A.コッペル(アナス) Koppel, Anders

生没年 1947- デンマーク
辞書順 NML作曲家番号 28064
  • 商品番号:8.226223

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Still Life
    コッペル(1947-)&トムセン:
    チェロとハモンド・オルガンのための音楽 詳細ページ
    [アナス・コッペル(ハモンド B3 オルガン)/ヘンリク・ダム・トムセン(チェロ)]

    KOPPEL, A. / THOMSEN, H.D.: Cello and Organ Music (Still Life) (Koppel, Thomsen)

    発売日:2020年09月25日 NMLアルバム番号:8.226223

    CD価格:2,175円(税込)

    デンマークの作曲家、キーボード奏者アナス・コッペル。5歳の時に父親で優れた音楽家でもあるハーマン.D.コッペルから教えを受け、1966年からハモンド・オルガンの演奏を始めました。彼は、1970年にハモンドB-3オルガンを入手し、以来この楽器を長く愛奏しています。 ダム・トムセンは1999年よりデンマーク国立交響楽団の首席チェリストを務める傍ら、室内楽奏者、ソリストとして活躍、また即興音楽の名手であり、デンマーク有数のジャズ・プレイヤーとしても知られています。彼ら2人はこれまでにも何度か共演する機会がありましたが、デュオとしてアルバムを発表するのは初めてのこと。コッペルが書いた一つ一つの曲に即興を加えながら、息の合った2人の音楽性、創造性が反映された新鮮な音楽を創り上げています。 ヒーリング風のサウンド、ジャズ風のメロディ、神秘的な響き…これらが一体となって、さまざまな風景が見えてくるアルバムです。

    収録作曲家:

  • 商品番号:8.224733

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    Animal Universe - 動物の宇宙
    12人の作曲家による12のピアノ・スタディ 詳細ページ
    [クリスティーナ・ビェルケ(ピアノ)]

    Piano Recital: Bjørkøe, Christina - ALSTED, B. / BRUUN, P. / KOPPEL, A. / NORDENTOFT, A. (Animal Universe)

    発売日:2021年04月30日 NMLアルバム番号:8.224733

    CD価格:2,175円(税込)

    ピアノのためのスタディ=練習曲。もともとはピアノの演奏技術の向上を目的として書かれたメカニカルな作品に、バッハやショパンが芸術的な価値を与え、以降、性格的な小品として発展してきたジャンルです。 このアルバムに収録されているのは、ピアニスト、クリスティーナ・ビェルケがデンマークを拠点に活躍する12人の作曲家に委嘱した「スタディ」。動物をテーマとした色とりどりの作品が並びます。ユーモラスな表情を湛えた「アナグマ」や神秘的な雰囲気の「クモ」、優美な「ミユビシギ」などどの曲も特徴を捉えたユニークな作品です。 クリスティーナ・ビェルケはデンマーク交響楽団のピアニストとして、またデンマーク国立音楽アカデミーの准教授として活躍中。 クヌドーゲ・リスエアのピアノ作品集(DACAPO 8.226004)やカール・ニルセンのピアノ作品全集(cpo 777413)も高く評価されています。

  • 商品番号:8.226588

    詳細ページを見る

    〈発売中〉在庫あり

    0/00 0:00 時点での在庫状況です。

    無伴奏ヴィオラのための作品集 詳細ページ [ラファエル・アルティーノ(ヴィオラ)]

    Viola Recital: Altino, Rafael - RUDERS, P. / KOPPEL, A. / ROSING-SCHOW, N. / FUNDAL, K. / EICHBERG, S.N. (Works for Solo Viola)

    発売日:2019年03月22日 NMLアルバム番号:8.226588

    CD価格:2,320円(税込)

    オーケストラの楽器の中でも特別な存在であるヴィオラ。地味でありながらも、その深い音色に魅了されている作曲家は多く、数多くの印象的な作品が生まれています。現在オーデンセ交響楽団の首席ヴィオラ奏者を務めるラファエル・アルティーノはヴィオラの音色と可能性を追求するために、デンマークで活躍する現代作曲家たちに「無伴奏ヴィオラのための作品」の作曲を依頼しました。音作りの道具としてヴィオラを用いる人、とことん歌わせる人など、作曲家によって楽器の扱いの違いにご注目ください。