク音楽院ではプロコフィエフと同級であり、学生時代から意気投合し、生涯にわたる友情を結んだというエピソードも知られます。19世紀初頭には先鋭な響きを模索しましたが、1930年代には政府の方針もあって、若干古典的な作風に戻っており、ここで聴ける2曲のチェロ・ソナタも調性感を持つ聴きやすい音楽になっています。 グラズノフも生涯保守的な作風を守った人で、作品はどれも平穏な雰囲気を持っています。とりわけこの「2つの小品」は民謡風の旋律を自由に扱った美しい作品。「吟遊詩人の歌」も哀愁溢れる魅力的な小品です。 スウェーデン=デンマーク人チェリスト、アンドレアス・ブランテリドの美音をお楽しみください。dB Productuinsから多数のアルバムをリリースするスウェーデンのピアニスト、フォシュベリの伴奏も聴きどころです。

  • 商品番号:8.574015

    NAXOS

    ボロン(1965-)
    子羊から聞こえるあなたの声 詳細ページ
    [ミカラ・ペトリ(リコーダー)/ペア・サロ(キーボード)/ミカエラ・フカチョヴァー(独奏チェロ)/クリストフ・ポッペン(指揮)/オーデンセ交響楽団/ヨハネス・モーザー(エレクトリック・チェロ)/ニコラス・ミルトン(指揮)/ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団/ヤデル・ビニャミーニ(指揮)/フライブルク・フィルハーモニー管弦楽団]

    BOLLON, F.: Your Voice Out of the Lamb / Four Lessons of Darkness / Dogmatic Pleasures (Petri, Moser, Poppen, Milton, Bignamini)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.574015

    CD日本語帯付き 価格:1,200円(税込)

    リコーダーの女王ミカラ・ペトリとポッペンの競演!国際的に活躍する指揮者ファブリース・ボロン。数多くのコンサートの傍ら、NAXOSをはじめ、cpoレーベルやCapriccioレーベルなどを中心に多彩な作品を録音しています。彼は作曲家としても、「珍しい音色に対する鋭い耳を持つ作曲家」として独特な音を用いた作品で注目を集めています。 このアルバムには、彼の個性がよく表れた3つの作品を収録。「Your Voice Out of the Lamb 子羊から聞こえるあなたの声」は名リコーダー奏者ミカラ・ペトリの依頼により作曲されたもので、タイトルはジェネシスの「The Lamb Lies Down On Broadway」のもじりです。バッハやメンデルスゾーンなどさまざまな音楽を断片的に引用しながら、リコーダーを“正気を逸した声”を発する楽器として扱った上で、ポップミュージックの要素も感じさせるジャンルレスな作品です。 エレクトリック・チェロを用いた「暗闇の4つのレッスン」、相反する言葉が並んだタイトルがユニークな「ドグマティック・プレジャーズ」と、どの作品もポップスやジャズを含む現代の音楽語法を用いた楽しいものばかり。ただし、ボロン自身は、自作を「クロスオーバー」と考えるべきではないと語っています。何と呼ぶのが最もふさわしいのかは、聴き手の判断に任されることでしょう。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574029

    NAXOS

    シューマン(1810-1856)
    〈歌曲集 第9集〉
    ロマンスとバラード
    5つのリート Op.40
    手袋 Op.87/美しいヘートヴィヒ
    4つの驃騎兵の歌/歌人の呪い 詳細ページ
    [デトレフ・ロート(バリトン・ナレーター)/ウルリヒ・アイゼンロール(ピアノ)]

    SCHUMANN, R.: Lied Edition, Vol. 9 - Romances, Ballads and Melodramas (D. Roth, Eisenlohr)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.574029

    CD 価格:1,200円(税込)

    シューマンの歌曲が文学的にも優れているとされるのは、彼が選択したテキストによるものです。この第9集でもハイネやシラー、アイヒェンドルフなどの詩が使われており、シューマンはこれらに素晴らしい曲を付けています。 中でもよく知られているのが、作品番号49のロマンスとバラード。“ラ・マルセイエーズ”の旋律が効果的に用いられた「二人の擲弾兵」はもちろんのこと、2人の兄弟が同じ少女を好きになったため、決闘で決着をつけるという「憎み合う兄弟」のような、物語りに沿った劇的な音楽がつけられているのも、シューマンの才能ならではのものでしょう。 アルバムではバリトンのデトレフ・ロートが情感豊かな歌を歌い、ピアノのアイゼンロールが当意即妙のピアノを聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574149

    NAXOS

    リスト(1811-1886)
    〈ピアノ作品全集 第55集〉
    ドニゼッティ、ラッセン、メンデルスゾーン、マイアベーア、ウェーバー作品の編曲集 詳細ページ
    [アンドレイ・イヴァノフ(ピアノ)]

    LISZT, F.: Transcriptions - Nibelungen / Lucrezia Borgia / Preciosa / A Midsummer Night's Dream (Ivanov) (Liszt Complete Piano Music, Vol. 55)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.574149

    CD 価格:1,200円(税込)

    リストのピアノ曲全集、今作は彼と同世代の作曲家たちのオペラや劇音楽のピアノ版編曲という、リストが最も得意とした分野の作品を集めた1枚。 その中の一人、エドゥアルド・ラッセンはデンマーク生まれの作曲家。リストは彼の才能を見抜き、当時のワイマール宮廷楽長の代理として推薦、自作の歌劇を指揮するように薦めたほどです。ラッセンが作曲した一連の「ファウスト」の音楽は当時高い人気を誇り、リストもこれらの曲の一部をピアノ用に編曲しました。 また、ヘッベルの「ニーベルンゲン」は1861年に初演された戯曲で、ラッセンは序曲を含む11曲の音楽を劇のために買いており、リストはその中の2曲を編曲しています。ここでのリストの編曲は、若い頃のような派手な技巧を駆使することなく、落ち着いた味わいを持っています。 後半のドニゼッティやウェーバー、メンデルスゾーン作品の編曲は、リストの面目躍如といった華麗な作品。中でも「結婚行進曲」では付点リズムの使い方がユニークな味わいを見せています。 1990年、ベラルーシ生まれのイヴァノフはセンスの良いリズム感でこの曲をスマートに仕上げました。アルバムに添えられた2曲のフラグメント(断片)は恐らくリストの若い頃の作品。完成していたらどれほど素晴らしい曲になっていたことでしょうか。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574206

    NAXOS

    ヴィドール(1844-1937)
    〈オルガン交響曲集 第3集〉
    オルガン交響曲 第7番 イ短調 Op.42, No.3
    ゴシック交響曲 Op.70 詳細ページ
    [クリスティアン・フォン・ブローン(オルガン)]

    WIDOR, C.-M.: Organ Symphonies (Complete), Vol. 3 - No. 7 / Symphonie gothique (Blohn)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.574206

    CD 価格:1,200円(税込)

    ヴィドールのオルガン交響曲集の第3集。今作に収録されているのは第7番と実質上の「第9番」である「ゴシック交響曲」。第7番では、冒頭の力強いパッセージが全体を牽引し、時に現れる平穏な雰囲気さえも、荒々しくかき乱しながら終盤のクライマックスへと進んでいきます。オルガンの響きを極限まで生かしたドラマティックな音楽が強い印象を残します。 ゴシック交響曲も緊張感に満ちたフレーズで幕を開け、美しいアンダンテ楽章を経て、壮大な終楽章へと向かいます。最終楽章の冒頭はシンプルなコラールが置かれていますが、さまざまな変奏を経て絢爛たるトッカータへと導かれるという構成になっており、奏者に非常に高い演奏技術を要求しつつ、巨大なオーケストラに匹敵する音響効果を引き出しています。タイトルの「ゴシック」とは、もともとはルーアン大聖堂の広大なゴシック様式の礼拝堂を指していますが、曲全体はグレゴリオ聖歌に基づく主題に拠っています。ヴィドールはこの作品をとても愛しており、自身のコンサートで頻繁に演奏したという記録が残っています。 ドイツを中心にオルガニスト、教師として活躍するブローンの演奏で。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574213

    NAXOS

    フックス(1847-1927)
    ヴァイオリン・ソナタ 第1番-第3番 詳細ページ
    [チョン・ヘジン(ヴァイオリン)/ウォーレン・リー(ピアノ)]

    FUCHS, R.: Violin Sonatas Nos. 1-3 (Hyejin Chung, Warren Lee)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.574213

    CD 価格:1,200円(税込)

    ロベルト・フックス(1847-1927)はオーストリアの作曲家。彼の卓越した作曲技術は、滅多に人を褒めることがなかったブラームスでさえをも感嘆させたといいます。とりわけオーケストラ作品における音の使い方が見事で、彼のセレナードは当時大人気を獲得しました。またウィーン音楽院の楽理科教授として多くの生徒を指導したことでも知られ、その中には20世紀音楽を牽引した音楽家たち、マーラー、ヴォルフ、シベリウス、ツェムリンスキー、マデトヤ、コルンゴルトなど錚々たる名前も見られます。 作曲家としては前述のセレナードを始め、多くの作品を残しており、この24年間に渡って書かれた3曲のヴァイオリン・ソナタは、フックスの美質である緻密な構成と繊細な響きが際立つ魅力的な作品。時折聞こえてくるハンガリー民謡風の旋律も印象に残ります。 演奏しているチョン・ヘジンは香港舞台芸術アカデミー(HKAPA)で西崎 崇子に学んだヴァイオリニスト。豊かな表現力と美しい音色が特徴です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.574274

    NAXOS

    マネン(1883-1971)
    ヴァイオリン協奏曲 第3番「イベリコ」
    交響曲 第2番 「イベリカ] 詳細ページ
    [アナ・マリア・バルデラマ(ヴァイオリン)/ダレル・アン(指揮)/バルセロナ交響楽団&カタルーニャ管弦楽団]

    MANÉN, J.: Violin Concerto No. 3, "Ibérico" / Symphony No. 2, "Ibérica" (Valderrama, Barcelona Symphony, Darrell Ang)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.574274-75

    CD 2枚組日本語帯付き 価格:2,400円(税込)

    知られざる作曲家マネンの作品をダレル・アンの指揮で!バルセロナ出身の作曲家フアン・マネン(1883-1971)。近代スペインを代表する作曲家アルベニスやグラナドス、ファリャに続く、トゥリーナと同時代の作曲家です。他の作曲家たちがピアノ曲を重視したのに対し、彼は専らヴァイオリニストとして活動し、ドイツを中心に、ヨーロッパからアメリカで4000回以上のリサイタルを行って、同国人のサラサーテを凌駕する才能の持ち主として高く評価されました。一時期は世界的な人気を誇り、1959年、76歳まで演奏活動を続けたマネンですが、公式録音をほとんど残さなかったためか、現在ではほとんど顧みられることがありません。 作曲家としては7作の歌劇を始め、数多くの管弦楽曲から歌曲までを残しており、このアルバムに収録された交響曲と協奏曲は、どちらもロマンティックな雰囲気を湛えたスペイン情緒豊かな作品です。 2011年のサラサーテ国際コンクールに優勝したスペインの若き奏者バルデラマの伸びやかな音で奏でます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.660476

    NAXOS

    ブロンザルト(1840-1913)
    歌劇《イェリーとベーテリー》 詳細ページ
    [ハリー・ファン・デア・プラス(テノール)/キャロライン・ブルカー(ソプラノ) 他/ダリオ・サルヴィ(指揮)/マルメ歌劇場管弦楽団]

    BRONSART, I. von: Jery und Bätely [Opera] (Van der Plas, Bruker, Kalaidjian, S.T. Freier, Edén, Malmö Opera Orchestra, Salvi)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:8.660476

    CD 価格:1,200円(税込)

    スウェーデン人の両親を持ち、ロシアのサンクトペテルブルクで生まれたインゲボルク・フォン・スタルク。熱心な音楽愛好家の父母のおかげで、14歳の時にはすでに優れた演奏家として知られるまでになった彼女は、更なる飛躍を求め1858年にワイマールへ留学。偉大なフランツ・リストにピアノを師事します。 ライプツィヒ、ドレスデン、パリでコンサートデビューした後、1861年には、リストの取り巻きの一人、ハンス・ブロンザルト・フォン・シェレンドルの2番目の妻となり、更に華々しい活躍が期待されましたが、1867年に夫がハノーファー王立劇場の総監督に就任したことで、国家政策のため、公の場で演奏することを禁じられてしまいました。その後の彼女は作曲をすることで、その芸術的才能を磨き、歌劇をはじめ50曲以上の歌曲などを発表。1873年に初演されたゲーテの戯曲に基づく歌劇《イェリーとベーテリー》は大成功を収めました。 山奥で年老いた父と暮らすベーテリー、彼女に恋心を抱く農家の息子イェリー。イェリーの友人の退役軍人トーマス。この3人の恋模様が描かれたこの歌劇は、歌の間に対話が組み込まれたジングシュピールの伝統に属しており、ウェーバーやワーグナーを思わせる美しい旋律に満ちています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA418

    Alpha

    『シューベルト・イン・ラヴ』
    ポップス調アレンジで聴くシューベルト作品の魅力 詳細ページ
    [ローズマリー・スタンドレー (ヴォーカル)、アンサンブル・コントラスト、サンドリーヌ・ピオー (ソプラノ)、エレル・ベッソン (トランペット)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:2,325円(税込)

    フランスで活躍するポップス界の歌姫が贈る、シューベルトの新しい魅力フランスを中心に活躍し、1930-50年代のポップスを歌うバンド“モリアーティ”のヴォーカリストであるローズマリー・スタンドレーと、近現代音楽を中心にクロスオーヴァー系もアコースティックな楽器でセンスあざやかにこなす実力派集団、アンサンブル・コントラストが手を組んだシューベルトの作品集。ピアノを担当するグループの中心メンバー、ジョアン・ファルジョによる、原曲のイメージを生かした美しくも物憂いアレンジで収めています。 方々から引っ張りだこでALPHAレーベルお馴染みのソプラノ、サンドリーヌ・ピオーと、ヨーロッパ・ジャズ界で話題の女性トランペッターでALPHAからアルバム(ALPHA298)をリリースしているエレル・ベッソンも参加。心地よく力の抜けたヴォーカルと演奏が、シューベルト作品が本質的に持つ魅力を新しい角度から楽しませてくれます。ピオーがリードする「夜と夢」も絶品。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ALPHA626

    Alpha

    『ラメント』
    バロック期ドイツ語圏の器楽と声楽のための哀歌をあつめて 詳細ページ
    [ダミアン・ギヨン (カウンターテナー)、カフェ・ツィマーマン (古楽器使用) パブロ・バレッティ、マウロ・ロペス・フェレイラ (ヴァイオリン) パトリシア・ガニョン、デアドル・ダウリング (ヴィオラ) ペトル・スカルカ (チェロ) ダヴィデ・ナーヴァ (コントラバス) 野入志津子 (テオルボ) セリーヌ・フリッシュ (オルガン)]

    Vocal and Chamber Music (Baroque) - BACH, J.S. / BIBER, H.I.F. von / FROBERGER, J.J. / SCHMELZER, J.H. (Lamento) (Guillon, Café Zimmermann)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:ALPHA626

    CD日本語帯付き 価格:2,325円(税込)

    ダミアン・ギヨンとカフェ・ツィマーマンの共演による哀歌集古くは13世紀からあり、ルネサンスを経てバロックに入る頃、声楽曲としてのみならず、器楽曲としてもその形式を確立した「ラメント(哀歌・悲歌)」。ここにはオーストリアを中心に活躍したシュメルツァーとビーバー、存命中に大きな名声を得ていたヨハン・クリストフ・バッハ、その弟で大バッハの先妻マリア・バルバラの父でもあるヨハン・ミヒャエル・バッハ、フレスコバルディに学んだ鍵盤音楽の重要作曲家フローベルガー、ドレスデンにおけるシュッツの高弟で後年ハンブルクに移り多くの教会音楽を残したベルンハルトらによる、ラメントの性格を持った作品を収録しています。 カフェ・ツィマーマンはこのアルバム制作にあたり、長年共演を重ねてきたダミアン・ギヨンを招き、しっとりとした表現に留まらず、時に波打つような動きを生き生きと歌い上げ、美しくもメリハリのある一枚に仕上げています。バレッティとフリッシュという、グループの中心人物二人それぞれのソロも収められた多彩なプログラムです。

  • 商品番号:ALPHA630

    Alpha

    ピエール・アンリ(1927-2017)
    第10交響曲 ~ ベートーヴェンを讃えて 8楽章版 詳細ページ
    [ブノワ・ラモー(テノール)、マルゼーナ・ディアクン (指揮)、ブルーノ・マントヴァーニ (指揮)、パスカル・ロフェ (指揮)、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、パリ音楽院管弦楽団、フランス放送合唱団、パリ青年合唱団]

    HENRY, P.: Dixième symphonie de Beethoven (La) (B. Rameau, Jeune Choeur de Paris, Radio France Choir, Radio France Philharmonic, Diakun, Rophé)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:ALPHA630

    CD 価格:2,325円(税込)

    フランス実験電子音楽の巨匠が描く、ベートーヴェンの一大コラージュ!2017年に亡くなったピエール・アンリが、ベートーヴェンの残した9つの交響曲を大胆にコラージュ。1979年にテープ作品として発表されて以来、1988年にエレクトロアコースティック、1998年にリミックスとしてアルバム・リリースされましたが、今回初めて、アンリ自身が熱望していた生楽器による録音となりました。本来12楽章の作品ですが、ここではそのうち1、2、8、9を省いた8つの楽章を全楽章として構成しています。 ベートーヴェンの交響曲からの様々なフレーズを細切れにして再び繋ぎ合わせたスコアを、3人の指揮者が3つに分けたオーケストラをフルに活用し、終盤には声楽も投入しつつ、全く違うテンポで重ね合わせていきます。それはまるで、複数のターンテーブルあるいは予め録音した演奏を用いているかのようであり、アンリが祖の一人とされるミュジック・コンクレートを生で再現する非常にスリリングな試みでもあります。一聴するとばらばらで無秩序のようですが、重なる和声やリズムは緻密に計算されており、その音響に身を任せているとどうしたわけかたいへん心地良いという、実に不思議な作品です。ブックレットには、ヘッドフォンで立体的な音響を体験できるバイノーラル・ヴァージョンのダウンロード・リンク付き。

    収録作曲家:

  • 商品番号:C5402

    Capriccio

    テブロ川のほとりで
    ヴィヴァ・イタリア 詳細ページ
    [シボーン・スタッグ(ソプラノ)/ベルリン・ドイツ交響楽団のメンバーによる金管五重奏団]

    Arrangements for Soprano and Brass Quintet (Viva Italia - Su le sponde del Tebro) (S. Stagg, Deutsches Symphonie-Orchester Berlin Brass Quintet)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:C5402

    CD 価格:2,100円(税込)

    ベルリン・ドイツ交響楽団のメンバーによる金管五重奏団。彼らのCapriccioへの第2作目となるアルバムはイタリア声楽作品を中心にした作品集。オーストラリア出身の若きソプラノ歌手、スタッグをソリストに迎え、アルバム・タイトルでもあるアレッサンドロ・スカルラッティの「テブロ川のほとりで」から、誰もが一度は耳にしたことのある「ヴォラーレ」「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」などの名曲を味わい深く高らかに奏でています。 各々の作品はメンバーのリップをはじめ、現代の若手アレンジャーたちが手を加えており、メンバーたちの妙技を存分に堪能できます。

  • 商品番号:C8060

    Capriccio

    ヴラディゲロフ(1899-1978)
    ピアノ協奏曲集
    第1番-第5番 詳細ページ
    [テオドール・モウセフ(ピアノ)/イヴァン・ドレニコフ(ピアノ)/クラシミール・ガテフ(ピアノ)/パンチョ・ヴラディゲロフ(ピアノ)/アレクサンドル・ヴラディゲロフ(指揮)/ブルガリア国立放送交響楽団]

    VLADIGEROV, P.: Piano Concertos Nos. 1-5 (T. Moussev, I. Drenikov, K. Gatev, P. Vladigerov, Bulgarian National Radio Symphony, A. Vladigerov)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:C8060

    CD 3枚組 価格:2,850円(税込)

    パンチョ・ヴラディゲロフ(1899-1978)はブルガリアの近代作曲家。1933年にはブルガリア現代音楽協会の創立メンバーに名を連ねるなど、ブルガリア音楽史に名を遺す重要な人物です。 少年時代から作曲とピアノを始めたヴラディゲロフは、やがてベルリンへ移住し、ベルリン高等音楽院でパウル・ユオン、プロイセン芸術アカデミーでフリードリヒ・ゲルンスハイムとゲオルク・シューマンに作曲を師事しました。1920年代から1935年まで、ベルリン・ドイツ劇場で演出家マックス・ラインハルトの下で作曲家とピアニストを務めた後、ブルガリアに帰国。ブルガリア国立音楽院でピアノを教えるとともに、幅広いジャンルの作品を書き上げヨーロッパ、ロシア、アメリカなどで演奏され高く評価されています。没後、彼の作品は忘れられかけてしまいましたが、21世紀になって再度注目を浴びるようになり、いくつかの録音も生まれています。 そんなヴラディゲロフですが、ブルガリアでは1970年代に一連の録音が製作されており、Capriccioレーベルにはアルバム18枚分にも及ぶ音源が遺されています。CD3枚に渡って収録されたピアノ協奏曲は、ラフマニノフやラヴェルを思わせる色彩豊かなオーケストラをバックに、ピアノの技巧的なパッセージが映える聴きごたえのあるものです。また第5番はヴラディゲロフ自身が独奏を担当。彼が卓越した技巧を誇るピアニストであったことを証明しています。 ここでタクトを振っているのは、彼の息子アレクサンドル(1933-1993)。偉大な父の音楽を未来に継承するために、見事な演奏を披露しています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CKD640

    Linn Records

    R.シュトラウス(1864-1949)
    死と変容 Op.24
    ドン・ファン Op.20
    6つの歌 Op.68 詳細ページ
    [ルイーズ・オルダー (ソプラノ)、ロビン・ティチアーティ(指揮)、ベルリン・ドイツ交響楽団]

    発売日:2020年09月11日

    CD日本語帯付き 価格:2,400円(税込)

    ティチアーティが甘美に歌い上げるリヒャルト・シュトラウス!2019年の来日公演が大きな成功を収めたロビン・ティチアーティとベルリン・ドイツ交響楽団にとって、初めてのリヒャルト・シュトラウス・アルバム。ティチアーティのR.シュトラウスといえば、2014年グラインドボーンでの《ばらの騎士》(OA1170D/OABD7168D)での演奏が高い評価を得ていますので、管弦楽作品のリリースは今回が初めてというのも少し意外なところ。 オープニングを飾る来日公演でも披露された「ドン・ファン」では、勢いで押すことなく細部を丁寧に歌い上げ、作品の美しい側面をたっぷりと聴かせています。 「6つの歌」では、近年急速にその評価を上げているルイーズ・オルダーを起用。2017年のカーディフ国際コンクールでジョーン・サザーランド聴衆賞を獲得、2019年にはジョン・エリオット・ガーディナー指揮によるヘンデルの《セメレ》でタイトルロールを歌ったことでも話題となりました。「若手のリリック・ソプラノの中でも最も輝かしい声」(The Arts Desk)、「きらめくように美しい声」(The Gramophone)と評され、バロック、古典派から後期ロマン派までを驚異的な表現力で聴かせる彼女の魅力を存分に引き出しています。 「ドン・ファン」とほぼ同時期に書かれ、二十代前半の若きR.シュトラウスを代表する作品の一つ「死と変容」では、目まぐるしく変化する曲想をそれぞれ見事に捉え、色彩感豊かに聴かせました。オーケストラを細やかにコントロールし、このように官能的な音楽を作り上げるティチアーティもまだ三十代。早熟の作曲者に深い共感を持って作り上げたアルバムです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:CVS026

    Château de Versailles Spectacles

    ラモー(1683-1764)
    《レ・ボレアド》 全5幕の叙情悲劇 詳細ページ
    [デボラ・カシェ (ソプラノ)、カロリーヌ・ウェイナンツ (ソプラノ)、マティアス・ヴィダル (テノール)、ベネディクト・クリスティアンソン (テノール)、ブノワ・アルヌール (バリトン)、トマーシュ・シェルツ (バス・バリトン)、ニコラス・ブローイマンス (バス)、ルーカシュ・ゼマン (バリトン)、ヘレナ・ホゾヴァ (ソプラノ)、パヴラ・ラドストヴァー (ソプラノ)、アンナ・サヴィシャ (ソプラノ)、テレザ・マリチュカヨヴァー (ソプラノ)、ヴァーツラフ・ルクス (指揮) コレギウム1704]

    発売日:2020年09月11日

    CD 3枚組 価格:3,825円(税込、送料無料)

    ラモー最晩年の傑作、《レ・ボレアド》待望の新録音!1763年、七年戦争終結の祝賀のために作曲された《レ・ボレアド》は、その素材をギリシャ神話から取っており、北風の神ボレアスを信奉するボレアドと呼ばれる人々の女王が、身分違いの恋を貫いた末にそれを勝ち得るという物語。どうしたわけか初演はキャンセルされ、その後すぐに当時のオペラ座(サル・デュ・パレ・ロワイヤル)が火災に見舞われたうえ、翌1764年にはラモーが亡くなってしまい、上演の機会を得られないまま国立図書館に200年ものあいだ眠ることとなりました。その初演は1964年、フランスの放送局ORTFにてラモーの没後200年記念事業として放送。舞台での初演は1982年にジョン・エリオット・ガーディナーの手によって行われ、同年録音もなされています。2003年にはウィリアム・クリスティ指揮による舞台の映像収録もありましたが、管弦楽のみの組曲版ではない全曲録音はそれ以来現れず、今回のヴァーツラフ・ルクスによる録音はその後の研究成果をふまえての貴重なものです。また、ヴェルサイユ宮殿内の歌劇場(その完成はこの歌劇の作曲より後とはいえ)での録音という点でも意味のあるものと言えるでしょう。古典派時代と言ってよい頃の作ということもあり、クラリネットやホルン、打楽器などを動員したラモーならではの管弦楽センスが映える、当時としては最大編成のオーケストラを生き生きとした古楽器演奏で聴ける点も魅力。独唱陣は、近年活躍目覚ましくル・ポエム・アルモニークによる「アレグリ: ミゼレーレ」(ALPHA438/NYCX-10093)でもソプラノのトップを堂々務めたデボラ・カシェを始め、レオナルド・ガルシア・アラルコンやセバスティアン・ドゥセらの信頼篤いカロリーヌ・ウェイナンツなどの実力派を揃えており、その瑞々しい歌唱がラモー最晩年の不遇の傑作に若々しい躍動感とキレを与え、作品の真価を問う素晴らしい演奏に仕上げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:EUCD2912

    ARC Music

    Modou Touré
    TOUKI
    (セネガルの音楽) 詳細ページ
    [モドウ・トゥーレ]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:1,725円(税込)

    アフリカ大陸西端に位置するセネガル共和国の首都ダカール出身のモドウ・トゥーレ。ソロ・デビュー・アルバムとなる今作は、ドラム、ベース、パーカッション、エレキ・ギターと調和したシャープなアコースティック・ギターで、アフロビート、ポップ・ロック、ファンクを横断するグルーヴィーなリズムを聴かせています。 この作品について「これは私の人生の物語です。失敗から学ぶことで、自分の道を切り開く、勇気とパワーを与えてくれました。」と語るトゥーレのエネルギッシュで力強い歌声は、現代のミュージック・シーンの枠を飛び越えて心に響きます。

  • 商品番号:EUCD2920

    ARC Music

    Kuljit Bhamra
    Essence of Raga Tala
    (ブリティッシュ・バングラ) 詳細ページ
    [クルジット・バムラ]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:1,725円(税込)

    ブリティッシュ・バングラのパイオニアと称される、プロデューサー、作曲家、タブラ奏者のクルジット・バムラ。英国からすぐれた文化人・芸能人に与えられる大英帝国勲章MBE(Member of the British Empire)の称号を持ち、これまでに「ベンド・イット・ライク・ベッカム」や「ボンベイ・ドリームス」などをリリースしています。この作品も彼自身が作曲を手掛けプロデュース。 9つのラーガと2つのターラからなるこのアルバムは、伝統的音楽と西洋楽器が一体となり、新たな方向性を感じさせる音楽を生み出します。

  • 商品番号:EUCD2922

    ARC Music

    Jaleo
    Flamenco Live
    (スペイン フラメンコ音楽) 詳細ページ
    [ハレオ]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:1,575円(税込)

    爆発力のあるフットワーク(足踏み)、心に響く歌声、超絶的なギターの演奏、スペインでの受賞歴をもつ最高のフラメンコ・アーティストによるパーカッシヴなハンド・クラッピングは、まるで強烈な音のカクテル。本場セビリアを拠点に、革新的でエキサイティングなアプローチを行うダンス・カンパニーとして国際的に高く評価されているハレオ(Jaleo)によるフラメンコ・アルバム。 アンダルシアの中心部にあるフラメンコ・バルでのライヴ・レコーディングです。

  • 商品番号:EUCD2924

    ARC Music

    Shafqat Ali Khan
    Sublime Sufi
    (インド/パキスタン スーフィーの音楽) 詳細ページ
    [シャフカット・アリー・カーン]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:1,575円(税込)

    11世代も続いているプロ・ミュージシャンの家系に生まれ、7歳でパキスタンのラホール音楽祭でプロとしてデビューしたシャフカット・アリー・カーン。彼の音楽スタイルはスーフィーの伝統に深く根付いています。古いものと新しいものを巧みにブレンドし、インドとパキスタンのスピリチュアルで伝統的な音楽を、エレキ・ギター、シンセサイザー、サックスで“今”のサウンドに生まれ変わらせています。 憂鬱や絶望から恍惚たるエクスタシーまで、強く感情を揺さぶられる情熱的なアルバムです。

  • 商品番号:FSRCD001

    Fugue State Films

    ヴィム・ファン・ベーク(オルガン)
    モーツァルト、メンデルスゾーン、
    ブラームス、メシアン:

    オルガン作品集 詳細ページ
    [ヴィム・ファン・ベーク(オルガン)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:2,325円(税込)

    オランダのオルガニスト、ヴィム・ファン・ベーク(1930-2017)。デン・ハーグのコニンクリーク音楽院を卒業後、1956年にフローニンゲンのマルティーニ教会オルガニストに就任、60年間にわたって教会のシュニットガー=ヒンツ・オルガンを演奏しました。J.S.バッハとブクステフーデのオーソリティとして知られますが、20世紀作品も積極的に取り上げるなど幅広いレパートリーを有していました。 このアルバムでも、モーツァルト、メンデルスゾーン、ブラームス、メシアンまでおよそ200年に渡る年代の作品を演奏。ベークの才能の一端を堪能できます。

  • 商品番号:FSRCD003

    Fugue State Films

    ヴィム・ファン・ベーク(オルガン)
    J.S.バッハ(1685-1750)
    クラヴィーア練習曲 第3巻
    オルガン・ミサ 詳細ページ
    [ヴィム・ファン・ベーク(オルガン)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 2枚組 価格:3,225円(税込、送料無料)

    オランダのオルガニスト、ヴィム・ファン・ベーク。デン・ハーグのコニンクリーク音楽院を卒業後、1956年にフローニンゲンのマルティーニ教会オルガニストに就任、60年間にわたって教会のシュニットガー=ヒンツ・オルガンを演奏しました。 このアルバムではベークが長年愛奏していたオルガンで、バッハの大作「オルガン・ミサ」全曲を演奏しています。バッハが出版したオルガン曲の中でも最大の作品集であり、高度な作曲技法と工夫が凝らされたこの曲集は、全体が三位一体の概念で統一されており、至るところに「3」という数字が隠されていることで知られています。ベークは長年のキャリアと深い信仰心に基づく堂々たる演奏で聴き手を魅了します。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FSRCD005

    Fugue State Films

    ヴィム・ファン・ベーク、
    ロスキレ大聖堂のオルガンを弾く
    J.S.バッハ(1685-1750)
    オルガン作品集 詳細ページ
    [ヴィム・ファン・ベーク(オルガン)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:2,325円(税込)

    オランダの名オルガニスト、ヴィム・ファン・ベーク(1930-2017)。60年間にわたり、フローニンゲンのマルティーニ教会オルガニストを務めたほか、ヨーロッパを中心に演奏会を行い高く評価されました。 この録音は、彼がしばしば訪れたデンマークのロスキレ大聖堂のマルカッセン・オルガンを演奏したもの。長い歴史を誇るロスキレ大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されており、このオルガンも16世紀に製作され、1833年にオルガン・ビルダー、ユルゲン・マルカッセン(1781-1860)により再建。以降、何回かの修復を経て1980年代に徹底的な再調査が行われ、一部が16世紀の原型に戻された銘器です。ベークは歴史的オルガンから美しい響きを紡ぎ出し、一連のバッハ作品を壮麗に聴かせています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FSRCD008

    Fugue State Films

    ルイ・クープラン(1626頃-1661)
    チェンバロ作品集 詳細ページ
    [コリン・ブース( チェンバロ)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:2,325円(税込)

    優れた鍵盤楽器奏者であり、チェンバロ製作者としても活躍するコリン・ブース。このアルバムは彼が2012年に入手したというニコラス・チェリーニ製のチェンバロ(1661年製、2段鍵盤)を復元した楽器を用い、ルイ・クープラン作品を演奏したものです。ブースはこの楽器を17世紀のフレンチ・ピッチにチューニングし、作品に最もふさわしい響きを導きだしています。楽器の構造を熟知したブースならではの素晴らしい演奏をお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FSRCD009

    Fugue State Films

    Parthenia Nova - 新しいパーセニア
    オルガン作品集 詳細ページ
    [サイモン・トーマス・ジェイコブス(オルガン)]

    Organ Recital: Jacobs, Simon Thomas - BÖHM, G. / MARTINSON, J. / MOORE, P. (Parthenia Nova)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:FSRCD009

    CD 価格:2,325円(税込)

    タイトルの「パーセニア」とは1613年、プファルツ選帝侯フリードリヒ5世とジェイムズ1世の娘であるエリザベス・ステュアートの結婚を祝して出版された曲集のこと。ここでは現代の名手、サイモン・トーマス・ジェイコブスが3曲の世界初録音を含む、16世紀から21世紀までのバラエティ豊かな作品を選び出し「新しいパーセニア」としての魅力的なアルバムを創り上げました。 彼は2013年に開催された「セント・オールバンズ国際オルガン・フェスティヴァル」で最優秀賞と聴衆賞を獲得したオルガニスト。このアルバムがデビュー作となります。使用楽器はロンドン、ハノーヴァー・スクエアの聖ジョージ教会のオルガン。アメリカのオルガン・ビルダー、リチャード・フォークス社が製造した素晴らしい響きを持つ楽器です。

  • 商品番号:FSRCD010

    Fugue State Films

    A Giant Reborn - 巨人の生まれ変わり
    18世紀のオルガン作品集 詳細ページ
    [ジェラール・ブルックス(オルガン)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 2枚組 価格:3,225円(税込、送料無料)

    イングランド国教会が1714年から1729年に建設したクライスト・チャーチ。この教会のオルガンを製作したのは、1735年に当時の名オルガン・ビルダー、リチャード・ブリッジ(生年不明-1758)で、2000本を超えるパイプを備えた堂々たる楽器は、現代イギリスに於いても最大規模を誇っています。100年以上の長きに渡り、様々な改修が加えられながら大切に扱われてきましたが、教会の老朽化に伴い、1960年代に一旦オルガンも解体され別の場所に保存、教会の改装後の2014年、オルガン・ビルダー、ウィリアム・ドレイクの手で修復され元の場所に設置されました。 名手ジェラール・ブルックスの演奏で聴くこの2枚組は、この楽器の美質を最も生かす18世紀当時の作品で構成されており、中にはプレルールやリーディング、キープルなどあまり知られていない曲も含まれています。

  • 商品番号:FSRCD011

    Fugue State Films

    ウェイン・マーシャル
    コブレンツのフーゴ・マイヤー・オルガンを弾く 詳細ページ
    [ウェイン・マーシャル(オルガン)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:2,325円(税込)

    オルガニストとして、また指揮者、ジャズ・ピアニストとして活躍するマルチアーティスト、ウェイン・マーシャル。このアルバムでマーシャルは、歴史あるコブレンツの聖カストル教会に新しく設置されたフーゴ・マイヤー・オルガンを縦横無尽に駆使し、ジャン・ロジェ=デュカスとコッカーの作品と、5曲の即興演奏を披露しました。 即興には、どれもよく知られたテーマが用いられていますが、マーシャルは時にジャズ風のシンコペーションを効かせながら独自の音楽を創り上げ、聴き手を興奮の渦に巻き込んでいます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FSRCD014

    Fugue State Films

    J.S.バッハ(1685-1750)
    トリオ・ソナタ 第1番-第6番 BWV 525-530 詳細ページ
    [ジョン・スコット・ホワイトリー(オルガン)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:2,325円(税込)

    イギリスのオルガニスト、ジョン・スコット・ホワイトリーが演奏するバッハのトリオ・ソナタ。ロンドン王立音楽院で学び、1976年に開催された全英オルガン・コンクールで優勝。1998年に出版されたジョセフ・ジョンゲンのオルガン作品についての著書が世界的に注目されるとともに、2003年からBBCのためにバッハの全オルガン作品の収録を始め、こちらは「21世紀のバッハ」と呼ばれる大規模なプロジェクト。このトリオ・ソナタにも最新の研究が解釈に反映されています。 安定したテクニックによるホワイトリーの見事な演奏をお聴きください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FSRCD016

    Fugue State Films

    Sigfrid's Unbeaten Tracks
    ジークフリートの無敵の足跡
    カルク=エーレルト(1877-1933)
    33のポートレート(オルガン編)
    ハルモニウム・ソナタ 第2番 変ロ長調(オルガン編) 詳細ページ
    [グレアム・バーバー(オルガン)]

    KARG-ELERT, S.: 33 Portraits, Op. 101 (excerpts) / Harmonium Sonata No. 2 (arr. G. Barber for organ) (Unbeaten Tracks) (G. Barber)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:FSRCD016

    CD 価格:2,325円(税込)

    ドイツ・ロマン派の作曲家カルク=エーレルト。現在はフルートのための作品がよく知られていますが、もともとは優れたハルモニウム(小型のリードオルガン)奏者であり、この楽器のためだけではなく、オルガン作品も好んで作曲していました。このアルバムには、彼がハルモニウムのために書いた「33のポートレート」からの抜粋と、ハルモニウム・ソナタ第2番のオルガン編曲版が収録されています。 編曲と演奏を行っているのはロマン派の作品を得意とするオルガニスト、グレアム・バーバー。「33のポートレート」は“パレストリーナからシェーンベルクまで”という副題を持つ、さまざまな作曲家の作風を模した興味深い作品。バーバーの編曲は、ハルモニウムでは表現し得ない多彩な音色を原曲に付加し、ハルモニウムでは表現し得ない多彩な音色を原曲に付加し、4段手鍵盤と足鍵盤、86のストップを持つウルムのパウロ教会の大オルガンを駆使して壮大な響きを存分に聴かせます。

    収録作曲家:

  • 商品番号:FUG764

    Fuga Libera

    ベルリオーズ(1803-1869)
    幻想交響曲
    アンドリーセン(1892-1981)
    苦痛の鏡 詳細ページ
    [クリスティアンネ・ストーテイン (メゾ・ソプラノ)、ドミトリー・リス (指揮)、南オランダ・フィルハーモニー管弦楽団]

    ANDRIESSEN, H.: Miroir de peine / BERLIOZ, H.: Symphonie fantastique (Stotijn, Philharmonie Zuidnederland, Liss)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:FUG764

    CD 価格:2,325円(税込)

    リスとオランダの名手たちが描く、アンドリーセンの美しい歌曲と色彩豊かな「幻想」リンブルフ交響楽団とブラバント管弦楽団が合併し2013年に誕生した、南オランダ・フィルハーモニー管弦楽団(南ネーデルラント・フィルハーモニー管弦楽団)。2016-17年のシーズンより当団初の首席指揮者を務めるドミトリー・リスとの3枚目のアルバム。「幻想交響曲」に、20世紀オランダの作曲家・オルガニスト、ヘンドリク・アンドリーセンが、フランスの詩人・劇作家アンリ・ゲオン(1875-1944)の「イエスの鏡」から「苦痛の鏡」に曲を付けた歌曲集を収録。 キリストの受難の物語のうち逮捕から死までを描いた「苦痛の鏡」は、声楽とオルガンのために書かれた作品の伴奏を弦楽合奏に書き改めたもの。ゆったりとした弦に乗ってメゾ・ソプラノが切々と歌い上げ、苦痛そのものというよりはその癒しまでを表現するかのようなたいへん美しい作品で、これまでベイヌムによる録音のほかはあまり知られていないのが、実にもったいない佳曲です。メゾ・ソプラノのクリスティアンネ・ストーテインは、自身の出身である音楽王国オランダを中心に多くの名手たちと共演を続けており、ここでもその繊細な表現力と安定した声量で作品を引き立てています。 「幻想交響曲」もこけおどしは微塵も感じさせない演奏で、第2楽章で加えられたコルネットを始め各パートを極端に強調することなく、大オーケストラを隅々まで生かし、全体をパレット上で絵具を混ぜるがごとく溶け合わせながら、作品の色彩感と狂気を実に巧みに描きあげています。

  • 商品番号:GP844

    GRAND PIANO

    PIONEERS 先駆者たち
    女性作曲家たちのピアノ曲集 詳細ページ
    [石本 裕子(ピアノ)]

    Piano Recital: Ishimoto, Hiroko - BACKER GRØNDAHL, A. / BĄDARZEWSKA-BARANOWSKA, T. / BEACH, A. / BON, A. (Pioneers - Piano Works by Female Composers)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:GP844

    CD日本語帯付き 価格:1,950円(税込)

    18世紀から現代までに於いて、女性作曲家たちがどのような活動をしてきたかを探るアルバム。クララ・シューマンやエイミー・ビーチ、三宅榛名などよく知られた女性たちの作品から、最近注目が高まるドーラ・ペヤチェヴィチ、セシル・シャミナードの作品までを紹介するだけでなく、フリードリヒ大王(プロイセン王)フルート・ソナタを献呈したことで知られるイタリアのアンナ・ボンを始め、マルティヌーに師事したヴィーチェスラヴァ・カプラーロヴァー、「乙女の祈り」1曲のみが知られるテクラ・バダジェフスカ(テクラ・ボンダジェフスカ=バラノフスカ)、そしてほぼ歴史に埋もれてしまった他の女性たちの作品が随所に散りばめられたこのアルバムは、ピアニスト、石本裕子の長年の研究結果が反映される興味深い1枚に仕上りました。 石本は各々の女性作曲家たちの生涯を丹念に辿りながら、その作品を愛情を込めて奏でています。

  • 商品番号:GP846

    GRAND PIANO

    バラキレフ(1837-1910)
    〈ピアノ作品全集 第6集〉
    イスラメイ、それを越えて 詳細ページ
    [ニコラス・ウォーカー(ピアノ)]

    BALAKIREV, M.A.: Piano Works (Complete), Vol. 6 (N. Walker)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:GP846

    CD 価格:1,950円(税込)

    ニコラス・ウォーカーの演奏によるバラキレフのピアノ作品全集の第6集。シリーズの完結編となるこのアルバムには代表作「イスラメイ」が収録されているほか、グリンカとザポルスキー作品の編曲版も含まれており、バラキレフの多彩な才能を楽しめます。 またこのアルバムのためにニコラス・ウォーカー自身がピアノ版に編曲した交響詩「タマーラ」と、補筆完成させた「蚊の死へのエレジー」も収録。東洋的な題材を色彩豊かなオーケストラ曲に仕立てたことで知られる「タマーラ」の美点があますことなくピアノの響きへと移し替えられたアレンジは聴きどころ。もちろんイスラメイを凌駕するほどの超絶技巧が至る所に用いられています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:MU039

    MUSO

    『SOLO』
    無伴奏ヴァイオリン作品集
    バッハ、パガニーニ、イザイ 詳細ページ
    [アンドレイ・バラノフ (ヴァイオリン)]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:2,400円(税込)

    2012年のエリザベート王妃国際音楽コンクールを制したアンドレイ・バラノフ。マルタ・アルゲリッチの信頼も篤く、ルガーノ・フェスティバルにも度々参加していた名手による初のソロ・アルバムが登場です。 全て無伴奏にして有名曲という、意欲的かつ挑戦的なプログラム。その実力の高さは聴けば聴くほど驚かされるもので、テクニックはもちろん、滑らかで瑞々しい表情が実に素晴らしく、彼が新時代のヴィルトゥオーゾであることをまざまざと見せつけています。

  • 商品番号:NYCX-10160

    Arcana

    ヨンメッリ(1714-1774)
    死者のためのミサ曲(レクイエム)変ホ長調 詳細ページ
    [サンドリーヌ・ピオー(ソプラノ)、カルロ・ヴィストーリ(アルト)、ラファエレ・ジョルダーニ(テノール)、サルヴォ・ヴィターレ(バス)、ジョルジオ・プランディ(指揮)、ギスリエーリ合奏団&合唱団(古楽器使用)]

    発売日:2020年09月11日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    ヨンメッリ、瞠目のレクィエムをピオーほかの精鋭陣で!聞いたこともない作曲家・作品の録音に目の覚めるような体験をすることも古楽の楽しみの一つ。しかし、そのなかでも確実に高水準の内容を約束してくれる「往年の巨匠作曲家」の新録音は間違いなく注目に値します。近年再評価めざましいナポリ楽派の大立者ヨンメッリの『レクイエム』に光をあてたこの新録音も、まさにそうした系譜に連なる一聴して惹き込まれるリリースと言ってよいでしょう。 ニコロ・ヨンメッリは大バッハの次男C.P.E.バッハや改革的なオペラ作曲家グルックと同い年で、少し上世代のポルポラやレーオ、あるいは年齢も近いペルゴレージらと並んでナポリ楽派を代表する重要作曲家。イタリアを離れシュトゥットガルトの宮廷作曲家として栄光の日々を歩んだこの才人、前古典派流儀のギャラント様式をあざやかに使いこなしながら、レチタティーヴォにまで合奏を動員する独特の作風で傑作オペラを連発しましたが、ここに録音されたのは珍しい宗教作品です。 教会音楽に相応しい静謐さがナポリ楽派らしいパッションと交錯する『レクイエム』は同時代人たちからも絶賛され、いくつもの手稿譜が残されているほど。ペルゴレージの幻のミサ曲を蘇演・録音して話題を呼んだ本場イタリアの才人集団ギスリエーリ合奏団が、サンドリーヌ・ピオーをはじめとする独唱陣とともに絶好の解釈でその美に迫ります。 充実した解説含め、オペラ一辺倒ではなかったヨンメッリの才覚にあらためて感じ入らずにおれない新録音です。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10161

    Alpha

    『ヴィヴァルディ、その先に』
    ~パトリツィア・コパチンスカヤのヴィヴァルディ・アルバム、イタリアの“いま”との対話実験 詳細ページ
    [パトリツィア・コパチンスカヤ(ヴァイオリン)、ジョヴァンニ・アントニーニ(指揮&リコーダー)、イル・ジャルディーノ・アルモニコ(古楽器使用)]

    VIVALDI, A.: Concertos (What's Next Vivaldi) (Kopatchinskaja, Il Giardino Armonico, Antonini)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:ALPHA624

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    ついに登場、コパチンスカヤ × アントニーニ!フィリップ・ヘレヴェッヘとともにベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をピリオド奏法で録音したかと思えば、現代作品満載のプログラムにマショーやビーバーといった古楽のレパートリーを忍び込ませ、時には民俗音楽のプロである両親と故郷モルドヴァの伝統に身を浸し、あるいはトルコの異才ピアニスト=作曲家ファジル・サイとの共演で他に類をみないアルバムを作ってしまう―― 21世紀に入って以来、私たちはパトリツィア・コパチンスカヤという桁外れのヴァイオリン奏者の存在によって常に目を見張らされ、まるで飽きることのない音楽体験を味わいつづけてきました。そんな彼女がヴィヴァルディと向き合ったアルバムを制作する……というとき、どうしてそれが平穏なバロック・アルバムに落ちつくはずがあるでしょう? ルーマニアに隣接する小国モルドヴァ(旧ソ連モルダヴィア共和国)で生まれ、さまざまな文化が交錯する世界で腕を磨いてきた奇才コパチンスカヤは、既存の作品像を問い直すアルバム制作でたびたび世界を瞠目させてきました。「ヴィヴァルディ作品と、イタリアの“いま”との対話実験」として構想された今回のアルバムでは、なんと結成以来数十年にわたって古楽シーンを騒がせてきたジャルディーノ・アルモニコとの共演! 現代作曲家5人の刺激的な小品を挟んでのヴィヴァルディ鑑賞体験は、この300年前の作曲家の音楽にたいする通念をどんな演奏よりも鮮烈に覆せずにおきません。バロック演奏の「その先」を問う、注目必至の問題作です。   私たちはヴィヴァルディを、時代を越えた実験の場に引き込んでみました――いまのイタリアで聴こえる創作者たちの声と対話させてみようというわけです。 ――パトリツィア・コパチンスカヤ

  • 商品番号:NYCX-10162

    Alpha

    マーラー(1860-1911)
    『大地の歌』
    レーウによる声楽と室内アンサンブルのための編曲版 詳細ページ
    [ルシール・リシャルド (メゾ・ソプラノ)、イヴ・サーレンス (テノール)、ヘット・コレクティーフ、レインベルト・デ・レーウ (指揮)]

    発売日:2020年09月11日

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,970円(税込)

    レインベルト・デ・レーウの白鳥の歌、『大地の歌』登場!2020年2月14日、81歳で亡くなったピアニスト、指揮者レインベルト・デ・レーウ。亡くなる前の月に、自らが編曲した『大地の歌』の録音を残していました。 2010年に編曲されたこの版では、アルト(メゾ・ソプラノ) とテノールという独唱はそのままに、大管弦楽は木管五重奏、弦楽四重奏を基本に、低音楽器、鍵盤楽器、ハープ、打楽器を加えた15名編成のアンサンブルに置き換えられています。近現代音楽を積極的に取り上げ研究してきたデ・レーウらしく、各楽器の特性をよく引き出した編曲で、有名なシェーンベルク&リーン版に比して、木管楽器を増しハープを加えたことで表現がたいへん豊かになり、打楽器を整理して見通しと親密感が増しました。 演奏はこれまでも『ベルク、ツェムリンスキー歌曲集』(ZZT345)などでデ・レーウと共演してきたヘット・コレクティーフ。やはり近現代の演奏解釈に長けた彼ららしく、個人の高い積極性が表情に生きています。歌手陣も伸びやかな歌唱でこの演奏に応えており、最近ではガーディナーとのベルリオーズの映像ソフト(CVS011/NYDX-50016)で素晴らしい歌唱を聴かせたリシャルドによる「告別」は、この録音からわずか数週間後にこの世を去るとは思えぬデ・レーウの細やかなニュアンスも相まって絶品。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10163

    Capriccio

    ロット(1858-1884)
    〈管弦楽作品集 第1集〉
    「ハムレット」序曲/牧歌風前奏曲
    「ジュリアス・シーザー」のための前奏曲
    組曲/管弦楽のための前奏曲 詳細ページ
    [クリストファー・ヴァルト(指揮)/ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団]

    ROTT, H.: Orchestral Works (Complete), Vol. 1 (Cologne Gürzenich Orchestra, Ward)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:C5408

    CD国内仕様 日本語解説付き 価格:2,750円(税込)

    幻の天才、ハンス・ロットの管弦楽作品シリーズ、始動!ウィーン近郊に生まれ、ウィーン音楽院で学んだハンス・ロット。音楽院ではマーラーと机を並べる傍ら、ブルックナーにオルガン演奏を学び、音楽家の道を志しました。しかし1878年には音楽院の作曲コンクールに「交響曲第1番」の第1楽章を提出するも、審査員たちに酷評されてしまいます。唯一、彼の師であったブルックナーは擁護しましたが、結果は落選。卒業後はブラームスに作品を見せるなど再起をはかりましたが、ここでも酷評され、ついには精神を病んでしまったロットは25歳の若さでこの世を去ってしまいます。 20世紀後半になってようやく注目された彼の交響曲第1番は、長い間「マーラーのエピゴーネン(亜流)」と言われていましたが、最近の研究では、マーラーがロット作品からの引用を行っていたことがわかり、彼の独自性が評価され始めました。 このCapriccioのシリーズは、再構築版を含むロットのオーケストラ作品を録音することで、ロットの魅力的な遺産を後世に残すことを目論んだもの。第1集には世界初録音となる「ハムレット」序曲を含む全6作品が収録されています。師ブルックナーを思わせる厚みのある響きが存分に楽しめるロットの作品をお楽しみください。

    収録作曲家:

  • 商品番号:NYCX-10164

    Ricercar

    モーツァルト(フンメル編曲)
    ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
    ベートーヴェン(フンメル編曲)
    交響曲 第1番 ハ長調 Op.21
    フンメル(1778-1837)
    ピアノ・ソナタ 第3番 ヘ短調 Op.20 詳細ページ
    [アウレリア・ヴィショヴァン(フォルテピアノ)、アンナ・ベッソン(フラウト・トラヴェルソ)、チェチーリア・ベルナルディーニ(ヴァイオリン)、マルクス・ファン・デン・ムンクホフ(チェロ)]

    発売日:2020年09月11日

    CD国内仕様 価格:2,970円(税込)

    ベートーヴェン記念年に知るべき楽聖の好敵手!
    古楽器だからこそ伝わる作品の真の魅力
    2020年に生誕250年を迎えたベートーヴェンに関連した、この機会ならではの注目企画が相次いでいます。すぐれた古楽器録音にかけては40年の実績を誇るRicercarも、まさに古楽のパイオニアならではの目線が光るアルバムをリリース。録音技術がなかった19世紀当時、大管弦楽が必要になる大作を音楽愛好家たちがプライベートな場で堪能するのに貢献した「室内楽編曲版」に光をあてた注目盤です。 一度聴いただけでは隅々まで味わいきれない充実した音楽……モーツァルト中期以降の傑作やベートーヴェンの大作群は、その複雑さや味わい深さが群を抜いていることで同時代の人々に驚かれ、時に賛否両論さえ巻き起こしました。そこで楽譜の出版や批評記事の流布と同じくらい理解者の増加に貢献したのが、音楽愛好家が数人で演奏できるようにした室内楽編曲版。 早熟の天才としてモーツァルト門下に学び、のちにハイドンの後継者にしてベートーヴェンの好敵手、かつ理解者となったフンメルが後年手がけた抜群のセンスによる編曲版は、モーツァルトの異色の短調協奏曲やベートーヴェン最初の交響曲を驚くほど明確に解きほぐし、作品の味わいを損ねず伝える内容となっていますが、その真価は当時の楽器をすぐれた名手が弾いてこそ理解できると言えるでしょう。欧州で躍進めざましい俊才4人が、かの楽聖の作と同じくソナタ形式の常道では語れないフンメル自身のソナタも含め、19世紀のオリジナル鍵盤をはじめとするピリオド楽器で200年前そのままの「編曲の妙」をあざやかに甦らせてくれます。

  • 商品番号:ODE-1356

    Ondine

    リーバーソン(1946-2011)
    愛と悲しみの歌
    六道 詳細ページ
    [アンッシ・カルットゥネン(チェロ)/ジェラルド・フィンリー(バス・バリトン)/ハンヌ・リントゥ(指揮)/フィンランド放送交響楽団]

    LIEBERSON, P.: Songs of Love and Sorrow / The Six Realms (G. Finley, A. Karttunen, Finnish Radio Symphony, H. Lintu)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:ODE1356-2

    CD 価格:2,025円(税込)

    アメリカの作曲家ピーター・リーバーソン(1946-2011)の作品集。 コロンビア・レコードの社長ゴダード・リーバーソンと振付師ヴェラ・ゾリーナを両親に持ち、恵まれた環境で音楽教育を受けたリーバーソンは、30歳の時にニューヨークを離れ、かねてから興味を抱いていたチベット仏教の研究を始めました。その後、マサチューセッツに於いて、瞑想プログラムで知られる「シャンバラ・トレーニング」を監修するなど仏教思想に耽溺、これは彼の考え方に大きな影響を与えています。 「六道」はまさに仏教思想から生まれた作品で、アンプリファイド(電気増幅)・チェロとオーケストラによって、一切の生きとし生けるものが輪廻を繰り返す世界が象徴的に描かれています。 「愛と悲しみの歌」はリーバーソンの2度目の妻となったロレイン・ハント・リーバーソンのために構想された歌曲集。彼が愛妻のために書いたのは「ネルーダの歌」がよく知られていますが、こちらはその初演後すぐにボストン交響楽団から委嘱されたものでした。しかしロレインが亡くなり、作曲家自身も病を宣告されたため仕事は中断。少しだけ時間を置いてからリーバーソンは改めて作品に取り組み、2010年にようやく完成させることができたのです。同じ「ネルーダ」の詩が用いられた歌曲集はフィンリーのために書かれており、リーバーソンは作品の初演を見届けた翌年、療養先のテルアビブでこの世を去りました。 今作ではハンヌ・リントゥが見事に2つの作品をまとめ上げています。

    収録作曲家:

  • 商品番号:ODE-1357

    Ondine

    ヒンデミット(1895-1963)
    〈室内音楽集 第2集〉
    室内音楽 第4番-第7番 詳細ページ
    [エッシェンバッハ(指揮) クロンベルク・アカデミー・ソロイスツ/シュレースヴィヒ=ホルシュタイン祝祭管弦楽団のメンバー]

    HINDEMITH, P.: Kammermusik, Nos. 4-7 (Waarts, Ridout, Kronberg Academy Soloists, Schleswig-Holstein Music Festival Orchestra, members, Eschenbach)

    発売日:2020年09月11日 NMLアルバム番号:ODE1357-2

    CD日本語帯付き 価格:2,025円(税込)

    ヒンデミットが1920年代に作曲した一連の「室内音楽」。あまり聞きなれない曲名ですが、実際には“合奏協奏曲”の形式で書かれた第1番を除き、第2番から第7番までは「独奏楽器を伴う協奏曲」として書かれました。 絶賛された第1集(ODE-1341)に続くこのアルバムでは、第4番から第7番を収録。ヴァイオリン、ヴィオラ、ヴィオラ・ダモーレ、オルガンがそれぞれ独奏楽器に据えられ、各々を若き奏者たちが熱演しています。中でもヴィオラとヴィオラ・ダモーレを用いた第5番と第6番は、ヒンデミット自身が演奏するために書かれたもので、高い技術を必要とするとともに、美しい旋律をたっぷり湛えた聴きごたえのある作品です。シュレースヴィヒ=ホルシュタイン祝祭管弦楽団のメンバーたちも見事なアンサンブルを聴かせます。 エッシェンバッハはヒンデミット作品の演奏で定評があり、五嶋みどりをソリストに迎えた「ヴァイオリン協奏曲」を含むアルバム(ODE-1214)ではグラミー賞を受賞し話題となりました。

    収録作曲家:

  • 商品番号:OTN637

    Outnote Records

    Suspended (Live at Flagey)
    Antoine Pierre, URBEX ELECTRIC 詳細ページ
    [Antoine Pierre、 URBEX ELECTRIC]

    発売日:2020年09月11日

    CD 価格:2,250円(税込)

    ベルギーの若きドラマー、アントワーヌ・ピエールと、彼のプロジェクトURBEXによる3枚目のアルバムは、ブリュッセルのフラジェでのライヴ。スピード感と心地よい緊張感のインプロビゼーションが魅力です。

  • 商品番号:OTN692

    Outnote Records

    Suspended (Live at Flagey)
    Antoine Pierre, URBEX ELECTRIC [vinyl version] 詳細ページ
    [Antoine Pierre、 URBEX ELECTRIC]

    発売日:2020年09月11日

    LP 価格:2,850円(税込)

    ベルギーの若きドラマー、アントワーヌ・ピエールと、彼のプロジェクトURBEXによる3枚目のアルバムは、ブリュッセルのフラジェでのライヴ。スピード感と心地よい緊張感のインプロビゼーションが魅力です。

  • 商品番号:SM283

    Solo Musica

    Beethovens Welt
    ベートーヴェンの世界 1799-1851
    革命家と彼のライバル 詳細ページ
    [カザル四重奏団]

    発売日:2020年09月11日

    CD 5枚組 価格:6,675円(税込、送料無料)

    長い歴史の中に突然出現する真の天才は、彼らの活動領域だけではなく広い範囲に影響を及ぼすことが知られています。ケンブリッジ大学ではそんな天才を100人選び出し、世界に与えた影響を研究しています。ベートーヴェンは第27位に選出されており、彼が活躍していた当時から、現代に至るまで、その音楽が人々にどのような影響を与えていたかについても様々な研究がなされています。 このカザル四重奏団による5枚組は、ベートーヴェンの同時代、更には後世への影響という観点から5つの時点を取り上げ、彼の先人であるギロヴェッツやハイドン、ボッケリーニから、シューベルトやツェルニーら彼の次世代の作曲家たち、そしてシューベルトやメンデルスゾーン、シューマンといったロマン派の作曲家たちの作品を並べることで、ベートーヴェンをとりまく音楽界の動向を探っていくというプロジェクト。世界初録音も含む興味深いアルバムです。

  • 商品番号:900191

    BR KLASSIK

    ヤンソンス指揮/バイエルン放送交響楽団
    ショスタコーヴィチ(1906-1975)
    交響曲 第5番 ニ短調 Op.47 詳細ページ
    [マリス・ヤンソンス(指揮)/バイエルン放送交響楽団]

    SHOSTAKOVICH, D.: Symphony No. 5 (Bavarian Radio Symphony, M. Jansons)

    発売日:2020年09月04日 NMLアルバム番号:900191

    CD日本語帯付き 価格:2,100円(税込)

    2014年4月から5月にかけて収録されたヤンソンスの指揮によるショスタコーヴィチの交響曲第5番。大成功を収めたミュンヘンでのこのコンサートの直後、ヤンソンスは同曲を携えアメリカ大陸ツアーに出発。ブエノスアイレスを皮切りに行われたコンサートは、各地で大絶賛されました。 ショスタコーヴィチの交響曲第5番は、ヤンソンスにとって強い思い入れがある作品。彼が長く助手を務めたエフゲニー・ムラヴィンスキーの代役としてレニングラード・フィルの来日公演の指揮を担ったエピソードも知られています。 「ショスタコーヴィチの音楽はますます世界中の人々を魅了し、聴き手の感情の最も深い部分にアピールしています。他には見られない実存する人間の感情と時代を超越した表現力は、心的外傷を伴う政治的な証人にもなります」とヤンソンスは語り、重ねて「ショスタコーヴィチは同時代の中で、最も誠実な作曲家の一人です」と称えるほど作曲家に対して共感を抱いていた彼らしい、熱い演奏が繰り広げられています。 この演奏は、有名な1997年のウィーン・フィルハーモニーの演奏に比べると、全体的に、少しだけゆったりとしたテンポになっているのも興味深いところです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:WS021

    Wiener Symphoniker

    ブラームス(1833-1897)
    交響曲全集 詳細ページ
    [フィリップ・ジョルダン(指揮)/ウィーン交響楽団]

    BRAHMS, J.: Symphonies Nos. 1-4 (Vienna Symphony, P. Jordan)

    発売日:2020年09月04日 NMLアルバム番号:WS021

    CD 4枚組 価格:4,950円(税込、送料無料)

    前作、ベートーヴェンの交響曲全集(WS018)で、各曲に斬新な解釈を加えながらスマートな演奏を披露し高く評価されたフィリップ・ジョルダン。2020年にウィーン交響楽団の音楽監督をアンドレス・オロスコ=エストラーダに引き継ぎ、ウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任する彼が、2019年9月に録音したブラームスの交響曲ツィクルスが登場します。 ジョルダンは、ブラームスの“内なる声”に耳を傾けながら、各曲の性格を描き分けつつ、オーケストラを自由自在に操り入念な音楽を創り上げていきます。ジョルダンの信頼に応えたオーケストラも、ダイナミックかつ芳醇な音楽を奏でており、ムジークフェライン「黄金のホール」の豊かな響きも相俟って、バランスの良い美しいサウンドが生まれています。

    収録作曲家: